FC2ブログ
2008/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>




兄嫁は19歳 あらすじ&感想



すごく評判がよくて 期待してみはじめたら なんだかイマイチ。
“ほんとうに いいの?”と疑ったけれど だんだん面白くなってきて
最後の数話は 泣きながら観ました。

実は このドラマを録画していた時は、キム・ジェウォンくん目当てで 観るつもりだったんですよね…
でも ユン・ゲサンくん、よかったわ~


   
    OST       DVD-BOX(日本版)


全16話 2004年 SBS

出演者 : カン・ミンジェ・・・キム・ジェウォン
       カン・スンジェ・・・ユン・ゲサン
       ハン・ユミン(チョン・へウォン)・・・チョン・ダビン
       チェ・スジ・・・キム・ミニ

       イム・チョンオク(ミンジェ・スンジェ母)・・・パク・ウォンスク
       ソン・ギョンファ(スジ母)・・・イ・ヘスク
       カン・イェリム(スンジェの双子の妹)・・・ソ・ジヘ
       ハン・ガンピョ(ユミン弟)・・・ホ・ジョンミン
       へウォン母・・・イ・ボヒ
        へウォン祖父・・・ユン・ジュサン
       ミン・ソヒョン・・・イム・ヒョンギョン
       シン・チャンジョ(スンジェ友人)・・・ソ・ドンウォン

演出 :  イ・チャンハン
脚本 :  チン・スワン


 12345678910111213141516


1

へウォンの両親は結婚を反対され 家を出て5年になる。食堂を経営し、娘へウォンがいる。
へウォン父は実家に帰る途中 事故に遭う。
意識不明になり 3年後目覚めるが 事故の前の記憶を失っていた。

事故直後 へウォン祖父は へウォン母に手切れ金を渡す。
その後 へウォン母は亡くなり 手切れ金は 食堂の従業員チョンオクとギョンファが山分けし、へウォンは電車に置き去りにされる。

15年後。
チョンオクには 医師の長男ミンジェ、遊び放題の次男スンジェ、スンジェの双子の妹イェリムの3人の子供がいる。

ある日 スンジェは母の大事な犬のシャシャを人質(犬質?)にして 家出をする。
家出先で会ったのは ユミン。
ユミンは養父母が亡くなった後 病気のガンピョと暮らしている。

シャシャがユミンの商売道具の魚を食べてしまったため 弁償するまで帰してもらえない。

ガンピョの担当医はミンジェ。
ユミンはミンジェに片思い中。

ガンピョの病院にヘウォン祖父が運ばれてくる。
へウォン祖父は へウォン父に へウォンを捜すように言う。


へウォン父は再婚しなかったのかしら。へウォンを捜すということは 跡継ぎがいないのよね。
で、ギョンファの娘スジが へウォンになりすますのかしら。
病院で ヘウォンとへウォン父はすれ違ったのに…気付かなかったわね。


2

家を追い出されたユミンとガンピョとスンジェ。
スンジェはユミンたちの苦しい状況を見て 手伝いを始める。
でも…ほんと、大変なのよ。
だからって ガンピョの治療費を稼がないと 命に関わってくる。

そんなとき “シャシャを捜しています。謝礼は500万”の記事を見つける。
ところが ガンピョがシャシャを連れ出し、スンジェのバイクで逃げて事故を起こしてしまう。
シャシャが死んでしまい 謝礼はなし。

ギョンファはヘウォン母の金を半分横取りしたはずなのに 借金取りに追われているのね。
家を出て チョンオクの家に。
お金がなくなると チョンオクを脅して金をだしてもらっていた。

ミンジェは母に 見合い相手と結婚するように言われる。
ソヒョンを忘れられないミンジェは 結婚したい人がいると嘘をつき、
結婚相手として ユミンを紹介することにする。


スンジェはユミンを気になりはじめたみたい。
なのに 兄の婚約者として 紹介されちゃうのね…


3

ミンジェが連れて来たのはユミン。
スンジェは信じられない。ミンジェに協力できないと言う。
本人は認めたくないかもしれないけれど ユミンが好きだからね。

チョンオクは ユミンが嘘の婚約者だと言うことはお見通し。だから早急に婚約式をするように言う。

それからユミンはミンジェの前にもスンジェの前にも姿を見せない。
ガンピョの病院代を工面しに 働きに行っていた。

窮状を知ったミンジェとスンジェは ユミン姉弟を家に住ませることに。

引っ越してきた2人。
スジは ユミンの荷物の中に 子供の時にへウォン父に貰ったぬいぐるみがあるのを知る。

へウォン父はスジに会い、へウォンのことを知っていたら教えてほしいと頼む。
スジはヘウォン父が記憶を失っていること ユミンが自分と同じぬいぐるみを持っていることを知ったから 自分がヘウォンになりすますのかしら。
それともチョンオクを脅す?

スジはスンジェが好きなのかしら?


4

ガンピョがユミンのために用意した高校の制服は スンジェ、イェリム、スジと同じ学校だった。
ユミンは22歳ということになっているのに 嘘がばれてしまう。

ガンピョはイェリムとスジに 嘘の事情を説明。チョンオクには黙っておいてほしいと頼む。
イェリムは騙されて 嘘の説明に納得。
でもスジは騙されない。
本当のことを教えてくれたら 黙っておいてもいいと。

スジはユミンがヘウォンかもしれないと思っているのよね。
それにスジはチョンオクとギョンファがヘウォンを捨てたことも知っている。

スジはコンテストに出品する予定だったが イェリムに代えられてしまう。
コンテストに出たら 大学の推薦入学は間違いない。
だから イェリムは母に頼み、チョンオクは学校に圧力をかけることに。

スジは援助を受けようと ヘウォン父に会いに行く。
ヘウォンのことを聞くヘウォン父に スジは
「ヘウォン母が亡くなった後 うちが引き取ったが、10年前に死んだ」と言う。

さすがに ヘウォンになりすますことはしなかったのね。
でも…ヘウォンを死んだことにして ヘウォンの代わりに 娘のように優しくてして 援助をうけるつもりなのよね。

スンジェはユミンに振り回されているけれど 嬉しそう。
ふざけていて ソファに倒れて 顔が近付いたこと、
数学の照明をして 「かっこいいわ」と言われたことを思い出して にやけてるのよね。

ところで “コンナム3人組”まったくコンナムじゃないんですけど…
もう少しましな人にしてほしかったわ。


5

スジはヘウォン父に送られて帰宅。
そこをギョンファが目撃。
ギョンファはびっくり。スジを問いただすと 「お母さんを訪ねてきて 会ったの」と返事。
スジは ユミンがヘウォンだと言うのよね。

このままでは 自分たちが捨てたことがばれてしまう。
それでは困る。
そこでスジは ギョンファをけしかけて ユミン姉弟を追い出すことに。
スジは ユミンが嘘をついて婚約者になりすましていることを知っているからね。

チョンオクに ユミンがヘウォンだとは言わず、ユミンの素性をばらす。
するとチョンオクはユミンを叩き 出て行くように言う。

ミンジェが少しずつユミンに優しくなったし、
スンジェは ユミンに「数学の証明している姿がかっこよかった」と言われたから やる気になったというのに…

ユミンは明るくしているけれど 自分を捨てた人たちを復讐するつもり。
それがチョンオクとギョンファだと知った時に ミンジェ、スンジェと仲良くなっていたら辛いものね。
今のうちに別れる方がいいかも。

それにしても ユミン、可哀そう。


6

スンジェはスジの家にユミンを連れてくる。
数日後、ユミンは高校を退学し スジの家を出る。

ガンピョもアルバイト先を辞め、病院にも来ない。

スジとギョンファはヘウォン父に会う。
ヘウォン父はスジの援助を申し出るのよね。
スジの計画通り。

ユミンから ぬいぐるみを忘れたから送ってほしいと連絡が来ても
スジはぬいぐるみと住所を書いたメモを燃やしてしまう。

これで ヘウォンとユミンをつなげるものはない。
でも…ガンピョ両親に拾われた頃の写真があるから 何とかなるかなぁ…
写真はスンジェも持っているのよね。

5年後

スジはパリから帰国。
M建設の室長に。
5年後って 大学を卒業してすぐよね。それで室長って 優秀なのね。

スンジェは学校(塾?)の先生に。
だけど…教え方がダメと解雇。

ユミンは満期になった積立金を解約しようとしたら…
ガンピョが解約した後。
そのガンピョは詐欺に遭って ユミンが貯めたお金が ぱぁー。
スンジェも同じところに詐欺に遭ったみたいね。

スンジェはユミンを忘れていない。
いつか会えるのを信じて 待っている。
ミンジェは… ときどきユミンの声が聞こえる気がしているみたい。
初恋のソヨンよりもユミンの方が気になっているかも


7

ミンジェは病院でユミンに再会。
で、スンジェを呼び、
スンジェと一緒にいたスジも来て…

ユミンとミンジェが仲良くて スンジェは機嫌が悪い。
ミンジェはユミンを好きになりかけているわよね。
スンジェは自分が先にユミンに会いたかっただろうなぁ。

スジは ユミンが大学検定を受けて大学を卒業し、M建設の入社試験をうけたと聞いてドキドキ。
会社で履歴書をチェックしたけれど 一足遅かったみたいね。

スンジェは ミンジェの好みを教えてあげると言って ユミンとデート。
スンジェが歌った歌は スンジェの気持ちそのまま。
好きだって言っちゃった方が言いような… ミンジェに先を越されたら どうするのよ。

それより~
なぜ ギョンファは チョンオクをヘウォン父に会わせたの?
脅しのつもりのようだけど
ヘウォン父が記憶を取り戻したらどうするの?
ヘウォンは亡くなったことになっているから 記憶を取り戻しても大丈夫だと思っているのかしら。

ショックをうけたチョンオク、帰宅して またまた ショックなことが…
取り上げたスンジェの財布に挟んであった写真を見てびっくり。
それは ヘウォンの写真だったから。ガンピョにもらった写真よね。


8

チョンオクは スンジェから 写真の子は友達の姪と聞く。
留学中で幸せと聞いて涙ぐむ。
自分が捨ててきたせいか ギョンファより罪悪感はあるみたいよね。
というか ギョンファの方がずる賢いから チョンオクに捨てさせたわけで…ギョンファは後で知らなかったと開き直れるからね。

ギョンファはずる賢いけれど 頭が足りない。
だから チョンオクをヘウォン父に会わせる。
チョンオクを脅すつもりが 自分の首を絞めることになるんじゃないかしら。
ヘウォン父は チョンオクに会った気がして 調べ始めたから チョンオクの正体はすぐにばれるわね。

そして工事現場で 落ちてきた資材からヘウォン父をかばってユミンが下敷きになる事故が。
ヘウォン父の記憶が少し戻りそうだし、
ユミンとの 関係もできたし、
すべてが明らかになるのは時間の問題かな。

ガンピョの企みで
ガンピョとユミンはスンジェの家に一緒に住むことに。

スンジェはユミンが好きなのに 一歩踏み出せない。
ユミンがミンジェを好きだから?
そんなことより 告白した方が“勝ち”のような気がするんだけどなぁ~

ミンジェはソヨンが結婚すると聞き ショックを受ける。
だからって~携帯を海に投げてもったいない。
ミンジェは6年間も思っていたけれど ソヨンはそうではなかったのよね。
寝込んでしまって 立ち直るのに時間がかかるかと思っていたけれど…

ミンジェは割と早く立ち直れて、それがユミンのおかげと思い、
ユミンに対する気持ちに変化が…

ミンジェはユミンを好きになってしまうのよね。
契約婚約が本当の婚約になってしまう。
スンジェがもたもたしているうちに ユミンはミンジェの婚約者に。


9

ギョンファ、チョンオク、スジ、今までのユミンの苦労を考えたら 事実は明らかになるべきだけど
これからのユミンの幸せを考えたら 明らかにならない方がいいわよね。

スンジェはM建設の面接に合格。

ユミンは入院中で面接に行けなかったが、へウォン父が病室に見舞い兼面接に訪れ 合格する。
合格者名簿を見たスジはびっくり。
ユミンに入社されてはマズイ。
すぐにヘウォン父に抗議するのよ。面接を受けていないのにおかしい。命の恩人だから合格させるのは公平性に欠けると。

ところがヘウォン父に 「それなら 君の採用も公平性に欠けることになる。口出し無用だ。これからは社長室の出入りも控えるように」と言われてしまう。

合格祝いで偶然会った4人。ミンジェとユミン、スンジェとスジ。
暗い雰囲気が漂う。
ユミンはミンジェとデートをして 以前スンジェが話してくれたミンジェの好みがすべてスンジェの好みだと知って カンカン。
スンジェに文句を言うと 「俺はお前が嫌いだ」と言われてしまう。

スジは とにかくユミンを遠ざけたくて ミンジェに ユミンは危ない子だから気をつけろと言う。
「出会ったのは刑罰に近いし、事実を知って辛い思いをするのはユミンかも知れない」と。

チョンオクの過去を聞いたヘウォン父、空白の2年の事が知りたくて チョンオクに会う。
チョンオクは いきなり 食堂で働いていなかったかと聞かれ 動揺してしまう。


10

ん…
兄弟で譲りあうことにしたの?

ミンジェはスジから スンジェはユミンを好きだと聞かされる。
それでも ミンジェはユミンと楽しくデートしていたから 自分の気持ちを優先させることにしたのかと 思ったら…
違うのよ。

ユミンの誘いを断るのよ。
その日は5年前にユミンが自分の誕生日にすると言った日。ユミンはどうしてもミンジェに来てほしかった。
けれど ミンジェは行かない。

ユミンはミンジェのマンションに行く。
ミンジェは帰宅して ドアを叩くユミンを見つける。
ミンジェはユミンが帰るまで 隠れて待つのよ。
帰ったと思って玄関に。
するとユミンは帰っていない。
約束を破り、玄関を叩く自分を隠れて見ていたミンジェを非難すると ミンジェはユミンを冷たく突き放す。

結局、ユミンの気持ちとか ユミンが味わう辛い気持ちとか関係ないのね。
自分と兄弟が大事ってことよね。
譲り合う2人はいいかもしれないけど 両方から突き放されたユミンはどうなるのよ。

スンジェは ミンジェから冷たくされたユミンに 「俺は嫌いじゃない」って言ってあげるけど 
「好きだ」じゃないってことは ユミンと付き合うつもりはないってことよね。

スンジェを好きなスジは チョンオクに会いに行き、「スンジェと付き合いたい」と言う。
チョンオクは スジと結婚させる気はないから 断わる。
すると ヘウォンのことを持ち出すのよ。
ヘウォンはユミンだと。
子供たちが知ったら絶対に許してもらえないはずだと。

その頃イェリムはスジの部屋で スジとヘウォンが写った写真を発見。持ち帰ることに。


これって どうなるの?
ミンジェとスンジェとどっちと結ばれるんだろうと思っていたけれど
兄弟だし、母の罪もあるし、結ばれないのかしら。


11

イェリムは写真を母に見せる。
チョンオクは 写真のことは他言しないように言い、ギョンファに会いに行く。

チョンオクはヘウォン父にすべてを言うつもりだと言う。
ギョンファは スジがヘウォンは死んだと嘘をついていることを話す。

そのあと チョンオクはヘウォン父に会いに行く。
本当のことを話そうかどうしようか悩みながら話すチョンオク。
食堂で働いていたこと、へウォン父が失踪した後へウォン母が死んだこと…

ところが 核心にふれるところで スジとスンジェが来るのよね。
睨むスジ、笑いかけるスンジェ。
チョンオクは結局 スジの嘘にのってしまう。

スンジェはミンジェとユミンを仲直りさせたくて スジからもらったチケットを渡す。
ところがミンジェが来ない。
ソヨンがミンジェに会いに来ちゃったのよね。

ソヨンは ミンジェの元から去ったのは チョンオクがお金を渡したからと言い出す。
ミンジェはソヨンを帰らせるが、ソヨンは再び来て 婚約者と別れたと言い出す。

ミンジェから行けないと聞き、ソンジェは慌てて 待ち合わせ場所に向かう。
落ち込むユミンを励まして ミンジェのマンションに行くと
ミンジェとソヨンが話していた…


12

ほんと、ギョンファは頭が足りないわ。
ヘウォン父と話していて
「いつもへウォンの4歳の頃の姿が浮かぶ。4歳以来会っていないから」とポロっと言っちゃうのよ。
上品な振る舞い、あわよくばヘウォン父と… なんてことばかり考えているから 他のことに頭が回らないのよね。

そしてついにヘウォン父の記憶が戻るのよ。
秘書から ヘウォンを連れて行ったのはギョンファではなく チョンオクだと聞き…

ミンジェは…契約婚約を破棄しちゃった…
ソヨンに戻るわけではないけれど ソヨンとのことを整理するために時間が必要だからと。
…それも本当だし、自分がどういう選択をしても 誰かを悲しませることになるのが辛いのかな。
それでもいいから 自分の気持ちに素直になるほうがいいのに。
ミンジェは捨て子で、育ててくれたチョンオクに気兼ねして 自分の気持ちを抑えて生きてきたみたいなのよね。そんなこと もう やめたらいいのに。

ミンジェは ソヨンにお金を渡したことで 母を責める。
けれど チョンオクはヘウォンのことだと思い、わけのわからないことを言い出す。
不思議な気持ちで 母の部屋を出ると イェリムが写真のことを話す。

ミンジェは 写真の女の子はスンジェの初恋→ユミンのこと→捨てられた→事故で記憶を失くすことがある…
ミンジェはスジに会いに行く。


ミンジェとスンジェが譲り合っているのが つまらなかったけれど
ユミンがスンジェを意識しはじめる気配で終わったから ちょっと期待できるかも。
それに ユミンがヘウォンと明らかになりそうなのよね。 楽しみ~


13

核心に迫ってきました~

ヘウォン父はチョンオクを責める。
「最後に連れ出したのはあなただと知っている。何を企んでいたんですか?ヘウォンを何故死なせたんですか」
そう言われて チョンオクは 思わず「ヘウォンは死んでいません」と話してしまう。
そして 倒れてしまう。

ミンジェはヘウォン父と話し、
スンジェに 写真の子はユミンなのか確認し、
チョンオクと話す。

ヘウォンが何か言っていたか聞かれ
ミンジェは 「何故 駅に捨てたのか教えてくれと言っていた。理由がわかったら許せるかもしれないと言っていた」と話す。

するとチョンオクは次から次へとは話しちゃうのよね。
“借金取りに追われて お金が欲しかった。捨ててきたのは自分だけど 計画したのはスジ母”と。
最後までヘウォンはユミンじゃないと否定していたけど
あんな言い方じゃユミンと言っているのと同じよね。

ヘウォン父はスンジェに スジに姉妹のように育った子はいないと確認する。
そしてスジとギョンファを問い詰める。
スジは平然と嘘をつき続ける。

ミンジェはDNA鑑定をしたようだから
スジが嘘をついても無駄。

それより~
ユミン、どうするの?
ミンジェは 愛しているけどユミンとは距離をおくつもり。スンジェのために身を引くのかなぁ…
スンジェは留学するつもり。
ユミンはスンジェが気になりだしている。

…自分を捨てた人がスンジェの母親だと知ったら…
可哀そうだよ~


14

ミンジェは事実を明らかにするべきかどうか 悩む。
不幸になるなら明らかにしないほうがいいのではないか…

そんな~
ギョンファとスジにだけいい思いをさせて~
ユミンの今までの苦労はなんだったのよ~
絶対に明らかにして!

ミンジェはスンジェにユミンを忘れるように言うのよね。
スンジェには事実を知る前に留学してほしかった。

でも ミンジェは悩み始めるのよ。
スンジェはユミンを愛している。別れさせるのが本当にいいのか。
母のことも このままでいいのか。母は嘘をついたままで 立ち直れるんだろうか。

スンジェは明らかにする決心をする。
チョンオクに 「世間に後ろ指をさされても味方になるから 告白して楽になってほしい」と言い、
ヘウォン父に会い、写真を見せる。

そしてスンジェに話す。
スンジェは母を責め、ユミンに会いに行く。

スンジェは 一緒に暮らして ユミンがどんなに大変だったか知っているから尚更辛い。


15

涙ぼろぼろ。大泣き。

スンジェはユミンを抱きしめ、すべてを話す。
でも ユミンは信じられない。

そこにヘウォン父が来て ユミンは事実だと知る。

後日、チョンオクはユミンに謝り、
ヘウォン父は これからは縁を切りたいと言う。

ヘウォン父はチョンオクを許せない。
でも ユミンは許せない気持ちと同時に 一緒に暮らしてきたことを懐かしく思う気持ちもある。
父との思い出よりも たくさんの思い出。
急に現れた父よりも たくさん愛しているスンジェ。

だからヘウォン父がチョンオクの会社を潰そうとしているのを知り ユミンは やめるように頼む。
しかし ヘウォン父はやめるつもりはない。

ただ…ギョンファも悪いんだから スジも辞めさせるべきじゃないの?
なんか 納得しないのよね。
ギョンファも言ってたけど 元はと言えば 結婚を認めなかったヘウォン祖父が悪いんだし。
あの時 ヘウォンだけでも 引き取ってくれたら違っていたのに。
もちろん 金に目がくらんだギョンファが ヘウォン父に責任転嫁するのは許せないけれど。


16

ユミンはスンジェ家族とは 二度と会わないから 手を引いてほしいと 父に頼む。
スンジェも 二度とユミンの前に現れないようにと約束させられる。

ガンピョに 子供の頃のユミンの話をするチョンオク、
それを見たユミンの気持ち…
許せないけれど 無理して憎むこともないんじゃないかと思うんだけど。

スンジェは 一緒に暮らしていたマンションで、ぬいぐるみを抱いて 寝ているユミンを見つける。
「辛い思いをさせて悪かった。今度は違う星で会いたい、俺が先に会いたい」と話しかける。
むっちゃ~ 切ないよ~

スンジェは ヘウォン父に 「ヘウォンは君の顔を見るとお母さん思い出すと言っている。君がヘウォンの前に現れたらお母さんはどうなるかわからない」と言われたから ユミンに黙って留学する。
ユミンはそのことをミンジェから聞かされる。
「早く立ち直ってほしい」と。

1年後、ボストン。
スンジェはシャシャも連れて来たのね。
シャシャを追いかけて行って ユミンに出会う。
「お祖父ちゃんに会いにニューヨークに来たの」と言うユミンに、
「ここはボストンだぞ。俺に会いに来たんだろ」と言うスンジェ。

よかった~ ハッピーエンドだった~
それも 会いたかった~と抱き合うんじゃなくて 昔のように冗談を言い合う感じで 最高~


 12345678910111213141516
スポンサーサイト
web拍手
関連記事

強敵たち あらすじ&感想



ラブコメとは 思っていないので ヨンジンがスホともグァンピルとも結ばれなくても いいのよ。
スホと結ばれるのかなぁ と思う終わり方でもいい。
でも… 警護にしても なんか納得できなかったし・・・
スホとグァンピルの過去も 予想できたし… つまらなかったし。

唯一の収穫は キム・シフくん。
「親切なクムジャさん」に出演して名を知られることになったそうなのですが、
私、この映画観ていないので 彼を見るのは初めてです。
1998年生まれ。 若い~ 息子より若い~
シフくん~ 期待しているよ~

   
     OST          DVD-BOX(日本版)

全16話 2008年 KBS

出演者 : チャ・ヨンジン・・・チェリム
       カン・スホ・・・イ・ジヌク
       ユン・グァンピル・・・イ・ジョンヒョク
       
       チャ・イルサン(ヨンジン祖父)・・・イム・ヒョンシク
       チャ・グァンス(ヨンジン父)・・・オ・グァンロク
       チャ・ヨング(ヨンジン弟)・・・キム・シフ
       
       カン・ミングク(スホ父・大統領)・・・イ・ドクファ
       シン・オッキ(スホ母・大統領妻)・・・イ・ギョンジン
       カン・スリョン(スホ姉)・・・シン・ウンジョン
       パク・ジング(スホ義兄)・・・キム・グァンヨン

       ピョ・チルホ(警護室課長)・・・マ・ドンソク
       オ・ミジャ・・・キム・ヘオク
       チョン・ユミン(大統領府広報室勤務)・・・チェ・ジャヘ
       キム・ミョンウク(ヨンジン同期)・・・コ・ミョンファン
       ユ・コンニム(グァンピル娘)・・・キム・ユジョン
       ナム・ドウ(ヨンジン先輩)・・・イ・ジフン(イ・ゴン)
       ソ・ウニョン・・・パク・ハソン

演出 :  ハン・ジュンソ
脚本 :  カン・ウンギョン

 12345678910111213141516


1

大統領のバースディパーティ。
妻オッキ、娘スホ、その夫ジングは出席。
しかし息子スホは家を飛び出す。
向かった先は不法格闘場。もちろん出場。

警察が乗り込んでその場にいる人間を逮捕し
スホは警護官が連れて帰る。

ヨンジンは柔道でグァンピルに負かされた上に 「合のいい時だけ男女平等を言うのはわがままだ」と言われる。
これを きっかけに ヨンジンはすべてにおいてグァンピルに勝とうと必死。
グァンピルは…負けたくはないみたいね

私も負けず嫌いなので ヨンジンの気持ちはわかるけど
“そんなに必死にならなくても…”と言いたくなるくらい必死。

度の越した2人の喧嘩に上司チルホは 2人に課題を出すことに。
ヨンジンは射撃の点数を上げること。グァンピルはヨンジンを指導すること。

しかしヨンジンは約束の時間に行かない。行けない。
祖父、父、弟が例の不法格闘場摘発で捕まったから。
この3人、いつもヨンジンに迷惑をかけているみたいね。

約束を断って待っていたグァンピルはカンカン。
でも 一人で練習するヨンジンを見て気が変わったのか 教えることに。
ヨンジンの成績が上がらないと グァンピルも任命されないものね。

無事任命式終了。
でも ヨンジン家族は来ていない。家族が来ていないのはグァンピルも同じ。
そして 2人はスホの警護官に任命されるみたいね。


まぁ…
スホの我儘に頭に来るし、ヨンジンを好きになれないような気がするし…
ん…
深く考えずに 青瓦台警護員の話だと軽く観ることにしましょう。そうすれば楽しいはず。

2

いやぁ…最後まで観れるだろうか…
観るとは思うけど… ヨンジンとスホに耐えられないかも。

VIP警護の訓練。
最後の最後、実はVIPを警護していた人が犯人で VIPを撃とうとする。
ヨンジンは驚いて 立ったまま。
グァンピルはすぐに VIPを庇い犯人を撃つが 自分も撃たれてしまう。

なのに ヨンジンはグァンピルを非難。「私に恥をかかせた」と。
この女、アホ?
自分が大統領を守る なんて叫んでさ、だったら 突っ立てないで守りなさいよ。
こういう 自分の実力を知らない 身の程知らずな人、嫌い。

まぁ あんな家族じゃ 虚勢をはるのもわかるけどね。
楽して生きていくことしか考えていないし、つけは全部ヨンジン。これじゃぁね。

ヨンジンとグァンピルはスホの警護を命令される。

初日。
ヨンジンは遅刻。
急いでいるのに 病院を抜け出したスホとぶつかる。
ヨンジンはスホの顔を知らない。だから “高校生がこんなとこで何しているのよ”ってことで 捕まえてしまう。
父に電話しろと 電話させ、教育論をぶちまける。相手は大統領なんだけど… 知らないから関係ない。
ヨンジンとスホはここで さよなら。

ヨンジン、スホの病室に行って びっくり。
そこにいるのは 大統領。戻ってきたスホは さっきの高校生。
“大統領に教育論をブチまかしてしまった~ 祖国と結婚しましたって言っちゃった~”

とりあえず ヨンジンとグァンピル対スホの勝負の始まり。

グォンピルは以前スホ家族と住んでいたのね。
何か事件が起きて グァンピルは家を出、スホはおかしくなってしまった。
だから大統領はグァンピルに会えて嬉しいけれど 他3人は消えてほしいと思っている。


スホのおこちゃまにもイライラ。
なにか理由があるみたいだけど。

ところで グァンピルが電話している相手は 彼女?子供?

3

ひねくれスホは ヨンジンに幼稚な意地悪をする。
夜中に警護を頼み、官邸に到着したら 警護を断る。その繰り返し。

スホが退院したことを知った不法格闘場の男たち、スホに因縁をつけてくる。
グァンピルとヨンジンはスホを連れて逃げる。
グァンピルとスホを逃がすために ヨンジンが男たち4人闘うことに。

すると スホはヨンジンを心配するのよ。
“彼女一人で4人を相手するなんて 彼女を見捨てるのか”と
いつから ヨンジンを心配するようになったのよ。 実は彼女に気があったりして…まさかね。

スホを守るのがヨンジンの仕事。
だからグァンピルがスホにそう言うと 「お前は変わってない」と言いだす。

突然 スホは頭痛に襲われ プールに落ちてしまう。


8年前、人格が変わるほどのことって何があったんだろう…

スホが甘えているようにしか見えない。
8年前の事件、納得できるほどの辛い事件であってほしいわ。そうじゃなかったら…

4

スホはヨンジンを好きになり始めている?

今回の事件でヨンジンとグァンピルは謹慎処分。
スホは2人が護衛にこないので 謹慎していることを知る。
ヨンジンの顔の怪我をみて 自分がしたことを反省したみたい。

と 思ったら…間違いかも。
スホは奉仕活動で 壁紙貼りをすることになったんだけど
これが スホはしないのよ。
結局 ヨンジンとグァンピルがすることに。まったく!

スホはグァンピルが電話する相手が気になって仕方がない。
“もしかして ウニョン?”

ということで 先にヨンジンを返して スホはグァンピルに聞く。
すると ウニョンは8年前に死んだらしい。
じゃぁ 子どもに電話しているのかしらね。
昔 ウニョンをはさんで 三角関係だったとか?事故ってなんだろう?

帰宅したヨンジン。
家には借金取りが来ている。
近所で騒ぎになってしまい、近くで話していたグァンピルとスホも聞いてしまい ヨンジン家に駆けつける。
グァンピルが借金取りを倒してくれるんだけど…警察が来ちゃうのよね…
スホもいるし、問題になってしまうかも。

予告で いつもどおり 2人がスホを護衛していたから 大丈夫だったのかしら。
グァンピルに娘がいることも 明らかになるようね。


どうしても スホが我儘に見えてしまう。
ヨンジンを好きになることで 変わっていくことに 期待して。
あとね… ヨンジンが スホかグァンピルか どちらかと 恋愛すると 面白いんだけどなぁ~
恋愛モードは後回しなのかもしれないけれど。

5

ピョ課長が来てくれて 借金を返して示談に。無事解決。
だけど ヨンジン家族3人は反省していないみたいで また借金しそう。

翌日スホが熱を出し、ヨンジンとグァンピルはデスクワーク。
ヨンジンは終わらないから 帰れない。
そこに ミョンウクが女の子を連れてくる。

女の子の名前は ユ・コンニム。グァンピルの娘。
訪ねて来たのはヨンジン。
グァンピルがやたらとヨンジンの名前を出すから 気になって来たのね
写真のお母さんに 「大した女じゃなかった。心配する必要はないわ」と 報告。

今日も2人に壁紙貼りをさせて ふて寝のスホ。
ところが この2人が楽しそうなのよ。スホはヨンジンが好きだからね。嫉妬するわけよ。
グァンピルに 「ヨンジンを好きだろう。今度は俺が奪い取る」 だって。
“奪い取るな”じゃなくて “好きだから手を出さないで”じゃないの。

スホは記憶がない。
だから グァンピルが自分からウニョンを奪ったと思っている。
もしかしたら ウニョンを死なせたのはスホってことも有り得るのよね?

おしゃべりミョンウクのせいで コンニムのことが噂になってしまう。
ヨンジンは上司から責められる。グァンピルには言わないって約束したのに。

6

グァンピルに子供が いる、いない のどこが問題なの?
上司には話しているんでしょう?
何か支障があったわけ?
興味本位で人の私生活を暴いているようで 気分悪いわ。

ドウはグァンピルにコンプレックスがあるのかしら。目の敵にして。
ドウが「子供がいることを なぜ隠していたんだ」と怒鳴るから
ヨンジンがばらしたと思ってしまうのよ。
オイ!ミョンウク、自分がべらべらと言いふらしたと白状しなさいよ。最低。
(後で ちゃんと白状してました)

グァンピルの件で審議委員会が開かれることに。
ドウは訓練生の時に仲が悪かったヨンジンに 不利な証言をしてもらうことに。
まったく どこまで根性が悪いのか…
もちろん ヨンジンはグァンピルに有利な証言をする。
だって 子供がいるからって ヨンジンが困ったことないもの。

2人が審議委員会に出席している間、スホには別の警護官がつく。
彼らは壁張りもしてくれないし、相手もしてくれない。
だから 壁張りをはじめる。そして部長に「早く2人を寄こすように」と電話をするよね…
スホ、ヨンジンがいないと寂しいでしょう。

だからって…夜中にヨンジンに会いに行く?
やっぱり 好きなのよね。まさかグァンピルへの復讐のためじゃないわよね。

7

スホはヨンジンが好きで 個人的に会いたかった。
けれど ラーメンを食べていると 他の客が怪しい動きを始める。
で、喧嘩に。

スホが悪い のに ヨンジンのせいになっちゃうし、
スホは母親に怒られちゃうし、
ラーメン店で ヨンジンに“友達になろう”と言ったら 「男はこりごり」と言われちゃったし、
しばらく おとなしくしていた方がよさそう…

スホはヨンジンの退社を待っている。
勇気を出して 「ごめん」 と言ったのに
「仕事だから謝らないでください」と言われてしまう。
スホ、辛いわね。

グァンピルたち警護員は 大統領官邸の警備に。
ヨンジンは留守番。
コンニムも留守番。

コンニムは一人で遊んでいて 道に迷って、誘拐されそうになって、交通事故に遭いそうになる。で、親切な人に保護される。
留守番しているヨンジンが連絡を受け 迎えに行く。

ヨンジンは家にコンニムを連れて行くが コンニムは人見知りをして 食べようとしない。
グァンピルが迎えにきて ヨンジンは送って行く。

ヨンジンは強そうに見えても 母親がいないことで傷ついているのよね。
だから コンニムの寂しさがわかる。

スホはヨンジンからの電話を待っている。
7時から8時に電話をするように言ったのに かかってこない。
で、電話をすると 弟が出て、グァンピルの家に言っていると答える。

ヨンジンが帰宅するとスホが待っている。
なんとスホはダンスを習いたいと言い出す。
ずっと ヨンジンのそばにいたいの?

スホ姉がコンニムを調査してたけど どうして?
グァンピルとウニョンの子供だから?
スホ姉には関係ないと思うけど…


恋愛ムードになってきて 少し面白く。

8

スホはまだヨンジンの手帳を持っているのね。
ヨンジンはなくても 困らないのかしら?

ヨンジンはスホに 「父にダンスを習うのは迷惑」と言うけれど
スホはやめる気はないし、スホ両親もスホの気持ちを尊重したいと言う。

ヨンジンは父親がダンス教室を開いているのが恥ずかしい。
だから スホが自分に意地悪をしていると思う。
スホは違うんだけどね。

ヨンジンはスホに 会えないかと電話をする。
スホは 姉とユミンと食事中。
だけど 大急ぎで駆けつける。

ヨンジンの姿を見ただけでご機嫌。
嬉しそうに走って駆け寄る。
たぶん、ヨンジンを驚かそうと思っていたのよね。
でも ヨンジンが振り向いて びっくり。

ヨンジンは スホに
「まじめに生きると約束してほしい。学校に行ってほしいし 奉仕活動も続けてほしい。やるべきことをやって ダンスをしてほしい」と。
ヨンジンは考え直したのよ。
父のことは 恥ずべきことではない。そしてスホ父はスホを愛し信じようとしている。スホにそのことをわかってもらいたと。

スホは母、姉、ユミンが頼んだと思っているけれど もちろんヨンジンの考え。
ヨンジンが言うことなら スホは聞くわね。

ユミン父主催のパーティで スホとスホ姉を警護することになり 警護員は変装して警備にあたることに。
ヨンジンは ドレス姿。
スホはヨンジンのドレス姿に見とれてしまう。

ヨンジンはパーティ会場で 以前スホの写真を撮っていた女を見かけ 後をつける。
庭に出て 人の気配し 銃を構えると 来たのはスホだった。

その頃 スホがいなくなって警護員は真っ青な顔で捜索中。
まさかヨンジンとキスをしているなんて思わないわよね。

パーティの警護中、コンニムはヨンジン家族と一緒に。
コンニムは一言でもしゃべるでしょうか…

9

スホは無理矢理キス。
だから 最後はヨンジンに押されて 池に落とされてしまう。
駆け付けた警護員はずぶぬれのスホを見ることに。
でも グァンピルだけは キスをしっかり目撃。

警護する側とされる側の3人が 三角関係に。

ヨンジンは結構動揺している。
警護に専念と思いこもうとしているけど…無理そう。

スホはヨンジンと約束した通り まじめに生きようとする。
ダンス教室には 警護員の到着を待たずに ひとりで行く。
おかげで 警護員たちは大騒動だったけれどね。

部屋にはたくさんの本を運びいれる。
スホ母も姉も ホッとしているようだけど…本だけあっても 読まないと仕方ないですから~

グァンピルは 自分がヨンジンを好きだと気付かされたみたいね。
過去 ウニョンをめぐって スホと対立したことを思い出してしまう。

何があったのか まったくわからない。
スホはグァンピルがウンヨンを奪ったと思っているけれど 本当にそうなのか…
グァンピルの回想では スホとウニョンが楽しそうにしているのを 遠くでグァンピルが見ているから そうかもしれない。

コンニムは暇で ヨンジン家に遊びに行くようになる。
スホを訪ねてきたスホ姉は コンニムに出会ってしまう。
コンニムはグァンピルとウニョンの子。
でもスホ姉がコンニムを見る目は… 身内を見る目で… まさかスホの子?


昔 ウニョンを巡って争ったように 今度はヨンジンを争うことに。
スホの記憶が戻ってくることになるのね。

10

スホはヨンジンが大好き。
ヨンジンは…好きかもしれないけれど 警護員の立場を崩すつもりはない。

会いにきたスホに 「警護しかできない」と言うけれど
スホは 「スホは警護だけをしていればいい。それ以外は自分がする。8年間頭痛に悩まされてきたけれど 君を思うようになってから 頭痛がなくなった」と。

翌日、スホは レッスンはないのにダンス教室に。
同じように遊びにきたコンニムに会い、コンニムの背中のバイオリンに興味を覚える。

スホはヨンジンを食事に誘う。もちろん警護中だからグァンピルも一緒。
そこにユミンも来てしまう。
ユミンはスホと結婚するつもりだけど スホはそんな気 全くなし。
スホの心は ヨンジン大好き。 一緒にいるのは辛いかも。

レストランに 思い出の曲が流れ、
スホは頭痛に襲われ倒れてしまう。

家に送りとどけたはずが 夜 スホが来る。
グァンピルに 「記憶を取り戻し始めた。あの日 俺を殺そうとしただろう」と言う。

ヨンジンがスホを連れて帰るが、
スホはヨンジンの腕をつかみ 「行かないでくれ。寝るまでいてほしい」と訴える。
で、いつの間にかヨンジンは寝てしまい…朝~

ダンス教室に行ったスホは コンニムのバイオリンを見つけ 開けてみる。
バイオリンには 「S&K」と彫ってある。
コンニムに このバイオリンはどうしたのか聞くと
母に貰ったと言う返事。
「お母さんの名前は?もしかしたらソ・ウニョン?」
そこにグァンピルが来る。


8年前に何があったのかしら。
スホはグァンピルが自分を殺そうとしたと言うし、
スホ姉もグァンピルのことを悪く言う。

スホの周りを嗅ぎまわっている女スジンは今もスホの周りをうろついているし、グァンピルはなにか関係している様子。
ヨンジンの疑問、妄想は増えるばかりなのに グァンピルは説明も言い訳もしようとしない。

グァンピルもヨンジンを好きみたいだけど
こっちは同僚愛なのか恋愛なのか不明。


スホがヨンジンを好きで ヨンジンも惹かれているような…
でも このままでは 恋愛できないのよね。
大統領の任期が終わるか ヨンジンが警護をやめるかしないと。
ヨンジンが辞めるはずないわね。

11

やっぱり コンニムはスホの子供なのね。

スホが記憶を取り戻し始めると同時に明らかになる事実。
スホを嗅ぎまわっているスジンはウニョンの幼馴染みだった。

ウニョンはグァンピルと暮らしている。妊娠していて お腹の子の父親はスホ。
ある日 スホが怒って グァンピルと喧嘩をし、2人とも怪我をし、ウンヨンも流産しそうになった
って ことなのよね。

スホは記憶を失くし、
グァンピルはスホ家族から離れて コンニムを育てた。
ウニョンはコンニムを産んで 亡くなったのかしら?

ウニョンはスホと付き合っていて 妊娠もしたのに グァンピルに乗り換えたの?
グァンピルが奪ったとは思えないし…
まさか ウニョンが妊娠したことを知って 姉たちがスホと別れさせた?

あり得そうよね。
スホ姉は グァンピルに 「私たちの見えないところに行って」 と言って 金を渡す人だもの。
なんだか グァンピルが切なかったわ。
「何故誰かのために消えなければならないんですか?僕は幸せになれないんですか?」と言うのよね。
「あなたがいると みんなが不幸になる」と答えるスホ姉。
不幸になるのは あなたの家族だけでしょうが!大統領がそんなにりっぱなの!
グァンピルは 「コンニムは自分の子供だ」って言っているのに スホとスホ父に迷惑がかかるの?

スホ姉とグァンピルが話しているところにスホが来る。
スホは 過去から逃げてはいけないと思い、事実を聞きにきた。

その頃 ヨンジンはコンニムと食事中。
スジンをつけていたビョンウクから 「スジンが同じレストランにいる」と聞き、
ヨンジンはスジンに声をかける。
しかしスジンは逃げ出し、ビョンウクとヨンジンはおいかける。
事故に遭いそうになったヨンジンを庇って ビョンウクが事故に遭ってしまう。

12

すべてはスホ姉がしたことだったのね。
ウニョンが堕ろさなかったから グァンピルに預けたのね。

グァンピルは誤解されたままよりはいいだろうけれど
コンニムを取られるのは嫌よね。
今更 「うちの子だから」と言われてもね。“ふざけるなぁ~”だわ。

スホはコンニムに会う。
もちろん 父だなんて言うつもりはない。
でも…コンニムに恥じないようにしようとは思っている。
コンニムが 「髪の毛は毛深い犬みたい、ひげがだらしない、服装は高校生みたい」と言うから
変身することに。
復学することも決め、やっと おこちゃまスホが 大人になりかけたのに

“大統領の息子に隠し子!”という記事がでてしまう。
記事が事実かどうかも問題だけど 誰が記事をリークしたのかが問題。
スホに子供がいることを知っている者は限られている。
警護室では 部長、チルホ課長、グァンピル、ヨンジン。
考えられるのは ヨンジンしかいないのよ。
濡れ衣を着せられて ヨンジンは辞めさせられるのかしら。

真犯人はドウ。
ヨンジンとグァンピルの上司なのに 何も聞かされず除け者にされているのが気に入らず ヨンジンを食事に誘って 聞き出そうとした。
その時に いきなり「コ警護員の娘はスホの娘だそうだな」と言いだす。
記者が聞いてたのよね… 情報を得ようとして尾行していたんじゃないかしら。

ヨンジンは辞めたくないだろうけど
辞めたほうが スホと恋愛できるんだけどなぁ。

13

ドウ、最低すぎる~
そんな奴が大統領の警護なんて~

事情を聴く部長たちの前で 「チャ警護官が “コ警護員の娘はスホの娘だ”と話した」と証言。
話したのは あなたでしょうが~

グァンピルとスホは記者に 情報源を聞くけれど 教えてくれない。
スホが 子供がいることを認めたけれど やはり教えてくれない。

ヨンジンは辞表をだすことに。

ところが記者が情報源を教えてくれることに。
ドウとヨンジンの会話を録音してたのよ。
これで ドウはクビ。
最後に グァンピルに悪態ついていたけれど 素直に反省できないところがダメなのよね。

スホはどんどんコンニムと仲良くなっている。
いいことだけど グァンピルは心配だろうなぁ…

ヨンジンがグァンピルに 「あなたにとって 私はどういう存在?」と聞いて 返事を待っていたら
コンニムとスホが来ちゃうのよ。 聞きたかったのに~
“愛してる” それとも“同僚愛”で誤魔化しちゃう?

14

スホは父親になろうと思い努力する。
それはそれでいいけれど いきなり現れて血がつながっているからって父親になれるわけではない。
とりあえず父親の友達のおじさんでいいんじゃない?
それで信頼関係を築いていけば 事実を知った時に受け入れるはず

今更引き取りたいと言われてもね…
グァンピルの今までの努力を考えると…

食事会に招待され コンニムはスホ家族に会う。
どんどん変わっていく状況に コンニムは戸惑っているはず。
一体 大人はコンニムの気持ちをどう考えているのか…
どうしてそんなに事を急ぐのか…

グァンピルはコンニムに事実を告げ、向こうで暮らした方がコンニムのためになると言う。
もちろん コンニムはグァンピルといたいはず。

スホもグァンピルもヨンジンが好きなのよね。
ヨンジンはどっちに惹かれているのかしら

15

ヨンジンは異動を申し出る。
スホとグァンピルの自分に対する気持ちを知って 見合いをするけれど
そこにスホとグァンピル登場。
こうなったら この2人から離れるしかないと思ったのね。

ヨンジンは警護官を辞める気はないのよね。
だから 被警護人のスホとも 同僚のグァンピルとも 恋愛できないと考えたのね。

ところが スホがダンス大会に出場すると言い出す。
もちろん相手はヨンジン。(では ありませんでした)
その間に 心を盗むつもりのようだけど どうなるかしら。

ヨンジンは最近スホの周りをうろついている男を追いかけて 逆に襲われてしまう。
ドウかな?

コンニムは これから週末はスホ家族と過ごすことに。
グァンピルに言われて 仕方なく官邸に来たけれど…
そう簡単に打ち解けるはずないわよね。
血が繋がっているだけで家族になれるのなら だれも苦労しないもの。

16

つまらない、リタイヤしようかな とは あまり思わなかったけれど…
そんなに… 面白くなかった。
最終回を観て確信。
“何、この最終回、つまんない”

ヨンジンを襲ったのはドウだった。
スホのダンス大会出場を見合わせてはどうかという意見も出るが、
スホが どうしても出場したいと主張。

ここで “はぁ?” よ。
ドラマだから と思うけど…
自分の個人的なことで 警護官に迷惑かけるのはおかしいんじゃないの?
みんなと約束していて 約束を守りたいから っていうけど それって個人的なことじゃない。
やっぱり おこちゃまスホはおこちゃまのまま。

で、警護官がミス連発。
最後にはドウは逮捕されるけれど ヨンジンは撃たれてしまう。
まわりに民間人はいなかったんだから ドウの脚を撃てば?
ドウを囲んで にらみ合って どうするのよ。

その後。
ヨンジンは大統領の警護を担当。上司は(めっちゃ大好き!の)カン・ジュヌォン(リュ・ジン)
グァンピルは新人の柔道の指導をしている。新人の中には ヨンジンを尊敬するチャ・ソンジュ(ハン・ゴウン)がいる。

ダンス教室は 繁盛しているみたいね。
コンニムはスホ、スホ家族とも仲良くなっている。

スホとヨンジンの仲は…
スホはコンニムに 愛している人がいて3年後にプロポーズする と話したから
父の任期が終了して 被警護人でなくなった時に ヨンジンにプロポーズするのかしらね。
ヨンジンは ダンス大会の前に返してもらった手帳に “愛してる”と書かれていたから
スホの気持ちはわかっている。 3年後どうなるか…


 12345678910111213141516

web拍手
関連記事

私の生涯最後のスキャンダル あらすじ&感想


良かった~
遅い時間に 生で観るほど 嵌りました。(再放送ないし)
“もしかしたら おばさんも恋愛できるかも” と少し思えたし。
現実にはなかなかないことかもしれないけれど 妄想するくらいはいいですよね。

私の勝手な判断基準、「好みではないおじさんが かっこよく見えると そのドラマは素晴らしい」
このドラマは そうでした。ジェビンとドンファが 素敵でした~です

   
     OST      DVD-BOX(日本版)

全16話 2008年 MBC

出演者 : ホン・ソニ・・・チェ・ジンシル
       ソン・ジェビン(ドンチョル)・・・チョン・ジュノ

       チャン・ドンファ(ジェビン所属事務所社長)・・・チョン・ウンイン
       ミンジュ母(ソニ友人)・・・イ・ヨンジャ
       アン・ジミン(ソニ娘)・・・ハン・ボベ
       アン・ユシク(ソニ夫)・・・キム・ビョンセ
       チョン・グムジャ(ソニ義母)・・・キム・ヒョンジャ
       アン・ユジョン(ソニ義妹)・・・オム・スジョン
       チョン・ウォンタク(ジェビン マネージャー)・・・アン・イルグォン
       サ・ルビ・・・ファン・ジョンウム
       チャン・フン(ジェビン甥)・・・イ・インソン
       イ・ナユン・・・ピョン・ジョンス
       コ・ジョンスク・・・キム・チョン
       スホ・・・イ・サンフン


演出  : イ・テゴン
脚本  : ムン・ヒジョン

 12345678910111213141516


1

お城の階段を登るお姫様。
「12時までに ものにするんですよ」と言われて 王子様近付く。
王子様に抱かれキスしようとする、その時に12時になってしまう。
驚く王子様。
お姫様の顔が40歳のおばさん顔に…

と 夢を見ていたのは40歳手前のソニ。
内診中に寝るなんて すごい心臓。
診察の結果は閉経。

ミンジュ母に誘われCM撮影のエキストラに。
ソニは場所がわからず うろうろしていて ジェビンにぶつかってしまう。
お互いにびっくりする。
“初恋のドンチョル?まさかね”
“初恋のソニ?こんなおばさんになるはずがない”

ソニはミンジュ母に話してみるが 「年齢が違うじゃない」と言われてしまう。
ジェビンは年齢を誤魔化しているのよね。

ジェビンもマネージャーに言うのよ。
「ソニは初恋の人。チョコレートのCMに出ていてとても可愛かった」と。

CM撮影中。
ソニは 「このCMおかしいわ」と言い出す。
監督もそう思っていたらしい。けれど もう後戻りはできない。
結局ソニだけが帰らされることに。

帰りかけたソニはバッグを忘れたことに気づき 取りに戻ると 娘ジミンがいる。
「学校はどうしたのよ~」怒ったソニはジミンに激突。
撮影所は大騒ぎに。

それが記事になっちゃうのよね…
ドンファの処理で大きな問題にはならなかったけれど
ジェビンは記事を止められなかったウォンタクにカンカン。
ウォンタクはご機嫌をとるために ソニの居場所を捜してくる。

ジェビンはどきどきしながら ソニに電話をする。
懐かしく話す2人。
外見はおばさんでも 心は高校生。

お互いが初恋の人だとは知らないまま 再び2人は放送局で会ってしまう。
ソニがジェビンにコーヒーをかけてしまい ますます印象が悪くなってしまう2人。
それでも電話をすると 初恋同士の2人の会話。
「今もきれいだろ?」というジェビン。
そうなこと言われたら会えるわけないじゃない。
というか…40歳になっても 昔と同じように綺麗な人は 芸能人か お肌の手入れにお金をかけれるお金持ちだけよ。

ソニ夫ユシクが詐欺罪で逮捕されてしまう。
財産差し押さえで どんどん赤札が貼られていく。
面会に行くと 「俺を出してくれ。お前のために事業をはじめたんだ」などと言う始末。
何?この夫。おかしくない?

せっかく新築マンションに当選したのに…(当選して万歳しながら しっかり ジェビンの看板を倒すところは さすが)
天国から地獄に。
ソニはお金が工面できない。
ミンジュ母はドンチョルに電話をしたら?と言う。

悩んだ末 ソニは「会いましょう」と電話をする。

ジェビンが喫茶店で待っていると みんなが気づいちゃうのよね。
仕方なく部屋を取り、そこで会おうとメールする。
びっくりするソニ。でも 「金の話は静かなところがいい」と思いなおし 部屋に向かう。

ドアをあけて…
え~ どうして~ 間違いじゃないですか~よね。


ん…これからでしょうか?

ソニはジェビンと どうにかなる前に 夫の問題を何とかしないといけないし…
年齢詐称で脅して 貸してもらうのかな?
それともドンファがソニの笑顔に興味をもったから 仕事をすることになるのかな?

2

ショックを受けるジェビン、「あのおばさんがホン・ソニ?」信じられない。
そして 「自分はドンチョルという奴ではなく ジェビンだ」と押し切る。

ドンチョルに聞いて確かめようと電話をかける。
出ないということはドンチョル=ジェビン?

ソニはバイトで出かけた放送局で ジェビンを見かける。
彼の背中を見ながら ドンチョルに電話をかけてみると…
ほ~ら やっぱり ドンチョルじゃないのよ!

ソニ夫 明らかにおかしい。
出たら大事にするなんて言って…大事にしなさそう。

ソニ夫に面会にきた女、10億 援助すると言い出す。
見返りは “これから私のために人生を生きて”というもの。
間違いなく この女の条件をのむわね。ソニに愛情があるとは思えないし。

ソニはミンジュ母から保険詐欺の話を聞く。
尿失禁で手術をすると 500万 保険がおりてくるらしい。
そこで病院に。
手術を勧めない先生に頼みこみ 手術をしてもらう。
ところが受けた手術は膣縮小手術… 美容整形だから 保険はおりない…200万の出費…
だから ソニがうつむき加減に “夫が…”と言った時に 先生、納得してくれたのね。

病院を出ると ジェビンにばったり。
ジェビンは美容整形をしてもらった帰り。
ジェビンは ソニが自分を脅そうとして付け回していると勘違い。
違うんだけど…ジェビンはやましいことがあるからね~

帰宅すると ソニ義母も保険詐欺を言い出す。
息子のために 嫁に手術を迫るの?
ミンジュ母が 「それは50歳以上しかできないから おばさんが行ったらどうですか?」と言ったから すっきりしたわ。 ほんと、自分がいけばいいのよ。

ジミンがおかしくなっても ソニの育て方を非難するのよね。
あなたの息子が悪いんでしょっ。

ジェビンはうなされる。
ソニがいつばらすのかと考えると眠れない。

そこでソニ相手に芝居をする。
“どうして 20年前 約束の場所に来てくれなかったんだ。ソニを待っていたんだ。困ったことがあったらドンチョルを訪ねてくれ。一日だけでも 俺のお金でお前を買えるなら…幸せでいてくれ”
何が何だかわからないまま うなずいてしまうソニ。

別れた後も “お前を帰るなら”の言葉が浮かんでくる。(…って「塩人形」じゃないんだから…)
ソニは決心し、ジェビンに会いに行く。
来られたジェビンは 慌ててしまう。

熊のぬいぐるみを持って来て (録音機能付きなのかな?)
ソニの話を聞く。
「夫の借金を返したい」とソニは服を脱ぎ出す。
「一日だけ許すから 私を買って」


観ていて飽きないわ~

3

ソニが「一日だけ~」というのは 録画されていたのね。
ちょっと~何するのよ~ と揉めているところに
ドンファ帰宅。
ジェビンはソニを家政婦と紹介したから ソニは家政婦の仕事をすることに。

自宅でジェビンの取材開始。
出てくる出てくる ジェビンの嘘。
「チャン・ドンファさんとは実の兄弟なのに名前が違うのはなぜですか?」
「両親が離婚して アメリカに渡って母の名前を継いだんです」
アメリカに?行っていないじゃないの!

ソニはわざと ドンチョル前で 「嘘はいいから テープを早く出して~」と言ったり、
「口がむずがゆいわ」と言ってみたり。

ジェビンはまた神経性腸炎。
あんなに嘘ばかりじゃ 疲れるわよね。その上ソニ登場じゃ…

ソニは雇ってもらえることに。
フンが気にったみたいね。
それにしても ソニ、 ゴミの中から着られそうなものを持って帰るなんて… おばさんでもしないと思うけどなぁ…

ソニが持ち帰ったTシャツは レアものらしく ジミンは大喜び。
だからって オークションに出品するのはまずいでしょう。
でも出品早々高値がついたから ソニまで目の色を変えちゃうのよね。

そこで朝からゴミあさり。
そこをジェビンに見つかってしまう。
昨夜 ジェビンがソニの目の前でテープを破棄して 「これで捜す必要はなくなったから 明日から来るな」と言ったのに いるから ジェビン、大騒ぎ。
そこに ドンファ親子登場。「おばさん、今日は早いんだね。朝食作ってくれるの」とフンが喜び、 そのままジェビン家に。

ジェビンは 仕事に行ってもイライラ。
そこで 帰宅後、昨日破棄したテープは偽物で 本物は金庫にあると暴露。
ソニをこき使うことに。

ところで…
ソニ、トイレ&浴室の広さにびっくり。「うちの家より広いわ」と。
ちょうど「憎くても可愛くても」で スアの留学先のトイレの方が広い というのがあったから “こんなトイレなら ソンジェの部屋より広いかも”と納得。
…ソニのつぶやき「無駄にでかいわ」。確かに。

でも~「パリの恋人」のまねして 風呂にはいるな~

ナユン帰国。ドンファ妻でフン母なのね。
ジェビンは相当嫌っているみたい。

ソニは夫の面会に行き、保釈されて出所したことを知る。
ソニ夫は あの女の条件を受け入れたわけね。
しかも ソニ義母、ソニ義妹も知っているのよ。知っていて ソニに嘘をつくのよ。遠洋漁船に乗ったと。もう信じられない。

ソニは「糟糠の妻クラブ」に入会できるくらい 頑張ってきたのね。
舅の世話をして 妹を大学に行かせて 結婚させて。
それなのに あの義母と義妹の言い方。ムカつくわ~

ムカつくことは たくさんあるけど それは「糟糠の妻クラブ」にまかせて。

まぁ よかったんじゃないの。
義母は義妹が連れて行ってくれたし、ジミンと頑張ればいいじゃない。
離婚してくれたら もっといいけれど…

翌日 ソニは家さがしに忙しく ジェビン家に行けない。
ジェビンは少しさみしそう。

ソニはドンファに呼ばれ 事情を聞かれるのよね。
「フンが慕っているから 力になりたい。住み込みはどうか」と言われる。
ラッキー!

なのに…オークションがばれてしまう。
ドンファは調べていたのよね。事務所としては当然。
落札して 取引場所に現れたジミンを捕まえ 連れてくる

オークションがソニとジミンの仕業とわかって…
住み込みの家政婦は白紙に…

ジェビンが助けてくれそうな気配だけど…どうかなぁ~


ソニ義母は ほんと うるさくて むかつく姑。
キム・ヒョンジャさん、「アヒョン洞の奥様」でも嫌な役だから ダブってしまうわ。

楽しくて 書きたいことがありすぎて まとめられなくて困るわ。

4

ジェビンが認めてくれて ソニは住み込みの家政婦をすることに。
OKしたけれど…ジェビンは引っ越し早々 こき使われて大変。

ソニとジミンの歓迎会。
ジェビンはソニにプレゼント。
これが 妙に ソニに似合っていて おかしかったわ。

そこにナユン登場。
ジェビンとナユンに何があったのかしら。
ナユンが来た途端不機嫌になるのよね。
それに フンはナユンの子供よね。フンは知らないみたい。それともナユンの子供じゃないの?

チョン会長の奥様ジョンスクっていうのが ソニ夫ユシクのパトロン。
ワインバーを任せられることになり その店のオープンパーティが開かれる。
ソニ義母は喜んでるけど…息子の力じゃないですから~
ジョンスクに “お嫁さん” なんて…結婚していないですから~

ソニはジェビンに頼まれて 女性服を選ぶ。
けれど プレゼントしようとした相手は そこのブランドは嫌い。そこで その洋服はソニのものに。もちろん 換金するのはダメ。
…ソニに洋服をプレゼントするだけなのに 回りくどいわ。
次は美容院。
そしてわざと眼鏡を割る。

ジェビンは パートナーとしてソニを オープンパーティに連れて行くつもりなのね。
ソニは綺麗に変身。
ナユンは ジェビンが自分を断って ソニを連れて来たのが気に入らないみたいね。

店員がワインをこぼす。
ジョンスクは 片づけをソニに手伝わせる。…ん?ソニは店員じゃないのに。客なのに。
怒ったジェビンはソニを連れて帰る。

ジョンスクは慌てて ユシクに記念品をもってこさせる。
ソニとユシク、目が合うかどうか… 次回のお楽しみ。


ジェビンはソニを意識しているみたいね。
ドンファもそうみたいなのよね…
ナユンも絡んできて 四角関係になるのかしら。

5

ジェビンが先にソニを帰らせたから ソニはユシクと会えず…
残念。

翌日、ジェビンはユシクの店で監督と飲んだ後 ユシクの運転で家に帰る。
ユシク、ソニの後ろ姿を見たのに 気付かないのよね…

ユシクの店で飲み、帰宅したらソニに飲まされて 翌朝ジェビンはダウン。
ソニがどうしてジェビンと飲んだかというと…
ユシクを捜すのに興信所に頼むと お金がかかる。そこでジェビンに借りるつもりだったのよね。結局言えずに終わり。

ジェビンがダウンし、仕事を休んだから ユシクはジェビンに花を持って行く。
そこで ソニを見かけてびっくり。
花を渡さずに帰ってしまったみたいね。

ソニはゲームで勝ったら ジェビンが願い事を聞いてくれるというから 必至。
でも負けてばかり。
根負けしたジェビンはソニの願い事を聞いて お金を貸してくれることに。

そして…今日のハイライト。
ジェビンはソニを庭に誘う。
一緒に映画を観ようと言うから 観はじめたら なんとそれはソニが「一日だけ~」と頼んだ時の映像。
今更消せないし と あきらめて観るんだけど…
ソニは辛くなってしまう。 そうよね。誰だってこんな風に元彼に会いたくない。でも仕方がなくて恥を忍んで頼みに来た。そしてまたお金を借りた。みっともなくて悲しい。

ソニは涙が止まらなくなってしまい、席を立つ。
からかうつもりが ソニが泣きだして ジェビンは慌ててしまう。
で、ソニを抱き寄せキスしてしまう。

キスしたのも大きな出来事だけど
それをドンファが見ていたのよね…ドンファは嫉妬するのかしら。

キスしたのは弾みだ~ なんて言い訳するんだろうなぁ
ジェビン、ソニが好きなら 「好きだ」って言えばいいのに。優しくいたらいいのに。
大人なんだから。

6

ジョンスクって えらく純情だったのね。
政略結婚で 恋愛をしたことがないらしく 恋愛を楽しみたい。
でも ユシクはいきなり“体の関係”になろうとして 失敗。

ソニとジェビン、意識してますね~
ソニはまだ夫を愛しているようだけど
ジェビンはソニが好きみたい。

ジェビンは意地悪を言った後で反省。
だけど ことごとく裏目に出て 喧嘩になってしまう。
ソニが興信所に夫探しを頼みに行き、連絡をずっと待っているのが 気に入らないって感じ。
“連絡してこない男なんて 忘れてしまえ~”と思っている。

ジェビンはソニの部屋のカレンダーに赤丸がついているのを見る。
ジェビンはエキストラのバイトがあるとソニを呼び出し、
ローラースケート、食事、歌のプレゼント、ケーキ。目一杯誕生日を祝う。

ところが…赤丸は誕生日ではなく 結婚記念日だったのよね…
それでも ソニは嬉しかったみたい。
結婚記念日を祝ったことなんかなかったって…

興信所から ユシクが見つかったと連絡がくる。
ソニは急いでマンションに行くが 怖い。
そこにユシクが花束を抱えて 帰ってくる。

ユシクはソニを愛していないようだから 離婚するのかしら。
そうじゃないと ジェビンと不倫になっちゃうから 早々に離婚してほしいわ。

ドンファはソニとジェビンの中を疑っている。
キスするのを目撃しちゃったし、なにかと怪しい2人。
ソニのことを調べて ユシクの居場所もわかったみたいね。


若い子のラブラブも見ていて 微笑ましいけれど
おばさんのラブラブも 自分が恋愛しているみたいで嬉しいから
早くジェビンとラブラブになってほしいわ。

7

ソニが夫に抱きつくのを見て ジェビンはショックだったみたいね。

ユシクは 「借金取りに追われている。ジミンを頼む」と ソニを言いくるめて帰宅。
ジョンスクに プロポーズするが 「離婚するまでは 受け入れられない」と 言われるのよね…

そこで考えたのが偽装離婚。
借金取りから守るのはこれしかないと言われ ソニは同意してしまう。

無断外出させてほしいと置手紙を残して ソニは出かける。
ソンジェはソニを捜し、ソニが裁判所に行った事を知る。
ソニは 迷うが ユシクがソニの手をつかみ 無理矢理判を押してしまう。

その頃ジョンスクは ドンファに 結婚招待状を渡すのよ。
結婚相手はユシク。
ドンファが 「ユシクさんには家族がいるのではないですか」と聞くと
「今日 離婚届けを出すことになっている」という返事。

ドンファは ソニに すぐに会社に来るように電話をし、ソニを車に乗せる。

帰宅したユシクはウォンタクに声をかけられる。
仕事の話があると言われ ついて行く。
ホテルのドアを開けると そこにはジェビンが待っていた。

ジェビンはわかりやすいわ。ソニが好きなのよね。
ソニがユシクと電話で 話していると 嫉妬してしまう。
ソニがユシクと遊園地で会うと聞くと 着ぐるみを着て見に行く。
それにしても チョン・ジュノさんが着ぐるみを着るとは…


ソニはドンファから 解雇されたけれど どうなるんだろう…
ドンファは ジェビンとソニの仲を心配して 辞めさせることにしたんだろうけど…
離婚しちゃったし、元のように雇ってくれないかしら。

ナユンはフニと一緒にケーキを作り、仲良くなろうと 頑張っている。
でもドンファから 嫌われていては 前途多難かも。

8

ジェビンは ソニ夫がワインバーの店長と知りびっくり。
逃げるユシクを追いかけて 殴る。
気持ちはわかるけど 公衆の面前で 殴るのは まずいわよ。

記者には痴漢と間違えて殴ったということに。
ユシクは それに文句を言えない。
本当のことがばれたら 困るもの。

ドンファもジェビンも ソニに ユシクがジョンスクと結婚することを 言おうか迷っている。
ソニの気持ちを考えたら言えない。黙っておくのが一番だと思う。
そんなことを知らないソニは 夫からの電話に出るから ジェビンはやきもちをやく。

ジョンスクはジェビンとドンファを呼び出す。
こちらも何も知らないから ジェビンとドンファを非難する。
言ったらいいのよ。こいつは悪い男だって。偽装離婚したって。

ジョンスクにばらさないんだけど やっぱり頭にくる。
だから ジェビンはトイレで ユシクの後頭部を、殴るのよ。面白~
ソニに 「憎いやつを殴るのならどこがいい?」って聞いたら
「後頭部」って答えたのよね。

ジェビンはソニを励まそうと 「離婚おめでとう」の歌を歌う。
「頑張れってエールだ。父親と母親の役目を一人でしないといけないんだ」
それを こっそり聞いているドンファ。2人にばれないように静かに階段を上がる。
ドンファもソニを好きなのかしら。

ジェビンとナユン主演の制作発表会。
それが 結婚式と同じホテルなのよ。

ソニはドンファの部屋を片付けていて 結婚招待状を見てしまう。
新郎の名前は アン・ユシク。
ソニは会場に駆けつける。

ジェビンは ソニが招待状を持ってホテルに来たのをみてしまう。
制作発表会を抜け出し ソニを引き留めようとするが…
ソニは 夫かどうか確かめようとする。

夫の声がして 振り向こうとするソニをジェビンは抱きしめる。
制作発表会の記者たちが駆けつけて 大騒ぎ。
ドンファが上着でソニの顔を隠し会場を出る。

いやぁ ソニが小さくて良かった ナユンなら隠しようがないじゃない。

面白いわ。ソニとジェビンの会話はテンポがいいし、楽しい。
ジェビンのやきもちは子供みたいで可笑しい。
早く ソニ気持ちが夫からジェビンに向いてくれないかしら。
夫に裏切られたことがわかったから すっぱりと忘れて ジェビンの気持ちに気づいてほしいわ。

9

ソニは車のトランクに隠れて帰宅。
もう大騒動。
ドンファはマスコミへの対応に大忙し。

ソニはフードをかぶり 記者たちの中を出かける。
それを聞いたジェビンも記者たちをまいて出かける。
ソニはユシクの家に。けれど新婚旅行中。

翌朝の新聞の一面は“ソン・ジェビンの女は誰だ”
ところがナユンが 「ジェビンと付き合っている」と発表。
ジェビンは怒っているけれど ドンファに映画撮影の間だけと言われ 渋々承諾する。
ホテルの1件は余興と言うことになったしね。ナユンのプライドのおかげね。

ソニはドンファに招待状の件を聞くけれど
「新郎のことはよく知らないが 会えるようにすることはできる」と曖昧な返事をする。

ソニはユシクの態度がおかしいことは気付いている。
それでも 戻ってきてほしいと思っているのよね。

そこでジェビンはユシクを訪ね、「大切なもの、家族を守るように」と お金を渡す。

翌日、ユシクに会いに行くソニを ジェビンは送る。
降りるソニに ウィンク。
“頑張れ、俺がついている”ってことかな?

ユシクは ジェビンからもらった金を渡して 「これで家を借りろ」と言う。
ユシクの家族って…大切なものって…ジョンスクだったわけね。
ソニは ユシクにやり直そうと 説得。
そこに ユシクの後をつけてきたジョンスク登場。
「前の奥さんは 家政婦だったの?」と聞くジョンスク。

ソニはすべてを知ってしまう。
再婚するために 離婚したこと。自分は騙されていたこと。
泣き崩れるソニに ジェビンは「友達はやめる」と言う。


ジェビンはソニと恋人になることにしたのよね。
今までは 夫がいたし、ソニは夫を信じていた。愛していなくてもジミンの父親、家族だからと。
もう我慢する必要はない。

でも、でも、ドンファもソニにプレゼントするために靴を買っていたわよね。
三角関係だわ。
あっ、ナユンもいるから 四角関係ね。

10

ソニとジェビンが仲良くて
私…浸りきってます。
あらすじ書けません。何が起こったのか…
ソニとジェビンのラブラブしか思い出せない。
私、ソニになりたい。


ソニとジェビンは帰宅。
肩を抱いたり 手をつないだり ジェビンは嬉しそう。
ジェビンは「これからは 笑って過ごせる」と言ってくれる。

ジェビンはドンファに 「ソニとは同級生だ」と言う。
ついでに友達じゃない(恋人ってことよね) と言おうとして
ソニが“ダメ”と眼で合図して ジェビンはウィンクを何度もして… いいなぁ~

夜はトランシーバーでおしゃべり。

朝 ソニがジェビンに ジュースを持って行くと手を掴んで離さない
「俺が言いたいことは地下室に書いたから」と言う。

その時ドンファがきて ソニを呼ぶ。
ジェビンは気になって後をついて行く。
ドンファは靴を渡したかっただけ。ジェビンが来て渡せなくなってしまう。

ジェビンはソニと一緒に台所に立つ。
マネージャーはびっくり。
ドンファは…複雑?

オーディション会場で
ドンファはソニを見かけ 後を追う。

ソニはユシクに どうしてこうなったのか 聞きたかった。
何を言っても最低男の言い分。
ソニの結婚生活って…ソニが言うように 「惜しい」 かも。
…でも 惜しくないと思う。もったいなくないと思う。 ジミンがいるもの。おかげでジェビンに再会できたんだもの。

ソニは 橋で 「ユシクのばか~」と叫ぶ。
ドンファが慰めてくれ 2人は家に帰る。

その頃 ジェビンはナユンと ドンファを待っていた。
ソニに電話をすると 「社長と家にいる」と言われ
「アニキと食べたら クビだ」と怒鳴る。
もう~ ジェビンたら~ 可愛いんだから~

翌日 ジェビンはソニを 視力矯正手術に連れて行く。
ソニは目を開けれないから
ジェビンと手をつないで、ジェビンに抱きついて…ってこれをしてほしかったんだ…
ジェビンの嬉しそうな顔。

2人はソニの部屋で過ごす。
途中 ドンファが来て (もちろんジェビンはトイレに隠れる) ソニに渡しそびれていた靴を置いて行く。
ジェビンはドンファの気持ちをどう感じたのかしら…

ナユンは撮影をさぼったジェビンに会いに行く
ソニの部屋をのぞいて 寝ている二人を見てしまう。

ナユンはワインバーで飲んでいて ソニがユシクの元妻と知る。
詳しく聞こうとするナユンをもてあまし ユシクはジェビンに連れて帰るよう電話をする。
ナユンはジェビンに迫るが ジェビンには通用しない。

目が見えるようになったソニに ジェビンは
「ひなは最初に見たものを親だと思ってついて行くんだ。お前は俺を最初に見たから 俺に一生ついてくるんだぞ」と言う。

ソニは地下室にジェビンのメッセージを見に行く。
“19歳よりも39歳のソニが好き”
きゃぁ~ 私も言われてみたいわ~ …でも…どう考えても19歳の方がいいだろうなぁ…

ドンファは地下室で寝ているソニの髪を撫でる。
そこにジェビンが来て 「何をしている」と言う。
ドンファは「好きになったらだめか?俺はよくてもお前はだめだ」と。
にらみ合う兄弟。

どうなる~三角関係。
どっちも捨てがたいわよね。今ならジェビンだけど ソニと結婚するために ジェビンは俳優をやめることになるかもしれないし…

11

今回も 面白かった~
ジェビンの ドンファのまね、最高。
顔は全く似ていないのに 似てたわ~
あと…投げウィンク?2回。ケーキもウィンクしてたわね。

ジェビンの嫉妬は全開。
ドンファが寝ているソニの髪を触っていたから
「女がそんなとこで寝るな。家で寝ろ」と怒鳴る。
帰宅したソニが靴を見つけ 靴のお礼を言おうと 「社長は何をなさっているかしら」とジェビンにメールすると(もしかして ソニはジェビンにいじわるしたのかな?)
「ウンコ中」と返信。
ジェビンの嫉妬は可愛い。

翌朝 ドンファと楽しそうに話しているソニをみて またまた嫉妬。
「兄貴はお前が好きなんじゃなくて 俺からお前を引き離したいだけだ」と怒鳴る。
ジェビンは「俺とは友達をやめただろう?」と言う。
(友達をやめて “恋人”になったと言いたいのよね… “主人と家政婦の関係”になったのよ~と言って ジェビンの反応をみたい私)

ソニがチョコレートのCMのソニだとウォンタクにばれてしまう。
ジェビンはウォンタクにソニを監視させることに。
ウォンタク、ソニの顔をまじまじと見てショックを受けてましたね~ 20年経てばこうなるんです。

ドンファと会うソニを監視する。2人の男。
ウォンタクとユシク。
ユシクは別れたくせに 嫉妬するようで。別れても元妻は自分の女なのね。どこかのドラマにもいましたね。

ウォンタクから “2人で銀行に行った”と聞き、
ジェビンの次の手は ドンファのまね?洋服までドンファの洋服を着ていたのね
「カリスマ性が足りない」とソニの指摘。当たってる~

ソニはジミンに離婚のことを話そうとするけれど なかなか言えない。

ドンファは 「頑張れ」とメールしようとして 人が入ってきて 慌ててやめる。
社長も可愛いのよね~ 顔じゃなくて やることがね。

ソニがなかなか帰ってこない。
ジェビンはマネージャーに電話をさせて どこにいるか聞き出す。

で、ジェビン、ソニたちがいるトッポギ屋に登場。
(マネージャーの)カメラマンつき。「海外のファンにおくるから協力してください」と嘘を前置きした後、DJを。
ソニが「まだ話していないから帰って」とリクエストメモを渡すと 「行かないで」がかかる。
このドラマ、こういう小技がいいのよね。
結局ジミンには話せず帰宅。

ユシクは ソニに会いに来る。
「父親としてジミンに会いにきた」と 偉そうなユシク。
言い合いになるソニとユシク。それをドンファは目撃
ジェビンはソニを呼び出して ジミンから ユシクが来ていることを知る。

ユシクは「子持ち女が昼は兄、夜は弟。娘に恥ずかしくないのか」と言う。(あんたは!)
「あなたは私にそんなことを言う資格があるの。偽装離婚させといて よく娘に会えるわね」とソニ。
「お前が手軽だから 兄弟が構うんだ」とまで言うユシク。

駆け付けたジェビンが殴ろうとするが、娘の父だからと ソニはユシクをかばう。
すると ユシクがジェビンを殴る。(なんなんだこいつは)

車に乗って帰るユシクをドンファが追う。
ドンファは無理矢理車を止め ユシクを殴る。
「訴える」と息巻くユシクに ドンファは「告訴するならジョンソクと来い」と。
はい、行けません。 ジョンソクに今日のことを言えるはずないじゃない。言ったら捨てられるもの。

ジェビンは「(殴られた顔が)とっても痛いから 救急箱を持ってきてくれ」とソニを呼び出し、
後ろから抱きしめる。「こうしていると 痛くない」
ソニは「ドンチョルは友達で ジェビンは夢で残していたい」と言い 部屋を出る。
追いかけるジェビン。

すべてを見ていたドンファは ジェビンを止める。
ジェビンは「ジェビンではなく ドンチョルなら構わない」と言って ソニを追いかける。


ジェビンは 俳優ジェビンを捨て ドンチョルになるのかしら。
ソニがドンチョルを受け入れるのなら そうするわよね。
もしもジェビンを受け入れても それはスキャンダルになるわけで
どっちにしても 俳優ジェビンは危うい立場。

ナユンはフンと食事。
少しずつ仲良くなって 受け入れてもらおうと思っているようだけど
フンは 「母親がいなくても寂しくない」ときっぱり。
母親を求める小さい時ならまだしも
中学生になり 両親と一緒にいても 両親から離れて一人立ちしようとする時に 突然現れる母親は 逆効果。

12

最後のシーン。
ジェビンは暗い地下室に一人座っている。
「怖いんだ」と言って ソニを抱きしめる。

ソニが好きで本能のままに行動しているようだけど 実は、やっぱり、悩んでいるのよね。
ジェビンかドンチョルか。どちらを選ぶかで ドンファを巻き込み、ソニを巻き込み、ジミンとフンまで巻き込むことに。
それに “フンはドンファの子じゃない。ジェビンの子?”まで 明らかになって 大変。


ドンファに 「ドンチョルに戻れるのか」と言われ ジェビンは追いかけられなかった。

翌朝 ソニとジミンはドンファの別荘に誘われる。
ドンファは ソニが贈った靴を履いていなくてがっかり。

出かけようとしている時に ナユンが来る。
ナユンの目的はジェビンだから 関係ないけど フンのことは気になる。

ジェビンはソニが用意したジュースとにらめっこ。
人が来る気配がして 寝たふり。
ソニだと思い込んでいるから 顔を触る手をつかんで 「俺たちは友達なんだろう~」と言う。
ん? ソニじゃない!

ジェビンは ソニが別荘に言ったことを知る。
ナユンが 「旅行先に押し掛ける?」と提案したから 行くことに。ナユンが言いだしたことだから 俺は悪くないぞう~ ってことね。

すいか種飛ばしをする6人。
子供同士、女同士、男同士で競争。負けたら しっぺ。
ソニがしっぺされると 痛そうな顔をする男2人。 ソニが勝って喜ぶドンファ。

負けてばかりのドンファに ソニがコツを教えてあげて…
でも ドンファ、飛ばそうとして 種を飲みこんじゃうし。大笑い。

ソニはしっぺされたところを冷やしながら 以前ジェビンに冷やしてもらったことを思い出す。
ジェビンの腕を冷やすソニ。
2人は散歩に。

20年前に約束の場所にソニがいけなかったのは 大学に合格できなかったからなのね。
「ソニ、ドンチョルに戻ろうか?」とつぶやくジェビン…

戻ってきたジェビンに ナユンは 「私は社長の女じゃない。あの時、社長にフンを 預けただけ。いいお兄さんよね、自分の人生を棒に振って弟を守った」と言う。
…フンは弟ジェビンの子?

ジェビンとソニは 制服姿になり、地下室に作った高校の教室で懐かしむ。
今、この瞬間が 19歳に最も近いんだ。

ドンファとのデートに出かけるソニの鞄にトランシーバーをいれたジェビン。
トランシーバーで話しながら ソニの後ろを歩く。トランシーンバーには制限距離があるからね。
ジェビンは「ドンチョルに最後の言葉は?」と聞く。

その時ソニにドンファから電話があり、小走りになるソニ。
ふと気付いてジェビンに話すと 通じない。
離れすぎたかと さっき通じたところまで戻るけれど 通じない。

ソニはジェビンが気になり 地下室に。
するとジェビンは暗い中 泣いていた。
同じ時ドンファはバラ1輪持って ソニが来るのを待っていた。


ナユンがジェビンとフンを取り戻すためにどうするのか…
ジェビンのスキャンダルを暴露しても 結局自分の首を絞めることになるのよね。

肝心なことはジェビンが ドンチョルとジェビン、どちらを選ぶか。
もちろんドンチョルを選んで ソニと結婚してほしいわ。

13

ジェビンはソニを抱きしめ 「怖い。おまえが友達でよかった」と言う。
フンのことで 距離をおこうとしているのかしら…
そうなると 今度はソニの方が寂しくなるのよね。

ジェビンはナユンにフンの父親のことを確かめに来た。
“今頃言われても…どうするんだ~”よね。
ジェビンはナユンに消えてほしいと言う。
15年も放っておいて “フンと一緒に3人で暮らしたい”なんて ふざけているわよ。

ジェビンはフンをドライブに連れて行く。
ほぼ拉致状態。
父親らしいことをしたかったのかしらね。
フンに 尊敬していると言われて 嬉しかった?
ただね…いきなり父親面してもね。フンが戸惑うだけ。
ドンファも可哀そう。

15年前の選択がよかったのかどうかは 誰にもわからない。

ソニは ジェビンに笑ってほしくて 気持ちを楽にさせてあげたい。
けれど ジェビンは 「ジェビンは俺にとって現実だ」と言って ソニを突き放す。
ソニを好きなのになぁ…
泣きだしたソニに 「泣いたらクビだと言ったよな」と クビを言い渡す。


ジェビンの気持ちがわかるような… でも納得できないような…
フンのことで頭がいっぱいで ソニのことまで考えられない。
それとも ソニのことを思って 距離をおこうとしているのかな…

フンがジェビンの子供であろうと ソニのジェビンに対する気もちは変わらないはず。
きっと 地下室のジェビンのメッセージの下に書いたメッセージが素直な気持ち。
なんて書いたのかしら…

ナユンが一番 変。
ジェビンのスキャンダルを流すようだけど 何を流しても 自分の首を絞めるだけ。
フンのことを明らかにして 親子3人で暮らしたいのかしら。
“子供を捨てた女”と批判されるだけよね。
それにしても 今更…

14

どうなるかと思ったけれど…
ハッピーエンドに向かっているわよね。
イヤ、まだわからないかも。

ソニはドンファが捜した家を借り 引っ越す。

ジェビンが朝起きると ベッドに2つのトランシーバー。
ソニの部屋は空っぽ。
自分が出て行けと言ったのに 寂しい。

ジェビンはフンに自分が父親だと言う。
言わないといけないのかしら?敢えて言わなくても…
受け入れてくれるまで 努力する って…努力する問題じゃないし、
いきなり 「俺が父だから受け入れろ」 と言われてもね。
15年間のドンファとフンが築いてきた関係はどうなるのよ。

フンはソニの家に家出。
落ち着くまでいることに。

ソニはナユンに呼び出され フンがナユンとジェビンの間の子供だと聞く。
ナユンに 「3人の間に割り込まないで」と言われ、
ソニは 「捨てたり 取り返したり あなたの都合で振り回すのね。相手の気持ちを考えたことがあるの。まずはジェビンとフンに許しを請うのが先でしょう」と突き放す。
その通り!ナユン、図々しいのよ。

帰宅すると ジェビンがいる。
ジェビンも家出。
好きなら 追い出さなきゃいいのに。
トランシーバーをソニの首に掛け、2人の仲が復活。

食事の後片づけを ジェビンとフンにさせて 親子の関係も少し改善。

寝つけないジェビンは トランシーバーでソニを起こし、
ソニの膝枕で寝る。

ドンファはソニの家に様子を見に行く。
その後ろにナユン。
「私の場所を あの女に譲れと言うの!」と ナユン。
最初から ナユンの場所はないと思うんだけどなぁ…
自分から捨てたのに。

ナユンが会見を開き 過去のことを話すと 情報が入る。
ドンファは どうするかを ジェビンに任せることに。
そして ナユンに会いに行き 「傷つけてすまなかった。もうやめよう」 と土下座する。

“ジェビンとして生きるか、ドンチョルに戻るか”
ドンファに言われて 出した結論は…

ジェビンは ソニに 「今から 32歳のジェビンを捨てに行くから 一緒に来てほしい」と頼む。


ジェビンはドンチョルとしてソニと幸せになることを選んだのね。
きっと 幸せ。
だけど ジェビンを捨てた代償も大きいはず。損害賠償の額はハンパじゃないわよ。

久々にミンジュ母登場。
寝ているジェビンを 触る姿がおかしかったわ。
芸能人に会ったおばさんそのもの。
触られて寝たふりをして 耐えるジェビンもおかしかったわね。

15

チャ・ドンチョル、かっこよすぎ。
で、やっぱり これはドラマだわ~

ジェビンは記者会見に臨む。
本当は39歳で、ナユンとの間に子供がいることを話し、
「チャ・ドンチョルになり ひとりの女性のそばにいたい。これから どんな非難を浴びようと 僕は幸せです。この席を最後にソン・ジェビンは引退します」

いやぁ~ かっこよすぎる~ まるでドラマみたいだわ。

ナユンの記者会見は阻めたけれど
ジェビンの後片付けに ドンファは忙しくなりそう。

ソニの家で酒を飲む2人。
“○○した事ある?と聞いて ない人が酒を飲む” ゲームをしております。
幸せと言うか 呑気と言うか…
キスしようとしたら ミンジュ母がきちゃって 残念。さっさとしないから~

幸せな2人のせいで 泣いているのがジミン。
フンが落ち込んでいると思って 慰めたら 反対に心配されて…
ジェビンファンだったからね~ 納得するのに時間がかかるかも。

そして 困った男が一人。もちろんユシク。
捨てた女に男ができると嫌なようで ドンチョルに慰謝料を請求する。
ほんと 情けない男。

もちろんドンチョルは断る。
そうなると ユシクは腹いせに ソニの存在をマスコミにばらすはず。
ドンチョルは ソニとジミンを避難させようとするが 間に合わなかった。

ソニの家に記者がやってきてしまう。
ソニはドンチョルのことを思い 来ないように言う。
でも 放っておくドンチョルではない。
記者たちの中を縫って 玄関まで行き ソニを説得する。
「怖がらずに出てくるんだ。俺を信じるんだ」

ソニとジェビンは見つめ 抱き合う。

かっこいい~ ドラマを観ているみたい。
今回は↑の言葉に尽きます。

16

終わってしまいました…
最終回もよかったです。
嵌っていても 最終回で がっかりしてしまうことがあるんですよね。

ジミンは ドンチョルが母親と同級生と聞いて 急に冷めちゃったみたいね。
ドンチョルはジミンに 「ママが好きだ」と告白。

ソニに通帳を渡してプロポーズ。
「一生俺の家政婦でいろ」と言って ソニの指に指輪をはめる。
でも~右手だけど…いいの?

賠償額は数十億に達するらしい。
ドンファは 2人に結婚するように言う。

ナユンは ソニにフンを託すことに。
「イ・ナユンを捨てて フンの母親になれるまで」と。
ナユンがアメリカに発つ日、フンは見送りに行く。
ナユンはフンを抱きしめ 「ごめんね」と。

ジミンはドンチョルとソニに悪いと思ったのか
ユシクに 「パパと暮らそうかなぁ」と言う。
ところが ユシクは焦るのよ。 「ドンチョルがいじめるのか。それなら ママに言って結婚をやめてもらえ。あの年で何が恋愛だ。私は嫌、母親でしょうと言え」と。
最低…
ジミンは 「パパみたいな人とは結婚しない」と。

ドンファは 一人暮らしをすると言う。
ソニを好きだからよね。 義兄でいるのは辛いと。

ファンミ&結婚式は大成功。
祝福するファンであふれ、仕事の話もくる。

式の後、ドンチョルのベッドの上で
二人で脱がしっこ。

で、朝~
フンはソニを呼びに来て 慌てて部屋から出て行く。
ドンチョルがソニの肩を抱くから 新婚夫婦に気を使って フンとジミンは食事の途中で学校に。

相変わらず ドンチョルは子供で フンやジミンより手がかかりそう。

ドンファはドラマを企画中みたいね。
週末に遊びに行くとソニに話していたから… 少しは気持ちを整理できたのかしら。

ユシクはワインバーが赤字で 融資を頼むが断られる。(ざまあみろ)

ドンチョル、ソニ、フン、ジミンは仲良く公園に。
ソニが幸せになってよかったわ。

 12345678910111213141516
web拍手
関連記事
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
ライフ
客:The Guest
ボイス2
ラブリー・ホラブリー
ナインルーム
魔性<マソン>の喜び

三国志~司馬懿 軍師連盟
鳳凰の飛翔(天盛長歌)
三国志 Secret of Three Kingdoms
如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
バーニング・アイス-無証之罪-

<視聴予定>
皇后の品格
ロマンスは別冊付録(ROMANCE IS A BOUNUS BOOK)

恋愛動物
カンブリア紀
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
独狐伽羅~皇后の願い~
千年のシンデレラ~Love in the Moonlight


わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング