2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>




ミーユエ 王朝を照らす月(芈月伝)(37)(38)


37-38

芈姝とユエの溝は深まるばかり。

玳琩がいる時は 玳琩がユエを非難していた。
代わりに悪口を言ってくれたおかげで 芈姝は“そこまで言わなくても…”と鷹揚に構えることができた。
しかし 代わりに入ってくれる人がいなくなりストレスが溜まっているように見える。

ユエは 芈姝との距離を縮めたいと思うが、
芈姝に 縮める気は全くない。

ユエと芈姝、
楚の宝“和氏の壁”の購入を巡って 対決する。
ユエは 張儀に頼まれているため 勝手にやめることはできない。
“和氏の壁”が昭氏の屋敷から盗まれた時犯人にされたのが張儀だった。
張儀の気持ちを思うと手に入れたい と思う。

ユエが 先に金を支払ったが、
芈姝に 横取りされそうになる。
そこに 穆大監が現れ “和氏の壁”を持ち帰ってしまう。

“和氏の壁”は 玉が取りだせないようになっている。
カラクリを解かなければならない。
大王は ユエと芈姝に カラクリの解読を競わせる。

芈姝は 自分で解読するのを諦め、あらゆる人を呼び寄せ解読させる。
それだけでは足らず、
ユエにスパイを送る。

スポンサーサイト
web拍手

ミーユエ 王朝を照らす月(芈月伝)(35)(36)


 3536

35

ユエは 黄歇から「一緒に楚に戻ろう」と言われる。
悩むユエ。
大王を思うと決心が鈍る。
葵姑から「行くなら今しかありません。両方丸くは収まりませんよ」と言われ、立ち上がるが…
ユエは 胎動を感じる。
「大王を忘れるのは無理。この子の父親を忘れることはできない」と泣き崩れる。

大王が 黄歇に会って 承明殿に戻ると
ユエがいた。
「自分の気持ちがはっきりした」と泣きだすユエ。
大王は「余がそなたを思う深さも分かってほしい。そなたも子供も大切な存在だ」と言う。

ユエは 四方館で黄歇と会うように嵌めたのは張儀だと思っていた。
張儀に確かめると
「ユエが罠に嵌らないための大王の配慮。私は手伝っただけ」と言われる。
「大王は黒幕を泳がせている」と。

摯女医が強盗に襲われ怪我をしたため
芈姝の命令で 艾先生が ユエを診ることになる。

ユエの陣痛が始まる。
通常よりも痛みが激しい様子。
艾先生を呼びに行くが、いない。
芈姝に頼みに行くが、
玳琩が 取り次がない。
それだけではない。
玳琩は 葵姑を監禁する。

36

侍女は 摯女医を呼びに行く。

穆辛は 「摯女医~」と叫びながら走る侍女を目撃。
摯女医を送り届けた後
穆大監に報告。
大王に 状況が伝わる。
大王は 視察のため外泊していたが すぐに王宮に戻る。

大王は 玳琩が芈姝に取り次がず葵姑を監禁したと知り 怒る。
「後宮を取り仕切っているのは王后ではなく玳琩なのか」と。

ユエは 公子を産む。

艾先生が薬の中に毒を入れてユエに飲ませていた とわかる。
艾先生が捕まり「ミーユエとおなかの子を葬り去るよう薬に細工しろと玳琩に命令された」と自供する。
大王は 玳琩をさらし首の刑に処する と決める。

芈姝は ユエに 玳琩を助けてほしいと頼む。(どれだけ面の皮が厚いのか…)
「玳琩はすべての災いの元凶。私と姉上の仲を裂こうと策を弄したあげく結局身を滅ぼした。一時の感情で対局を見誤らないで」と言われる。

ユエの子は“稷”と名付けられる。

玳琩が処刑される。
芈姝は ユエが大王に頼んだため 罪に問われなかった。

web拍手

ミーユエ 王朝を照らす月(芈月伝)(33)(34)

大王は ユエが黄歇と会おうとしている と知っている?
張儀が 庸芮に 黄欠と名乗っている人は黄歇だ と話したから
庸芮から大王に伝わっているはず。
大王は ユエを信じているのよね、きっと。

それにしても…
昭氏!
他人を陥れることよりも 他にすることあると思うのだけど…
玳琩に利用されちゃって。  


大王は ユエを唐夫人に預けることにする。
しかし 芈姝から そばに置きたいと言われ、認める。
ユエは 椒房殿に移る。

玳琩は 買い物に出かけ、黄歇を目撃する。
黄歇は 摯女医と話しをしていて
頼んだ文を届けてもらえなかったと怒っていた。

玳琩は すぐに芈姝に報告。
ユエを陥れては? と言ってみるが、のってこない。
そこで 昭氏に 黄歇が生きている、ユエと密会しているに違いない と話す。

ユエは 昭氏が差し向けた侍女から 黄歇が生きていると聞かされる。
摯女医が知っていると言われ、
摯女医を問い詰める。
すると 黄歇から文を頼まれたが、燃やしてしまった と言われる。

ユエは 黄歇が生きているかどうか確かめたい と思う。
大王に 外出の許可を求め 認められる。

黄歇から 約束の場所を伝える文が届く。
実は この文は昭氏が仕組んだもの。黄歇には子供を使って伝えた。

ユエは 黄歇のことを大王に話そうとする。
しかし 大王は聞こうとしなかった。

ユエは 黄歇と再会する。

昭氏は 2人を見張らせていた。
大王に報告に行く。
「芈八子が外出しました。黄歇が生きて咸陽に潜んでいます。2人は今日密会します。四方館を捜索すれば2人がいます」と報告するが…
大王から一喝される。
「余が外出を許可した。密会の証拠はあるのか。証拠もないのに政務の邪魔をしに来たのか」と。
web拍手
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング