FC2ブログ
2019/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>




ナインルーム あらすじ&感想




面白かったです。

死刑囚チャン・ファサが無実を勝ち取る話。
第1話で チャン・ファサと勝率100%の弁護士ウルチ・ヘイが 魂が入れ替わるので
“またこれ?”と思ってしまうのですが、
割と早くに 入れ替わった魂がもとに戻り
チャン・ファサの再審請求のことが 話の中心になります。

チャン・ファサが対決するのは
財閥と財閥に牛耳られた検察、警察、弁護士。
よくある構図。

ですが、
ウルチ・ヘイが ドラマ半分過ぎても 財閥側。
ファサを助けてあげたいと思いつつも 今までのキャリアを捨てたくなくて 財閥側に立ってしまう。
それがイライラさせもどかしくさせ
ドラマを面白くさせたと思います。


全16話 2018年 tvN

出演者 : 
ウルチ・ヘイ・・・キム・ヒソン
チャン・ファサ・・・キム・ヘスク
キ・ユジン・・・キム・ヨングァン

ウルチ・ソン(ヘイ父)・・・カン・シニル
法律事務所代表・・・マ・ヒョンチョル
キ・サン(SHCグループ会長)・・・イ・ギョンヨン

ソン・ハンビョル(ファサ刑務所仲間)
カム・ミラン(ファサ刑務所仲間)


演出  : チ・ヨンス
脚本  : チョン・ソンヒ


 1234567-89-10111213-1415-16

1

また魂が入れ替わるの?
という感じですが、

魂が入れ替わったのは 弁護士と死刑囚。
死刑囚は再審請求していて どうやら無実の様子。
で、この事件には 大企業のオーナーが関係している様子。

ということで
濡れ衣を着せられ死刑囚となり34年服役中の女性の復讐 ドラマ。
出生の秘密もありそう。

弁護士ヘイは 36歳。
恋人ユジンは 3歳年下だから 33歳。
死刑囚ファサは 服役して34年目。
ユジンの母親はファサだとして
父親は?
ユジンの異母兄キ・サン?
被害者のチュ・ヨンベ?
キ・サンがユジンを溺愛しているように見えるから 父親はキ・サン?

それから…
チュ・ヨンベがキ・サンを殺害して キ・サンを名乗っているかも…
作家のミスリードにはまったかな?  


弁護士ウルチ・ヘイは チャン・ファサ死刑囚の減免を審議する委員会に出席する。
ファサは 死刑執行されず34年間服役している。
服役中に問題を起こしたことはない。
減免を認めてもいいのではと考える委員がいるが、
ヘイは 認めないつもり。
それは 所属している法律事務所“タムジャン”のオーナーのキ・サンSHCグループ会長の意向だから。
そして この件で認めてもらって シニア・パートナーになりたい と思っているから。

委員会のメンバーは 人権派が多い。
このままでは 減免が認められる。
そこで ヘイはファサを挑発。
ファサが自分に暴力暴言をするように仕向ける。

ファサの減免は認められなかった。


ヘイは 飲酒運転同乗の罪で 父の知人の弁護士事務所で30時間の社会奉仕をすることになる。
担当させられたのは ファサの再審請求。

ヘイは 一応ファサに面会するが 話をするつもりはない。
残りの時間も 同じように弁護士としての仕事をせず ただ面会室で時間を潰すつもりでいる。
その理由は 減免の時と同じ。
そして もう一つファサを憎む理由がある。
それは 検事だった父がファサに惑わされて証拠を弁護士に渡し
そのせいで 父は検事総長目前だったのに廃人となってしまったから。


ヘイの恋人キ・ユジンは 医師。
誕生日の日に 何者かからオルゴールを受け取る。
オルゴールは父のもので 昔彫った自分のイニシャルが残っていた。
中には ファサの事件を報じる新聞の切り抜きが入っていた。
ファサの事件の被害者は チュ・ヨンベ。
ユジンの異母兄弟だった。

ユジンは 愛人の子。
母が誰なのか知らない。
父から知らされないまま父は亡くなってしまった。
父の後継者は 異母兄のキ・サン。
ユジンは 病院を任されている。
ユジンが兄から聞いたことによれば
ユジンは 父から息子として認められているが、
ヨンベは 認められていなかった。

ユジンは ファサに興味を持つ。
伝手を探して ボランティアで刑務所の医務室に行く。
すると ファサが倒れたと連絡がくる。
行ってみると 面会室には 倒れたファサと ヘイがいた。
ユジンは 除細動器を使い…
ヘイは 離れたところで見ていたが…
電気がショートして火花が散り
驚いたヘイはつまずき
ファサの上に倒れこむ。


キ・サンは 異母兄弟を殺されたから 犯人ファサを憎んでいる というよりは
濡れ衣を着せた者を出したくない というように見える。
ファサは ヘイが見ていたニュースで キ・サンの声と顔を見て 驚き
「チュ・ヨンベ」と呟いて倒れた。
キ・サン=チュ・ヨンベ なのかもしれない。

2

キ・サンは 亡くなったはずのチュ・ヨンベであることは 間違いない。

キ・サンが ファサを見て「あの時死ぬべきだった…」と呟く。
ということは
キ・サンとファサを心中に見せかけて殺してキ・サンになりすまして SHCグループを手に入れる計画だった
のよね?
けれど ファサが生きていたから 濡れ衣をきせた
のよね?
この計画が成功するためには キ・サン父が死んでなきゃいけないと思うんだけど…
キ・サン父の側近たちにも口封じなリなんなりしないといけないと思うんだけど…
整形したの?   


ファサとヘイ、
魂が入れ替わってしまった。


ファサ(魂はヘイ)は 病院から逃亡するが、
捕まり 独房に入れられる。
一貫して「私はチャン・ファサじゃない。ウルチ・ヘイ」と訴えたため
解離性同一性障害と診断される。

ファサ(ヘイ)は 監護施設に移送されると知り 慌てる。
魂が元に戻る可能性がなくなる と。


ヘイ(ファサ)は 生きていることを実感する。
まず 母に会いに行く。

ヘイ(ファサ)は 自宅に戻る。
しかし ドアの暗証番号がわからない。
以前同房の者が言っていた方法で 開けようとするが、
スタンガンで壊して開けようとしたため
警察が出動することに。
天敵オ刑事もやってくる。

身元が確認でき 警察官は帰る。
しかし オ警官は 無理やり家に入り、
家の中を探索。
キ・チャンソン(キ・サンの息子)事件の資料を盗む。


ヘイ(ファサ)は キ・サンを見て チュ・ヨンベと確信。
「チュ・ヨンベ」と呼ぶ。
驚くキ・サン。
ヘイ(ファサ)は 追いかけてくるキ・サンから 逃げる。

3

ファサは ユジンの母親ではなかった みたいね。
ユジンは 本物のキ・サンの息子?

1984年12月24日 事件があった日。
ヨンベは 父の会社の金庫から金を盗んだ。
しかし キ・サンに見つかってしまった。
キ・サンともみ合いになり
キ・サンは死んでしまった。
だから 入れ替わりを計画したのかも。   


キ・サンは 防犯カメラから「チュ・ヨンベ」と呼んだ女を確認する。
チュ・ヨンベの名前を知っている者は 側近とファサだけ。
キ・サンは 女はヘイではないか と疑う。


ファサ(ヘイ)は チャン・ファサと認めることにする。
監護施設に移送されないために。

ファサ(ヘイ)は 服役囚の話から 魂の入れ替わりに古い除細動器が関係しているのでは と考える。

ヘイ(ファサ)が母に会いに行き、ヘイのお金で施設代を支払ったと聞き、
ファサ母を別の施設に移す。
ファサが接見に来るように ファサ母を人質にとったのだ。


ヘイ(ファサ)は ファサ(ヘイ)から
休職届を出すように、
キ・ユジンと寝ないで、
と頼まれる。
そこで 休職届を出す。

ところが キ・チャンソンの裁判が控えていた。
ヘイ(ファサ)は 仕方なく出廷するが、
オ警察官に証拠を盗まれたため 反対尋問できないまま閉廷になってしまう。


ヘイ(ファサ)は 父の友人のカン弁護士を訪ねる。
そこには ヘイ父もいた。

ヘイ(ファサ)は 2人に
「ファサが目覚めるまでの19時間に何があったのか、なぜ彼女が無罪だと思うのか聞きたい」と言う。
ファサは眠っていた19時間のことも その日ヨンベに何があったのかも 知らない。
それは カン弁護士もヘイ父も同じことだった。

ヘイ父は ヘイ(ファサ)に 無罪と思う理由…おかしいと思う点を話す。
それによれば
SHCへのチケットをもらった者…事件後キ・サンと親しくしている者がいる。
マ・ヒョンチョルは ファサの国選弁護人だった。
キム・ジョンス地検長は 事件の担当刑事で 事件後検事に転向した。
ポン・サダルは 現在サンヘ病院の院長。当時国捜研の解剖医で ヨンベを解剖した。
パク・チョルスンは 当時安企部の捜査官で第一発見者。現在理事でキ・サンの側近。
キム・ジョンス妹は キ・サンと結婚した。
これらの者が キ・サンに協力すれば 事件を捏造し ファサに濡れ衣をきせることは簡単。

ヘイ(ファサ)は 退職するつもりだったが やめる。
真相を明らかにしようと決心する。

4

キ・サンは 本当にユジンの母親のことを知らないみたいね。
ある日突然父がユジンを連れて来た。
「サンヘ商会の後継者はこの子だ」と。   


ファサ(ヘイ)の入れ替わり作戦は 失敗する。

ファサ(ヘイ)は ユジンに ヘイだと告白するが
信じてもらえない。
マ代表に 入れ替わったことなどを書いて送るが…

ヘイ(ファサ)は 友人に ファサだと告白。
服役中のことなどを2人の思い出を話して 信じてもらう。


ユジンは 父のオルゴールを送ってきた人を捜していた。
マ・ヒョンチョルだとわかり 会いに行く。
すると「パズルを合わせたら何をくれるのか?堂々と後継者としてSHCグループを手に入れろ。その代わりキ・サン会長が持っているうちの株を私がもらう」と言われる。
答えに窮していると…
マ・ヒョンチョルの飼い犬が殺される事件が起きる。
ユジンには キ・サンの尾行がついている。
キ・サンからマ・ヒョンチョルへの警告だった。

5

ヘイ(ファサ)が殺人!
ヘイは 今のままでも 魂が戻っても 大変。

ユジンが キ・サンと争わないのは 過去のことが関係している。
キ・サンは 後継者をユジンにすると言いだした父とユジンを無人島においやった。
そして 病気の父を見殺しにしたのだった。   


マ代表は ファサ(ヘイ)からの手紙に書かれていたことが信じられない。
ヘイ(ファサ)を呼び出して 英語と中国語で質問する。
英語と中国語で受け答えするヘイ(ファサ)。
マ代表は ファサ(ヘイ)を信用した自分がバカだった と思うが…
何か発音が違うような気がして
ファサ(ヘイ)に会うことにする

マ代表は ファサ(ヘイ)に接見。
ファサ(ヘイ)がいくつか秘密の暴露をするが それでも信じられない。
しかし 露出狂のことを持ち出され
信じるようになる。

マ代表は ファサ(ヘイ)から 減免してほしい と頼まれる。

マ代表は キ・サンに連絡する。
キ・サンは ヘスンポにいた。(サンヘリゾートの開業式が予定されている)

マ代表は キ・サンに ヘイとファサは魂が入れ替わったと訴えるが
当然信じてもらえない。
逆に ヨンベだといつ気づいたと責められ、
味方だと思っていたのに と殺されそうになる。
そこに ヘイ(ファサ)が 到着。
マ代表は 命拾いする。

ヘイ(ファサ)も マ代表がばらす前になんとかしなければ とキ・サンに会いに来たのだった。
ヘイ(ファサ)は キ・サンに チュ・ヨンベと呼んだのはマ代表の指示だった と説明。
自分しかキ・チャンソンを無罪にできない と訴える。


ヘイ(ファサ)は マ代表を懐柔しよう とマ代表のホテルの部屋に行く。
キ・サンから身を守るために 手を組んでキ・サンはチュ・ヨンベだと明らかにしよう と訴える。
フグの毒と酒の酔いで 朦朧としてきたマ代表、
ヘイ(ファサ)に聞かれるままに
チュ・ヨンベにファサを最高刑にしてほしいと頼まれたこと、
ファサ母を殺そうとしたこと、
を話してしまう。
ヘイ(ファサ)は 逆上。
ウィスキーの瓶でマ代表を殴る。

ヘイ(ファサ)は マ代表を訪ねてきたユジンの声で 目を覚ます。
マ代表が亡くなっているのに気づき驚く。

ユジンは マ代表からの応答がないため ホテルの人に頼んで鍵を開けてもらう。
中に入ると…
マ代表が亡くなっていた。

6

ヘイ(ファサ)は ベランダに逃れ、
階下に逃げる。
ところが そこはキ・サンの部屋だった。

ヘイ(ファサ)は 現場を捜索している警察から逃げることはできたが、
もしかしたら警察よりたちの悪いキ・サンに捕まってしまった。
キ・チャンソンを無罪にするなど キ・サンに利益がある間は キ・サンの指示に従わなけければならない。
利益がなくなれば マ代表殺人犯になってしまうのだ。


キ・サンは マ代表がファサ(ヘイ)と会った時に録画した動画を手に入れる。
ヘイとファサが入れ替わっているとは信じがたいが、
ファサの服役仲間のカン・ミランが ヘイの秘書になっているのは なにかある と思う。
カン・ミラン調査を指示する。


ユジンは 夢に出てくる病院を突き止める。
“ナビジャム病院”
“中部病院”となり 今は閉鎖されているその病院に行く。
夢に出てくる病院に間違いない と思う。
そして 母が亡くなっていることも確信する。

ユジンは 母が亡くなっていたことに 落ち込む。
勢いで ヘイ(ファサ)にプロポーズする。

7-8

ユジンが入れ替わりに気づく。
元に戻そうと準備するけれど…
成功するのか…

成功してほしい。
ファサはショックだろうけれど
今度は ヘイは ファサの再審請求に前向きになってくれるはず。
でも…残り3か月では…   


ヘイ(ファサ)は マ代表の万年筆型のUSBを探すために キ・サン家に行く。
キ・サン妻に 限定バッグをプレゼントし、
トイレに行くと言って 書斎に。
しかし USBは見つからない。
その代わりに シカゴ大学の盾を見つけ、
昔のことを思いだす。
キ・サン父から アメリカにいる息子に荷物を送るように指示されたことを。

キ・サンは ヘイが書斎を捜索している目撃。
ヘイに圧力をかけるために
義兄…つまり ファサを取り調べた刑事キム・ジョンスを 事務所の代表にする。


キ・チャンソン事件の被害者 モーガン・キム。
ヘイ(ファサ)は 彼女のSNSなどから
彼女が キ・サンの大学時代の同級生で
今回の来韓で 34年ぶりにエスターという女性に会うのを楽しみにしていた
と知る。
つまり…
目的は モーガン・キム殺害。
キ・サンが別人だと知っている人間の殺害。
ソ・ウニョンは居合わせただけなのだ。

ヘイ(ファサ)は エスターのカード記録から 行動を調べ、
もしかしたら キ・サンに会いに行ったのでは? と思う。


ユジンは 探偵から
ナムジャム産婦人科に勤めていた看護師を見つけた と報告を受ける。
看護師チェ・ヨンヒ。
ファサと同じ刑務所に服役していた。

ユジンは チェ・ヨンヒに話を聞く。
それによれば…
1984年12月24日 隕石が落ち惨事が起き、
外国人の患者が亡くなった。
外国人で英語を話していた。
名前は エスター。
連れてきた人も身寄りもおらず 無縁仏として埋葬された。


ユジンは チェ・ヨンヒから頼まれたファサの血液検査を行う。
精密検査が必要だとわかり、
検査する。
この時 ファサが ヘイの指輪を持っていることに気づく。
“ベリタス”と彫られたペアリング。
ユジンは ようやく ファサの身体の中にヘイがいる と気づく。

ファサは すい臓ガンだった。
余命3か月。


ユジンは ヘイとファサを元にもどすために
廃品回収された除細動器を 探しだす。
ファサ(ヘイ)が入院している病室で 入れ替わりを試すことにする。

ユジンは ヘイ(ファサ)に ヘイに返してほしい と頼み、
明日迎えに来る と言って帰る。
ところが
翌日 ヘイ(ファサ)は 待ち合わせ場所に来なかった。

ヘイ(ファサ)は 身体を返したくない と思ったのだ。
それは 復讐のためでも 母のためでもなく
失われた青春を感じたいから。
しかし 拉致されてしまう。


ユジンは 除細動器を持って ファサ(ヘイ)に会いに行く。
ヘイ(ファサ)を連れてこられず落ち込むユジン。
しかし…
ヘイを拉致したのは ファサ(ヘイ)の指示だった。
眠らされたヘイ(ファサ)が病室に。
ユジンは ヘイとなぜか眠ってしまったファサ(ヘイ)の手を握らせ 除細動器を…

ところが キ・サンが ファサの顔を見たいと 病室に向かっていた。
顔は見たいが見られたくないキ・サンの指示で
刑務官がファサを眠らせたのだった。

9-10

魂は元の体に戻り、
話の中心は キ・サンへの復讐 に。   


ユジンは ゼリーを取りに行こうとして キ・サンの姿を目撃。
ファサのベッド下に ヘイと一緒に隠れ、
キ・サンをやり過ごす。
キ・サンが立ち去った後 除細動器を動かす。

ユジンが氷を買いに行った後
ヘイは目覚め、
鏡を見て 喜ぶ。
成功したのだ。

ヘイは キ・サンから ヘイがサンヘリゾートでマ代表の部屋に入る様子を映した動画を見せられる。
オープン前で稼働していないと言われていた防犯カメラが 動いていたのだ。
明日の裁判で勝利しないと… という圧力だった。


ヘイは ミランから
キ・サンの家の前でモーガン・キムがキ・チャンソンに会っている動画を渡される。
(ヘイは 戻ったことをミランには話していない)

キ・チャンソン事件の裁判は 弁護側優位で閉廷。
ヘイは キ・サンに モーガン・キムの動画を見せ、
サンヘリゾートホテルの動画の削除とシニア・パートナーを要求する。

ヘイは シニア・パートナーとなり
ミランを旅行に行かせ、
その間に 家を掃除し、ドアの暗証番号を変える。


キ・チャンソン事件の裁判。
出所したファサが傍聴に現れ、
検事側が オ刑事が持ってきたモーガン・キムの動画を証拠として提出。
キ・チャンソンは 証拠隠滅と逃走の恐れがあると 拘束される。


逆上したキ・サンは ファサ殺害を命令する。
しかし ファサは亡くならなかった。
ミランはユジンを呼ぶ。

ユジンは ファサを病院に連れて行こうとする。
しかし ミランから キ・サンに殺されると反対される。
それでも病院に連れて行こうとするが…
ファサが 母の写真を持っているのに気づく。

ユジンは ファサを治療。
モーテルから追い出されたため
ファサを ヘイの家に連れて行く。

ユジンは ファサに 母の写真のことを聞く。
「エスターは モーガン・キムの友人で モーガンはエスターに会うためにソウルに来た」と言われる。
また「キ先生を見ているとなにか思い出しそうな気がする」と言われる。

ユジンは ファサに 催眠療法を受けさせる。
そして
治療が終わったファサから
「あなただった。あの時に死んだのはあなただった。死んだのはチュ・ヨンベじゃなくあなただった」と言われる。
ファサは 催眠療法で
あの時車の中で隣に座っているのが ユジンだったと思い出したのだ。


ユジンに 2つ目のオルゴールが届けられる。
その中には 祖父と父の写真が入れられていた。
写真の後ろには“シカゴで愛する息子キ・サンと”と書かれていた。


ヘイが 逮捕される。

11

キ・チャンソン…どれだけの悪事をしているのか…
あの父親の息子だから…
ってことだけど
それを言ったら “犯罪者の息子は犯罪者”ってことになってしまうから 言いたくないのだけど…   


ヘイが緊急逮捕されたのは
ホテルのカメラの映像と キ・サンの証言があったからに違いない。
ヘイは 連行される途中に キ・サンに会いに行く。
「殺したのはチャンです。私の体をしたチャン・ファサがマ代表を殺した」
と 助けを求めるが
断られる。


ユジンは ポン・サダル院長に会いに行く。
オルゴールを送ってきた者だと思ったから。
すると 34年間の事件の現場写真を見せられる。
車に座っている2人…チャン・ファサと ユジンそっくりの男。

ユジンは ファサに 事件現場の写真を見せる。
「どうしてク・ヨンベがキ・サンに?」と聞くと
「目撃していないが チュ・ヨンベはキ・サンを殺した」と言われる。
続けて
「キ・セウン社長は 世界的な企業にしたいと思っていた。だからキ・サンを小学校卒業後渡米させた。だから成人後の姿を知る者はアメリカにしかいない。それがエスターとモーガン。
社長は 会社のために チュ・ヨンベがキ・サンになることを黙認したのかもしれない。
お父さんの恨みを晴らすべきじゃない?SHCもあなたの物よ。取り返さないと。協力するわ」と言われる。

ユジンは キ・サンから 明日出発の航空券を渡される。
コートジボワールの病院に1年行け と。
「俺の弟としていい暮らしができただろう?借りを返せ」とも言われる。
また
「ウルチ・ヘイが逮捕された。これ以上のスキャンダルは困る。
同じ人殺しでも無期懲役もいれば懲役15年もいる。執行猶予で出てこられる人もいる」と言われる。
…人を殺しても平気な顔して生きているあなたに そっくりそのままお返ししたい。


ヘイは ファサに面会に来てもらい 事件の時の話を聞く。
殺していない と確信。
オ刑事に「あなた以外は誰も助けてくれない」と協力を頼む。

オ刑事は 酒の瓶からフグ毒が検出されたことから
フグ毒の売人を逮捕。
購入者リストから パク理事の息子パク・ウンソンの名前を見つける。
そして 実際に購入したのは キ・チャンソンと知る。
売人は ドルで購入した男が珍しくて写真を撮っていたのだ。

その頃 キ・サンは パク理事から ホテルのカメラ映像を見せられていた。
チャンソンがマ代表の部屋から出てくるのが映っていた。
すぐに チャンソンを問いただす。
すると フグ毒を入れた酒をマ代表に渡したと言われる。
チャンソンは 父がキ・サンではなくチュ・ヨンベだと知っていた。(マ代表から聞かされた?)

ユジンは ヘイに面会。
マ代表を殺したのはチャンソン と聞かされる。

12

親の因果が子に報い
のような展開。   


チャンソンは アメリカにいた時 モーガン・キムに会っていたのだった。

ヘイは 釈放されたが、
雇用契約を解除される。
車もマンションも返却しなければならない。

ヘイは ユジンとファサから弁護を頼まれる。
身元確認の訴訟。
亡くなったのは チュ・ヨンベではなく 本物のキ・サンだということを明らかにしたい と。
納得できないヘイ。
ファサからは 「キ先生にはあなたの助けが必要なの。あなた以外誰も信用できないから」と言われる。
ユジンからは 写真を見せられる。
「本物のキ・サンで 俺の父親だ」と。
キ・サンは この様子を 隠しカメラで見ていた。

ポン院長は ファサ母が救急隊員と話した時の会話を録画していた。
救急隊員は 死因は首の圧迫で一酸化炭素中毒ではなかった と証言していた。
この救急隊員を捜すが 自殺していた。


チャンソンに逮捕状が出る。
チャンソンは バイクで逃走。
検問を突破しようとして事故を起こし、
全身まひになる。
逆上したキ・サンは ユジンに銃を向ける


ヘイは キ・サン会長とキム代表から
今までの不正の証拠を突き付けられ 脅される。
ファサの再審請求と ファサとユジンの身元確認の訴訟をやめろ ということ。

ヘイは 悩む。
検事総長目前だった父は ファサの無実を訴えたために家庭も仕事も栄光も失った。
父に 今の暮らしを後悔していないか と聞いてみる。
「後悔した。部長検事に言われた時断るべきだったと思った。“もしも…”は現実逃避に過ぎない。ただチャンさんを助けるという選択は人間として法曹人として正しい選択だったと思って耐えてきた」と言われる。

ヘイは 再審請求の書類と救急隊員の証言テープを キ・サンに渡す。

13-14

キ・サン、無茶なことを…

キ・サンは チャンソンから「死にたい」と言われて 不憫に思う。
チャンソンの行動を見れば 自業自得、因果応報 と思うけれど
親としては キ・サンの気持ちはわからないでもない。

で、キ・サンが考えたのは“魂の交換”
ヘイとファサが入れ替わったことを思いだしたのだ。
当初は チャンソンを誰と交換するつもりだったのか わからないけれど
チャンソンがユジンに憧れていた と知り
チャンソンとユジンを入れ替えようと考える。

ユジンの家から除細動器を盗み、
ユジンを眠らせ、
パク・チョルスンが ユジンとチャンソンの腕を結び、
ポン院長が 除細動器を動かす…
手はずだったが…
事前に察知した ユジン、ファサ、ミランの活躍で失敗に終わる。


ヘイは このことで ファサの再審請求を決意する。
ヘイは 保身のために ファサの再審請求の書類をキ・サンに渡した。
ユジンから非難されても 気持ちは変わることはなかった。
しかし ユジンを助けるために必死になってくれたファサ、ミランに心を動かされたのだった。

ファサとミランは 法律事務所のキム代表の部屋から 再審請求の書類を盗もうとする。
しかし 書類はなかった。
代わりに ファサは ヘイの不正の証拠の書類を盗む。
再審請求の書類は キム・代表からキ・サンに渡され、
キ・サンが 燃やす。


ファサは オ刑事に 殺されそうになった事件を調べてほしい と頼む。
オ刑事は 実行犯を特定することはできた。
これが黒幕のキ・サンにまでたどりつければ
キ・サンを罪に問えるのだが…

15-16

除細動器を海に投棄するのは いけないのでは?   


ヘイらは 再審請求の件で オ刑事に相談する。
救急隊員とファサ母の会話を録音した原本テープは ない。
しかし コピーしたものは存在している。
すると オ刑事から 肉声テープがあれば鑑定できるかもしれない と言われる。
そこで 救急隊員とファサ母の肉声テープを探して 鑑定。
一致するという鑑定がでる。

また ユジンは ポン院長の本の中から
本当の解剖鑑定書を見つけ出す。

ヘイとファサは キ・サンに指示されたソ・ヒョクジンに殺害されそうになる。
ミラン、
危機を察知したユジンとオ刑事によって
救出される。


ファサの再審請求、キ・サンの身元確認の訴訟が 受理され、
再審開始が決定する。


ユジンは キ・サンが チャンソンとの入れ替えを諦めていないと知る。
そこで オ刑事に 位置を特定できるように追跡アプリを入れてほしい と頼む。

ヘイとユジンが拉致される。
オ刑事は 追跡アプリでユジンを捜す。

ヘイは 気がついた後 ユジンが運ばれるのを目撃。
オ刑事に電話。
そして 除細動器を奪って抵抗。
オ刑事が到着し、
パク理事が逮捕される。


ファサに 無罪判決がおりる。
ファサは 裁判で キ・サンと名乗っている男がチュ・ヨンベだと証言する。

ファサは チュ・ヨンベと約束した場所…あの日事件が起きた場所…で
ヘイに見守られて 亡くなる。




スポンサーサイト
web拍手

ナインルーム(15)(16)


15-16

除細動器を海に投棄するのは いけないのでは?   


ヘイらは 再審請求の件で オ刑事に相談する。
救急隊員とファサ母の会話を録音した原本テープは ない。
しかし コピーしたものは存在している。
すると オ刑事から 肉声テープがあれば鑑定できるかもしれない と言われる。
そこで 救急隊員とファサ母の肉声テープを探して 鑑定。
一致するという鑑定がでる。

また ユジンは ポン院長の本の中から
本当の解剖鑑定書を見つけ出す。

ヘイとファサは キ・サンに指示されたソ・ヒョクジンに殺害されそうになる。
ミラン、
危機を察知したユジンとオ刑事によって
救出される。


ファサの再審請求、キ・サンの身元確認の訴訟が 受理され、
再審開始が決定する。


ユジンは キ・サンが チャンソンとの入れ替えを諦めていないと知る。
そこで オ刑事に 位置を特定できるように追跡アプリを入れてほしい と頼む。

ヘイとユジンが拉致される。
オ刑事は 追跡アプリでユジンを捜す。

ヘイは 気がついた後 ユジンが運ばれるのを目撃。
オ刑事に電話。
そして 除細動器を奪って抵抗。
オ刑事が到着し、
パク理事が逮捕される。


ファサに 無罪判決がおりる。
ファサは 裁判で キ・サンと名乗っている男がチュ・ヨンベだと証言する。

ファサは チュ・ヨンベと約束した場所…あの日事件が起きた場所…で
ヘイに見守られて 亡くなる。




web拍手

ナインルーム(13)(14)


13-14

キ・サン、無茶なことを…

キ・サンは チャンソンから「死にたい」と言われて 不憫に思う。
チャンソンの行動を見れば 自業自得、因果応報 と思うけれど
親としては キ・サンの気持ちはわからないでもない。

で、キ・サンが考えたのは“魂の交換”
ヘイとファサが入れ替わったことを思いだしたのだ。
当初は チャンソンを誰と交換するつもりだったのか わからないけれど
チャンソンがユジンに憧れていた と知り
チャンソンとユジンを入れ替えようと考える。

ユジンの家から除細動器を盗み、
ユジンを眠らせ、
パク・チョルスンが ユジンとチャンソンの腕を結び、
ポン院長が 除細動器を動かす…
手はずだったが…
事前に察知した ユジン、ファサ、ミランの活躍で失敗に終わる。


ヘイは このことで ファサの再審請求を決意する。
ヘイは 保身のために ファサの再審請求の書類をキ・サンに渡した。
ユジンから非難されても 気持ちは変わることはなかった。
しかし ユジンを助けるために必死になってくれたファサ、ミランに心を動かされたのだった。

ファサとミランは 法律事務所のキム代表の部屋から 再審請求の書類を盗もうとする。
しかし 書類はなかった。
代わりに ファサは ヘイの不正の証拠の書類を盗む。
再審請求の書類は キム・代表からキ・サンに渡され、
キ・サンが 燃やす。


ファサは オ刑事に 殺されそうになった事件を調べてほしい と頼む。
オ刑事は 実行犯を特定することはできた。
これが黒幕のキ・サンにまでたどりつければ
キ・サンを罪に問えるのだが…



web拍手
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
補佐官

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)
ダイイング・アンサー~法医秦明~

<視聴予定>
自白
ある春の夜に
ドクター・プリズナー

扶揺
神龍
蘭陵王妃

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング