FC2ブログ
2021/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>




蒼穹の剣(闘破蒼穹) あらすじ&感想





母を失い、闘気を失い、婚約者も失った簫炎の成長ドラマ。

「神龍」と同じ原作者。
なので 似たような話。
けれど 「神龍」よりよかったです。

何が違うかというと
主役。
「神龍」の林動は 武芸は成長しても精神面はまったく成長しない。
対して 簫炎は いつでも一所懸命。
好ましくて自然と応援する気持ちになれました。
それに 恋愛話がなかったこともよかったです。
あっそうそう 師匠もよかったです。
岩大師より素敵で 簫炎と同じで誠実で 登場するのが楽しみでした。
…(小さい声で…)主役を演じた俳優さんの演技力も…違ったかなぁ…



全45話 2018/9/3~2018/10/25

出演者 : 
簫炎・・・呉磊
簫薫児・・・林允
納蘭嫣然・・・劉美彤
林修崖・・・肖戦
小医仙・・・李沁
薬塵・・・陳楚河

 1-45-89-1213-1617-2021-2425-2829-3233-3637-4041-45

1-4

「琅琊榜」の飛流を演じた呉磊くんが
精悍な顔になっていてびっくり。

「神龍」と同じ原作者なので
ちょっと心配なのですが、
肖戦くんが出演しているので観ることに。



舞台は 闘気大陸。
千年前 大陸の太陽 闘帝は
五大家族を率いて 極北の魂殿と戦い、
暗い地下に封印した。
その後 復活の兆候が見られる時は
五大家族が討伐隊を結成し 抑えていた。


簫炎は 9歳の時 少年闘之気大会に優勝。
9段の闘之気を錬成し 最強少年の称号を獲得した。
しかし…

その年 北方で闇が復活。
簫炎の母が 簫家を代表して五大家族の一員として出征。
重傷を負って帰国した。
そして 簫炎の母は 魂滅生に寝返り宝物を奪ったと疑いをかけられ
自害した。
その時 簫炎の母は 雲宗主に 魂滅生からの伝言として“闇はすぐそこだ”と囁いた。
簫炎の父 簫戦は 潔白を証明するために 闘気を廃し、
簫炎は 闘之気が衰えてしまう。


7年後。
簫炎は 強くなって母の無実を証明したいと修行するも
闘之気は 衰えたままだった。


簫炎は 簫戦から 闘之気の鍛錬を止め簫家薬舗で商いを学ぶようにと言われる。
反抗するが 父の決定は変わらなかった。


ある日 簫炎は 母から渡された指輪の中に入ってしまう。
そこには 死んだはずの大師匠 薬塵がいた。
簫炎の闘之気を奪って生き延びていたのだ。
また 星隕閣の宝物も隠されていた。
簫炎の母が 封印したのだった。


簫炎には 祖父が決めた婚約者がいる。
納蘭桀族長の孫娘 嫣然。
しかし 納蘭桀は 破談にしたいと考えている。
雲宋主の助言で“低能な者に関わっていられない”と考えたのだ。

簫戦は 雲嵐宗首席 煉丹長老 古河から
復活の力を持つ 六品神薬を贈られる。
廃した闘気が 7割ほど復活するらしい。
どうやら 納蘭桀が破談にしたいと思っているから簫家から申し出てほしいということらしい。
簫戦は 断る。

納蘭桀は 宴席で直接破談を申し入れる。
怒った簫炎は 婚約書を離縁状に書き換えて反抗。
しかし 無様な姿をさらすことになってしまう。


簫炎は 3年後嫣然を見返すことを誓い、
薬塵のもと 修行を始める。


簫家闘技館に
迦南学院の
星隕閣 閣主 韓楓
葛葉先生
若琳先生が やって来る。

簫炎は 薬塵から 迦南学院に入学するようにと言われる。
7年前 薬塵は 弟子に裏切られたのだが、
その裏切り者が 韓楓なのだ。
「韓楓は 宝物と薬塵を捜しているはず。学院に入ったのは 魂殿の命令で五大家族を陥れるため。それを暴け」と。


入学試験の戦いで
簫炎は素晴らしい成績を上げる。
噂とは違う力に禁薬を使っているのではと疑われるほど
短期間で強い闘気を得ていた。


迦南学院に入学。
まず黒角域森林で修業が始まる。
能量符(貨幣)を10枚与えられ
黒角域森林を抜けて 学院に到着しなければならない。
立ちはだかるのは 師兄たち。
それは 想像以上に厳しいものだった。

5-8

このドラマ、簫炎の成長記で
林動の成長記の「神龍」と
テーマが全く同じ。
まぁ 原作者が同じなんだから しかたがないのだけど
「神龍」よりは 良さそうです。

何といっても 主役の“落ち着き”が違う。
林動は いつまでたっても “ガチャガチャ”
幼いまま。
それに比べて 簫炎は 落ち着いている。
もちろん “元気よすぎ”というところはありますが。

この違い 設定のせいなのかと思ったりもしますが、
「神龍」は とにかく誰もがいつでも “必死” なんですよね。
演技がいまひとつせいなのか、
演出のせいなのか、
それは 素人私には評価できないけれど
“必死”すぎて 空回り。
観ている方も疲れる。
そんな感じ。

あっ、もしかしたら 師匠の違いかも。
「神龍」の岩大師と「蒼穹の剣」の薬塵。
どちらも コメディの部分はあるけれど
岩大師は ほとんどふざけていたのが 私はダメだったのかも。
薬塵役の陳楚河さん カッコいいしね。
私は これ…イケメン…が一番大事なのかも。



迦南学院の学長は 故 闘帝。
闘帝は すでに亡くなっているから
実質の運営は 長老院。
血宗や魂殿ら極北の邪派と戦うことが目的。


簫炎は 学院で過ごしながら
指輪の中で 薬塵の指導を受ける。
指輪の中での時間は 外の世界より早く流れる。
外の世界の数秒で 修練することが可能。
院生や先生には “いつの間に上達したの?”と思われる。


簫炎は 韓楓、葛葉、そして黒角域森林で屈辱をうけた師兄らから
虐めを受け続ける。
韓楓、葛葉は 理由を見つけては退学させようと思っている様子。
そんな中 味方らしき先生もいる。
若琳は公平で
米騰山は どちらかというと 簫炎贔屓。


簫炎は 謹慎処分を受け 牢に入る。
夜 外で不穏な動きがあることに気づく。
牢から出た後
林修崖と一緒に様子を見に行く。

血宗の血盟の儀式が行われていた。
魂殿の僕である血宗の者が 学院に潜り込んでいて
学院の生徒を操ろうと考えていたのだ。

簫炎は 儀式を止め、
韓楓らに報告する。


簫炎ら新入生は 上級生による下級生虐めに対抗するため
炎幇を結成する。
何をするにも金が必要
ということで まず 能量符(貨幣)を手に入れるために
丹薬を作って売ることにする。

丹薬の効き目がよかったのか、
安い価格がよかったのか、
よく売れる。
そのため 以前から丹薬を売っていた薬幇を怒らせてしまう。

炎幇は 薬幇から 決闘を申し込まれ
受ける。

9-12

簫炎が真面目。
「神龍」の林動と違って。(どうしても比べてしまう)
主役にイライラせずに観ていられる。



炎幇は 薬幇に勝利。
簫炎は 対立を平和的に解決したほうがいいと考え、
薬幇主 韓閑に対して下手に出る。
しかし 条件を突っぱねられ これからも圧力をかけ続けると言われる。
韓閑は とにかく簫炎が気に入らないのだった。

韓閑が簫炎に対決を挑む。
ところが 規則を破ったとして 同じ牢に入れられてしまう。
で、2人は仲直り。
韓閑は 炎幇に入る。


白幇が 焚天錬気塔を独占している。
修行したくてもできない。
そこで 簫炎は 白幇主 白山に交渉するが、
断られる。
嫌なら決闘を申し込めばいいと。
そこで 簫炎は白山に決闘を申し込む。

誰もが 簫炎が負けると思う。
簫炎がつくる高位聚気散が値上がりするほど。

しかし 簫炎は 薬塵のもとで鍛錬。
骨霊冷火を伝授される。
また 体内に紫雲彫の翼を植え付けてもらう。

簫炎は 体調を崩すが、
白山に勝利する。


魔獣山脈で全学年合同の狩りが実施される。
宿営地に 雲嵐宗が現れる。
紫晶翼獅王に乗った女に5人が殺害されたらしい。

簫炎らは 不死虫に襲われ 退治する。
不死虫のお腹の中から箱が出てくる。
その箱の中に 女がいた。
女は 薬舗の娘と名乗るが
実は 雲嵐の雲韻だった。

簫炎は 雲韻に薫児を人質に取られ、
洞窟を抜けるために協力させられる。
洞窟内で 雲韻が気石獣の毒によって錯乱・幻覚に襲われるが、
抜けることができる。
雲韻は 宝を捜していた。

簫炎は 宿営地に戻る。
夜 韓楓から戦いを挑まれる。

13-16

肖戦くん演じる林修崖が 叔父が亡くなったため休学。
彼を見るのが楽しみだったのに…ブツブツブツ



簫炎は 韓楓に追い込まれ、
崖下から飛び降りる。
で、
紫晶翼獅王に乗っていた女 小医仙に再会する。
翼獅王を助けてほしいと言われるが、
どうすることもできなかった。
痛みを取り除いてあげることしかできなかった。
それでも感謝され 伴生紫晶源をもらう。

簫炎は 翼獅王と一緒に死ぬと言う小医仙を説得するため
体質(小医仙は毒の血をもつ)を治す、娶る と約束。
連れて帰る。


簫炎は 小医仙を箱に入れて学院に戻る。
仲間と一緒に小医仙を隠すが、
ばれてしまう。

雪嵐宗の雲韻が 小医仙を引き渡せと言ってくる。
拒むと攻撃されそうになるが…
突如 男が現れる。
海波東。
簫炎の父の友人で 母が罪に問われた時唯一庇ってくれた人。
なんと彼は 小医仙の父親だった。

小医仙は 父と一緒に家に帰る。
その際 伴生紫獣晶源と翼獅王の獣火を簫炎に渡す。


出雲帝国皇室主催の煉丹師大会が 出雲帝国の銀城で行われることに。
優秀な者は煉丹師協会に迎え入れられることになっている。
ということで 簫炎らは銀城に。


納蘭桀が血宗の烙毒に侵されている。
簫炎は 米騰山から助けてほしいと言われる。
納蘭桀から受けた屈辱、恨みは消えていない。
しかし 米騰山から私怨で考えないでほしいと説得される。

簫炎は 仮面をつけて“岩梟”という者として 納蘭桀を治療する。
しかし 毒は体深くまで届いていた。
簫炎は 米騰山に
長い間毒に侵されている可能性が高い、
納蘭桀が血宗の者か、
血宗のスパイが納蘭家に入りこんでいるか、
どちらかではないか
と話す。
そして 更に治療するために“青蓮地心火”を探しに行く。


簫炎は 小医仙とともに 蛇国に。
蛇国は莫家に攻撃されていた。
簫炎と小医仙は 莫承に捕まってしまうが 逃亡。
“青蓮地心火”を手に入れることに成功する。
また 蛇国の女王“美杜莎”も連れて帰る。


納蘭桀は 簫炎の治療によって回復する。
ところが その夜 納蘭桀は危篤状態になってしまう。

17-20

納蘭桀は 嫣然を後継者19代族長と決め、
納蘭家の秘密を教える。
そして 亡くなる。

嫣然が族長になったことで
叔父が騒ぎだすが、
皇太子に救われる。

しかし それでも叔父2人は諦めない。
嫣然は 2人に 祖父に烙毒を盛ったことを認めさせる。
そして 闘気を廃させた上で殺害する。


煉丹師大会に魂族 範凌も参加する。
最終戦に残ったのは 簫炎と範凌。
毒と解毒剤を作り、相手の毒を飲んでその解毒剤を作る というもの。
簫炎は 薬塵でも解毒できないと知り、
範凌に提案。
一緒に白旗を揚げる。


米騰山が皇帝を刺し逃走した!
信じがたい事が起きる。
真相は…
法獁国師が米騰山を拉致していた。
法獁国師は実は血宗。
米騰山を仲間に引き入れようとしたのだ。
また 法獁国師は 納蘭桀を傀儡として蘇らせていた。


簫炎は 嫣然に呼び出されて皇太子に会う。
皇太子によれば
皇帝は血宗の傀儡で 大臣らも次々と傀儡になっていて信じられる者はひとりもいない らしい。

嫣然、簫炎らは 皇宮に侵入。
皇帝を捜す。
皇帝は 範嶗に操られていた。
範嶗が退散。
嫣然が 皇帝の体内に埋め込まれていた納蘭家の宝“帝陀古玉”を取り出す。

皇帝は正気を取り戻す。
皇太子に譲位する。


簫炎が持っている玄重尺、
魂滅生の武器であったことがわかる。
簫炎は 薬塵から 使うなと言われる。
使えば邪悪な気に影響され平気で人を殺すようになると。
しかし 異を唱える。
人が殺すのであって武器に罪はないと。


簫炎は 皇帝に 米騰山を無罪にして捜しだしてほしいと頼む。
簫炎は 事がうまく運んでいることが気になっている。
しかし 皇帝は 全く気にしていない。


煉丹師大会参加者に 闘帝が描いた絵の中で薬草を摘むことが認められる。
注意として
出口は1つ、
1刻以内で戻らなければいけない、
さもなければ 60年山を出られず命を落とすことになる、
山の裏手に行ってはいけない、
と言われる。

21-24

林修崖が退場して…
薬塵が登場しなくなって…
つまらない。



簫炎らは 黄地龍をおいかけて裏山に行ってしまう。
なんとか抜け出したが
出口が炎…瘴霧に包まれていて
出られなくなっていた。

繁凌の仕業。
父の仇と繁凌が簫炎に戦いを挑んでくる。
簫炎は繁凌を倒す。

ところが 出口が崩れ始め、
命からがら 絵から抜け出る。


簫炎は 繁凌から 繁凌の毒が完全に抜けていないと聞かされた。
血宗の毒を消すことはできないのだ。
ショックをうけるが、
米騰山を捜すために利用することにする。

簫炎は 薬塵から 決して玄重尺に刻まれた功法を読むな と言われていた。
しかし 指輪を外して読む。
離魂術を得て米騰山を捜そうと考えたのだ。

簫炎は 薬塵から 魂殿の僕になったのかと怒鳴られ
絶縁を言い渡される。


簫炎は 米騰山を捜しだす。
法獁国師に監禁されていた。
米騰山は 魂殿に引き渡される予定だったが、
繁嶗の命令で 解放される。


簫炎は 美杜莎の部下 墨巴斯から
今まで通り 女王を守ってほしいと頼まれる。


簫炎らは学院に戻る。

韓楓、法獁国師らは “学院内の血宗と魂殿の勢力を粛清する”と宣言。
血宗と魂殿の勢力を強め、
学院を手にしようとする。
米騰山を魂殿の手先として監禁する。

簫炎らは米騰山の仲間とされ、
米騰山と一緒に 焚天錬気塔に監禁される。

簫炎は 墨巴斯に助けを求める。
すると さらに地下に蛇人の祖先 地心巨蟒がいると言われる。
そこで 地下へと逃亡する。

地下は黒角域森林に繋がっている。
しかし 法獁国師の部下ら追手がいて 出られない。
仕方なく さらに地下へと行き…
悪人谷にたどり着く。
そこは 食べるために人を殺さなければならないところ。

25-28

薬塵が再登場。
嬉しかった。
簫炎もいいんだけど…ブツブツブツ



悪人谷で…
簫炎は 谷主に ここから出たいと言う。
すると 「入れても出られない仕組み、出口はない」と言われる。
そして 悪人谷の十傑になれたら出る方法を教えると言われる。

簫炎は 闘いで勝ち抜き悪人谷を出るために修行しようと
指輪の中に入る。
ところが そこは 砂漠となっていて 薬塵の姿はなかった。
いたのは 魂滅生の分身だった。

簫炎は 魂滅生の分身から功法を伝授される。
そのおかげで闘いで勝ち続けるが、
簫炎の心は 憎しみに支配されるようになる。

簫炎には 憎しみに支配されているという気持ちはなかった。
しかし 薫児らには 人が変わったように見えていた。
魔道に堕ちてしまったと。

簫炎は ついに魂滅生の分身に打ち勝つ。
魂滅生の分身…それは自分自身だった。
その後 薬塵に再会する。
薬塵は 邪気に覆われている簫炎を魔道に堕ちないように守ってくれていたのだった。


簫炎らは 悪人谷を出る。
簫炎は 学院に向かう皆と別れて 銀城に向かう。

簫炎は 偶然 海波東に会う。
銀城の様子を聞くと
道で傀儡に会ったと言われる。
簫炎が 法獁国師に会うつもりだと言うと
先に様子を窺ってくる と言われる。

法獁国師の屋敷には 多数の傀儡がいた。
海波東も簫炎も捕まり 傀儡にされそうになるが、
簫炎は 離魂術を使って逃れ、海波東を救出する。


実は 法獁国師も分身だった。
簫炎は 薬塵から 法獁国師の本体は魂殿の祭壇の下にあり、
法獁国師の屋敷と地下で繋がっていると聞く。
また 離魂術を使うように言われる。

法獁国師は 薬塵から聞いたように
魂殿と戦った英雄を魂滅生が戦利品として吊るした場所にいた。

簫炎は 法獁国師から
利用され離魂術で分身を作らされている、
救い出してほしかったが
骨霊冷火で焼き尽くしてほしい
と言われる。
簫炎は 言われた通り 法獁国師だけでなくすべてを焼き尽くす。
すると 銀城内の傀儡が次々と倒れ 消える。
皇宮、学院の法獁国師の分身も消えてしまう。


米騰山が学院に復帰。
韓楓は少しおとなしくなった様子。

簫炎は 実家から 商いに問題が生じたと文が届き、
薫児と一緒に戻る。
簫家の輸送隊が何度も襲われていた。
それもなぜか襲われるのは簫家のみだった。

29-32

簫炎は 仮面をつけ“岩梟”として 輸送隊が襲われる件を捜査。
襲った傭兵団を特定。
黒幕が 莫家だと知る。
そこで 莫家を恨んでいる“美杜莎”に協力を求める。

簫炎は 莫承に取引を持ちかける。
“美杜莎”と“青蓮地心火”を渡すから 本当の黒幕に会わせろと。
取引成功。
簫炎は 黒幕が繁嶗と聞く。
一方 莫承は 大喜びで “青蓮地心火”を体内に入れる。
ところが “美杜莎”が“青蓮地心火”に細工していた。
莫承は亡くなる。

簫炎は 莫家が蛇人と手を組んだと噂を広めることにする。
そうすれば魂殿が裏切られたとして莫家を一掃するだろう と考えたのだった。


簫炎は 父に
「闇が訪れれば 血宗が先陣を切り魂殿は復讐を始めます。
星隕閣の韓楓は昔からの裏切り者。
雲嵐宗と古族を除けば簫家が一番狙われる」と言い、
母の復讐を誓う。
また 父に 隠し事があるならすべて明かしてほしいと言うが、
「この世には予想できないことが多すぎる。奴らの動きが思いの外早かった」としか話してくれなかった。


簫戦は 闘技閣を再開させる。
簫炎は 天階の闘技を学ぶつもり。
嫣然との決闘と母 文心の復讐のために。
しかし 父からは どちらも忘れるようにと言われる。
嫣然は 雲山に代わって雲嵐宗の宗主になることが決まっている。
嫣然と決闘するということは 天下を敵に回すと言うことなのだ。


簫炎は 燃えさかる闘技閣で目を覚ます。
簫炎は 大長老を殺して闘技を盗み、闘技閣に火をつけたと疑われる。
否定するが、
父から もう息子とは思わないと追い出される。


簫炎は 薫児はと一緒に簫家を出る。
薫児は 簫戦から 簫炎の従兄弟の傭兵団を頼るように言われていた。

33-36

簫炎と薫児は
雲嵐宗、星隕閣が1年前から簫家を監視している と知る。
すぐに 簫戦に文を送る。


古族で内紛が起きている。
龍母が失踪し、
薫児の父たちが疑われているのだ。
薫児は 迎えに来た父 古元と一緒に 東龍島に戻る。


簫炎の従兄弟 簫鼎と簫厲は
12年前 一族を追い出されて砂漠で傭兵団を作ったわけではなかった。
族長の命令で砂漠に簫家の分家を創設したのだった。
その主は簫炎。
簫炎は 主の資格があるかどうか試されることに。

簫炎は 簫鼎と簫厲に指示されたところに入って行く。
そこには闘技閣があり 簫家の闘技と功法が納められていた。
簫戦は 簫家が滅亡することを予感。
密かに闘技閣を作り簫家の宝を移していたのだ。
そして 簫炎を追放することで 簫炎に簫家の再興を託したのだ。

その闘技閣の地下5階に祖先がいる。
祖先に勝たなければ闘技閣を出ることはできない。
ところが 祖先は60年に一度30日だけ生き返る。
つまり 30日以内に勝たなければ 60年閉じ込められるのだ。


簫炎が祖先と戦っている頃…
簫家は 雲嵐宗によって皆殺されてしまう。

古族も滅亡しかけていた。
龍母失踪に 魂殿の配下 繁嶗が関係していたのだ。
古元、薫児の祖父以外 おじも従兄も繁嶗に操られていた。

薫児は 龍母を捜しに雷電谷に行く。
龍母に会えるが、
龍母は 命珠を奪われ 谷を出ることはできない状態だった。
薫児は 龍母から次期の龍母に指名され、
鎮天弓(一切の邪悪を破る)を授けられる。
繁嶗を殺して と。
また 簫家が滅亡したら帝陀古玉を奪うように、古族再興の鍵 と言われる。

古元、薫児の祖父の前に 繁嶗が現れる。
祖父は 一族の者を救うために魂殿に忠誠を誓うが、
その後 自害する。
古元は ただ一人繁嶗と戦う。

37-40

五大家族で代々受け継がれている“帝陀古玉”
これを5つ集めればひとつの鍵となり
闘帝の墓を開けられる らしい。
魂滅主は 5つすべてを手に入れようといる様子。



簫炎は
3つの火、骨霊冷火、獣火、青蓮地心火、を融合させた“仏怒火蓮”を創りだし
祖先に勝利する。
地上に戻ると
簫鼎、簫厲ら 傭兵団の姿がなかった。
ある日突然消えたらしい。


古族では…
薫児は 龍母として 戦いを終わらせる。
しかし 繁嶗を逃がしてしまう。
首謀者の3人の龍主の命珠を取り上げ、
闘気を失わせる。
また 繁嶗のスパイである二伯父と四叔父を
生涯幽閉処分にする。


嫣然は 雲嵐宗の宗主 雲山と古河の会話を聞く。
2人は 嫣然と古河が結婚した後
納蘭家も乗っ取るつもりでいる と知る。
また 捕らわれている簫戦を見つける。
簫戦から 「帝陀古玉は隠しておけ。それを持っていれば殺されることはない」と言われる。

嫣然は 雲山と争おうとして 牢に入れられる。
そこで 従順なふりをするのが得策と考え、
雲山に 結婚後雲嵐宗の新宋主にしてくれれば帝陀古玉を渡す と言う。


簫炎は 薫児を助けに行こうとして
薫児と若琳に会う。
2人は 簫炎に会いに行こうとしていた。

次に 米騰山、斉先生、仲間らと会う。
魂殿、血宗が 動き出したらしい。
簫炎と薫児が狙われると考え 学院で匿おうと捜していたのだ。

簫炎らは 学院に到着する。

韓楓は 学院として魂殿、血宗と戦うべきと力説する。
雲嵐宗も星韻閣も何も動くつもりはないのに。
学生たちを仲間にしようと考えているのは明らか。
米騰山は 韓楓の意見に反対する。
“学生は あくまでも学生。
雲嵐宗、星韻閣、納蘭家が同盟を組み 雲山が盟主になって戦えばいい”と。
そして 古河と韓楓に すぐに雲嵐宗に向かってほしい と言う。
韓楓から 反論されるが、
学生たちを学院から出すつもりはない と答える。

41-45

これも“第2季”があるとは…
まったく知らなかった…

私にとっては びっくりの結末で
それまでの話が飛んでしまった…



韓楓は 古河、繁嶗と共に 簫炎を攻撃。
しかし 倒せず 退散。

簫炎は 闘帝の声を聞いたことで
学院の長老たちから 闘帝が予言した英雄ではないか と言われる。
闘帝の予言とは…
“闘帝が亡くなり 氷川の氷が溶けた時 魂滅生の封印も解け 魂滅生が再び闘気大陸に君臨する。
その時 5個の帝陀古玉を持つ英雄が現れ闘帝の墓を開け 天下のすべての悪を封印する”
というもの。


簫炎は 嫣然との決闘の前に 薫児と一緒に実家に立ち寄る。
荒れ果てた様子に驚く。
どこにも人の姿がなく…
雲嵐宗に襲われたと知る。
父を捜しに かつて法獁国師が吊り下げられていた所に行く。
そこに 父はいた。
しかし 助けられなかった。


嫣然との決闘、
簫炎は 勝利する。
次に 母の復讐と 雲山を倒す。
そこに 繁嶗 登場。
簫炎は 薬塵と共に戦う。
繁嶗に勝利するが、
瀕死の状態。
小医仙に助けられる。

簫炎は 韓楓に指輪を
薫児には 帝陀古玉を 奪われる。




にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



web拍手

蒼穹の剣(闘破蒼穹)(41)-(45)


41-45

これも“第2季”があるとは…
まったく知らなかった…

私にとっては びっくりの結末で
それまでの話が飛んでしまった…



韓楓は 古河、繁嶗と共に 簫炎を攻撃。
しかし 倒せず 退散。

簫炎は 闘帝の声を聞いたことで
学院の長老たちから 闘帝が予言した英雄ではないか と言われる。
闘帝の予言とは…
“闘帝が亡くなり 氷川の氷が溶けた時 魂滅生の封印も解け 魂滅生が再び闘気大陸に君臨する。
その時 5個の帝陀古玉を持つ英雄が現れ闘帝の墓を開け 天下のすべての悪を封印する”
というもの。


簫炎は 嫣然との決闘の前に 薫児と一緒に実家に立ち寄る。
荒れ果てた様子に驚く。
どこにも人の姿がなく…
雲嵐宗に襲われたと知る。
父を捜しに かつて法獁国師が吊り下げられていた所に行く。
そこに 父はいた。
しかし 助けられなかった。


嫣然との決闘、
簫炎は 勝利する。
次に 母の復讐と 雲山を倒す。
そこに 繁嶗 登場。
簫炎は 薬塵と共に戦う。
繁嶗に勝利するが、
瀕死の状態。
小医仙に助けられる。

簫炎は 韓楓に指輪を
薫児には 帝陀古玉を 奪われる。



にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

web拍手

蒼穹の剣(闘破蒼穹)(37)-(40)


37-40

五大家族で代々受け継がれている“帝陀古玉”
これを5つ集めればひとつの鍵となり
闘帝の墓を開けられる らしい。
魂滅主は 5つすべてを手に入れようといる様子。



簫炎は
3つの火、骨霊冷火、獣火、青蓮地心火、を融合させた“仏怒火蓮”を創りだし
祖先に勝利する。
地上に戻ると
簫鼎、簫厲ら 傭兵団の姿がなかった。
ある日突然消えたらしい。


古族では…
薫児は 龍母として 戦いを終わらせる。
しかし 繁嶗を逃がしてしまう。
首謀者の3人の龍主の命珠を取り上げ、
闘気を失わせる。
また 繁嶗のスパイである二伯父と四叔父を
生涯幽閉処分にする。


嫣然は 雲嵐宗の宗主 雲山と古河の会話を聞く。
2人は 嫣然と古河が結婚した後
納蘭家も乗っ取るつもりでいる と知る。
また 捕らわれている簫戦を見つける。
簫戦から 「帝陀古玉は隠しておけ。それを持っていれば殺されることはない」と言われる。

嫣然は 雲山と争おうとして 牢に入れられる。
そこで 従順なふりをするのが得策と考え、
雲山に 結婚後雲嵐宗の新宋主にしてくれれば帝陀古玉を渡す と言う。


簫炎は 薫児を助けに行こうとして
薫児と若琳に会う。
2人は 簫炎に会いに行こうとしていた。

次に 米騰山、斉先生、仲間らと会う。
魂殿、血宗が 動き出したらしい。
簫炎と薫児が狙われると考え 学院で匿おうと捜していたのだ。

簫炎らは 学院に到着する。

韓楓は 学院として魂殿、血宗と戦うべきと力説する。
雲嵐宗も星韻閣も何も動くつもりはないのに。
学生たちを仲間にしようと考えているのは明らか。
米騰山は 韓楓の意見に反対する。
“学生は あくまでも学生。
雲嵐宗、星韻閣、納蘭家が同盟を組み 雲山が盟主になって戦えばいい”と。
そして 古河と韓楓に すぐに雲嵐宗に向かってほしい と言う。
韓楓から 反論されるが、
学生たちを学院から出すつもりはない と答える。



web拍手
つぶやき
現在 娘が第2子出産のために里帰り中
孫に振り回される毎日
続々と中国ドラマの放送・配信・レンラルされているというのに
観る時間がない!
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
シーシュポス: The Myth
ヴィンチェンツォ

コウラン伝 始皇帝の母(晧鑭伝)
成化十四年~都に咲く秘密~
侠客探偵 簡不知(侠探簡不知)
摩天楼のモンタージュ~Horizon Tower~
           (摩天大楼)
 
<視聴予定>
九州縹緲録WOWOW
私だけのスーパースター~Mr.Fighting~
        (加油!你是最棒的)
幸せのエチュード1/28~ホームドラマチャンネル
大唐女法医~Love&Truth~2021/2/3~レンタル
運命のキスをお願い!
     (我好喜妳你)2021/2/~lalaTV
天機十二宮~陰謀と二つの愛~2/3~レンタル
大宋少年志~secret mission~2/3~レンタル
破氷行動~ドラッグ・ウォーズ~
         2021/2/5~レンタル
漂亮書生2021年春 衛星劇場
花の都に虎(とら)われ(傳聞中的陳芊芊)
          4/~衛星劇場

ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
     
  神龍      海上牧雲伝

     
瓔珞<エイラク>    晩媚と影

     
 ミーユエ      霜花の姫

     
永遠の桃花~三生三世  擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ