2018/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>




酔麗花~エターナルラブ~(酔玲瓏)(27)(28)



元凌の妃選びが本格化。

卿塵が 自分の気持ちに素直になって
元凌と卿塵は ラブラブモード。
だけど 卿塵が選ばれるとは限らないのよね?
いろんな分野をテストして 点数高い人が妃になるのだから…?
まぁ 卿塵以外の人が妃になっても
元凌と卿塵の関係は変わらないだろうけど。



27-28

皇帝は 巫族討伐を諦めていない。
元溟に 巫族を根絶やしにしろ と命令する。

皇帝は 元凌から「巫族と手を携えて共に魏をお守りください」と頼む。
そこで 皇太子、元湛に 巫族に対する今後の対処について意見を聞く。
皇太子は 皇后の死は暗巫の定水の仕業だったと天下に示してはどうか と言う。
元湛は 毅然と自らの過ちを認めることで民の称賛を受けるし、巫族も慰撫できる と言う。
元凌は 元湛に賛成する。

皇帝は 桃殀長老に 謝罪する。

元溟は 暗巫の長老である定水は亡くなった と思っている。
武娉婷に 暗巫を統率させることにする。

死んだと思われている昔邪長老は 以前のまま蓮妃に捕らわれた状況で生きている。




スポンサーサイト
web拍手

酔麗花~エターナルラブ~(酔玲瓏)(24)-(26)



元凌の妃選びは 後回しのよう。   
そして
元漓は 玲瓏使 だった。   
だから霊石をもっていたのね。


242526

24

卿塵は 冥魘から
元溟は 変化の術ができる。
繊舞は 西域の文字で書かれた薬典を研究していた
と聞く。
そこで 題名を書き、
この書物を探してほしい と頼む。

元凌は 蓮妃に
定水長老を知っているか と聞く。
すると 知っている と言われる。
次に 皇后の死について聞くと
「あの日 宮中を出る繊舞の指が暗い赤色に染まっていた。侍医によれば 皇后は離境天の焔毒に侵された。世間では繊舞が皇后を殺したと言われている」と言われる。

卿塵は 冥魘から
探していた書物を受け取る。
その本を読み、
繊舞の鏡が手がかりかもしれない と思う。

その夜。
卿塵は 繊舞の部屋で 鏡に蘭の汁をかけてみる。
その時 刺客が現れる。
刺客は 鏡を割って逃げて行く。
卿塵は 聖蝶で行方を追い、
蓮池宮に 霊蝶が突破できない障壁がある と知る。
鏡に現れた文字は“蓮”だった。

また 鳳府(の中にいる卿塵)を守っていた元凌も 刺客を追いかける。
刺客は 皇宮に入る。

刺客は 蓮妃だった。
そして…
蓮妃は 定水だった。
術で容貌を変えたのだ。
あの日…皇后が亡くなった日…蓮妃は 皇后に正体を見られてしまったのだった。

定水は 先帝の時の最年少の長老。
先帝を愛してしまった。
それは 巫族を裏切る行為。
定水は 刀山火海陣に入る。
生きて戻れない陣。
定水は死んだと思われていた。
ところが 生きて先帝に嫁いでいたのだ。
容貌を替え 蓮妃として。
そして 先帝を殺害して帝位を簒奪した元安と
その時 何もしなかった巫族を恨み、
復讐しようとしているのだった。
そのために 自分の替え玉を用意している。

卿塵は 巫族の無実を晴らすためには 桃殀長老の力が必要だと 思う。
皇后の命日を利用しようと考える。

25

卿塵は 繊舞の死の真相を明らかにするために
元溟と手を組む。
元溟に「皇宮で皇后の法会を行うように 陛下を説得してください。その席で皇后と繊舞姉上に真相を語ってもらいます」と言う。

皇帝は 皇后の法会を許可。
鳳家の家族も一緒に祈祷することを許す。

蓮妃は 鳳衍に
離境天の巫族も呼び、皇帝と相討ちさせる 計画を話す。
皇后の法会のことを聞き、その日を決行の日と決める。

皇帝は 皇后の法会で 巫族を壊滅しようと考える。

26

皇后の法会。
桃殀長老、巫女たちは 皇帝に 巫族潔白の証拠を示す。
まず 皇后が昔邪長老に宛てた手紙。
“宮中にて定水は存命”

その時 蓮妃の替え玉“定水”が現れる。
皇帝は 手紙を見せ、お前の仕業か と聞く。
定水が「皇后を殺したと言うのなら確かな証拠が必要」と言ったため
卿塵は 繊舞の鏡を出す。
蘭の汁をかけると “蓮”の文字が現れた。
“定水”は 殺したと認める。

「皆殺しにする」と叫んで攻撃する“定水”
元凌は卿塵を守ろうとして 大怪我をする。

卿塵は 元凌を看病しながら
「助かったら 永遠にあなたのそばにいる」と誓う。



web拍手

酔麗花~エターナルラブ~(酔玲瓏)(21)



卿塵は 鳳家の次女になりすまし 鳳家の一員になることに成功。
ただ…気になっていることがあって…
鳳衍が 卿塵の左腕の蝶の入れ墨を見て
「繊舞と鸞飛だけに刻まれている」というのよね。
繊舞は亡くなった長女で 鸞飛は元灝の御前侍女の三女。
卿塵がなりすました次女の名前は?
卿塵が次女?
それなら 元凕の妻は誰?長女の名前は何?
入れ墨は 三姉妹全員にあるわけじゃないの?
う・・・私が何が勘違いしている?

それから
九転霊石のこと、
桃殀長老が 2つ。
元漓が 1つ。
蓮妃も持っている様子。 



21

卿塵は 牧原堂に移る。

牧原堂に 何者かが侵入する。
元漓。
卿塵にやられて 早々に立ち去る。
双星の輝きが増していることが気になっているらしい。

元凌は 卿塵が何を企んでいるのだろうと思う。
巫族の復讐のために 元安に近づくために 鳳家を利用しようとしているのだろうか と卿塵に なぜ鳳家の次女になりすますのか 聞く。
すると「湛王に嫁ぐため」と言われる。

卿塵は 鳳家の次女になり皇后の死を探りたい と思っている。

卿塵は 鳳衍に会う。
涙を流しながら 会えたことを喜ぶ鳳衍。
卿塵も涙を浮かべる。
卿塵も鳳衍も役者。
親子の再会を大げさに演出。
涙よりも 笑いが出てきそう。

卿塵は 鳳家の一員として 皇帝に会う。


web拍手
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
  花遊記      リターン

    
トゥー・カップス     黒騎士

    
ロボットじゃない      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝      麗王別姫

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング