FC2ブログ
2010/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>




義兄弟





制作年 2010年
脚本 チャン・ミンソク
監督 チャン・フン 


出演 イ・ハンギュ(国家情報院)・・・ソン・ガンホ
    ソン・ジウォン/パク・キジュン(北の工作員)・・・カン・ドンウォン

    影・・・チョン・ググァン
    ソン・テスン・・・ユン・フィソク




よかったんですけどね…
“裏切りものになり北に帰れず、南では指名手配人。北に残した妻と娘に会いたい。元気でいるか心配で仕方がない”と苦悩する北の工作員。
“情が湧いてしまい 逮捕するべきなのに逃がそうとしてしまう。家族と幸せに暮らしてほしいと願ってしまう”と苦悩する南の情報局員。
もっと深く表現できたらよかったのにと思います。
「映画は映画だ」の監督の2作目。同じように男の友情ですが 「映画は映画だ」の方がよかったです。










あらすじですが…
舞台挨拶付き『義兄弟 SECRET REUNION』ジャパンプレミア で観たので 見直すことができないので いつも以上に簡単に。





北の工作員パク・キジュンは “影”と一緒に 裏切り者を殺害する。
キジュンの仲間テスンからの情報で 情報局は事前に情報を得ていたが キジュンと“影”の逮捕に失敗。
捜査の指揮を執ったハンギュはクビになる。
キジュンは 情報を売ったと思われ 裏切り者に。この作戦が終わったら妻子が待つ北に戻るつもりだったが 戻れなくなってしまう。

6年後。
ハンギュは探偵に。
偶然ジウォンと知り合いになり…
ハンギュは ジウォンと名乗る男が実はパク・キジュンだと気付く。
“影”をおびきだすため ジウォンを雇うことに。
ジウォンもハンギュが情報局員だと知り、彼を探るため 働くことに。

ハンギュの部屋で一緒に住み、一緒に人探し。
いつも一緒にいれば情が湧いてくるのは当然。
それでも お互い 相手の監視は緩めない。

ハンギュは 「同窓会に行く」と言ってでかけたジウォンの後をつける。
ジウォンが会っていた人を 北朝鮮の工作員と思いこみ、逮捕しようとする。
しかし…実は…ジウォンは北に残してきた妻子を南に連れてくるための相談をしていた。

突然 ジウォンに連絡があり “影”と一緒に暗殺することに。
情報局員たちも巻き込み、銃撃戦に。

ジウォンは 自分を逃がすためにかけつけたハンギュを刺す。
“影”を信じ 裏切りものではないと証明して北に戻りたい。
しかし 今回の作戦は“影”の単独作戦だったと知り ショックを受け “影”と一緒に 屋上から飛びおりる。
“影”は 情報局員、ジウォンに発砲。
ハンギュはジウォンを助けるため ハンギュを撃ち殺す。

2年後 ハンギュは ジウォンから元妻と子がいるイギリスへの航空券をプレゼントされる。
ハンギュは スチュワーデスに酒を頼む。
すると 後ろから「酒はダサイ」と声がする。
ジウォンを家族も乗っていた。
web拍手
関連記事

リターン

リターン(DVD) ◆20%OFF!

リターン(DVD) ◆20%OFF!

価格:4,032円(税込、送料別)




制作年 2007年
脚本 イ・ギュマン,イ・ヒョンジン
監督 イ・ギュマン


出演 リュ・ジェウ(外科医、元常緑樹病院の外科医の息子)・・・キム・ミョンミン
   カン・ウックァン(ジェウの幼なじみ、元常緑樹病院院長の息子)・・・ユ・ジュンサン
   オ・チフン(精神科医)・・・キム・テウ
   チャン・ソクホ(麻酔科医)・・・チョン・ユソク
   ソ・ヒジン(ジェウ妻)・・・キム・ユミ





面白かったです。
が、面白いと感じるのは サイコミステリーが好きな人だけかも。

子供の時に 手術中覚醒で苦痛を与えられた男の復讐劇。
犯人は想像できるのですが、(可能性があるのは3人だけなので 誰でもわかるはず)
犯人と思っていなかった人が逮捕され “当たらなかった”と残念に思っていたら
最後にどんでん返し。当たってホッとしました。

最初から最後まで (これを書いている今でも)
“手術中覚醒”を想像して 怖くて仕方がありません。
もしも 自分がそうなったら… 想像すると手術が受けられない~でもいつか受けることがあるだろうし…その時には忘れていますように… きっと忘れられないわよね。こんな面白かった話を忘れるはずないもの。どうしよう…













簡単なあらすじを





9歳のサンウは常緑樹病院で手術中に覚醒。
苦痛を感じるけれど それを伝えられない。
医師たちが自分の体に行っていること、話していることすべてを感じ記憶してしまう。
手術後 サンウは手術中覚醒の影響で異常行動を起こし、催眠によって その記憶を封印される。

25年後。

ジェウの幼なじみウックァンが突然アメリカから訪ねてくる。
彼は 車の爆発事故で両親を失くしていた。
父の死後 父の遺品から 常緑樹病院の関係者数人の死の記事の切り抜きを見つけ、
両親の死は 他殺ではないかと 韓国に来たのだった。

ジェウの妻ヒジンは 誰かに狙われているような気がしていた。
ジェウのミスで妻を失ったと思いこんで 嫌がらせの電話をしてくるミョンソクではないかと考える。

ヒジンが突然倒れる。
体の中に異物があり 緊急手術が必要。
ジェウは妻の手術の執刀をしたくなかったが 他にできる人がいず 仕方なく執刀する。
そして ヒジンは手術中に亡くなってしまう。

落ち込むジェウ。
ヒジンの死に疑問を持ち、警察に調査を頼むが 取り合ってくれない。
ミョンソクではないかと思うが、関係していない。

しかし ヒジンの体から取りだされたものがPMMA(アクリル)と判明し 捜査が行われることに。
ジェウはヒジンが亡くなる数日前に 「公園でベンチに座っている時に蜂に刺されたようだ」と話していたのを思い出す。
“その時に 異物を混入されたのでは?そういえばミョンソクが 妻が浮気していると言っていた。もしかして 誰かが眠っている妻を抱き寄せ 異物を注射しているのを見て 浮気していると思ったのでは?”
そして ミョンソクが亡くなる。
彼を検視したのがチフン。薬物を投与されており それを購入したのもチフン。

ジェウからチフンが怪しいと聞かされ ウックァンは会いに行く。
すると ソクホに催眠をかけた時の話、25年前の手術中覚醒の話、その子に院長の娘が殺された話を聞かされ、ヒジンの手術中のテープを見せられる。
ヒジンはソクホに麻酔を投与されず、覚醒状態で手術を受け その苦痛で亡くなったのだった。

ジェウは ソクホからの手紙で ヒジンの死の真相を知り、ショックのあまり 拳銃で自殺しようとする。

ウックァンはチフンから 「ソクホに拉致された 助けてくれ」と連絡が入り 急ぐ。
チフンを助け出すが、襲ってくるソクホから逃げようとして ソクホを殺してしまう。

警察の取り調べで ソクホは チフンの犯罪を証明するため ヒジンの手術中のビデオを見せるが すべて消されていた。

実は 犯人はチフン。彼は催眠でソクホを操っていた。
催眠で封じ込めたはずの記憶。
しかし 酒の席の罰ゲームの催眠で 記憶を取り戻してしまったのだった。

web拍手
関連記事

シークレット




制作年 2009年
脚本 ユン・ジェグ
監督 ユン・ジェグ


出演者 キム・ソンヨル(刑事)・・・チャ・スンウォン
     チヨン(ソンヨル妻)・・・ソン・ユナ
     ジャッカル(チョ・グァンチョル)・・・リュ・スンニョン  → 

     チョ・ドンチョル(グァンチョル弟)・・・イ・チョルミン
     ソクチュン(ドンチョル子分)・・・キム・イングォン
     パク・キョンホ(目撃者)・・・オ・ジョンセ

     ヘジン(ソンヨル元愛人、チヨン友人)・・・パク・ヒョジュ
     刑事・・・チョン・インギ


出来すぎと思える展開と 最後の夫婦の仲睦まじい旅行に納得できないですが、
好きです、この映画。

「個人の趣向」で主役2人よりも好きになってしまった館長役のリュ・スンニョンさん、
今回はガラッと変わって というより こういう役の方が多いと思いますが、怖いヤクザ役。
チャ・スンウォンさんは 期待通り。
そしてキム・イングォンさんとオ・ジュンセさん。脇役ばかりですが、鍵を握っていることが多いんですよね。

妻が犯人だと思いこんだ刑事が 妻を守ろうと捜査を妨害したり、脅されたりするわけですが、
最初に “犯人はこいつだ!”と出てくれば まず犯人じゃない。
じゃぁ 犯人は?となると まったく意外な犯人 ではないです。
犯人捜しが主ではないですからね。

夫婦の仲睦まじい旅行に納得できない と書きましたが、
この夫婦は夫の過失で一人娘を失くしてしまいます。
単なる過失なら恨むことはなく 2人で立ち直ろうとするかもしれないけれど
そうではなく 夫が娘を殺したと断言できる原因。
私なら 何があって 夫がどんなに謝罪しても 許せないと思うのですが、
旅行先で腕を組み笑いあう夫婦。 絶対にあり得ない!
…命をかけて守ってくれたら 許せるのかなぁ…?










簡単あらすじは

刑事ソンヨルは 1年前 自分の飲酒運転で事故を起こし 娘を死なせてしまってから 妻チヨンとぎくしゃくしていた。
チヨンには話していないが 愛人ヘジンの家からの帰宅途中で 事故を起こした時 ヘジンからの電話に気を取られていた。

チョ・ドンチョルというチンピラが殺される。
ソンヨルは 現場で 今朝チヨンがしていたのと同じ色の口紅がついたグラスと ピアスを見つける。
“もしやチヨンが?”
ソンヨルはピアスを拾い、同僚に怒ったふりをしてグラスを割り、証拠隠滅を図る。

「若い女を見た」と証言する目撃者キョンホが現れる。
ソンヨルは 彼を脅して ソウルから出て行かせようとし、捜査会議で 薬をやっていて証言はあてにならないと報告する。

ドンチョルの兄ジャッカルは 弟の復讐をするため 独自に犯人捜しを始める。
ソンヨルは 警察とジャッカルから妻を守らなければいけなくなる。

ドンチョルの子分ソクチュンが容疑者として取り調べを受ける。
ソンヨルは彼を犯人に仕立てようとする。

監視カメラが見つかったと知らせが入り、ソンヨルは大慌て。
先に手に入れようとするが、同僚が持って行った後。
しかし妻は遠目に写っているだけで その後は消されていた。

その頃ジャッカルも 犯人はチヨンではないかとあたりをつけ
チヨンの演奏会に行き、捕まえようとする。
ジャッカルはキョンホを連れて来ていて チヨンを目撃したと証言させるつもりだったが 失敗する。

ソンヨルの携帯に 消された部分、妻が写った動画が送られてくる。
金と交換することに。
しかし男は金を持って逃げ、ソクチュンに命を狙われてしまう。
ソクチュンは知らない人に殺すように命令されたが 殺せなかった。
ソクチュンは ソンヨルに「ボタンをかけ違えている」とヒントを話して いなくなってしまう。

翌日 ソクチュンとの約束の場所に行くと ソクチュンは何者かに刺されていて 亡くなってしまう。

チヨンは睡眠薬を大量に服用し 病院に運ばれる。
ソンヨルはジャッカルも病院に向かっていると知り、妻の命を助けるために逮捕する。
ところが移動中にチヨンはジャッカルに拉致されてしまう。

ソンヨルは ソクチュンから渡された鍵でコインロッカーを開けると
中から ウワグ?(鳥がコーヒーの実を食べた後 排せつ物から皮を取りだし干したもの)が出てくる。
ジャッカルの目的は 復讐ではなく 弟が持っている自分のブツの行方だった。

そして…以前自分を殺そうとして事故に遭った男から チヨンが自分を殺そうとしていることを知る。

ソンヨルはブツとチヨンを交換することに。
交換には成功するが、ソンヨルとチヨンが乗った車は ジャッカルの妨害に遭い ボコボコになり 逃げられない。
車の中で死を待つ間 ソンヨルはチヨンに 浮気と飲酒運転を謝罪する。

車のトランクに隠れていたキョンホと駆けつけた警察のおかげで
ソンヨルとチヨンは助かる。

で…犯人は…




キョンホとソクチュンで…
ソンヨルは脅していたのは・・・・




キョンホで…
あの日チヨンが何をしていたかというと…




ヘジンを殺していた。

web拍手
関連記事
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
親愛なる判事様
補佐官

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>
  ~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫
  ~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)
ダイイング・アンサー~法医秦明~

<視聴予定>
扶揺 8/2~レンタル、8/29~lalaTV
神龍 9/3~レンタル、U-NEXT、秋~DATV
蘭陵王妃 レンタル、配信あり、9/~チャンネル銀河
千年のシンデレラ(結愛・千歳大人的初恋)
         ホームドラマチャンネル放送中
リーガルサービス~最大の利益(最佳利益)
         9/5~ホームドラマチャンネル
スィート・ドリームズ(一千零一夜) 10/2~レンタル
花不棄-運命の姫と仮面の王子-(小女花不棄)
         9/11~衛星劇場
明蘭~才媛の春~(知否知否応是緑肥紅痩)
         10/~衛星劇場
悪との距離 10/15~衛星劇場
 *U-NEXTを契約しようか迷っていたから
         嬉しい~

ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング