FC2ブログ
2011/01
<<12 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>




イタズラなKiss~Playful Kiss 感想






キャスティングに不満あり ってことで視聴しないことにしていたのですが…
録画だけはしてまして…
日本版、台湾版を保存したんだから 韓国版も保存しないとね。

不満と言いながらも キム・ヒョンジュン 好きなんですよね…
コンサートに行ったことあるし…その時の感想は怖くて書けないけど。
で、「観た方がいい」と友人に言われ…
観ました!
よかった!
ヒョンジュンの甘い顔が クールな入江君役にはちょっと…と思っていたのですが
甘い入江君に 即 落ちました。

で、で、結論。
イタズラなKiss は偉大だ~ 原作者 多田かおるさんは偉大だ~
日本版ドラマは 琴子が元気すぎだけど 好き。
台湾版は 文句なし。大・大・大…好き。
韓国ドラマも大好き。

台湾ドラマに比べて 展開が早い。
その分 入江君、琴子の気持ちの変化が丁寧ではなくて うわべだけをなぞった感があったのががっかり。
ドラマの流れを知っていた分 のめり込めなかったのかもしれませんが。
全16話と短かったので 無理して結婚後まで描かなくてもよかったのでは?
琴子を好きな自分の気持ちに気付かない、認めたくないと思っていた入江君が 琴子と一緒にいたいと思うようになった。そして結婚宣言。そこまででも十分胸キュンドラマだと思うのですが。

イタキスを見ると いつも思うことなのですが
原作が未完なのが 悲しい。
妊娠→女の子を出産 という予定だったと聞くと… 琴子の子育て奮闘を観たかったなぁ。

スポンサーサイト
web拍手
関連記事

愛の選択~産婦人科の女医 あらすじ&感想


シビアな話、考えさせられる話、などなど
単なるお涙頂戴のドラマではなかったのがよかったです。

ヘヨンは素敵な女性でカッコよかったですが、
クールで頭が切れるヘヨンが ユン室長の愛人だったのが不思議。
あんな男と何年付き合っても 時間の無駄だとなぜわからなかったのかしら。

結婚してすぐに妊娠し、出産時の大きなトラブルもなし。悩んだことなどあったけれど 命に関係するほどの病気もなく成長。現在 一応大学生。
妊娠することが当たり前だと思っているけれど 妊娠し子供に恵まれたことに感謝しないといけないですね。
と 言いながら… “産まなきゃよかった…”“子供がいなかったら…”と思っちゃうんですけどね。



全16話 2010年 SBS

出演者 : ソ・ヘヨン・・・チャン・ソヒ
       イ・サンシク・・・コ・ジュウォン
       ワン・ジェソク・・・ソ・ジソク

       アン・ギョウン(産婦人科医)・・・ソン・ジュンギ
       ヨンミ(看護師)・・・イ・ヨンウン
       看護師長・・・ソン・ソニョン

       ユン・ソジン(ヘヨン恋人)・・・チョン・ホビン
       産婦人科医・・・イ・スンヒョン
       産婦人科医・・・イ・ギヨン

演出  : イ・ヒョンジク、チェ・ヨンフン
脚本  : チェ・ヒラ

 1-23-45-67-89-1011-1213-1415-16

1-2

こういうドラマはダメですね…涙ボロボロで。
どこがどう というのではなくて 思いだしちゃうんですよね。妊娠、出産、子育て。
妊娠を喜び、元気な子供が生まれてくる。 それだけで幸せなんですよね。

生まれてきた子供がダウン症で 離婚。
女の子出産後 出血が止まらず 子宮摘出手術をしなければいけないのに 男の子を産まなければいけないからと 手術を拒否する夫と姑。
腹立たしいやら呆れるやら…実際にあるんでしょうか?あるから ドラマになっているのよね。

産婦人科医ソ・ヘヨンは 妻子ある男ユン・ソジンの子供を妊娠する。
中絶をするために 友人の病院を訪れるが…
中絶はせず ソジンと別れることにしたらしい。

小児科医イ・サンシクは 偶然 ヘヨンが妊娠していることを知り 気にかけるが、
同僚に妊娠を知られたくないヘヨンから 少々鬱陶しがられている。

ヘヨンを巡ってサンシクとヘヨンの幼なじみワン・ジェソクが ライバルになるのかしら?
ヘヨンは恋愛する気はなさそうですが。
で、妻とは離婚する気はまったくないくせに 捨てられると悔しいソジンが どういう行動をするのか…こちらの方 どうでもいいですが。

それにしても 産婦人科が望まない妊娠ね…100%の避妊はないといってもね…

3-4

今回も ヘビーな話が盛りだくさん。
交通事故で脳死になった妊婦の子供を産むか産まないかの判断を迫られた家族、
結婚前に 子供が産めない身体だとわかり 婚約破棄を申し出た女性、
自分がその立場だったらと考えても 結論が出ない問題。

それに比べて 大笑いだったのが占いで産む日時を決める妊婦。
占いに頼りたくなるのはわかる。占いに頼っていた政治家もいるらしい。
でもね…こだわりすぎたら 身動きとれなくなりそう。


ユン室長って ほんと最低男なのね。
子供の元に戻ったのなら ヘヨンと別れなさいよ。それともヘヨンが中絶するまでは安心できないから つきまとっているの?
「君は教授候補なんだ。それを諦めるのか」って 結局は自分が産んでほしくないだけじゃない。

ヘヨンはユン室長を避けているようで やっぱり好きらしい。
けれど 2人で食事に行って同僚に会い、こそこそと付き合わなければいけない仲だと思い知らされる。
こんな2人の間にできてしまった子供…可哀想。

5-6

出血が止まらない母親ミスンと腸重責の次女ユビンはもちろんだけど
長女スビンが一番大変だったわよね。
父親は島に単身赴任中ですぐに駆けつけても時間がかかる。お祖母ちゃんが来るはずなのに なかなか来ない。結局お祖母ちゃん、登場しなかったわね。
ユビンが苦しそうにしているから 処置してほしいのに保護者がいなくてできない。
早くしないと手術になると聞くと不安になる。
けれど泣かずに頑張れたし、
父親に責められるサンシクを庇ってあげたし、
“よく頑張ったね”と抱きしめてあげたい。

で、ちょっとむかついたのが 2人。
まず ミスンが最初に行った産婦人科の看護師。
保護者なしで 小さな子供2人を連れてきたミスンに明らかに嫌な様子。
誰もが近くに両親がいるわけじゃないし 夫がすぐに駆けつけられるとは限らない。
そんな時はひとりで行くしかない。子供がいれば連れて行くのが普通じゃないの!
もう一人は看護師長。
看護師長の割には お口が軽いようで…

あっ、もう一人忘れてた。ユン室長。
サンシクは父親を待てずにユビンをバルーン処置したけれど 穿孔が見られ経過観察することに。
それを 父親に責められているのを見て そばにいた科長に
「おせっかいな奴か?手順は無視して好き勝手にやっているのか?好きに生きているから気楽そうだ」と言うのよ。
…私には あなたの方が好き勝手に生きているように見えます。

7-8

びっくりした言葉はギョウンの「失敗から学ぶもの」
ヘヨンに怒られて その場しのぎで言った言葉だろうけど 患者になる身としては聞きたくない言葉だわ。
確かにね そうかもしれない。はじめから名医だった人はいない。経験を積んで一人前になる。その過程でミスはあるだろうし 助けられないことだってあるはず。だからって ミスしてもいいみたいな言い方はね…

ヘヨン母、強烈だわ。
と思いつつ…もしかしたら 私もしてしまうかも と思ってしまったのが
娘の恋人らしき男イ・サンシクの身辺調査。
でも…ゴミまでは調べないかなぁ…

望まない妊娠。避妊すればいいのに 失敗したのか しなかったのか…
浮気して子宮外妊娠。
トイレで産み捨てた高校生。
出産後の養子先を見つけている高校生。
なんというか…コメントなし で。

お腹の子が口唇症で 中絶するかどうか悩む夫婦。
結局 へその緒が首に巻きついて 子供は亡くなってしまう。
こういうのって ずっと引きずりそう。“中絶しようと考えたから 死んでしまったのかもしれない”と。

9-10

障害を持った子供が産まれたことまで責任を取らされたら 医師をする人はいなくなるんじゃ…?
障害を持った子供を育てるのは大変。できれば育てたくない。その気持ちはわかる。
検査でわかれば中絶したかったんだろうけど…
でも…検査結果が間違っていた。詳しい検査を勧めなかった。だから医師に責任があると言われてもね…

養子をもらおうとしている夫婦にはびっくり。
健康で賢くて…“夫婦が考えている”条件のいい子供を養子にしたい気持ちはわかるけど
なんだか 子供が道具みたいで…子供が自分の思い通りに育たなかったら捨てそう。

ヘヨン母、今回もサンシクの身辺調査のために サンシクに偽のアンケート調査の電話をする。
それに素直に答えるサンシク。
“そこまでするか、ヘヨン母~”と思わず笑ってしまった…
でも…そんなに気になるのなら 調査を頼んだ方が早いと思うけど。

11-12

今回は病気よりも恋愛のほうの比重が大きかったような?
ジェソクとヘヨンの親しげな様子を見て嫉妬するサンシク。
サンシク友人ユソン登場で 少し動揺したようなヘヨン。
サンシクはヘヨンが気になって気になって仕方がない様子。
アメリカでの仕事の話があって 面接を受けるために 空港まで来たけれど まだ迷っている様子。アメリカには行かないかも。
ヘヨンの方は…ジェソクの告白を断ったけれど それはサンシクを好きだからというより 恋人とは思えないから。
う…ん この三角関係の行きつく先は?…それほど気にならないけどね。


以前 避妊の講義に出かけた高校の先生が子宮筋腫で来院。
22個の筋腫。
気になっていても 産婦人科って行きにくいですよね。
出産経験がある私でも できれば行きたくないし 女医の病院に行くもの。
で、22個もあると 子宮を取ることになるそうで…
未婚だと辛いですよね。かといって今の状態では妊娠もしにくいだろうし…
恥ずかしいとか言っていないで おかしいな?と思った時に受診するべきですね。

血小板減少で 帝王切開できない患者。
何もできず 胎児が亡くなるのを見守るしかない。
定期的に検査を受け 治療していたら防げたかもしれない。
安易に考えていたわけではないんだろうけど…まさか亡くなるとは思わなかったのよね。

13-14

最悪~(ジェソクにとって)とつぶやきながら 笑っている私…ヘヨン&サンシク カップルを応援していたのよね。
ジェソクはヘヨンの気持ちがサンシクに向かっていることに気付いていたようだけど キスを目撃するのはね…“勘弁してくれ~”って気持ちかなぁ。

サンシクがアメリカに行ってから ヘヨンはサンシクが気になりだす。
口うるさくて 時には鬱陶しいと思っていたけれど そばにいないと寂しい。アメリカに行くことを聞かされていなくて頭に来る。そんな自分を持て余してしまう。
だから帰国したサンシクをつい避けてしまう。

サンシクはなぜ避けられているのかわからない。
けれどジェソクからヒントをもらって ヘヨンが拗ねていることに気付く。
拗ねている ということは…自分のことが気になっている?

サンシクはヘヨンにお土産を渡す。
それが…お揃いの靴。
ヘヨンはプレゼントされた翌日に ちゃんと履いて出勤。
これだけで ヘヨンがサンシクを好きだとわかるわよね。
…でも…サンシク、お揃いの靴なんて…まだ恋人じゃないのに勇気あるわ。

今回の患者で 気になったのは…
長男に移植するために 妊娠し 出産を早めようとした話。
兄弟の適合確率が高いから 妊娠する話は聞いたことがあるけれど 長男の状態が悪くて 出産を早めるのには驚きました。
母親の気持ちも 障害が残らないようにぎりぎりまで出産させたくない医師の気持ちもわかる。
どうするのかと思っていたら
お母さん、塩を大量に摂取して 故意に妊娠中毒症を起こす。
そうなれば 医師は帝王出産するしかなく…手術に。
よかったのかどうか…長男が良くなり、次男に障害がなければ 万々歳ですが。

15-16

ヘヨン、サンシクを好きだと自覚。でも やはり “一緒にアメリカに”という選択はしませんでした。
…う…ん、だよね… アメリカに一緒に行く終わり方じゃ 嘘くさくて引いちゃうわよね。
好きだけどついて行くほどではない。そこまで愛していない。結論を急がずに。2人にとって 今スタートラインに立ったところ ってことかなぁ。

ジェソク、いい奴でした。
ヘヨンをサンシクに渡さないために 意地悪するんじゃないかと思っていたけれど
ヘヨンの気持ちがサンシクに向いている以上 どうしようもないものね…友人ヘヨンの幸せを願い サンシクを応援。ジェソクがいなかったら サンシクはうじうじ男のままだったかも。

で、ユン室長は最後まで 傲慢高飛車男でしたが、無理矢理ヘヨンとの関係を復活させようとしなかったので ホッとしました。
まぁ 「僕のためではなく子供のために 認知する」と 未練たらたらぽかったので 本当の気持ちはわかりませんが。

それから…ギョウンとヨンミは… 正直 どうでもいい話だったので 今まで一切ふれなかったのですが…
ギョウン母と叔母が ぎゃぁぎゃぁとうるさかったけれど 無事結婚。
子供を産めるかどうかは 大事なことだけど 何も病気した後に言わなくても…
大事なことなら 結婚条件に“妊娠可能であること”って入れときなさいよ!

さて 今回は記憶する心臓の話。
脳死状態になった妊婦と重い心臓病を患っているのに妊娠してしまい中絶した女性。
妊婦の父が臓器移植を承諾。子供を出産後 妊婦の心臓は女性に移植される。
移植が成功し元気になった女性は 引き寄せられるように 妊婦の子供に出会い 養子に。
記憶する心臓に関してのことはおいといて
施設に入る予定だった赤ちゃんの養子先が決まるなんて 最終回らしい話でした。

ところで…看護師長は子宮筋腫をどうすることにしたんでしょうか?卵子の冷凍保存などの話もでてきましたが…

 1-23-45-67-89-1011-1213-1415-16
web拍手
関連記事

私は伝説だ あらすじ&感想


期待していたんですけどね…
陳腐。

離婚を決意し、裁判で戦い、離婚。自分らしい生きる道を見つける。
そういうドラマになることは よ~くわかっていた。
挫折を味わいながら 最後は成功する話だと よ~くわかっていた。
多少出来すぎでも 全然構わないと思っていた。
ソルヒに あるいはバンドの仲間の誰かに 自分を投影できたら 楽しく観れたかもしれない。
それが まったくできなかった…
恋愛話はほとんどなかったし、
市場の訴訟かバンドか どっちつかずで…
バンドに重点をおいたほうが面白かったような気がするのですが。

ほんと 評判通り 失速ドラマでした。



全16話 2010年 SBS

出演者 : チョン・ソルヒ・・・キム・ジョンウン
       チャ・ジウク・・・キム・スンス
       チャン・テヒョン・・・イ・ジュニョク
       オ・スンヘ・・・チャン・ヨンナム

       カン・スイン・・・チャン・シニョン
       イ・ファジャ・・・ホン・ジミン
       ヤン・アルム・・・ジュニ
       ランヒ・・・・コ・ウンミ

       ジウク母・・・チャ・ファヨン
       ジウク父・・・パク・ヨンジ

       ソルヒ妹・・・ユン・ジュヒ
       ファジャ夫・・・チョン・ソギョン

       コ・ジンベ(弁護士)・・・チャン・ハンソン


演出  : キム・ヒョンシク
脚本  : キム・ユンジョン

 1-234-56-78-910-1112-1314-1516

1-2

テンポ良く始まりましたが…
どうにもこうにも がイタイ。
ホン・ジミン演じるファジャのあの網タイツは どうみても冷凍ミカンのネットにしか見えない。
あの格好にチャレンジした勇気は認めるけど 若づくりしたつもりがイタイおばさんになってしまった自分を見ているようで辛い。

離婚を決意したソルヒ。
ソルヒ夫で弁護士ジウクの浮気相手スンヘの元夫は昔有名だったファイヤーバンドのギター担当チャン・テヒョン
ソルヒはチャン・テヒョンのファンで、友人スインの紹介でチャン・テヒョンと知り合いに。
…ってことで四角関係に発展するの?



できちゃった結婚で 弁護士と結婚したソルヒ。
結婚後 流産。現在不妊治療中。
ソルヒは夫ジウクを愛しているけれど ジウクは違うらしい。
妊娠を武器に転がり込んだと思っている。「結婚は考えていなかった。たった一度犯したミスがお前だ」と言い放つ。

ソルヒ妹が骨髄腫に。
ソルヒは適合検査をして骨髄移植をしたいと 義母に話すが
「骨髄移植より妊娠」と言われてしまう。
味方してくれるはずの夫は「母に従え」と。

ソルヒは我慢の限界だった。
夫の家族にバカにされるのも 育った環境とは違う環境も 我慢してきた。
それは 夫が愛してくれていると思っていたから。
けれど「唯一のミスがお前だ」と言われるし、浮気をしている気配も。
ソルヒは夫の家族に離婚したいと話して家を出、妹に移植する。

ソルヒは弁護士を立てずに ジウクと戦うつもりらしい。
ジウクは離婚するつもりはない。自分の人生に離婚はあり得ないらしい。政界進出も考えているらしく 離婚はできない。
そこで スンヘに「妻の離婚する気をなくしてほしい。訴訟を起こさず調停で解決したい」と頼む。

3

ジウクが離婚に応じてくれたものの条件付き。
その条件というのは…バンドをやめること。俺の夢の邪魔をせずに静かに生きること。

離婚した妻が何をしようと勝手だと思うのだけど ジウクにとってはそうではないのよね。
譲歩して離婚に応じてやったのだから こちらの条件ものめ!ってこと。
こんな考えをする男と結婚したのが間違いよ。と言っても 今更無駄。自由を取り戻して自分らしく生きるために戦うしかないわね。


ソルヒは条件を無視して ランヒに頼まれたドキュメンタリー番組に出演することに。
しかし ジウクは放送局に手を回して 番組を中止させてしまう。

ソルヒは 裁判にするよりはと 離婚協議書にサインする。
しかし バンドをやめたら自分らしく生きられない。夢を捨てられない。
ソルヒは離婚協議書を破り捨てる。

4-5

ソルヒをつけている怪しげな男、味方なのか 敵なのか。
ジウクが尾行させているのかと思ったけど どうも違うような?
ソルヒにとって優位な証拠を持っているらしい。
ジウク、あっちこっちで嫌われていて ソルヒに味方したいと思っている人が 結構いるとか?

テヒョンはソルヒが気になるらしい。
元妻スンヘはそれが気に入らない様子。
テヒョンをまだ好きだから ってわけじゃないと思うけど。イヤ もしかしてそう?

裁判の方は…
ジウク母が怖くて 誰も証言してくれない。唯一 運転手が証言してくれたけれど
結局 スンヘに「金目当てで結婚して 今度は多額の慰謝料を要求する。これは詐欺です」と言われて 撃沈。
弁護士は依頼人の味方だからしかたないとは言っても ソルヒが可哀想。

そして バンドは…
ランヒがね…
ランヒがいたから テレビ出演やライブ出演ができたのかもしれないけれど
ギターに細工して 自分が目立つようにするなんて いやらしいわ。

6-7

ソルヒに声をかけてきた男パク・ギチョル、
ジウクとスンヘの浮気現場の動画を持っていたのね。
これで ソルヒは裁判に勝てるかしら?


ソルヒはギチョルの提案を断る。
どんな証拠なのか分からないし、罠かもしれない。

ギチョルが持っている証拠は ジウクとスンヘの浮気現場を撮ったものだった。
DVDを送りつけられたジウクとスンヘは青くなる。
“ソルヒが手に入れたら…おしまいだ”

ソルヒはコ・ジンベから ジウクの収入は多額で 当初ジウクが提示した慰謝料があまりに低い額だったこと、両水里に別荘があり そこで定期的に女性を会っていることを聞かされる。
調べた結果 ジウクと一緒に別荘に来ていたのはスンヘだった。

ソルヒはジウクの態度からギチョルが持っている証拠は本物だったかもしれないと考え 連絡をとろうとするが 着信拒否されている。
ギチョルは金よりもジウクに復讐したかった。
ギチョルはトラックでジウクの車に突っ込む。

幸いにも…いっそ 死んだほうがすっきりしてたかも…ってことはないけど
ジウクは大した怪我もなく 元気。

ジンベはギチョルの弁護を引き受けて ギチョルから証拠を受け取ろうと考える。
けれどギチョルはジンベを信用できない。
証拠が手に入らないまま離婚裁判が始まる。

ソルヒがジウクとスンヘの浮気を明らかにすると 形勢はソルヒに傾くが、
弁護士事務所の社員、ジウク母が証言台に立ち 形勢逆転。
ソルヒは苦しくなる。

証拠は裁判に間に合うのか、
勝つのはどっちか、
…勝っても負けても 離婚することに間違いないから すっきりはするわね。ジウクの浮気が証明されて 慰謝料をがっぽり受け取る方がいいけどね。

8-9

ソルヒは 動画を提出しなかったのね。
“慰謝料が欲しいわけでも 相手にダメージを与えたいわけでもない。ただ離婚したい”
離婚成立。慰謝料、財産分与はなし。
晴々しい気持ちのソルヒに対して…
ジウクは…引きずっている様子。

ジウク、ソルヒが動画を持っていたのに提出しなかったことが ジウクの心を乱したらしい。
ソルヒに 生活費にとお金を渡そうとする。
もちろん ソルヒは断る。「もう会わないようにしましょう」と。
ところが またソルヒに電話。
その時 ソルヒは過労で倒れて 病院。ジウクは病院に駆けつける。

スンヘはジウクと再婚するつもりみたいね。
ジウク母が反対していることはわかっているようだけど。
今の状況じゃ ジウクもスンヘと再婚するつもりがないような?母親の反対を押し切ってまで結婚するとは思えないんだけどなぁ…

10-11

ソルヒとジウクは まだまだ関わるわけね。

ソルヒは 立ち退きを迫られている市場の人たちを助けたいと ジンベに相談。
ムジョン開発相手に訴訟を起こすことに。
市場の人たちは立ち退きの契約書にサインしていて 訴えても勝ち目はなさそうなんだけど…
どうも その契約書には問題があるようで…
もしかすると 勝てるかも。

ただ…問題はそれだけじゃないのよね。
ムジョン開発の社長はジウクの母方の叔父。
その縁でジウクが弁護を引き受け ジウクとソルヒは再び戦うことに。
おまけに そのことをジウク母が知って ソルヒが嫌がらせのために訴訟を起こしたと勘違い。
ソルヒに ぎゃぁぎゃぁ叫びそうなのよね。あ…うざ…

12-13

諦めかけた時に市場のみんなが団結して戦うことに。
ちょっとね…出来すぎよね…こうなることは予想できたけど…
“安易。出来すぎ”って思えるって… はぁ…つまらない。

訴訟かバンドか どっちかじゃダメなの?
生活するために弁護士事務所で働くことにしたわけで、こころならずも元夫と戦うことになってしまったのもわかるんだけど…どっちつかずって感じなのよね。
離婚し 夢を叶えてバンドで成功。幸せ~ という結末だと思っていたら
どうも 元夫を潰す展開になっているようで…
私の希望は バンドとソルヒ&テヒョンの恋愛を中心なんだけどなぁ。


ジウク母は 開発に関係していて “特殊な手”を使ったらしい。
特殊な手 って何?って まぁ 法を犯しているわけよね。脅迫とかかしら。
それが明るみにでるとマズイ。何がなんでも大事にせずに解決したい。
そこで 5倍の立ち退き料を払うことに。
おまけに スンヘが ソルヒはムジョン開発担当弁護士の元妻で復讐のために市場のみんなを利用していると言ってしまったから大変。市場のみんなはソルヒから離れて行く。

ウンジという女の子から 父親が自分の手術費にするためにムジョン開発からお金を受け取ったと聞く。
ウンジとウンジ父の証言で 戦おうと考えるが、
ウンジが拉致され ウンジ父が覚えのない罪で逮捕されてしまう。

ジウクから 「君が動けば動くほど 市場のみんなが被害に遭うことになる」と言われ
ソルヒは手を引くことに。
しかし ウンジ父からムジョン開発の悪事を聞いた市場のみんなは闘うことにする。

14-15

あら~ “失って始めて知る妻への思い”ってパターン?
ジウクはスンヘに別れを告げ、“カムバック・マドンナ”のライブに。
今更 どうしようもないと思うけど。

それにしても…“カムバック・マドンナ”が順調過ぎる。
ドラマだからね…成功しないといけないんだろうけど…ちょっとなぁ…



ソルヒはジウクと ウンジ父を釈放する代わりに訴訟から手を引くと約束していた。
しかし ウンジ父は証言する気満々、市場の人たちも闘う気満々。

ジウク叔父は 使っていたヤクザから脅迫される。
「脅迫する姿を録画したテープがある」と。
ジウク母がスンヘに頼み 解決。スンヘは動画を受け取る。

ジウク母はスンヘに「動画のことは息子に内緒にしてほしい」と頼む。
しかし…
スンヘはジウク母がジウク叔父に 「スンヘは離婚歴もあり子供もいるのよ。ジウクに不釣り合いだわ」と言っているのを聞き…
スンヘは動画をジウクに見せる。
ジウクは母を罵倒。
母、叔父、スンヘに内緒で 秘書を使って ソルヒに動画を渡す。

動画が法廷で明らかになれば ジウク叔父は負ける。負けるだけでなく 罪に問われる可能性も。
ジウクが説得し ジウク叔父は開発を諦め 話し合いで解決することに。

16

「悪かった。ひとりで泣かせ、自由にしてやれず、争わせてしまった。本当に聞きたかった言葉が心からの謝罪だったなんてすまなかった」
ソルヒは 一番聞きたかったジウクの言葉が聞く。

テヒョンとは…両思いのようですが…
わざわざスンヘに「これから男性にもたれかかって生きるつもりはない。テヒョンさんは音楽の師匠であり ただの友達」と言うということは…
恋愛→結婚に発展する可能性は 今のところゼロのよう。
それにしても スンヘが訴訟を起こしてでもアメリカ留学に子供を連れて行くつもりだと聞いて わざわざ言いに行くかなぁ…

“カムバック・マドンナ”は仕事が増えてくる。
けれど 忙しくなりすぎて 余裕がなくなる。家族にもしわ寄せが…
テレビ番組では少女時代のモノマネを要求され 口パクを強制される。

“これは 私たちが望んでいたものではない。合わない服を着せられているみたい。練習場を探しに苦労しながら歌っていた頃が楽しかった”
と言うことで
活動を休止。
好きな歌を好きな時に好きなように歌う。それが私たちらしい。

 1-234-56-78-910-1112-1314-1516
web拍手
関連記事
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
補佐官

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)
ダイイング・アンサー~法医秦明~

<視聴予定>
自白
ある春の夜に
ドクター・プリズナー

扶揺
神龍
蘭陵王妃

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング