FC2ブログ
2010/03
<<02  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  04>>




ハチミツとクローバー(蜂蜜幸運草) あらすじ&感想


このドラマ好きです。
前半は テンションの高さについていけず、真山にイライラしたけれど
後半 よかったです
片思いの辛さも 友達との関わりも 無駄なことは何一つないんですよね、若い時って。
それが経験になって活かされることもあるし、思い出になって辛い時に 支えてくれることも。


    
   DVD-BOX(日本版)

全23話 2008年 

出演者 : 真山巧(建築科4年)・・・ジョセフ・チェン
       森田忍(彫刻科7年)・・・エディ・ポン
       山田あゆみ(陶芸科4年)・・・チャン・チュンニン
       花本はぐみ(油絵科1年)・・・伊藤千晃
       竹本祐太(建築科2年)・・・リー・グォイー

       花本修司(はぐみの親戚、美術史の先生)・・・チャン・ハン
       原田理花(原田デザイン事務所経営)・・・ターシー・スー
       野宮匠(原田デザイン事務所社員)・・・デビッド・チェン

原作  : ハチミツとクローバー(羽海野チカ著)

 1234567891011121314151617181920212223


1

マンガから飛び出してきました~ って感じのドラマ。
ついていけるのか 心配…
ユニークな森田を好きになれるかどうかで決まりそう。
今のところは…あそこまで変だと 逆に許せちゃうかも。


美大の彫刻科の森田はかなりの変人。
建築家の真山と竹本は 森田の扱いに困っている。

花本先生の親戚の子はぐみは入学する予定だった。
しかし病気で 期限内に作品を提出できなかった。
花本先生は 担当の“魔女”幸本先生に頼みに行くが
「期限内未提出なら事態とみなします。規則です」と断られてしまう。

花本先生のアトリエに来た真山と竹本。
竹本ははぐみに一目ぼれしてしまう。
ところが…後からきた森田も一目ぼれ。

森田の場合。一目ぼれというより 創作意欲がわく対象という感じ。
はぐみをコロボックルに例え 写真を撮りまくる。
内気なはぐみは 固まってしまう。

山田と長谷川は“魔女”幸本にドリームランドに展示する作品を制作するように言われる。
悩む山田…
ドリームランドができたせいで 山田の家の酒店に客が来なくなり 父はドリームランドを恨んでいた。
娘の作品が展示されるなんて 父はどんなに怒り狂うか。
けれど“魔女”には逆らえない。


2

ひょんなことから はぐみの才能を知った魔女。
ドリームランドに展示する絵に選ばれれば 入学を認めると言い出す。
花本先生は 自分が教えたいと頼むが 魔女は認めない。
それがね…指導なのか強要なのか…

おかげで山田は外されて ホッとしているみたいね。

森田がはぐみに “きらきらピンクのパンプス”をプレゼント。
はぐみは大喜び。
森田のこと、少しは嫌いじゃなくなったかな?

と、思ったら…
森田は はぐみを商業利用していた。
そんなことになっているとは知らないはぐみは 知らない人から “コロボックル”と呼ばれ 追いかけられ 怖い思いをする。

はぐみは魔女が気に入るような絵が描けない。
魔女は森田の作品を見せ やる気を起こさせようとする。
森田の作品に驚くはぐみ。だけど 魔女の前では委縮してしまう。
その様子をみていた森田は おもちゃのネズミで魔女を撃退。
これで また少しは 森田のこと嫌いじゃなくなった?

真山は花本先生に紹介されたバイト先のデザイン事務所の経営者原田理花に恋した様子。
山田が自分に恋していることを知っているのかしら?


3

魔女ははぐみの絵が気に入らない。
長谷川の絵を 油絵科の代表作品にする。

はぐみを入学させるため 森田は作品を完成させなかった。
困った彫刻家の丹下先生は 森田の推薦で はぐみの絵を代表作品に。

そして… はぐみの絵がドリームランドに展示されることに。
で、なぜか 魔女は 否定したはぐみの絵のおかげで 学部長に昇進。

山田は 真山と理花が相合傘をしているのを目撃。ショックを受けてしまう。
真山のバイト先の社長が女だとは知らないみたいね。


4

オイオイ 病気で意識朦朧としている人とキスして嬉しい?

真山はふろ場で倒れた理花をベッドに運ぶ。
理花は不安で手を握ろうとする。
そして キス。
「原田君~」なんて呼ばれて 理花は別の人と勘違いしているというのに。

竹本ははぐみを 妹みたいに可愛く思っている。
はぐみの話し相手になってあげるし、お人形の家具も作ってあげる。
だからはぐみも竹本に懐いて 2人は楽しそう。

それを見て 森田は嫉妬。
好きなら 意地悪しないで優しくしたらいいのに。
森田にしてみれば あれで とっても優しくしているつもりなんだろうけど。
ちょっと イエイエ とっても 変わっていて 凡人にはついていけない。


5

森田が恋?
コロボックルのサイトを閉鎖。
クリスマスパーティを企画。
はぐみがほしがっている鳥のブローチを買いに。
ところが 売りきれ。
そこで 手作りし、プレゼント。
でも…はぐみのコップの中に隠してプレゼントするのよ。
自分が作ったとは言いたくないのかしら?
はぐみの嬉しそうな顔を見るだけで満足なのかなぁ…

で、理解できないのが 真山。
あの日、何があったのか?キスだけじゃなくて 続きがあったの?
そうじゃないと 真山の行動は理解できないのよね。
寝たのなら 理解できるけど…
それなら 今度は 理花の行動が???
過ちだったとしても 夫と勘違いしたとしても あんな邪険な態度は真山が可哀想かも。
何があったのよ~


6

クリスマスパーティの翌日、みんなで動物園に。
はぐみは鳥のブローチを失くしてしまう。
竹本と森田は探しに。
けれど見つからない。

竹本は鳥のブローチを作るが はぐみに渡せない。
ぐずぐずしているうちに 鳥のブローチはバッグの中から見つかる。
森田が入れたようなんだけど…
作りなおしたのかしら?それとも 数日行方不明だったから 探していたのかしら?

もうすぐ 創立記念日。
告白カップが話題になっている。
好きな人に手作りのカップをプレゼント。相手がカップの中身を飲んでくれたらカップル成立。

今年 真山はカップを手作りし、山田に釜で焼いてもらう。
山田は真山が自分にプレゼントすると思い込んでいる。
まったく なんで そう勘違いするかなぁ…ついこの間、好きになることはないって言われたばかりなのに。
真山も 優しい言葉をかけたりして 思わせぶりなのよね。

真山はきっと理花に告白するのよね。
理花が自分をクビにしようとしているのも知らずに。
…可哀想に。

花本先生が徳大寺先生について モンゴルに行くことに。
はぐみを置いて行くのが気になっていたようだけど
はぐみは あっさりOK。
山田たちといるのが楽しいみたいね。


7

真山の告白カップを焼いたために 山田は退学の危機に。
それは…森田と真山がうまく切り抜け (魔女を騙し) 退学は免れることに。

告白カップ、てっきり真山が自分に告白するためのものだと思い込んでいた山田は
告白してもらえず 落ち込んでしまう。
懲りないというか… 早くに諦めた方がいいのに。
まぁ 真山がやさしいから 諦めきれないわよね。
友達として好き っていうのも問題だわ。

真山は 理花に告白カップを渡すが 受け取ってもらえず…
こちらも 懲りないわね…

相思相愛が理想だけど
好きな人には振り向いてもらえず、何とも思っていない人に好かれる、そんなことばかりなのよね。

竹本のはぐみへの思いも実りそうにない。
な~んか おいしいところは全部森田にとられている感じなのよね。


8

はぐみが森田に恋。
だけど 本人は気付いていない。
森田と一緒にでかけて とっても楽しそうなのに
「歩くのが早くて大変だった」 とか 「お腹すいているのに 食べられなかった」 とか…

森田の方は…はぐみのことがとっても気になるようで、
はぐみを大好きだと思うんだけど…
こちらも やっぱり 本人は気付いていないような?

それにしても…森田とはぐみの恋愛が想像できないわ。
でも はぐみと一緒にいる森田は優しくて なぜか可愛く思えるのよね。

真山は 理花には自分が必要だと思い込んでいる。自分だけが助けてあげられると。
愛しているから思いこんでいるんだろうけど 傲慢男にしか見えない。


9

山田~ そんなに真山が好きなの? こんな男構うな~
でも 好きなのよね…
真山は山田のことを少しも思っていないのに。

理花の事務所をクビになり 落ち込む真山を励まし、
徹夜で作品集を仕上げたために倒れて 面接に行けなかった真山のために 自分の面接をやめて真山の代わりに作品集を提出する。
真山はそんなことしてあげられるほどの男じゃない!
…といっても 山田にとっては 真山は大切な人なのよね…

一次面接に合格し いぶかしがる真山。
「女神が助けてくれたんだ」と 友人に言われても その救世主が誰なのか 全く思い当たらない。
あのさぁ、女神って行ったら 山田か理花しかいないわけで、理花がそんなことするはずがないんだから 山田に決まっているでしょうがっ!


10

女神が山田と知った真山は 山田の家に。
山田は父と争っていた。
父は山田に酒店を継いでほしい。でも山田は嫌だった。
一生店番で過ごすのは嫌だった。自分の人生、自分の思うように生きたい。
山田を優しく抱きしめる真山。
山田を慰める気持ちはわかるけどさぁ…ちょっとなぁ…

真山から 愛する気持ちがどんなものか聞いた森田、
はぐみを愛していることに気付いたようで…
でも 森田は兄と一緒にアメリカに行くことになっていた。
行きたくない。はぐみとも仲間とも離れたくない。ここにずっといたい。
森田はアメリカ行きを内緒にしたまま 思い出作りをする。

竹本ははぐみが好き。
でもはぐみは森田が好きらしい。
竹本を頼っているけど それは好きとは違うのよね。
森田がアメリカに行ったら はぐみの心は竹本に向いてくれるかしら?無理そうだけど。


11

はぐみのために編んだマフラーが完成。
森田は はぐみにマフラーをかけてあげて…
思わず キスをしてしまう。

呆然のはぐみ。
そのまま倒れて…
熱を出して 寝込んでしまう。
回復したはぐみは 森田が自分をほめていたと聞き、作業に没頭。
森田がいなくなって大騒ぎするのかと思っていたから なんだか拍子抜け。
はぐみ、寝ている間に大人になったみたい。

アメリカに行った森田は 何をしているかと思えば…
“カンフーマウス”の映画を作っているらしい。


12

真山にイライラ。
山田が好きなの?誰よりも愛しているの?山田の人生に責任取れるの?

真山の会社の野宮が 山田の作品に興味を示す。
床、壁に 山田の作品を取り入れたいと思っている。
で、真山に紹介してほしいと頼むんだけど…
真山は会わせたくない。
なぜ?

山田の作品が認められたんだから喜ぶべきじゃないの?
真山が女たらしだから というけれど それと真山がどう関係あるわけ?
真山と山田は恋人同士なの?山田を愛しているの?
「野宮さんは手が早いから 注意しろ」と言うだけでいいんじゃないの?
その気もないのに 山田に気をもたせる真山の方が う~んと悪い奴だと思うけどなぁ…

竹本は作品に根を詰め過ぎて 体調を崩し 入院。
森田に対抗しているようだけど 森田は森田、竹本は竹本 なのに。


13

真山 うざい~
度が過ぎる~
心配なのはわかるけど 小学生じゃあるまいし、山田の自由にさせたらいいじゃない。
あなたは山田の何なのよ~

森田が帰国。
相変わらずの 騒々しさ。
でも 真山より う~んといい人なのよね。
亡くなった実父を思って 母の再婚相手を受け入れられない竹本の気持ちも よ~くわかってるし、
はぐみの気持ちもね。

ところで 森田兄弟は何をしているの?
「父さんに代わって悪人を退治する」って?何 それ?


14

真山はまだ山田にうるさい。

山田は真山の後をつけて 真山が理花に会うのを目撃。
真山が まだ理花を好きだと知る。 理花に冷たくされても しつこく迫っていた。
こんなの目撃したら 真山が心配してくれても 鬱陶しく思えるだけよね。

竹本は森田の才能に驚くたびに 自分が惨めに見えてしまう。
森田とはぐみがキスしようとしているのを目撃。
森田には叶わないと思い知らされたようで ますます落ち込んでしまう。


15

誰もが真山に意見するけれど 真山には理解できないらしい。
自分が理花に冷たくされて辛いから 同じ思いを山田にさせたくないらしい。
それはわかるけどね。
でも…それじゃぁ 山田は真山を諦められずに 待ってしまう。
真山が理花に片思いだから 余計に。
“いつか 自分のところに来てくれるかも。それまで待っていよう”
友達以上の気持ちになれないのなら 突き放す方が山田のため ってこともあるんだけどなぁ…

三角関係かな? 野宮も巻き込んで四角関係かな?
そんな人たちとは関係なく 森田とはぐみはラブラブなようで…
竹本は 落ち込んだまま。花本先生は ずっとイライラ。


16

真山、ホント嫌いだわ。

真山は山田と食事の約束を。
ところが 偶然 理花に会ってしまい…
山田との約束はすっかり忘れて 理花とデート。
幸い 森田が 「残業らしい」と山田に話したから 山田は知らないけれど
酷過ぎるわ。

真山は 理花の知り合いから 理花が自分をほめていたと聞いて 大喜び。
事務所を辞めて 原田デザイン事務所に押し掛ける。
野宮から 「これからは山田に干渉しないでくれ。二股じゃないのなら 片方は突き放すべきだ」と言われたけど 分かったのかしら?

はぐみは 魔女から 賞を取るためと強制された絵が描けず落ち込んでしまう。
森田は気分転換に はぐみをドリームランドに連れて行くことに。
けれど…向かっている途中に 森田の兄が現れてしまい…
森田は 「俺を待ってろ」と言って 兄の車に。

森田が遊園地に着いた時は どの店も閉店した後。
はぐみは 明かりの消えた本屋の中で眠りこんでいた。


17

森田は遊園地にはぐみを迎えに行く。
それ以来 ふたりはますますベタベタ。
二人が仲良くなってイライラするのは花本先生と竹本。
花本先生はおいといて
可哀想な竹本。
仕方ないけど…
決まっていた就職先が倒産になって…
ほんと、ついていない。
森田は励まそうと 自分のインタビュー番組に出演させて作品を紹介しようとする。
けれど 逆効果。
竹本は行方不明に。

野宮は本気で山田を好きらしい。
山田はやはり真宮一筋。
真宮は理花の事務所に転職したんだし、理花は 今度は真宮に冷たくしないし、
真山以外の人にも目を向けたら?


18

竹本は放浪中。
竹本を心配する真山が 嘘っぽくて… 真山を好きになれない~

野宮は山田をパーティに誘う。
洋服もアクセサリーも用意して。
けれど 山田は断り 代わりにデートをする約束を。

山田にとって野宮とのデートは 初めてのことばかりで楽しんでいた。
しかし 野宮からキスされ 山田はショックを受けてしまう。

山田にとってファーストキスだったのよね。
それも 真山のためにとっておいたもの。
夜になっても 気持ちが落ち着かず 山田は森田に電話をする。
森田だと思って話す山田。
最後に「真山には内緒にしてね」と言って 電話を切る。
けれど 電話に出たのは真山だった。

野宮はキスぐらい何ともないと思っているようだけど
山田にとっては 大事なことなのよね。


19

野宮が地方に転勤に。
山田を忘れるために 志願した様子。
で、野宮が 山田の作品を使って進めていた“霧の回廊”のプロジェクトは 理花が引き継ぐことに。
と なると…2人は出会ってしまうわけで…
でも… 怖れていた対面は平和に終了。2人も悪い印象はもたなかったみたいね。

そして…山田は理花の事務所で一緒に仕事をすることに。
理花は 山田が真山を好きだと知らないのよね…
山田、真山と理花と一緒にいて 冷静でいられるかしら?

はぐみと森田はロダン彫刻展へ。会場で会う約束。
ところが 森田の兄が現れ 「仕事だ」と森田を連れ出し…
はぐみは 森田が現れず ショックを受けてしまう。
今度は… 森田を許さないつもりみたいね。

放浪中の竹本は寺や神社の修復士たちに出会い、しばらく行動を共にする。
そして 何かを掴めたのかなぁ みんながいるところに帰ることに。


20

覚悟はしていたけれど 辛い。
山田、何かと理花を気にかける真山を見るのは辛い。

山田が理花の事務所で働くことになったと聞いた野宮は 心配になって電話をかける。
「大丈夫です」と言いながら 山田は泣きだしてしまう。
いてもたってもいられず 野宮は山田に会いに行く。

ところが 気を効かせた山崎が 誕生祝いの麺を長谷川に注文し、長谷川と山田は配達中だった。
入れ違いになり 野宮は徹夜で戻る。
山崎に頼んで 山田を引き留めたものの 野宮は睡魔に襲われ 山田に手を握って眠ってしまう。
どんなに話そうとしても 離れず…
山田も一緒に寝ることに。

翌朝 帰る山田に 野宮は 「好きだ」と告白する。
女たらしと評判の野宮が ドキドキしながら告白するなんて。

理花に思いが通じない真山。
落ち込んでいる真山に 山田は 「カッコが悪くても 望みがなくても 気持ちを伝えなきゃ。奇跡を信じて」とアドバイスする。
山田にとっては 上手くいかない方がいいのにね。

理花は 原田の最後の仕事を完成させるために 小豆島に。
真山も追いかける。


21

竹本が戻って来てから はぐみは竹本と仲がいい。
嫉妬する森田は 竹本をいじめようとするが…
竹本、旅行して 成長したのよね。ビクともしないし、反撃することも。

ハチャメチャで 自由奔放に生きているように見える森田だけど
自由に生きられない、愛する人を守れないもどかしさを感じているらしい。兄のせいかしら。
竹本がはぐみに告白するのを見て 森田もはぐみに告白。
「竹本が好き?」
「うん」
「俺とどっちが好き?」
「どっちも」
「俺の心臓が砕ける~死んでしまう~俺とどっちが好き?」
「どっちも好きだけど あなたへの“好き”は特別」
「俺もお前だけだ」
ハッピーエンドでいいけど そんな演技に騙されるなんて…

理花は自殺するつもりだったの?
「もうすぐ 原田くんに会える」とは言ってたけど…
それは原田の田舎に行くからだと思っていたら 自殺するつもりだったなんて…
真山は理花に告白。一夜を共にする。
恋愛関係になったようには見えないけれど 冷たくされていた時のことを考えたら大きく進展したわね。


22

はぐみが腕を大怪我。
その頃 森田は上海にいた。

森田兄弟は 乗っ取られた父の会社を取り戻すために 少しずつ株を買っていたのね。
ようやく会社の株の51%を手にして 会社を自分たちのものに。
だけど… 復讐が終わった後 森田の兄が消えてしまい…
森田は社長として決裁を頼まれることに。
書類の山々… お手上げ状態みたいね。

理花が真山を受け入れ 真山も日本に行くことに。
結局こうなったんだ… 興味ないから どうでもいいわ。

山田は真山のこと、はぐみのことで悩み 野宮に助けを求める。
真山から離れて 別の人を頼り始めてよかったわ。
真山より 野宮の方がずっといいもの。


23

それぞれの道へ。

森田は真山からはぐみの怪我のことを聞き、戻ってくる。
大変な時に側にいてあげられなかったことを後悔し、これからはずっとそばにいて守ろうと誓う。
でも… はぐみは そんなこと望んでいなかった。森田には制作活動を頑張ってほしかった。
森田はアメリカへ。

真山は理花の後を追って 日本に。
山田は寂しく思うけれど…
仕方ないものね。真山は友達。自分のことを とっても心配してくれる友達。

竹本は…
旅行で知り合った修復士から手伝ってほしいと手紙が届く。
迷う竹本。
はぐみのそばにいて リハビリを手伝ってあげたい。
冷静に意見できるのは真山しかいないのよね。冷たい男だけど だからこそ 時には感情に流されない現実的な意見ができるわけで…
「リハビリは何年かかるか分からない。その間お前は無職だ。リハビリが終わった時 きっとはぐみは竹本に申し訳なく思うはず。はぐみに負担をかけてしまうだけなんだ。」
竹本は修復士の手伝いに。

はぐみは竹本にサンドウィッチをプレゼントする。
パンにはさまれていたのは四葉のクローバーだった。


 1234567891011121314151617181920212223
スポンサーサイト
web拍手
関連記事

アイリス あらすじ&感想


スパイものは好きなので 面白かったです。
緊迫感が足りないというか、事件、テロが 練り上げていなくて 表面的だった気がします。
アイリスという巨大な組織の実体を明らかにしないまま 展開したので 仕方なかったのでしょうが。
あと… ヒョンジュンとスンヒの恋愛が…
なくてもいいとは言わないけれど
せめて お似合いの2人であってほしかった…
ちっとも お似合いじゃなくて せつない気持ちを感じ取れませんでした。



    

   OST(2枚組)   DVD-BOX(韓国版)


全20話 2009年 KBS

出演者:キム・ヒョンジュン(特殊部隊→国家安全局NSS)・・・イ・ビョンホン
     チェ・スンヒ(NSSチーム長、プロファイラー)・・・キム・テヒ
     チン・サウ(特殊部隊→国家安全局NSS)・・・チョン・ジュノ

     パク・チョリョン(北朝鮮諜報員)・・・キム・スンウ
     キム・ソンファ(北朝鮮工作員)・・・キム・ソヨン
     ヨン・ギウン(チョリョン上司)・・・チェ・ジョンファン

     ビック・・・チェ・スンヒョン(T.O.P)

     ペク・サン(NSS副長官、のちに長官、“副長官”で統一)・・・キム・ヨンチョル
     パク・サンヒョン(NSS 対テロチーフ)・・・ユン・ジェムン
     ヤン・ミジョン(NSSハッカー)・・・ヒョン・ジュニ
     ファン・テソン(NSS)・・・キム・デジン
     オ・ヒョンギュ(NSS科学調査)・・・ユン・ジュサン
     ヤン・ジョンイン(NSS、スンヒ友人)・・・キム・ヘジン

     チョ・ミョンホ(議員→大統領)・・・イ・ギョンギル
     チョ・ヒョンジュン(大統領秘書室長)・・・チョン・ハニョン
     安保首席・・・パク・ヨンギ
     ホン・スジン(大統領秘書)・・・ミョン・ジヨン

     ヤマモトタカシ・・・白竜
     ゆき(秋田で会った女の子)・・・美山加恋
     さとうえりか(内閣調査室)・・・笛木優子
     カン・ドチョル(上海→釜山に密航しNSSを襲った責任者)・・・チャン・ドンジク

     ユ・ジョンフン(ヒョンジュン父の友人、ハンガリーでヒョンジュンを助けた謎の男)・・・キム・ガプス
     ジョンフン部下・・・チェ・ギュファン

演出:キム・ギュテ
脚本:キム・ヒョンジュン、チョ・ギュウォン、キム・ジェウン


 1234567891011121314151617181920


1

面白いかどうか…第1話を見ただけでは…
たぶん、ヒョンジュンに危機が起こって “”この後どうなるの~と 気になる終わり方をするから ずるずる見てしまう。
そんな気がします。


ヒョンジュンは軍の特殊部隊所属。
上司の命令で大学の講義を受講。
そこで 恋に落ちてしまう。
彼女を誘って 飲みに。
酔いつぶれて飲むってしまい、目が覚めた時には彼女はいなくなっていた。
そして 大学にも姿を現さなくなってしまう。

ヒョンジュンの同僚で友人のサウは 先輩に誘われて飲みに。
そこで 女性を紹介され サウは一目ぼれをする。

それがね… 互いに知らないけれど 2人が恋した人は同じ人なのよね。
三角関係になってしまうのかしら?

ある夜
ヒョンジュンとサウは別々に拉致され 実験をうける。
その実験を観察する人たちの中に サウの先輩と2人が一目ぼれした彼女もいた。


2

ヒョンジュンとサウは NSSの一員となり 一目ぼれのスンヒに再会。
チーム内の恋愛は御法度らしいけど
ヒョンジュンとスンヒは思いを寄せあっている様子。
サウは一歩で遅れ。

密かにヒョンジュンとスンヒの恋は進行し 最後はどちらかが亡くなってしまう?
悲恋でも ハッピーエンドでもいいから 甘ったるい恋愛でありませんように。
ヒョンジュンもサウも 組織の命令なら愛する人も殺せる って感じだから 大丈夫かな。

ヒョンジュンは両親を交通事故で亡くしたらしい。
記憶がないのかなぁ…?
事故は仕組まれたものだったようだし、事故の後 とどめをさすように ヒョンジュン両親を射殺した者がいた様子。
犯人が誰かで ヒョンジュンがこのままNSSにいるのか 敵になるか かわってきそう。


元日本赤軍 ヤマモトタカシが入国。
任務は ヤマモトタカシの来韓目的を調査し、仲間を把握。テロ計画があるならば阻止すること。
ヒョンジュンとサウは ヤマモトタカシを追いかけるが、ヤマモトタカシは仲間に?殺害されてしまう。
彼らの目的は大統領候補チョ・ミョンホの殺害だった。
ヒョンジュンがミョンホを護衛し、サウが暗殺者を狙撃。テロは未遂に終わる。

ヒョンジュンとサウは青瓦台に呼ばれる。
ヒョンジュンは壁に掛けられている絵に見覚えがあった。
蘇る記憶。
幼い頃に観たような…
自分の話しかける母の声を聞いたような…
両親は核開発の研究者…
交通事故…
母は射殺された…


3

今回から本格的に 殺し屋ビック役でT.O.P登場。
カッコよくて 殺し屋が似合ってるのよね…
彼は目がいいので 役者として この先も楽しみです。


NSSは核兵器開発のために作られ、その後 核兵器開発は中止に。関連するものは処分されたけれど NSSは国家の安全を守るために残された…らしい。
核兵器開発に関わっていたのがヒョンジュン両親で、核兵器を処分する時か 北との開発競争の中で 殺されたのかしら。

ヒョンジュンは過去の記憶がない。
青瓦台に行ったことをきっかけに気になり、育った孤児院の院長に聞いてみるけど 「知らない」という返事。
けど…院長は副長官と通じていて…すべてを知っていて 隠しているみたい。
ヒョンジュン両親の死も ヒョンジュンがNSSに来たことも 裏があるのかも。

ヒョンジュンとサウとスンヒは休暇をもらう。
ヒョンジュンとスンヒは一緒に 秋田に。
2人が甘~い時間を過ごしている時、NSSでは事件が起きていた。

2人の甘~い時間に関しては 興味がないので…パス。

事件…北の核兵器開発者ホン・スンリョンが亡命を希望。
それを 受け入れるか どうか 大統領は決断を迫られていた。
サウはスンリョン滞在のハンガリーに飛び 保護。
遅れてきたヒョンジュン、スンヒと合流。スンリョンの意思を確認する。
大統領が受け入れを決断し、 3人はスンリョンを韓国に移送するため 担当者に引き渡す。
しかし スンリョンと担当者はビックに殺されてしまう。

ビックは“IRISのリスト”を捜しているらしい。


最後に…
秋田で 女の子ゆきがヒョンジュンに道を聞かれた時に 「かっこいい」とつぶやき、
その後再会した時に 顔をなでられて 恥ずかしそうにするんだけど。
中学生(かな?小学生かも)が 親くらいの男性を カッコいいと思わないと思うんだけどなぁ…
ビョンホンさんは確かにカッコいい。だけど…T.O.Pなら分かるんだけどなぁ…


4

誰が北の最高責任者暗殺命令を下したの?
大統領?副長官?
大胆な計画を立てるなんて…
…どうも 私には ヒョンジュンをNSSから外すために命令したように思えるわ。


ヒョンジュンは副長官から単独任務を命ぜられる。
北の最高責任者ユン・ソンチョル暗殺。

暗殺は成功。
しかし ヒョンジュンは逃げる途中に 銃弾を受けてしまう。

隠れ家に帰ったヒョンジュンは副長官に電話。
「任務は成功。銃弾を受けて ひとりでは脱出できないから 支援要員を頼みたい」
返事は…「要員は送れない」

ヒョンジュンは自分で弾を取りだし、眠ってしまう。
その間、警察、北の工作員たちは隠れ家のマンションを包囲。

ヒョンジュンはドアを叩く音で 目が覚める。
来たのはサウだった。
助けに来てくれたと喜ぶヒョンジュン。
支度をし、振り返ると
サウはヒョンジュンに銃口を向けていた。


5

「NSSに入った時から こうなることは決まっていた」
副長官はサウに説明。
すべては仕組まれていたことだったのね。
ということは ヒョンジュンは殺されるためにNSSに入ったってことなのよね?
両親の死と関係があるんだろうけど…幼かったヒョンジュンが秘密を知っているとは思えないんだけど…

副長官、大統領には 「ソンチョル暗殺は北の内紛」と説明。
スパイ容疑で NSSでのヒョンチョル関係書類をすべて処分。
今までスパイ容疑に掛けられた人は 二度と姿を現さなかったそうで ヒョンジュンもこのまま葬られるわけね。


サウは副長官の命令を 一度は断った。
けれど サウが引き受けないのならスンヒに頼むと言われ 引き受けることに。

サウに銃口を向けられ 驚くヒョンジュン、
そこに “北”と警官たちが来て… 2人は逃げ出す。

サウは副長官に 「ヒョンジュンには会えなかった」と報告し、
スンヒに 今の状況を説明。
2人はヒョンジュンを救出しようとする。
しかし うまくいかない。

ヒョンジュンはスンヒに会いに来る。
2人は逃げるために駅へ。
そこに “北”と警察も。
逃げるヒョンジュン。
目の前でスンヒが乗っているはずの車が爆発してしまう。

ヒョンジュンは 空港へ行き、飛行機に乗り込む。
そこにサウが来て 飛び立った飛行機に銃を向ける。


6

う… 日本が絡むと 事情を知っているつもりだから ???なことが出てきて
そうなると 視聴意欲が ず~んと落ち込んでしまう。
韓国での話だと 不思議に思っても “こんなこともあるんだろうなぁ”と納得できるんだけど…

ヒョンジュンはどうやってパスポートを手に入れたの?
偽造?そんなお金あったの?
ソンファは日本にどうやって銃を持ちこんだんだの?
“北”の協力者が用意したってこと?
雪山だから 銃声が聞こえなかったの?
ヒョンジュンとソファを快く置いてくれる家 って… あれは旅館なの?
日本の刑務所で 拷問?
それとも日本のなかにある韓国の刑務所? そんなものあるわけないわよね…


サウが飛行機を撃ち、飛行機は火を噴き 墜落。
サウは湖に落ちた飛行機を対岸から見ただけ。 遺体を確認しなくていいんだろうか?

6ヶ月後。
NSSの会議にはヒョンジュンとスンヒの姿はない。

スンヒは母?の花屋を手伝っている。

ヒョンジュンは謎の人物に助けられ 入院中。
しかし 謎の男に協力を求められ脱走する。

ソンファは…ソンチョル暗殺の責任をとって 拘留されている。
上司であるチョリョンは引き立ててくれた人がいて お咎めなしだったみたいね。
ソンファは工作員に復帰するために ヒョンジュン暗殺を命じられる。

ソンファは秋田へ。
雪山を登るヒョンジュンを撃つが失敗。
ヒョンジュンに捕らわれてしまう。

ヒョンジュンはソンファを殺さず、お粥を持ってきてあげるんだけど…
ソンファ、ずっと拒否していたのに 急に食べ始めるし…
いつの間にか ヒョンジュンに恋して 腕を組むし…
ソンファの気持ちが ???

ソンファは 書置きを残して 秋田を去る。
次に現れたのは 韓国。
逮捕されてNSSに移送される。

それを聞いたスンヒは 頼みこんでソンファの取り調べを行う。
スンヒが聞きたかったのは ヒョンジュンの生死。
しかし ソンファは答えない。
そこで スンヒは握手するふりをして 紙を渡す。

ソンファが毒を飲んで倒れる。(スンヒが渡したものはカプセルだったのかも)
そして 救急車で運ばれる途中 救急車を乗っ取り脱走する。

秋田の刑務所で拷問をうけるヒョンジュン。
なぜ 逮捕されたの?
不法入国?それだけで拷問はないわよね。


7

面白いんだか。つまらないんだか…分からない。
何にも進んでいないようで、進んでいるようで…
…どう書いたらいいのかも 分からない。


まず ソンファ。
スンヒが渡した薬で脱獄に成功。
チョリョンに電話。
「母と弟が亡くなったと言うのは本当ですか?」
…もしかして それを確かめたくて脱獄? そんなことはないわよね。
ヒョンジュンを追って秋田に。

スンヒはソンファがヒョンジュンの行方を知っていると思って 脱獄させたらしい。
ソンファを追って秋田に。
で、一緒に飲んだ居酒屋とか辰子像には行くのに なぜゆきの旅館に行かないの?

スンヒがソンファに薬を渡したことが問題に。
サウは副長官の命令で ソンファを追って秋田に。

ヒョンジュンは 銃を手に入れようとして逮捕されたらしい。
テロ行為を計画しているのでは?と 内閣調査室 特殊刑務所に収容され 拷問を受けている。
…テロ容疑だから拷問を受けているんだろうか?これって許されることなんだろうか?と考えてしまうけれど “ドラマだから…”と言い聞かせて。

ヒョンジュンは内閣調査室のさとうえりか から取引を持ちかけられる。
ヤクザと繋がっている政治家を消してくれたら 自由にする。

ヒョンジュンは暗殺に成功。
しかし 取引は無視され 命を狙われてしまう。
銃を手に入れ 韓国行きの船に乗る。
そこに ゆきから電話がかかってくる。
何者かが旅館を襲ってきたらしい。
ゆきは拉致され、ヒョンジュンはスンリョンから預かったUSBを持ってくるように言われる。

ゆきを拉致したのはビックだった。


大統領は 密かに “北”の高官と 韓国で会う。
統一のために 核兵器の破棄を要求。
“北”が受け入れるか…


8

ゆきを助け出したものの ゆきは亡くなってしまう。
カーチェイスに銃撃戦。生きているはずがないわ。

ヒョンジュンは助けてくれた謎の人物に電話。
話しながら ビックがほしがっているものは スンリョンに手渡されたネックレスではないかと思う。
ネックレスはゆきにあげていたから 取りにゆきの葬式に。
そこでソンファに再会する。
で、身の上話。

ヒョンジュンは 今までのことを話し始める。
スンリョンの亡命。ソンチョルの暗殺。逃亡。駅での爆破。
ソンファは
「スンリョンの死は“北”とは関係ないし、ソンチョルの暗殺事件は簡単に処理された。だから 南でも北でもない、私たちの知らない組織の犯罪ではないか」と答える。
…スンヒが生きていることは言わなかったわね。

ソンファンも身の上話。
工作員に選ばれた時から 今まで。
そして 母も弟も死んだから 今更 命令を実行する気はないと。

ネックレスに隠されていたファイルを解読。
アイリスのリストだった。
ヒョンジュンが謎の男に聞いたところによると
アイリスとは 暗殺とテロを利用して 国家紛争を起こさせ 自分たちの利益を追求する集団。北の人も 南の人もいる。

ソンファはチョリョンに連絡。
上海で会うことに。
ソンファはチョリョンに ヒョンジュンを会わせる。


スンヒはヒョンジュンが生きていると思い、そのことで頭がいっぱいで復帰どころではなかった。
サウは副長官の命令で 情報を捜査。
ヒョンジュンに似た男が死体で見つかったことにし、スンヒを納得させる。
ショックで しばらく入院していたが 復帰することに。

ところが 日本からの照会のファイルの中に ヒョンジュンが写っているのを サウが発見してしまう。
副長官は どう処理するつもりなのかしら?
ヒョンジュン暗殺を謀る?


9

ヒョンジュン、生きて行くために 北に助けを求めたんだろうけど。
寝返って、寝返って、を繰り返して行くのかしら…
利用され続け 復讐を繰り返すだけだと思うけど。

と それらしい感想を書きましたが、
一番の楽しみはT.O.Pを見ることなのに 登場せず…寂しかったわ。


「利用し捨てられた。復讐したい。助けてほしい」
ヒョンジュンはチョリョンに頼む。
復讐する相手は ペク・サン副長官と “南”

ヒョンジュンは韓国でテロをおこす計画の一員となり 密航。

ヒョンジュンは ネックレスに隠されていたUSB解読のため
以前 サウと住んでいた家に。
鍵の暗証番号が昔のまま って…不用心だわ。
NSS本部に入らなければ すべてを解読できないことが分かる。

マグロ漁船の船員たちが拉致されたことが分かり
NSSは密航グループを捜査する。
潜伏倉庫を見つける。

ヒョンギュは サウの家に侵入したものが 骨格から判断して ヒョンジュンではないかと推測する。
しかし サウは 一蹴されてしまう。
ヒョンジュンは 日本からの照会のDVDも削除したようだし…
サウにしてみれば ヒョンジュンが生きていたから困るものね。

“北”は 大統領の提案を受け入れることに。
それに反対する高官の命を受けて チョンリョンは 使節団の一員として南に。
ヒョンジュンのいるグループと連携して テロを起こすつもりかしら?


10

今回もT.O.Pは出演せず…
若くてカッコいい子を時々は出演させてほしいわ。目の保養をしたいのに。


倉庫はもぬけの殻。
中にあったのは 燃え残った書類だけ。
その書類から テロの標的は東アジア会議と判断。

実は誘導作戦。
本当の目的はNSS。
東アジア会議と北の使節団に人員を配置し NSS内の人員は少なくなっているはず。

NSSへの侵入に成功。
目的のものを手に入れる。

彼らが目的のものを手に入れている間、ヒョンジュンは見張りを命令されていた。
そこで そのすきに ネックレスのUSB解読に必要な書類を手に入れようとする。
しかし そこに あとからNSSに戻って来たスンヒが来て…

ヒョンジュンはスンヒが生きていたことを知る。
ヒョンジュンは覆面をしているから スンヒはヒョンジュンとは分からない。
スンヒを追って来た男が 背後からスンヒを狙う。
男とヒョンジュンは同時に撃ち、倒れてしまう。
スンヒは ヒョンジュンの覆面に手をかける。

NSS侵入の目的はヒョンジュンには明かされなかった。
だから ドラマのなかでも 分からないまま。
チョリョンが濃縮ウランを持って “南”に入ったことを考えると 核開発に関係するものなのよね。


11

前回に続き
今回もT.O.Pは出演せず… つまらん…

副長官って 一体どんな人間で どんな企みがあるの?
アイリスについてもまだ謎だし。

ヒョンジュンがいるグループが盗んだのは起爆装置。
チョリョンが持ってきた濃縮ウランと結合すれば核爆弾になる。
これをソウルで爆発させるつもりらしい。

NSSは これを阻止しなければいけない立場。
けれど 副長官は いつかは爆発させるつもりだったから サウに 捜査を攪乱させるように命令。
…副長官は北と南を戦争させたいの?それはアイリスの希望?


ソンファはスンヒを殴り ヒョンジュンを助け出す。
気がついたヒョンジュンはスンヒに会いに行こうとするが、ソンファが説得。
仲間と合流。NSSを脱出する。

チョリョンは密かに濃縮ウランをヒョンジュンがいるグループのアジトに運び、ドチョルに手渡す。

チョリョンはドチョルから ヒョンジュンのお陰で仕事がうまくいったと報告を受け、
ヒョンジュンにソファと一緒なら 監視なしで動いていいと話す。

そこでヒョンジュンはソファと一緒に孤児院に。
NSSから盗んできたデーターの中に ヒョンジュン両親のデーターがあったのよね。
“核開発に携わっていて 事故を装って殺された。事件の裏には副長官がいて 副長官はずっとヒョンジュンを監視していた”
孤児院に行くと いきなり撃たれる。
神父は殺されていた。

スンヒは あの時、男は自分ではなく仲間を撃ったような気がしていた。私を助けるために味方を撃ったのでは?
スンヒはヒョンジュンが生きている気がして 調べ始める。
ハンガリーから届いたヒョンジュン死亡のメールが嘘だったとわかり ヒョンジュンが生きていると確信する。


12

スンヒとヒョンジュンが再会したところで つづく…
どうなるかドキドキするわ~
… って 実はちっともドキドキしないんですけどね。
スンヒとヒョンジュンの互いを求めるせつない気持ちを感じられたら いいんだろうけど まったく感じられず…
それでも 続きと黒幕が気になるから観てます。その点ではこのドラマ 成功なのかも。
黒幕は誰かなぁ… 登場した中で 年輩で あり得そうにない人って ヒョンギュだけど…

そして お決まりの
今回もT.O.Pは出演せず… つまらん…


ヒョンジュンは ハンガリーで助けてくれた人に接触。
彼は 孤児院で見つけた写真の男。
ヒョンジュン両親と一緒に核開発を行っていた。

彼の話によると
時の大統領が亡くなった後 核開発に携わった人間が 次々と殺された。
背後にアイリスがあるのを知り、対抗組織を作ったが すぐにアイリスに知られ 殺されてしまった。
ヒョンジュンが持っているアイリスのリストは完全ではないし、アイリスのトップはペク・サンではない。

そして チョリョンたちが企てている核テロを阻止し、アイリスの首謀者を見つけるべきだと言われる。

副長官とチョリョンの上司ギウンはアイリス仲間なのね。
チョリョンはそのことを知らない様子。

NSSはテログループ(ヒョンギュンがいるグループ)のアジト候補のリストを作る。
サウは捜査をかく乱させるため 最も有力なアジトを後回しにして 調査。
しかし スンヒが独自にリストを捜査し、最も有力なアジトに向かってしまう。

テログループは アジトが見つかったと報告を受け 荷物をまとめる。
逃げる前にスンヒが来てしまい…
スンヒはテログループに捕まってしまう。


13

やっと 久々にT.O.P登場。
NSSのミジョンに近づいている様子。
以前 クラブで会った時は 偶然?と思ったけれど 偶然じゃなさそう。

ハンガリーでヒョンジュンを助けたジョンフンは 副長官に居場所を知られ 殺されてしまう。
これからヒョンジュンはどうするのかしら? とりあえず テロを阻止して…その後は?
上司ギウンとは考え方が違うと知ったチョリョンと合流するかも。


テログループはスンヒを連れて アジトを異動。
スンヒは保安コードを話すように尋問されるが
サウから スンヒが拉致されたと聞いた副長官が手を回し
スンヒは解放される。

チョリョンは核爆弾を爆発させると脅して 南北会談を中止させるつもり。
しかしギウンは違った。
本当に爆発させ 南北戦争を起こすつもりだった。
そして 崩れた北を 自分が立て直すつもり。

チョリョンはドンチョルに 濃縮ウランと起爆装置の結合の中止を命令するが
ドンチョルは無視する。
ドンチョルは ギウンから直接 命令を受けていた。


14

反アイリスの行動をしていると思われる人たち。
ヒョンジュンとソンファ。
チョリョン。
スンヒとサンヒョン。
大統領秘書室長。
みんなが協力すれば アイリスに立ち向かえるかもしれない。
けれど 今のところ バラバラ。

副長官がギウンに頼み、
ヒョンジュンとソンファはテロ当日に殺されることになっているのよね…
早く 反アイリスとして結束しないと。

で、おきまりの.T.O.Pですが…
ちらっとミジョンがらみで登場。
ミジョンにキスして ミジョンはビックに完落ち。
そして ビックは副長官も監視している様子。
今のターゲットは何なの?


危険を察知し ジョンフンの屋敷に向かっていたヒョンジュンとソンファ。
ヒョンジュンは監視カメラを探知し ジョンフンが殺されるところを見ていた。
ジョンフンが最後に残した“旧約聖書9章6節”
その本を調べると 貸し金庫のID番号と鍵が隠されていた。

貸金庫の中のもの(車の鍵?)を受け取り 駐車場に行くと
車が用意されていた。
ナビに従って 目的地に着くと ヘリが止まっている。
ヘリの中には大統領秘書室長。
そして ヘリが着いた先には 大統領がいた。

大統領は秘書室長から アイリスの存在を聞かされ ジョンフンが殺された映像を見せられる。
ヒョンジュンは
自分が手にしているアイリスのリストは不完全で 今すぐ動くのは辞めた方がいい。今 核テロが計画されていて 自分はその仲間と一緒にいるから テロを阻止できるかもしれない。
と 報告する。

チョリョンは ギウンに反対して北に召喚されるのは得策ではないと考える。
ギウンには 命令に従うと話し、テロ阻止を画策する。
ソンファに連絡し 会うことに。
ところが 拉致され 現れたのはヒョンジュンだった。

サンヒョンは内部にスパイがいるのではと疑い始める。
当初 サウが怪しいと思っていたが、副長官がおかしいと思い始める。
そして 副長官がギウンと会ったのを目撃する。

サンヒョンはスンヒに話す。
まずは ヒョンジュンに どうしてテログループの仲間になったか聞くことに。
ジョニインにも協力を頼み、テログループのアジトを探す。

サウはスンヒに監視をつけていた。
スンヒがテログループのアジトを探していることを知り、スンヒを止めようと スンヒを追いかける。


15

ヒョンジュンとソンファ、チョリョン、大統領&大統領秘書室長は 完全ではないけれど 向いている方向、敵は同じと確認。
後は スンヒとサンヒョンも 同じと確認できればいいんだけど…
サンヒョンは 反逆罪で拘束されたから 頼みはスンヒだけ。
落ち着いて話し合って 協力してほしいわ。
サウも協力してくれるといいのに…

そして お決まりの…T.O.Pは登場せず。
彼は 今 誰の命令で動いているのかしら?
もしかして 秘密兵器は秘密のままで終わってしまうの?


チョリョンはヒョンジュンに尋問される。
それを別室で見ている 大統領秘書室長とソンファ。

チョリョンは
核爆弾で脅して南北会談を中止させるつもりだったが、最近 自分が利用されていることがわかった。ドチョルはギウンから命令を受けていて 自分には核爆弾がどこにあるのかわからない。ペク・サンと関係があるのは ギウンのはずだ
と話す。

解放され 戻ったチョリョンは ギウンから クーデターの全貌を聞く。
それは 軍が関係し、用意周到に計画されていた。
チョリョンは大統領秘書室長に連絡。
大統領に報告される。

ヒョンジュンとソンファは 核爆弾のありかを探すため アジトに戻るが誰もいない。
2人を殺すために残った数人以外は 別の場所に移動していた。

ヒョンジュンは スンヒを追ってアジトに来たサウと再会する。
ヒョンジュンはサウが いつ、どうしてアイリスになったのか知りたかった。
けれど サウは話さない。
テログループの残った数人が襲ってきて 2人の話しは中断することに。

ヒョンジュン 全員殺害。
そのうちの一人が持っていた車を 探る。

日記や 車の足取りで ある場所に。
確かに そこで 濃縮ウランと起爆装置を結合させていたようだったが、誰もいなかった。
しかし 足音が聞こえ、人が近づいてくる気配が。
来たのはスンヒだった。


スンヒは アジトの前で 一度はサウに逮捕される。
NSSでは すでにサンヒョンも拘束されていた。
スンヒは護送される途中に脱出。
ミジョンとヒョンギュの助けを借りて 核爆弾があると思われる場所に。
そして ヒョンジュンに再会することに。

ミジョンがスンヒに送ったデーターは NSSのアイリスも承知済み。
スンヒをおびきだして拘束するつもり。
サウは スンヒのいる場所に急ぐ。


16

ギウンが殺され、
副長官とサウたち NSSのアイリスが逮捕される。
これで アイリスが壊滅したわけではなく…

やっぱり こういうドラマは ハラハラドキドキ 次が気になって止まらないわ。

あっ、T.O.Pですが ギウン射殺の時にちらっと。
足を撃たれたようだったけど 大丈夫かしら?
…って 悪い人を心配していけません。


大統領はギウンを拘束することに。
連行されようとしているそこに ビック登場。
ギウンは射殺されてしまう。

サウと副長官にも逮捕状が出、
NSSのアイリス 4人は逮捕される。
アイリス関係の書類は処分されたから アイリス解明は難しいかも。
新しく長官になった安保首席、悪役顔だから “もしかして アイリスかも?”と思ってしまうわ。

爆弾は観光バスに仕掛けられていた。
午後5時 光化門近くを通る時 遠隔操作で 爆発させる予定。

チョリョンは“北”に戻り 関係者を尋問。ターゲットを聞きだす。
ヒョンジュン→大統領→NSSと伝わり、
NSSは 遠隔操作で爆発させると考え 電波障害を起す。

電波障害が起き、スイッチを押しても 爆発しない。
そこで ドチョルは直接点火するために バスに向かう。

その頃 ヒョンジュンとソンファも光化門に来て 爆弾を探していた。
ヒョンジュンはバスだと確信。
バスの中で 核爆弾を見つけ 持って逃げようとする。
そこにテログループがくる。


ヒョンジュンは核爆弾を持って 逃げるつもりなのね。
でも…起爆装置を止めるほうが… それよりもスイッチを奪う方が…


17

可哀想に、ミジョン、殺されてしまったのね。
ビックが悪い奴だとも知らずに 好きになって NSSからデーターを盗んで 必要なくなったら殺されて…


ヒョンジュン&ソンファ 対 テログループ。
そこにスンヒも加わり…
テログループは全員死んでしまう。

ソンファは“北”に戻ることを希望し、帰国する。
ヒョンジュンはNSSに復帰…するのかなぁ?
今は スンヒと一緒に のんびりしたいような…

ミジョンはビックから頼まれ NSSからデーターを盗み出す。
ワインを用意して ミジョンの帰りを待つビック。
USBを受け取り ミジョンにキスをするふりをして ミジョンの首を捻る。


18

スンヒが怪しい。
アイリスではないと思うけど 怪しい。


ヒョンジュンはNSSの復帰を拒否し、
スンヒと済州島へ旅行に。
しかし 途中 スンヒがいなくなってしまう。

ヒョンジュンにサウたちが脱走したと連絡があり、NSSに復帰することに。
ミジョンから護送情報が流れていた。

ソンファとチョリョンは南北会談のことで “南”に。
ソンファはヒョンジュンに 「アイリスの関係書類のなかにスンヒの情報があった。次のターゲットはスンヒかもしれない」と話す。
いぶかしがるヒョンジュン。

その頃 チョリョンは大統領秘書室長と会っていた。
スジンはアイリスに 報告。
話し合いを終え 大統領秘書室長は車に乗り込む。
スジンは電話をするふりをして 乗り込まない。
そして 車が爆発する。

ソンファとヒョンジュンは ビックを目撃し、追いかける。


19

スンヒはアイリスに誘われたのね。
アイリスの責任者“ブラック”に会い、「ヒョンジュンを殺せ」と命令されたらしい。
もちろん 拒否。 けれど 悩んでいるみたい。
スンヒの父はNSS創設者のひとり。けれど大統領暗殺に関わったとされて処刑。その後助けてくれたのが副長官。
副長官に恩があるから 悩むし、恩を売っているから 副長官は自分の命令に従うと思っている。

いつものT.O.P登場情報ですが…
ビックはヒョンジュンに殺されて 終わり。
ほんと、ちょっとしか登場しなかったのね。


アイリスでは テロ計画が進んでいた。
サウは 今 置かれている立場に不安を感じている。組織は何なのか、自分は組織に必要なのだろうか、自分は何をしようとしているのか…
副長官に叱咤激励され
逮捕された副長官に代わって 作戦の指揮をとる。

“北”で毒ガスが盗まれ “南”に運ばれていた。

サウたちテログループは デパートを襲撃。
客を人質にとる。


20

結局 アイリスの実態も “ブラック”の正体も明かされないままなのね。
で、シーズン2に続く?

こういうドラマは続きが気になる終わり方をして 次回を見させるのよね。
と 冷めていたつもりが
やはり 気になって 観てしまいました。
“なんだったのこれは?”という思いもありますが
楽しめたので よかったということで。

ヒョンジュンとスンヒがお似合いに見えなかったんですよね…
それがね… 残念です。
サウの方がお似合いのような気がするのですが。


テログループの要求は 南北首脳会談の中止。南北間のすべての対話の中止。聞きれられない時は有毒ガスをまく。

ヒョンジュンが交渉に行く。
ヒョンジュンは 「お前は後悔しているはずだ。お前が子供を人質にとるなんて 考えられない」と情に訴えて 説得するが、
サウは条件だけを話す。
“北に捕まっているアイリス関係者の解放”

条件を受け入れても 受け入れなくても 人質の救出は難しい。
突入が決まる。

ヒョンジュンはデパートに行き、条件を受け入れると返事する。
その代わりに すぐに女性と子供を解放してほしいと。
サウは了承。
しかし 部下が反抗。
「ブラックから 人質は全員殺せと命令されている」と言い、サウに銃を向ける。

デパート内は銃撃戦に。
そして サウが撃たれて 亡くなってしまう。

テログループは射殺され 人質は救出される。
南北会談も終了し、記者会見が行われようとしていた。
ところが テログループとされたものは 実は人質だった。
テログループは人質になりすまして 脱出していた。
…よくあるパターン。あの状況で そんなことができるのか不思議ですが。

テログループはもちろん 大統領を狙う。
そして スンヒは 再び電話で命令を受け ヒョンジュンを狙っていた。
しかし スンヒは テログループを撃つ。

3ヶ月後。
ヒョンジュンとスンヒはNSSから離れ 2人で過ごしていた。
ヒョンジュンはスンヒにプロポーズするために 指輪を購入。
待ち合わせ場所に向かっていた。
ところが ヒョンジュンは撃たれ…
倒れたヒョンジュンの目には 灯台でヒョンジュンを待つスンヒの姿が写っていた。
そして ヒョンジュンは亡くなる。


 1234567891011121314151617181920
web拍手
関連記事

イタズラなKissⅡ(悪作劇2吻) あらすじ&感想


(1)-(4)   (2010/1/27)
やたらとキスシーンが多かった記憶があるんですよね…
夫婦なんだから キスが多くてもいいんですけどね。
でも… “突然のキス”の方が 私は好きかなぁ…
…ジョセフが夫だったら…琴子がうらやましいよ~

イタキスⅡも初視聴ではないので 若干感動が薄れているかもしれませんが

(5)-(16)   (2010/2/26)
キスシーンが多かった記憶があったけれど
新婚旅行でのキスが衝撃的で それが残っていたみたい。
夫婦なのに ラブラブシーンが少ない…

琴子が看護科に編入。
で、新しい仲間ができて 琴子の周りに変化が。
すると 直樹にも変化が。
まさか 直樹が嫉妬するなんて思わなかったわ。

人を羨ましく思うこともなかったから “嫉妬”という気持ちにも気付かない直樹。
直樹は 琴子を愛する啓太に嫉妬して 琴子を傷つける。
今回は直樹が悪い!
きちんと琴子に謝れるかしら?

(17)-(33)   (2010/3/13)
琴子の成長のなさに イライラすることもあったけれど
それは 自分の気持ちが大きすぎて 直樹の愛を信じられなかったり 自分に自信を持てないから。
終始 琴子は可愛くて 直樹一筋。
流されて結婚した感じの直樹だけど
琴子への愛は 大きくなり 琴子がいないと生きていけないくらいに。
琴子からラブレターをもらった時の直樹の反応を思ったら こんな日が来るとは想像できなかった。

琴子と直樹。
2人に ふと会いたくなって 琴子に励まされ 2人のラブラブで幸せな気分に。
シリーズ2のキスは嫉妬してしまうので 見直したことはなくて 今回が2度目だったのですが、
啓太に嫉妬した直樹が 琴子に「そばにいてくれ」と告白するところ。
琴子の誕生日。
最終回。
は 見直したい場面です。





全33話 2007年 

出演者 : 相原琴子・・・林依晨 アリエル・リン
       入江直樹・・・鄭元暢 ジョセフ・チェン

       松本裕子・・・許瑋 ティファニー・シュー
       池沢金之助・・・汪東城 飛輪海ジロー

       入江紀子・・・趙詠華 シンディーチャオ
       入江重樹・・・張永正 チャン・ヨンジェン
       相原重雄・・・唐從聖 ツン・ツォンシェン

       須藤先輩・・・王威登 ジェイソン・ワン

       鴨狩啓太・・・曾少宗 フィガロ・ツェン
       桔梗 幹・・・唐禹哲 タン・ユージャ
       小倉智子・・・五熊 ウーション
       品川真里奈・・・江佩珍 ジャン・ペイジェン
       クリス・・・瑞莎 ラリサ

       丸子・・・陳靜宣


原作  : イタズラなKiss(多田かおる著)

 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233

1

琴子のハチャメチャぶりは健在。
直樹、苦労しそう。


グアムに向かう機内。
直樹は寝てばかりで 琴子はつまらない。
琴子は 結婚式のビデオを見て楽しんでいた。

が、機内で流してもらうことを思いつき…
「彼は不治の病なの」と嘘をつき 頼みこみ…
機内は爆笑の渦に。

機内で知り合った麻里&巧カップル。
2人と一緒にいた琴子は 直樹がトイレに行っている間に違うバスになってしまい…
直樹は “ホテルのシャトルバス”と言ったのに 琴子は意味がわからなかったみたいね。
いつでもどこでも冷静な直樹が追いかけてくれたから 大丈夫だったけど
どんな新婚旅行になるやら…心配。

直樹家族&金ちゃんもグアムに来ているようで…
傷心旅行中の金ちゃん、2人を見て ますます落ち込むんじゃ…

2

新婚だから いいんだけど…
キスシーン、長すぎでしょうがっ!


麻里&巧カップルが邪魔をしてくる。
せっかくいいムードになったのに 2人が来て 初夜はおあずけ。

その後も何かと邪魔してきて…
なかなか2人きりになれない。
麻里が直樹にちょっかいをだすから 琴子は心配で仕方がない。

やっと2人きりでディナーを楽しんでいたら 巧が慌てて来る。
麻里の具合が悪いらしい。
直樹は麻里を診察。琴子に薬を買って来るように指示する。

ところが琴子は道に迷ってしまい…
警官が声をかけて助けてくれようとするんだけど…
琴子は英語がわからないから… 泣くだけ。
直樹が来てくれて 一件落着。

ホテルに戻った2人は…
初夜を…

いいんだけど… 夫婦だからいいんだけど… 新婚だから熱~くていいんだけど…
やっぱり言いたい。
キスシーン、長すぎです。
ジョセフのキスは見たいけど 長いのは見たくないんだけどなぁ…
それとも “これを見て ジョセフとキスしている気分になって”とか?
んな馬鹿な。そんな気分にはなれません。

3

入籍がまだだった。
直樹に 「今から行こう」と言ったら
「行く気はない」と逃げてしまった…
落ち込む琴子。
“私と結婚したことを後悔しているの?”
…ひとりで提出していいじゃない。私、ひとりで出してきたもの。


新婚旅行から帰宅。
ところが 旅行中に引っ越ししていて…
直樹家族もグアムに行っていたから 琴子の父がやってくれたみたいね。

で、琴子と直樹の部屋は 思いっきり少女趣味。
ついでに まだ生まれていない子供の部屋まで。
両親たち、張り切りすぎです。

4

先に好きになった方の弱み というか…
琴子の頭の中は直樹だけ。
直樹に嫌われないか心配で仕方がない。
直樹はというと… 琴子を大事にしていないわけじゃないけれど 研究も大事。


直樹は連日研究室に泊まりこんでいる。
落ち込む琴子。
でも 落ち込んでばかりはいられない!お弁当を作って持って行く。
けれど…会えず…お弁当は友人に頼むことに。

琴子が落ち込んでいると聞いた金ちゃんは 直樹に文句を言いに行く。
金ちゃんを止めるつもりだった琴子も つい 「一体 私は何なの?そばにいないし、寂しいし、これで夫婦なの」と言ってしまう。
売り言葉に買い言葉。
直樹は 「それなら やめるか。まだ籍に入っていないしな」と言ってしまう。

スーツを着た直樹が 琴子を迎えに来る。
連れて行ったところは 研究発表会場。
そこで直樹は 遺伝子研究の発表を行う。

直樹の研究も聞け、直樹の自分への思いも聞けた琴子は 一安心。
直樹も琴子を心配させてしまったことを 反省したみたいね。
何も言わない直樹にも問題はあるけれど
琴子、直樹を信じてあげなくちゃ。

それに… 直樹に負けないようにと教師になろうとするのもいいけど
直樹のために 食事を作る練習をするのも 大事だよ~
まぁ 私もダメ妻だから 強く言えないけれどね。

そうそう 直樹と琴子、めでたく入籍。

5

琴子、先生を目指す!
人間的には問題ないけど 学力がね…

直樹は大反対。琴子に教師が務まるはずがない。
でもやってみなきゃ 分からない!
…って 想像できるけどね。

実習に行く学校は母校。
裕樹が通っている中学に決定。

琴子は期待に胸を膨らませ 妄想はどんどん広がる。
実習最後の日に 別れが辛くて泣くことまで妄想。

実習初日。
もうダメダメ。
漢字は間違うし、ことわざの意味はわからないし、裕樹は意地悪な質問はするし。

6

琴子、今日はF組に。
“成績一番のA組よりものんびりして 落ち着く~”
…だよね。F組の気持ちはF組出身者がよくわかる。

裕樹に恋するF組の好美。
裕樹を出して告白した好美に裕樹は冷たい。
「馬鹿は嫌いだ。100番以内に入れたら考える」
…直樹そっくり。

そこで 琴子は放課後 勉強を見てあげることに。
でも…琴子、教えられないのよね…
1問解くのに1時間かかり、その答えは間違っているなんて…それじゃぁ 教えるのは無理でしょう。
結局 直樹が見てあげることに。

結果は97番。
めでたく 友達に。

A組での公開授業。
琴子は質問に答えられず おろおろ。
すると なんと 裕樹が助け舟。
前夜に琴子が練習して 準備していた質問をしてあげる。
おかげで 無事終了。

実習最終日。
A組の生徒が花束とプレゼントを渡してくれる。
感動する琴子。
けれど 生徒に言われた言葉は 「絶対に先生にならないでください。先生みたいな人が教師になったら生徒の将来が心配です」
落ち込む琴子…

でも F組は別れを惜しんでくれる。
「先生のことが大好きです。先生のおかげで 自分に自信が持てました。生徒だっていろんな人がいるもの。先生だっていろんな人がいていいと思います」

勉強を教えるだけが先生じゃないから 琴子みたいな先生がいてもいいのかも。
でも 預ける親なら 担任にならないように祈るかも。

夏休み。直樹と琴子は旅行に行くことに。
どたばた旅行記になりそう。

7

旅行先は…直樹の母の実家。
琴子は働かされて ヘトヘト。
いとこたちには 歓迎会と称して 怪談話を聞かされ 不機嫌に。
“こんなはずじゃなかったのに~”

ある夜 食器の後片付けをしていて 外に祖父を見つける。
琴子が声をかけると お茶に誘ってくれる。
いつもの意地悪なお祖父ちゃんではなく 優しいお祖父ちゃんだった。

翌日 お祖父ちゃんにお茶をした話をするが お祖父ちゃんは身に覚えがない。
その時間は寝ていたらしい。
じゃぁ 昨日のは誰?
ご先祖様が出てきたらしい。もしかするとお祖父ちゃんが幽霊のふりをしただけかも。

大学に交換留学生クリスがくる。
クリス、金ちゃんに一目ぼれ。理想の男性らしい。
金ちゃん、頬にキスされて固まってしまう。

8

直樹そっくりのクリスの婚約者。
…って ジョセフが演じてるんだから そっくりなのは当たり前。

クリスは金ちゃんを大好きなのね。
金ちゃんのために 料理、手芸、生け花…涙ぐましいわ。
それなのに 金ちゃんの気持ちは…イマイチかなぁ…
クリスのこと 嫌いじゃないみたいなんだけどね。

琴子、お腹が痛い。吐き気もする。おかゆよりも酸っぱいものを食べたい。
直樹の母は妊娠と勘違いして大騒ぎ。琴子もその気に。

教授と一緒に学会に行っていた直樹が帰宅。
琴子に妊娠を告げられて 「病院に行ったのか?」と。

直樹、学会に行く前に 具合が悪い琴子を診察してたのよね。
“消化不良だと思っていたのに、妊娠?”
直樹は琴子を連れて病院。
結果は 妊娠していなかった。
落ち込む琴子。

これは…直樹の母が悪いわね。

9

琴子のような妻だと 夫は大変だろうなぁ…
可愛いけど 安心して任せられないもの。

琴子が留年。
単位の計算ミスらしい。
泣きだす琴子に 直樹は冷たい。「自業自得だ」
慰めてもらえると思っていた琴子はびっくり。2人は喧嘩になってしまう。
…私も慰める必要はないと思う。だって自分の計算ミスじゃない。“頑張ったけど試験に落ちた”なら同情できるけど。

で、琴子は家出。
「実家に帰る」と言っても 今の家が実家と同じだからね…
まずはひとり暮らしの理美の家に。
でも彼が遊びに来て…居づらく…じんこの家に。
でも じんこの家は大家族。
何日もいるわけにいかず、ゆくあてもなく じんこの家を出る。

まっすぐ家に帰るなり、ホテルに泊まるなり すればいいのに
「モデルにならないか?」と声をかけられて ひょいひょいとついて行き…
それがAVのモデルと気付いた時には トラックの荷台に。

琴子が気になっていた裕樹が じんこの家から琴子をつけて 直樹に連絡したから
直樹が来てくれるかしら。
琴子に将来の事を考えさせるため と直樹は冷たい態度に出たようだけど
じんこ、理美と連絡を取っていた方がよかったかもね。

10

助けてくれたのは裕樹。
でも 琴子は家には戻らず…
直樹も もう少し我慢して 琴子の自立を待つつもりらしい。

琴子は住み込みで食堂で働くことに。
琴子、頑張ってるんだけどね…
計算を間違えたり、お皿を割ったり、肉を焼かせたら生焼けだし、店長は雇ったことを後悔しているかも。

直樹の母に続いて 直樹も様子を見に来る。
大喜びの琴子。
そして琴子は今後のことを話し始める。

琴子、やっぱり いつも直樹のそばにいたいのね。
直樹の助けになること=看護師 になる決心を。
とっても心配だけど…大丈夫かなぁ…やる気だけじゃ どうにもならない仕事だからなぁ…

11

琴子、看護科編入 合格。
直樹のおかげよね。
勉強に付き合ってくれて、
最後は出そうなところをピックアップしてくれて。

琴子は 直樹は「合格したらデートする」と約束してくれたから 頭はそのことで一杯。
けれど 冷静な直樹は 「編入の準備は大丈夫か」と。
だよね… 琴子、看護科に合格しただけなのに 看護師になった気分なんだもの。
看護師…医師とおなじくらい大変なのに。

金ちゃんの誕生日。
クリスは御馳走とケーキを作り、お揃いのセーターをプレゼント。
けれど クリスの思いは金ちゃんに届かず…クリスはイギリスに。
金ちゃん、プレゼントされたセーターを着て 空港に駆けつけたけど 遅く クリスは行った後。

ところが クリスは再び韓国に。
金ちゃんを忘れられなかったみたいね。
今度は うまくいくんじゃないかなぁ。
金ちゃん、クリスがいなくなって 寂しかったようだから。

12

琴子、成り行きで直樹のファンクラブに加入。
医学部まで 直樹を見学に。
ついには 直樹の家を見学にまで。

急いで 裕樹に電話して 外壁の写真を塗りつぶしてもらうように頼んだから 今回はばれないと思うけど…
早く 話しちゃったほうが…

肝心のお勉強はというと…
覚えが悪くて グループの仲間の足を引っ張っているみたい。
啓太はとろい琴子にイライラ。
啓太以外は優しいけどね。

13

直樹の家をのぞいている時に 直樹が裕子と帰宅。
みんなは裕子を妻だと勘違い。
「あの人が奥さんなら叶わない」と “直樹の妻”の評判は上々。

それを聞く琴子の心中は…落ち着かない。
たまらず 「入江直樹の妻は私よ~」と叫んでしまう。
でも 誰も信じてくれないのよね…
みんな 天才入江直樹の妻も天才だと思い込んでいるから まさかどじな琴子が直樹の妻なんて 想像できない。

ところが そこに直樹が 母の伝言を言いに来て…
で、みんなの反応は… なぜか誰も怒らないし、逆に安心している様子。
“直樹の好みが琴子なら 私たちにも望みがあるかも”ということらしい。
…みんな知らないなぁ…感情を出さない直樹だけど 琴子を大事にしていることを。

注射の練習。
誰も琴子と組みたくない。
痛いのは我慢できるけど 大きなけがをさせられそうで怖い。
クジをして めでたく?当たったのは啓太。
啓太に罵倒されながらも 無事献血終了。
けれど その注射器を床に落としてしまい もう一度献血することに。

逃げ回る啓太。
追いかける琴子。
それを目撃した直樹は一言。「看護師になっても 俺の病院には来るなよ」
啓太は冷たい直樹に驚いたようだけど
直樹は 相手が誰でもはっきり言うのよね。それに 琴子は少しきつく言わないと頑張らないからね。

14

啓太は琴子を好きになっちゃったのね。
とろい! と怒っていたのに。
琴子は直樹が大好きだし、直樹も琴子を好きだし、啓太が入る余地はないんだけどなぁ…

そういえば金ちゃん、元気かなぁ…
琴子が看護科に進学してから 出番がなくて…寂しいなぁ


琴子は断り切れずに直樹たちとの合コンをセッティング。
例の如く 直樹は琴子を無視。
だけど…酔いつぶれた琴子を連れて帰るのは直樹なのよね。
そろそろ酔いつぶれそうだなぁ とわかっているし、
ふらふらしている琴子を 抱きかかえたり、おぶったり、脱げた靴を履かせたり、
いつもはクールな直樹だけど 琴子を大切に思っている。

琴子は智子が啓太を好きだと思い、くっつけさせようと考える。
けれど直樹は反対。「啓太は違うかもしれない」
啓太が琴子を好きなのを見抜いているのね。

解剖遺体の見学。
琴子は倒れてしまう。
啓太が抱えて保健室に。
眠っている琴子を見つめる啓太。キスしそうな気配。
そこに 直樹が…
「こいつは俺と結婚している。ちょっかいをだすな」と牽制。
けれど啓太はひるまない。
「俺の方が琴子のことを考えてやれる」と。

15

直樹が嫉妬?
直樹が嫉妬するなんて信じられないけれど あの様子は…たぶん…嫉妬。

自分を捜しに出かけたはずなのに 啓太と楽しそうに帰ってくる琴子。
グループの仲間と ワイワイガヤガヤ勉強している琴子。
直樹はひとり置いていかれた気分になって 不機嫌に。


夏休み。琴子は家族旅行に。
けれど グループ課題が残っていて…
直樹の母の提案で グループのみんなも旅行に誘うことに。

グループのみんなが来るのは 明後日の夜。
それまでは 直樹と楽しもう と思っていたのに…
予定より早く到着。あ~あ…

寝坊した琴子は置いてきぼり。
直樹を捜して外出。
けれど 直樹を見つける前に 啓太にばったり。
琴子と啓太は楽しそうに帰宅。
直樹はそれを見て 不機嫌に。

グループのみんなと勉強する琴子。
とても楽しそう。
直樹はますます不機嫌に。

直樹が琴子にかまってもらえなくて不機嫌になるなんて初めてよね。
今まで 琴子が構わないなんてことなかったものね。
いつもは 琴子が寂しい思いをしてたんだから たまには逆もいいかも。

16

琴子に冷たい直樹。
琴子は寂しそう。
それを見る啓太は…琴子が可哀想で 直樹に意見してしまう。
直樹、「そんなに心配ならお前がやさしくしろ」と言っていまい…
クールな直樹が ホットに。
嫉妬するくらい好きなんだから 琴子を大事にしてよ。


直樹が怒り、琴子は悲しくて 外に。
追いかけてきたのは啓太だった。
啓太のおかげで 琴子は少し 落ち着き 帰宅。
琴子が心配で 帰りを待っていた直樹は 2人が一緒に帰ってくるのを目撃してしまう。

旅行から帰っても 直樹は不機嫌だった。
琴子は あの日 啓太に抱きしめられて 「俺が守ってやる。あいつなんかやめてしまえ」と言われたのが気になっていた。

新学期。
啓太は以前と変わらず接してくれる。
けれど 直樹はまだ不機嫌。
何が気に入らないのか… 嫉妬しているだけにしては 長すぎるのよね…

直樹、自分のイライラが嫉妬しているからだとわからなかったらしい。
金ちゃんに指摘されて びっくり。
金ちゃんは 「天才も嫉妬する」と大笑い

17

やっと仲直り。
琴子の父に怒られて 目が覚めたようだけど…
遅い!自分が悪いんだから さっさと仲直りしなさい。
「嫉妬してた。ごめん。ずっとそばにいてくれ」
これだけで 琴子は喜ぶのに。自分の気持ちを素直に話せばいいだけなのに。


直樹は相変わらず。
不機嫌で 琴子が悲しい思いをしていることなんか まったく分かっていない様子。
琴子は耐えられず 父の店に。

そうなのよね…
今の直樹は 琴子が一方的に好きだった時の冷たい直樹とは 様子が違う。
あの時は 冷たくされても 琴子は悲しくなかった。
夫婦になったからこそ 無視されるのは辛い。

琴子はクリスの家に泊まり やけ酒。

帰宅した琴子の父は 直樹が琴子のことを心配しない態度に 我慢できず
直樹を殴ってしまう。
「娘が辛い思いをしているのを黙って見ていられない」

翌日 琴子は二日酔い。
啓太は琴子が外泊したことを知り、「俺のところに来ないか」と言いだす。
そこに直樹。

やっと やっと
「嫉妬していた。おまえがそばにいてくれるから 本当の自分になれる」琴子に告白。
めでたく 仲直り。

家で心配していた直樹の両親と琴子の父、
仲良く帰宅した直樹と琴子に びっくり。
直樹が琴子を抱き、キスしているのを見て 安心する。

18

琴子は まだ 静脈注射がうてない。
このままでは 実習授業に進めない。
直樹が実験台になるのかなぁ… してくれそうにないわね。


理美が妊娠。良と結婚することに。
琴子は 「良の母に会うから 一緒にいてほしい」と頼まれる。

ところが…良の母の態度が…
理美のことも できちゃった結婚も気に入らないらしい。
我慢できず 琴子は良の母を怒らせてしまう。
で、理美と良も喧嘩に。

愛し合っている2人だから…
理美が流産しそうになったのをきっかけに仲直り。

理美の流産騒動に巻き込まれた直樹と琴子、
結婚2周年のパーティをすっかり忘れてしまっていた。

2人はパーティ会場には行かずに 観覧車に。
2人だけで過ごす方が幸せよね。

19

啓太も直樹も練習台になってくれて
琴子は注射の試験に合格。
無事 戴帽式を迎える。

「教授と学会に行くから 戴帽式には花束渡せない」と言っていたのに
遅くなっても 帰って来てくれるのが直樹なのよね。
冷たくても 琴子のことをよくわかっているし、琴子を大事に思っている。


直樹は何度も練習台になったようで
翌日 腕がいたくて大変だったみたい。

まだ 琴子を諦められない啓太。
琴子に 看護師を目指した理由を聞いてみる。
答えはもちろん 「入江くんの手伝いをしたいから」

そうなのよね…
啓太のライバルは直樹ではなく 琴子の直樹を思う気持ち。
啓太がどんなに頑張っても 琴子の気持ちが揺らぐことはない。
琴子はいつだって直樹のことしか思っていないから。

20

琴子は実習の妄想に。
妄想する患者さんはいい人ばかり。可愛くて 優しくて。
けれど 現実は違うのよね。

担当は 我儘なおばあちゃん、吉田さん。
何度もナースコールを鳴らす。
駆けつけたら…
肩を揉め とか リモコンを捜せ とか。
「琴子のせいで具合が悪くなった」と言ってみたり。
もう 最低の患者。
病気で不安だから と言っても酷過ぎる。

吉田さん、直樹がお気に入り。
直樹と琴子が結婚していると聞いて びっくり。
急に 琴子に優しく…
と思ったら やっぱり意地悪。

吉田さん、寂しいんだろうけど…
看護師さんで遊ぶのはやめてほしいわ。

21

琴子は吉田さんに振り回されてばかり。

吉田さんが 「胸が苦しい」と言うから 慌てて医師を呼んだら
仮病。
琴子は つい吉田さんに怒ってしまう。
「騙すなんてひどい」
でも…怒られるのは琴子。
患者の様子がおかしい時は脈拍などを診るべき。患者に 「騙した」なんて言ってはいけない。

落ち込む琴子。
直樹は 琴子に 「夢を諦めるのか?」と。
「俺のために看護師になる。そんな理由で 簡単にできる仕事じゃない。よく考えろ」と。
そうなのよね…

琴子は吉田さんの担当を外れることに。
挨拶に行くと 吉田さんの様子がおかしい。
肺炎になっていた。

吉田さんが具合悪くなって ようやく琴子は 吉田さんが寂しくて 意地悪していたんだと気づく。
家族の見舞いもなく 毎日狭い部屋で同じことの繰り返し。
まぁ 吉田さんの我儘はやりすぎだけどね。

治った吉田さんは また元の意地悪な患者に。
また直樹を巡って喧嘩するのかしらね。

22

またまた 琴子が酔って醜態。
嘘で塗り固めた理美の経歴に我慢できなかったらしい。
気持ちはわかるけどね。


実習終了。
そして 理美とじんこが卒業。
琴子は取り残された気分。

琴子は理美の結婚式のスピーチを頼まれ…
ちゃんと話せるか心配。
緊張を和らげようと酒を飲みすぎ…
べろんべろんに酔ってスピーチし、良の母を怒らせてしまう。
理美も琴子をかばい、今までの不満を爆発。
招待客の前で 嫁姑喧嘩をしてしまうことに。
でも 雨降って地固まるで 仲直りして 以前より親しくなったようだから よかったのかも。

酔った琴子を迎えに来たのは もちろん直樹。
琴子を背負って てくてく歩き… ご苦労様です。

23

久々に金ちゃん登場。
金ちゃんをみると なぜだかほっとするのよね。
金ちゃん、独立を考えているようだけど 決断できないみたい。


琴子は理美と安産祈願に。
ところが帰り道に破水してしまう。
あせった琴子は 免許がないのに 理美の代わりに運転し…
まったく タクシーを拾うとか 誰かに電話して迎えに来てもらうとか 考えられないの~
でも そのおかげで 逆子がなおって 正常分娩できたから 感謝するべきなのかも。

学園祭。
ミスター&ミス キャンパスコンテストがあり 選ばれたら 壇上で公開キスをすることになっている。
ミスターはもちろん直樹のはず。
琴子はミスに選ばれようと 真里奈を巻き込んで 選挙活動を始める。
夫が別の人とキスなんて見たくないけど なんかくだらない…
見に行かなきゃいいじゃない。
直樹は琴子の夫。直樹が浮気することなんてあり得ないのに。

24

直樹を一途に思う琴子を可愛いと思って観るときはいいけれど
“琴子、いい加減大人になりなさいよ”と思いはじめると…

直樹もね…琴子の性格を分かっているんだから 何でも自分で決めないで 事前に話したらいいのに。
話したからって 決心は変わらないだろうし、琴子を説得させるのに疲れちゃうかもしれないけれど。
でも 夫婦なんだもの ちゃんと言わなきゃ。


ミスター&ミス キャンパスに選ばれたのは 直樹とクリス。
直樹は決まりだからと言って クリスにキスしようとする。
そこに 金ちゃんが…
「琴子だけじゃなくクリスも奪うのか。クリスは渡さない」
「やっと言えたな」と直樹。
金ちゃん、成り行きで クリスを好きだと告白。
まだ 琴子を好きみたいだったけどね。

直樹、兵役の代わりに離島の病院に行くことに。
突然聞かされ それも1年以上離れて暮らすと知り 琴子はショックを受けてしまう。
“いつだって 追いかけているのは私。直樹は私のことなんか 全く考えてくれていない”

直樹も考えてはいるんだけど…
言葉や行動に現すのが下手というか…
琴子も 直樹に愛されていることに自信を持ったらいいのに。

直樹は琴子の父に本音を話す。
「離れて琴子が自立できるようにしたかった。琴子が不安になるのは想像できたけれど これほどとは思わなかった。連れて行きたいけれど 構ってあげられないと思う。俺が惚れていることを知らないんだ」
それを立ち聞きしている琴子。
ねっ、直樹は琴子が大好きなんだよ。

卒業式を終え、直樹は離島へ。
琴子は 追いかけず 看護師の勉強を続けることに。

25

いつの間に 裕樹は痩せたのよ~
子役を変えるにしたって… もう少し 似せるとかさぁ…


直樹が恋しくてたまらない。会えないと寂しいし、浮気していないか心配になる。
裕樹が直樹に見えたりして 末期症状。
ってことで 琴子は直樹に会いに。

琴子のことだから 普通に会いに行かないのよね…
マスクして こっそり覗きに。
そして病院中で大騒ぎ。まったく…

しばらく一緒に過ごせて 元気になれたみたいね。
信じることと 自分に自信を持つことが大事だよ~

手術を嫌がっていた女の子に 手術を受けさせるために 琴子は約束をする。
「入江くんの弟を彼にしてあげる」
守れるとは思えないけど…大丈夫?

26

裕樹と好美の恋、まだ続いていたのね。
琴子のおかげで?進展。

高校入試の日。好美が受験会場に現れない。
あとで 犬のチビを助けて病院に行っていたと知る。
裕樹は好美にお礼を言い、 違う高校に行くことになった好美と「大学は同じ学校に通おう」と約束。好美を抱きしめようとする。
…裕樹は直樹よりも 素直かもね。

琴子の母の命日。
琴子と琴子の父は 田舎に帰ろうとしていた。
と、そこに 直樹が帰宅。 命日に合わせて帰宅したらしい。
直樹も一緒に行こうとするが、琴子と琴子の父の様子がおかしい。ついてきてほしくなさそう。
どうして ついてきてほしくなかったのか 田舎に着いてわかることに。

“歓迎”の横断幕に 演奏に 町長まで登場したら…
これは ちょっと 恥ずかしいものがあるわね。

27

琴子、看護師試験に合格~
でも…ドジぶりは変わらない。患者を助けるどころか殺すことになっちゃうかも。
看護師長に 「入江先生の手助けをしたいのよね?今のままでは足手まといになるわよ」と言われ 落ち込んでしまう。
落ち着きと技術が伴えば 最強の看護師になれるのに。


看護師試験に合格したことを直樹に知らせたい。
けれど電話は留守電。
直樹に会いに行って 直接話すことに。
けれど 台風が接近していて 直樹の両親から止められる。
でも でも やっぱり会いたい。
台風の中 会いに行った琴子。
その無鉄砲さがうらやましい。

28

琴子、心を入れ替えて?直樹の立派な助手になるために 努力あるのみ。
努力が実ったのか?直樹の病院に欠員が出る。
直樹と一緒に働ける!
ところが なんと 直樹が戻って来た!
やった~ 直樹と働ける~ ん?ん?まずい! 異動を取り消さなきゃっ。


それは突然来た。
妄想していた直樹の執刀手術。それを介助する琴子。
交通事故で運ばれてきた患者、手術が必要に。
けれど 医者は直樹と同じ研修医しかいない。
それでも 直樹は手術を行うと言う。
怖がる琴子を叱り、励まし、手術を行う直樹。
無事 終了。
そして 琴子は知る。落ち着いたように見えた直樹も 怖かったということを。

後日 指導医もいないまま 研修医が手術をしたことが問題になるんだけど…
助かったんだからいいじゃない。
…とは いかないのね。

29

琴子は直樹のことを思って必死。
それが 逆に直樹の迷惑になることも。
傍目からみれば 琴子は直樹の足手まとい。
でも 直樹は 自分にできないことをやってしまう琴子はすごいと思うし、自分のことを愛してくれるのが嬉しい。そして直樹も琴子が大好き。


直樹が勝手に手術したことは 非難されたけれども 同時に直樹の優秀さを証明することに。
直樹が手術にひっぱりだこ。
通常の外来もあるし、直樹の体は限界にきていた。

琴子は 自分のことで精一杯で 直樹のことまで頭が回らない。
同僚から 「入江先生の健康と食事に気を使ってあげてね」と言われて はじめて直樹が睡眠もとれないほど忙しいことを知る。

そこで 琴子は夜食を作って 病院に。
直樹を捜し… 見つけ… 走り… 階段を転げ落ち…
直樹は琴子の下敷きに。
幸い足の骨折だけ。
睡眠不足の直樹にとってはいい休養だったみたいね。

金ちゃんがクリスにプロポーズ。
クリス、金ちゃんを好きなはずなのに 断るのよ。
やけどした体では嫁にいけないと勘違いしたらしい。
勘違いと知って クリスは安心し、プロポーズを受け入れる。

30

直樹、随分と優しくなったわ。
琴子のことをちゃんと分ってるし。
ただ 表に出さないだけなのよね。
ラブレターをもらった時から 琴子を好きだってことを。


琴子の誕生日。
琴子は直樹と2人切りで過ごしたい。
直樹に頼みこみ、直樹は渋々当直を代わってもらうことに。

ところが~
琴子、待ち合わせ場所に向かっている時に 交通事故に遭遇。
救助し、救急車に付き添って…
待ち合わせ場所に着いた時には レストランは閉まっていた。

もちろん 直樹は待っていてくれたけど
琴子の洋服についた血に大慌て。
直樹も慌てることがあるのね。

直樹は琴子を 病院の自分専用の部屋に案内する。
そこには 琴子がプレゼントしたドールハウス、大学受験のお守り、ラブレターがあった。
ラブレターもちゃんと持っているなんて…ちょっと びっくり。

そして直樹は ボタンの指輪をプレゼント。
琴子が 第2ボタンをほしがっていたのを覚えていたみたいね。

7年前 裕樹と同じ病室だったノンちゃん、
彼がモデルになって再登場。
昔の弱いけど優しいノンちゃんはどこかに。
冷たくて 傲慢なノブヒロになっていた。
病院で検査するってことは まだ治っていないのかしら?

31

クリスの父親、登場。
ものすご~いお金持らしく…
クリスとの結婚にも反対。
そこで 金ちゃんは料理を作って認めてもらうことに。
直樹から 秘策を伝授されたようだけど うまくいくかしら?


ノンちゃんの病気は完治が難しいらしい。
入退院の繰り返しじゃ 友達を作るのは大変。
支えになってくれるはずの両親が離婚じゃ…ひねくれるのも頷ける。

直樹は手術を勧める。
「投薬治療では完治はできない」と。
ノンちゃん、当初は 嫌がっていたけれど
琴子の説得と 難病に立ち向かう男の子に感化されて 受けることに。
琴子に 「手術中 手を握ってしてほしい」と頼むノンちゃん。
口ではいろいろ言っても 琴子を頼りにしているのね。

手術は成功した様子。
これで 元気になるといいけれど。

32

悲しいことと嬉しいことが同時にやって来て、
悲しいことは嬉しいことに関係しているから ちっとも嬉しくなくて、
琴子は誰にも言えず ひとりで悩んでしまう。
直樹に相談したらいいのに こういうことは自分から相談できないものなのよね。
眼科の先生、琴子だけじゃなく 直樹にも話してほしかったなぁ。


琴子は 視力が落ち始め 失明する恐れもあると告げられる。
完治するのは難しく 先天的なものだから 子供に遺伝する可能性がある。

見えなくなる恐怖に襲われる琴子。
遺伝するなら 子供は産めない。母親になれない。そう思うと悲しくなってしまう。
そして 琴子は妊娠の可能性が…
大喜びする家族に 病気のことを打ち明けられない。

いろいろありましたが 金ちゃんとクリスは結婚。
クリス父は金ちゃんに婿養子になってほしかったようだけど それはね…無理な話よね。

33

朝目覚めると “迷惑かけたくないの”と置き手紙を残して
琴子がいなくなっていた。
直樹は 何が何だか分からず パジャマ姿裸足のままで琴子を捜し回る。

眼科の先生に 琴子の病気を聞かされた 直樹は 初めてデートをした湖に。
けれど 琴子はいなくなっていた。確かに琴子はいたらしい。けれど いなかった。
直樹との思い出の場所を回る琴子。
直樹も同じように回るけれど 琴子に追いつかない。

琴子は 最初に担当した吉田さんを尋ねる。
けれど 吉田さんは亡くなっていた。
吉田さんが住んでいた部屋には直樹と琴子と一緒に撮った写真を貼られていた。

そして 琴子は 病院内の直樹の部屋に。
泣き始める琴子。
そこに 直樹。
直樹は琴子を抱きしめる。
「どこにも行くな。俺にはお前しかいない。お前がいないと 幸せになれないし 一人前の男にもなれない。お前のすべてが好きだ。いいところも悪いところも全部受け止める。俺を信じてくれ。2人で乗り越えよう。愛してる」

直樹も、琴子の父も、直樹の両親も、裕樹も みんな琴子を大事にしている。
みんな琴子の目になってくれる。
家族を信じないとダメだよ~

翌日 産婦人科に検査に行く約束をして 琴子と直樹はベッドに。


結婚しても 自分の思いに比べて 直樹の思いが小さく思えて いつも心配していた琴子が
直樹の愛を確信持てるようになった。
琴子がいなくなって 裸足で捜し回る直樹なんて 全く想像できなかったわ。
あとは幸せな毎日が待っているはず。
病気が心配だけど 直樹と一緒に乗り越えてくれるはず。
琴子と直樹の赤ちゃんを見たかった気もしますが。

キスシーンが “1”に比べて濃厚で 嫉妬するんですよね。
琴子が私だったら… 妄想するしか この気持ちは抑えられない

 123456789101112131415161718192021222324252627282930313233
web拍手
関連記事
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
神のクイズ:リブート

如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
カンブリア紀(寒武紀)

<視聴予定>
秘密の女たち
復讐の女神

皇帝と私の秘密~櫃中美人~
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)
萌妃の寵愛絵巻(萌妃駕到)

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング