2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>




ミーユエ 王朝を照らす月(芈月伝)(19)-(22)

黄歇の遺体のシーンがなかった。
ということで お決まりの“実は生きていました。でも記憶を失っていました”という展開。
黄歇は 助けられて魏の国にいた。
けれど記憶を失っていた。

芈姝と嬴駟の結婚式が済み
話の中心は 後宮争いに。  


前王后が亡くなった後 後宮は 魏美人が取り仕切っている。
芈姝は ユエの助けを借りながら 魏美人派に対抗する。
温室育ちの芈姝は ユエがいなければ 魏美人に負かされて服従させられていたかもしれない。
玳琩から「ユエに注意するように」と言われても
「ユエ以外に味方になってくれる人がいる?身分も求めないユエの何が不満なの?」と気にしない。

しかし ユエの素早い(軽率な?)行動力が 芈姝を苦しめることになる。

ユエは 衛夫人に絹を届けた時に “符節”を見る。
義渠王 翟驪が 持っていたものと同じだと驚く。
“符節”は 大王が位の高い臣下や后妃に渡した物で
関所を通る時に荷物検査をされずに通ることができる。
符節は 国の名前が彫られている。

大王は ユエから 義渠王が符節を持っていたと聞かされる。
事実なら大変なこと。
しかし 後宮内に争い事を起こしたくない と事を荒立てないことにする。

ユエは 粘土で符節を作って 彫られていた国を思い出そうとする。
“魏”と書かれていたと思い出し、
大王に報告するが、
「騒ぎを起こすな」と怒鳴られる。

大王は ユエの明晰な頭脳と行動力を認めながらも 心配する。
芈姝に「妹を甘やかすな。もめ事を起こさないようにしろ」と注意する。

ユエは 魏夫人に国から届け物を持って来た女を見て 驚く。
武関で芈姝の食事に薬を入れた女官とそっくりだった。
葵姑も同じ女官だと言ったため
芈姝に話す。
しかし 芈姝は「軽率に動いて失敗すれば…」と及び腰。
そこで 一人で大王に訴える。

ユエが 間違いないと訴えても 確固たる証拠はない。
葵姑が噛んだという痕もない。
芈姝も 分からない と証言。
濡れ衣ということになり
ユエは 罰を与えられる。

ユエは 虢美人に挑発され 喧嘩に。
叩かれそうになる。
それを目撃した芈姝が 虢美人を叱責する。

虢美人は 魏美人から 昔自害未遂を起こして自分を虐めた王后に一矢を報いた唐美人の話を聞く。

虢美人が 自害する。
王后に罰を受けて屈辱を受けた と。
芈姝は 大王から「失望した」と言われ、
ショックのあまり 倒れる。
スポンサーサイト
web拍手
関連記事
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキングドットネット
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング