2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>




内省的なボス(7)-(10)


ラブコメだけど
“人を見た目で判断すべきではない”
“一面だけを見て その人を知っている気になってはいけない”
と改めて思わせてくれる。

 78910

7

頑張れ ファンギ~~~
こんなにいい子なのに どうして誰もわからないの~~~
ファンギ父、親なら悪いところばかり見ないで いいところも見てあげてよ~~
と思いながら観ている。

ウイルは 自信に満ち溢れているように見える。
けれど 必死にそう見せているだけなのかも。
仕事も私生活もすべてファンギ家族に牛耳られていて息抜きできない状態。
誰かに寄りかかりたくなって ジヘに寄りかかってしまった。
けれど ファンギ家族を裏切り すべてを捨てる勇気がなかった。
今も ジヘに申し訳なかった と後悔している様子。

イスは そんなウイルに気づいている様子。  


ファンギは ロウンについて行き、
施設のクリスマス会に参加する。

ロウンは ファンギに「3年前に自殺した秘書がいたそうですが どんな人でしたか?」と聞く。
すると「いい人だった。けれど一度もそう言ってあげられなくて 後悔している」と言われる。
ロウンは 姉の死はボスのせいではなかったかもしれない と思う。

ファンギは カウンセラーから 「一人でしようとせず みんなで一緒にやればいい」とアドバイスされる。
そこで 飲み会に参加する。
ぎこちないながらも なんとか切り抜けそうだったが…
突然現れたウイルから「仕事のことは俺に任せていればいい」と言われ、
「必要ない。でしゃばるな」と怒鳴ってしまう。
“こんな風に変わってはいけなかったのに”と落ち込む。

次の仕事は 航空会社の広告。
まずは パワハラが話題になったパク社長のイメージアップを図ることに。
施設の子供たちを海外旅行に招待することにし、
“サイレント・モンスター”の社員たちも同行する。

8

ロウンを好きなファンギ、
まだウイルにちょっとだけ惹かれるけれど ファンギのことも気になるロウン、
そろそろ 恋愛モード?  


ファンギは ロウンにペースに巻き込まれ 少しずつ自分を出せるようになる。
ウイルとは 昔のように気持ちを吐きだし合う。

ロウンは 次第にファンギの良さに気づく。
ファンギにはファンギなりの良さがある。無理に変わる必要はないかもしれない と思い始める。

ファンギは ロウンから「変わらなくていい」と言われ
ホッとする。

9

自信を持ってというけれど 聞いてくれる人がいるからこそ自信を持って言える。
そうなのよね…
考えていること 思っていること 自分の気持ちは言葉にしないと伝えられない。
けれど 誰にも注目されていないところで言っても 伝わらない。
聞いてくれる人がいるからこそ 気持ちは伝わり 通じ合う。  


ウイルは ファンギに「イスとは結婚できない。3年前の間違いはジヘさんを選ばなかったこと。今度は間違った選択をしたくない」と言う。
すると「ロウンさんはジヘさんの妹だ。復讐するために入社した。パワハラの記事も彼女の仕業だ。彼女を守りたいから父にばれないように注意してくれ」と言われ ショックを受ける。

ショックなことは続く。
ファンギ父が 社内の年頭の挨拶で ウイルとイスの結婚を発表したのだ。
ウイルは ファンギ父から 婿としてファンギが社長としてやっていけるよう協力してくれ と言われる。

10

イスは ウイルから 家を出るつもりだと言われる。(ウイルはファンギ家族と一緒に住んでいる)
「そばにいてほしい。愛していなくてもいい。父があなたを利用しているようにあなたも父を利用したらいい」と頼む。

イスは 自傷行為を繰り返しているらしい。
原因が ウイルなのか家族なのか別の何かなのかわからないけれど。

ファンギは ウイルに「イスのそばにいてほしい」と頼む。
すると「代わりに ロウンを手放してくれ」と言われる。

ロウン異動。
ファンギは ロウンがいなくて寂しい。
ロウンの幻覚や幻聴が起こる。
どうしたらいいのか悩む。
元カノのヨンジョンに相談すると
「離れても気になるのなら そばにおいたら?」と言われる。

次回広告のプレゼンテーション、
タン・ユヒが子供の幼稚園の行事に参加することになったため
ファンギがすることになる。
ファンギは ウイルから「どうせ俺に勝てないのだから契約を諦めろ」と言われる。
そこで「俺が勝ったら ロウンをサイレント・モンスターに戻してくれ」と取引する。

ファンギは ロウンと一緒に プレゼンテーションの練習を行う。
ロウンは 実は会社を辞めるつもりでいた。

ロウンは復讐のために入社した。
それが今は 復讐をやめ、3年間花を贈ってくれた“スミスさん”の正体を暴こうとしない。
ファンギが姉を追い込んだとは思えないし、逆にファンギに好意をもち始めている。
このことを ウ記者から 責められたのだ。

スポンサーサイト
web拍手
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキングドットネット
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング