FC2ブログ
2021/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>




浪漫ドクター キム・サブ2 あらすじ&感想




楽しかったです。

シーズン1と同じように
キム・サブとト・ユンワンの対決と
新人医師たちの成長 の話が中心。

またト・ユンワンが出てくるの? とちょっとうんざりでした。
別の敵でもよかったんじゃないの?と。
で、今回 ト・ユンワンは 子分パク・ミングクをトルダム病院に送りこんで キム・サブに対抗させるのですが、
このパク・ミングクがね…
“影が薄い!迫力が足りない”
…と私は思ったんですよね。
その点が残念でした。


全16話 2020/1/6~2020/2/25 SBS

出演者 : 
キム・サブ・・・ハ・ソッキュ
ソ・ウジン・・・アン・ヒョソプ
チャ・ウンジュ・・・イ・ソンギュン
ユン・アルム・・・ソ・ジュヨン

ヨ・ウニョン・・・キム・ホンパ
ペ・ムンジョン・・・シン・ドンウク
チョン・インス・・・ユン・ナム
ナム・ドイル・・・ピョン・ウミン
オ・ミョンシム・・・チン・ギョン
チャン・ギテ・・・イム・ウォニ
パク・ウンタク・・・キム・ミンジェ

パク・ミングク・・・キム・ジュホン
ト・ユンワン・・・チェ・ジノ
ヤン・ホジュン・・・コ・サンホ
シム・ヘジン・・・パク・ヒョジュ


演出  : ユ・インシク、イ・ギルボク
脚本  : カン・ウンギョン

 123-45-6789-1011-1213-1415-16

1

カン・ドンジュ、ユン・ソジョン、ト・インボムら新人は巣立ち、
ソ・アルム、チャ・ウンジェ、ユン・アルムが新加入。

脇を固める
チャン・ギテ事務長、ナム・ドイル医師、オ・ミョンシム看護師、パク・ウンタク看護師は健在。
楽しく観れそうです。
そうそう、前シリーズでキム・サブの宿敵だったト・ユンワンも健在。
ちょっとイライラすることもありそうです。



キム・サブは 外科医を派遣してほしいと頼むために 本院のコサン病院に。
ソン・ヒョンチョル センター長に待たされている間に
病院内で いろいろあって…
キム・サブは ソ・ウジンをスカウトして帰る。
そして 3人の医師が加わることに。


ソ・ウジンは 先輩医師の不正を内部告発。
正しいことをしたのに裏切り者扱いされ
病院を追い出される。
借金の返済に追われていて、
金のために キム・サブの誘いにのる。

チャ・ウンジェは 手術恐怖症のため精神安定剤を服用。
そのせいで 手術中に爆睡してしまい…
トルダム病院に左遷される。

ユン・アルムは 本院でのキム・サブの活躍を見て憧れ、
医師募集に応募した。

2

早くも ト・ユンワンが動き出した。



国防長官が 交通事故で大怪我をして 運ばれてくる。
状態は思わしくなく
手術が成功する可能性は高くない。
それでも キム・サブはなんとか手術を終わらせる。

手術に入ったソ・ウジンは キム・サブの実力に驚くが、
キム・サブに批判めいた言葉を言う。
キム・サブは ソ・ウジン先輩医師からソ・ウジンを頼まれていた。
その時に資料として受け取ったのか
ソ・ウジンが一家心中の生き残りであること、
学費返済に苦労していること、を知っていた。

同じく手術に入ったチャ・ウンジェは
またしても 手術中に体調が悪くなり 逃走する。
キム・サブに怒られ ショックを受ける。
チャ・ウンジェは 左遷されたと思っているが、
実は キム・サブが チャ・ウンジェ上司から話を聞いて
チャ・ウンジェをひきとったのだった。


ト・ユンワンは コサン病院のパク・ミングク医師に電話。
国防長官の主治医になってほしい と頼む。

パク・ミングク医師とスタッフらが トルダム病院にやってくる。

3-4

キム・サブの勝ち。
まぁ キム・サブは勝ち負けなど まったく気にしていないだろうけど。



ト・ユンワンは マスコミにも手をまわしていた。
マスコミが病院に駆け付ける。
パク・ミングクは 二次手術を行うと発表。
ト・ユンワンと結託している記者が 一次手術に問題があったと誤解させる質問をする。


国防長官の手術が行われる。
ソ・ウジンは キム・サブの命令で手術に入る。
同じ時 キム・サブは 容態が急変した長官の秘書の手術を行う。

パク・ミングクの助手がミス。
その影響で 縫合できずに手術は終了する。

明らかに パク・ミングクの失敗。
しかし こんな時でも ト・ユンワンは キム・サブを陥れることを忘れない。
国防長官の息子に 一次手術に問題があったと話す。
ソ・ウジンから緊急を要したためCTで確認しなかったと聞いたことを利用したのだ。
国防長官の息子が キム・サブを訴えると騒ぎだす。

二次手術の様子は 録画されていた。
助手がミスした様子がしっかりと録画されているのだ。
助手は 証拠隠滅を図る。
しかし チャ・ウンジェは偶然そのことを知り 明らかにする。

5-6

院長が解任され
パク・ミングクが就任する。
当然 パク・ミングクは 打倒キム・サブとしてト・ユンワンによって送り込まれた。
で、国防長官の手術のためにパク・ミングクと一緒にやって来た医師たちも残る様子。


チャ・ウンジェがキム・サブから渡された手術恐怖症に効く薬、
あれは何?ビタミン剤?



金曜日の夜。
トルダム病院は大忙し。

父親による無理心中の父親と子どもが運ばれてくる。
ソ・ウジンは 過去を思い出し耐えられない。
父親を診ろと言われ 拒否する。
死のうとした人を助ける必要はない と。

しかし 拒否できなくなる。
緊急手術が必要な患者が 2人。
心中で子どもを殺害した父親ともう1人。
キム・サブは どちらも手術することにする。
父親をソ・ウジンに任せることにする。
ソ・ウジンは 最初は拒否していたが、
パク看護師、チャ・ウンジェに助言され
手術する。

チャ・ウンジェも 人手が足りず
キム・サブから渡された手術恐怖症に効く薬を服用して 手術室に入る。
無事 やり遂げる。


次にやって来たのは
刺された暴力団員と 撃たれた警察官。

キム・サブは パク・ミングクから
「助かる見込みのない患者に時間を費やさず 助けられる患者を治療してください」と言われるが、
無視。
2人とも手術し 助ける。


ソ・ウジンは キム・サブに借金し 返済した。
しかし まだ残金があるとし、
脅される。

7

よくもまぁ次から次へと問題が起きるものだわ。
って ドラマですからね。


パク・ミングクと一緒にやって来た2人の医師。
シム・ヘジン医師は 自分の道を行くタイプのよう。
対して ヤン・ホジュン医師は パク・ミングクの腰巾着。
立場上仕方ないのはわかるけど
パク・ミングクの手と足となって動く。

で、まず ターゲットをフェローの2人に。
ヤン医師としては 腕のいい後輩を潰したい。
けれど パク・ミングクが 腕のいいソ・ウジンをかっているため
チャ・ウンジェが最初のターゲットになる。



ソ・ウジンのこと。
ソ・ウジンにまとわりついて取り立てる高利貸し。
病院の待合室で大騒ぎする。
医師、看護師、職員を巻き込んで騒動に。
キム・サブがカッコよく治めて とりあえず終わり。

ペ・ムンジョン医師は 偶然 ソ・ウジンの心中事件の新聞記事を読んでしまう。
とても動揺する。


チャ・ウンジェのこと
チャ・ウンジェは 薬の飲みすぎで運ばれてきた男の子の両親のことが気になっている。
母親が 父親にDVを受けているようなのだ。
父親が母親を罵倒しているのを聞いて 父親を非難する。
と、母親がナイフを握り 父親に襲いかかろうとする。
チャ・ウンジェは 止めようとして 首を切られる。
幸いにも 傷が深くなかったため 大事にはならなかった。

父親が 先に手を出したのはチャ・ウンジェと主張。
防犯カメラは肝心なところは映っておらず チャ・ウンジェがけしかけたように見える。
パク・ミングクは 通報せず穏便に済ませようとする。
“あんな輩は相手にしないほうがいい”という感じ。
非難するキム・サブに 反対するなら辞めろ と言う。

チャ・ウンジェは 自分が謝罪することで終わりにできるならと
両親に謝罪する。
すると パク・ミングクから
「いつ結婚を?」と言われる。

パク・ミングクから出てきた言葉は 何十年も言われ続けている
“女性批判”
勉強しても 寿退社する、
使い物になりそうなところで妊娠してしまう、
本人が復帰するまで誰かがその席を埋めなければならない、
不公平、
だから女医は育たない。

チャ・ウンジェは パク・ミングクから
“自分の非を認めたのなら責任をとって辞めろ”ということを言われたのだった。

その後…
母親は父親の首を刺す。


刑務所から 無期懲役囚が運ばれてくることに。
パク・ミングクは 拒否しろと言う。
他の患者、職員を危険に晒す と。
キム・サブは チャ・ウンジェを守れなかったくせに と非難する。

8

良い人が助からず
悪い人が助かる
よくあるテーマの話。

救急隊員が くも膜下出血で脳死となる。
一方 無期懲役囚は 週3回ほど人工透析をしている。
しかし 炎症が激しく透析をするためのカテーテルをいれることができない。
透析できなければ数日で亡くなる。
生きるためには 腎臓移植しかない。

で、2人の血液型が一致し…

脳死 を受け入れられない状況で
臓器提供 を考えなければならない。
生前に臓器提供に同意していても すぐには受け入れられない。
しかも 提供を受ける者が無期懲役囚だと知ってしまうと
納得できない気持ちになるのも理解できる。


9-10

キム・サブが倒れた。
パク・ミングクが病院のシステム改善を言いだした矢先。
キム・サブの容態によっては
ト・ユンワンが大喜びしそう。


パク・ミングクの回想シーンで何度も出てくる11年前のバス事故。
“救護活動を行うキム・サブを見つめるパク・ミングク”
これがきっかけで医師になったの?イヤ年齢からすると違うわね? と思っていたら
まさかの“逃走”
パク・ミングクは 医師なのに負傷者よりも自分を優先させてしまった。
そのことがずっと負目だった。
だから キム・サブに反抗する態度を取っていた。

で、今回のバス事故の負傷者の治療がひと段落した後
パク・ミングクは キム・サブに11年間のバス事故に自分も乗っていたと告白する。
ずっとキム・サブに非難されていると思っていたと。
ところが キム・サブはパク・ミングクのことは全く覚えていなかった。
そして あの状況では逃げるのが当然と言われる。

何とも言えない表情のパク・ミングク。
ホッとしたような、
情けないような、
キム・サブに対抗していた時間を返してくれというような、
そんな複雑な顔。


それから…
チャ・ウンジェを虐めているヤン・ホジュン、
実は チャ・ウンジェのことが好き?


それから、それから…
ユン・アルム医師にトルダム病院のことを教えたのは 誰?



ソ・ウジンは キム・サブの腕の具合が良くないことに気づく。
ペ・ムンジョン医師から 3年前から手根管症候群を患っていると言われるが、
手首ではないのでは?と思う。
そんな時 キム・サブは乗っていたバスが転落事故を起こし
重傷者を助けるために 無理をしてしまう。
その影響があったのか
倒れてしまう。

11-12

パク・ミングクは VIPの手術のために急患を断ることにする。
受付スタッフを配置。
急患を断わらせる。
そのせいで亡くなった人も出てくる。
キム・サブは ホットラインを設置。
受付を通さずに 直接救急搬送の連絡を受けることにする。


ソ・ウジンの内部告発によって病院を追われたイム・ヒョンジュン、
“病院コーディネーター”として トルダム病院に現れる。
医師、看護師に 高額の報酬で転職を勧める。
ヤン・ホジュン医師から依頼されたのだ。
職員を揺さぶってトルダム病院の崩壊を狙ったのだった。


ソ・ウジンは 手術中に 以前の手術のミスを見つける。
手術ミスをしたのはチャ・ウンジェの兄。
ソ・ウジンは パク・ミングクから患者に話さないようにと言われるが、
そんなことはしたくない。
一方 チャ・ウンジェは 母から ソ・ウジンに話さないように頼んでほしいと言われ
困惑する。
チャ・ウンジェは 母に 兄はミスを認め患者に謝罪すべきと言い、
患者に事情を説明する。

13-14

ペ医師の父親って 組織の人?

ト・インボム登場。
キム・サブの味方?父親の味方?



ヤン医師は ソ・ウジンに嫉妬。
イム・ヒョンジュンに ソ・ウジンを追い出すように依頼する。

イム・ヒョンジュンは闇金と結託。
ソ・ウジンを脅して 他の病院に移ることを承諾させる。

しかし
そんなことチャ・ウンジェが黙っていない。
ヤン医師とイム・ヒョンジュンが結託したと知り
怒り爆発。
2人を罵倒する。
そして 以前診た暴力団に解決を頼む。
ペ医師も 独自のルート?で解決。
イム・ヒョンジュンも 改心。
ソ・ウジンは トルダム病院に残れることになる。


パク・ミングクは VIPカン・イクジュンの手術を成功させたい。
自信もある。
しかし 麻酔科のシム・ヘジン教授から 手術を反対される。
心臓に問題があると。
パク・ミングクは このことをまったく重要視せず
手術を強行。
術中死させてしまう。


ヨ元院長が運ばれてくる。
ヨ元院長は 延命を拒否していたが、
キム・サブは 延命処置を行う。

15-16

キム・サブの言葉
“人は信頼されて大事にされたら成功し 認められた分成長するものだ”
わかっているけれど
人を育てるのは難しい。



術中死の件で
本院から調査団がくる。
ト・インボムもその一員。
キム・サブは ト・インボムから
狙いはトルダム病院、パク・ミングク医師を見捨てれば解決すると言われる。

実は カン・イクジュンンは 自分の心臓に問題があると知っていた。
パク・ミングクから 説明を受け納得して手術同意書にサインしていた。

パク・ミングクは 調査団の目的がトルダム病院であると知っていた。
ト・ユンワンに聞いていたから。
だから ト・ユンワンの指示に従って同意書を隠していた。
しかし キム・サブに見つかってしまう。
パク・ミングクは 調査団に同意書を渡し、調査を終わらせる。


キム・サブは ヨ元院長の希望に従い
延命治療を止める。


キム・サブの病名は 多発性硬化症だった。
手術が行われる。
その直後に 難しい患者が運ばれてくる。
ソ・ウジンは 病院を後にしようとしていたパク・ミングクに手術を頼む

キム・サブは パク・ミングクにトルダム病院に残るようにと言う。
2人で長年の夢である外傷センターを作ろうと。


ヤン医師は パク・ミングクを捨てト・ユンワンの子分になろうと考える。
キム・サブの病名をト・ユンワンに報告する。

トルダム病院に ト・ユンワンが現れる。
トルダム病院とキム・サブに最後通告をしに来た!
つもりだったが…

キム・サブは 手を打っていた。
シム会長の遺言によって。
トルダム病院はコサン大学病院とは関係のない独立法人になっていたのだ。
ト理事長には トルダム病院に口出す権限は何もなかったのだった。


スポンサーサイト



web拍手

浪漫ドクター キム・サブ2(11)-(16)


11-1213-1415-16

11-12

パク・ミングクは VIPの手術のために急患を断ることにする。
受付スタッフを配置。
急患を断わらせる。
そのせいで亡くなった人も出てくる。
キム・サブは ホットラインを設置。
受付を通さずに 直接救急搬送の連絡を受けることにする。


ソ・ウジンの内部告発によって病院を追われたイム・ヒョンジュン、
“病院コーディネーター”として トルダム病院に現れる。
医師、看護師に 高額の報酬で転職を勧める。
ヤン・ホジュン医師から依頼されたのだ。
職員を揺さぶってトルダム病院の崩壊を狙ったのだった。


ソ・ウジンは 手術中に 以前の手術のミスを見つける。
手術ミスをしたのはチャ・ウンジェの兄。
ソ・ウジンは パク・ミングクから患者に話さないようにと言われるが、
そんなことはしたくない。
一方 チャ・ウンジェは 母から ソ・ウジンに話さないように頼んでほしいと言われ
困惑する。
チャ・ウンジェは 母に 兄はミスを認め患者に謝罪すべきと言い、
患者に事情を説明する。

13-14

ペ医師の父親って 組織の人?

ト・インボム登場。
キム・サブの味方?父親の味方?



ヤン医師は ソ・ウジンに嫉妬。
イム・ヒョンジュンに ソ・ウジンを追い出すように依頼する。

イム・ヒョンジュンは闇金と結託。
ソ・ウジンを脅して 他の病院に移ることを承諾させる。

しかし
そんなことチャ・ウンジェが黙っていない。
ヤン医師とイム・ヒョンジュンが結託したと知り
怒り爆発。
2人を罵倒する。
そして 以前診た暴力団に解決を頼む。
ペ医師も 独自のルート?で解決。
イム・ヒョンジュンも 改心。
ソ・ウジンは トルダム病院に残れることになる。


パク・ミングクは VIPカン・イクジュンの手術を成功させたい。
自信もある。
しかし 麻酔科のシム・ヘジン教授から 手術を反対される。
心臓に問題があると。
パク・ミングクは このことをまったく重要視せず
手術を強行。
術中死させてしまう。


ヨ元院長が運ばれてくる。
ヨ元院長は 延命を拒否していたが、
キム・サブは 延命処置を行う。

15-16

キム・サブの言葉
“人は信頼されて大事にされたら成功し 認められた分成長するものだ”
わかっているけれど
人を育てるのは難しい。



術中死の件で
本院から調査団がくる。
ト・インボムもその一員。
キム・サブは ト・インボムから
狙いはトルダム病院、パク・ミングク医師を見捨てれば解決すると言われる。

実は カン・イクジュンンは 自分の心臓に問題があると知っていた。
パク・ミングクから 説明を受け納得して手術同意書にサインしていた。

パク・ミングクは 調査団の目的がトルダム病院であると知っていた。
ト・ユンワンに聞いていたから。
だから ト・ユンワンの指示に従って同意書を隠していた。
しかし キム・サブに見つかってしまう。
パク・ミングクは 調査団に同意書を渡し、調査を終わらせる。


キム・サブは ヨ元院長の希望に従い
延命治療を止める。


キム・サブの病名は 多発性硬化症だった。
手術が行われる。
その直後に 難しい患者が運ばれてくる。
ソ・ウジンは 病院を後にしようとしていたパク・ミングクに手術を頼む

キム・サブは パク・ミングクにトルダム病院に残るようにと言う。
2人で長年の夢である外傷センターを作ろうと。


ヤン医師は パク・ミングクを捨てト・ユンワンの子分になろうと考える。
キム・サブの病名をト・ユンワンに報告する。

トルダム病院に ト・ユンワンが現れる。
トルダム病院とキム・サブに最後通告をしに来た!
つもりだったが…

キム・サブは 手を打っていた。
シム会長の遺言によって。
トルダム病院はコサン大学病院とは関係のない独立法人になっていたのだ。
ト理事長には トルダム病院に口出す権限は何もなかったのだった。


web拍手

浪漫ドクター キム・サブ2(9)(10)


9-10

キム・サブが倒れた。
パク・ミングクが病院のシステム改善を言いだした矢先。
キム・サブの容態によっては
ト・ユンワンが大喜びしそう。


パク・ミングクの回想シーンで何度も出てくる11年前のバス事故。
“救護活動を行うキム・サブを見つめるパク・ミングク”
これがきっかけで医師になったの?イヤ年齢からすると違うわね? と思っていたら
まさかの“逃走”
パク・ミングクは 医師なのに負傷者よりも自分を優先させてしまった。
そのことがずっと負目だった。
だから キム・サブに反抗する態度を取っていた。

で、今回のバス事故の負傷者の治療がひと段落した後
パク・ミングクは キム・サブに11年間のバス事故に自分も乗っていたと告白する。
ずっとキム・サブに非難されていると思っていたと。
ところが キム・サブはパク・ミングクのことは全く覚えていなかった。
そして あの状況では逃げるのが当然と言われる。

何とも言えない表情のパク・ミングク。
ホッとしたような、
情けないような、
キム・サブに対抗していた時間を返してくれというような、
そんな複雑な顔。


それから…
チャ・ウンジェを虐めているヤン・ホジュン、
実は チャ・ウンジェのことが好き?


それから、それから…
ユン・アルム医師にトルダム病院のことを教えたのは 誰?



ソ・ウジンは キム・サブの腕の具合が良くないことに気づく。
ペ・ムンジョン医師から 3年前から手根管症候群を患っていると言われるが、
手首ではないのでは?と思う。
そんな時 キム・サブは乗っていたバスが転落事故を起こし
重傷者を助けるために 無理をしてしまう。
その影響があったのか
倒れてしまう。



web拍手
つぶやき
現在 娘が第2子出産のために里帰り中
孫に振り回される毎日
続々と中国ドラマの放送・配信・レンラルされているというのに
観る時間がない!
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
シーシュポス: The Myth
ヴィンチェンツォ

コウラン伝 始皇帝の母(晧鑭伝)
成化十四年~都に咲く秘密~
侠客探偵 簡不知(侠探簡不知)
摩天楼のモンタージュ~Horizon Tower~
           (摩天大楼)
 
<視聴予定>
九州縹緲録WOWOW
私だけのスーパースター~Mr.Fighting~
        (加油!你是最棒的)
幸せのエチュード1/28~ホームドラマチャンネル
大唐女法医~Love&Truth~2021/2/3~レンタル
運命のキスをお願い!
     (我好喜妳你)2021/2/~lalaTV
天機十二宮~陰謀と二つの愛~2/3~レンタル
大宋少年志~secret mission~2/3~レンタル
破氷行動~ドラッグ・ウォーズ~
         2021/2/5~レンタル
漂亮書生2021年春 衛星劇場
花の都に虎(とら)われ(傳聞中的陳芊芊)
          4/~衛星劇場

ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
     
  神龍      海上牧雲伝

     
瓔珞<エイラク>    晩媚と影

     
 ミーユエ      霜花の姫

     
永遠の桃花~三生三世  擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ