FC2ブログ
2020/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>




BAGABOND あらすじ&感想





面白かったです。

飛行機が墜落。
乗客、乗務員 全員が亡くなる。
ダルゴンは この事故で甥フンを亡くす。
事故前にフンがクラウドに保存した機内で撮った動画。
ダルゴンは その動画に映っていた男を偶然目撃する。
男を追ううちに “飛行機墜落”に疑問を持ち始める。


事故の真相、
黒幕は誰なのか、
一転、また一転で なかなか事故の全体像が見えてこないので
先が気になって止まらなかったです。
しかし 二転三転するたびに大風呂敷を広げ続け
収拾せず 広げたまま 終了。
あっけにとられた最終回でした。
完璧に解決する必要も ハッピーエンドにする必要もないのですが
“でも…あれが終わりって…残念”
そんな気持ちです。


全16話 2019/9/20~ SBS

出演者 : 
チャ・ダルゴン・・・イ・スンギ
コ・ヘリ・・・ペ・スジ

カン局長・・・イ・ギヨン
ミン局長・・・チョン・マンシク
キ監査室長・・・シン・ソンロク
コン・ファスク・・・ファン・ボラ
キム・セフン・・・シン・スンファン

パク・エドワード・・・イ・ギョンヨン
ジェシカ・・・ムン・ジョンヒ
ホン弁護士・・・キム・ジョンヒョン

大統領・・・ペク・ユンシク
ホン首相・・・ムン・ソングン
ユ民情首席秘書官・・・キム・ミンジョン

キム・ウギ・・・チャン・ヒョクジン
オ・サンミ・・・カン・ギョンホン

演出  : ユ・インシク
脚本  : チャン・ヨンチョル、チョン・ギョンスン


 1-234567-89-1415-16

1-2

NETfLIXで始まった「VAGABOND<バガボンド>」
飛行機墜落事故の真相を解き明かすアクションドラマ でしょうか。
少し前に同じくNETfLIXで始まった「椿の花咲く頃」は 数分観てパスしましたが
「バガボンド」は面白そうです。



チャ・ダルゴンは 亡くなった兄の息子フニと2人暮らし。
スタントマンをしていたが、
現在事務所を退所し タクシー運転手をしている。

フニは モロッコ国交50周年記念テコンドー示範団の選抜チームの1人としてモロッコに向かう。
ところが 搭乗した飛行機B357便が墜落。
亡くなってしまう。


ダルゴンは 他の遺族と共に モロッコに。
航空会社ダイナミックの説明会を待つ間に フニがクラウドに保存した動画を観る。
それは 離陸前の機内で撮ったものだった。

ダルゴンは トイレに。
トイレで会った男に見覚えがあった。
フニの動画に映っていたのだ。
飛行機は 搭乗者全員が亡くなった。なのに生きている人がいた!
ダルゴンは 男を追いかける。
しかし 逃がしてしまう。

ダルゴンは 遺族たちに 生存者がいたことを訴える。
事故ではなくテロ と。
しかし 信じてもらえない。
男を見たと思われる大使館臨時職員コ・ヘリに 同意を求めるが、
わからない と言われてしまう。
遺族たちと一緒に 空港の防犯カメラで男の姿を確認するが、
動画の男と一致するとは言えなかった。


コ・ヘリは テロ説を信じない。
しかし 気になって 動画を確認。
同僚に密かに男の声を解析してもらう。
ヘリは 実は国家情報院のブラック要員。
大使の犯罪の証拠を手に入れるために 大使館の臨時職員になったのだった。


今 国は 戦闘機の購入先を決めようとしている。
ダイナミック社とジョン&マーク社が争っている。
国防長官パク・マニョンは ダイナミック社を希望するが、
飛行機事故のせいで国民が納得するとは思えない。


ヘリは 同僚から 男の声の解析報告を受け取る。
男は スペイン語で電話していた。
また ブラックボックスの操縦席の会話を聞く。
その中で 副機長は電話をかけていた。
副機長はスペイン語で話していて…
ヘリは 男と副機長の言葉を突き合わせると会話が成り立つことに気づく。

3

墜落事故は ジョン&マーク社のイ・ジェシカが起こしたもの。
理由は 韓国に戦闘機を買ってもらうため。
で、国家情報院やら 国際民間航空機関やらに協力者がいるから
ダルゴンがテロ説を唱えても 握りつぶせる。
肝心の パク国防長官は “女の武器”を使って陥落させた。

…ってこと?



ヘリは テロに違いないと思う。
B357便墜落事故について調査している国際民間航空機関キム・ケヴィンに話すが、
証拠が必要と言われる。
そこで「テロリストの映像がある、メールで送ります」と言って立ち去る。

ところが キム・ケヴィンは イ・ジェシカの仲間だった。
キム・ケヴィンからの連絡で
ヘリのパソコンは奪われ、
ヘリ同僚コン・ファスクの部署では キ・テウン監査室長の指示で抜き打ちのセキュリティー調査が入る。


ダルゴンは 大使館職員のホシクと一緒にいたが、
何者かに襲われる。
ホシクが撃たれたため病院に行く。

ところが ホシクもまた イ・ジェシカに繋がっていた。
ヘリのパソコンを盗み ヘリを襲った男は ホシクに雇われたのだった。

ホシクが病院から逃走。
ダルゴンとヘリは追いかけるが、
ホシクは 毒を飲んで自害。
最期に「何もするな。奴らは恐ろしい連中だ」と言って 亡くなる。


ヘリは 上司のミン局長に電話するが 無視され 
カン局長に電話。
飛行機事故はテロだったと報告する。
カン局長は すぐにアン・キドン院長に報告。
ミン局長が捜査を任される。
ところが コン・ファスクから押収したデータがウィルスによって破壊されてしまう。
証拠がなければどうしようもない
アン院長は 捜査しないことにする。(イ・ジェシカからの指示?)


イ・ジェシカは 殺し屋リリーを雇う。
ダルゴンを殺害するために。


ダルゴンとヘリは 帰国する。

4

イ・ジェシカにくっついている弁護士が 遺族の弁護士をするって…
変な感じ。

国家情報院のアン院長は ヘリの報告書を却下。
大統領に忖度する人間らしいけど…
大統領に忖度して却下?

それから…
パク国防長官、ダイナミック社を推していたのに ジョン&マーク社推しに。
わかりやすい人間。
というか…情けない男。

殺し屋リリー。
空港でのダルゴン殺害失敗。
交通事故に見せかけての殺害失敗。
殺害の痕跡を残さないように殺害しなければならないから難しいのかしら。
それとも 能力なし?

最後に…
ダイナミック社のパク・エドワード って 信じられる?



ダルゴンは 平和日報ジョ・ブヨン記者から声をかけられる。
彼から
警察にテロの通報があった、
通報を受けた職員は倒れ 現在脳死状態、
警察はこの件を調べようとしない、
戦闘機の入札に関係がある、
この事故で最も得するのは ジョン&マーク社、
NISを信用しないように
と言われる。

ダルゴンは ジョ記者から これから情報提供者に会うと聞き、
ついて行く。
ホテルに到着。
情報提供者がOKなら電話をしてもらうことにして ロビーで待つことに。
なかなか電話がかかってこないため 部屋に行くと…
ジョ記者が殺されていた。
通報していると 隠れていた犯人に襲われ、反撃。
犯人を追いかけて部屋に戻ってくると ジョ記者の遺体が亡くなっていた。


ダルゴンは ジョ記者から渡されたペンの中には USBメモリが入っていて
ヘリが開くと…
副操縦士キム・ウギの情報が入っていた。
彼は 多額の保険金に入っていて 受取人は妻オ・サンミだった。


ダルゴンは 遺族会で ダイナミック社のパク・エドワードに会う。
彼は テロ説に興味を持ち 隠れ家を提供してくれる。


ダルゴンは 遺族のひとりパク・グァンドクに会い、
彼の車に乗る。
ところが 車の制御が効かなくなり暴走。
ダルゴンとパク・グァンドクは怪我をする。

5

副操縦士、やっぱり生きていた!
生きているということは…
やっぱり共犯者。

リリーは またもやダルゴン殺害に失敗。
当然 お払い箱。
あれで 凄腕の殺し屋とは…
で、次に呼ばれたのが“シャドー”
誰?

ダルゴンは セーフティハウスで保護されることに。
だけど すでにイ・ジェシカにばれていて…
青瓦台にも イ・ジェシカの仲間がいる ってことよね?

ジョン&マーク社の副社長マイケル・アルメイダ、
彼は 警察にテロだから離陸を止めるようにと電話した後
殺害された。
右手から硝煙反応が出たため 自殺と断定された。
けれど 彼は左利きだったらしい。
カン局長は 部下に捜査を指示する。



ダルゴンは 記者たちに
B357便の事故はジョン&マーク社の仕業、証拠の動画は 国家情報院にある と言う。


ヘリは 動画がウィルスによって破壊されていることを確認。
キ監査室長を問いただす。
“破壊がアン院長の指示だった”という言葉を引きだす。


ダルゴンが襲われ、
救急車に拉致される。
ちょうど訪ねてきたヘリが気づき 救急車を追いかける。
ダルゴンが反撃し、
救急車が横転。
リリーのダルゴン殺害計画は失敗する。


遺族代表が大統領と会うことに。
ダルゴンは 招待されていなかったが、
不法侵入し、大統領に会うことに成功する。

ダルゴンは 大統領に
副操縦士がテロリストに加担して墜落させた、
証拠の動画は 国家情報院内で紛失した、
と言って
ヘリとキ監査室長との会話の録音を聞かせる。
取材中の記者たちも大勢いたため
大騒ぎとなる。

6

ミン局長がスパイだった。
ジョン&マーク社と繋がっていたとは…
なんだかもう
カン局長も アン院長も ホン首相も ユン民情首席も 大統領も
みんなが怪しく見える。



副操縦士の妻オ・サンミの事情聴取が行われる。
まったく動じないオ・サンミ。
何も聞きだせなかった。

ダルゴンはセーフティハウスに行く。
国家情報院の護衛がつくが…
護衛たちは出前をとって 眠りこけ…
ダルゴンが何者かに襲われても 眠りこけ…
唯一眠りこけていないヘリは トイレで吐いていて…
ダルゴンが ひとり侵入者と戦う。
ようやく異変に気づいた駆け付けたヘリが 侵入者を射殺する。

侵入者の携帯に着信がある。
侵入者に殺害を指示したのは ミン局長だった。
ミン局長は オ・サンミに事情聴取指南もしていた。


ヘリは ミン局長に ダルゴンが死んだ証拠の写真を送る。
次にカン局長に連絡。
眠りこけた護衛は ミン局長の部下のため
ヘリが 監視カメラの削除などセーフティハウスの処理を行い、
ダルゴンが 侵入者ゴン・チョルの遺体を運びだす。

ダルゴンは カン局長に ゴン・チョルの遺体を渡す。
その時 カン局長から
ゴン・チョルは北朝鮮の特殊部隊からの脱北者で構成された“不死隊”に一員で、“不死隊”は解散させたはず。ミン局長が再結成させたのだろう と聞く。


オ・サンミは 夫と連絡を取っていた。
キ監査室長は オ・サンミを逮捕。
ところが 護送中にトラックに突っ込まれ、
オ・サンミを奪われてしまう。


ゴン・チョルの仲間キム・ドスは ダルゴンが死んでいないと知る。
ミン局長に連絡するが 取れない。
ミン局長は ダルゴン殺害に喜んだのか アン院長とクラブにいた。

ミン局長は ヘリに逮捕されそうになるが、
逃亡する。


ダルゴンは 街中で ジョ・ブヨン記者を見かけて
驚く。

7-8

政権におもねっている者たちの方が強い。
おもねることもへつらうこともしなければ
突然捨てられる。



ダルゴンは ジョ記者を追いかけるが
見失ってしまう。
直後 パク・エドワードに声をかけられ
ジョ記者を見かけたと話す。


国家情報院に まだ内通者がいる可能性がある。
アン院長は 密かに外に捜査本部を設け、
カン局長に任せる。


副機長キム・ウギが モロッコにいるとわかる。
キ監査室長、ヘリらは モロッコに向かう。
現地の警察に協力を求めるが、
彼らは ジョン&マーク社のジェシカに買収されていた。

ダルゴンも キム・ウギ捜しのためにモロッコに入国。
捜査から外され食事係をさせられているヘリに 協力を求める。
一旦は断られるが、
協力してくれることに。
ヘリは キ監査室長から意見をバカにされ頭にきたのだった。


その頃 韓国では
カン局長は ジョン&マーク社に家宅捜査に入り、
国家保安法違反容疑で ジェシカを逮捕する。


ダルゴンは キム・ウギの隠れ家を発見する。
ダルゴン、キム・ウギは 地元警察に逮捕されるが、
キ監査室長に引き渡される。

キム・ウギは キ監査室長からの取り調べで
墜落しそうだったから脱出しただけ と説明する。
しかし ダルゴンに責められ 薬物依存症の発作で苦しみ 朦朧とした状況で
墜落の実行犯は ジェローム、
マイケルから依頼された、
と証言する。


アン院長は ユン民情首席秘書官から 捜査本部を解散し事実を隠蔽するように指示される。
大統領はジョン&マーク社と契約するつもりでいる と。
断ると
ミン局長が国家安全企画部時代の不正の証拠を持って現れ 脅される。


キ監査室長らは キム・ウギを韓国に護送するため 空港に向かう。
ところが 襲撃され
キム・ウギ 重傷、
キ監査室長、セフン、セリ、ダルゴン以外は亡くなる。
キ監査室長は カン局長に連絡。
大使館に行く。


カン局長は キ監査室長からの電話を受けた痕
ミン局長に 国家機密漏えいと背信行為容疑で逮捕される。
アン院長は ユン民情首席秘書官、ミン局長側に屈したのだった。

9-14

ジェシカが テロの首謀者として逮捕されたら
事件解決と思っていたら…
どうも違うらしい。

で マイケルを殺したのも ジェシカではないらしい。
じゃぁ 誰が?

そして 真の黒幕サマエル って 誰?
登場人物から推測するなら パク・エドワードしかいないのだけど…



ミン局長は モロッコに支援部隊を送る。
命令された使命は キム・ウギとダルゴンの殺害。
しかし 失敗。
支援部隊は 大使館内で起きた爆発事故で 全滅する。
キム・ウギとダルゴンとヘリは エドワードの秘書に助けられる。
キ監査室長とセフンは 帰国。
キ監査室長は ミン局長に 支援部隊に協力したが予期せぬ爆発事故に巻き込まれたと説明する。


カン局長は ミン局長に殺害される。


ダルゴンらは 韓国行の貨物船に乗る。
ヘリは キ監査室長から教えられた電話番号に電話する。
そこは チキン店だが
カン局長の協力者“バガボンド”がいる。
ヘリの電話にカン局長が出る。
カン局長は生きていた。
ミン局長がキ監査室長らの監視しているのと同じように キ監査室長もミン局長を盗聴していた。
カン局長を殺害すると事前に知っていたのだった。


ダルゴンらは 韓国に上陸。
ユン民情首席秘書官、ミン局長らに阻まれるが
キム・ウギを裁判所まで連れて行く。

裁判所では 遺族がダイナミック社を告訴した裁判が行われていた。
キム・ウギは ジョン&マーク社の副社長マイケルに雇われたと証言。
証拠の動画を提出する。

裁判官は ダイナミック社の過失を認め 原告への支払いを命じる。
と同時に ジョン&マーク社はテロ容疑で起訴されることになるだろう と言う。

ダルゴンは 記者たちに囲まれ 黒幕は誰かと迫られる。
「黒幕は大統領」と暴露する。


テロの首謀者は 大統領ではない。
後から知り 揉み消そうと躍起になっていただけ。
イヤ “だけ”ではない。
ジョン&マーク社から購入することに決め
賄賂を受け取った。
だから 大統領は 堂々と 無関係と会見できない。

大統領は すべてをユン民情首席秘書官に被せる。
ユン民情首席秘書官は 自殺を図る。
自殺するつもりはなかった。
しかし 車の中にウィスキーと炭とライターが入った箱が置かれていたのだ。
自殺しろと言うことだと思い 自殺したのだった。


ダルゴンに 飛行機内の動画が送られてくる。
送って来たのはジェシカの殺し屋リリー。
ミン局長が持っていたらしい。

ダルゴンとヘリは ジェシカに面会。
マイケルを殺していない。
墜落も計画していない、契約に利用しようとしただけ
と言われる。


ホン・スンジョ首相が動き出す。
記者会見を開き、
大統領が ジョン&マーク社から賄賂を受け取ったと暴露する。
証拠として ジェシカとジェシカの弁護士ホン・スンボムの会話の録音を聞かせる。


ダルゴンは ジョ記者のことが気になっていた。
そこで 平和日報に行ってみる。
ダルゴンが会ったジョ記者は偽物。
本物は交通事故で亡くなっていた。

ジョ記者、ホン弁護士、
2人とも ホン首相の仲間だった。
そして 彼らの背後にサマエルという人物がいた。

15-16

えっ?
これで 終わり?
これで?

悪い奴がまだのさばっていても
復讐できなくても
ダルゴンとヘリが結ばれなくても
いいんだけど…

これで 終わり?

キム・ウギが 拉致され、
オ・サンミが 殺害される。

ユン民情首席秘書官が 出頭。
議会で大統領弾劾訴追案が提出され
可決される。

ホン首相、
そして 黒幕“サマエル”の計画どおりに進んでいる。


ダルゴンは 本物のジョ記者の妻から ジョ記者が交通事故死した日を聞く。
それは ダルゴンが 偽物のジョ記者を目撃した日の翌日。
あの時 エドワードにジョ記者のことを話した…
“もしかしたらエドワードがジョ記者を殺害したのでは?”と疑い始める。

ダルゴンは エドワードを訪ねる。
エドワードの秘書の手首の入れ墨を見て
エドワードがサマエルだと確信する。
入れ墨は オ・サンミが亡くなる前に書いた絵と同じだった。


キム・ウギが見たという マイケルの恋人で
マイケルを殺害したのは
エドワードの秘書だった。
マイケルは 寸前でサマエルの罠に気づき、
キム・ウギに計画中止を伝えようとしたため 殺害されたのだった。

ダルゴンは エドワードに銃を向ける。
しかし エドワードは用意周到だった。
ダルゴンは 遺族会、ヘリを人質に取られ 銃を置くしかなかった。


倉庫が燃え 2つの遺体が発見される。
キム・ウギとダルゴンと思われる2つの遺体。
ダルゴンがキム・ウギを拉致し殺害した とされる。


ダルゴンは 生きていた。
リリーに助けられたのだ。
エドワードに復讐するために ジェロームが所属している“ブラックサン”という傭兵の会社に入る。

ヘリは ジェシカから エドワードがサマエルだと聞く。
(ジェシカはリリーから聞いた。ダルゴンが生きていることは聞いていない)
ジェシカに誘われて ロビイストになるためにジェシカについて行く。


ダルゴンは 任務でキリア国に入る。
銃を構えてターゲットが到着するのを待つ。
ところが ターゲットはヘリだった。
ダルゴンは ヘリではなく仲間を撃つ。



スポンサーサイト



web拍手

BAGABOND(15)(16)


15-16

えっ?
これで 終わり?
これで?

悪い奴がまだのさばっていても
復讐できなくても
ダルゴンとヘリが結ばれなくても
いいんだけど…

これで 終わり?

キム・ウギが 拉致され、
オ・サンミが 殺害される。

ユン民情首席秘書官が 出頭。
議会で大統領弾劾訴追案が提出され
可決される。

ホン首相、
そして 黒幕“サマエル”の計画どおりに進んでいる。


ダルゴンは 本物のジョ記者の妻から ジョ記者が交通事故死した日を聞く。
それは ダルゴンが 偽物のジョ記者を目撃した日の翌日。
あの時 エドワードにジョ記者のことを話した…
“もしかしたらエドワードがジョ記者を殺害したのでは?”と疑い始める。

ダルゴンは エドワードを訪ねる。
エドワードの秘書の手首の入れ墨を見て
エドワードがサマエルだと確信する。
入れ墨は オ・サンミが亡くなる前に書いた絵と同じだった。


キム・ウギが見たという マイケルの恋人で
マイケルを殺害したのは
エドワードの秘書だった。
マイケルは 寸前でサマエルの罠に気づき、
キム・ウギに計画中止を伝えようとしたため 殺害されたのだった。

ダルゴンは エドワードに銃を向ける。
しかし エドワードは用意周到だった。
ダルゴンは 遺族会、ヘリを人質に取られ 銃を置くしかなかった。


倉庫が燃え 2つの遺体が発見される。
キム・ウギとダルゴンと思われる2つの遺体。
ダルゴンがキム・ウギを拉致し殺害した とされる。


ダルゴンは 生きていた。
リリーに助けられたのだ。
エドワードに復讐するために ジェロームが所属している“ブラックサン”という傭兵の会社に入る。

ヘリは ジェシカから エドワードがサマエルだと聞く。
(ジェシカはリリーから聞いた。ダルゴンが生きていることは聞いていない)
ジェシカに誘われて ロビイストになるためにジェシカについて行く。


ダルゴンは 任務でキリア国に入る。
銃を構えてターゲットが到着するのを待つ。
ところが ターゲットはヘリだった。
ダルゴンは ヘリではなく仲間を撃つ。



web拍手
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
浪漫ドクター キム・サブ2
謗法~運命を変える方法~
見た通りに話せ
ザ・ゲーム

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
明蘭~才媛の春~(知否知否応是緑肥紅痩)
将夜 戦乱の帝国
長安二十四時(長安十二時辰)
大明皇妃-Empress of the Ming-(大明風華)
招揺<ショウヨウ>
鬼谷子(きこくし)-聖なる謀-
鳳凰伝~永遠の約束~(鳳弈)
蒼穹の剣(闘破蒼穹)

<視聴予定>
Once Upon a Time in LINGJTAN
 MOUNTAIN(従前有座霊剣山)
    2/7~NETFLIX
東宮~永遠の記憶に眠る愛~ 3/~衛星劇場
白華の姫~失われた記憶と3つの愛~(白髪)
     6/2~ lalaTV
晧鑭伝 BSプレミアム
運命の桃花~宸汐縁~ 7/3~レンタル
聴雪楼 愛と復讐の剣客 7/3~レンタル
私だけのスーパースター~Mr.Fighting~
 (加油!你是最棒的) 5/27~ ホームドラマチャンネル
おんなの幸せマニュアル(俗女養成記)
           6/3~ DATV
いつでも君を待っている(用九柑仔店)
           7/11~DATV
鎮魂 9/4レンタル
花様衛士~ロイヤルミッション~(錦衣之下)
         6/28先行放送 衛星劇場
あなたを見つけたい(時間都知道) 8/5~レンタル
剣王朝~乱世に舞う雪~ 9/2~レンタル

ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
     
  神龍      海上牧雲伝

     
瓔珞<エイラク>    晩媚と影

     
 ミーユエ      霜花の姫

     
永遠の桃花~三生三世  擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング