FC2ブログ
2019/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>




悪い刑事 あらすじ&感想





警察官ウ・テソクは 連続殺人事件で目撃者ペ・ヨウルを助けられなかったことを後悔。
真犯人を逮捕することだけを考えて生きてきた。
ある日 両親を殺害されたウン・ソンジェ記者に出会う。
また 同じ頃 連続殺人犯と思われる男に会う。
いくつかの事件を入れ込みながら
連続殺人事件とウン記者の両親殺害事件を解決するドラマ。

ウ・テソクは 逮捕するためには手段を選ばない“悪い刑事”
なんですが…
ウ・テソクより“悪い刑事”も登場。
金持ち&権力の僕となって動く刑事。
ウ・テソクは 犯人だけでなくこの“真の悪い刑事”とも戦わなければならない。
また ウン・ソンジェ記者が ウ・テソクの味方なのか敵なのかはっきりしないから
時には ウン・ソンジェ記者とも戦わなければならない。
目の離せない展開で 面白かったです。


もともと サイコパスがいたり悪い刑事がいたりするこういう刑事ドラマが 大好き。
事件の内容も
構成もいいし
原作アリ? と思って検索したら
イギリスドラマの「刑事ジョン・ルーサー」のリメイク とのこと。
なるほど と納得でした。


イギリスドラマや北欧ドラマの
常軌を逸した刑事とか
猟奇的な殺人とか
大円団にならない終わり方とか
とにかく 大好きです。

「刑事ジョン・ルーサー」も大好きでディスクに保存してあるのですが、
悪い刑事と両親を殺されたサイコパスな女性が登場したのは覚えているけれど
事件の内容は…
ちょうど 今日最新シーズンの5がCSで日本初放送の予定(…と思ったら放送始まっている)
このドラマを観終わったら 観る予定でしたが
シーズン1~4をすっかり忘れているので
シーズン1から見直さないといけないようです。


話を元に戻して…
悪い刑事役のシン・ハギュンさんは 文句なしですが、
ウン・ソンジェ記者役の イ・ソルさんの演技も よかったです。

評価は ちょっと甘いかなぁ とも思いましたが
私好みのドラマだったので。
ミステリードラマ、警察ドラマが好きな方には オススメです。



全32話(1話30分) 2018/12/3~2019/1/29 MBC

出演者 : 
ウ・テソク・・・シン・ハギュン
チャン・ヒョンミン(チャン・ソンホ)(検事)・・・キム・ゴヌ

チェ・ドンユン(刑事)・・・チャ・ソヌ
シン・ガヨン(警察官)・・・ペ・ダビン
イ・ムンギ(刑事)・・・ヤン・ギウォン

チョン・チュンマン(刑事)・・・パク・ホサン
チョ・ドゥジン(警察官)・・・ユン・ヒソク
チェ・ジョンウ(警察官)・・・リュ・テホ
ソン・ミラ(鑑識)・・・キム・ヒウォン
警察庁長・・・アン・ネサン

ウン・ソンジェ(記者)・・・イ・ソル
ハン・ジドゥグ(ハッカー)・・・ペ・ユラム
ヘジュン(テソク妻)・・・ホン・ウニ

演出  : キム・デジン、イ・ドンヒョン
脚本  : ホ・ジュヌ、カン・イホン


 12345678910111213-1415-1617181920212223242526272829303132

1

高校2年生クォン・スアの遺体が 山の中で発見される。
ウ・テソク警察官は 遺体発見現場で不審な女子高生ペ・ヨウルを発見。
ヨウルが逃げたため 追いかける。
しかし ヨウルは 川に落下してしまう。


数年後
ウ・テソクは 犯人逮捕のためには手段を選ばない“悪い刑事”
スア殺人事件の容疑者として名前が挙がったチャン・ソンホは
チャン・ヒョンミンと名前を変えて 検事になっている。

チャン検事は キム刑事の家に行く。
キム刑事のことで話があると言って 家の中に上がりこみ、
キム刑事の妻にナイフをあてて脅迫。
拉致する。

ウ刑事は キム刑事の家を捜索。
キム刑事の子どもよりも大きな子どもが遊ぶシャボン玉用のピストルを発見。
拉致当日 キム刑事の家に近所の男の子ジフンが預けられていたことがわかる。
ジフン母は証言を拒否するが、
ジフンは チャン検事を指さして 「怖いおじさん」と言う。
ウ刑事は ジフンの安全を優先し 目撃者がいることを秘密にする。

2

あの時…
ウ刑事は 川に落ちたペ・ヨウルを救出した。
ヨウルが犯行を目撃していたため 警察に連れて行こうとしたが
「犯人に殺される」と訴えられた。
その後 ヨウルの行方はわからない。


ウ刑事は チャン検事の身辺を調査させる。
すると チャン検事の周りで 10年間で6人が行方不明になっていることがわかる。
そのうち遺体が発見されたのは4人。
皆 歯を抜かれ指を切られ 水のある場所に捨てられていた。

ウ刑事は 船が殺害現場ではないか と考えるが、
海洋警察に捜査を要請すれば チャン検事に知られてしまう。
そこで ウン記者の紹介でハッカー ハン・ジドゥグに 協力を求める。
遺体が発見された4件の事件の時に入港していた船から
犯行に使われたと思われる船を見つけるが…

ウ刑事は キム刑事の妻の遺体を発見する。
しかし チャン検事を逮捕することを優先。
遺体発見を隠す。

このままでは チャン検事を逮捕できない。
あいつのことだから現場は綺麗に掃除しているはず。
また 言い逃れのできない証拠を押さえなければ 逮捕できない。
そこで
ウ刑事は チャン検事を襲って 血液を入手。
事件現場の船に血液をつける。
そして 遺体発見を報告する。

予想通り チャン検事は船にやって来た。
ウ刑事がつけた血液を探すために。
逃走するチャン検事。
追いかけるウ刑事。
チャン検事は ビルの階段から落下する。

3

あの時…
ウ刑事は チャン・ソンホに目をつけた。
しかし ソウル大学法学部の学生で偉い人の息子 ということで 捜査することさえもできなかった。
そして…
チョン刑事のせいで チャン・ソンホに目撃者がペ・ヨウルであるとばれてしまった。


ウ刑事は 落下し手すりにしがみついたチャン検事を見殺しにした。
チャン検事は 昏睡状態。

チョン刑事ら署幹部は 検察からの圧力、マスコミ批判をかわすために
ウ刑事を退職させることで 回避しようと考える。
ウ刑事も 違法捜査を認め 退職するつもりでいる。

ところが 警察庁長が 検察とは話は済んでいるとして
ウ刑事の首はつながる。
警察も検察も“悪い奴は検事でも逮捕する”とアピールしたいのだ。

ウ刑事は“英雄”になってしまう。
しかも 新しく発足した連続殺人事件を担当する“SNS”のチーム長に抜擢される。
それでも ウ刑事は辞めるつもり。
チャン・ヒョンミンを逮捕できれば 警察に未練はない。
警察を辞めれば 離婚を考えている妻を引き留めることもできるから。


夫婦が殺害される事件がおきる。
通報者は 夫婦の娘であるウン記者。

4

ウ刑事は 事情聴取を受けているウン記者の様子に違和感を覚える。
両親が亡くなったのに悲しんでいるように見えないのだ。

ウ刑事は ウン記者が犯人ではないか と疑うが、
証拠はない。

ウン記者は ウ刑事の妻を脅す。

ウ刑事は 証拠はすべて両親と一緒に死んでいた犬のお腹の中にある と考える。
しかし 犬は火葬された後。
そこで 犬の骨壺を盗み、
ウン記者を挑発。
ウン記者の目の前で 骨壺をひっくり返す。
すると 何と 遺灰の中に ヨウルの名札が入っていた。

5

あの時…
ヨウルの母が殺されているのが発見された。
しかし そこにはヨウルの姿はなかった。


ウ刑事は ウン記者を問いただす。
ヨウルはどこにいるんだ と。
ウン記者は 記憶を失くしていた。
記憶を失くした状態で発見されその時握っていたのがヨウルの名札だったのだ。
ウ刑事は ヨウルの髪を鑑定に出す。

ウン記者は “ヨウル”のことが気になり
事件を担当したチョン刑事に 犯人は誰か聞く。
スア、ヨウル母殺害で ソン・マンスという男が逮捕されていた。

実は 今 チョン刑事は 慌てている。
チャン検事の家宅捜索で 32枚の身分証が発見されたのだ。
戦利品として保管していたらしい。
その中には スアの身分証もあり…
これが明らかになれば ソン・マンスを誤認逮捕したことになるのだ。
チョン刑事は 身分証が入った箱を 鑑識から警察の保管庫に移す。

ウ刑事は ウン記者を連れて ヨウル母の墓参りに行く。


警察官が殺される。
無線で死体を発見したと報告した後に。
殺されたファ警察官は 以前誤認逮捕をしたことがあったため
チョン刑事は 報復殺人と考えるが、
ウ刑事は 連続殺人事件と断定する。

6

ウン記者は ボランティアとして刑務所に行き、
ソン・マンスを問いただす。
すると「俺は殺していない。チャン・ヒョンミンが家から出てくるのを見た」と言われる。

ウン記者は ウ刑事の指紋で警察の保管庫に侵入。
チャン検事の戦利品の箱を探しだし、
中を確認。
ヨウル母の身分証を見つける。


また警察官が襲われる。
現場に急行するウ刑事ら警察官。
ところが それは 罠だった。
ビルの上から銃撃を受ける。

ウ刑事は 犯人を追いかけるが、
突然現れた車(米軍の車)によって阻まれる。

ソン・ユジンという男が浮かぶ。
彼は ソン・マンスの息子だった。

7

チャン検事が目覚める。
ウン記者が 目覚める薬を投与したのだ。
なぜ母を殺したのかと問い詰める。
しかし 誰だ?と言われる。
知らないふりなのか…本当に知らないのか…


ソン・ユジンは 動画を公開する。
父を誤認逮捕したと訴え、
犯人はこいつ と似顔絵を示す。

ウ刑事は ソン・マンスを連れてきて ソン・ユジンを説得させる。
親子を再会させ ソン・ユジンを説得できる と思ったが…
チョン刑事が台無しにする。
チョン刑事が ソン・マンスを射殺したのだ。
ソン・ユジンは逃走する。

8

チャン検事が目覚めたことは 明らかにされていなかった。
なのに 病室に記者が押し掛けてくる。
チャン検事は 記者たちに ウ刑事が証拠を捏造して犯人に仕立てた と訴える。

ウ刑事は記者会見を開こうとするが、
ウン記者に阻まれる。

ウン記者は 再び チャン検事に会いに行く。
やはり チャン検事はヨウルのことを覚えていた。
「お前の母はウ・テソクが殺した」と言われる。


ソン・ユジンが 爆弾のスイッチを掲げて現れる。
チョン刑事は ソン・ユジンを必死に説得する。
しかし 失敗。
ソン・ユジンは 射殺される。


チャン検事は チョン刑事を呼び出す。
そして 逃走。
ウ刑事の妻を襲う。

9

ウ刑事の妻が殺害される。

チョン刑事は ウ刑事の妻の家宅捜索で
ぬいぐるみの中のカメラの録画を削除する。
また 指紋がついた凶器が見つかる。

ウ刑事は 救急車に乗ったチャン検事を追跡。
ところが ウ刑事は 妻殺害で逮捕されてしまう。
チョン刑事の仕業。
チョン刑事は 誤認逮捕を隠すために チャン検事逃走に加担しているのだ。

目撃者が現れたとして
ウ刑事は釈放される。
チャン検事を追いつめ、火を放つ。

10

あの時…
ヨウルは友人といた。
スアが男と一緒に歩いてきたから 興味本位で見に行った。
そして 男がスアを刺すのを目撃。
男に隠れているのを見つかってしまい、
スアを殺すように強要された。
ヨウルといた友人は 離れたところにいたため 男には見つからなかった。

ヨウルといた友人とは ウ刑事の妹テヒ。
テヒが 目撃者として警察署に行ったため
ウ刑事は テヒを守るために ヨウルをチャン検事に会わせたのだ。

チャン検事は ヨウルを殺害しようとヨウル家に侵入。
ヨウルの頭を殴るが、
ヨウル母が帰ってきたため ヨウルに逃げられてしまう。


ウ刑事は 火を放った時 自分の死ぬつもりだった。
しかし
ウン記者に助けられる。

11

女性が殺害される。
犯人は 仮面をつけた男。


ソン鑑識官は チェ・ジョンウ課長に
チャン検事の車に乗っていたのがチャン検事かどうか鑑定できない と訴えるが、
話を蒸し返すな と言われる。
次に チョン刑事に
ウ刑事の妻殺害の凶器についていた指紋に瞬間接着剤が付着していた と報告する。
指紋が偽造された証拠。
その場には ウ刑事もいた。

チョン刑事は ソン・マンス射殺の件で 監察の取り調べを受ける。

ウ刑事の妻ヘジュンの事件で 目撃者が現れる。
なんと ウン記者。
ウン記者は ウ刑事に
“事件の前に あること(ウ刑事が母を殺したかどうか)を聞きたくて 弁護士事務所に行った。
ヘジュンを激しく問い詰めたため 警備員に追いだされた。
そこで 家に行った。
その時 家からチャン検事が出てくるのを目撃した”
と話す。

12

ウン記者がウ刑事に妹がいることを知っている。
ウ刑事は 実は記憶があるのでは と問い詰める。
すると ヘジュンさんが最期に残した言葉 と言われる。

ウ刑事は ハン・ジドゥグに クマのぬいぐるみのカメラの録画の復旧を頼む。
そこには ヘジュンが殺害される様子とウン記者が写っていた。
そして ウン記者が言ったように
ヘジュンは最期に「あなたにはテヒしかいない。仲直りして。泣けばいい。そうすれば忘れられるから」と言っていた。


ウ刑事は 事件現場の野次馬の中から 犯人らしき男を見つける。
また 女性の殺害遺体が発見される。
ウ刑事は 現場の野次馬の中から 男を見つけ 追いかける。
しかし 逆に襲われたため
男を噛んで血液を入手する。

容疑者が浮上。
以前襲われた被害者チョン・ジュヨンに話を聞くが
事件のショックから記憶を失くしていて 事件の話は聞けなかった。

仮面の男が殺害の生中継を行う。

ウ刑事に チャン・ヒョンミンを名乗る男から 電話がある。
「チェ・ドンユンを拉致した」と。

13-14

チェ刑事捜索で
ウ刑事の独断が目立ち始める。
人質事件解決のマニュアルに沿わない捜査に 批判の声も聞こえ始める。
妻の死から復帰するのが早すぎたのでは と考える者も。

ウ刑事の代わりに
チョン刑事が指揮を執ることになる。

しかし チョン刑事は チェ刑事救出よりも自分の出世を考える。
“チェ刑事はすでに殺されている可能性が高い。
責任はウ刑事に追わせればいい”
と考える。

そんな時…
ウ刑事は ウン記者に拉致される。
というか…
ウン記者は ウ刑事が悪者になっていることを知り 元気づけようとしたのだ。

ウ刑事は 自分の捜査方法に自信がなくなっていた。
けれど ウン記者と話し
自分のやり方でやろう と吹っ切れる。

ウ刑事は 犯人を特定。
元警察官コ・ジュソンだった。
ウ刑事は チェ刑事を救出する。

コ・ジュソンは 警察官の時 女子高生たちに殴られている動画をネットにあげられた。
“弱すぎる警察官”と批判され 警察をクビになった。
その女子高生ら3人に復讐したのだ。
そして その動画には チョン・ジュヨンも関わっていた。
だから チョン・ジュヨンは襲われたのだ。
事件は 無差別連続殺人事件ではなかったのだ。

再び チョン・ジュヨンが襲われる。
ウ刑事は チョン・ジュヨン救出に向かう。
コ・ジュソンを捕まえている間に チョン・ジュヨンが逃げ出す。
ウ刑事は ジュヨンを追いかけて行くが 見失ったため 戻る。
すると コ・ジュソンが亡くなっていた。
そばにウン記者がいた。


変死体が発見される。
殺し方が チャン・ヒョンミンの犯行を思わせる。

15-16

チャン・ヒョンミンは生きていた。
チャン・ヒョンミンが コ・ジュソンを殺害したのだ。

ウン記者は逮捕され、
チャン・ヒョンミンが殺した と証言する。
しかし チャン・ヒョンミンの犯行の証拠はでない。

ウ刑事は ウン記者を信じる。
まず 行方不明のチョン・ジュヨンを見つけることを優先する。

“SNS”は ダイヤモンド密輸犯の遺体を発見する。
元締めはハ・ビョングク。
チョン刑事によれば
チョン・ジュヨンが発見された倉庫はハ・ビョングクのもの。
ハ・ビョングクが チョン・ジュヨンを監禁していると思われる。

以前 チョン刑事は ハ・ビョングクから 手を組まないかと
連絡先をもらっていた。
ハ・ビョングクに連絡。
警察が押収したダイヤモンドと交換で チャン・ジュヨンを解放させる約束をする。
ウ刑事とチョン刑事は チョン・ジュヨンを救出する。

チョン・ジュヨンは チャン・ヒョンミンが殺害したと証言する。

ウ刑事は 釈放されたウン記者と一緒に
ダイヤモンドを奪い返し 署の金庫にいれる。


ウ刑事に チャン・ヒョンミンから電話がある。
「ヨウルと俺は共犯だ」

17

女性が殺害される。
ベッドに横たわった女性。
サイドテーブルには 睡眠薬。
夫が 帰宅して発見したのだ。
夫は携帯電話を紛失していた。

現場は ウン記者の両親が亡くなった現場に酷似していた。
そして 発見後すぐにウン記者が現れる。
ウン記者の携帯に チャン・ヒョンミンから 被害者の写真と住所が送られてきたのだ。
また 被害者の夫はウン記者の記事のせいで人生が狂ったと ウン記者を恨んでいた。

当然 ウン記者が疑われるが、
現場に チャン・ヒョンミンの指紋が残されていた。
ウ刑事は チャン・ヒョンミンの犯行と断定する。

18

チョン刑事は チャン・ヒョンミンに協力していた。
あの時…
チョン刑事は チャン・ヒョンミンの父親から多額の金をもらって
チャン・ヒョンミンを捜査対象から外したのだ。
そして 今でも捜査情報を漏らして金をもらっている。
チョン刑事は チャン・ヒョンミンから ウン記者がヨウルで記憶を失っている と聞く。


次の殺人を止めることはできなかった。
ウ刑事は 女性の遺体を発見する。
そこに またしても ウン記者が来る。
チャン・ヒョンミンから メールがあったらしい。
被害者は 今回もまたウン記者が記事に取り上げた者だった。
ウン記者は 亡くなった女性が握っていた写真(店?を写した古い写真)に反応する。


ウ刑事は チームのメンバーを 署ではなく ハン・ジドゥグの家に集める。
チョン刑事がチャン・ヒョンミンのスパイだから。


ウ刑事の妹テヒは 兄の様子が気になり
兄の幼馴染でもあるチョ・ドゥジン警察官に会いに 署に行く。
ところが そこで 「ペ・ヨウルさん?」と声をかけられる。
声をかけたのは イ・ムンギ刑事。
テヒが 目撃者だと名乗り出た時に応対した警察官が 彼だったのだ。
人違いだと答えて イ刑事と別れるが、
直後 ウン記者に 「あなたがヨウル?ヨウルは私よ」と声をかけられる。


“SNS”は チャン・ヒョンミンの隠れ家を特定。
出動する。
チョン刑事が チャン・ヒョンミンに連絡するのを承知で。

19

ウ刑事は 目的地を変更してチョン刑事を出し抜く。
しかし 一歩遅くチャン・ヒョンミンに逃げられてしまう。

ウ刑事は隠れ家で テヒの写真を見て驚く。
すぐに テヒを家に連れて行き 警護をつける。

ウ刑事は ウン記者に電話する。
変わったことはないか と。
また チャン・ヒョンミンからメールがあったらすぐに電話するようにと言う。

チャン・ヒョンミンは ウン記者の実家に現れた。
ウン記者は チャン・ヒョンミンが現れたことを察知。
襲われるが、逆襲。
チャン・ヒョンミンを拘束する。
そして ウ刑事に チャン・ヒョンミンの写真を送る。

ウン記者は チャン・ヒョンミンに ヨウルのことを聞く。
母親が殺された時のことも。
しかし 反撃される。
ウ刑事が到着した時には チャン・ヒョンミンは逃げた後だった。

20

テヒが ウ刑事の指示を無視して 店(パン屋)に出ようとする。
そこで イ刑事に警護を頼む。

ウ刑事は テヒから
あの時…ヨウルはチャン・ヒョンミンに連れて行かれてスアを刺した と聞く。


イ刑事は テヒを警護していた。
チョン刑事の姿を見たため 店の裏口に行き
何者かに襲われる。
テヒは チャン・ヒョンミンに拉致される。


チャン・ヒョンミンは ウン記者を呼び出す。
ウン記者は テヒを連れて逃げ出すが、
再び拘束される。
逃げている時に ウン記者は テヒから
あの時…ヨウルはスアを刺すように強要された と聞く。

ウ刑事が到着。
チャン・ヒョンミンが 銃を出す。
チャン・ヒョンミンは 銃には 弾一つしか装着されていないと明らかにし、
ウ刑事に どちらを助けるか 選ばせる。

21

ウ刑事が選んだのは テヒだった。
それが
テヒを助けるためなのか、
チャン・ヒョンミンがウン記者を殺せないとわかっていたからなのか、
テヒへの合図だったのか、
わからないけれど。

テヒ、ウ刑事がチャン・ヒョンミンにとびかかる。
ウ刑事がチャン・ヒョンミンを殴り、
2人はもみあいになる。
チャン・ヒョンミンが ウ刑事を刺そうとしたため
テヒは チャン・ヒョンミンに銃を向ける。
ためらうテヒの手にウン記者が手を乗せる。

チャン・ヒョンミンは亡くなり、
ウ刑事は 怪我をし 休職。
ウン記者は ショックから眠ったまま。

ウ刑事は チャン・ヒョンミン射殺に関して 罪なし と決定される。
イ刑事が チャン・ヒョンミンに銃を奪われたことに関して
その場にいる必要のないチョン刑事の姿を見た と証言する。
しかし チョン刑事は 正々堂々と嘘の理由を説明し 処罰を免れる。

ウン記者が目覚める。
ヨウルの記憶を取り戻しているようだった。


男女を襲ったグループが 突然現れた男に殴られ殺される事件が発生する。
巷では 悪い奴を成敗する“男”が英雄扱いされていた。

22

“男”は ネットに チャン・ソックの姿をさらす。
チャン・ソックは 友人たちと性的暴行しそれを動画に撮って金を得ていた と告白。
男は チャン・ソックを処刑するか否かの投票を募る。
この事件をウ刑事に任せたい、そうすれば処刑時刻を延ばす と言う。

ウ刑事は 被害者の女性に チャン・ソックを助けてほしい と頼む。
チャン・ソックを助けるためではなく“男”にこれ以上罪を犯させないために と。
当然 断られる。

“SNS”は チャン・ソックの仲間を逮捕する。
その頃 被害者の女性が 警察の記者会見場に姿を現す。
チャン・ソックを助けるために来てくれたのだと思っていたが…
被害者の女性は 殺してほしい と叫ぶ。

23

“SNS”は チャン・ソックの監禁場所に向かう。
チャン・ソックを救出。
ウ刑事は 逃走した“男”を追いかける。

ウ刑事は “男”から問われる。
奴らはいろんな理由で早く出所する。示談したというが被害者を脅迫して示談にさせる。そんな奴らを殺したいとは思わないか と。
“男”を捕まえることはできなかった。

警察の記者会見で
ウン記者は ウ刑事を批判するような意見を発言する。
ウン記者は ヨウルの記憶を取り戻し、
ウ刑事に対して 恨んでいるような言葉を言う。


“男”の名前がわかる。
カン・ウジュン。
標的は クォン・スチョル。
クォン・スチョルに 妻を 性的暴行の上殺害されたのだ。
クォン・スチョルは カン・ウジュン妻の前に同様の犯罪をおこしていたのだが
被害者を脅迫して示談にさせたため 減刑され 出所。
直後 カン・ウジュン妻を殺害したのだった。

カン・ウジュンが逃走中に怪我させた警察官が 亡くなる。

24

ウ刑事は カン・ウジュンを逮捕するために クォン・スチョルの警護を提案する。
が…
罪は償ったと 全く反省のないクォン・スチョルに呆れ 怒りを覚える。

カン・ウジュンが ネットに 顔を出して訴える。
クォン・スチョルの犯行を明らかにした後
私がクォン・スチョルを殺していいかどうか判断してください と。

投票の結果は“殺すべきではない”
それでも カン・ウジュンは クォン・スチョルを殺そうとする。
ウ刑事は必死に説得するが…
カン・ウジュンは クォン・スチョルを殺害。
自殺しようとするが 逮捕される。


チョン刑事は 停職が解除され復帰。
早速 金持ちから依頼を受ける。
医療事故だと騒いで病院の前でデモをしている女がいる。処理してほしい と。


ウ刑事は ウン記者から 両親を殺した犯人を逮捕してほしい と言われる。
ウ刑事の元に 凶器と思われる血のついたハンマーが届けられる。
テヒの店の箱に入れられて。

25

ハンマーについていた血は ウン記者の養父母のものだった。


1998年 銀行員が続けて殺害される事件がおきた。
その事件の犯行に似た手口で女性が殺害される。
女性の名前は クォン・ジスク。
1998年の事件では 3人が犠牲になったが
クォン・ジスクも被害者。
殺されそうになったが 同僚ユ・ジョンスが入ってきたため 殺されずに済んだのだ。

当時の容疑者5人。
そのうちの一人イ・ソンハクが 俺が殺した と言いだす。
証拠として 被害者の制服を差し出す。

26

自分の犯行を自慢げに話すイ・ソンハク。
ところが クォン・ジスクは殺していない と言いだす。
そして 驚くことを話す。
20年前のクォン・ジスクの事件の時家にはもう一人いた と。
そこで ユ・ジョンスに聞くが、
知らない と言われる。


ウ刑事は 20年前に事件を担当したチョン刑事に イ・ソンハクと話してもらおうと考える。
もしかしたらイ・ソンハクがぽろっと手がかりを話すかもしれない と。
チョン刑事に頼むと
条件として ハンギョル病院でデモをしている女性に会ってくれ と言われる。

チョン刑事が 院長から処理してくれと頼まれた件。
院長の息子の友人の母親が 医療事故だと訴えているのだが、
院長は息子から聞いて救急車を呼ぶより自分の病院に運んだ方が早いと思って治療したと言うけれど
院長の息子が友人たちと女性の息子を虐めた…ような?

チョン刑事が 女性にデモをやめてほしいと話すと
ウ刑事に会わせてくれたらやめる と言われたのだ。
ウ刑事は 女性から 何年かかってもいいから真実を明かしてほしい と言われる。


チョン刑事は イ・ソンハクに会う。
イ・ソンハクは 何も話さなかったが、
もう一人いた者が鍵だ と言って立ち去る

27

ウ刑事は クォン・ジスクの遺体の写真を見せて イ・ソンハクを挑発する。
すると「違うから問題なのではなく同じだから問題なのだ」と言われる。

20年前の事件の時に クォン・ジスクと一緒にいた者を捜すため
マスコミを通して 情報提供を訴える。
仲が良かったク・ヨンミではないか と情報が入る。

ク・ヨンミを保護。
ク・ヨンミを殺害しようとしたユ・ジョンスを逮捕する。

ク・ヨンミの話によれば…
ユ・ジョンスは クォン・ジスクの恋人ではなく ストーカーだった。

28

クォン・ジスク殺害犯は逮捕できたが
20年前の事件は 公訴時効が過ぎたため 逮捕できない。
そこで…
証拠を捏造し ユ・ジョンスの共犯として逮捕する。


イ刑事は ウン記者養父母殺害の凶器のハンマーの入手方法を捜査していた。
防犯カメラに ウン記者がハンマーを買っている姿が映っていた。

チーム全員で ウン記者養父母殺人事件を捜査することに。
ウン記者が犯人に間違いないと思うが、
防犯カメラから ウン記者が犯行できた時間は3分。
それだけで2人を殺害できるとは考えられない。
養父母の身辺から
養父の会社の従業員ソ・ジェグンが 共犯者として浮かぶ。

そのソ・ジェグンが出頭してくる。

29

ソ・ジェグンの自供に隙がない。


ハンビョル病院の院長が墜落死し、
デモをしていたファン・グヨンが逮捕される。
ファン・グヨンが ウ刑事には話す と言ったため
“SNS”が担当することになる。

しかし ファン・グヨンは 息子イム・ジオの死の真相を突き止めるまでは何も話さない と言いだす。

30

イム・ジオのあだ名は “サウンドバッグ”だった。
学校はいじめの事実を把握しておきながら
虐めた生徒たちの“お金持ちの親”が怖くて
知らないふりをしていたのだ。

イム・ジオは 病院に運ばれた時には すでに亡くなっていた。
イム・ジオの体は 痣や骨折があった。
院長は 万が一解剖が行われた時にばれないように 1時間もCPR続けさせたのだ。

イム・ジオは 証拠を残していた。
虐められた様子を録音していた。


ソ・ジェグンには事件発生時のアリバイがあった。
また 事件発生当日養父母の実家の裏口の出入りを目撃した者から
ソ・ジェグンではなく 女性だった と証言を得る。

ウ刑事は ウン記者から ソ・ジェグンに会わせてほしい と言われる。
交換条件は チャン・ヒョンミンとチョン刑事の会話の録音。
ウン記者は ソ・ジェグンに 殺したのかなどと確認。
ソ・ジェグンは 殺したなどと答え、自供を変えなかった。

ウ刑事は ソ・ジェグンに 罪を被る理由を聞く。

31

ソ・ジェグンは 録音とカメラを切らせて 話し始める。

ウン記者は チャン・ヒョンミンから襲われ逃げ出した後 交通事故に遭った。
轢いたのは ウン記者の養父。
ソ・ジェグンは ウン記者の養父母から ウン記者を処理しろと命令された。
妻の治療費のために仕方なく引き受けた。
処理しようとした時 生きていることに気づいた。
そこで 病院の前に ウン記者を置いた。
これで終わったと思ったのだが
警察が来た。
ウン記者の養父から責められ ウン記者が生きている と言ってしまった。
ウン記者の養父は ウン記者を捜しだし 養女にした。
そして ウン記者を家に閉じ込め 殴り 監禁し…虐待した。
ソ・ジェグンは 余命宣告され 辞表を出した。
すると ウン記者が訪ねてきた。
ウン記者は 養父母がソ・ジェグンが秘密をばらすのでは話すのを聞いたのだ。
ソ・ジェグンは ウン記者に すべてを話した。
その翌日 養父母は殺害された。


チョン刑事は ウ刑事がイム・ジオを虐めた生徒たちを取り調べたら自分の悪事がばれると思う。
そこで 監察に ウ刑事が親の同意なしに未成年を取り調べしようとしている と話す。
監察は チェ刑事に マイクをつけるようにと指示する。

ウ刑事は チョン刑事の考えることはわかっていた。
罠にはめ…
虐めた生徒たちの保護者の会話を録音。
虐めた生徒たちを逮捕する。

32

ウン記者は ウ刑事を呼び出し、
殺そうとするが…

1年後。
ウン記者の行方はわからない…らしい。
しかし ウ刑事を見つめる車の女は…




スポンサーサイト
web拍手
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
自白
補佐官

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>
  ~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫
  ~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)
ダイイング・アンサー~法医秦明~

<視聴予定>
扶揺 8/2~レンタル、8/29~lalaTV
神龍 9/3~レンタル、U-NEXT、秋~DATV
蘭陵王妃 レンタル、配信あり、9/~チャンネル銀河
千年のシンデレラ(結愛・千歳大人的初恋)
         ホームドラマチャンネル放送中
リーガルサービス~最大の利益(最佳利益)
         9/5~ホームドラマチャンネル
スィート・ドリームズ(一千零一夜) 10/2~レンタル
花不棄-運命の姫と仮面の王子-(小女花不棄)
         9/11~衛星劇場
明蘭~才媛の春~(知否知否応是緑肥紅痩)
         10/~衛星劇場

ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング