2017/10
<<09 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>




失踪ノワールM あらすじ&感想




OCN得意の 刑事ドラマ。
文句なしに よかったです。
…文句なし…ってわけではないけど…だって ネタバレだけど 刑事が私的な恨みで暴発しちゃダメでしょう。

展開がスピーディ。
それでいて必要なことは きちんと押さえている。
ダラダラとした説明シーンがなくても 理解できる。
失踪チーム3人の私的な部分に関しても 余計な時間を割かず 自然な流れで見せる。
脚本、演出が素晴らしかったと思います。

出演者も もちろん 素晴らしかったです。
キム・ガンウさん、パク・ヒスンさんは 当然 演技に問題なしですが、
チョ・ボアさんもよかったです。
脚本によるものでしょうが、不必要な“恋愛”をまったく感じさせなかったのもよかったです。

チョ・ボアさん、初めてかなぁ と調べてみると
「イケメンバンド」に出演されてました。
このドラマ、イケメンたちばかりを見ていたので まったく記憶になかったです。

“続編あり?”と思わせる終わり方でしたが、
スヒョンとオ刑事のコンビが見られるのなら お願いしたいけれど…
それは無理ですよね。

最終話が もやもやした感じで終わったので
★をいくつにするか迷いました。
今まで ★を5つにしたドラマを確認して
“このドラマが★5つ?それなら…”と思い、
★5つにしました。



全10話 2015/3/28~2015/5/30 OCN

出演者 : キム・スヒョン・・・キム・ガンウ
      オ・デヨン・・・パク・ヒスン
      チン・ソジュン・・・チョ・ボア

      警察庁長官・・・キム・ギュチュル
      カン・ジュヨン・・・パク・ソヒョン

      イ・ジョンス・・・カン・ハヌル


演出  : イ・スニョン
脚本  : イ・ユジン


 12345678910

1

パク・ヒスンさんとキム・ガンウさん、
なんて豪華!(私にとって)   


ジェームズ・キル。
韓国名キル・スヒョン。
元FBI捜査官。

警察庁局長はスヒョンを訪ねる。
死刑囚イ・ジョンスから 警察に封筒が届いたのだが、
あて名が“ソウル地方警察庁 ジェームズ・キル”だったから。

警察庁長官は スヒョンに「死刑囚イ・ジョンスに会ってほしい」と言い、
封筒を渡す。

イ・ジョンスは 遺産と保険金目当てで家族を殺した。
現行犯逮捕。
妹の遺体だけは発見されていない。

封筒の中には 何かの装置の絵を描いた紙。
裏には“殺した人が何人かいる。信じられないなら。京義道ウンチョン洞に。ジェームズ・キル以外の人間には自白しない”と書かれていた。

指定された場所に行ってみると
描かれたような装置があり 台の上に男性ミン・ジェイルが横たわっていた。
ミン・ジェイルは発見後亡くなる。
長期間 生理食塩水だけを点滴されていたと思われる。

スヒョンは ジョンスに面会する。
すると「被害者が誰かわかったら 居場所を教える」と言われ、
7つのヒントが書かれた紙を渡される。
また ジョンスは訂正する。
「“殺した人”ではなく“死ぬ人”。最初の被害者が 発見時には 生きていたことをお忘れなく」と。

スヒョンは オ・デヨン刑事と一緒に捜査を開始する。

被害者がシン・ジソプとわかる。
ジョンスに面会。
被害者の居場所を教えてもらう。
しかし間に合わなかった。

スヒョンは ジョンスに 面会する。
「24時間以内にこの人を連れてきて」と数字が書かれている紙を渡される

被害者2人の胃の中にアルミ箔で包まれた紙があった。
“20000220”、“温故知新”などと書かれていた。

ジョンスのヒントの数字から
ジョンスが連れてきてほしいのは カン・スニョンではないかと考える。
カン・スニョンは 15年前に失踪していた。
オ刑事は スニョンのことを調べる。

一方 スヒョンは ジョンスの7つのヒントから 次の被害者は神父ではないかと 考える。
行方不明の神父チュ・ウォニョンの行方を追うと 彼は首に縄をかけて死んでいた。
検視の結果 自殺。
しかし 口には死後に入れられたアルミ箔があった。
“19891229”

オ刑事とスヒョンが調べたことを突き合わせた結果。
“19891229”は日付で
その日に撮った写真が見つかる。
そこには カン・スニョン、シン・ジソプ、ミン・ジェイル、イ・チョンギュン、チュ・ウォニョンが写っていた。

スニョンには 息子がいた。
スニョンは 息子を可愛がっていた。
息子をおいて 姿を消すとは思えない。
調べた結果 スニョンは亡くなっていた。

スヒョンは ジョンスに面会。
スニョンは亡くなっていたと報告する。
すると 「スニョンを殺した犯人を見つけてほしい」と言われ、
絵を渡される。

2

ジョンスから渡された絵に描かれている女の子は ジョンスの妹と思われる。

1989年12月29日。
当時 写っていないもう一人仲間がいた。
俳優キム・ソクチン。

スニョンは シン・ジソプらに暴行されたが、示談金をもらっていた。
しかし スニョンは多額の金を受け取ったようには思えない。
また 示談書の筆跡が スニョンの筆跡ではなかった。

“20000220”は スニョンが失踪した日。スニョンが死んだ日と考えられる。
その前日2000年12月19日。
スニョンの息子ミンチョルは 病院に入院。
ウィルソン病と診断されていた。

2000年2月20日は ファドン駅舎展示館開館式が行われた日でもあった。
そこには キム・ソクチンも出席していた。
また スニョンも 息子が入院しているのに 出席していた。


示談書の筆跡鑑定の結果 キム・ソクチンの筆跡とわかる。
しかし ソクチンは殺される。

ソクチンの通話記録から いとこのキム・ソッキュと 頻繁に連絡しあっていたとわかる。

ジョンスの面会に チュ・ヨセフという人物が来ているとわかる。

ジョンスの指定した時間が近づく。
スヒョンは 面会に行き、犯人はキム・ソッキュと言うが、
否定されてしまう。

ジョンスは イ・チョンギュンの死体にあったメッセージをもっていた。
“父が酸っぱいブドウを食べれば子の歯が浮く”
父の罪を子にも償わせる。
スヒョンは ジョンスも妹の行方を知らないのではないかと思う。
ジョンスは妹を人質に取られ 犯人のシナリオ通りに動いていた。

ヨセフから スヒョンに電話がある。
“お前が殺した人の数、お前が失った人の数、お前が見つけたい人の数は?そこにイ・ソユンがいる”
ソユンを救出する。

ヨセフはミンチョルだった。
そして スニョンを殺害したのはソッキュだった。

ミンチョルは なぜ ジョンスに「ソッキュは真犯人じゃない」と言わせたのだろうか…
スヒョンは ミンチョルはソッキュを殺すために 真犯人とは言わなかったのだった。

ミンチョルの実父はソッキュ。
2人はこの事実を知らないまま 崖下に転落する。

3

善良な人の子供を誘拐し、
その善良な人に子供を誘拐させる。
けれど 目的は 善良な人が誘拐した子供ではないようで…  


特殊失踪担当チーム発足。
メンバーは スヒョン、オ刑事、チン・ソジュン。

高速道路から運転手が失踪する。
失踪者はハ・テジョ。37歳。
ウォンシン製薬の企画本部長で新薬開発の総責任者。
もしも産業スパイと関連があれば 大事になる。

ハ・テジョの足取りを調べると
車2台を使って高速道路にいたというアリバイを作っていた。
その間 彼は何をしていたのか。
単なる失踪者ではない可能性が出てきた。

ハ・テジョの妻に話を聞くと 様子がおかしい。

そして ウォンシン製薬のリュ社長の息子が 誘拐されていることがわかる。
リュ社長に届いた動画から 犯人はハ・テジョだとわかる。

調べを進めると ハ・テジョの息子も誘拐されていたとわかる。
ハ・テジョは息子を取り戻すために 犯人の指示に従っていたのだ。

リュ社長の息子がいなくなる。
しかし ハ・テジョは 犯人“X”から 子供を連れてくるように言われる。
仕方なく ベビーカーに子供が乗っているように見せかけて 指定された墓地に行く。

ところが 犯人も 交換するはずの自分の子供も 現れなかった。
代わりに 老夫婦がいた。
そして 老夫婦のそばのベビーカーの中に 女性の遺影が置かれていた。

女性の名前は チェリン。
ウォンシン製薬の研究員だったが、
自殺していた。

4

スヒョンは わざと ハ・テジョを泳がせた?
なぜ?
ウォンシン製薬の“悪”を 最も効果的に明らかにするため?  


8年前のチェリンの自殺は 他殺の可能性が出てくる。
自殺を捉えた映像を調べた結果
チェリンは 火をつけていなかった。

ハ・テジョの家に 盗聴器が仕掛けられていた。
盗聴器が仕掛けられていたモノを ハ・テジョに渡した男。
キム・ユンジェ。
彼は ハ・テジョの失踪が発覚した事故を起こしたトラック運転手だった。

事故のせいで ハ・テジョは自分の車に戻れなかった。
わざと ハ・テジョ失踪事件を起こし、警察を介入させたのだ。

チェリンの自殺に関して チェリン両親は 会社を訴えた。
しかし チェリンが上司ハ・テジョを誘惑していたという動画を証拠として提出すると脅され、
訴えを取り下げた。
泣き寝入りしたのだった。

チェリンが自殺した頃 ウォンシン製薬のワクチンによる幼児死亡事故が数件起きていた。
被害者の弁護士に 匿名の内部告発があり
ウォンシン製薬が生産ラインの事故で不良品が発生したのを隠したために起きたことだとわかった。
告発者は証拠を渡すと約束してくれたが、現れなかった。
渡す予定の日は チェリンが死んだ日だった。

ウォンシン製薬は 社員のメールなどを監視していた。
チェックできるのは リュ社長とハ・テジョ。
チェリンの告発を2人は知っていたのだった。

キム・ユンジェは リュ社長に 息子を返す代わりに ハ・テジョの息子にワクチンを注射させる。
そして その映像をハ・テジョに見せる。

キム・ユンジェが逮捕される。
彼はチェリンの恋人。
チェリンは彼の子供を妊娠していた。

スヒョンは ハ・テジョがいると思われるジムに行くが、
見つけられなかった。

キム・ユンジェに共犯がいる可能性が出てくる。

新薬発表の記者会見。
リュ社長が発表しているところに ハ・テジョが入ってきて、
新薬開発は進んでいない、詐欺だ と怒鳴る。

また キム・ユンジェの共犯イ・ジスが 映像で 8年前の不良ワクチンの件を告発。
ハ・テジョもリュ社長の悪事を明らかにする。

イ・ジスの子供も不良ワクチンの被害者だった。

5

あまりにも悲しくて…

弁護人は 被告の話を信じて弁護するのだろうから
「やっていない」と言われたら 無罪になるように努力するのだろう。
無罪と信じて無罪を勝ち取り実は有罪だったとしたら
弁護人を責めてはいけないのかもしれない。
でも
弁護人が「遺体が見つからなければ無罪になる」などと 無罪指南をするなんて あり得ない。  


ナム・ソクテ法務部長官候補の娘ヨンウンが失踪する。
ナム弁護士と警察庁長官が同窓生ということで
オ刑事は 内密にヨンウンを捜し始める。

ヨンウンの携帯に電源が入る。
発信地に行くと
赤いスーツケースが置かれていた。
中には 女性の洋服が入っていて 血液が付着していた。

ヨンウンのカード履歴から 購入した物、購入者を調べると
男が浮上してくる。
また ヨンウンが失踪した日 彼女を目撃した男が見つかる。
彼は ヨンウンの後をついていく男も目撃していた。
しかし 彼はアルコール依存症で 証言者になれないかもしれなかった。

オ刑事は 10年前のコ・ドンジュ事件を思い出す。
遺体なき殺人事件、
赤いカバン、
証言能力のない目撃者、
被告キム・デスは無罪になった。
弁護士はナム・ソクテだった。

オ刑事は 被害者の兄コ・ドンホを訪ねる。
スヒョンもまた コ・ドンホという男にたどりつく。

スヒョンは キム・デスに接触する。
彼とナム弁護士の会話を盗聴(録音?)
ドンジュを殺害したのはキム・デスで、
遺体を遺棄したのは キム・デスの母だと知る。

スヒョンは キム・デスの母の楊平の別荘が怪しいと思う。
別荘で 赤いスーツケースを見つける。
中には 防腐処理されたドンジュの遺体が入っていた。

ヨンウンは 保護される。

コ・ドンホは キム・デスを殺害。
飛び降り自殺する。

スヒョンは テジン日報宛ての郵便物を 投函する(?)

6

スヒョンが テジン日報に送ったものは
キム・デスとナム弁護士の会話を録音したものだったみたいね。

そして 今回もまた スヒョンは知り得た情報をすべて明らかにしない。
なぜ?


失踪者は イ・ジウン。
ジウンが 殺されそうだと訴える動画を ブログにアップする。
その後 失踪したため 友人が通報した。
ジウンは 近所の派出所に 誰かに尾行されていると訴えていた。

スヒョンは ジウンがアップした動画を見て おかしな点を列挙する。
録画ボタンを押すシーンがない → 編集した?
具体的な名前を言っていない → 本当に危険を感じていたのか?
なぜブログにアップしたんだ → 意味がわからない。
けれど あの目は真剣だ → やはり殺されると思っていたのか?

防犯カメラで 彼女を追うと 必ず自転車の男が写っていた。

スヒョンは ジウンの部屋に残されていた電話番号から あるコンテナを見つける。
半年前 その中で ユン・チャンシクという男が自殺していた。
ジウンは そのコンテナを描いていた。

調べてみると ジウンの絵の中に4枚 死を連想させるものがあった。
描かれていた場所で それぞれ キム・ソンテ、カン・ユングが自殺していた。
そして ジウン父も 半年前に工場で倒れ 亡くなっていた。

4人は トオン工場で同僚だった。

トオン工場では リストラが行われ、
ジウン父が 扇動してデモを行った。
しかし ジウン父は裏切り 会社に戻った。
そのことで 3人に憎まれていたらしい。

ジウン失踪は 公表されていない。
ところが ニュースで取り上げられる。
匿名の情報があったらしい。

匿名…ジウンと思われる。
ジウンは 父の葬儀に 親しかった3人が弔問に来なかったことを不思議に思い、調べ、
父が裏切り者と憎まれていると知った。
そして 父が会社に戻ったのは 自分が絵の勉強をしたいと言ったからだと思う。

4人が亡くなったのは 自分のせい。
そして リストラのせい。
リストラを行った経営者たちが 何事もなかったかのように生きているのは 不公平。
ジウンは そう考えたらしい。
だから リストラの裏で起こった悲劇を訴えるために マスコミに情報を流したのだ。

ジウンが描いた4枚の絵のうち 貯水池では まだ誰も死んでいない。
これから 誰かが死ぬのだろうか?

生きているジウンを防犯カメラがとらえる。
そして ジウンを尾行する男の存在も写っていた。
男の手に刺青があった。
“トライアングル”
殺人請負組織のマーク。
依頼を終了すれば 依頼人に“トライアングル”のマークを送信することになっている。

ジウンは 男に殺される。
現場に 一番に駆け付けたのはスヒョン。
スヒョンは ジウンの携帯に“トライアングル”が送られてきているのを確認する。

7

生きるべき子が死に、死ぬべきヤツが生き残った。


支援していた製薬会社が追いつめられ、法務部長菅が辞めた。
特殊失踪担当チームは 存続に危機に。
警察庁長官は オ刑事に スヒョンを監視するように命令する。


スヒョンは 女の子から写真を見せられて 人探しを頼まれる。

スヒョンは 写真の子が着ている制服を頼りに探す。
写真の子は イ・ドンウ。
学校は退学になっていた。
暴力父がいる家には帰っておらず 行方がわからない。

男が2人殺される。
防犯カメラに ドンウの姿が写っていた。
しかしドンウに殺害動機はない。
請負殺人だろうか?

ドンウが殺される。
ドンウの首に入れ墨があった。
モールス信号で“ホーム”
スヒョンは ソジュンの首にも同じ入れ墨があったと思い出す。

ソジュンは 防犯カメラの映像を調べていて
ドンウの殺害現場近くを歩く女性に気づく。
パン・ヒョジョン。
かつて ソジュンは 家出し ヒョジョンに誘われて “ホーム”の仲間になったことがあった。

ソジュンがいた頃の“ホーム”は 犯罪集団だった。
しかし 美人局のような詐欺などをしていて
殺人はしていなかった。

“ホーム”でもう一人行方不明の子がいた。
ヤン・ジョンホ。
彼はドンウの共犯と思われる。
彼も 殺される。

ヒョジョンは 悪いことはしていなかった。
行き場のない子たちの面倒を見ながら
彼らを施設で引き取ってもらおうとしていた。

ヒョジョンは ジョンホの示談金のために “ホーム”に住む場所を提供してくれたキム・ヨングンに金を借りた。
しかし 法外な利息を要求され困る。
ジョンホは自分のせいだと悩み、
キム・ヨングンから殺人を請負ってしまった。
それにドンウが巻き込まれたのだ。

キム・ヨングンを殺そうとするヒョンジョン。
駆け付けたスヒョン、ソジュン、オ刑事は 早まらないように ヒョンジョンを説得する。
その隙を狙って キム・ヨングンは落ちていたガラスの破片を手に取ろうとする。
スヒョンは それを見て 銃を構える。

オ刑事は スヒョンを監視するように言われたことを思い出す。
スヒョンの経歴を思い出す。“銃器の使用で6人殺した”
スヒョンを止める。

ヒョジョンは キム・ヨングンに首を刺されて 亡くなる。

8

オ刑事は ヒョンジョンの件を引きずっている様子。  


オ・ジョンイムは 30年前6歳で失踪した娘チョン・ソンミを テレビ番組で捜す。
ソンミが見つかり、
DNA鑑定で 親子であると証明される。
そのソンミが失踪する。

スヒョンとソジュン、2人は 捜査を始める。
ジョンイムから 失踪後ソンミから電話があった と聞く。
調べた結果 ジョンイムがいつも行く寺の電話からだった。
住職に聞くと 寺の電話を借りた男がいたとわかり、
モンタージュを作成する。

また ジョンイムから ソンミが借金取りに追われていて 数回に分けて返済していた と聞く。
ジョンイムが振り込んだ口座などを調べていて
ジョンイムの財産が100億だとわかる。

捜査が進むうちに おかしなことが判明する。
テレビ局で ジョンイムをインタビューしたテープが紛失していた。
ソンミが失踪した6歳の時に着ていた服だと言った服は 数年前に作られたものだった。

スヒョンは ミヨンは偽物で詐欺グループが関わっているのでは?と考える。

一方 オ刑事は 失踪チームではなく 広域捜査班に出勤。
公園で死体の一部 手が見つかった事件を捜査することに。

被害者は 詐欺師カン・ウソク。
朝鮮族のミヨンという女性と住んでいて ミヨンが生活費を稼いでいたとわかる。
また ミヨンはカンから暴力を受けていたこともわかる。

カンの遺体は 3か月間冷凍されていたと思われる。
また ミヨンは3か月前に姿を消していた。

オ刑事は “モーテル・カリフォルニア”に捜査に行く。
すると 偶然 スヒョンと会う。
2人は モーテルに。
スヒョンが モンタージュ写真を見せると 長期間宿泊している男だとわかる。
その男の部屋に入ると
“オ・ジョンイムプロジェクト”の計画表が 壁に貼られていた。

9

撃つべき人間だったのか…
だからといって 人が死ぬかもしれないのに 何もせず見ていていいのか…  


スヒョンのミヨン失踪と オ刑事のバラバラ殺人事件は 関連していた。
首謀者は ジョンイムが出演した番組を見て詐欺を思いつき、
緻密な計画を立て 実行したと思われる。

モーテルの男はパク・クァンチョル。
カンの家で見つかった髪の毛とDNAと一致。
また ミヨンとソンミもDNA が一致。
整形していたのだった。

パクの携帯電話の履歴を調べていて
カンの遺体を発見する。
防犯カメラから パクがカンの手を持ち出したとわかる。

スヒョンは ディレクターから DNA鑑定の結果を聞いた時ジョンイムが驚いていた と聞く。
ジョンイムは不妊症で ソンミは捨てられていた子だった。
ソンミとのDNA鑑定で親子という結果がでるはずがなかった。

ジョンイムは テレビ番組のDNA鑑定後 ソンミが偽者だと知ったが、
すでに 情が移っていた。
“私が目をつぶったら 助けあいながら暮らせるかも”と思ったのだ。

スヒョンは ジョンイムに 「ソンミの目的は100億の財産だった」と話す。
入籍した後 ジョンイムを殺害し、ソンミが財産を相続する予定だったと。
すると 「ソンミは私を殺そうとしたのではありません。ソンミは助けようとしていたんです。「寺に絶対に行くな」と言っていました」と言われる。
そして ソンミが残した動画を見せられる。
動画で ソンミは偽者だと告白し 少しの間でもお母さんになってくれてありがとうと感謝していた。

ソンミの携帯の電源が入る。
スヒョンとオ刑事は ソンミが潜伏しているペンションに駆け付ける。
外から 家の中でパクがソンミを殺そうとしているのが見える。
スヒョンとオ刑事は 銃を構える。
そして スヒョンは パクの頭を撃つ。

オ刑事は スヒョンの行動は正当だと証言する。

スヒョンは ソンミに面会する。
殊勝な様子のソンミ。
スヒョンは ソンミに パクが撃たれるように仕向けたのではという疑問を投げかける。
得意げに話すソンミ。
ソンミは 100億円をひとり占めしようとしたのだった。
スヒョンはソンミに 新聞を渡して 帰る。

新聞には“資産家 娘を見つけた記念に 全財産を寄付。娘と質素に生きるために再出発”と書かれていた。

10

こんな結末…想像していなかった。  


「撃つべき人間だけを撃ってきたのか」
オ刑事の言葉に スヒョンは悩む。

スヒョンは FBIで働いている時 6人を撃った。
暴動の仕業に見せかけて家族3人を殺害された。
そして…
兄を殺害した犯人を見つける。
「家族を殺したのは彼だと 人づてに聞いた。しかし殺した後 利用されたと気づいた。連中は手を汚さず 彼を消したかったんだ。黒幕が誰か君が見つけてくれ」 と言われる。
スヒョンは 犯人の額に銃を押し付けるが、撃てず 立ち去ろうとする。
すると 犯人は 銃で自殺する。

スヒョンが殺した人数…6+3+1
“1”は 兄を殺した犯人のことだった。


被疑者チェ・ヨンダルと 担当検事のキム検事とチェ・ヨンダルが失踪する。

チェの携帯の最後の発信地に行き、
焼死体を発見する。
遺体の身元はキム検事だった。

防犯カメラでチェの車を追跡。
水死体を発見する。
身元はチェ。自殺と思われる。

この2つの事件は チョン検事が捜査することになり、
チェがキム検事を殺害し自殺した ということで捜査は終了する。

チェの肺から海洋プランクトンが検出される。
貯水池で亡くなったのに?
検察に報告するが 再捜査は行われない。
失踪チームは 内密に捜査を始める。

キム検事とチェは 密かになにかを探っていたらしい。

キム検事の家から デジタルペンを見つける。
壊れていたが 確認できた部分から
キム検事が チェの背後にトハ建設のホン・ジンギ代表がいると知り、チェから証拠を得ようとしていたのではないかと推測する。

オ刑事は 防犯カメラから チェがトハ建設の車に無理やり乗せられたと知る。
ホン代表を逮捕するが、令状を取れない。

チェは ホン代表の別荘に カメラと盗聴器を仕掛けていた。

ソジュンは ホン代表の携帯を盗聴。
ホン代表は “ご老体”と呼ぶ人間のためにキム検事から危険な物を手に入れたらしいと知る。
“ご老体”とは?
危険な物とは?…別荘に仕掛けたカメラの映像?

オ刑事は トハ建設に対する抗議デモのリーダが失踪していると知る。
その容疑で ホン代表を逮捕。
リーダの遺体を捜索しようとするが、連行されてしまう。
またもや失敗。
オ刑事は ホン代表に「誰がお前に力を貸しているのか暴いてやる。お前がチェから奪った動画の主人公を」と怒鳴る。
すると「刑事さんは失うものが多い。自重すべきです。法の上にいる人間はどうやって裁かれるのでしょうか」と言われる。

ホンの後ろ盾が ムン・ジョンウク検事局長だと思われる。
スヒョンは キム検事のターゲットは ホン代表ではなくムン局長ではなかったかと考える。

スヒョンはムン局長に会う。
「例の動画のためにこんなことをしたのですか?ホンは検察幹部の不正を盗撮していました。それを知ったためにキム検事とチェは殺されました」と言うと
「仮説だ。立証してこそ定説になる。苦労して立証したこともパワーゲームに負けたら日の目を見ない、だから人々は正義を権力にする代わりに権力を正義にする。政権は有限だが 検察は永遠だ」と言われる。

失踪を捜査させたのはムン局長。
スヒョンは ホン代表を消すために捜査させたと考える。

オ刑事の妻が拉致される。
オ刑事は ホン代表の仕業だと思い、銃を持ってホン代表に会いに行く。

しかし 拉致した車はトハ建設とは無関係の車だった。
スヒョンは ムン局長がホン代表を消すために選んだのは自分ではなくオ刑事だったのだと思う。
オ刑事に ホン代表を殺しては真犯人にたどり着けない。真犯人はムン局長だと伝えるが…

オ刑事は スヒョンの説得を聞かず、
ホンを撃ち殺す。

スヒョンのパソコンにメールが届く。
“お捜しの人を見つけました”…スヒョン兄殺害の黒幕?


スポンサーサイト
web拍手

失踪ノワールM(10)

こんな結末…想像していなかった。  


「撃つべき人間だけを撃ってきたのか」
オ刑事の言葉に スヒョンは悩む。

スヒョンは FBIで働いている時 6人を撃った。
暴動の仕業に見せかけて家族3人を殺害された。
そして…
兄を殺害した犯人を見つける。
「家族を殺したのは彼だと 人づてに聞いた。しかし殺した後 利用されたと気づいた。連中は手を汚さず 彼を消したかったんだ。黒幕が誰か君が見つけてくれ」 と言われる。
スヒョンは 犯人の額に銃を押し付けるが、撃てず 立ち去ろうとする。
すると 犯人は 銃で自殺する。

スヒョンが殺した人数…6+3+1
“1”は 兄を殺した犯人のことだった。


被疑者チェ・ヨンダルと 担当検事のキム検事とチェ・ヨンダルが失踪する。

チェの携帯の最後の発信地に行き、
焼死体を発見する。
遺体の身元はキム検事だった。

防犯カメラでチェの車を追跡。
水死体を発見する。
身元はチェ。自殺と思われる。

この2つの事件は チョン検事が捜査することになり、
チェがキム検事を殺害し自殺した ということで捜査は終了する。

チェの肺から海洋プランクトンが検出される。
貯水池で亡くなったのに?
検察に報告するが 再捜査は行われない。
失踪チームは 内密に捜査を始める。

キム検事とチェは 密かになにかを探っていたらしい。

キム検事の家から デジタルペンを見つける。
壊れていたが 確認できた部分から
キム検事が チェの背後にトハ建設のホン・ジンギ代表がいると知り、チェから証拠を得ようとしていたのではないかと推測する。

オ刑事は 防犯カメラから チェがトハ建設の車に無理やり乗せられたと知る。
ホン代表を逮捕するが、令状を取れない。

チェは ホン代表の別荘に カメラと盗聴器を仕掛けていた。

ソジュンは ホン代表の携帯を盗聴。
ホン代表は “ご老体”と呼ぶ人間のためにキム検事から危険な物を手に入れたらしいと知る。
“ご老体”とは?
危険な物とは?…別荘に仕掛けたカメラの映像?

オ刑事は トハ建設に対する抗議デモのリーダが失踪していると知る。
その容疑で ホン代表を逮捕。
リーダの遺体を捜索しようとするが、連行されてしまう。
またもや失敗。
オ刑事は ホン代表に「誰がお前に力を貸しているのか暴いてやる。お前がチェから奪った動画の主人公を」と怒鳴る。
すると「刑事さんは失うものが多い。自重すべきです。法の上にいる人間はどうやって裁かれるのでしょうか」と言われる。

ホンの後ろ盾が ムン・ジョンウク検事局長だと思われる。
スヒョンは キム検事のターゲットは ホン代表ではなくムン局長ではなかったかと考える。

スヒョンはムン局長に会う。
「例の動画のためにこんなことをしたのですか?ホンは検察幹部の不正を盗撮していました。それを知ったためにキム検事とチェは殺されました」と言うと
「仮説だ。立証してこそ定説になる。苦労して立証したこともパワーゲームに負けたら日の目を見ない、だから人々は正義を権力にする代わりに権力を正義にする。政権は有限だが 検察は永遠だ」と言われる。

失踪を捜査させたのはムン局長。
スヒョンは ホン代表を消すために捜査させたと考える。

オ刑事の妻が拉致される。
オ刑事は ホン代表の仕業だと思い、銃を持ってホン代表に会いに行く。

しかし 拉致した車はトハ建設とは無関係の車だった。
スヒョンは ムン局長がホン代表を消すために選んだのは自分ではなくオ刑事だったのだと思う。
オ刑事に ホン代表を殺しては真犯人にたどり着けない。真犯人はムン局長だと伝えるが…

オ刑事は スヒョンの説得を聞かず、
ホンを撃ち殺す。

スヒョンのパソコンにメールが届く。
“お捜しの人を見つけました”…スヒョン兄殺害の黒幕?
web拍手

失踪ノワールM(9)

撃つべき人間だったのか…
だからといって 人が死ぬかもしれないのに 何もせず見ていていいのか…  


スヒョンのミヨン失踪と オ刑事のバラバラ殺人事件は 関連していた。
首謀者は ジョンイムが出演した番組を見て詐欺を思いつき、
緻密な計画を立て 実行したと思われる。

モーテルの男はパク・クァンチョル。
カンの家で見つかった髪の毛とDNAと一致。
また ミヨンとソンミもDNA が一致。
整形していたのだった。

パクの携帯電話の履歴を調べていて
カンの遺体を発見する。
防犯カメラから パクがカンの手を持ち出したとわかる。

スヒョンは ディレクターから DNA鑑定の結果を聞いた時ジョンイムが驚いていた と聞く。
ジョンイムは不妊症で ソンミは捨てられていた子だった。
ソンミとのDNA鑑定で親子という結果がでるはずがなかった。

ジョンイムは テレビ番組のDNA鑑定後 ソンミが偽者だと知ったが、
すでに 情が移っていた。
“私が目をつぶったら 助けあいながら暮らせるかも”と思ったのだ。

スヒョンは ジョンイムに 「ソンミの目的は100億の財産だった」と話す。
入籍した後 ジョンイムを殺害し、ソンミが財産を相続する予定だったと。
すると 「ソンミは私を殺そうとしたのではありません。ソンミは助けようとしていたんです。「寺に絶対に行くな」と言っていました」と言われる。
そして ソンミが残した動画を見せられる。
動画で ソンミは偽者だと告白し 少しの間でもお母さんになってくれてありがとうと感謝していた。

ソンミの携帯の電源が入る。
スヒョンとオ刑事は ソンミが潜伏しているペンションに駆け付ける。
外から 家の中でパクがソンミを殺そうとしているのが見える。
スヒョンとオ刑事は 銃を構える。
そして スヒョンは パクの頭を撃つ。

オ刑事は スヒョンの行動は正当だと証言する。

スヒョンは ソンミに面会する。
殊勝な様子のソンミ。
スヒョンは ソンミに パクが撃たれるように仕向けたのではという疑問を投げかける。
得意げに話すソンミ。
ソンミは 100億円をひとり占めしようとしたのだった。
スヒョンはソンミに 新聞を渡して 帰る。

新聞には“資産家 娘を見つけた記念に 全財産を寄付。娘と質素に生きるために再出発”と書かれていた。
web拍手
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング