2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>




もう一度ハッピーエンディング゙ あらすじ&感想





誰ひとり 苦手な人がいなかったし、
ミモとスヒョクは お似合いだったし、
楽しめるはずだったのですが…

ドラマの中心は ミモとスヒョクの恋愛。
前半は スヒョクの友人ヘジュンとの三角関係の話。
後半は 再婚に関しての 諸々の障害に触れるのかと思っていたら
なんと ミモの元夫が登場して ややこしい関係を醸し出しはじめ…
これで 完全に このドラマは 終わりました。


ミモは 元アイドルグループ“エンジェル”のメンバー。
解散した後も メンバーのうちの3人と親しくしている。
今は 再婚相談所を経営していて
ミモ本人も バツイチ。

この設定なら
再婚相談所に依頼にくる人を 数人ピックアップして
再婚に関する諸問題を取り上げ それをミモの恋愛に絡めて
“再婚”に焦点をあてたドラマにできる。

また
ミモ、ダジョン、ドンミ、エランの友人4人組、
ミモは バツイチ、
ダジョンは 子供が1人いて 夫から離婚を求められている、
ドンミは 恋人なし、
エランは 婚約中だけど解消したい、
とそれぞれ バラバラの設定。
30代女性の 恋愛&結婚に 焦点をあてたドラマにもできる。

確かに ミモ以外の3人のことも取り上げていたのですが、
時系列に 話を差し込むので 散漫な印象なんです。
一人の話を集中して取り上げた方が よかったような気がします。
4人が週1回食事をする設定にして その時に それぞれが 現在の状況を話すようにして
大事なところだけ 詳しいエピソードにするとか。
素人の勝手な意見ですが。




全16話 2016/1/20~2016/3/10 MBC

出演者 : ハン・ミモ・・・チャン・ナラ
      ソン・スヒョク・・・チョン・ギョンホ

      ク・ヘジュン・・・クォン・ユル
      ペク・ダジョン・・・ユ・ダイン
      コ・ドンミ・・・ユ・インナ
      ホン・エラン・・・ソ・イニョン

      ミモ元夫・・・キム・サグォン
      ダジョン夫・・・キム・テフン
      エラン婚約者・・・パク・ウンソク
      ヘジュン元妻・・・ファン・ソニ
      ホン・アニ(スヒョク後輩)・・・イ・チェウン
      ナ・ヒョンギ(スヒョク後輩)・・・コ・ギュピル
      スヒョク上司・・・チェ・ドクムン

      結婚詐欺師・・・キム・ミンジュン

演出  : クォン・ソンチャン
脚本  : ホ・サンヒ


 123-45-67-891011-1213-1415-16

1

ハン・ミモは 元アイドルグループ“エンジェルズ”の一員。
今は再婚相談所経営。
“エンジェルズ”の一員だったダジョンと一緒に 経営している。

ミモは 人気シェフ のキム・ジョンフンと交際中。
レストランのスパイから プロポーズの準備をしている と報告がある。
プロポーズされると思い込み 約束していないのに レストランに向かう。

途中 ジョンフンに電話を入れると
「来ないでほしい」と言われる。
そして“別れよう”とメールが届く。
“一体 どういうことよ!”と 行ってみると…
ジョンフンは 別の女にプロポーズしていた!

その女は ク・ヘラ。
現在 女優で
“エンジェルズ”の一員だった。
彼女の傲慢さに 他の4人が腹を立てて 解散したのだった。

レストランでの修羅場を 写真に撮った者がいた。
雑誌記者の ソン・スヒョク。
ク・ヘラを 彼女が産婦人科を受診した時から尾行していた。

スヒョクは 記事を書きながら ふと外を見る。
すると さっきの修羅場でふられた女が入水自殺しようとしていた。

スヒョクは ミモを助けるために 海に。
しかし 溺れてしまい、ミモに助けてもらう羽目に。
実は ミモは 海に捨てたアクセサリーがもったいなくて 探そうと海に入ったのだった。

スヒョクは ミモの車に乗せてもらって帰宅する。
すると 2人は お向かい同士だった。

スヒョクは ミモが気になり 料理を作って持っていく。
2人は 一緒に酒を飲み…
酔うと 思考回路がおかしくなり…
スヒョクは ミモが元妻(元カノ?)に見え キスしてしまう。
そして 2人は 小学校の同級生だったことが判明する。

翌朝 スヒョクとミモは それぞれ自分の家で 目覚めるが、
なんと 結婚していたことが判明する。

“エンジェルズ”は 5人。
ミモと ク・ヘラと パク・ダジョンと コ・ドンミと ホン・エラン。
ダジョンは 結婚しているが、夫か離婚を迫られている。
ドンミは 小学校の先生。婚活中。
ホン・ヘランは インターネットショップを経営。結婚間近。

2

面白そう と思ったのだけど…
…ちょっと…どうかなぁ  


スヒョクとミモの婚姻届、
保証人として呼ばれたク・ヘジュンのおかげで
なんと 婚姻届は 提出されていなかった。

ミモは 成婚した会員の結婚式に出席する。
そこで 元夫を見かける。
声をかけようと近寄るが…
元夫の横には 婚約者がいた。
ミモはショックを受ける。

「離婚した後に出会ったのかしら。付き合っていたから離婚を言い出したのかしら」
ミモは 友人3人相手に 元夫を見かけた話をする。
ダジョンから「離婚して5年よ。どっちでもいいんじゃない?」と言われる。
それでも 気になり 元夫を呼び出す。
そして 「どうして離婚したの?」と聞く。

…ミモの行動が理解できない。
元夫が再婚するのは 嫌な気持ちになるのかもしれないけど
今さら 離婚理由を聞いてどうしたいの?

ミモは 夜中に 激しい眩暈に襲われる。
救急車を呼んで 病院に。
診察してくれた医師が ヘジュンで驚く。

そして ミモはヘジュンに一目ぼれする。

3-4

ヘジュンに一目ぼれしたミモは 思わず告白。
対して ヘジュンは ミモのことは友人の妻と思っているわけで…
まだ具合が悪いんだろうか? と思う。
そこに ドンミがミモを迎えに来たから 話はおしまい。

ミモは“軽い女だと思われたわよね”と自己嫌悪に陥る。
けれど スヒョクから ヘジュンに結婚は酔った勢いだったと話したと聞く。
“誤解は解けたはず”と元気になる。

ミモは 借りていた白衣を返しに行く。
その時 ヘジュンから「三角関係をするつもりはない。友人関係をダメにするほど あなたに魅力を感じない」と言われ、
へこんでしまう。

ところが…
ヘジュンは ミモを好きだった(“エンジェルズ”の時からのファン)
まずは スヒョクの気持ちを確かめる。
ただの同級生 と聞き、
ミモに告白する。

スヒョクは ヘジュンとミモが付き合うのかどうか気になる。
確かめに行き 抱き合っているのを目撃する。

それから スヒョクがおかしい。
どうやら ミモを好きになっていたらしい。
妻が亡くなって以来 妻以上に好きになる人はいなかった。
それが 現れてしまったらしい。

5-6

ヘジュンとミモのデート。
映画を観て食事。
いつも ワンパターンのデート。
先に進まない。
キスさえもない。

そこで ミモはヘジュンを自宅に呼ぶ。
しかし 嫉妬したスヒョクが邪魔をしてきて
キスもできなかった。

ミモは 自分に魅力がないのだろうかと悩む。
告白されたから 付き合っているだけかも?と不安になる。
“ヘジュン誘惑作戦”を計画するが 失敗。
誤解させた上に 冷たく接してしまう。

しかし ミモはヘジュンから
「“エンジェルズ”の時からファンだった。あの日勇気を出してくれてありがとう」と言われ 嬉しくなる。

一方 スヒョクのミモへの思いは 大きくなる。
スヒョクも自分の気持ちに気づく。
そして ヘジュンに宣戦布告する。

ミモは シングルファザーの辛さを分かっていなかった。
スヒョクのことを まるで子供だと思っていた。
しかし 会員から シングルファザーの大変さを聞かされ スヒョクのことを見直す。

7-8

ヘジュンは スヒョクの妻が好きだった。
けれど 思いを告げられないまま 愛する人はスヒョクと付き合い始めた。
思いを告げたかった。
けれど それは 友人関係に波風を立て愛する人を苦しめることになるから
できなかった。

ヘジュンは スヒョクにも そうしてほしいと思う。
三角関係になるようなら 告白しないでほしいと思う。


スヒョクは 妻の兄から 妻が亡くなった時
「妹はお前に会ったから死んだんだ。二度と誰かと付き合おうと思うな。これ以上可哀想な人を増やすな」と言われた。
だから だれとも付き合わなかった。

けれど 気になる人が現れた。
ミモ。
けれど ミモは親友ヘジュンの恋人。
ヘジュンから 「三角関係になるなら告白するな」と言われ、
ミモからは 「寂しいからって手を握っちゃダメ。二度と離さない手だけを握らなくちゃ」と言われ、
気持ちを抑える。


ミモとヘジュンとぎくしゃく。
ヘジュンは ミモがスヒョクのことばかり話すのが気に入らない。
隣人で同級生だから 会う機会も話す機会も多いと分かっていても 不愉快。
ミモは ヘジュンとヘジュン元妻が同じ病院で働いているから ヨリを戻すのではと不安。
元妻から「よりを戻したい」と言われて はっきり断らないヘジュンが 気に入らない。


ミモとスヒョクは 母校の行事で 一緒に出かける。
雪が降り 帰れなくなったために 学校の宿直室に泊まることになる。

スヒョクは ミモが眠っていると思い、
ミモに 告白する。
「(俺の結婚相手の希望…)身長160㎝、二重で 整形していなくて 細い体、それはお前だ。」
しかし ミモは眠っていなかった。

9

スヒョクもスヒョク後輩のアニも見送った写真を 編集長がアップしてしまった。  


翌朝 ヘジュンが迎えに来て
ミモは ヘジュンの車で帰る。

ヘジュンはミモのことを大切に思っている
ように見えて…
自己中心的。

ミモに「スヒョクと一緒にいるところを何度か見かけました。僕の気持ちを知っているなら 距離を置くべきではないですか?こんなことじゃ心を開けない。傷つくから。僕以外の誰にも心を開かないで」と言うほど
束縛男。
相手の様子を窺って 傷つかないとはっきりしないと怖くて心を開けないなんて…
かつてスヒョク元妻に告白した時のことがトラウマになっているのかもしれないけど。

ミモは ヘジュンが風邪をひいたと知り 家に行く。
お粥を作ってあげる。
翌朝 行ってみると ヘジュンは風邪が治り仕事に行っていた。
流し台の食器を洗おうとして 前夜のお粥の鍋が中身が入ったまま流し台に置かれているのを見つけ
傷つく。
また いつか 足が痛かった時のことを思い出す。
ヘジュンは ミモの靴擦れに気づかず 自分のペースで歩いていた。
ミモは 大切に思われていない気がする。

ク・スラ流産。
病院前は ファンと記者が集まる。
キム・ジョンフンが数股掛けていたことも判明。
お蔵入りのはずだった スヒョクが撮ったミモがキム・ジョンフンに振られた写真もアップされる。

ミモは 乳がん手術をしたダジョンの見舞いのために 同じ病院に来ていた。
“私は何も悪いことはしていない”と堂々と出て行こうとするが…
なぜか ク・スラの流産はミモのせいにされ
ミモは卵を投げつけられそうになる。
そこをスヒョクが庇ってくれる。

10

ミモの心を響かせたのは スヒョク…かな? 


ヘジュンは 元妻から ミモの好きなところを聞かれ
「笑顔にしてくれる人」と答える。
すると「まだ何もわかっていない。やってもらうことだけを考えて 思いやることができない。恋愛が自分中心 ってことに気づいていない」と言われる。

ミモの再婚相談所が 詐欺で訴えられる。
成婚成立した女性の息子が 金目当ての結婚詐欺だと警察に訴えたのだ。
男性会員が提出した書類にウソの情報が書かれており、
男性からの手数料として常識の範疇以上の金が再婚相談所に振り込まれていたため
再婚相談所にも責任があると言われる。

スヒョクは ミモのために何をしたらいいのか考える。
ミモも二股の被害者だった と記事を書くが
これがミモのためなのか 騒ぎを大きくするだけなのか わからない。
また スヒョクは 再婚相談所の成婚した2人を捜す。

ミモが倒れる
スヒョクが発見。
すぐに病院に連れて行く。

スヒョクは しばらく付き添った後
成婚した2人が滞在している香港に向かう。
記事を必ずアップするように頼んで。

記事がアップされ 世論は一変。
ミモに対して好意的になる。
また 成婚した2人が 再婚相談所に来て 詐欺ではないと事情を話してくれる。
2人は スヒョクから事情を聞き すぐに帰ってきたのだった。

ミモの悩み事は スヒョクのおかげで 一気に解消したが…
スヒョクの周りは大変なことになっていた。
ク・スラのファン、事務所から猛抗議を受けていた。

11-12

スヒョクには 再婚相手候補がいるじゃないの! 


スヒョクは ヘジュンから「消えてくれ」と言われる。
“ミモを思う気持ちをどこに捨てたらいいのかわからない。消えるしかないのか”と悩む。

ミモは スヒョクを好きだ と自分の気持ちに気づく。
だからといって すぐにスヒョクに飛び込んではいけない。
ヘジュンを傷つけてしまうから
だから つい スヒョクに「私を放って置いて。消えて」と言ってしまう。

ヘジュンは ミモの心に気づいていた。
自分から ミモに別れを告げる。

スヒョクは辞表を出し、アメリカに行く。

ミモは スヒョクが行ってしまってから
辞表を出したと知る。
私が消えてと言ったから…と思い悩みながら
スヒョクが帰ってくるのを待ち続ける。

スヒョクが帰国する。
ヘジュンから「忘れられる前に帰ってこい」と電話をもらったから。

スヒョクとミモは 互いの気持ちを確かめる。

13-14

スヒョクが ミモ元夫の婚約者の兄?  


ラブラブになったのはよかったけれど
今度は 邪魔者が姿を現す。

まずは ソウン。
スヒョクの妹的存在。
ミヌを赤ちゃんの時から知っていて ミヌもなついている。
スヒョク両親も スヒョクと結婚してほしい様子。

次に ミヌ。
どんなにいい子供でも 血が繋がった子とは違う。
大きな衝突はなくても 難しい関係。

ミヌは 父が再婚することには 反対しない様子。
ただ 父の再婚相手を“お母さん”と呼んだら 産んでくれた母に悪いのではないだろうかと悩んでいる。

最も問題になりそうなのが スヒョク妹シア。
シア本人が問題というよりも
シアの結婚相手。
なんと ミモの元夫。
それぞれが結婚したら 義姉弟になってしまう。

15-16

ハッピーエンディング  


スヒョクは ミモ元夫が電話で話しているのを聞いて
彼とミモが結婚していたと知る。

ミモは悩む。
シアが元夫と 結婚。
なら 私たちは結婚できない。
でも スヒョクとは別れられない。
だからって 1週間後に結婚する予定の2人に 諦めと言うのは あまりにも自分勝手。

ところが…
スヒョクとシアは 実の兄妹ではなかった。
家族のように親しい妹だった。

スヒョクは ミモに プロポーズする。
しかし
ミモは “あえて 結婚する必要があるのだろうか”と悩んでいた。
今度は別れずに 一生共にしたい。とても愛していて 絶対に離れたくない。だから ゆっくりと進めたい と。

そこで 話し合いの結果 1年間様子を見ると決める。


スポンサーサイト
web拍手

もう一度ハッピーエンディング(1)-(8)

ハン・ミモ・・・チャン・ナラ
ソン・スヒョク・・・チョン・ギョンホ

ペク・ダジョン・・・ユ・ダイン
ク・ヘジュン・・・クォン・ユル
コ・ドンミ・・・ユ・インナ
ホン・エラン・・・ソ・イニョン

ミモ元夫・・・キム・サグォン
ダジョン夫・・・キム・テフン
エラン婚約者・・・パク・ウンソク

結婚詐欺師・・・キム・ミンジュン

 123-45-67-8

1

ハン・ミモは 元アイドルグループ“エンジェルズ”の一員。
今は再婚相談所経営。
“エンジェルズ”の一員だったダジョンと一緒に 経営している。

ミモは 人気シェフ のキム・ジョンフンと交際中。
レストランのスパイから プロポーズの準備をしている と報告がある。
プロポーズされると思い込み 約束していないのに レストランに向かう。

途中 ジョンフンに電話を入れると
「来ないでほしい」と言われる。
そして“別れよう”とメールが届く。
“一体 どういうことよ!”と 行ってみると…
ジョンフンは 別の女にプロポーズしていた!

その女は ク・ヘラ。
現在 女優で
“エンジェルズ”の一員だった。
彼女の傲慢さに 他の4人が腹を立てて 解散したのだった。

レストランでの修羅場を 写真に撮った者がいた。
雑誌記者の ソン・スヒョク。
ク・ヘラを 彼女が産婦人科を受診した時から尾行していた。

スヒョクは 記事を書きながら ふと外を見る。
すると さっきの修羅場でふられた女が入水自殺しようとしていた。

スヒョクは ミモを助けるために 海に。
しかし 溺れてしまい、ミモに助けてもらう羽目に。
実は ミモは 海に捨てたアクセサリーがもったいなくて 探そうと海に入ったのだった。

スヒョクは ミモの車に乗せてもらって帰宅する。
すると 2人は お向かい同士だった。

スヒョクは ミモが気になり 料理を作って持っていく。
2人は 一緒に酒を飲み…
酔うと 思考回路がおかしくなり…
スヒョクは ミモが元妻(元カノ?)に見え キスしてしまう。
そして 2人は 小学校の同級生だったことが判明する。

翌朝 スヒョクとミモは それぞれ自分の家で 目覚めるが、
なんと 結婚していたことが判明する。

“エンジェルズ”は 5人。
ミモと ク・ヘラと パク・ダジョンと コ・ドンミと ホン・エラン。
ダジョンは 結婚しているが、夫か離婚を迫られている。
ドンミは 小学校の先生。婚活中。
ホン・ヘランは インターネットショップを経営。結婚間近。

2

面白そう と思ったのだけど…
…ちょっと…どうかなぁ  


スヒョクとミモの婚姻届、
保証人として呼ばれたク・ヘジュンのおかげで
なんと 婚姻届は 提出されていなかった。

ミモは 成婚した会員の結婚式に出席する。
そこで 元夫を見かける。
声をかけようと近寄るが…
元夫の横には 婚約者がいた。
ミモはショックを受ける。

「離婚した後に出会ったのかしら。付き合っていたから離婚を言い出したのかしら」
ミモは 友人3人相手に 元夫を見かけた話をする。
ダジョンから「離婚して5年よ。どっちでもいいんじゃない?」と言われる。
それでも 気になり 元夫を呼び出す。
そして 「どうして離婚したの?」と聞く。

…ミモの行動が理解できない。
元夫が再婚するのは 嫌な気持ちになるのかもしれないけど
今さら 離婚理由を聞いてどうしたいの?

ミモは 夜中に 激しい眩暈に襲われる。
救急車を呼んで 病院に。
診察してくれた医師が ヘジュンで驚く。

そして ミモはヘジュンに一目ぼれする。

3-4

ヘジュンに一目ぼれしたミモは 思わず告白。
対して ヘジュンは ミモのことは友人の妻と思っているわけで…
まだ具合が悪いんだろうか? と思う。
そこに ドンミがミモを迎えに来たから 話はおしまい。

ミモは“軽い女だと思われたわよね”と自己嫌悪に陥る。
けれど スヒョクから ヘジュンに結婚は酔った勢いだったと話したと聞く。
“誤解は解けたはず”と元気になる。

ミモは 借りていた白衣を返しに行く。
その時 ヘジュンから「三角関係をするつもりはない。友人関係をダメにするほど あなたに魅力を感じない」と言われ、
へこんでしまう。

ところが…
ヘジュンは ミモを好きだった(“エンジェルズ”の時からのファン)
まずは スヒョクの気持ちを確かめる。
ただの同級生 と聞き、
ミモに告白する。

スヒョクは ヘジュンとミモが付き合うのかどうか気になる。
確かめに行き 抱き合っているのを目撃する。

それから スヒョクがおかしい。
どうやら ミモを好きになっていたらしい。
妻が亡くなって以来 妻以上に好きになる人はいなかった。
それが 現れてしまったらしい。

5-6

ヘジュンとミモのデート。
映画を観て食事。
いつも ワンパターンのデート。
先に進まない。
キスさえもない。

そこで ミモはヘジュンを自宅に呼ぶ。
しかし 嫉妬したスヒョクが邪魔をしてきて
キスもできなかった。

ミモは 自分に魅力がないのだろうかと悩む。
告白されたから 付き合っているだけかも?と不安になる。
“ヘジュン誘惑作戦”を計画するが 失敗。
誤解させた上に 冷たく接してしまう。

しかし ミモはヘジュンから
「“エンジェルズ”の時からファンだった。あの日勇気を出してくれてありがとう」と言われ 嬉しくなる。

一方 スヒョクのミモへの思いは 大きくなる。
スヒョクも自分の気持ちに気づく。
そして ヘジュンに宣戦布告する。

ミモは シングルファザーの辛さを分かっていなかった。
スヒョクのことを まるで子供だと思っていた。
しかし 会員から シングルファザーの大変さを聞かされ スヒョクのことを見直す。

7-8

ヘジュンは スヒョクの妻が好きだった。
けれど 思いを告げられないまま 愛する人はスヒョクと付き合い始めた。
思いを告げたかった。
けれど それは 友人関係に波風を立て愛する人を苦しめることになるから
できなかった。

ヘジュンは スヒョクにも そうしてほしいと思う。
三角関係になるようなら 告白しないでほしいと思う。


スヒョクは 妻の兄から 妻が亡くなった時
「妹はお前に会ったから死んだんだ。二度と誰かと付き合おうと思うな。これ以上可哀想な人を増やすな」と言われた。
だから だれとも付き合わなかった。

けれど 気になる人が現れた。
ミモ。
けれど ミモは親友ヘジュンの恋人。
ヘジュンから 「三角関係になるなら告白するな」と言われ、
ミモからは 「寂しいからって手を握っちゃダメ。二度と離さない手だけを握らなくちゃ」と言われ、
気持ちを抑える。


ミモとヘジュンとぎくしゃく。
ヘジュンは ミモがスヒョクのことばかり話すのが気に入らない。
隣人で同級生だから 会う機会も話す機会も多いと分かっていても 不愉快。
ミモは ヘジュンとヘジュン元妻が同じ病院で働いているから ヨリを戻すのではと不安。
元妻から「よりを戻したい」と言われて はっきり断らないヘジュンが 気に入らない。


ミモとスヒョクは 母校の行事で 一緒に出かける。
雪が降り 帰れなくなったために 学校の宿直室に泊まることになる。

スヒョクは ミモが眠っていると思い、
ミモに 告白する。
「(俺の結婚相手の希望…)身長160㎝、二重で 整形していなくて 細い体、それはお前だ。」
しかし ミモは眠っていなかった。

web拍手
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング