FC2ブログ
2010/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>




極楽島殺人事件


DVD-BOX(韓国版)



制作年 2007年
脚本  キム・ハンミン
監督  キム・ハンミン

チェ・ウソン(保健所所長)・・・パク・ヘイル
チャン・グィナム(先生)・・・パク・ソルミ

イ送電技師・・・アン・ネサン
里長・・・チェ・ジュボン
サング(里長の長男)・・・パク・ウォンサン
ジョング(里長の次男)
ハン・チュンベ・・・ソン・ジル
ヨンボン・・・キム・ビョンチュン
キム老人・・・キム・インムン
テギ・・・イ・デビッド
テギ母・・・ユ・ヘジョン
ポンスン
トクス
パンス・・・パク・キルス

キム・ギョンイル刑事(班長)・・・イ・デヨン
イ刑事・・・オ・ジョンセ


時間つぶしの映画。
一応 犯人は逮捕されますが、
第一、第二、第三の犯人は誰だったのでしょう?

「寺の菩薩の目が動いた」と話した住民を慌てて診察する保健所長。
これで 結末がわかってしまい…
慌てず冷静に診察すれば 見落としたかもしれないのに…
あっ、保健所長が「甘いものは食べない」と言ったのは見落としましたが。


あらすじは “続きを読む”をクリックしてください
スポンサーサイト
web拍手

続きを読む

関連記事

炎のように蝶のように

    
   OST(韓国版)        DVD-BOX(韓国版)



制作年 2009年
脚本  イ・スギョン
監督  キム・ヨンギュン


ムミョン(幼名ヨハン)・・・チョ・スンウ
ミン・チャヨン(明成皇后)・・・スエ

大院君・・・チョン・ホジン
高宗(李氏朝鮮 26代王)・・・キム・ヨンミン
ネジョン(大院君の武士)
チャヨン母・・・イ・ジュシル



悪くなかったのですが…
ムミョンとチャヨンの想いがせつなく感じられなかったんですよね。
どうでもいいことに 突っ込みながら観たからでしょうか…

だって…
禁軍に入りたいムミョンが大院君に直談判。
防弾服の人体実験で生き残ったらOKということに。
“そんなんでいいんだ…”と テンション下降。

ムミョンが襲われたジャヨンを助けるために数日2人だけで隠れた後に宮廷に戻った時に
高宗、それまで夜ジャヨンの部屋に行かなかったくせに 急に過ごし、部屋の外にいるムミョンに 勝った気になるのがね…
“はぁ…あほらしい。それしかムミョンに勝つことがないの”と。
好きな女が他の人に抱かれるのを見守らなきゃいけない辛いムミョンを見せたかったんでしょうけどね。
チャヨンの反応も解せないし。

それと…
最後 日本軍に銃弾を数発受けても倒れないムミョンを見て
日本人が「なんで倒れないんだ」と驚くんだけど
“今 見てたじゃない。足に刀をさして床から足が外れないようにしてたじゃない”と叫び…
そしたら その後のムミョンとチャヨンのやり取りに嵌れず…
だいたい 明治軍のなかにやくざっぽい格好をした人がいるなんて…

日本語も聞きとりにくいし~




あらすじは “続きを読む”をクリックしてください。

web拍手

続きを読む

関連記事

お嬢様をお願い あらすじ&感想


期待はずれでした。

脚本がよくなかったからか、
テユンはまったくかっこよくなく、嫉妬でヘナに文句を言うなんて げんなり…一応クールな弁護士じゃないの?
ヘナは…可愛くなかったです。澄ました顔も ドンチャンとデートして幸せいっぱいの時の顔も 同じように見えてしまって…
ウィジュは可愛くて ドンチャンとウィジュのカップルがお似合いだと思うんだけどなぁ。

スアの弟が 鍵を握っているのかと思っていたのですが な~にもなかったですね。


   OST

全16話 2009年 KBS

出演者 カン・ヘナ・・・ユン・ウネ
     ソ・ドンチャン・・・ユン・サンヒョン
     イ・テユン(ユサングループ次男)・・・チョン・イル
     ヨ・ウィジュ・・・ムン・チェウォン

     カン会長(ヘナ祖父)・・・イ・ジョンギル
     チャン執事・・・キム・スンウク
     チョン室長・・・パク・ヒョンスク
     執事・・・キム・ヨングァン

     カン・スア・・・チャン・アヨン
     スア父・・・キム・ミョングク
     スア母・・・ユン・イェヒ

     ウィジュの母・・・クォン・ギソン
     テユン先輩・・・キム・イク
     テユン兄・・・パク・チュニョク
     すぐに辞めさせられた執事・・・ソン・ジュンギ


演出  チ・ヨンス
脚本  キム・ウニ、ユン・ウンギョン

 12345678910111213141516


1

「僕の妻はスーパーウーマン」でブレイクしたユン・サンヒョンさんですが、
私の中では まだ「冬鳥」のマザコン息子のイメージが…
「恋の花火」が最初なんですけどね。
ウネさんとどう絡んでいくのか楽しみです。


カンサングループの祖父である会長の孫で後継者ヘナはどら娘。
我儘し放題。
気に入らなければ 使用人は即クビ。
決まったばかりの17番目の執事を辞めさせる。

祖父に無理矢理お見合いをさせられて 機嫌が悪いヘナは
事故を起こして警察に。
弁護士は穏便に済まそうと 金で解決しようとする。
被害者のドンチャンは借金返済のために 示談に応じようかと思案中。
しかし ヘナはドンチャンを罵倒し 示談は不成立。ヘナは罰金と社会奉仕を命ぜられる。

家事も仕事も何もしたことのないヘナにとっては 社会奉仕は辛かったらしい。
“こんな思いをするのはあいつのせいだ”と逆恨み。
金を使って ドンチャンに嫌がらせをする。

怒ったドンチャンはヘナの屋敷に。
そこで見かけたおじいさんを会長とは知らず
「あんな奴、俺なら1カ月で更生できる」と大口をたたいてしまい…
ドンチャンはヘナの18番目の執事になることに。

2

ヘナの初恋の相手ジュンス、
亡くなったのか、別れさせられたのか、ヘナは忘れられないらしい。
乗馬クラブで見かけた男性がジュンシクに似ている気がして
彼が乗った車を馬に乗って追いかける始末。

そして 後日彼とはお見合いの席で再会することに。
彼は人権派弁護士で ユサングループの次男テユン。
カンサングループが進めているゴルフ場開発の件で 会長に会うために 見合いに来たのだった。

ドンチャンの執事ぶりはどうかというと…
意地悪なヘナのせいで悪戦苦闘。
だけど 不真面目な性格のおかげで うまくこなしている様子。
ヘナは…
辞めさせられそうになったドンちゃんをかばったのを見ると 嫌いではないみたい。
「そばに置いていじめたいから辞めさせない」と言ってるけどね。

3

ドンチャンがたびたび妄想するけれど イマイチ面白いとは思えず…
テユンがそれほどカッコいいとも思えず…
こういうドラマって…自分ならドンチャンか テユンか 想像しながらみると楽しいんだけど
まだ どちらも好きになれず… これからかなぁ…


ヘナは テユンが気になり始めた様子。
スアの会社の靴新作発表会に出席し、テユンも来ると聞くと 予定を変更して テユンを待つのよね…

借金返済に困っているドンチャンは ヘナにとり入って 借金を返すつもり。
借金取りとは 返済額を倍にするかわりに 1か月の猶予をもらうことで 話しがついている。
そこで ヘナを襲わせて助けてヘナの気を引こうと考える。
ところが… 頼んでいた男たちより先に 別の男たちに襲われ…
テユンに助けられることに。

その後も 色仕掛け作戦を実行するが 失敗。
“どんな女でも落とせる”と豪語していたけれど うまくいかない。

ヘナはというと カッコよく助けてくれたテユンに恋してしまう。
助けたお礼にと洋服をプレゼント。
ところが テユンに 「受け取れない」と返されてしまう。
「お金を使わないお礼の方法があるはずです。お金は怖いもので恥ずかしいものだ。あなたは恥ずかしくないのですか」とまで言われ 落ち込んでしまう。

テユン父の会社ユサングループでは 労働者と経営者が争っている。
テユンはもちろん労働者側。
ヘナはプレゼントを渡しにテユン事務所に行った時に テユン先輩に言われるままに 署名してしまっていた。

それは 労働者を応援する署名で…
事実を知ったヘナ祖父は テユンがヘナに無理矢理署名させたとカンカン。
ヘナはテユンが気になり 会いに行く。
そこで 兄と揉めるテユンを見かけ…
ヘナは自分の意志で署名したとテユンをかばい、
テユンに 「家族と争ってまですることなの?」と意見してしまう。

このあと テユンは ヘナに 「俺が好きなのか?プレゼントに頼んでいない署名。何度も俺の前に現れる理由は何だ?」と迫るんだけど…
この展開… “次が気になる~”とはならず 逆にひいてしまった…
テユンみたいな人が いきなりそんなこと言うかなぁ…

4

ドンチャン、ヘナを好きになった様子。
ヘナに取り入るつもりが本気になっちゃって…
ヘナもドンチャンを好きになってくれたらいいのだけれど (そうなったら ヘナ祖父から引き裂かれそうだけど)
ヘナはテユンにぞっこんなのよね。


ヘナはテユンの行動にショックを受け 「二度と会わない」と宣言。
テユンに突き返されたプレゼントを返却に。
ところが そこで 元見合い相手と会ってしまい…
以前 ヘナが襲われたのは この男の差し金だったから ヘナと男は喧嘩になり…
弁護士が必要に。

ヘナは執事に弁護士の手配を頼み、
来たのはテユン。
それが また テユンが テキパキと片付けちゃうのよ。
ヘナはテユンにメロメロ。

帰りはテユンが送ってくれることに。
喜んでついて行くと テユンはいつもバスに乗っているらしい。
テユンに気に入られたいヘナは 一緒にバスに。
眠ってしまったテユンが 肩にもたれかかってきて…
ヘナはドキドキ。

ヘナがテユンを好きだと知った祖父は 反対。ヘナをアメリカに送ろうとする。
テユンが父に逆らって労働者の味方をし、ヘナも巻き込んだのが気に入らないらしい。
家出騒ぎに発展するけれど ヘナが出社することを条件に アメリカ行きはなしに。

ドンチャン、テユンとの交際を応援、恋を指南すると言いながら 会えないようにしようと企んでいる。
けれど 恋する心は止まらない。
今までのヘナなら 絶対に参加するはずがない欠食児童支援集会に参加。
会いたかったテユンと楽しくお喋りができて ヘナは幸せ。

テユンと話すヘナの笑顔を見て ドンチャンはドキッとする。
帰りの車の中で ヘナはテユンの話ばかり。 “テユンの話なんか聞きたくない”
車の中で眠ってしまったヘナに キスしそうに。
そんなにせつなく ヘナを見つめて…本気なの?

ヘナに 「次はどうしたらいいの?」と聞かれ
ドンチャンは 「スキンシップ」と答え ヘナにキスを。
…したのかなぁ?たぶんしていないわね。

5

テユンのことを嬉しそうに話すヘナを見ているドンチャンの顔が辛そうで…
ドンチャンを応援することにしました~

ドンチャン、本気なのよね…
ウィジュに 「お嬢様は本当は悪い子じゃないんだ。両親も兄弟も友達もいなくて可哀想な人なんだ。」って…
ヘナを好きになっちゃって…どうするのよ~ 借金どうするの? ヘナと結婚ってことになったら 返してくれるかもしれないけど お嬢様と執事じゃ 結婚は無理だよ~


キスはふりだけ。
ドンチャンは「こういう風に突然キスすると効果的です」と説明。
翌日 ヘナに 「二度とあんなことはしないで」と叩かれることに。

ヘナは見栄を張り、テユンに 「秘密のプロジェクトを進めている」と言ってしまう。
スアから父親に伝わり…
ヘナは プロジェクトをプレゼンしなければいけなくなってしまう。
で、考えたのが 女性従業員のための護身術。
見本にドンチャンは飛ばされることに。

ヘナはテユンが先輩の農場を手伝いに行くと聞き、自分も行くことに。
ドンチャンが送っていく。

途中、ドンチャンは 「誕生日プレゼントよ」と 手作りのクーポンをもらう。
カードには “私の許しなく病気になるな。どこにも行くな。辞めるな。誕生日の記念に言うわ。有難う、ソ執事”と。
ドンチャンは嬉しそうな、泣きそうな、せつなそうな顔。

働いているのか 遊んでいるのかわからないヘナ。
目的はテユンだからね。
けれど テユンは急用で来ない。
ヘナは落ちこんでしまう。
「私のことを好きじゃないのかしら?」

夜、ヘナは慣れない場所で寝るのが心配。
ドンチャンも心配。
ヘナに「眠ってしまうまでそばにいて」と頼まれ 引き受けたのはよかったけれど
そのまま 眠ってしまい…
朝になって… 大騒ぎ。


ドンチャンの誕生日、実は違うのよね。
借金取りが訪ねて来て 誤魔化すのについた嘘が
「今日誕生日なのでお祝いに来てくれたんです」
チャン執事の怪訝そうな顔… チャン執事は履歴書で本当の誕生日を知っているのよね…
問題にならなきゃいいけど

6

ヘナとテユンはラブラブに。

…って どうでもいいんだけどね。 2人が楽しそうに話しても ちっとも幸せな気分にならない。
ドンチャンとヘナが同じ部屋で一夜を過ごしたと知って 嫉妬したテユンが ヘナに告白するところも ちっともドキドキしない。
テユンが 行きかけたヘナを引っ張って抱きしめたのを見ても ちっともカッコよく見えない。
な~んか 思っていたより つまらないのよね…
ドンチャンを応援する!とは言ったけど… やっぱり どっちもそれほど好きになれない。

ヘナはテユンと付き合い始めて 幸せ。
お世話になったドンチャンにお礼をしようと ウィジュとの食事をセッティング。
“2人はお似合いよ”ということらしい。
好きな人にされると 辛いのよね。

部下の執事から 「ドンチャンを訪ねてきた友達がヤクザみたいだった」と聞いたチャン執事は
ウィジュ母に探りを入れる。
ドンチャンが 会長に借金を肩代わりしてもらったと話していたことを知り…ドンチャンを問いただす。
ドンチャン、追い出されちゃうのかしら?

7

ドンチャン、辞職。
ヘナを騙して 金を取って 借金を返すつもりが…
ヘナを好きになってしまい 辛くなったみたいね。
それに 執事とお嬢様は 永遠に執事とお嬢様。恋愛することはあり得ないものね。
別れる時に ヘナを 「ヘナ~」と呼ぶドンチャン。
「一度呼んでみたかった」
これが本心ね。

ドンチャンがいなくなって ヘナの機嫌は ものすご~く悪い。
寂しいのよね。
我儘言っても聞いてくれたし、一緒にいて楽しかった。

ヘナは ドンチャンに会いに行く。
ドンチャンもヘナに会えなくて 寂しくて気になっていた。
なのに 会えば 気になっていなかったふり。喧嘩になってしまう。

ヘナ祖父が倒れ ヘナは記者に囲まれ 身動きできない。
そこに ニュースでカン会長が倒れたと知ったドンチャン。
「お嬢様から話すことはありません」と言い、ヘナの手を握って 走り出す。

8

ヘナ祖父がアメリカで手術を受けることに。
チャン執事も付き添って アメリカに。
ヘナ祖父は 残していくヘナが心配。
“会社を任せても大丈夫だろうか… 重役たちの意地悪を上手くかわせるだろうか… そもそも会議に出席するだろうか…”

ということで ヘナ祖父はドンチャンに 復帰してほしいと頼む。
ドンチャン、断ったけれど… やっぱり心配なのよね…
ヘナ祖父が帰国するまで 執事をすることに。

ドンチャンの助言で 会議を乗り切り、ネットショップの企画案も作成。
ドンチャンを信頼するヘナ。
ところが… 借金取りが来てしまうのよ。
教会で会う約束をしたはずなのに 会社に。
それも…運悪く ドンチャンが会う前に ヘナに会っちゃうのよね…
ヘナ、金をだまし取るために近づいたって聞いてしまったみたい。
あ…あ ヘナとドンチャン、いい感じだったのになぁ…

テユン、鈍感だけど だんだん気になってきたらしい。ヘナとドンチャンの仲が。
“ドンチャンが優しいのは執事だから。でも…それにしては 2人は仲良すぎる。もしかしたら…”
そう 思っても 別れはしないと思うけどね。

9

ヘナ、ドンチャンの秘密、
借金返済のために 自分を利用しようとしたこと、
以前はツバメだったことを知ってしまう。
ショックを受けるヘナ。

テユンに 友達のことと相談。
「自分は裏切られても信じます。その人が悪いのではなく 環境が悪かったのかもしれないから」と言われ、
信じたい 許したいと思う。
でも やはりできない。許せない。

ヘナ、ドンチャンを好きなのよね。
だから 信じたいと思って苦しむし、ドンチャンの借金がなくなるように 借金取りを警察に突き出したのよね。

ドンチャン、ヘナに冷たくされても ヘナ祖父が帰国するまではヘナのそばにいるつもり。
ドンチャンもヘナが好きなのよね。
秘密がばれて辛いけれど 大切なヘナをひとりにはできない。

ヘナ、ドンチャンのことは とっても気になることだろうけど
スパイを見つけ出すのが先決だと思うけどなぁ…
自分が考えた案なのに スパイに盗まれて スアの案を盗作したことにされるなんて 悔しくないの?

10

どうしても 嵌れない…
理由はテユンかなぁ…
ヘナを好きな気持ちが イマイチ伝わってこないのよね、私には。
スマートすぎて ドンチャンに嫉妬しているのも 嫉妬しているように見えないし。
それは ヘナにも言えることかなぁ…

ドンチャンはヘナが好きで、
ウィジュはドンチャンが好きで、
テユンはヘナが好きで、
じゃぁ ヘナは?
ヘナはテユンが好き。でも 本心は?


ドンチャンはヘナに告白。
「本当の姿を知られたくなかった。好きだったから。戻って来たのは償いのため。今は 好きな気持ちは捨てました」
ウィジュから 母親の入院費のためにドンチャンはツバメになったと聞いた後だったから
ヘナは 冷静に話を聞く。
でも… ドンチャンが自分を好きだったというのは ショックだったようで どう接していいのか分からないみたい。

ドンチャンも どうしたらいいのかわからない。
“会うのが辛いのか、会えずに会いたいと思うのが辛いのか”
そんな告白を聞いたウィジュも辛い。
“大好きなドンチャンが ヘナを想って苦しんでいるなんて…”

テユンも ドンチャンとヘナの仲を怪しんで 悩んでいる。
ドンチャンを頼りにするヘナが ドンチャンをどう思っているのか気になってしまう。
「もしも結婚するならひとりで来てください。ソ執事を連れて来てはダメですよ」と言ってみたけれど
ヘナは テユンが何を言いたいのかわからない様子。

ヘナ祖父が帰国。
手術はできなかったみたいね。

創立記念パーティ。
ヘナが後継者に指名される予定。
ヘナはドンチャンに 「スピーチが上手くいったら お願いを聞いてほしい」と頼む。
ヘナの願い。
“おじい様は帰って来たけど 行かないで。私のそばにいて”
それって…やっぱり執事としてってことよね。

11

テユン、ヘナにプロポーズ。
ヘナは複雑な気持ちらしい。
嬉しくないわけじゃないけれど これでいいのかなぁと。


ドンチャンがヘナに優しくするのを見てショックをうけたウィジュは
衝動的に テユンにドンチャンの秘密を話してしまう。
テユンはドンチャンを殴り、ヘナのそばからいなくなってほしいと話す。
ドンチャンは執事を辞めることに。

そばにいてほしかったヘナだけど
ドンチャンの苦しみを思うと引き留められない。

ドンチャンがいなくなって ヘナは元気がない。
売り上げを15%アップするという理事会での約束もうまくいかない。
そして… スタッフの口車に乗せられ ヘナはしてはいけないことをしまう。
自分で注文して 売り上げをアップさせていた。

スア叔父が知り、ヘナ祖父が知ることに。
ヘナ祖父は怒り、ヘナを追い出す。
「今すぐ荷物をまとめて出て行け。お前に会社を任せられない」
追い出されたヘナはホテルに。
けれどカードが使えず、手持ちの金で泊まれた部屋は ヘナにとっては小さい小さい部屋だった。

12

ドンチャンとヘナがキスをしてもドキドキせず…
ここまで見たから 最後まで見て さっさと このドラマを “視聴済み”にしてしまおう って気分。

ようやく ヘナが自分の気持ちに気付いたようですが…
普通 もっと 早く自分の気持ちに気付くだろうが!
テユンもね 嫉妬しすぎなのよね。嫉妬して怒れば怒るほどヘナの気持ちはひいてしまうのに。
おまけに ひとりで結婚話を進めちゃって…
いいかげん ヘナが好きなのはドンチャンだと認めたら?
はぁ… 頭がよくて 優しくて 冷静な弁護士お坊ちゃまがすることかしらね。


ヘナは酒を飲み続け…
気がついたら ドンチャンの家。
ドンチャン、ヘナを家に連れて帰るが、やはり追い出され…
次に テユンのところに連れて行く。
けれど… テユンと言い争いになり…
ヘナはひとりに。

ドンチャンは チャン執事から ヘナ祖父が手術を受けられなかったと聞かされる。
「会長は亡くなった後のことを考えてお嬢様に厳しくしている。お嬢様には助けになる人が必要。復職してほしい」と

で、行くあてのないヘナはドンチャンの家に世話になることに。
ドンチャンは復職。
もちろん ヘナには内緒。
“働かざる者食うべからず”と ヘナに厳しくすることに。
祖父や会社をあてにしないで ひとりで働いて生きていけるように。

テユンは焦り、結婚話を進める。
ヘナには内緒で 両親との食事会をセッティング。
ところが 食事中 ドンチャンが事故に遭ったと連絡があり・・・
ヘナは 病院に行ってしまう。
そこでさぁ 病院まで送ってあげるくらいの度量がないとダメだと思うけどなぁ…

ドンチャンの怪我はたいしたことなかった。
「あなたが心配で来たの」と ヘナはドンチャンにキスをする。

13

何で そこで逃げるかなぁ…
それに スパイを捜すのに どれだけ時間かかっているのよ!
どう考えても使用人に決まっているじゃない。さっさと見つけなさいよ。


ドンチャンとヘナの気持ちが通じ合い、
ヘナは 仕事を頑張るように。
…ヘナ、単純。

ドンチャンはヘナ祖父に近況報告。
ヘナ祖父はヘナを家に帰らせることに。

そうなると…
ヘナが家出中だけの限定つきの恋人関係だったのが お嬢様と執事に戻ることに。
ヘナはドンチャンに 「ずっとそばにいて。私の許しがなく どこにも行かないで」と言ったけど…
それは 恋人ではなく執事としてそばにいることだとわかっている?

ヘナは久しぶりに常務として出勤。会議に出席する。
ところが ヘナ叔父が爆弾をもって登場。
「大変です。明日 インターネット記事になるそうです」
ヘナとドンチャンが親しくしている写真と“元ツバメにもてあそばれたカンサングループ後継者”という見出し。

まったく ヘナ叔父、隠し撮りして記事をタレこませたのは自分なのに
「止められませんでした」なんて よく言うわよ。
ヘナ祖父もね…ヘナ叔父の魂胆を知っているくせに どうして今まで ほっといたのよ!

ヘナは会議室を飛び出し、ドンチャンに 「逃げよう」と。

14

ヘナの勢いに負けて 一緒に逃げ出したけれど
これでいいはずがなく…

ヘナは 祖父に反対されても ドンチャンはそばにいてくれると信じている。
ドンチャンは…
ヘナのために 身を引くつもり。まだ テユンがヘナを受け入れてくれるなら それがいい。

ドンチャンはヘナを連れてソウル。
ヘナ祖父と約束したホテルに。
そこはテユン家族との顔合わせの席だった。

ヘナは 「結婚できない」と返事。
家に戻らず ホテルに。

ドンチャン、やり方、悪かったんじゃない?
これじゃぁ ヘナに「私のこと 愛していないの?」と言われても仕方がないわよ。
自分とは何もなかった ってことでやり直させたかったんだろうけど。
ヘナは 祖父の前で 「ヘナさんを愛しています」と言ってほしかったはず。

ドンチャンはチョン室長に頼まれてヘナのホテルに。
家に帰るように説得するが 喧嘩になってしまう。
怒って部屋を出て行ったドンチャンだけど 戻って来てヘナにキスをする。

15

え~ 寝ちゃったの? 一線を越えたわけ?それっていいの?

で、2人でヘナ祖父に話しに行くと…
あっさり認めてくれる。
“純愛”という記事をだし、ヘナのイメージをアップさせる。

けれど 実は認めていなかった。
ヘナは反対すれば反抗する性格。
今は会社とヘナのイメージをアップさせて ヘナを後継者にするのが先決。
それが終わったら ドンチャンを捨てるつもり。

スパイはチョン執事だったのね。
ドンチャンが気付き、ヘナ叔父と話をつける。
ヘナ祖父に話さない代わりに 会議でヘナの味方をするようにと。
そのおかげで ヘナのネットショップは認められることに。

ということは…ヘナが後継者になる日が近づいてくるわけで…
ドンチャンは 一緒にいられるのは ヘナが後継者になるまでと聞かされていた。
けれど ヘナは知らない。
突然 祖父に聞かされ 「会社を捨てても 一緒になりたい」と反抗。

しかし…
突然 祖父が倒れ
「会社のために ヘナと一緒に会社をやっていける人と結婚してほしい」と頼まれ、
ヘナはドンチャンに別れを告げる。

16

後日談はいらなかったですね。
ドンチャンがヘナを引き留めたところで 終わりにした方がよかったと思うのですが。
特に スア弟の話なんていらない。興ざめ。


離れていても愛しあっているヘナとドンチャン。
会いたいけれど 会ってはいけない。
そんな思いを ヘナは出すはずのないドンチャン宛ての手紙に書いていた。

チョン室長はゴミ箱に捨てられていた手紙を ヘナ祖父に見せる。

ヘナ祖父はヘナに
「自由にしてやる、望むように生きたらいい。後継者でも ソ執事でも 好きにしたらいい」と話して亡くなる。

ヘナは 会社を経営に専門家に任せ 留学することに。
ドンチャンは 空港に向かい、ヘナを引き留める。
「行かせない。お前なしでは生きていけない」


 12345678910111213141516
web拍手
関連記事
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
ライフ
客:The Guest
ボイス2
ラブリー・ホラブリー
ナインルーム
魔性<マソン>の喜び

三国志~司馬懿 軍師連盟
鳳凰の飛翔(天盛長歌)
三国志 Secret of Three Kingdoms
如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
バーニング・アイス-無証之罪-

<視聴予定>
皇后の品格
ロマンスは別冊付録(ROMANCE IS A BOUNUS BOOK)

恋愛動物
カンブリア紀
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
独狐伽羅~皇后の願い~
千年のシンデレラ~Love in the Moonlight


わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング