FC2ブログ
2010/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>




千万回愛してます あらすじ&感想


代理母がいつばれるのか、ばれた後どうなるのか、気になって最後まで観ましたが、
観なきゃよかったかなぁ…
“弱いヒロインが 金持ちの横暴に耐えながら 健気に生きる”
それが韓国ドラマの定番で、気に入って観ていたのですが
定番に飽きたのか このドラマが良くなかったのか…最近 韓国ドラマは不作だわ。です

【送料無料】千万回愛してます DVD-BOX1 【DVD】

【送料無料】千万回愛してます DVD-BOX1 【DVD】

価格:12,443円(税込、送料込)



全55話 2009年 SBS

出演者 : コ・ウンニム・・・イ・スギョン
       ペク・ガンホ・・・チョン・ギョウン

       ウンニム父・・・キル・ヨンウ
       ウンニム継母・・・イ・ミヨン
       ナンジョン(ウンニム義姉)・・・パク・スジン
       ウンジョン(ウンニム異母妹)・・・ペク・チニ

       ペク・セフン(ガンホ兄)・・・リュ・ジン
       イ・ソニョン(セフン妻)・・・コ・ウンミ
       ガンホ父・・・ノ・ヨングク
       ガンホ母・・・イ・フィヒャン
       ガンホ祖母・・・サ・ミジャ

       ソニョン母・・・キム・チョンヒ
       イ・チョル(ソニョン弟)・・・ヒチョル
       ソニョン叔母・・・パン・ウニ

       ホン・ヨニ・・・イ・シヨン


演出  : キム・ジョンミン
脚本  : キム・サギョン


 1-23-45-67-89-1011-1213-1415-1617-1819-2021-2223-2425-2627-2829-3031-3233-3435-3637-3839-4041-4243-4445-4647-4849-5051-5253-5455


1-2

役員が 会社のために家を担保にして借金するなんて 普通のことなの?
子供に金をせびる親なんて大嫌い!
実の子しか可愛がらない親なんて信じられない!
嫁に妊娠を強制する姑なんて どこか行ってしまえ~

…叫びたいことはありますが とりあえずおいといて…

ウンニムは大学休業中。
学費を稼ぐためにバイトをかけもち。
そんな娘に 継母は留学中の実娘の学費をせびる。

ウンニム父の会社が傾き…
社長は夜逃げ。
家を担保に金を借りていたため 家は差し押さえになり…
父は倒れてしまう。

ウンニム父は肝臓移植が必要だった。
早急に 提供者を捜し、手術費を用意しなければならない。
継母、継母の実娘ナンジョン、ウンニム、ウンニム異母妹ウンジョンが適合検査を受ける。
結果はナンジョンが適合。
しかし ナンジョンは手術したくない。継母との秘密にし、ウンニムには 「家族に適合者はいなかった」と話す。

ウンニムは金を貸してもらおうと奔走するが、貸してくれる人はいない。
父の容態は悪化し 早急に移植手術が必要になる。

ウンニムはナンジョンが適合していたことを知り、
ナンジョンに頼むが、断られてしまう。
手術が怖いのはわかるし、父と言っても実父じゃないしね。移植したくないというナンジョンを理解してあげたいけれど
留学と称して遊んでいたこと、父が生死をさまよっているのに 関係ないという態度、それをみると 冷たい女と思ってしまう。

ウンジョンが手術代のために クラブでバイトを始める。
ウンニムはウンジョンを連れ戻し、ある決意をする。
それは 代理母になること。

父の病院である女に声を掛けられていた。
受け取った名刺には “家庭問題研究所 所長 イ・ジヨン”とあった。
必要な額を用意してくれるらしい。条件は代理母になること。
最初に聞いた時は 怖くて 電話を切ってしまったけれど こうなっては仕方がない。

ジヨンは 嫁に子供ができずに困っている姑に 代理母を持ちかける。

セフンとソニョンは結婚して6年になるが子供に恵まれない。
セフンの母は “早く跡取りを”とうるさく。
ソニョンと一緒に不妊治療に通い、失敗するたびに 落胆し、ソニョンに辛く当たる。

病院を替え 検査すると
卵巣が機能しておらず 妊娠は望めないと診断されてしまう。
母は ジヨンに代理母を持ちかけられ 家族には内緒で 話を進めようと考える。

セフンには弟ガンホがいる。
ガンホが結婚して子供が生まれれば 問題ないと思うんだけど
どうやら ガンホには出生の秘密があるようで…
愛人の子供なのかなぁ…
ガンホは何も知らないようだけど 子供の時から 母から兄とは差別されていたようで 薄々感じているかも。

ガンホは留学から一時帰宅。
ガンホを追いかけて 帰国したのがナンジョン。
ガンホとウンニムは 大学と ウンジョンを連れ戻しに行ったクラブと 2回会っている。
三角関係になるわけね。

卵巣が機能していないということは
子宮だけでなく 卵子も提供するのかしら?

3-4

ウンニム…代理母になっちゃいましたね…
つわりが始まったようだから 成功したみたい。
おかげで父は手術が成功し 元気に。
でも ウンニムは出産まで隠れた生活をすることになるのよね。

父は手術でき、新しい家にも引っ越しできたけれど…
それで よかったの?
ウンニム父が知ったら そんなことしてまで助けてほしくなかった と思うんじゃ…
どんなことしてでも助けたい と思うものだけど…

ガンホ母の方もね…
そんなことしてまで と思うのよね…
ほしくてできない辛さもわかるから 簡単には非難したくないけど。

セフンは不妊治療を巡って 母&妻と対立。
昼は契約社員、夜はバーで働いているヨニに癒しを求める。
ソニョンが妊娠したとわかれば バーに行くことはないだろうけど
代理母のことを知ったら どうなるか…

ナギョン、ガンホがお金持ちの次男と知って 色仕掛けで落とそうしたけれど 失敗。
そんなことしないで 働きなさいよ!


5-6

納得できないというか、こんな夫いらないと思うのがセフン。
“不妊治療をしたくない。そんなことしてまで子供はほしくない”と思うのはわかるんだけど…
やりきれない気持ちを ヨニで癒し、
妊娠したとわかったら 冷たくヨニを突き放す。
あれくらいのことで勘違いしたヨニがおバカだと思うけど
セフンの変わり身の早さにびっくり。

で、ソニョンの妊娠が嘘だと知ってしまったら 再びヨニに癒しを求めるらしい。
ソニョンと揉めて ヨニにいくんだろうけど
頼りない夫に見えて仕方がない。
ガンホ母が強すぎるのが一番の問題だけど。


ウンニム、妊娠。
「お金を貸してくれた先輩の会社を手伝うから中国に行く」と嘘をつき 用意してもらった家に。

ソニョンは妊娠したと嘘をつくのが耐えられないらしい。
妊娠にセフン、家族が大喜びし、義父からは新車、祖母からはネックレスのプレゼント。
本当に妊娠していたら 嬉しいことだけど 嘘だからね…
“私は子供を産む道具?嘘をついてまでここにいる理由が?”と思っても仕方がないのかも。
でも…ここまで来たら開き直るしかない。

6ヶ月後。
ウンニムは 「子供に愛情を注いではいけない」と注意されていたのに 可愛く思えてしまう。
産んだ後 手放すことができるのかしら?
手放した後 子供を捜さないでいられるかしら?

お腹に詰め物をして妊娠したように装っていたソニョン、
お風呂から上がった時にセフンが帰ってきてしまい…妊娠が嘘だとばれてしまう。

7-8

代理母について 論議をするつもりはないけれど…
ウンニムがお腹の子供に愛情を感じて 取られないように逃げ出したり、
生まれた子供を連れていかれて悲しむ姿。
お腹で育てることも 産む苦しみもなく 子供を手に入れたソニョンと
自分の都合に合わせて 帝王切開させようとしたガンホ母。
双方を比べると すっきりしない。
ウンニムが お金と割り切って 子供に愛情を感じなければ違ったのかもしれないけれど。


セフンが代理母の存在を知ってから セフンとソニョンの関係はぎくしゃく。
ソニョンは 済州島に療養に行っていることにして ホテルに。
セフンは ヨニとの関係が復活していた。

ウンニムは子供を手放したくないと思う気持ちが強くなり 祖母の家に逃げる。
しかし 見つかってしまい、連れ戻されている時に陣痛が始まる。
生まれた子供は男の子。
ウンニムが寝ている時に 所長イ・ジヨンは子供を連れ出し、ガンホ母に手渡す。

ウンニムは子供を連れさられたショックで入水自殺を図る。
それを助けてくれたのがヨニ。

3年後。
ガンホが帰国。
ナンジョンにお土産を渡した帰りにウンニムを見かけ声をかける。


ウンニムはジヨンに電話しても繋がらず 子供の行方を探すこともできない。
誕生日には ケーキを買ってお祝いしているらしい。
ガンホと付き合うようになって 万が一 ソニョンの実家と顔見知りになれば ジヨンに会うことがあるかもしれない。
そうなると 子供の行方が分かるかも。
その前に セフンの子供の誕生日を知って 感じるものがあるかも。

代理母のことは本人が言わない限り 分からないと思うけど
ばれたらどうなるか。
ガンホ母、代理母を頼んだくせに 「代理母が普通に嫁ぐなんて厚かましい。後妻ならまだしも」なんて言い出すくらいだもの。想像できるわ。


9-10

財布の件で親しくなり… と勝手に想像していたら
そう簡単にはいかず…


ガンホはウンニムに財布を返そうと 引き出しに入れていた財布をベッドに。
ところが シャワーを浴びている間に ユビンが部屋に入って来て 隅に放り投げてしまい…
ガンホは 財布を見つけられず 返せなくなってしまう。

次に再会したのは “ペクサングループ”の入社試験。
2人とも合格。
ウンニムは秘書室に配属されることに。

それを聞いて ナンジョンはイライラ。
ガンホ祖母に就職を頼んでいたのよね。
「どうして ウンニムが合格するのよ」と怒っていたけれど
コネ入社しようとする方が間違い。

ナンジョン、いつまでたっても遊び癖は治らない。
父が警備と焼き肉店を掛け持ちして働いているのに 相変わらず借金をしている様子。
自分の食いぶちぐらい働きなさいよ!
こんな女に何を言っても同じでしょうが。

ウンニムのバイト先のレストランに ソニョンとユビンがくる。
ソニョンが料理を取りに行っている間に ユビンが迷子に。
ウンニムは 店を出て 道路に飛び出そうとしていたユビンを助ける。

ウンニムは ユビンの命の恩人で 秘書室勤務だから
これからは ガンホ家族とたびたび会うことになるのね。


11-12

ガンホはウンニムを好きになってしまったようだけど
ウンニムの方は…
恋愛よりも 子供の方が気になっているような?
付き合うのは もう少し先かなぁ…

ナンジョンはガンホがお見合いをすると聞いて 邪魔をしに。
けれど 墓穴を掘ってしまったようで これで完全に恋愛対象からはずれたわね。
彼女でもないのに 彼女のふりしてお見合いを邪魔するのはね… 嫌われて当然でしょう。

ヨニの母親は 代理母を仲介したジヨンだったのね。
世間は狭いというか… ウンニムとジヨンが再会する可能性が高くなったわね。
ガンホ母もウンニムを見て “どこかで会ったような?”と思った様子。
どんな風に ウンニムはユビンを自分の子供だと知り、ガンホ母とソニョンはウンニムが代理母と知るのか… 気になるわ。

セフンはヨニとソニョンにプレゼントを用意。
ところが セフンにお弁当を持って行ったソニョンが 2つのプレゼントを発見。
ヨニは妊娠したみたいだし…
あまり興味はないけれど 浮気がばれるのかしら。


13-14

財布を返した代わりに 5回食事をおごる約束を取り付けたガンホ。
成功したのかなぁ…
3回目で ウンニムに好印象を与えたみたい。

これはうまくいくかも? と言いたいけれど
ウンニムはやっぱり子供ことしか頭にないらしい。
気持ちはわかるんだけど…よ~~~く わかるんだけど…
捜そうとしない方がいいような気がしてしまうのよね。忘れてはいけないけれど。
でも…このままガンホとうまくいって 結婚ってことになっても マズイしなぁ

ソニョンの誕生日。
ウンニムはセフンに頼まれて ケーキを注文する。
注文したところが ヨニの店。
ヨニはソニョンの誕生日と知って 「配達する」と申し出る。

配達しただけなら 問題ない。
でも ヨニがしていたネックレスが ソニョンがセフンの部屋で見たネックレスなのよね。
それだけで 即 浮気を疑うことはないと思うけど
同じネックレスって やっぱり気になるわよね。


15-16

やはり ガンホは愛人の子供なのね。
セフンしか愛さない母、嫁に気兼ねし、冷たい母に代わりに孫を可愛がる祖母、
たぶん… と思っていたけれど わかってすっきりしたわ。

ついにガンホはウンニムに 「好きだ」と告白したけれど
きっと ウンニムは拒否するのよね。
ガンホに惹かれているのに 代理母だから結婚できないと決めているんだもの。

代理母でも結婚できると思うけどなぁ…
確かに 過去を知って 許せる人は少ないと思うから 最初から好きにならない方がいいのかもしれないけど。
隠して 結婚しちゃマズイのかなぁ…ウンニムは隠せないわよね…

それよりも まず 子供を忘れたほうがいいのに。
忘れられないのは当然だけど いつまでもこだわっていても先に進めないのに。
探し当てたジヨンから 「相手の名前は知らない」と言われ これ以上 子供を探すのは無理。
“過去のこと、お金のため、父の病気のため” と 無理でも何でも 割り切らないと。

セフンはヨニに別れを告げる。
優しい顔をして 自分勝手で非情なセフン。
都合のいい時だけヨニを頼って 危なくなったらポイ! なんて…
いつまでも 一緒にいられると思っていたヨニも馬鹿だと思うけどね。


17-18

交通事故で本心を告白ね… ちょっとね…
確かに あの調子じゃ ウンニムがガンホを受け入れるのはあり得そうにない。
でも…だからって…

ガンホが会長の次男と知ったウンニムは
交際を反対されるのはわかりきっている。仕事は辞めたくないと ますますガンホを拒否。
車が行き交う道路に飛び出す。
ガンホは ウンニムをかばい 車に轢かれてしまう。
驚いたウンニムは「死なないで~ あなたの言うとおりにするから~ 愛してる」と告白する。
…やっぱり 安直なような気が…

とりあえず これで ガンホとウンニムは一歩前進。
こういうことになったから セフン母とジヨンに再会してほしくないけれど 再会しそうな気配。

セフンとヨニは…
ヨニがセフンに会いたくて 会社まで行ってしまい…
2人が抱き合っているのを 警備員に目撃されてしまうのよね…
翌日には 噂に。すぐにでもばれそう。


19-20

ガンホがウンニムにプロポーズ。
ウンニムがどう返事するか気になるけれど 予告でガンホ家に挨拶に行っていたから 受け入れたみたいね。
ガンホ両親が賛成してくれるか心配だけど
ガンホなら 反対されても貫きそう。
ガンホ母は ソニョンよりいい家柄の嫁がくるのは嫌だろうから 賛成するかも。

ウンニム側は…
ナンジョンが文句を言いそう。
ナンジョンといえば、ネットショップ、大丈夫かしら。
大量注文したのはチョルよね…
チョルが買い続けられるはずないし…
ウンニムに迷惑かけないでほしいわ。

そうそう ガンホ祖母に借りた指輪が見つかってよかったわ。
またウンニムに迷惑かけるのかとドキドキしたわ。

ガンホとウンニムが付き合うことになったと聞いた時のウンニム祖母のホッとした顔。
ガンホが会長の次男と聞いて 「ウンニムをこれ以上苦しめないでください」と祈っていたけど、
ほんと、代理母のことが ばれないで 幸せになってほしいわ。

セフンが進めているレジャータウン、どうも危ないようで…
“支払われるはず”の金をあてにして 会社の資金を土地購入代金に使うなんて
そんな自転車操業はまずいと思うけどなぁ…


21-22

思ったよりも ガンホ祖母の反応が悪かったわ。
“大喜び” とはいかなくても 認めてくれると思ったんだけどなぁ…
まさか あんなに怒るなんて。
ガンホ父も賛成していないようだし… 前途多難かも。

そして 今度はウンニム家にガンホが挨拶に。
ウンニムの相手がガンホと知ったナンジョンが 大騒ぎしそう。
でも 片思いだったから 文句を言われる筋合いではないんだけどね。

予定していた会社から投資を断られ セフンは窮地に。
他の会社を当たるが うまくいかない。
投資してくれそうな会社が見つかるようだけど ガンホの政略結婚を条件にされそう。
ガンホが 留学時代の友人に頼んで 投資してもらうことになるのかも。

あと… 問題は ガンホ母がウンニムの顔を思い出さないかどうかってことなのよね。
あの時 車の中から ちらっと見たような気もするんだけど。
思い出さなかったら 代理母のこともばれずにすむと思うんだけど…
ヨニ母が どこで顔を出してくるのか予想できないから 心配だわ。


23-24

予想通り ナンジョンが大騒ぎしましたが、
ナンジョンの片思いだもの 反対される理由はない。
ナンジョンは 簡単には整理できないだろうけど。

問題は やっぱり ガンホ家族よね。

セフンは投資先が見つからず セガンの会長に頼むことに。
会長の娘スジョンは 以前ガンホとお見合いした相手。
スジョンがガンホを気に入っているらしく ガンホと結婚させて 投資を受けようと考える。

セフンの窮地を思えば 仕方ないのかもしれないけれど…
とっても姑息で 嫌な感じ。
セフンはウンニムに 「ガンホと別れてほしい」と話す。

ガンホはウンニムと別れるつもりはないけれど
ガンホの気持ちとは関係なく話は進みそう。
セフンの浮気相手を知ったから それと取引して セフンに諦めさせるとか?
会社の状態を知ったら 気持ちが変わるかも。

25-26

やっぱり ウンニム、解雇させられたのね。
スジョンと結婚させるために ウンニムを遠ざけようとしたんだろうけど
お金も渡そうとして ホント嫌な感じ。

不渡りに 返済期限も迫っている。投資会社も見つからない。
ガンホの留学時代の友人も 友人の知り合いも ダメ。
ガンホ、会社のために スジョンと結婚するのかしらね…
スジョン父、娘の結婚を条件に投資する って… 事業計画はどうでもいいのかしら。

あ~ セフンとガンホ母にはイライラするわ~
実力もないくせに 推し進めて しりぬぐいをガンホにさせるなんて、情けない。

27-28

いろいろありましたが、早くも ガンホとウンニムの結婚式。
めでたい式に なぜかあの女が。
誰が連れて来たのよ~ ハイ チョル叔母が連れてきちゃいました。


ガンホはスジョン父に 「結婚を約束した人がいるから 結婚はできない」と話す。
当然 スジョン父は怒って 投資の話はおじゃんに。
ところが スジョンがいい子なのよ。父に投資を勧めるのよ。
スジョン父、事業計画を確認し直し、投資を決定する。

ガンホ父は約束通り ウンニムとの結婚を認める。
ガンホ祖母とガンホ母は反対したけれど ガンホ父の決定に従うしかない。

あーだ こーだ ウンニムを批判してたけど
いまだに ソニョンとウンニムの違いがわからない。ソニョンがよくてウンニムのどこが問題なのか…
ガンホ祖母、ウンニム母を気に入ってようだったのに 「親戚になるのは嫌~」って どういうこと?

とにかく ウンニム母がガンホ母から支度金としてお金を受け取ったりして
多少 もめ事はあったけど 無事結婚式当日に。

チョル母が体調を崩し、
チョル叔母は 代わりに ヨニ母を連れて行く。
ガンホ母は 式場に現れたヨニ母の顔を見て驚く。

ヨニ母、何かしでかすわよね。
代理母を頼みたい人はいるのに 代理母になってくれる人がいないと ウンニムに頼もうとする人だもの。
ガンホ母かウンニムをゆするかも。

29-30

ヨニ母、ウンニムにもガンホ母にも気づかないで帰っちゃいました。
とりあえず 一安心かしら。

ガンホ母、ヨニ母に見つからないように 逃げ出し…
逃げ出したのはよかったとしても
結婚写真を撮る時にいなくて そのせいで新婚旅行が 東海に1泊になっちゃって…
長い時間隠れすぎでしょうが!

家政婦が体調を崩してお休み。
ソニョンもセフンの浮気を知って 体調を崩し、様子もおかしい。
新婚早々、ウンニムは朝食を作り、夕食の買い物に行くことになり 少し大変。
だからって ガンホがウンニムのために母と祖母に意見すればするほど ウンニムの立場は悪くなるわけで…
そこんところ ガンホはまだわからないみたいね。

ソニョンとセフンはこれから修羅場になりそう。
ヨニは別れる気がない様子。
セフンは…ソニョンともヨニとも別れる気がなさそう。
でも 妻も愛人もなんて 許されるはずないから…
最後は ガンホ母が仲裁?命令?して 決着するのかしらね。

31-32

ウンニム、まだ ガンホ祖母にいじめられている。
警備員の娘が孫の嫁と知られて 恥ずかしかったらしい。
どうでもいいことなのに。

ガンホ母は セフンの離婚騒動で 忙しい。
ガンホのことよりセフンのことが大事だからね。
ガンホのこともウンニムのことも どうでもいい。

ソニョンは離婚を決意。ユビンを引き取るつもり。
だけど… ガンホ母がユビンを渡すはずがない。
ユビンはソニョンの子供じゃないしね。
かといって 代理母のことを公にはできないし…

それにしても セフン、自分としては ソニョンに謝ったつもりなのね。
あれで 謝ったことになるなんて呆れてしまうわ。
おまけに 浮気をしたのはソニョンが代理母を隠したせいだと言うし…
どうせ ヨニと別れるなんて口だけよね。

33-34

ウンニム、ヨニ母と再会。
その時は ヨニ母は 結婚したと聞いて 「幸せになるのよ」と優しく声をかけてくれた。
けれど…
ウンニムが お金持ちの家の嫁になったと知ったから
きっと ゆするわよね。
でも ウンニムが自由にできるお金なんて ないだろうし…
ということは ガンホ母をゆする? それはないかなぁ…

ソニョンは 自分の前でヨニと別れたら 家に戻ると約束。
セフンは ソニョンを連れて ヨニに会いに行き、
「お前との関係は間違いだった。これからは連絡しないでくれ」と話す。
これでケリがついたようだけど
セフンはすぐにでもヨニとよりを戻しそう。

35-36

ヨニ母、2千万の借金を返すために ウンニムを脅す。
ウンニムが 「自由になるお金はない」と断ると 「義姉さんに話す」と脅す。
ウンニムじゃなくてガンホ母を脅せばいいのに。
でも ガンホ母の正体も居場所も知らないのよね。

ウンニムはガンホから渡されたカードで現金を引き出し、1千万渡す。
1千万では どうにもならないヨニ母は 再び ウンニムを脅す。
そこを ガンホが目撃。
ガンホはウンニムが2千万引きだしたのに 実家には1千万しか渡していなくて 不思議に思っていたのよね。

ウンニムとヨニ母が揉めているのを見たら 聞かなくても ウンニムが脅されているのがわかる。
ウンニムがどう説明するのか…
でも ウンニムは嘘をつけそうにないから 話しちゃうのかしら?
…話せる内容じゃないわよね。父親の手術費のためとはいってもね…

ソニョンはセフンを許すつもりで戻ってきたのに 気持ちがついていかず 冷たくしてしまう。
耐えられないセフンは 酒におぼれ、
ヨニもセフンを忘れられず 会社に電話をかけたり 家の近くに来たり。
また よりを戻しそう。
浮気したんだからさ、ソニョンが少々冷たくても我慢しなさいよ!

37-38

ウンニム、ガンホに「あの人(ヨニ母)に 借金がある」と説明。
実家に苦しい時があったのは ガンホも知っていることだから 一応納得したようだけど…
“どこかおかしい” とも思っている様子。

ヨニ母、ウンニムに金をもらい、「二度と現れない」と言っていたけど
こういう人は 困れば頼ってくるはずなのよね。
ソニョンとガンホ母が一緒にいるのを目撃して ユビンの出生の秘密を知ってしまったから
きっと なにかするに違いないわ。

セフン、チョルの結婚式に向かっている時に ヨニが病院に運ばれたと聞き、病院へ。
式場に来ないセフンを心配して ソニョンが電話をすると
看護師が出て 「患者は意識がない」と。
慌てて病院に行くと そこには抱き合うセフンとヨニがいた。

ソニョンは離婚を決意し 実家に。
ヨニが病院に運ばれたのを知ったのは偶然だったけれど 義弟の結婚式をすっぽかして行くほどのこと?
ソニョンが愛人ヨニより私と私の家族は軽かったと思っても当然。

あとは ユビンの親権よね。
代理母のことは公にできないし…
ユビンが母親恋しさに毎日泣いていれば ソニョンに渡すこともありうるだろうけど
ユビン、 「叔母ちゃま、叔母ちゃま」とウンニムがいれば 平気そうなのよね。

39-40

ヨニ母、話しちゃったのね…
話さないほうがよかったんじゃないかと…


ソニョンの姑が代理母を頼んだ人で、
ソニョンの義妹ウンニムが代理母。
ということは ソニョンの子供ユビンはウンニムが生んだ子。

ヨニ母は事実を話すために ウンニム祖母の家に。
そこに ウンニムが来て
ヨニ母は ウンニムに 「ユビンがパンウルよ」と話してしまう。

会いたいと思っていた我が子が甥として目の前に。
動揺するわよね。
ウンニム、一度は家を出る決心をしたけれど 出ようとした時にユビンが来てしまい失敗。

ガンホ母もソニョンも ウンニムがユビンの代理母だと知ってしまうようで…
どうなるのかしら?ユビンの親権のこともあるし。
まったく想像できないけど ウンニムとガンホが苦しむのは確かよね。

41-42

そうよね…妻が代理母で 産んだ子供が甥 なんて ショックで怒るもの当然。
でも あそこまで怒るとは想像していなかったから びっくりしたわ。
それほどショックだったのよね。ウンニムから告白されたらまだしも 母たちが言い合っているのを目撃して知ってしまったんだもの。

ウンニムは家を出ることになるのね…
しかたないことなのかなぁ…
でも… 代理母したウンニムが苦しむのと同じくらい 代理母を頼んだガンホ母とソニョンも苦しんでほしいわ。


ヨニ母から嫁が代理母だと知ったガンホ母は DNA鑑定をする。
結果は “一致”
すぐに ソニョンに連絡。
「早く戻って来なさい。ユビンをとられちゃうわよ。ウンニムがユビンの生母だったのよ」

ソニョンの変わり身の凄いこと。
ウンニムに感謝していたのに 手のひらを返したように ウンニムを嫌い、追い出そうとする。
ウンニムがユビンを取り戻すために ガンホと結婚したと勘違いしているようなんだけど…なんだかね…

ウンニムは ガンホ母と話し、ガンホの誕生日が済んだら家を出ることにしていた。
しかし ソニョンは今すぐにでも出て行ってほしい。1日も我慢できない。
3人で言い合っているのを ガンホが聞いてしまう。

43-44

母が実の母じゃないと知り、実の母に会いに行ったら半年前に亡くなっていた。
ウンニムのことだけでも辛いのに ガンホにもう一つ試練が。
母の子供じゃないと思うと 兄と差別されていたのが納得できる。
だからこそ 実母に会いたいし、亡くなっていたのはショックだったはず。
ガンホ母も愛人の子供を育てるのは辛かっただろうけど その分 ガンホをいじめてたから ガンホに憎まれても仕方ないかも。


ウンニムは自殺しようと海に入ったところを助けられ 施設に。
壊れたウンニムの携帯が直り、祖母から電話がかかってきて 祖母はウンニムに会いに行く。
ガンホは行き場所がなくて ウンニム祖母の家に。
ウンニム祖母から 代理母をした理由を聞き、ウンニムに会いに行く。


ガンホは離婚するつもりみたいね。
それは仕方ないかもね…
離婚しないでほしいけど それではガンホ家とつながったままで また辛い思いするだろうし。

45-46

代理母の件を知る人が ひとりまたひとりと増えて…
この際 関係者全員にばらしちゃうのはダメ?
ウンニムとウンニム父が辛い思いをするのは見たくないけれど
ウンニムだけが辛い思いをするのがね…
ウンニムが非難されるのならガンホ母とソニョンも同じように非難されるべきだと思ってしまうのよね…

ヨニ母、ガンホ母からもらったお金を使い果たしてしまう。
そこに ヨニ妊娠の兆候が。
ヨニは否定したけれど ヨニ母の妄想は膨らむ。
“娘が財閥の息子を生む”
で、何を思ったのか ソニョン実家に行き、ソニョン叔母に話す。
「ユビンはソニョンが生んだんじゃなくて 代理母が生んだそうね。愛人とは切れていなくて 妊娠したらしいわ」
はぁ…まったく このおばさん、自分のことしか考えていないんだから。

ガンホは離婚することにし、2人で裁判所に。
しかし やはり離婚できない。
ガンホは母、祖母に離婚するつもりはないと話す。
驚いたのはガンホ母とソニョン。ガンホを説得しようとする。
ソニョンとガンホが言い争っているのをセフンが聞いてしまい、
ウニョンが代理母だと知ってしまう。

47-48

信じられない!何よ、何なのよ!どうしてそこまでするの?そこまでできるの?ウンニムが何をしたの?ウンニムがそんなに嫌いなの?ウンニムが代理母だから?ウンニムがユビンの実母だから?でも ウンニムを責めるなら 代理母を頼んだあなたも責められるべきじゃないの?
ウンニムがユビンを生んだと知った途端 態度が変わったソニョン。
ショックは大きいだろうし、離婚問題もあって どうしていいのか分からなくなっているんだろうと 横暴な態度も言動も 仕方ないと我慢してたけど 今回は許せない。
ウニョンが戻ってきて ユビンが自分よりウニョンに懐いているのも嫌なんだろうけど だからって 自分の思い通りにならないからって ウニョン両親に話すなんて。セフンが言うように “ユビンは自分たち夫婦の子供。自分たちのせいで弟夫婦を別れさせるのは可哀想”と思えないの?


ユビンを生んだのがウンニムと知ったセフンは悩むが、
自分たち夫婦のせいで 愛しあっているガンホたちを別れさせられないと結論をだす。

ガンホとウンニム、別れる、別れないと揉めていたけれど
ガンホが倒れて病院に運ばれたのをきっかけに ウンニムはガンホ家に戻る。
そして ガンホは父に頼んで アメリカ支社に異動することに。

ソニョンはウンニムを許せない。
ユビンが 「叔母ちゃま、叔母ちゃま」とウンニムに懐き、「ママは嫌い」と言うのに耐えられない。
ソニョンはウンニム実家に行く。

49-50

あ~ソニョンが非難されて すっきりした。
ウンニムだけが非難されて イライラしてたのよね。
代理母に関しては賛否両論ある。
だからウンニムが非難されるのは仕方のないこと。
でも代理母を頼んだソニョンがウンニムを非難するのは許せない。

「ユビンを取られそうで怖い、ユビンが事実を知ったら傷つく、みんなに幸せになってほしい」と言い訳するソニョン。
ユビンを取られそう?可愛がらないから 優しくするウンニムに懐くんじゃないの!
事実を知ったら傷つく? それなら なぜ代理母を頼んだのよ!
みんなが幸せに? 自分だけが幸せになりたいんでしょうが!


ソニョンはウンニム両親にウンニムが代理母だと話す。
追いかけてきたウンニム母に「代理母を雇ったのはあなたでしょう?ウンニムになすりつけているの?母親に孫の秘密を話すわよ」と責められ
ソニョンは「ユビンはウンニムが生んだんですよ。代理母を受けるくらいお金に困っていたんでしょうね」と話してしまう。

ウンニム母、ウンニムの父の手術費をウンニムが用意したことを思いだすのよ。
先輩に借りたと言っていたけど 実は代理母をして用意したお金だと。
ウンニムに会って「辛い時にそばにいてあげられなくて悪かった」と謝ったウンニム母。
ナンジョンと一緒にウンニムを困らせていたけれど ウンニムを思いやれる母親だとわかってホッとしたわ。

ウンニム母は ウンニムに 「離婚しないでガンホの言うとおりにしなさい」と話し、
ウンニム父には ウンニムが代理母をしたのは手術費用のためだと話し、「ウンニムのために黙っておこう」と話す。

ウンニム両親が知れば 今度こそ離婚すると思っていたのに ウンニム両親からは何も連絡がない。ガンホとウンニムのアメリカ行きに変更はない。
ソニョンはまたウンニム父に会い、「ユビンはウンニムが生んだ子です」と話し、
ウンニム父はショックで倒れてしまう。

事情を聞いたウンニムはソニョンを責める。
「あなたのせいで父は倒れたんですよ。私は父の手術費のためにユビンを生んだ。人が私を非難してもあなたにはできないはず。なのにこんな仕打ちをするなんて」
ところがそれをガンホ父とガンホ祖母が聞いていた。

ソニョン母はウンニム父の見舞いに行くが、ウンニム母から追い返されてしまう。
「あなたにもチョルにも 特にソニョンには会いたくないわ」と。
ナンジョンがソニョン母たちに話し…
これで関係者みんなが知ってしまったのね…ふぅ…

父から離婚するように言われたガンホは、
「別れられない。彼女を愛しています。世間が怖いなら 僕を戸籍から抜いてください。どうせ よそから連れてきたんだ」と話す。
ガンホ父、妻もソニョンも責めたけど ガンホとウンニムを離婚させることで解決させるつもりなのね。

ヨニ母、ヨニがマンションを引き払って田舎に行くと知り、セフンに会いに行く。
セフンは不在で会えなかったけれど 何を考えているのか…またお金の無心よね。
元はと言えば 代理母をもちかけたヨニ母が悪いわけで…
イヤイヤ 自分の血を引く孫がほしくて ソニョンを追い詰めたガンホ母も悪いわね。

51-52

何それ。認知症に胃ガン?はぁ?あり得ないでしょう。
今の状況から ハッピーエンドにもっていくのは難しいかもしれないけれど
どうせあり得ないのなら 病気でまるくおさめるより ウンニムとソニョン&ガンホ母が和解する方がまだ納得できるのに。…どっちも納得できないわね…でも やっぱり 病気は…特にウンニムの胃ガンは…
“ウンニムが妊娠したから元サヤに。認知症のガンホ母もウンニムを頼りにするから ガンホ家族もウンニムを受け入れる”そんなのでもいいんじゃない?
どっちにしても ここまでこじれたら 誰もがハッピーエンドになるのは無理だわ。


ウンニム父、2人に「離婚しなさい」と言ったものの 愛しあっているのを無理矢理別れさせるのが可哀想になり ガンホ家に 頼みに行く。
けれど ガンホ家族は聞き入れない。
土下座をして頼む父を見てウンニムは決心。離婚することに。

ガンホ母の様子がおかしくなり 診察を受けると 認知症と診断される。
ガンホ父に責められ 追い出されたのがショックだったみたいね。
ウンニムに会いたがり、ガンホを「ガンホお兄ちゃま」と呼ぶ。

ウンニムは地方で暮らすことにし、発つ前に ユビンを見に幼稚園に。
すると 迎えに来ていたガンホ母がウンニムの姿を見て 追いかけ 道路に。
ウンニムはガンホ母を庇い、2人は病院に。

2人とも怪我はなかったが、ウンニムは胃ガンの疑いがあると診断されてしまう。
動揺するウンニム。
検査が必要だと言われるが ガンホ家族が病院に来たのを見て病院を抜け出し 別の病院へ。
けれど 診断は同じ。余命1年。

ガンホは 医師から ウンニムに胃がんの疑いがあると聞き、ウンニムと連絡を取ろうとする。
当然 携帯は通じず、実家に行っても追い出され…
ナンジョンから ウンニムの新住所を聞き 会いに行く。

53-54

ガンホの看病を拒否していたウンニムだけど
ガンホを受け入れて セフン友人の別荘でガンホと療養することに。
治療もする気になったようだから 手術することになるのかしら。

それにしても…ガンホ家族がね…
ガンホとウンニムの事を理解し協力してくれたのはセフンだけ。
“離婚した元妻の看病するなんてもってのほか!”なのよね…
傍から見れば 確かにおかしいことだとは思うけど 家族はガンホの気持ちを酌んであげてもいいと思うんだけどなぁ。
ソニョンがウンニムを悪く言うと むかむかするわ。

55

ウンニムは放射線治療を受けた後 手術を受ける。
成功し、
2年後 別荘でガンホと暮らしている。


みんなハッピーエンド。
ソニョン叔母が結婚して妊娠するおまけまで。
ハッピーエンドがいいからと 誰でもハッピーエンドにしてもね…逆に引いてしまうわ。

 1-23-45-67-89-1011-1213-1415-1617-1819-2021-2223-2425-2627-2829-3031-3233-3435-3637-3839-4041-4243-4445-4647-4849-5051-5253-5455


スポンサーサイト
web拍手
関連記事

ブラッディ・ミッション(コ死 : 血の中間考査)




制作年 2008年
脚本  キム・ウンギョン,チャン,ユン・ホンスン
監督  チャン


ファン・チャンウク・・・イ・ボムス
チェ・ソヨン・・・ユン・ジョンヒ
カン・イナ・・・ナム・ギュリ
カン・ヒョン・・・キム・ボム



まず ホラーではないです。
気持ち悪いシーンは多々ありますが 恐怖はまったく感じません。
あっ、でも ちらっと見た主人が「お前はほんとに気持ち悪いのが好きだな」と言ったので ホラー苦手な人は 辛いかも。

最後まで飽きずに楽しめました。
1時間20分ほどで 短いですけどね。
評論家の評判はよくなかったそうですが、難解な内容で理解できず 見て損した気分になるよりは 単純な展開だけど楽しめる方がいいので ○
イ・ボムスの演技に助けられた映画なので 彼じゃなかったら つまらなかったかもしれません。

…犯人がどうしてこんな復讐のやり方を選んだのか…納得できないですが、
そんなこと言い出したら 映画そのものを否定することになりそうなので おいといて。
事件の発端になる 試験問題漏えい。
金を使って成績をあげても…と思うけれど
韓国では そうしてしまうほど 成績は重要なんでしょうね…

お気に入りの場面は エンドロール。
“えっ! えっ?え~~~~”と最後は大笑いしました。


簡単なあらすじは…














考査の上位20人が集められ 特別授業が始まる。
英語の授業。出題映像が突然 水槽に入れられた女性との映像に代わる。
彼女を助けるためには 時間内に与えられた問題を解かなければならない。
解答できず 女生徒は水死してしまう。
1人ずつ生徒がいなくなり 助けるための問題が出題され、生徒が殺されていく。

解答は ある事件を暗示していた。
講堂で死んでいたジウォン。犯人は彼女の死に関係する者に違いなかった。

8人が亡くなり 恐怖の時は終わる。
しかし 復讐が終わったわけではなかった。
8人の追悼式。
犯人は娘を殺した犯人を殺す。
web拍手
関連記事

ヒーロー あらすじ&感想


視聴率がよくなかったので 心配していたのですが、なかなか面白かったです。
でも…後半 単調で 前半ほどはよくなかったです。
イルトゥを追いこんで→逆に追い込まれて の繰り返し。
“またあ…”“どうせ またやられちゃうのよね…”と思っちゃうとね…つまらない。

イルトゥ事件だけじゃなく 他の事件、取材をいれるとか、
イルトゥに関連することでも 殺人教唆のことだけじゃなく 別の悪事も暴くとか、
時々は イルトゥから離れた方がよかったと思います。



全16話 2009年 MBC

出演者:チン・ドヒョク(“マンデー・ソウル”記者)・・・イ・ジュンギ
     チュ・ジェイン(竜川警察署 強行犯係長)・・・ユン・ソイ
     チョ・ヨンドク・・・ペク・ユンシク
     カン・ヘソン(テセ日報 記者)・・・オム・ギジュン

     チャ・マンス (マンデー・ソウル→ヨンドク日報 記者)・・・チョン・ソギョン
     ナ・ガヨン(マンデー・ソウル→ヨンドク日報 記者)・・・チョン・スヨン
     パク・ジュニョン(マンデー・ソウル→ヨンドク日報 記者)・・・チ・チャンウク
     コ・ウンシク(マンデー・ソウル→ヨンドク日報 カメラマン)・・・

     (竜川警察署 強行犯係)・・・イ・ハンウィ
     (竜川警察署 強行犯係)・・・キム・イク

     チン・ドヒ(ドヒョク姉)・・・チャン・ヨンナム
     チン・ソル(ドヒョク姪)・・・キム・ヒャンギ
     チン・ジヨン(ドヒョク甥)

     ジェイン母・・・イ・ヘスク
     チェ・イルトゥ(テセ日報会長)・・・チェ・ジョンウ
     サンチョル(ヨンドク子分)・・・チョ・ギョンフン
     マダム・・・チェ・スリン

     コン社長
     ホギョン(イルトゥ娘)


演出:キム・ギョンヒ、イ・ドンユン
脚本:パク・チスク

 12345678910111213141516


1

軽快な感じで 面白そう。
新聞社、警察が舞台なので 事件も取り混ぜながら 展開してくれると楽しく観れそうです。

「ソル薬局の息子たち」の四男が 記者の役で出演。
(ジュンギ ファンですが…) 若い子はいいわ~
もうひとり 記者役で 要チェックの子が… 初めて ですが、モデル出身かな?


ドヒョクは 三流雑誌“マンデー・ソウル”の記者。
マダムからの情報で モデルとサッカー選手の不倫現場を押さえようとコンサート会場に忍び込む。
しかし 脅迫犯と間違われて逮捕されることに。

よくないことは続く。
15年間服役後 出所した元親分ヨンドクを取材しようと追いかけていて 騒ぎに巻き込まれ
再び 警察に。

まだまだ続く。
トラブルメーカーの姉が子供2人を預けて どこかに。
姉はドヒョクの臓器を担保に金を借りていた。

まだまだまだ続く。
インタービューを断ったはずのヨンドクが現れ 「泊めてほしい」と。
ヨンドクが服役した間に 世の中は変わっちゃったのよね。
組は解散し、組員は 今はまっとうな仕事についている。
元妻は再婚。
行くところがないのよ。
ひとりだけ 出所した時に迎えにきてくれた子分がいたんだけど…
名刺を失くしたみたい。まぁ カードがないから 電話はかけられないしね。
そこで 住所を知っているドヒョクのところに来たらしい。

まだまだまだまだ続く。
“マンデー・ソウル”が廃刊。社長は夜逃げしていた。
給料は数か月未払いのまま。
ドヒョクはやりきれずに 昼間から酒を飲む。
そこに ヨンドクが来て 「新聞社を作れ」と話す。


ヨンドクはテセ日報のチェ・イルトゥ会長に恨みがあるらしい。
テセ日報の記者ヘソンはドヒョクの高校の同級生。
ドヒョク&ヨンドク 対 ヘソン&イルトゥ の対決になるわけね。
ここに竜川警察署 強行犯係長のジェインがどう絡んでくるのか…どっちかと恋愛関係になるのかしら?


2

ヨンドク日報設立。
大丈夫? って感じですが、
ヨンドクのテセ日報に対する恨み、ドヒョクのヘソンへの恨み、なんとか晴らしてほしいわ。

ヨンドクの恨みは謎のままだけど
ドヒョクの恨みは明らかに。
高校の生徒会長選挙の時に ヘソンは対立候補のドヒョクの賄賂疑惑をでっちあげたらしい。
そして 今回 ドヒョクが書いた国会議員の醜態の記事を ヘソンはでっちあげと記事を書いた。
これは イルトゥが 国会議員に泣きつかれて たぶん金をもらって ヘソンに書かせたもの。

ヨンドクはサンチョルに頼んで 金を埋めていた。
それで 新聞社を作るつもりだった。
しかし…サンチョルが使い込んでいて 残ったお金は1千万。
新聞社を作るには 足りない。

諦めたドヒョクだったけれど
ヘソンに 自分の記事をでっちあげと書かれ
ヨンドクに 新聞社設立を頼みに行く。

作ることに決まったけれど お金がない。
そこで昔の部下を頼って イエ 昔の子分を脅して
事務所とバイクと車を手に入れ、印刷所との契約も交わす。
マンデー・ソウルの仲間を呼び寄せて ヨンドク日報は発進。

ヘソンは イルトゥの娘と交際中。
つまり テセ日報の後継者。
ジェイン、ヘソンに気があるようで 知ったらショックね。

3

ドヒョクの父も記者だったのね。
雨の日 事故に遭い 両親は亡くなってしまった。
傘を持って行って バス停にいる両親に声をかけ、道路を渡ろうとした両親はトラックに轢かれてしまう。
目の前で 両親の事故を見てしまったら…
その割には元気だけどね。

どんな新聞にするか、創刊号の記事は何にするか、
なかなか決まらない。
「ゆっくりやろう。あっ、給料は創刊号が出てからだ」とヨンドク。
そんなこと言われたら 頑張るしかないじゃない。
そうじゃなきゃ 真剣になれないのが 元マンデー・ソウルの記者たちかも。

ヨンドク日報のコンセプトは
民の不満を聞くために太鼓を置いた太宗のように 民の声を拾い上げる新聞でありたい。

で、創刊号の記事は
マダムの失踪と
マダムの捜査を頼みに行った時に 「水商売の女は失踪して当然」と言い放ったジェインへの批判記事と
テセグループのテセ建設が進める再開発地域で問題が起き 自殺者が出たことに関する批判記事。

これらがどんな事件に発展するか…
マダム失踪は ヘソンの知り合いのコン社長が絡んでいる様子。

ヘソンは 初取材がジェインだったから 特に思いが強いらしい。
もしかして好きなのかしら?
でも テセ日報会長の娘とは婚約式をする話まで進んでいて 破談なんて無理。

4

ドヒョク両親をひき逃げしたのはヨンドクみたいね。
…よくある設定だわ。

ジェイン、マダム失踪を捜査。
クラブの前に停まっていた怪しい車は未登録者。
防犯カメラには 男と争って 車に乗せられるマダムが写っていた。
事件の可能性が出てくる。

イルトゥは ヨンドク日報 創刊号の “マダム失踪”記事を読み、
処理をコン社長に頼む。

ヘソンは コン社長から話を聞き、ヨンドク日報を調査。
テセ日報に
“ヨンドク日報の社長は元ヤクザで、元子分を脅迫して 新聞社を作った” という記事が掲載される。

以前イルトゥとマダムは不倫関係にあって 2人の間には子供がいる
ってことだと思うんだけど…
マダム失踪も イルトゥの命令でコン社長が行ったことなのよね…
でも どうして?不倫は昔のことじゃないの?子供のことが問題なの?

5

早くも ドヒョクは両親の死の真相を知ってしまうようで…
それが…誰から聞かされてもショックで 犯人を恨むはずだけど…
できれば 犯人本人から 「申し訳なかった」と謝ってもらうほうが…
せっかく ヨンドクといい関係になってきたのに。


ヨンドクは 元子分たちに 脅したことを謝る。
オートバイを返し、事務所は保証金を払い 正式に賃貸契約を結ぶ。
ヨンドク日報を辞めたマンスたちも 戻ってきて ヨンドク日報再開。
けれど… お金がない。お金がないと印刷できない。今の状況では広告を出してくれる会社が見つかるはずがなく…
ネット配信することに。

マダムの通話記録を調べた結果 失踪ではなく拉致が濃厚に。
マダムが産んだはずの子供の行方を調べるが 書類では見つからない。
そこで ドヒョクとジェインはマダムのマンションに不法侵入し、子供の写真を見つける。
ドヒョクは子供の写真を配信。
それを見て驚いたイルトゥは コン社長に電話。
「ヨンドク日報を潰したと言ったじゃないか!なぜ子供の写真があるんだ!」

コン社長は ドヒョクの父がテセ日報の記者だったチン・オンだと知り ドヒョクに電話をする。
「ご両親の死の真相を知っているか?殺されたんだ。詳しい話を聞きたくないか?」

6

ドヒョク、記者なのに なんで裏を取らないの?
15年前の事。調べようがないのは確かだけど、
ヨンドクに本当かどうか聞くべきじゃ…
でも… 聞けないわよね…
それでも 記者なら 情報提供者の話を鵜呑みにすることだけはするべきじゃないと思うけどなぁ。


コン社長から 両親を殺したのはヨンドクだと聞かされ ドヒョクは人が変わってしまう。
ヨンドクに対して冷たくなり 酒びたりの毎日。もちろん欠勤。

ヨンドクはドヒョクにドヒョク両親の事故について知っていることを話す。
「チン・オンは再開発事業の件での悪事を暴こうとしている。クビにしても他の新聞で記事にしたら困る。消してくれ」と頼まれたこと。
断ったけれど 家族のことを出されて脅された。
殺すつもりだったけれど 傘を持って迎えに来たドヒョクが見えてやめた。
すると トラックが走ってきて ドヒョク両親をひき逃げした。
運転していたのはコン社長で、殺害を命令したのはイルトゥ。

それでも信じられないドヒョク。
そこでヨンドクはイルトゥを呼び出す。
「記者一人殺すぐらい簡単だ。邪魔する者は誰でも容赦しない」と話すイルトゥ。
ドヒョクは離れたところで 2人の話を聞いていた。

ヘソンはテセ日報に恨みがあるみたい。
息子がテセグループの娘と婚約すると知ったヘソン母の驚きは尋常じゃない。
「復讐するつもり?」と言うくらいだもの 相当な恨みよね。

7

そろそろ ヘソンが考えていることが 明らかになってくれないかなぁ…
イルトゥに復讐する気はないのかなぁ…


ドヒョク、イルトゥを監視続けることに。
今更 両親の事故を蒸し返しても イルトゥを潰すことは難しい。
暴力で復讐するより 記者として悪事を暴くことに。
父の手帳と ヨンドクがくれた ヨンドクとイルトゥが関わった悪事をメモした手帳を胸にしまって。

マダムの子供チェ・ハンギョルを赤ちゃんの時から7年間預かっていた人が見つかる。
父親の意向で預けられたらしく 母親はいつでも会える状態ではなく 月に2回ほど会いに来ていた。
預けに来た人も 連れて行った人も同じで マダムを拉致した男。けれど父親ではないらしい。

マダムの顧客名簿から 相手を探りだそうと考える。
そんな時 失踪していたマンデー・ソウルの社長が見つかる。
社長が言うには マダムを拉致した男から ヨンドクの取材をやめるように脅されたらしい。

…ということは…マンデー・ソウルを脅したのも マダムを拉致したのも イルトゥの仕業?マダムの子供の父親はイルトゥ?
と ヨンドクたちは推測。
イルトゥに ヨンドクとの会話の録音テープを送り、
ドヒョクは「マダムとあなたの息子を連れてこい」とヨンドクに電話をする。

ヘソンは イルトゥから マダムとの関係を聞かされる。
マダム失踪を捜査しているジェインとドヒョクの身が危ないと思い、
ジェインに 「失踪事件から手を引くように」と注意する。

8

「処理させました」
…って…本当に処理したなんて…モノじゃないのに…


録音テープ、イルトゥの悪事の証拠、
警察に告発し、マスコミに流せば もしかしたらイルトゥは失脚するかもしれない。
けれど 検察を動かして もみ消すこともできる。
ドヒョクは 復讐よりもマダムの命を優先させることに。

イルトゥ、ヘソン、コン社長は ドヒョクの脅迫の件で相談。
コン社長が 「子供は処理させました」と話したから
マダムと録音テープを交換することにし、
ヘソンがドヒョクと取引することに。

取引の日。
マダムの目撃証言メールが届き、マンスたちは病院に。
そこで マダムを発見する。

ドヒョクは取引場所に先に来て 待っていた。
そこに ヘソン。車には女性が乗っている様子。
と そこに マダム発見の連絡が入る。
ドヒョクはヘソンに見つからないようにその場を離れ、マンスたちとマダムを保護する。
ヘソンはまたドヒョクを騙したのね。

マダムは ドヒョクの顔もわからないほどに 精神を病んでいた。
とりあえず ドヒョクの家に匿うことに。

次はマダムの息子ハンギョルの保護。
ドヒョクたちは偽の情報に誘導され ハンギョル探しに。
その間に ヨンドクはコン社長に拉致されてしまう。

ハンギョルは死んでいた。

9

金と権力を持っている者は 犯罪も握りつぶしてしまえるのね。
そんなことができるなんて 警察と検察は情けない…

ヨンドクを助け出す。
って ヨンドク、自力で脱出できたようだけどね。

ヨンドク日報は イルトゥの悪事を暴き、新聞に掲載。
しかし テセ日報の方が大きい。
全国紙のテセ日報に比べたら ヨンドク日報は ゴシップ新聞社でしかない。
テセ日報の一声で ヨンドク日報の記事は嘘になってしまう。

DNA鑑定で イルトゥとハンギョルが親子と判定され
ジェインは証拠を 検察に提出するが、
イルトゥに買収された検事は 令状を出さない。

マダムの意識がもどる。
ドヒョクが説得し、マダムは事実を話すことに。
ヨンドク日報は記者会見を開き、
マダムはイルトゥと愛人関係にあり、2人の間の息子ハンビョルが殺されたことを証言する。

やっとイルトゥに逮捕令状が出る。
しかし マダムを拉致した男が自首。
マダムが振り向いてくれないから拉致し、子供を殺したと証言する。

10

まだ テセ日報は強い。
ヘソンが裏切らない限り イルトゥを倒すのは無理かも。
きっと きっと ヘソンを裏切ってくれると信じているけれど どうかなぁ…
ヘソンとコン社長が仲違い始めたようだから…可能性はあるかも。

イルトゥ、記者たちを引き連れて ハンギョルの墓参りに行き、涙を流す。
そんな猿芝居をしてまで 自分の身を守りたいのね。
本当にハンギョルの死を悼んでいるのなら 記者は連れていかないわ。


イルトゥは退院の際 記者に囲まれ
「子供がいたことは知らなかった。彼女とは一夜だけの関係」と話す。

ヨンドク日報は
マダムが病院に拉致されていたこと、神経薬を投与されていたことを報道。
イルトゥとマダムとハンギョル、3人が一緒に写った写真も掲載する。

これに対して テセ日報は反論せず、警察とマダムを攻撃。
ジェインは停職処分になり、
マダムは自殺を図る。

ドヒョクはハンギョル殺人の実行犯オ・ドンギの身辺を調査する。
実家の甕から 多額の金が見つかり、金で 殺人を命令されたと考える。
しかし 事実は違った。
ハンギョルを殺したのはコン社長だった。

ドンギの面会で ドンギから直接聞いた話だから 間違いないはず。
ドンギは金で 身代わりになったのね。

11

ヘソンの過去が明らかに。
やっぱり復讐のために 会長の婿になったのね。そうよね?


ドンギの証言でコン社長が逮捕されるが、
母との面会後 証言を翻す。
母との面会…母だけじゃなくて 後ろにヘソンが睨みを聞かせてたっていたのよね。
これじゃね、自分が殺したと言うしかないじゃない。

ジェインはヘソンが自分に 事件から手を引くようにと警告したのが気になっていた。
会長側にいるのに どうしてそんなことを?
そこで ドヒョクとジェインはヘソン母の店に。
トイレを借りるふりをして ドヒョクはヘソン母の家を物色。
そこで ヘソン父の名前がカン・ギュヒョンと知る。
カン・ギュヒョン…ドヒョク父が調べていた事件の再開発地域の組合長だった。

ヘソンから「これからは会長とは会わないでほしい」と言われたコン社長、
ヘソンの身辺調査を行い、カン・ギュヒョンの息子だと知る。

おバカなイルトゥはそこまで調べていなかったみたいね。
まぁ この人、自分に歯向かう人を虫けらにしか思っていないから いちいち名前なんか覚えていないわよね。
ヘソンのことだって 貧乏な家の出だから 思い通りに扱えると思って婿にするんだから。

12

コン社長が自殺。
本当に自殺?あの人が?イルトゥに殺されたんじゃ?


ヘソン父は
テセ建設のカンイン洞開発を巡って イルトゥに買収された組合員に裏切られ 自殺したらしい。その事件を追って殺されたのがドヒョク父。
イルトゥを恨んで復讐を考えてもおかしくないのに ヘソンはその気はない様子。
まぁ 何を考えているかは本人しかわからないことだからね…
結婚を延ばしているのも 何か理由があるのかもしれないし。

コン社長はイルトゥに 「ヘソンに気をつけるように」と話すが、
イルトゥはまったく気にしない。
「彼はもう家族だ」と。
「彼には好きな人がいます。チュ刑事です」と言っても まったく動じない。

そこで コン社長はジェインを拉致。ヘソンに連絡。
ヘソンがジェインを好きなのを証明しようとする。
しかし…
ヘソンは行かない。行くわけにはいかない。イルトゥを裏切っていないと証明しなければいけない。

ヘソンはドヒョクに “カンイン洞 倉庫”とメール。
同じ時 ドヒョクに ジェインの携帯から着信がある。
ドヒョクは意味がわからないが、ヨンドクから 以前コン社長のアジトがあった聞き、ヨンドクと一緒に倉庫に向かう。

ジェインを無事に救出。
コン社長は逃走する。
ジェインはコン社長を逮捕しようと向かうが…コン社長は自殺していた。

13

イルトゥにヘソンがくっついている限り イルトゥは倒れないような?
ヘソンが考えている復讐は イルトゥを葬る去ることではなく イルトゥを利用して金と権力を得ることみたいね。
復讐の仕方はそれぞれ、考え方もそれぞれ、だけど…イルトゥに協力して人を傷つけているヘソン。ドヒョクは受け入れられないみたいね。


コン社長は自殺ではなく殺害されたと判明。
ヨンドク日報は コン社長の殺害の記事とテセ日報がアルバイトを雇ってマダムをネット中傷した記事を掲載。
他紙にも記事を提供し 掲載するように促す。
1誌が掲載してくれるが…

ヘソンはサッカー選手の不倫&麻薬疑惑を他紙に提供。
コン社長殺害事件の記事は掲載されず、サッカー選手のスキャンダル記事が大きく掲載される。

このドラマを見ていると
マスコミ操作の恐ろしさを感じてしまう。
誰が大統領になるのか、犯罪者が大統領になるかもしれない、これからの国、自分たちの生活を考えれば大統領選挙が大事なはず。
けれど サッカー選手のスキャンダルが大きく掲載されてしまえば どうしてもそちらに興味がいってしまう。大統領選挙はどうでもよくなってしまう。
たぶん、大統領選挙の記事ばかり掲載すれば 人々の関心はそちらにいくはずなのよね。
マスコミ報道すべてを信じてはいけないのかもしれない。けれど マスコミを通じてしか情報を得ることができない私たちは マスコミ報道を信じてしまう。マスコミが“正”と言えば正に。“悪”と言えば悪に。

コン社長の実行犯パク・グァンギを逮捕。
イルトゥは殺人教唆で逮捕される。
きっと 証拠不十分で逮捕されるのよね。

14

検察も権力に屈するわけね…
実際にはそんなことしていないと思いたいけれど…


パク・グァンギが握っている イルトゥがグァンギを殺せないほどの“ブツ”
それは 隠しカメラで撮ったイルトゥとコン社長の密談。イルトゥはマダムと息子の殺害を命じていた。

この証拠があっても イルトゥは証拠不十分で釈放されてしまう。
担当検事はヘソンの脅しに屈しなかったが、“上”は議員たちの圧力に屈してしまった。

そこでヨンドク日報は街頭ビジョンでイルトゥとコン社長の密談の映像を流す。

さぁ…これを見た人たちの反応は?
法で裁けないなら 民衆の力で裁こう ってことだけど…うまくいくといいけど…

15

ヘソン、当初は 大統領になる直前にイルトゥを失脚させ すべてを失わせるつもりだった。
だから「まずは大統領」と言って 結婚を先延ばしにしていたのね。
けれど そのまえにドヒョクたちが騒いでしまった。
そこで予定変更。大統領にさせ 娘と結婚して 自分が大統領で義父のイルトゥを操ることに。
イルトゥ、ヘソンにはっきり言われてショックを受けた様子。

ヘソンはイルトゥのために悪事を重ねてきたから イルトゥの悪事を暴くことは自分の首を絞めることでもある。イルトゥを告発しないのはヘソンにしてみれば仕方のないことかもしれない。もちろん許されることではないけど。
でも、でも、それは納得しても
自分を庇って車にはねられて倒れたドヒョクをそのままにして立ち去るなんて 絶対に許せない!


ドヒョクはデモの責任者として 警察で事情を聞かれる。
お灸をすえられて帰される はずだった。
ところが ドヒョクは緊急拘束されてしまう。
もちろん ヘソンが手をまわしたから。

記事を書けば 名誉棄損になると警察から圧力がかかり、
ヨンドク日報は身動きできない。
そこでヨンドクは「すべては自分がやったこと。ドヒョクは自分に脅されていた」と出頭。ドヒョクの身代わりになって 拘留される。

“今のヨンドク日報に必要なのは 自分ではなくドヒョク”
と 身代わりになってくれたヨンドクを釈放させるため ドヒョクは動き出す。

“チェ・イルトゥの再捜査”の署名活動を始める。
反応がなかった人たちも 少しずつ署名してくれる人が増えてくる。
テセ・グループ内でも イルトゥへの不信感で不協和音が出始め…テセ日報の記者がストライキを起こす。

イルトゥとヘソンの間にも不協和音が。
イルトゥとヘソンの立場が逆転。
イルトゥの言いなりだったはずのヘソンが イルトゥに対して強気に出るように。
ヘソンがこんな態度に出るとは思っていなかったヨンドクは驚き 不安になってくる。

ヘソンはイルトゥの秘密書類を持って 身を隠そうと考える。
ドヒョクはヨンドクに言われ ヘソンを心配して会いに来て ヘソンに向かってくる車を目撃。
ヘソンを庇って 車にはねられてしまう。
倒れ 頭から血を流し 気を失っているドヒョク。
ヘソンは その場を離れる。

16

ヘソンをはねた車を運転していたのはイルトゥだったのね。
で、ホギョンがそれを目撃していた。

イルトゥ、ドヒョクを殺し(たつもり。主役なんだからドヒョクが死ぬはずないじゃない)、、ヘソンを黙らせ ご機嫌。
4年後の大統領選に出馬するつもり。
“その頃には 今回の騒動は忘れられているだろうし、党の幹部も変わっているはず。自分の言いなりになる議員を幹部にすればいい”

ところが ホギョンが ドヒョクひき逃げ事件を警察に通報。
「チェ・イルトゥ会長が犯人です。私が証言します」

イルトゥは逮捕され、ヘソンが自首する。

 12345678910111213141516
web拍手
関連記事
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
神のクイズ:リブート

如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
カンブリア紀(寒武紀)
独狐伽羅~皇后の願い~(独狐天下)

<視聴予定>
トラップ

皇帝と私の秘密~櫃中美人~
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング