2017/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>




ハート・トゥ・ハート あらすじ&感想



最初は 乱暴なイソクに引いたけれど
だんだん ホンドとイソクのほんわかさが心地よくなり
後半は せつなくて
結構はまりました。

チェ・ガンヒいいです、やっぱり。
赤面症で対人恐怖症の役の演技はもちろん、
変装したおばあちゃんは とても可愛かったです。

チョン・ジョンミンもよかったです。
なぜか 「キツネちゃん、何をしているの?」のチョルスを思い出して
観たくなりました。
…確か 保存していたはず…と探してみたら…なかった…残念。



悩んだのですが、
後半にでてくる事件に関して
あまりに酷い話なのに あっさり解決し 丸くおさまったのが ちょっと気に入らなくて
にしました。



全16話 2014年 tvN

出演者 : チャ・ホンド(オ・ヨンレ)・・・チェ・ガンヒ
       コ・イソク・・・チョン・ジョンミン
       チャン・ドス・・・イ・ジェユン

       コ・セロ(イソク妹)・・・アン・ソヒ
       コ・サンギュ(イソク祖父)・・・チュ・ヒョン
       コ・ジェウン(イソク父)・・・オム・ヒョソプ
       ファン・ムンソン(イソク母)・・・チン・ヒギョン

       ヤン刑事・・・キム・キバン
       オム・キチュン・・・ソ・イスク

演出  : イ・ユンジョン
脚本  : イ・ジョンア、コ・ソニ

 1-23-45-67-89-1011-16

1-2

 
チェ・ガンヒ、チョン・ジョンミン共演。
“どうしても観たい!”と観始めたのですが…
う…ん・・・・
2話まで観た感じでは “面白そうだけど 嵌るほどではない”

チェ・ガンヒ演じるチャ・ホンドと チョン・ジョンミン演じるコ・イソクのラブコメだと思うのですが、
イ・ジェユン演じるチャン・ドス と結ばれてほしい。
コ・イソクよりもチャン・ドスの方が 性格がいいので。
コ・イソクは性格も態度も悪くて 精神科医とは思えない。  


チャ・ホンドは赤面症と対人恐怖症。
ヘルメットを被らないと外出できない。
大好きなチャン刑事にお粥を届ける時も ヘルメットを被って外出。
玄関前にお粥を置き、チャン刑事には会わずに帰る。
チャン刑事に会いそうになった時には隠れ 絶対に会おうとしない。
また ホンドは変装で祖母に成りすまして家政婦の仕事をしている。

ある日 ホンドは これではいけないと 精神科に行く。
ところが そこで 精神科医コ・イソクが患者の首を刺しているのを目撃してしまう。
後に 患者が自殺を図ったと証言したため イソクは罪に問われなかったが、
ホンドは目撃者として警察で事情を聞かれ 大変な思いをしたのだった。

ホンドは チャン刑事から食事に誘われる。
入念な下準備をして その日を迎えたが…
チャン刑事とは食事はできなかった。
今度はチャン刑事とちゃんとデートしたいと イソクに相談に行く。

イソクの病院は 大変なことになっていた。
自殺未遂事件で イソクが酒を飲んで診察していたことが明らかになり
患者が来なくなってしまったのだった。
イソクもまた精神を患い 酒を飲まないと診察できずにいた。

3-4


え?え~~~うっそ~~~
の展開。
まったく予想してなかった…  


イソクは お婆さんの診察をしようとして 頭が痛くなる。
ところが そこにホンドが来ると 痛みはおさまる。
自殺未遂男の時もそうだったと思いだす。
“ホンドは解毒剤かもしれない。臨床試験をして確かめよう”
診療中 イソクにいてもらうことにする。

ホンドは 朝 チャン刑事に「よく眠れましたか?」と言ってみたいと思うようになる。
イソクに後押しされ(命令され?) チャン刑事に会いに行く。
なかなか言葉が出ず、
ようやく出てきた言葉は「チャン刑事 好きです」

しかし
チャン刑事には婚約者がいた。

ホンドは チャン刑事から 結婚すると言われる。
また 別の日に チャン刑事と婚約者が チャン刑事の家に入っていくのを目撃する。
辛いけれど心の整理をしなければ と思う。
雨の中 チャン刑事の部屋の窓を外から眺めながら
“今日で最後。もうここに来てはいけない”と自分に言い聞かせる。

と そこに イソクから電話がある。
「今から酒を飲もうと思うんだ。止めなくていいのか?」と。

ホンドはずぶ濡れのままイソクの家に。
シャワーを浴び、イソクから借りた洋服を着る。
シャワーを浴びた後だから ヘルメットなし。

ホンドは チャン刑事のことを話し、
イソクは 彼女と別れたこと、23年前に兄が火事で亡くなったことを話す。
イソクは 突然の別れは残された者にわだかまりを残す などと言いながら ビールを手に取る。
止めようとするホンドと ビールを取り合っているうちに…

イソクは ホンドの顔を見つめ おでこにキスをする。
次は口に。
そして…

5-6


粗野な印象だったイソク。
慣れてきたのか 少しずつ好印象に。
でも…チャン刑事に ホンドと寝たことを話したのは…マズイと思うなぁ。  


寝てしまったホンドとイソク。

イソクは“あり得ない!俺は何を考えているんだ!”と思いつつも
ホンドと一緒にいると ラクでいられることに気付く。
付き合ってみるのもいいかも と思う。
ホンドに「付き合おう」と言うが、断られる。

ホンドは やっぱり チャン刑事が好き。
ホンドも イソクといると ラク。
自分を素直に出せて よくしゃべるし よく話す。
けれど 付き合うのとは違うらしい。

で、そのチャン刑事。
なんと 破談。
婚約者から「年12回の祭祀は我慢できるけれど 亡くなった人だけでなく生きている人の世話をするのが耐えられない。それでもあなたから電話の1本でもあればよかったのだけど」と言われる。
チャン刑事、ホンドのことが気になって 婚約者に対して思いやりが足りなかったみたい。
結婚してぎくしゃくするよりは よかったかも。

ということで
ホンドを巡って イソクとチャン刑事の争いが始まるのかしら…?

7-8


あの女は イソクの元カノ?
ホンドとイソクがラブラブになったら
元カノが邪魔してくるわけね。  


ホンドは チャン刑事よりもイソクのことのほうが気になる。

大好きなチャン刑事といて 嬉しいはずなのに なんだかちょっと違う。
チャン刑事から イソクとは診察以外は関わってほしくないと言われ 携帯電話の電池を外すが…気になる。
イソク母が自殺を図ったと知り イソクのことが心配になる。

イソクのことが 気になって仕方がなく 会いたくて仕方がなく
ホンドは 恋煩いになる。

イソクは ホンドが恋煩いになったのが嬉しくてたまらない様子。

ホンドは 自分の気持ちに正直になることにする。
チャン刑事に きちんと自分の気持ちを話し、
イソクと付き合うことに。

チャン刑事…ちょっと先走りすぎたかなぁ。
ホンドが今でも自分を好きだと思っていたのよね。
婚約者と別れた→自分もホンドが好き→ホンドは今でも自分を好きなはず→俺たちは 恋人同士
って感じ。
チャン刑事は 思い込んでいたと反省。ホンドの告白を受け入れる。

イソクといる時の ホンドは とても楽しそう。
対人恐怖症、赤面症とは思えない。
今は ヘルメットを着けずにイソクとデートする日に向けて 努力中。

ホンドは イソクが残業していると知り お弁当を持っていく。
ところが…
イソクが女性と抱き合っているのを目撃。
驚き 隠れる。

そこに チャン刑事がやってくる。
チャン刑事も イソクと女性を目撃。
ホンドを連れて立ち去る。

9-10


イソクがここまでホンドに惚れるとは!

イソクは ホンドが好きで好きでたまらない~~~ という感じ。
元カノの再登場で イソクが元カノに戻るかと心配していたけれど 大丈夫。
元カノに誘惑されても 大丈夫。

ホンドも イソクが好き。
イソクが ホンドを置いて元カノの元に駆け付けても
そのせいで倉庫に閉じ込められても
チャン刑事に 好きだと言われても
イソクが好き。

ホンドとイソクの間に チャン刑事が入り込むすきは全くなし。

ホンドを好きな男性が もう一人現れる。
正確には ホンドではなくオ・ヨンレを好きになった男性。

ホンドは オ・ヨンレのふりをするのが辛くなる。
嘘をついている罪悪感でいっぱいになる。
そこで アルバイトをやめるが…

イソク祖父はオ・ヨンレを好きになっていた。
イソク祖父は友人が亡くなった時 これからの人生を考えるようになる。

イソク祖父にプロポーズされたホンド。
当然 断る。
イソク祖父が席を立っている時 イソクから電話がある。
言われるままに 手を挙げたりしていると
目の前に イソクが現れる。
イソクは同じレストランにいた。

11-16


驚きの展開に 残り6話は一気に視聴。
ちょっとびっくり イヤ とってもびっくり。
いいおじいさんだと思っていたイソク祖父が 家族のことしか考えないおじいさんだと分かって がっかり。


イソクは オ・ヨンレがホンドだと知り 驚く。
騙していたのかと ホンドを責めるが、
変装しないと仕事ができない と言われ 納得はする。

イソク祖父は 恋煩いで体調を崩す。
イソクは 仕方なく ホンドにオ・ヨンレに変装してもらうことに。

イソク祖父は オ・ヨンレと話し 納得して別れる。
が、
イソクがオ・ヨンレと親しそうに話しているのを見て 不思議に思う。
また イソクが電話でホンドと話しているのを聞き
ホンドがオ・ヨンレ?と疑問に思う。
そこで アン秘書に オ・ヨンレの調査を命令する。

調査の結果
ホンドの祖母は イソク家に働いていた。
ホンドとイソクは一緒に遊んだことがあり、
イソク兄が亡くなった火事の原因はホンドだった。
当時 ホンドはヨンジという名だったが、火事のあと名前を変えていた。
とわかる。

イソク祖父は イソクとホンドの交際に反対。
事情を知ったイソク母も反対する。

ホンドは イソク母から イソク兄を殺したから交際を認められないと言われる。

ホンドは イソク母に言われるまで 火事の記憶はなかった。
家に帰り 祖母の形見を調べているうちに 記憶が戻る。

チャン刑事は セロからホンドと連絡が取れないと言われる。
家に行ってみると ホンドが倒れていた。
すぐに 病院に運び、
その時 火事のことを聞く。
チャン刑事は 火事の記録を調べ始める。

イソクも ホンドがマッチを擦って火事を起こしたヨンジだと知る。
思わず ホンドを責める。
しかし 冷静になって考えると
自分も母も 兄の死に罪悪感があり それを和らげるためにホンドに責任を負わせているのだと思うようになる。

ホンドはイソクから離れようと考える。
しかし アン秘書から諦めないでほしいと言われ、
イソクのそばにいることにする。

ホンドもイソクから離れることはできない。
2人は 交際を続けることに。
しかし イソク祖父が倒れ
イソクは ホンドから距離を置くことにする。

離れてみたものの 苦しくてたまらないイソクとホンド。
離れられない。

そして ある事実が判明する。
放火したのはホンドではなかった。
イソク父だった。
イソク祖父はそのことを知っていて ホンドに罪をかぶせていた。

ホンドは 自分に濡れ衣を着せ 祖母に辛い思いをさせたイソク家族を恨む。
許せない。
復讐したい。
どうしたらいいのか悩む。

イソクは ホンドの憎しみを受け入れ 抱きしめる。
ホンドはイソクに抱きしめられ 考える。
“彼は自分が兄を殺したと知っても 温かく抱きしめてくれた。どんな思いだったのだろう”
ホンドは イソクのそばにいようと決心する。

スポンサーサイト
web拍手

ハート・トゥ・ハート(11)-(16)


驚きの展開に 残り6話は一気に視聴。
ちょっとびっくり イヤ とってもびっくり。
いいおじいさんだと思っていたイソク祖父が 家族のことしか考えないおじいさんだと分かって がっかり。


イソクは オ・ヨンレがホンドだと知り 驚く。
騙していたのかと ホンドを責めるが、
変装しないと仕事ができない と言われ 納得はする。

イソク祖父は 恋煩いで体調を崩す。
イソクは 仕方なく ホンドにオ・ヨンレに変装してもらうことに。

イソク祖父は オ・ヨンレと話し 納得して別れる。
が、
イソクがオ・ヨンレと親しそうに話しているのを見て 不思議に思う。
また イソクが電話でホンドと話しているのを聞き
ホンドがオ・ヨンレ?と疑問に思う。
そこで アン秘書に オ・ヨンレの調査を命令する。

調査の結果
ホンドの祖母は イソク家に働いていた。
ホンドとイソクは一緒に遊んだことがあり、
イソク兄が亡くなった火事の原因はホンドだった。
当時 ホンドはヨンジという名だったが、火事のあと名前を変えていた。
とわかる。

イソク祖父は イソクとホンドの交際に反対。
事情を知ったイソク母も反対する。

ホンドは イソク母から イソク兄を殺したから交際を認められないと言われる。

ホンドは イソク母に言われるまで 火事の記憶はなかった。
家に帰り 祖母の形見を調べているうちに 記憶が戻る。

チャン刑事は セロからホンドと連絡が取れないと言われる。
家に行ってみると ホンドが倒れていた。
すぐに 病院に運び、
その時 火事のことを聞く。
チャン刑事は 火事の記録を調べ始める。

イソクも ホンドがマッチを擦って火事を起こしたヨンジだと知る。
思わず ホンドを責める。
しかし 冷静になって考えると
自分も母も 兄の死に罪悪感があり それを和らげるためにホンドに責任を負わせているのだと思うようになる。

ホンドはイソクから離れようと考える。
しかし アン秘書から諦めないでほしいと言われ、
イソクのそばにいることにする。

ホンドもイソクから離れることはできない。
2人は 交際を続けることに。
しかし イソク祖父が倒れ
イソクは ホンドから距離を置くことにする。

離れてみたものの 苦しくてたまらないイソクとホンド。
離れられない。

そして ある事実が判明する。
放火したのはホンドではなかった。
イソク父だった。
イソク祖父はそのことを知っていて ホンドに罪をかぶせていた。

ホンドは 自分に濡れ衣を着せ 祖母に辛い思いをさせたイソク家族を恨む。
許せない。
復讐したい。
どうしたらいいのか悩む。

イソクは ホンドの憎しみを受け入れ 抱きしめる。
ホンドはイソクに抱きしめられ 考える。
“彼は自分が兄を殺したと知っても 温かく抱きしめてくれた。どんな思いだったのだろう”
ホンドは イソクのそばにいようと決心する。
web拍手

ハート・トゥ・ハート(9)(10)


イソクがここまでホンドに惚れるとは!

イソクは ホンドが好きで好きでたまらない~~~ という感じ。
元カノの再登場で イソクが元カノに戻るかと心配していたけれど 大丈夫。
元カノに誘惑されても 大丈夫。

ホンドも イソクが好き。
イソクが ホンドを置いて元カノの元に駆け付けても
そのせいで倉庫に閉じ込められても
チャン刑事に 好きだと言われても
イソクが好き。

ホンドとイソクの間に チャン刑事が入り込むすきは全くなし。

ホンドを好きな男性が もう一人現れる。
正確には ホンドではなくオ・ヨンレを好きになった男性。

ホンドは オ・ヨンレのふりをするのが辛くなる。
嘘をついている罪悪感でいっぱいになる。
そこで アルバイトをやめるが…

イソク祖父はオ・ヨンレを好きになっていた。
イソク祖父は友人が亡くなった時 これからの人生を考えるようになる。

イソク祖父にプロポーズされたホンド。
当然 断る。
イソク祖父が席を立っている時 イソクから電話がある。
言われるままに 手を挙げたりしていると
目の前に イソクが現れる。
イソクは同じレストランにいた。
web拍手
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
視聴中のドラマ
被告人(全18話)

皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて(寂寞空庭春欲晩)(全40話)
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキングドットネット
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング