FC2ブログ
2019/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>




蘭陵王妃~王と皇帝に愛された女~(27)-(30)


27-30

妙無音の策略成功。
宇文護は 宇文邕に 顔婉を側室に迎えるようにと命令する。

元清鎖は 江陵で何があったのか調べる。
宇文泰に同行していたのが宇文護であると知る。
宇文護に問いただしたいと思うが、
軟禁状態で 屋敷を出ることができない。

元清鎖は 宇文邕を憎み、
宇文邕の優しさに気づこうとしない。
元清鎖を軟禁しているのは 元清鎖を宇文護から守るためなのだが
元清鎖は 意地悪にしか思えない。


洛雲が襲われる。
洛雲が元清鎖に襲われたと言ったため
高長恭は 長安に向かう。

宇文護も宇文邕も 高長恭が長安に入ったと知る。
しかし 目的が何なのかわからない。
宇文邕は 元清鎖の警備を強化する。


宇文護は 皇帝に 突厥との和親を求める。
しかしそうなれば 斉と結んだ盟約を破棄したことになり 斉と戦争になる。
皇帝としては 同意できない。
宇文護は 皇帝が自分に逆らうのが気に入らない。
和親に反対する大臣を殺害したりして 大臣を脅して味方につける。
もちろん宇文邕にも 味方するようにと圧力をかけてくる。

宇文邕は どうすればいいのか悩む。
宇文護に賛成することはできない。
しかし 反対すれば裏で皇帝と手を組んでいるのがばれてしまう。
そこで 高長恭を利用することを思いつく。


宇文邕は 高長恭をおびき出すために元清鎖を利用することにする。
元清鎖を連れて山寺に向かう。
もちろん 連れているのは元清鎖本人ではない。

元清鎖は顔婉から 高長恭が危ないと聞かされる。
宇文護と宇文邕が元清鎖を利用して高長恭をおびき出そうとしていると。

高長恭は 元清鎖の首に刀を突き付ける。
しかし 偽物。
罠に嵌ったと気づく。
高長恭は 捕らえられ 広場にさらされる。


元清鎖は 宇文邕に 高長恭を助けてほしいと頼む。
「助けてくれたらずっとあなたのそばにいる。二度とあの人に会わない」と。

宇文邕は 皇帝に会いに行く。
宇文護の監視の目をそらすことには成功したがこの先どうするか を話し合うために。
無断で周に入った高長恭は当然死罪。
しかし 殺したら斉と戦争になってしまう。
宇文護が罠を仕掛けているかもしれないが高長恭を助けるべき と決める。



スポンサーサイト



web拍手

蘭陵王妃~王と皇帝に愛された女~(22)-(26)


22-232425-26

22-23

香無塵は 元清鎖を拉致。
離殤剣と交換すると文を残す。
一方 妙無音は 紫魅が落とした耳飾りで 高長恭に紫魅を拉致したと思わせ、
離殤剣と交換すると脅す。

高長恭は 離殤剣を持って 紫魅救出に向かう。
と、そこには 洛雲がいた。
高長恭は 離殤剣を渡して 洛雲を救出する。
次に 元清鎖救出に向かうが…


元清鎖は 諸葛無雪に助けられる。
諸葛無雪から
高長恭が洛雲を先に助けたこと、
元清鎖と諸葛無雪は 父親同士が決めた婚約者同士であること、
婚約の証として 同じ錠を持っていること、
元清鎖が5歳の時に一族が殺害されたのだが 殺害したのは宇文邕の父親 宇文泰であること、
を聞かされ ショックをうける。

24

紫魅が 諸葛無雪に会いにくる。
高長恭を引き取るために。
高長恭は 元清鎖を捜すために小春城に入ったが、
彷徨うだけで 元清鎖を見つけられず 体力を消耗していた。

その夜
元清鎖は 倒れている紫魅を見つける。
紫魅に頼まれ お腹に刺さっている短刀を抜こうとする。
その時 高長恭が現れる。
紫魅が 元清鎖に殺されそうになったと言ったため
元清鎖は 高長恭に誤解され、
「私の前に現れるな」 と言われてしまう。


元清鎖は 憔悴し 食事も薬も取ろうとしない。
このままでは命が危ない。
諸葛無雪は“元清鎖は小春城にいる”と文を書く。
その文を手に入れたのは 宇文護だった。


洛雪は 妙無音から 惚れ薬“迷情魂”をもらう。

25-26

宇文護は 文を宇文邕に渡す。
文には“3日以内に鎮魂珠を持ってこい”とも書かれていた。

宇文邕は どうやって元清鎖を助けようか悩む。
自分が作戦の陣頭指揮を取りたいが 宇文護の目が光っていて難しい。
そこで 香無塵に協力してほしいと頼みこむ。

宇文邕は 狩りにでかけ、
倒れている元清鎖を見つける。


宇文邕は 元清鎖が宇文泰の江陵親征の件で宇文一族を憎んでいると知る。
“確かに江陵親征はあった。しかし 父が民を殺害するとは思えない”と不思議に思う。
ただ 宇文邕には 5歳の時に父の親征について行き怖い目に遭って気性が変わったという経験があった。
宇文邕の記憶では 官兵が敵軍ではなく民を殺していた。
ただ 場所は江陵ではなかったと思う。
宇文邕は 香無塵に 元清塵の出自を調べてほしい と頼む。


洛雪は 高長恭に 惚れ薬“迷情魂”を飲ませる。
効果があったのか 高長恭が優しくなる。



web拍手

蘭陵王妃~王と皇帝に愛された女~(16)-(21)


161718192021

16

元清鎖は 皇帝から 宇文邕を誤解していると言われる。
「そなたは朕の苦衷は見て取れるのに 四弟の苦衷はわからないのか。四弟は朕以上に辛い思いをしている。すべては周の安寧のため。四弟が耳目となって助けてくれなければ この国はとっくに大冢宰のものに。朕に何かあったら四弟を頼む」と。

元清鎖は これからどうするべきか悩む。
斛律光と共に周を去りたいが、離れがたい。


宇文邕は 元清鎖を自由にしようと思う。
それは 宇文護から元清鎖を守るためでもあった。
宇文邕は 元清鎖に 鎮魂珠を渡し、自由にする と言う。

ところが 鎮魂珠を(顔婉に?)盗まれてしまう。
が、それは偽物だった。
宇文邕は 奪われることを承知で元清鎖に渡したのだ。
鎮魂珠が元清鎖の元にないと明らかになれば 元清鎖はこれ以上狙われることはないから。
すべては元清鎖のためだった。


大冢宰夫人(元清鎖の叔母、紫魅)が 宇文邕の屋敷に来る。
宇文護が 元清鎖が皇帝側についたと激怒しているから。
大冢宰夫人は 元清鎖に毒を飲ませようとするが…

突然 高長恭が現れ 元清鎖は連れ去られてしまう。

17

宇文護は
皇帝、宇文邕、高長恭、3人に愛される元清鎖の魅力がわからない。
私も同意見。
元清鎖のこと 苦手ではないけれど やっぱり好きになれない。  


城門が閉められ
高長恭と元清鎖は逃げ場がない。
その上 高長恭の突厥との戦いで負った怪我は完治していなかった。
そこで 宇文邕を頼ることにする。

宇文邕の屋敷は 宇文護によって見張られていたが、
宇文邕の命令で楚臨西が2人を待っていた。
楚臨西の手引きで 宇文邕に会う。

翌日 元清鎖は 宇文護に 山の中に捨てられた、犯人は高長恭ではない と説明。
宇文護は 厳戒警備を撤収。城門を開く。


宇文邕は 高長恭を斛律光と一緒に城外に脱出させ、
後日 元清鎖を脱出させることにする。

脱出前日
宇文邕は 元清鎖に 本物の鎮魂珠と手巾を渡そうとするが 拒まれる。
元清鎖にとってどちらも過去のこと。
元清鎖は これからの高長恭との穏やかな暮らししか考えていなかった。

18

宇文邕がカッコいい。
高長恭より 数倍素敵。
高長恭の株はなかなか上がらない。  


宇文邕は 元清鎖を連れて狩りに出る。
それは 元清鎖を脱出させるための作戦。
追手を振り切るが…

2人の前に 紫魅が現れる。
香無塵、顔婉が助けにくるが、
元清鎖は 毒矢が刺さり 川に落ちてしまう。

宇文邕は 川を捜すが見つからず 途方にくれる。
そこに 文が…
元清鎖は 桃花に助けられていた。


高長恭は 無事城外に出る。
ところが 高長恭の屋敷に 皇帝の使者が訪れていた。
宇文護が斉の皇帝に高長恭が長安にいると知らせたから。
今は洛雲が重病で伏せているとごまかしているが、
嘘がばれれば 職務放棄として罰せられる。
高長恭は 斛律光に元清鎖のことを頼み、
急いで戻る。

19

洛雲らの努力もあり
高長恭は 屋敷に戻り 皇帝の使者を迎える。
ところが 洛雲が 妙無音に拉致されてしまう。

元清鎖は 桃花の元で養生した後
斛律光と合流する。
清水鎮で泊まった清水楼で 妙無音を見かける。
同じ宿に泊まっていた。

宇文邕は 元清鎖のいない寂しさを感じる。

20

斛律光は 元清鎖と別行動をすることに。
洛雲が拉致されたと連絡がきたから。
妙無音が運んでいた函の中に洛雲が入れられていると考え
妙無音の部屋に行く。
予想通り 函の中に洛雲がいた。
しかし 函の中の煙を嗅いで眠ってしまう。


妙無音は 毎年清水楼の蓮の花粉から毒を集めていた。
ところが 桃花に邪魔され集めることができなかった。
桃花は 妙無音、香無塵に攻撃される。


元清鎖は 顔婉に拉致されるが
諸葛無雪に助けられる。
しかし 顔婉は諸葛無雪に指示されたのだった。
諸葛無雪は 顔婉に 元清鎖の肩のやけどの痕を調べてほしいと頼んでいた。
顔婉が描いたやけど痕から 捜している者だと確認する。


元清鎖は 桃花を看取った後
諸葛無雪が用意してくれた馬に乗って 発つ。

斛律光と洛雪は解放される。

21

高長恭は 元清鎖を見ながら 端木怜を思い出す。
これでは…
2人は長続きしそうにない。  


元清鎖は 高長恭と合流。
別邸 怜月邸に行く。

元清鎖は 怜月邸のすばらしさに大喜びするが、
高長恭は どこか心ここにあらず。
元清鎖は 嬉しいのに心が落ち着かず不安になる。

高長恭は 元清鎖に端木怜を重ねていた。

怜月邸に 紫魅(高長恭の母)が来る。
元清鎖は 紫魅力から
高長恭は思い人に似ているから近づいた
と言われる。



web拍手
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
ボイス3
KILL IT-キルイット‐

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~
神龍<シェンロン>(武道乾坤)
王朝の謀略(大明按察使之鉄血断案/鉄面御史)
花不棄(カフキ)
  -運命の姫と仮面の王子-(小女花不棄)
蘭陵王妃~王と皇帝に愛された女~
リーガルサービス~最大の利益(最佳利益)
千年のシンデレラ(結愛・千歳大人的初恋)
スィート・ドリームズ(一千零一夜)
明蘭~才媛の春~(知否知否応是緑肥紅痩)

<視聴予定>
ただひとつの愛 11/9~KNTV
ウェルカム2ライフ 11/21~衛星劇場
君の歌を聴かせて 12/18~衛星劇場
SAVE NE2(助けて2) 12/23~衛星劇場
WATCHER<ウォッチャー>

大唐見聞録 皇国への使者(唐磚)
         11/~チャンネル銀河
  寵妃の秘密2 12/2~lalaTV
将夜 1/7~DVD発売
刺客列伝 1/~lalaTV
愛される花1/7~DVD発売
招揺DVD発売予定
鳳囚凰DVD発売予定

ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング