FC2ブログ
2018/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>




三国志~司馬懿 軍師連盟~(大軍師司馬懿)(35)-(42)


3536373839-4041-42

35

司馬懿は 宗室家から
夏候惇を死に追いやった。病気と知りながら激高させた と非難される。
しかし…
曹丕が言うように
司馬懿が処刑されるのなら
病気の年寄りを宗室のために司馬家に行かせた側の罪はどうなるのか…

そもそも 曹家、
頭が悪い人が多すぎる。
司馬懿を排除するために“服喪期間”しか考えられないなんて…
情けなさすぎる。   


曹丕は 司馬懿に
鄧艾を譙県から引き上げ 寿春に行かせろ と命令する。
「新制を放棄してはいけない」と訴えられるが、
司馬懿と鄧艾に殺されたと噂が出ている。斬られるかもしれない と言う。
そして 司馬懿を 反乱を鎮圧させることを名目に 青州に派遣する。

郭照は 汲布に 密かに司馬懿を守ってほしいと頼む。


曹真は 司馬懿が邪魔で仕方がない。
そこで “服喪期間3年”を利用することを思いつく。
“司馬防を殺して 司馬懿を3年間喪に服させ その間に…”と思う。


曹真が思いつくことなど 誰もが思いつく。
司馬防は 曹丕に会いに行く。
「私が死んで仲達が喪に服することになったら 私は国運を変える大罪人となります」 と言って
遺書を預ける。
「私が世を去ったらこれを仲達に渡してほしい。喪に服すことより大任を全うしてほしい」と。
また 司馬師と夏候尚将軍の娘との縁組を頼む。
「仲達に不忠の心はない。しかし宗室の恨みは深く根深い。仲達の安全のために考えてほしい」と。

曹丕は すぐに夏候府へ行き、
司馬師と夏候徽の婚姻を決める。

36

曹丕、どんどんイヤらしい人間になっている。
“奴(司馬懿)の私心のなさにはもううんざりだ”って…
司馬懿のことをそう思うようになったら もう終わりなのでは…?
まぁ 司馬懿も 曹丕の気持ちは承知のようだけど。   


司馬懿は 柏霊筠とともに 青州に行き、
内乱を平定。
予定を変え、
鄧艾の様子を見るために 寿春に向かう。
ところが その途中 夏候楙に刺されてしまう。
夏候楙に 司馬懿の行程を教えたのは どうやら曹丕らしい。
(曹丕は 柏霊筠に司馬懿を監視させている)

夏候楙から「これで司馬家と夏候家の貸し借りは帳消し。鄧艾が危うい」と言われ、
すぐに寿春に向かう。


その頃 寿春では
曹洪が 鄧艾に 横領の罪で死罪を言い渡していた。
曹洪は 無実を訴えた子夜まで捕える。

曹洪は
鄧艾の無実を訴える民衆の前で、
大理寺で審理するべきという役人の声を無視して
鄧艾の処刑を命令。
夫の処刑を近くで見せろ と子夜を鄧艾のそばに連れて行く。
そして…
子夜が鄧艾を庇って亡くなる。

その後に 司馬懿が到着する。

曹洪が濡れ衣を着せたことは明らか。
しかし 曹家の重鎮で 曹操の腹心だった曹洪を 罰することはできない。
イヤ罰することはできるが、
改革中の今 これ以上の波風を立てることはできなかった。


司馬懿に 帰京命令が下る。
司馬懿が帰京。
司馬師と夏候徽の婚礼が行われる。

37

曹真、曹丕が吐血をしたのを見て 先は長くない と感じる。
次の時代…
宗室が意のままにできる者を皇帝に座らせればいい と
次に時代のことを考える。   


曹洪、曹真の作戦通り
司馬朗は 結婚式で酒を多量に勧められ飲まされて
亡くなる。

曹丕は すぐに“7日間 納棺の儀を行い 復職せよ”と 勅命を下す。
しかし 司馬懿は 3年喪に服する と断る。

曹真は 司馬懿を引き止めたことで 曹丕を非難する。
「この天下は曹家のもの。獅子身中の虫を取り除くべき」と言うと
はっきりと「新制のために士族の力がいる。3年喪に服せば宗室によってすべてが水泡に帰する」と言われる。
曹真は ショックを受ける。
「今後は大いに譲歩してくれ」と言われ
従うしかない。


郭照が流産する。
また その心労からか曹丕が吐血する。

郭照の流産の原因がわかる。
甄宓から差し入れられた汁物の中に薬が入っていたのだ。
甄宓は 冷宮送りになる。

郭照は 曹丕から説明を受けて
太子の座を争わないと約束したのに なぜ… と思う。
しかし 張春華から 「甄宓も被害者かもしれない。あなたの子が亡くなり甄宓が廃されて 得する人は?」と聞かれる。

38

司馬懿は 曹丕に 甄宓は無実と訴える。
すると 平然と「もう遅い。毒酒を届けさせた」と言われる。
そこで 目を覚まさせようと 怒鳴る。
「叡皇子をどうなさるつもりですか。嗣子争いは国難を招くとご承知のはず。自ら破滅の道を選ぶのですか。何者かが甄夫人を殺し郭照を害そうと謀ったのです」と。

冷宮に駆け付ける曹丕。
しかし甄宓は毒酒を飲んだ後だった。
ところが…
毒酒を届けた施惇が 郭照の命令で薬酒にすり替えていたのだった。


司馬懿が駆け付けたのは 曹叡から助けを求められたから。
それを知った甄宓は 罪を犯していると承知で 司馬懿に会いに行く。
そして 「叡の力になってほしい。民を愛する立派な太子にして」と頼む。

ところが その様子を小沅に見られていた。
司馬懿は このことを候吉から聞き、
候吉に 小沅の監視を指示する。

司馬懿は 柏霊筠に会いに行く。
王妃と密約を交わしたために佞臣とされる清陵君の話を持ち出される。

39-40

曹真は 曹丕に 太子を立てるべきと進言。
司馬懿も 賛成するが、
曹丕にその気はない。
曹丕から「立太子の話を持ち出した者は反逆の罪にする」と言われる。


曹真が西域に出兵してから1年。
邪魔ものがいないから 改革は順調に進んでいる。
この間に 都は洛陽に移された。


曹真が帰還する。

曹丕のもとに
曹植が自分の息子である叡皇子を太子にせよと言っている と報告が届く。

曹植は 監国謁者に濡れ衣を着せられたと 清河公主と夏候楙に助けを求める。
しかし そこに曹丕がやってきてしまう。

曹植は拷問を受け、
曹叡は軟禁される。

甄宓は 曹丕に 曹植を助けてほしいと頼む。
曹植との間に何もないのなら 曹植のことに関わらなければいいのに 命乞いをする。
兄弟の間で争ってほしくないから。
しかし 言えば言うほど逆効果だとわからない。

甄宓は 死をもって身の潔白を証明することにする。
曹丕から 毒酒を賜り 亡くなる。


司馬懿が 甄宓の元に着いた時は 毒酒を飲んだ後だった。
司馬懿は 曹叡を背負って 郭照の元に走る。
そして 曹叡に 郭照を“義母上”と呼ぶようにと促し、
郭照に曹叡を託す。
曹叡の命を守るために 郭照の養子にしたのだ。

司馬懿は 後宮のことに口を出したとして 捕らえられる。

41-42

甄宓は亡くなり、
曹叡は罪人の子、
司馬懿は死罪、
曹真と曹洪は 嬉しくてたまらない。
自分たちの意のままになる太子を選べる と笑いが止まらない。
ところが…

曹丕は
郭照を皇后とし、
曹叡は郭照に養育を託し、平原王に封じる と詔を発布する。


鄧艾は 子夜の敵討ちに成功する。
(柏霊筠から 司馬懿を助けるために宗室には寛容に と言われていたんだけどね…)
曹洪を 犯人隠匿、横領の罪で尋問する。
その際 曹洪は 暴言を吐く。
曹丕を罵倒する言葉まで。
曹洪は 死罪と決まる。

曹真は 曹洪の命乞いをせず、
逆に 曹洪処刑を利用しようと考える。
軍の反乱を引き起こして
今度こそ司馬懿を殺したい と考える。


曹真の考えることぐらい 柏霊筠と鐘会にもわかる。
司馬懿を助けるためには曹洪を助けなければいけない。
曹洪を助けられるのは 郭照のみ。
そして 郭照に会いに行けるのは 夏候徽。

夏候徽は 郭照に会う。

郭照は 皇太后を動かす。
皇太后から 曹洪を助けろ と言われれば 助けるしかない。

曹丕としても 司馬懿を死なせるわけにはいかない。
しかし 曹洪を助けるための名目が見つからず悩んでいた。
だから 皇太后からの叱責は渡りに船だった。

曹丕は 皇后即位の恩赦で 曹洪と司馬懿の刑を軽減。
司馬懿は 平民となり故郷に帰る。



スポンサーサイト
web拍手

三国志~司馬懿 軍師連盟~(大軍師司馬懿)(31)-(34)


31-3233-34

31-32

側室問題 ようやく決着。
もっと早くに 張春華が諦めるかと思っていたのだけど…

曹一族は “九品官人法”のせいで 官吏に登用された者が少なかった。
鄧艾の“屯田の策”が行われれば 領地を失う可能性がある。
そこで 次の一手として 側室選びを考えている様子。  


張春華は 4日絶食。
柏霊筠は「2人を苦しめられない。陛下に司馬府を去ると言ってくる」と
司馬府を出て行く。

曹丕は 郭照から
柏霊筠を側室にする件を取り下げてほしい と意見され、
郭照を冷宮送りにする。

曹丕は 司馬懿に勅命を下す。
側室を迎えろ。拒否するなら離縁 と。
司馬懿も張春華も 離縁を選ぶ。

そこで 第2の勅命。
司馬懿の官職をすべて解く と。
それでも 司馬懿は拒否。
しかし それは司馬懿の作戦でもあった。
張春華は 夫、司馬家のために 拝命する。


官吏選びの件。
司馬懿は 鄧艾を推挙。
鄧艾は 2次試験に挑む。
しかし…あがり症と吃音のせいで 思うように話せない。
そこで 恋人の子夜を連れてくる。
鄧艾は 子夜に見守られて “屯田の策”を説明。
合格する。

33-34

曹家、夏候家の宗室、
手にしているものを奪われたくない、
一族の者が皇帝になったのだから 欲しいものは何でも手に入るはずだ、
という思いが強い。

一方 曹丕は 均衡を保ちたい。
宗室の力が強くても
司馬懿ら士族の力が強くても困る。
だから司馬懿に改革をさせると同時に 司馬懿に側室というスパイを送りこんで牽制する。   


曹真は 曹丕に 山陽公の娘(漢の公主)2人を娶らせる。
ゆくゆくは姉を皇后に…と目論んでいるようだが、
曹丕から「ご苦労。無駄な努力を」と言われてしまう。

曹真は 曹丕に
夏候尚の息子 夏候玄を譙県の県令にしてほしい と頼む。
役人の登用は尚書台の務め と言われ、
熱弁を振るい、
承諾させる。


鄧艾は “屯田令”という新しく作られた官職を与えられる。
一番困難だと思われる譙県から屯田を行うことに。
子夜と結婚し、
夫婦で赴任する。

夏候玄は 曹真から
「鄧艾は世間知らずの貧乏人。赴任したら銭と女を贈っておけ。肥え太らせてから食おう」と言われていた。
しかし 鄧艾夫婦は そんなことで懐柔されるような人ではない。

鄧艾の測量は 予想以上に進む。
鄧艾は 夏候玄から
田畑の明け渡しに抵抗した者を罰したことで非難されるが、
「何ゆえ民の田畑まで独占するのですか。国法に照らして罰しただけ。国有の田地を調べるのが職務」と正論で反論する。


作戦に行き詰ったのか
曹家は 皇太后に泣きつく。
皇太后は 曹丕に意見。
そこで 曹丕は
“群臣は皇太后に奏上してはならぬ 妃の一族は政を補佐できぬ”と詔を下す。

この時
山陽公の娘は 曹丕と皇太后の会話から かつて曹植と甄宓の間に何かあったと知る。
そこで甄宓を失脚させようと謀るが
失敗。
郭照から 杖叩きの罰を受ける。


皇太后に泣きつけなくなり
曹家は 長老の夏候惇に泣きつく。
不満を口にする曹家の者たち。
話が段々過激になってきて…
我慢できず 夏候惇は 「爵位も田畑も賜り 兵と金にも事欠かないのに満足しないのか。私利私欲は控えろ」と意見。
それでも 曹家の不満は収まらない。
夏候惇は 彼らを抑えるために 司馬懿に会いに行く。

夏候惇と司馬懿の話は 決裂。
夏候惇は 怒って屋敷を出ようとするが…
ばったりと倒れ 亡くなってしまう。

曹丕は 宗室から司馬懿を守るためどうしたらいいのか と悩む。
葬式に参列すると言う司馬懿を止め、
司馬懿と陳羣を連れて東門で棺を見送る と決める。



web拍手

三国志~司馬懿 軍師連盟~(大軍師司馬懿)(29)(30)



司馬懿が側室を持とうがどうしようか まったく興味ない。
つまらない。


29-30

司馬懿は 妻子がいる身と言って 逃げ出そうとするが、
「すでに城門が閉まる刻限。どうぞ今夜はお泊りください。次の勅命を待ち ひとまず落ち着いて身を任せては」と言われる。

司馬懿は 一貫して柏霊筠を拒否する。
曹丕の勅命が“攻め落とし帰還せよ”で
柏霊筠から 陛下は褒美を受け取れば疑心を解く と言われても
「余力がない」と断る。

張春華は 戻らない夫の居場所を突き止め、やってくる。
司馬懿を引きずり 帰宅する。
司馬懿から「何もしていない。柏霊筠は私を探るために送りこまれた陛下の駒」と言われるが、
怒りはおさまらない。

翌日
司馬懿は 曹丕に 勅命の撤回を願い出るが、
「家も治められず朕の補佐を? 聞き分けのない妻ならば 離縁の勅命を…」と言われてしまう。

柏霊筠が 司馬懿の屋敷に押しかけてきた。
司馬懿は 柏霊筠を受け入れ 部屋を用意する。
大騒ぎし、柏霊筠を殺しそうな勢いの張春華。
司馬懿が 張春華を宥め、叱り、説得するが、
張春華の勢いは止まらない。
しかし それは司馬懿の作戦だった。
自分から出るように仕向けたいと考えていた。


“九品官人法”が施工される。
広く門戸を開く というものだったはずだが…
結局は 見た目と出身で判断されてしまう。
鐘会が歓迎されたのに対して
鄧艾は追い出されてしまう。

鄧艾は“屯田の策”を書いた竹簡を持ってきていたが、
読んでもらえず 投げ捨てられる。
それを鐘会が拾う。

鐘会は“屯田の策”を読んで 感動。
鄧艾に会いに行く。



web拍手
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
ライフ
アルハンブラ宮殿の思い出

三国志~司馬懿 軍師連盟
少林問道
鳳凰の飛翔(天盛長歌)
花と将軍~Oh My General~
三国志 Secret of Three Kingdoms
永遠の桃花~三生三世~

<視聴予定>
スイッチ
プレーヤー
私の後ろにテリウス

如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
恋愛動物
寵妃の秘密~私の中の二人の妃~(双世寵妃)
海上牧雲記


わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング