FC2ブログ
2018/10
<<09 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>




月に咲く花の如く(那年花開月正圓)(52)(53)



杜明礼、沈星移は毒蛇と称したけれど
ほんと 嫌な奴。
イヤ 貝勒が嫌な奴 ね。

ようやく 周瑩と沈星移に幸せな時が訪れるかと思ったのに…  


5253

52

沈星移のもとに 杜明礼がくる。
沈星移は 杜明礼から
「“隆昇和”は 沈家全株の3割を保有することになっている。星月貿易会社の3割渡せ」と言われる。
「追い出された不肖の息子。“隆昇和”と関係ない」と断ると
提携して損はない と言われる。


周瑩は 沈星移と再会する。
沈星移に連れられて
銀行、海、洋食…
上海と西洋の魅力を堪能する。

幸せな気分でホテルに戻ると
文が届いていた。
たぶん 趙白石から届いた文。
その文に 何が書かれていたのか…
周瑩は ショックを受け、
春杏に 沈星移からもらった薔薇の花を捨てるように と言う。

翌朝 沈星移がホテルに迎えに行くと 周瑩は発った後だった。


沈星移は クラウディに売る予定の生糸が
江西の役所に差し止められる。
杜明礼が手をまわしたのだ。
沈星移は 杜明礼から 株を3割要求されるが、
断る。

沈星移は 損失覚悟で 別のところから生糸を仕入れることにする。
クラウディに そう話すと
周瑩が手配してくれた と言われる

53

周瑩は クラウディに 今回の生糸を緊急に手配する条件として 十年契約を提案する。
しかし 今回の取引を見てから ということになる。

周瑩は 王世均から
「損失が出ます。沈星移にどう申し開きをするのですか」と聞かれ、
「今は損でも十年先を見るべき。商いを横取りする理由がある」と答える。
そして 生糸を調達する資金は銀行で借りる。

生糸をクラウディに納品。
周瑩とクラウディは 十年契約を結ぶ約束をする。

周瑩は クラウディと会食。
クラウディの商工会の友人3人と同席。
呉家の商売は手広い と売り込む。


周瑩は 沈星移から
急に心変わりした理由を聞かれる。
「軍需品偽造の真相を知ったから。呉家東院を陥れ義父を死に追いやったのは あなたの父親 沈四海」と答える。
偽造を密告したのは 沈四海、
そのうえ 沈月生は共謀を拒んだため呉蔚分の指示で殺された と証言した と。
「敵の息子と将来を語り合える?あなたへの想いに揺れる。けれど呉家にはそれ以上の恩がある。これからは 一切のかかわりを断ち 互いの道を進むのよ。これが始まり。生きているうちにこの敵は必ず討つ」と 言って別れる。


涇陽に戻った周瑩は 趙白石に会う。
再調査を頼むが、
不可能だと言われる。
この件の黒幕は貝勒、貝勒は涇陽に“隆昇和”という店を持っている と。
周瑩は 合点がいく。
沈四海は 息子の敵討ちだけでなく 貝勒と結託して東院の取引先を奪った と。
周瑩は「いますぐ都に行き直訴をする、正義を貫く」と息巻くが、
趙白石から「身を滅ぼしたら元も子もない。今は動く時ではない」と止められる。
周瑩は 奪われた商いをすべて取り返す と心に決める。


沈星移も涇陽に戻る。
父を問いただす。




スポンサーサイト
web拍手
関連記事
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
ただ愛する仲
ミス・ハンムラビ
ライフ・オン・マーズ
ミストレス~愛に惑う女たち~

三国志~司馬懿 軍師連盟
月に咲く花の如く
少林問道
鳳凰の飛翔(天盛長歌)
花と将軍~Oh My General~

<視聴予定>
スイッチ
刑務所のルールブック
ライフ

三国志 Secret of Three Kingdoms
永遠の桃花~三生三世~
最上のボクら
恋愛動物


わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング