2017/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>




町のヒーロー  あらすじ&感想




そこそこ 楽しめました。


元中央情報局のペク・シユンは 任務で後輩を失う。
そのことで3年服役。
出所後 後輩の復讐をしようと調べ始める。
そして 後輩死亡の背後と シユンが住む町の再開発事業の背後とに 関連があることに気づく。
シユンの復讐は 同時にシユンを町を救う“ヒーロー”にする。
・・・という話。



ペク・シユン役のパク・シフさん、カッコよかったです。
でも 顔が綺麗すぎるんですよね。
どんなに顔が腫れて傷だらけでも 素敵だから
悲壮感 必死さ 泥臭さが イマイチ胸に響かない。
彼のような綺麗な顔は サイコパスやシリアルキラー役だと 怖さが際立っていいかも。

などと 期待より嵌れなかった理由を考えましたが…
やっぱり…
シユンの恋人ソアンが 苦手だったからかも。
彼女がシユンに「先輩」と呼びかけるたびに ぞぞぞぞぞ~~~ としました。


全16話 2016/1/23~2016/3/20 OCN

出演者 : ペク・シユン(元中央情報局員)・・・パク・シフ
      ペ・ジョンヨン(脚本家志望)・・・ユリ
      チェ・チャンギュ・・・イ・スヒョク

      ファン(“バー隣人”前社長)・・・ソン・ジェホ

      イム・テホ(刑事)・・・チョ・ソンハ
      キム・ソアン・・・チェ・ユンソ

      チョン・スヒョク(中央情報局員)・・・チョン・マンシク
      パク・ソヌ(“龍門企画”代表)・・・アン・ソクファン
      ホン(中央情報局 元局長)・・・

      ユン・サンミン(“ニュースターインベスト”代表)・・・ユン・テヨン
      チョ・ボンチョル(“KJ産業”社長)・・・イ・チョルミン

      署長・・・コ・インボム
      チーム長・・・イ・ハヌィ

      シユン母・・・パク・スンチョン
      テホ妻・・・チン・ギョン
      ソミ(ジョンヨン友人)・・・キム・ボミ
      カン・リス(元中央情報局員)・・・
      vミン部長(元中央情報局員)・・・チェ・ドクムン
      ハン・7ジュニ(イム・テホの相棒)・・・
      ヨンジン(シユンの刑務所仲間)

      ソ・ジュンソク(元中央情報局員)・・・カン・ナムギル
      ジヌ(中央情報局員)・・・チ・イルジュ
      カーティス・ブリマ・・・加藤雅也
      ソ・イェジュン弁護士

演出  : クァク・ジョンファン
脚本  : キム・グァヌ


 12345678910111213-141516

1

ペク・シユンは 中央情報局員。
ベイスター香港のCEOカーティス・ブリマを監視中。

ブリマは 大韓産業銀行の買収を計画。
買収は より高い価格で売却する投機目的だと思われる。
その資金をどこから調達するのか不明。
大韓産業銀行には公的資金が投入されているから
ブリマが 公的資金を得ることになる。
国の金がブリマに流れるのを 阻止しなければならない。

ブリマにはソアンが接触。
シユンとジヌが 2人を尾行する。
その尾行中 突然中止命令が下る。
また ブリマにソアンの正体がばれてしまう。
そして 尾行していた2人が乗っていた車に トラックが突っ込んでくる。
シユン、ソアン、ジヌは拉致され
ジヌが殺される。

3年後。
シユンは 出所する。
この3年間 復讐を考え続けていた。
“何が起きたのか、なぜジヌは亡くなってしまったのか、なぜ自分は刑務所に入らなければならなかったのか”と。

シユンは 中央情報局退職者に接触するために
退職者たちが集まると言われている“バー隣人”に行く。

“バー隣人”は売りに出されていた。
この店が無くなったら 退職者に接触する方法を改めて考えなければならない。
シユンは考えた結果 “バー隣人”を買い取ることにする。

シユンが契約した夜。
早速 知っている顔が来店する。
3年前のあの時「国内の者が動いている。邪魔しないでくれ」と言ってきた男。

男ソ・ジュンソクは 青年に監視されていた。
ジュンソクは 監視されていることを承知している。
会社を不当解雇で訴えようとしていたのだ。

ジュンソクを監視しているのはチェ・チャンギュ。
彼は警官を目指している。
警官採用試験の合格発表があるまで ある会社で働くことになり
その仕事が 監視だった。

ある会社とは…
刑事イム・テホが 警察に内緒でやっている会社(会社登録もしていない)“清渓企画”
先輩で元国家情報局員パク・ソヌから 中央情報局の退職者の監視を依頼したいと言われ 開業した。
彼は 家のローンと子供3人の教育費で経済的に苦しんでいる。
金がどうしても必要だった。

“バー隣人”のバイトで 脚本家志望のペ・ジョンヨンの友人ソミは カフェを経営しているが、
立ち退きを迫られている。
“ニュースターインベスト”のユン代表が 再開発の計画。
地上げを“KJ産業”のチョ社長に依頼したのだ。
ソミは その手下チンピラ2人に 嫌がらせを受けている。

シユンは ジョンヨンとソミがチンピラに絡まれているのを目撃するが 無視する。
しかし “バー隣人”の前社長のファンから「助けるべきでは?」と言われ
気になりだす。
ある夜 2人がチンピラに絡まれているのを 目撃。
帽子(チャンギュが“バー隣人”に忘れたもの)とマスクで顔を隠して 助ける。

2

ソ・ジュンソクが 殺害される。
イム刑事もチャンギュも大慌て。
チェ・チャンギュは「辞める」と言い出す。

イム刑事は パク代表を訪ねる。
裏に何か怪しいことが関係しているのではないかと不安になったのだ。
結局 うまく言いくるめられ、
「チェ・チャンギュを辞めさせるな」と言われて帰る。

チャンギュは イム刑事から「給料を増やすから辞めるな」と言われる。
どんな条件を出されても働きたくない。
けれど…警察の採用試験は不合格だった。

シユンは “バー隣人”の店内に防犯カメラを設置しようとする。
すると ファン前社長から
「何の目的でこの店を買ったんだ?君が中央情報局で働いていて 3年間服役したことも知っている。復讐を考えているのなら 店の売却話はなかったことにする」と言われる。

シユンは カメラの設置を取りやめ、
3年前のことをファン前社長に話す。

ジョンヨンとソミは またチンピラに絡まれているところを 帽子とマスクをした男に助けられる。
2人は “あのヒーローは誰?”とヒーロー捜しを始める。
チャンギュが ヒーローと同じ帽子を被っているのを見て
マスクを持っているか確かめる。
「持っている」と黒のマスクを見せられ
彼がヒーローでは?と思う。

シユンは ソアンに再会する。
ソアンが “バー隣人”に 客として来たのだ。

3

シユンは ジュンソクが殺害されたと知る。
「ジュンソクも 3年前のベイスター香港の件に関係していた」
シユンは ファン前社長に そう言って 協力を求める。
「復讐するつもりですか?私が あなたと話したことを中央情報局に話す とは思いませんか?」と言われ、
「信じています」と答える。

また シユンは ファン前社長に 「ジュンソクはチャンギュに監視されていた」と話す。
「ジュンソクは亡くなったのに チャンギュがここ(バー隣人)に来ているということは ここに来ている誰かを監視しているのかも知れません」と。

チャンギュは イム刑事から 新しい任務を与えられていた。
監視対象者は ファン前社長。
当然 イム刑事に依頼したのは パク代表。
そして パク代表を背後で操っているのは 指を鳴らすのが癖の男。

シユンは ファン前社長から「手助けしますよ」と言われる。
条件は 客のカン・リスさんの相談にのること。

カン・リスの相談は…
リスの息子の父親参観に出席することだった。
シユンは リス息子の父親参観に出席する。

シユンは ファン前社長に言われるままに 食堂に朝ごはんを食べに行く。
そこは ジヌの母がやっている食堂だった。

“バー隣人”に シユン元上司チョン・スヒョクが来る。
シユンに会いに来たらしい。
彼は座ると 指を鳴らし始める。

4

“バー隣人”に来ていたソ・ジュンソクが殺害され、
ソ・ジュンソクが最後に連絡を取ったチョ弁護士が失踪中で、
ソ・ジュンソクを監視していたチャンギュが 今はファン前社長を監視している。

シユンは ファン前社長から
「このおかしな状況に対応するために 協力しあいましょう」と言われる。
「復讐に関しては協力できないけれど」と。

また シユンは ファン前社長から「“影のヒーロー”になる気はありませんか」と言われる。
最近 町で弱い者がいじめに遭うことが多くなったからと。

イム刑事は パク代表から ソ・ジュンソク殺人事件捜査に関わるなと言われていた。
しかし “バー隣人”でシユンに事情聴取。
それを チョン・スヒョクに見られてしまう。

チョン・スヒョクとは… パク代表を背後で操っている男。
チョン・スヒョクはパク代表に「雇っている男はわかっていないみたいだな」と電話。
イム刑事は パク代表から 拷問を受ける。

チョ社長は 手下を連れて ジヌ母の食堂に。
立ち退きを迫り 嫌がらせをする。
そこに シユンが来る。
シユンは ジヌ母に3年前の話をしようと来たのだった。
そして 通報を受けて イム刑事が来る。

ところが…
イム刑事がくるといなくなるチンピラ。
イム刑事は「食事に来ただけじゃないんですか?」などと
チンピラたちの肩を持つようなことを言い、
ジヌ母らを怒らせる。
イム刑事の上司であるチーム長と署長は ユン代表に買収されていた。

ジヌ母の食堂に 再びチンピラたちが来て 食堂を占拠する。
シユンは ジヌ母から電話をもらって 駆け付ける。
占拠するチンピラ、店の隅で嘆き苦しむジヌ母。

シユンは 店を出て “影のヒーロー”に変身する。
チョ社長に“影のヒーロー”が現れた と電話がある。
チョ社長はチンピラたちを連れて 駆け付ける。
そして “影のヒーロー”にやられる。

チャンギュは ジョンヨンから“影のヒーロー”に間違われる。
自分は違う と言いながらも
“影のヒーロー”になろうかなぁ とも思う。

チャンギュは いじめられている青年ミンギを目撃して 偽“影のヒーロー”に変身する。
無事に ミンギを助け、いじめていた奴を振り切る。
そして…
偶然 “影のヒーロー”がマスクを取るのを目撃する。

イム刑事は 家族を連れて ジヌ母の食堂に食事に行く。
イム刑事は恥ずかしくて帽子で顔を隠したけれど
ジヌ母にはばれている様子。

5

ミンギは “清渓企画”に行き、イム刑事に相談する。
悪い仲間から抜けようとしたがいじめられている と。

シユンは チャンギュから 「昨夜 全部見ましたよ。僕にも武道を教えてください。ヒーローになりたい」と言われ、
「ただ巻き込まれただけ」と否定する。
武道も教えたくない。
話をそらすため
「本当にヒーローになりたいのか?ジョンヨンを好きだからヒーローになりたいのか?考えてみろ」と言う。

ユン代表は 署長に会う。
昨夜のことを話し、対処を頼む。
部屋を出て やって来たチョン・スヒョクと握手する。

ユン代表と入れ替わるように チョン・スヒョクが署長に会う。
浮気の証拠写真を突き付けて
「ソ・ジュンソク殺人事件の捜査を終わらせろ」と脅迫する。

イム刑事は パク代表から
ファン前社長がノートに何を記録しているか調べてほしい、
チョ弁護士のパソコンを持ってきてほしい、
と頼まれる。

イム刑事は すぐにチョ弁護士のパソコンを盗みだす。
待ち構えていたパク代表は HDをコピーする。(と思ったけど データを消去したのかも)
また イム刑事は チャンギュから“回顧録を書こうとしている”と報告を受ける。

リスもまた 3年前の件で解雇されていた。
偶然知った3年前の件を再調査しようとして 解雇されたのだった。
シユンは リスから「これからは こういう経験をした人だけ信じたらいいわ」と言われる。

チーム長は 部下たちに 署長の命令として
「ジュンソク殺人事件、チョ弁護士失踪事件を終了する」と言う。

ファン前社長は チャンギュが“回顧録”と報告した と気づいていた。
そろそろ接触してくるのでは? と考える。
接触して来たのは チョン・スヒョクだった。

ミンギは またハンギョルらにいじめられる。
チャンギュは 偽“影のヒーロー”に変身して ミンギを助けようとする。
しかし 実力が伴わない。
そこに シユンが助けに入る。

チーム長は 部下たちを連れて ソ・ジュンソクの墓に参る。
「犯人を逮捕できずにすみません」と謝罪する。
皆が行ってしまった後
イム刑事は 一人残り 謝罪する。
「権力に負けてしまって…僕は刑事じゃないですね」と。

ユン代表は 再開発がうまくいかずイライラしている。
すべては“影のヒーロー”のせいだと思う。
チョ社長を連れて“バー隣人”に行く。

6

ファン前社長は チョン・スヒョクから
何を書いているのか と聞かれ、
「過去の計画を表と裏の両面から 記録している」と答える。
そして「上の者に邪魔しないように言ってくれ。私や“バー隣人”やペク・シユンを。3年前のことはソ・ジュンソクが死んだことで終わりにしよう」と言う。

チョン・スヒョクは ホン元局長に ファン前社長と話しことを 報告。
“バー隣人”監視は継続すること
回顧録を発見すること。
ファン前社長の監視を終了し、
シユンを監視すること。
を 指示される。

シユンは イム刑事を尾行する。
イム刑事は パク代表に会っていた。
イム刑事は ファン前社長の監視を終了しシユンを監視するように と指示される。

イム刑事は パク代表と別れる。
シユンは パク代表を尾行しようとするが、
イム刑事の相棒が 振り込み詐欺の犯人を追いかけているのを目撃。
犯人を追いかけて 金を取り戻す。

“バー隣人”に ジヌ母がくる。
ジヌ母は シユンがジヌと同じチームにいたと知ったのだ。
教えたのはチョン・スヒョク。
チョン・スヒョクは わざと ジヌ母に ジヌとシユンが写っている写真を渡し、
シユンに疑いを持つように話したのだった。

シユンは ジヌ母から「何があったかわからないけれど ジヌを悪者にしないで。ジヌを理由にしないで」と言われる。

閉店後の“バー隣人”
ソンアがくる。
シユンはソンアを抱きしめ キスする。

その頃 ファン前社長の家にも 来客があった。
ファン前社長は 殺害される。

7

シユンは ソアンにキスしたが、
「心の中にお前はいない」と言う。
それに対して ソアンは「先輩と付き合いたくてここに来ました。待っています」と涙を流して訴える。
ソアンは チョン・スヒョクの指示で動いていた。

シユンは ファン前社長から「倉庫を見てくれ」と言われたことを思い出す。
そこには ファン前社長からの手紙があった。
すぐに ファン前社長に電話するが、出ない。
チャンギュと一緒に 行ってみる。

ファン前社長が殺されていた。
そして チャンギュは“影のヒーロー”と疑われて 逮捕される。

ファン前社長からの手紙には
「あなたがするべきことは復讐ではない。復讐ではなにも変えられません。あなたには影のヒーローが合っています。あなたが守るべきものは真実です。真実が書かれた回顧録を守ってください。それがあなたをみんなを守る道です」と書かれていた。

シユンは ジヌ母に 3年前のことを話す。
「すべて僕のせいです」と。
「復讐したらジヌが帰ってくるの?ジヌが憎くてしたわけじゃないんでしょう?あなたを憎まない。あなたはジヌと同じ息子よ」と言われる。

チャンギュは釈放される。(チョン・スヒョクが署長に手をまわしたから)

イム刑事もチャンギュも 自分たちはどんな仕事をさせられているのかと思う。
チャンギュは それをパク代表にぶつける。
すると「元中央情報局員を保護したくて監視していたんだ。死んだということは 君の監視が甘かったんだ」と言われる。
辞めたい と言うが…
中央情報局員になれるかも と餌を与えられ 従うことにする。

イム刑事は チーム長から 内密でソ・ジュンソク殺人事件とファン前社長殺人事件を捜査していいと言われる

シユンは チョン・スヒョクに「上の者に伝えてください。パク・シユンは ファン前社長に従って“バー隣人”で静かに過ごします。ファン前社長の回顧録はペク・シユンが持っています。迂闊に行動するのはやめてください」と言う。

チャンギュは シユンに「今度はペ・ジョンヨン作家を監視することになりました」と嘘をつく。

8

チャンギュは シユンから「今度はペ・ジョンヨンを監視なんておかしくないか?」と言われる。
そして パク代表の写真を見せられ「知っているか?」と聞かれる。
「知らない」と答える。

イム妻も 夫に協力! と関わってくる。

イム刑事は パク代表から 新たな監視対象者を依頼される。
“バー隣人”の常連客リスとミン部長。
チャンギュ以外の2人が担当する。

シユンは リス、ミン部長、もう一人(“常連客”)と ファン前社長殺人事件について話し合う。
シユンは 3年前の事件が関係していると思う と話す。

閉店した“バー隣人”に ソンアがくる。
2人は 復縁する。
…シユンはソンアが自分を騙していると分かっている?

シユンは 回顧録を 写真に撮り メモリカードに残す。
…ソンアに見られたけど 大丈夫?

シユンは イム刑事から ソ・ジュンソク殺人、ファン前社長殺人の犯人と疑われる。
イム刑事が シユンを監視している車の持ち主を調べたと知る。
中央情報局の車を調べたということは イム刑事は中央情報局とは無関係。
シユンは イム刑事は信じられると思う。
そこで 3年前に後輩を殺した犯人とソ・ジュンソクとファン前社長を殺した犯人は同じで もうすぐ僕の周りに現れます と言う。

イム刑事はミンギから
中央情報局が“バー隣人”とシユンを監視している と聞かされる。

イム刑事は チーム長に
シユンが犯人で パク代表が指示していると思われる と報告する。

チーム長は チョン・スヒョクに報告する。

チョン・スヒョクは ホン元局長に
「シユンの希望通り このまま静かに終わらせたらどうでしょうか」と言う。
すると「回顧録を持っている限り それはできない。次期総理候補に名前が挙がっている。身辺整理が必要なんだ」と言われる。

シユンは チョン・スヒョクから
「回顧録を渡した方がいい。上はどうしても探しだそうとしている」と言われる。
「渡したら 監視もなくなり 静かに暮らせると約束してくれますか」と聞く。

ソミが 監禁される。
ジョンヨンに電話があり シユンたちは駆け付ける。
シユンは 監禁男の手の甲の刺青に驚く。
ジヌを殺した男と同じ刺青だった。

9

刺青男は ユン代表の仲間。
そして こいつらが 3年前シユンたち3人を拉致しジヌを殺した。
もちろん こいつらの背後には 指示した者がいる。

ジヌ母は 食堂を続けると決める。
シユンは 町のために“影のヒーロー”になろうと決心する。

シユンは チャンギュから 早く武道を教えてほしい と言われる。
そこで「武道は信頼があるからこそ成り立つものだ。俺を監視している奴をどう信じろと?」と言う。

パク代表は “常連客”に脅されて イム刑事の名前を出す。

シユンは ミン部長に 刺青男の写真を見せる。
ミン部長は 見覚えがあるらしい。

チョ社長はユン代表の指示で “影のヒーロー”シユンを訴える。
店で シユン対11人のチンピラ で乱闘騒ぎを起こした件。

ユン代表は ジヌ母とソミを抱き込もうとする。
金と再開発後の“韓流モール”への入居を提示。
ソミはサインし、
ジヌ母は 断る。

ソンアは シユンが警察で取り調べを受けていると知る。
チョン・スヒョクに連絡。
“バー隣人”で回顧録捜索が始まる。
しかし 見つけられなかった。

チョン・スヒョクは 監視カメラを確認。
シユンは回顧録をバイク便で送ったのでは?と考える。

シユンは 留置場に入れられる。
シユンは イム刑事に 「僕をここに閉じ込めて得する人間は僕を監視していた奴。中央情報局です。“バー隣人”で探し物をしたはずです」と言う。
イム刑事が 行った後
ソンアから「後輩の女性を信じても大丈夫ですか?何か目的があって近づいたのでは?厨房で回顧録を探してしたんですよ」と言われ 驚く。

10

チャンギュは シユンが取り調べを受けている事件で証言を求められる。
イム刑事から 勇気を出して真実を言うように と言われるが、
シユンが先に刃物を振り回した と証言する。

署長、チーム長は チャンギュの証言に大喜び。
署長は「ヒーローと騒いでいたが 悪人だったな。本性を現したな」と言う。

ところが…
チャンギュが「ここまでです。僕が話したのは 僕が目で見た真実ではありません。こう言えと脅迫されたんです」と言い出す。
そして 録音データを再生する。
そこには パク代表に指示された会話が録音されていた。

あらためて シユンは証言する。
刃物を最初に振り回したのは チンピラ。シユンは防衛していただけ。危険だったから。正当防衛だと思う と。

刺青男は 仲間を集め、警察に。
シユン暗殺を謀るが 失敗する。

イム刑事は 署長、チーム長と一緒に ユン代表に会う。
署長とチーム長が ユン代表から賄賂をもらったと知る。
ユン代表が シユンを陥れようとしていることも知る。
そして 以前ユン代表がパク代表に会っていたことを思い出す。

ソアンが シユンの面会にくる。
シユンが可哀想だなどと 恋人を心配する女性を演じるソアン。
シユンは ソアンに
回顧録は警察に渡そうと思っている。
ハン・ジュニ刑事が僕に協力しようとしてくれている。
(ついさっきハン刑事からもらった“食券”を見ながら)ここを出たら会おうと時間と場所を書いたメモをもらった。
ハン刑事は イム刑事の相棒。イム刑事は中央情報局の仕事を内緒でしている。それを話してくれるのではないかと思う。
と 話す。
そして ソアンを抱きしめる。

ソアンは警察署を出て チョン・スヒョクの車に乗り 報告する。

ユン代表のもとで働いている弁護士ソ・イェジュンは チャンギュの 知り合いだった。

チーム長は 部下の反対で
署長は チョン・スヒョクからの圧力で
シユンを釈放すると 決める。

シユン、チャンギュ、イム刑事は 盗聴されていないところ…サウナ で話し合う。
「ユン代表、パク代表、中央情報局のつながりを明らかにできれば…」と言うイム刑事、
シユンから 「パク代表は必要のない者は始末するはず。気を付けてください」と言われる。

シユンが ソアンに与えたエサ。
ハン刑事と会う約束がある というエサ。
そのエサを得ようと 中央情報局たちが集まってきた。
シユンは 隠れて様子を窺っている局員たちに「監視は今日でおしまいです」と言う。
そして チョン・スヒョクに
「3年前のジヌ、ソ・ジュンソクさん、ファン前社長、3人を殺した犯人は同じ人物です。そして その犯人はユン代表を助けています」と
犯人の写真を見せて 言う。

その頃 ソアンは“バー隣人”にいた。
花束を持って シユンを待っていた。
しかし…
チョン・スヒョクから電話がある。
「シユンにばれた」と。
ソアンは 出て行く。

チョン・スヒョクは ユン代表に会いに行く。
「3年前のことは お前の仕業か?」と聞く。
「頼まれただけです」と言われ、
「誰から依頼されたのか?俺が知っている奴か?」と聞く。
しかし 答えはない。
「ジヌを殺したのはカーティス・ブリマが雇った男。そういうことにしておこう」といって 立ち去る。

“常連客”は イム刑事を脅して
「ユン代表とパク代表が繋がっている」と聞く。

パク代表は 少年に“常連客”を刺すように命令する。
…イム刑事を犯人に仕立てるつもり?

11

イム刑事は 犯人らしき男2人を見ていた。
パク代表の手下。
すぐに 龍門企画に行くが、
男たちはいない。
パク代表は そんな男は知らない と証言する。

パク代表は “常連客”に イム刑事の調査を頼んでいた と言う。
そして イム刑事が殺したのでは… と証言するが、
チャンギュの件があるから 信じてもらえない。

チョ弁護士の遺体が発見される。
ポケットに イム刑事の名刺があったらしい。
署長は イム刑事を取り調べる。
…イルムン殺害でイム刑事を逮捕できなかったら チョ弁護士殺害で逮捕しようとしたわけ?

イム刑事は 事実を証言する。
パク代表は イム刑事の背後にシユンがいると証言し、イム刑事が殺人犯だと証言する。

シユン、リス、ミン部長は 改めて考える。
3年前 作戦中止を命令したのは ホン元局長、
作戦を行っていたのは チョン・スヒョク。
その背後に ベイスター香港がいると思われる。
ベイスター香港は “韓流モール”に出資している。
ベイスター香港は 政府関連事業には必ずと言っていいほど関係している。
また“韓流モール”にはカン・ムンスが代表を務める“ロックフィールド”も投資している。
ベイスター香港とユン代表は どういう関係なのか気になる。
パク代表の背後に チョン・スヒョクがいるとしたら…
その背後に ホン元局長がいて
その背後に ベイスター香港がいる。

匿名の情報から(署長曰く)
イム刑事の家の家宅捜索が行われる。
車から 凶器と思われる“ひも”が見つかる。(刺青男が入れたと思われる)

シユンたちは パク代表を罠にかける。
ハン刑事は 龍門企画に行き、
「犯人から自首すると電話があった。犯人がパク代表に指示されたと言っています」と言う。
そして 犯人は自首しなかった として 帰る。
すると パク代表は どこかに電話。
パク代表の手下の2人は 犯人の少年を殺そうとアパートに。
しかし 待っていたシユンたちに逮捕される。

12

チャンギュは “常連客”を刺した少年を 説得。
自首させる。
少年とパク代表の手下2人は パク代表に指示されたと証言。
パク代表は 逮捕される。

シユンに チョン・スヒョクと龍門企画、パク代表との関係を証明する書類を送ったのは
ソアンだった。

シユンは チョン・スヒョクの背後にいる者を見つけるために
チョン・スヒョクを揺さぶる。

チョン・スヒョクは チャンギュに接触。
チャンギュ父に店を出してあげる代わりに シユンの行動を報告しろと言う。

シユンは ユン代表に会いに行き、
「“韓流モール”の事業に“JJ”を関わらせないでほしい。受け入れてもらえなかった時には ある者の提案を受けて “JJ”を警察に差し出すことになる」と言う。

シユンは ユン代表の事務所を盗聴していた。
シユンが出て行った後 ユン代表は チョン・スヒョクに電話する。
「回顧録のために JJを売るんですか?回顧録が欲しくて ファン前社長を…パク代表はどうするんですか?警察署に戻る時に連絡ください」と。

パク代表は 中央情報局の尋問を受ける。
中央情報局に捨てられた と知る。
警察署への護送中 チョン・スヒョクから拳銃を渡される。
パク代表は 車の中で拳銃自殺する。

チーム長は イム刑事に「チョン・スヒョクにお前の情報を渡した」と謝罪する。
そして 代わりにと チョン・スヒョクとユン代表が会っていたという情報を話す。
「2人はとても親しげだった。ユン代表は“スタディグループ”とかいうものの一員らしい」と。

シユンは 警察署に“JJ”が来るのを 待つ。
しかし 来たのは ユン代表だった。
ユン代表は 盗聴に気づき 嘘の情報を話したのだった。

13-14

パク代表は “ソ・ジュンソク、ファン前社長、“常連客”を殺した”と遺書を残していた。
…偽物だろうけど。

シユンは JJと対決するために
ユン代表を怒らせる。
これでユン代表はJJを差し向けるはず。

ユン代表は ホン元局長らから
“JJ”を始末するように言われる。
しかし 友人を殺したくない。
そこで JJとシユンを戦わせようと考える。
どんな結果になるか分からないけれど どちらかは死ぬだろう。
シユンが死ねば 地上げがうまくいく。
JJが死ねば 自分の手を汚さずに済む。

シユン対JJら3人。
…JJ、仲間を連れて行くなんて情けない。
結果は どちらも死ななかった。

ユン代表は JJを殺す。
しかし 投資者たちから裏切られ、
事業権を取り上げられそうになる。

シユンは 中央情報局長に 回顧録の一部を渡す。
そのせいで ホン元局長は 総理候補の座が危うくなる。
ホン元局長は イライラ。
チョン・スヒョクは ユン代表に 回顧録を見つけるように依頼する。

ユン代表は シユン殺害を試みるが失敗する。

ユン代表は シユンに 回顧録を渡すように言う。
3年前の事件の背後にいた者を教えるから と。
しかし シユンの条件は 退去者たちへの手厚い慰謝料。
交渉は決裂する。

15

イム刑事の娘スビンが 拉致される。
要求は 回顧録。
回顧録は奪われるが、
スビンを無事救出する。

ユン代表は 回顧録を受け取りに行こうとするが、
チョン・スヒョクから 警察に尾行されていると言われ 中止する。
回顧録は チョン・スヒョクが受け取る。

誘拐実行犯2人が逮捕される。
その自供により ユン代表が逮捕される。

ユン代表の希望で シユンが呼ばれる。
シユンは “スタディグループ”の連中が連絡に使う電話番号を教えてもらう。
偽メールで “スタディグループ”の連中を集める。

16

ユン代表は 次に チョン・スヒョクを呼びつける。
「チョン・スヒョクではなく ホン元局長と“スタディグループ”から指示されたことにするから
俺がやったことを揉み消してくれ。誘拐犯は ホン元局長から金をもらって嘘の供述をしたことにしてくれ」と頼む。

チョン・スヒョクは ユン代表からの提案を “スタディグループ”に話す。
すると すべてを終わらせましょう と言われる。

チョン・スヒョクは 警察に JJの遺体の写真を送る。
“ユン代表の仕業です”と。

シユンは みんなが止めるのを無視して 病院を出て ユン代表に会いに行く。
2人は協力することに。

シユンは チョン・スヒョクに 一緒にやりましょう と説得するが、
断られる。

ホン元局長次期総理候補の人事委員会が開かれる予定。
シユンは 同じ時間に ユン代表の記者会見を開くことにする。
ホン元局長、“スタディグループ”の悪事を暴露する予定。

チョン・スヒョクは ユン代表が乗っている車を爆破しようとするが、
ぎりぎりのところでやめる。
しかし 部下に殺される。

スポンサーサイト
web拍手

あなただけが私の愛 リタイア

16話でリタイア
韓国での視聴率がいいようなのですが、
興味が湧かないのでリタイアします。

全120話 2015年 KBS

出演者 : ソン・ドウォン・・・ハン・チェア
       イ・ジゴン・・・ソンヒョク
       ナム・ヘリ・・・チ・ジュヨン

       ソン・ドッグ(ドウォン父)・・・カン・ナムギル
       ノ・ヨンギ(ドッグの店の店員)・・・チェ・テチョル
       ノ・ウリ(ヨンギ娘)・・・カン・ジュウン
       ナムスン(父親を探しに来韓したフィリピン人)・・・キム・ミンギョ
       オ・マルス(市場の持ち主、金貸し)・・・キム・ヘスク

       イ・ビョンテ(ジゴン父)・・・チョン・ハニョン
       パク・ジュラン(ジゴン母)・・・ムン・ヒギョン
       イ・ジエ(ジゴン妹)・・・ハン・ユイ
       ジゴンのマネージャー・・・キム・ギド

       ナム・ジェイル(ヘリ父)・・・イ・ヨンハ
       チ・スヨン(ヘリ母)・・・イ・ヒョンチュン
       カン・ブナム(ヘリ祖母)・・・サ・ミジャ
       ナム・ヘソン(ヘリ異母弟)・・・カン・シンヒョ

       ドウォンの上司・・・ユ・スンボン
       ドウォン後輩・・・アン・ジェミン
       放送作家・・・イム・ドユン


演出  : チン・ヒョンウク
脚本  : コ・ボンファン


 1-67-1213-16

1-6

ソン・ドウォン役のハン・チェアが 時々ハン・ヘジンに見えてしまうのですが…
そういえば イ・ジゴン役のソンヒョクも誰かに似ているような?

それはおいといて…
1人の男性を 実娘と義理娘が取り合う
という どこかで観たようなドラマ。
主役の2人を応援できれば まぁまぁ楽しく観れるのでは と思うのですが。  


放送局のPDソン・ドウォンは 担当の料理番組で
レストラン「マリスキッチン」のオーナーシェフのイ・ジゴンと出会う。
イ・ジゴンから 「好きです、付き合ってほしい」と言われ、
戸惑いながらも 嬉しく思う。

ところが ジゴン母から「息子には婚約者がいるから 誘惑しないでほしい」と言われ 驚く。

ジゴン母が言うジゴンの婚約者とは ナム・ヘリ。
ジゴン両親もヘリ両親もヘリも ジゴンとヘリの結婚を望んでいる。
しかし ジゴンはヘリのことを 妹としてしか見ていない。

ヘリは ジゴンから はっきり「ドウォンさんが好きだ」と言われ 嫉妬する。
ジゴン母に ドウォンの悪口を言い、
ドウォン父の商売を 邪魔しようと考える。

ドウォンは 父と2人家族。
母とは 父と離婚した後 会っていない。
ドウォンは 母に捨てられたと思っていた。
しかし 子供の時の日記に 母の字で“愛する娘”と書いてあるのを見つけて 母に会いたいと思うようになる。

当時 ドウォン母は 家計を助けるために 家政婦をしていた。
その家を突き止め 電話をするが、その家の“奥様”と話せずにいる。
電話に出たのが ドウォン母だったため 邪魔されたのだった。

ドウォン母は 娘と同じ名前のPDがテレビに出演して気になっていた。
ドウォンの父親がソン・ドックと知り ドウォン父の店に確かめに行く。

さて ドウォン母、家政婦をしていた家の息子の後妻になったらしい。
夫には娘が一人いた。
その娘が ジゴンと結婚したいナム・ヘリ。
ドウォン母=ヘリ母は どちらの娘の恋愛を応援するのかしら。
…ヘリを応援するしかないわよね。

7-12

ドウォンには好感をもてるのだけど…
ジゴンが…ピンとこない。

ジゴンは ダウォン父に ダウォン父の店もダウォンも守ると誓ったけれど
大丈夫かなぁ。  


ドウォンは ジゴン母から「息子には婚約者がいる」と言われ、
その婚約者がヘリだと知る。

ドウォンは「婚約者がいるのに もてあそばないで」とジゴンを拒否する。
しかし ジゴンから「親が決めただけ。両親を見ていて結婚したいと思っていなかった。けれど君はそんな気持ちを変えてくれた」と言われ
付き合うことにする。

付き合うことになったドウォンとジゴンだけど
ロミオとジュリエット状態。
ジゴン父の会社「タウンマート」は ドウォン父の店の市場一帯を買収しようとしている。
ヘリは「フルーツコリア」の社長の娘で「タウンマート」勤務。
ドウォン父の契約先を横取りすることで ジゴン父を後押しする。
ヘリ祖母も ドウォン父の悪い噂を流して ジゴン父に協力する。

ジゴンの気持ちを無視して
ジゴンとヘリの結婚話が進んでいる。
両家の顔合わせの日程も決まっている。
ジゴン母は 顔合わせの席だと隠して ジゴンを連れてくる予定にしている。

ヘリ母はダウォン父に「ダウォンとジゴンを別れさせて」と金を渡す。

やっぱり ヘリ母はダウォンではなくヘリを応援するみたいね。
まぁ 当然といえば当然だけど。

13-16

ジゴンとヘリの結婚、
事業のために なにがなんでも結婚してもらいたいジゴン父。
今まで投資した金を無駄にしないために 結婚させたいヘリ祖母。
両家を姻戚にしたいのなら
ジゴン妹とヘリ弟を結婚させればいいんじゃない?  
でも…あんな嫁や婿はいらないわよね。


ジゴンは 両家の家族がいる席で はっきりと「ヘリとは結婚できない」と言った。
けれど ヘリは諦めていない。
ジゴン父を味方につけ ダウォンがボロボロになってジゴンに捨てられる日を待っている。

ダウォン父の店は ヘリ祖母の罠に嵌り 借金を抱える。
ダウォンは 会社から融資を受けるが 焼け石に水。
退職して 退職金を返済に充てようとする。
しかし もうどうにもならない状況だった。

オ社長は ダウォン父の店が フルーツコリアに渡るかもしれないと知る。
そこで ダウォン父に 金を貸すから店を渡せと提案する。
フルーツコリアに渡したくないから。
しかし ダウォン父に断られる。

ダウォン父の店で借金取りが暴れる。
返済できないなら店を渡せと騒ぐ。
ダウォン父は店を渡す覚悟をするが、そこにオ社長が現れる。
ダウォン父はオ社長に店を渡す。

web拍手

カッコウの巣 リタイア

18話でリタイア
最後まで観たかったのですが…
放置しすぎて どうでもよくなりました。

【送料無料】 カッコウの巣 DVD-SET1 【DVD】

【送料無料】 カッコウの巣 DVD-SET1 【DVD】
価格:11,664円(税込、送料込)



全話 2014年 KBS

出演者 : ペク・ヨニ・・・チャン・ソヒ
       チョン・ビョングク・・・ファン・ドンジュ
       イ・ファヨン・・・イ・チェヨン

       ユ・ソンビン(ヨニ後輩)・・・キム・ギョンナム
       イ・ミョンウン・・・ヒョン・ウソン
       ペク・チョル(ヨニ父、HSグループ会長)・・・イム・チェム
       ホン・グモク(ヨニ母)・・・オム・ユシン
       ペク・ジュヒ(ヨニ妹)・・・ソン・ガヨン
       チョン・ジヌ(ヨニ息子)・・・チョン・ジフン

       クァク・ヒジャ(ビョングク母)・・・ソ・グォンスン
       チョン・ジンスク(ビョングク叔母)・・・チ・スウォン
       チョン・ユミ(ビョングク妹)・・・キム・ミンジャ

       ペ・チュジャ(ファヨン母)・・・パク・チュングム
       ペ・チャンシク(ファヨン叔父)・・・チョン・ノミン
       イ・ソラ(ファヨン妹)・・・チョン・ミンソ
       イ・ドンヒョン(ファヨン兄、ヨニ元恋人)・・・チョン・ミンジン

       オ・ギソプ・・・イ・ジョンフン
       イ常務・・・イ・ドゥソプ
       イ・ゴニ・・・ハン・ギョンソン
       スンナム・・・ホ・イニョン
       チェ・サンド・・・イ・チャンウク
       キム・ソジン・・・キム・リウォン
       ヨニの担当医師・・・アン・ホンジン

演出  : クァク・キウォン、ペク・サンフン
脚本  : ファン・スニョン


 1-45-89-1213-18

1-4

代理母を扱ったドラマ。
例のごとく 狭い範囲で絡み合ってます。

ヨニのお団子頭が ムーミンのリトルミイやミムラみたいで
なんとも…
なぜ あの髪型なんでしょうか?
ヨニ役のチャン・ソヒさん、40歳を過ぎていると思うのですが、
ますます 老けて見えるような?
子宮がんのせいで不妊 というより 年齢のせいで不妊 という感じで
なんとも…  


ヨニは臨月。
ドンヒョンと幸せに暮らしている。
しかし 突然 父に連れ戻される。
ヨニが乗った車を追いかけるドンヒョン。
事故に遭い 亡くなってしまう。

3年後。
ヨニは ビョングクと結婚。
結婚式場で倒れ 子宮がんを宣告され 摘出する。

そして 3年後。
ヨニが生んだと思われる娘は ドンヒョン母の娘として暮らしている。

ヨニ、ビョングク夫婦には 当然ながら子供はいない。
ビョングク母は 子供がいないことに不満を持ちながらも 息子夫婦に文句を言うことはなかった。
しかし 夫の法事のたびに 孫のことを聞かれ 辛くなる。

養子をもらう方法もあるが、
できれば 息子の遺伝子を受けついてほしい。
だからと言って 愛人に子供を生ませるのは 時代錯誤だし、
そもそも ビョングクが納得するとは思えない。

ビョングク母は ビョングク叔母から 考えもしなかった方法を教えられる。
それは 代理母。
卵子も精子も ヨニとビョングクのもの。
遺伝子上は 夫婦の子ども。
ただ 子宮を借りるだけ。

ビョングクは代理母に反対。
しかし ヨニから 自分の子どもがほしいと言われ 渋々承知する。

代理母探しが始まる。
ビョングク母は 接触事故を起こした時の被害者ファヨンに 代理母を頼む。

ファヨンは ビョングクの元恋人で ドンヒョンの妹。
ヨニ、ビョングク夫婦と因縁があった。

5-8

結局 代理母を引き受けたファヨン。
“こんな生活は嫌!兄を死なせた女が幸せに暮らしているなんて許せない!復讐してやる!”
ってことで 代理母を引き受けることに。

で、ヨニとビョングクの受精卵のはずが…
妊娠出産を行う病院に 兄の友人が医師として働いているのを利用。
「兄に借りがあるでしょう」などと脅して
ヨニと自分の卵子を交換。
自分とビョングクの受精卵で 妊娠する。

ファヨン出産。
ファヨンの遺伝子を受け継いだ娘とは知らず ヨニ、ビョングクたちは大喜びする。

9-12

6年後。
ファヨンは まだ復讐を諦めていなかった。

ファヨンは “ラサ”のグレイス・リーとして 来韓。
契約予定の会社は ビョングクの会社。

ビョングク、最初は グレイスがファヨンだとはわからなかった。
どこかで会ったような?と思っただけ。
しばらくしてから ファヨンだと気づく。

ファヨンは 正体を現さず ヨニに近づき 親しくなる。
そして ヨニの息子ジヌに おもちゃや洋服をプレゼントする。

ファヨンはまたヨニ父にも 近づく。

13-18

まったく ファヨンのどこがいいのか…
ビョングクもヨニ父も そんな簡単に ファヨンに落ちないでよね。  


ビョングクとファヨンの仲は社内中の噂に。
ヨニは ソンビンから 「グレイス・リーとご主人に気をつけるように」と言われる。
呆れた話と信じなかったが、
グレイス・リーがイ・ファヨンと知り 考えが変わる。

ヨニは ビョングクにファヨンを紹介したことがあった。
その時 2人は初対面のふりをした。
グレイス・リーとは 仕事上の付き合い。やましいことがなければ 初対面のふりはしないはず。
また ファヨンは 自分と同じ指輪をしている。
その指輪は誕生祝にビョングクからプレゼントされたもの。

ヨニは 2人の仲を疑う。
疑われたビョングクは 世の中の疑われた夫がすることと同じ行動をとる。
「俺を信じないのか!」と怒鳴り 家を出て 愛人に会いに行く。

ジンスクは ファヨンがグレイス・リーとして現れた時から 不安を感じていた。
ファヨンとビョングクが浮気しているらしいと聞き、
ファヨンを問いただす。
すると ビョングクを愛していると言われる。

ビョングク母は グレイス・リーがファヨンだとは知らない。
ビョングクの浮気の噂を知り ヨニをなじるが、気になり 会社にビョングクを訪ねる。
そして ビョングクとファヨンが抱き合っているのを目撃する。


web拍手
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
視聴中のドラマ
被告人(全18話)

皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて(寂寞空庭春欲晩)(全40話)
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキングドットネット
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング