FC2ブログ
2018/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>




クリミナル・マインド あらすじ&感想




アメリカドラマ「クリミナルマインドFBI行動分析課」のリメイク。
リメイク、特に 嵌ったドラマのリメイクは観ないのですが、
ソン・ヒョンジュさん、イ・ジュンギさん、ムン・チェウォンさん出演なので
観ることに。

通算277話の中から
韓国でも起き得るような事件をピックアップし、
ほぼ忠実にリメイクしているように思えました。

“この事件あった。犯人は〇〇で 動機…”
とわかってしまうので 多少面白みに欠けましたが、
初めて見る人にとっては “猟奇”が楽しめると思います。

残念だったのは
NCIのメンバー個々のキャラクターが まったく立っていないこと。
演技が問題なのか 脚本が問題なのか…
キャラクターがしっかり設定されておらず 役作りができていなかった
そんな気がします。
特に
天才は天才じゃなかったし、
“ちょっと変わってる?”印象のナナ・ファンは いつの間に“普通”に。
2人の活躍の場があったら 違っていたかもしれません。


リメイク は難しいです。
良い出来栄えでも 原作に嵌っていればいるほどリメイク作を受け入れられない。
韓国版「グッドワイフ」、
本家の「グッドワイフ」が大好きなので 未視聴。
良かった と聞いたので 観ようかなぁ と思っていたのですが…
迷っています。



全20話 2017年 tvN

出演者 : カン・ギヒョン・・・ソン・ヒョンジュ
      キム・ヒョンジュン・・・イ・ジュンギ
      ハ・ソヌ・・・ムン・チェウォン
      ナナ・ファン・・・ユ・ソン
      ユ・ミニョン・・・イ・ソンビン
      イ・ハン・・・コ・ユン
      ペク・サン・・・キム・ヨンチョル

演出  : ヤン・ユノ
脚本  : ホン・スンヒョン

 1-23-4567891011121314151617181920

1-2

病院に爆弾が!
犯人チョ・テスを逮捕。
テスに 爆弾解除方法聞く。

NCI国家犯罪情報局行動分析チーム長 カン・ギヒョンは
犯人をプロファイルした結果
テスはたとえ刑務所に入ることになっても爆弾を爆発させたいはず。解除方法は教えない と考える。
そこで 爆弾解除を行っているEODに 犯人が指示したボタン“PASS”ではない方のボタン“By-PASS”を指示する。
ところが 上司から「“PASS”と言っているじゃないか」と言われ
自分の意見を強く言えなくなる。
結局 上司が「“PASS”を押せ」と命令。
爆弾は爆発してしまう。

1年後。
病院爆発事件のEODの一員だったキム・ヒョンジュンは 強行班に異動になっていた。
パク・イネ失踪事件を捜査している。
ヒョンジュンは 警察によるプロファイラー研修の1期生。
単純な失踪事件ではない と考える。
容疑者が逮捕されるが、彼の犯行ではないと考えている。

NCI国家犯罪情報局行動分析チームは パク・イネを連続殺人事件の4人目の被害者と考え、
合同で捜査を始める。
ヒョンジュンは NCIチーム内に ギヒョンの姿を見て 嫌な気持ちになる。

ヒョンジュンは 病院爆発事件で後輩を亡くした
その責任は ギヒョンにあると思っていたのだ。

ギヒョンは 1年間 苦しんできた。
そして今も苦しんでいる。
自分のプロファイルに自信を持てていたら 若い命を失うことはなかったのではないかと。
局長ペク・サンから「復帰する最後の機会」と言われ、
妻に背中を押され
復帰したのだった。

そして…
次の被害者が…
被害者は ヒョンジュンの亡くなった後輩の妹チェ・ナヨン だった。

事件解決後
NCIのチーム員ハ・ソヌは ペク局長に ヒョンジュンを推薦する。

ヒョンジュンは 後輩の墓を参り、
NCIに異動になるかもしれない と報告する。
その時 病院爆発事件の責任者に会う。
彼に 最後の命令を出した者は誰か と聞く。
「私だ」と言われる。

悩むヒョンジュン。
ヒョンジュンには 知人が殺されたという経験があった。

ヒョンジュンは NCIに異動することにする。

事件発生。
電車内で 犯人が 2名を射殺した後 乗客7人を人質にする。
その人質に中に NCIのチーム員ユ・ミニョンがいた。

3-4

電車人質事件は ヒョンジュンの活躍で解決する。

ヒョンジュンの同級生が殺害された
2003年ナドゥル川女子高生殺人事件、
いまだ未解決。
ソヌは 今も追い続けている。

ギヒョンは クォン元庁長に呼ばれる。
彼は リーパー殺人事件(未解決。前の被害者の持ち物を現場に置くのが特徴)の犯人と取引していた。
リーパー殺人事件は 2010年以来犯行が止まっていて
犯人は 別件で逮捕され刑務所にいるのでは? などと噂されている。
クォン元庁長は その犯人から
“私を追わなければお前が生きている限り狩りはやめる。まだ追い続けるなら次のターゲットはお前の家族になるだろう”
と脅迫状を受け取り ギヒョンを捜査から外し、事実上捜査を中断したのだった。
ギヒョンは クォン元庁長から「私が死んだら契約は終わる。次はお前を狙うだろう」と言われる。

クォン元庁長が亡くなる。

男女が殺害される。
犯行現場には 7年前の被害者キム・ヨンチョル(唯一の生存者)の眼鏡があった。
リーパー殺人事件の犯人が 犯行を再開したのだ。

ギヒョンは キム・ヨンチョルの行方が分からず、
リーパー殺人事件の本を書いたソン・ソクジュ記者に 教えてもらう。
キム・ヨンチョルに保護を申し出ると
住所が書いた紙を渡される。
「ここが 最後の隠れ場所です」と。

ギヒョンは 犯人から電話がきて、
犯人を挑発する。

キャンプしていた家族の 両親が殺害される。
現場には 前回の被害者の女性の時計があった。

犯人は 意外な人物だった。
そして 事件は悲しい結末を迎える。
そして…
事件は まだ終わらない。

5

リーパー殺人事件の犯人キム・ヨンチョルは 脱走。逃亡中。

公園で炭疽菌がばら撒かれ、
多くの人が犠牲になる。
しかし 炭疽菌によるものとは 明らかにされない。
パニックを恐れたのだ。

NCIは 捜査を開始。
以前国会で アメリカ軍が炭疽菌を韓国に持ち込んだなどと過激な発言をしたチャン博士が浮上する。

6

被害者家族に 被害者が暴行される動画が送られてくる。
2015年にソウルで起きた3件の未解決殺人事件の犯人の犯行と思われる。
そして 被害者の遺体が発見される。
犯人を逮捕した と思ったが…

7

未成年強姦容疑で拘束されたコ・ヨンミン、
しかし 無罪となり 釈放される。

ソヌは ヨンミンを逮捕しようと 踏みこむ。
そして ヨンミンに「14年前の事件もお前なのか」と聞く。
すると「奴も同じことを言った」と言って 亡くなる。
ヨンミンは 誰かに首を絞められ、そのせいで亡くなったのだ。
ヨンミンは 未成年を強姦して殺害。その様子の動画をネットに流していた。

ソヌは この現場で ギヒョンの妻のピアスを見つける。
ヨンミンを殺害したのはリーパー殺人事件の犯人キム・ヨンチョルなのだろうか と疑問に思う。

ギヒョンは 収監中の連続殺人犯ユ・ヒチョルに面会する。
ヒチョルは警察庁でプロファイラーをしていて ギヒョンの師匠だった人。
ギヒョンは ヒチョルから「私の助けなしではリーパー殺人犯は捕まえられない」と言われる。

ヒョンジュンは 友人カン・ホヨンから 電話をもらう。
「お前に見せるものがある。青少年センターで会おう」と。
しかし 会えなかった。

運転中に銃撃される事件が 連続で起きる。

8

連続銃撃殺人犯は 逮捕される。
娘を事故で亡くしたのをきっかけに 精神に異常をきたしたのだ。

ギヒョンは 局長から 休暇をとってはどうか と言われる。
ギヒョンは 検査の結果 連続殺人犯と同じくらいに精神に異常をきたしていると判断されたのだ。

遊園地で 女の子ユナがいなくなる事件が起きる。

9

8年前にも同じ遊園地で男の子ジヌの失踪事件が起きていることが分かる。

ユナ父に恨みを持った男が逮捕されるが、違った。

ユナ、ジヌ以外にも失踪した子供がいると考える。
未遂事件も起きているのでは? と。
広く情報を求める。

10

男の子ジョンミンが 誘拐されそうになったことがあると 情報を提供する。
ジヌは犯行を手伝わされていた と分かる。
犯人が逮捕される。


夫婦が自宅で殺害される。
犯人が自ら殺害前に通報していた。
また 犯行の動画がネットにアップされていることがわかる。

11

夫婦殺害事件の捜査中のミニョンが 犯人に拉致される。
犯人は 父の死をきっかけに 人格障害が起きていた。

12

20代の女性12人と息子を殺害したチョ・ヒョンフン、アン・ヨジン夫婦。
2人の死刑執行が確定する。
死刑が執行されれば20年ぶりのことになる。

13人目の遺体が発見される。
他にも被害者がいるのでは? と追加捜査が行われる。
新たな事実が見つかる。

13

ヒョンジュンが カン・ホヨン殺人容疑で逮捕される。
2003年ナドゥル川女子高生モ・ジウン殺人事件にも関係している と疑われている。

2004年に青少年センターで放火事件があったとわかる。
放火犯では?と疑われたのは チェ・サンホ。
妹チェ・ヒジンの自殺の原因が青少年センターだと恨んでいたのでは? と考えたが…

14

青少年センターで性的虐待が行われていた。
犯人は キム・ジョンス。
センター長の隠し子と思われる。
被害者は カン・ホヨン、チェ・サンホ、そしてヒョンジュンの兄キム・テジュン

キム・テジュンは 事故に遭い 今も入院中。
ギヒョンは キム・テジュンの事故も仕組まれたことではないかと考える。
そして 警察内部に事件を隠そうとしている者がいると。
そのことを 取り調べ中にヒョンジュンに話す。

ギヒョンもヒョンジュンも 警察内部の協力者がわかる。

事件は解決したかに思えたが…
カン・ホヨンを殺害したのは…
リーパー殺人事件の犯人キム・ヨンチョルだった。


女子高生3人が 拉致監禁される。

15

女子高生3人のうち 2人だけが発見される。
犯人は 3人の両親に恨みを持つ者だった。

タクシー運転手が殺害される、
他に 同じような殺されかたをした被害者が 2人いた。

16

犯人は 自分の“正義”で 無罪になった者を成敗していた。

マンションのモデルハウスで 女性の遺体が発見される。
同じようにマンションのモデルハウスで女性の遺体が発見された事件があった。

17

犯人と思われる者を特定する。
すると 彼の兄と名乗る者が現れる。

18

連続婦女暴行事件が発生する。
ソヌは囮になり犯人をおびき出す。

19

女性の殺害遺体が発見される。
ギヒョンの名刺を持っていたこと、
拉致現場に ギヒョンのサインが書かれた本がおちていたこと から
被害者は コ・ジュヒとわかる。
そして ジュヒの両親に ジュヒ虐待映像が送られてくる。
以前起きた事件を模倣していた。
マスコミに発表していない箇所も模倣していた。

連続銃撃事件を模倣した事件が起きる。
そして なんと その現場にコ・ジュヒのネックレスがあった。

また NCIが解決した事件を取材し本を出版していたソン記者が 失踪していることがわかる。

20

事件が大きくなり
NCIへの世論の反応も厳しくなる。
NCIは 上層部から 事件から手を引くように と指示されるが…

局長の娘が拉致され、
局長がキム・ヨンチョルに脅される。

スポンサーサイト
web拍手

クリミナル・マインド(1)-(4)

アメリカドラマ「クリミナルマインドFBI行動分析課」のリメイク。
(アメリカではシーズン12まで放送、日本では現在WOWOWでシーズン12を放送中)
リメイク、特に 嵌ったドラマのリメイクは観ないのですが、
ソン・ヒョンジュさん、イ・ジュンギさん、ムン・チェウォンさん出演なので
気になって
4話まで 観ました。

メンバーの家族構成やトラウマ、発生する事件、
オリジナルを踏襲しながらも 多少味付けを変えて いい感じに仕上がっている と思います。

でも…
BAUで大好きなキャラクターの
天才Dr.スペンサー・リード と テクニカルアナリストのペネロープ・ガルシア が…
韓国版では イ・ハンとナナ・ファンなんですが、
もう“違う!全然違う!違・う・だ・ろ・う~~~”なんですよね。
同じものを求めちゃいけない、求めるべきじゃない と分かっているんですが
ちょっと 耐えられない。

デンマークドラマ「キリング」もスウェーデンとデンマークの合作「ブリッジ」も
アメリカでリメイクされた時に
主役の女性刑事に“違う~~”と思ったので
イメージ違いは リメイクの宿命。
小説や漫画が原作でも起こることで
多少のことは 受け入れるべきなんでしょうが…

本家にそれほど嵌っていないサスペンス好きな人は 楽しめるのではないしょうか。


カン・ギヒョン・・・ソン・ヒョンジュ
キム・ヒョンジュン・・・イ・ジュンギ
ハ・ソヌ・・・ムン・チェウォン
ナナ・ファン・・・ユ・ソン
ユ・ミニョン・・・イ・ソンビン
イ・ハン・・・コ・ユン
ペク・サン・・・キム・ヨンチョル


 1-23-4


1-2

病院に爆弾が!
犯人チョ・テスを逮捕。
テスに 爆弾解除方法聞く。

NCI国家犯罪情報局行動分析チーム長 カン・ギヒョンは
犯人をプロファイルした結果
テスはたとえ刑務所に入ることになっても爆弾を爆発させたいはず。解除方法は教えない と考える。
そこで 爆弾解除を行っているEODに 犯人が指示したボタン“PASS”ではない方のボタン“By-PASS”を指示する。
ところが 上司から「“PASS”と言っているじゃないか」と言われ
自分の意見を強く言えなくなる。
結局 上司が「“PASS”を押せ」と命令。
爆弾は爆発してしまう。

1年後。
病院爆発事件のEODの一員だったキム・ヒョンジュンは 強行班に異動になっていた。
パク・イネ失踪事件を捜査している。
ヒョンジュンは 警察によるプロファイラー研修の1期生。
単純な失踪事件ではない と考える。
容疑者が逮捕されるが、彼の犯行ではないと考えている。

NCI国家犯罪情報局行動分析チームは パク・イネを連続殺人事件の4人目の被害者と考え、
合同で捜査を始める。
ヒョンジュンは NCIチーム内に ギヒョンの姿を見て 嫌な気持ちになる。

ヒョンジュンは 病院爆発事件で後輩を亡くした
その責任は ギヒョンにあると思っていたのだ。

ギヒョンは 1年間 苦しんできた。
そして今も苦しんでいる。
自分のプロファイルに自信を持てていたら 若い命を失うことはなかったのではないかと。
局長ペク・サンから「復帰する最後の機会」と言われ、
妻に背中を押され
復帰したのだった。

そして…
次の被害者が…
被害者は ヒョンジュンの亡くなった後輩の妹チェ・ナヨン だった。

事件解決後
NCIのチーム員ハ・ソヌは ペク局長に ヒョンジュンを推薦する。

ヒョンジュンは 後輩の墓を参り、
NCIに異動になるかもしれない と報告する。
その時 病院爆発事件の責任者に会う。
彼に 最後の命令を出した者は誰か と聞く。
「私だ」と言われる。

悩むヒョンジュン。
ヒョンジュンには 知人が殺されたという経験があった。

ヒョンジュンは NCIに異動することにする。

事件発生。
電車内で 犯人が 2名を射殺した後 乗客7人を人質にする。
その人質に中に NCIのチーム員ユ・ミニョンがいた。

3-4

電車人質事件は ヒョンジュンの活躍で解決する。

ヒョンジュンの同級生が殺害された
2003年ナドゥル川女子高生殺人事件、
いまだ未解決。
ソヌは 今も追い続けている。

ギヒョンは クォン元庁長に呼ばれる。
彼は リーパー殺人事件(未解決。前の被害者の持ち物を現場に置くのが特徴)の犯人と取引していた。
リーパー殺人事件は 2010年以来犯行が止まっていて
犯人は 別件で逮捕され刑務所にいるのでは? などと噂されている。
クォン元庁長は その犯人から
“私を追わなければお前が生きている限り狩りはやめる。まだ追い続けるなら次のターゲットはお前の家族になるだろう”
と脅迫状を受け取り ギヒョンを捜査から外し、事実上捜査を中断したのだった。
ギヒョンは クォン元庁長から「私が死んだら契約は終わる。次はお前を狙うだろう」と言われる。

クォン元庁長が亡くなる。

男女が殺害される。
犯行現場には 7年前の被害者キム・ヨンチョル(唯一の生存者)の眼鏡があった。
リーパー殺人事件の犯人が 犯行を再開したのだ。

ギヒョンは キム・ヨンチョルの行方が分からず、
リーパー殺人事件の本を書いたソン・ソクジュ記者に 教えてもらう。
キム・ヨンチョルに保護を申し出ると
住所が書いた紙を渡される。
「ここが 最後の隠れ場所です」と。

ギヒョンは 犯人から電話がきて、
犯人を挑発する。

キャンプしていた家族の 両親が殺害される。
現場には 前回の被害者の女性の時計があった。

犯人は 意外な人物だった。
そして 事件は悲しい結末を迎える。
そして…
事件は まだ終わらない。

web拍手
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
ライフ
アルハンブラ宮殿の思い出

三国志~司馬懿 軍師連盟
少林問道
鳳凰の飛翔(天盛長歌)
花と将軍~Oh My General~
三国志 Secret of Three Kingdoms
永遠の桃花~三生三世~

<視聴予定>
スイッチ
プレーヤー
私の後ろにテリウス

如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
恋愛動物
寵妃の秘密~私の中の二人の妃~(双世寵妃)
海上牧雲記


わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング