FC2ブログ
2015/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>




貴婦人 あらすじ&感想




“家族が飛行機事故で亡くなり 嫁が多額の財産を相続することになった”
というのは 惹かれたけれど…

結局 死んだのは 義父と息子だけ。
相続した財産で 嫁が華麗な転身をするのかと思ったら それはなし。
よくある 復讐ドラマ。
それも 主役のはずの嫁の復讐ではなく 義弟の復讐に嫁が巻き込まれる話。

それに テンポが悪い。
グダグダと同じことを繰り返す。
大きな山や谷がなく だらだらと。
つまらなかったです。




全114話 2014年 JTBC

出演者 : ユン・シネ・・・ソ・ジヘ
       イ・ミナ・・・パク・ジョンア
       ハン・ジョンミン・・・ヒョン・ウソン
       パク・ヨンミン(ジョンミン従兄)・・・チョン・ソンウン

       シネ母・・・ソヌ・ウンスク
       ユン・シンジュン(シネ兄)・・・イ・シオン
       ホン・ソンジュ(ミナ母)・・・チャン・ミヒ
       パク・ギョンジャ(ジョンミン母)・・・ムン・ヒギョン
       ファン・ミョンスン(ヨンミン母)・・・ユ・ヘリ
       パク・ギョンジュン(ヨンミン父)・・・トッコ・ヨンジェ

       ペク・キハ・・・リュ・テジュン
       キハ母・・・ナ・ヨンヒ
       チョン・ソッキョ(シネ友人)・・・ハン・イェウォン
       ユ・ファヨン(キハ恋人)・・・ユン・ジミン
       ジヌク・・・イ・ジェウ

       チョン秘書(ミナ母の秘書)・・・チョン・スンウ
       ミナ友人・・・カン・スミン
       頼母子講の仲間・・・チャ・ヨンオク


演出  : ハン・チョルス、ソヌ・ヨンゴン
脚本  : ホ・ヨンオク


 1-89-1213-2021-2425-2829-3233-3637-4041-4445-5253-5859-6465-6869-7071-737475-7778-8182-8788-9596-104・105-109110-114

1-8

雇い主と住み込み家政婦の娘が同級生
…って 以前も同じような設定のドラマがあったなぁ と思うのですが、
ソ・ジヘとヒョン・ウソンが出演しているので 観ることに。
別に… 特別… ヒョン・ウソンのファンじゃないんですけどね。  


百貨店社長の娘イ・ミナと
イ家の住み込み家政婦のユン・シネは同級生。
高校生の時に シネは恋人ジヌクをミナに奪われたことがあった。

シネは ミナ母のコネで百貨店に入社。
しかし 客とトラブルになり クビになる。
悪いことは重なる。
片思い中のハン・ジョンミン室長が ミナの恋人と知り ショックを受ける。

ミナは 百貨店の後継者。
結婚相手を好きに選べない。
母にハン室長と交際しているとバレ
ハン室長は解雇される。

ハン・ジョンミンは 伯父の化粧品会社に入社する。

シネは 大学に通いたいと思って 金をためてきた。
しかし 金は銀行に貯金していたわけではない。
母が頼母子講に預けていた金を持ち逃げされ 進学できなくなる。
そこで ミル化粧品会社の面接を受けるが…

ミル化粧品会社の社長の妻は シネがトラぶった客だった。
また 招待状なしにイ家のパーティに出席しようとしたため 門前払いした女だった。
妻の一言で シネは面接会場から追い出されてしまう。

9-12

シネ兄、ほんと ど~~~しようもない奴。
ど~~~しようもない奴は 自分の能力を過信し 騙される。
バカだから 一攫千金を狙う。
長男 って偉そうにほざいてさぁ。な~~~んにもできないくせに。  


シネ兄がマルチ商法に引っかかる。
金がないのに 借金を返済しなければならなくなる。
そのため シネは やりたくない仕事を引き受けることに。

その仕事とは ヨンミンの監視。

ヨンミンは とにかく女好き。
今 ジョンミンに対抗するために 仕事をしなければいけない時。
女に現を抜かしていてはいけない。
ということで ヨンミン母は ヨンミンを監視することに。
その監視役として ヨンミンと同等に話し、ヨンミンが嫌っている女…シネを雇うことにする。

13-20

進まないなぁ…

シネは相変わらず 惨めな思いをすることが多い。
ヨンミンとヨンミン女にバカにされ、
ヨンミン母には言われ放題。
ジョンミンに告白できないまま。
以前 倒れたのを助けたおじさんが ミル化粧品の社長だと知ったけれど 特別変わったことはない。

シネ兄は 居酒屋でバイトを始めたようだけど 反省しているとは思えない。
シネ母はミナ母の言動に腹を立て 家を借りようとするが、
住み込みを辞めるなら解雇 と言われ 諦める。
まぁ これはこれでよかったんだけどね。
頼母子講で金を集めて 家の保証金にしようとしていたんだから。
シネ母みたいに 長男だけを甘やかして 他の子と差別する人、大嫌い。


ジョンミンとミナは…
ミナはジョンミンを諦められず ジョンミン母と会い 嫁のようにふるまう。
これで息子の未来は明るいと勘違いするジョンミン母。

そんなジョンミン母を見て ヨンミン母は ミナ母にミル化粧品を出店させてほしいと頼む。
しかし「2人は結婚することはない。一流品しか出店できない」とバカにされる。
ヨンミン母は ミナ母を見返すために ジョンミンとミナを結婚させようと考える、


ヨンミンは…
何やら企んでいる様子。
本人は ジョンミンを出し抜くつもりだろうけど
たぶん 会社に迷惑をかけることになるのよね。

21-24

ヨンミンとシネ、
酔った勢いとはいえ ねたら何かが起きるかも と ちょっと期待したけれど
期待通りにはならず…
2人とも 後悔している様子。

ジョンミンは ミナとの結婚をあきらめている。
だから ヨンミン母から 「ミナと結婚しなさい。協力する」と言われても
無視した。

ところが
ジョンミン母が 手切れ金を受け取ったことで ミナ母からバカにされる。
ジョンミンは ミナ母への憎しみが強くなり
ヨンミン母の計画を実行することにする。

25-28

どんな計画なのか…
ジョンミンは ミナにプロポーズする。
ヨンミン母は 2人の結婚が決まったと噂を流して ジョンミンの計画を後押しする。

プロポーズされたミナ。
大喜びと思ったら…
反応がおかしい。
なぜか…

ミナ父の事業がうまくいっていない。
資金を調達するために ペク社長の協力が必要。
今 ジョンミンと結婚して ペク社長を怒らせると ミナ父の会社は倒産。百貨店も影響を受けてしまう。

噂を知ったミナ母もカンカン。
この結婚、どうなるのかしら。


シネは ジョンミンがミナにプロポーズしたのを目撃。
ショックを受け 熱を出して寝込む。
熱が下がり 出社すれば ヨンミンを誘惑したと ヨンミン母から暴力を奮われる。
シネの運気は まだ低い。

29-32

シネ、妊娠?…したみたいね。  


髪を引っ張る、顔を殴る、水をかける…
激しかったヨンミン母の攻撃。
落ち着いてきたというのに
ヨンミンの子どもを妊娠したと知ったら…
怖~~~

それにしても ヨンミン母みたいに 言いたい放題できたら どんなにいいか。
ヨンミン母みたいなことしたくないけど
チョット 羨ましい。


ミナは 海外出張し ペク社長と合流。
父の会社を助けた後 帰国する。
帰国早々 ミナは 母に「シネたちを追い出して」と言う。
ジョンミンと結婚するために ジョンミン母の友人のシネ母を解雇したいし、
ジョンミンの周りをうろつくシネが目障りらしい。

ミナもジョンミンも結婚するつもりのようだけど…
ミナ母が黙っていないと思うけどなぁ。

33-36

シネ 妊娠。
大変な事件なのに ドラマは ヨンミン父の会社の危機の話が中心。

ミナとジョンミンが結婚をすると言い出したため
ミナ母は ヨンミン父の会社に圧力をかける。
このままでは倒産するかもしれない。

ヨンミン父は ミナ母に会うが、
ミナ母の要求は 2人を別れさせること。
ヨンミン父は ジョンミンに ミナと別れるように言う。

ジョンミン、ミナのどこがいいのか…
それに ミナ母が義母になるなんて ぞっとする。

37-40

シネ妊娠を シネ家族、ヨンミン、ヨンミン母が知ることに。
これが…予想通りの展開なのよね。

シネ家族は 相手は誰だ~ どうするんだ~ 結婚するのか~ と大騒ぎ。
ヨンミンは 責任取る気がまったくない。母に任せて 自分は関係ないふり。
ヨンミン母は まさか産む気はないわよねと シネを産婦人科に連れていき 中絶を強要する。

シネは ヨンミンと結婚する気はないと 中絶するつもりだったが、
いざ病院に連れていかれると怖気づく。

なんにせよ あのヨンミンが父親だから 苦労しそう。


ヨンミン父の会社は…
ジョンミンが ペク社長に協力を求め 解決する。

ジョンミンとミナは 別れるつもりは全くないが、
ミナとペク社長の結婚話は 進んでいる。

何をしたいのかよくわからないこの金持ち連中。
ジョンミンとミナが 結婚できると思っていることも 不思議。

ペク社長に女がいると知ったミナ。
それをネタに破談にしようと思っているのかしら?
無理だと思うけどなぁ。

41-44

ヨンミンと結婚?
生まれてくる子供にとっては 実の両親のもとで育つのはいいことだと思う。
思うけど 実の両親でも 仲の悪い両親なら いない方がましだとも思うのだけど…

それに あのヨンミンだよ?
結婚どころか 子供なんていらない って人だよ?
真剣に考えようとしない人だよ?
面倒なことは全部母親にしてもらう人だよ?
結婚しても 絶対に幸せになれない! って。

45-52

ま~~~だ揉めてる。
さっさと片付けて 先に進んでよ。  


シネは 結婚すると言い張っていたのに
母がヨンミン母にバカにされるのは耐えられない と
結婚しないと決める。

ヨンミンは シネと結婚したくない。
しかし 流産しそうになったシネを病院に連れていき 超音波で子供を見たのをきっかけに 変わる。
シネに「結婚してやる」と。
…ようやく結婚する気になったけれど “俺に関わるな”という条件付き。まったく 自分本位な男。

ヨンミン母は シネを嫁にしたくない、あんな家と親戚になりたくない と
シネとシネ母をバカにする。
シネから 結婚しないと言われて 大喜び。
今度は「孫だから 私が育てる」と。
…孫だというのなら シネとヨンミンを結婚させればいいのに。

ミナは ペク社長との結婚を決めたけれど
ペク社長の母親の態度に腹を立て 結婚をやめたいと思う。
しかし 母から 後継者である以上結婚しなければならない と言われ苦悩する。

ジョンミンは ミナから別れを告げられる。
ミナとの結婚を諦めたように見えたが、
再び ミナに「結婚しよう」と言い出す。

53-58

ファヨン…
愛人になるのが好きなのかしら?  


シネは ミナの紹介で 就職。
家族にも内緒で 地方に行く。

シネと連絡が取れないと騒ぎに。
ヨンミンはシネの居場所を見つけ 迎えに行く。

シネは戻らないつもりだったが
ヨンミンのしつこさに負け 一緒にソウルに戻る。

ヨンミン母が諦め
シネとヨンミンは 結婚することに。

家族の顔合わせにヨンミンが欠席したり
贈り物で揉めたり
すんなり結婚 とはいかなかったけれど
無事 挙式の日を迎える。

ところが ヨンミンと連絡が取れなくなる。
ヨンミンはファヨンに誘惑されていた。

ファヨンは ペク社長に捨てられ ターゲットをヨンミンに替えたらしい。
ヨンミンを好き なのではなく
結婚相手がいるヨンミンを誘惑してシネを困らせたいだけ のように見える。

ミナは 一度はジョンミンと海外に行こうとするが、
ペク社長との結婚を選ぶ。

59-64

既婚者男が大好きなファヨンは ことあるごとにヨンミンを呼び出す。
このヨンミンが 呼び出されるとすぐに出かけちゃうのよね。
でも 一応 浮気はいけないと思っているようで 一線は越えないのよ。
仕事上の関係ってだけで ファヨンを好きなわけじゃないのかしら。
まぁ 好きか嫌いがどうでもいいわ。
結婚式の前や 初夜に出かけていくんだから それだけで罪よね。

シネは ファヨンと対決。
毅然とした態度で抗議するけれど 一筋縄ではいかないと分かり
ヨンミン母に協力を求める。

協力を求められたヨンミン母、
怒鳴って 断ったけれど
ヨンミンがたびたびファヨンと会っていると知り シネにヨンミンを監視させることに。

ミル化粧品内部にスパイがいる可能性が浮上。
スパイは ファヨンかしらね。
ヨンミンを利用して情報を得ているのかも。

65-68

スパイはファヨン。
情報は ヨンミンから得た。
なのに 処分されたのは ヨンミンではなくジョンミン。
ファヨンがスパイだと知り 脅して取引しようとしたから。

う…ん
百貨店出店の時に担当者を接待したこともそうだけど
ヨンミン父の方針と違うからと ジョンミンを怒るのはわかるけど
左遷するのは…
イヤ左遷は妥当だとして じゃぁヨンミンは?ヨンミンの処分は?
仕事上知りえたことを漏えいしたのはファヨンで ヨンミンに非はないとしても
女に入れあげてファヨンの監視を怠った罪は?


シネは離婚を決意する。
姑の意地悪も夫の浮気も納得して 子供のために結婚したが これでよかったのだろうかと思い始めたのだ。

シネの申し出に ヨンミンも同意する。
しかし シネが流産しそうになり 突然撤回する。
なぜか 急に 父性が芽生えたらしい。
ファヨンと別れると決める。


ファヨンは ペク社長と会っているところを ミナに目撃される。
そのせいで ペク社長は ミナの妊娠祝いとして 通販会社の経営権をミナにプレゼントするはめに。
それを知って怒ったペク社長の母から 海外に行くように脅され 出国する。


5年後
シネは息子を出産していた。
ミナもまた 息子を(実はジョンミンの息子)を出産していた。

ジョンミンは海外支社から 本社に異動する。
ヨンミン父から 会社の組織を変更し ヨンミンを販売会社の社長にするから 支えてほしい と言われる。
ジョンミンは明らかに不服そう。

ヨンミン父の提案で 家族旅行をすることに。
しかし シネの旅券が切れていて シネは再発行後 向かうことに。
…旅券が切れてるって そんな馬鹿なことをシネがするとは思わないんだけど。

ところが ヨンミン両親、ヨンミン、シネ息子が乗った飛行機が 遭難する。

69-70

シネの高校時代の友人ジヌクが 航空会社の代理人として 登場。
ジョンミンが 悪役に変身したから
シネを助けてくれるといいのだけど。  


ヨンミン、ヨンミン父、シネ息子の遺体が見つかり 葬儀が行われる。
ヨンミン母は行方不明。
けれど 生存は絶望的。死亡宣告がなされる。

ということで
シネが全財産を相続することに。
ジョンミンは 気に入らない様子。
…韓国の法律は知らないけれど シネが相続して当然じゃないの?

家族を亡くしたシネは 呆然としたり 半狂乱になったり なにも考えられない状況。
“社長と次期社長が死亡。シネは会社のことはわからない。チャンス!”と
ジョンミンは社長代理に就任。
ヨンミン父の計画を白紙に戻す。

71-73

うわ~~ できれば死んでいてほしかったわ…

行方不明中で 失踪宣告をする予定になっていたヨンミン母が生きていた。
一番死んでほしい人が生きているなんて。
しかも 最近の記憶がなくて ヨンミンとシネが結婚したことを覚えていない。
なのに 相変わらず横暴な言動。
先が思いやられる。

ミル化粧品のこと
シネは ミナとチョン博士に忠告されたのに ジョンミンに会社経営を一任してしまう。
しかし その後
ミナから ジョンミンが“名家通販”との契約を解除したこと
ヨンミン父が築き上げた信用を失いかけていること
チョン博士が会社を辞めたことを知り
ジョンミンに任せたのは間違いだったのではと思い始める。

そして 人のものが大好きなファヨン登場。
ヨンミンの子供を妊娠しているらしい。
鑑定をしたわけではないから 事実はファヨン本人しかわからない。
ただ 今の状況では ペク社長の子供だと主張して ペク社長の母から罵倒されるよりは
ヨンミンの子供だということにして 財産を相続した方がまし。
もしかしたら 子供がミル化粧品の社長になれるかもしれないしね。

74

ようやく このままではいけない と思い始めたシネ。
けれど ジョンミンもすぐに対抗。
生き残ったヨンミン母が シネの味方じゃないのがね…
だいたい シネ兄がまったく頼りにならないのも問題なのよね。  


シネは ジヌクから
「義理の弟に家のことを任せきりにしないほうがいい。誰でもいい信頼できる人に相談してみろ」と言われる。
ミナからも 再度忠告される。

そこで ジョンミンに説明を求めると
「姑の看病もせず経営権に色気を見せてると誤解を招く。義姉さんは僕に経営を任せた。今異を唱えるのは伯母さんが回復する前に保身を図るためでは?」と言われる。

シネは チョン博士に助けてほしいと頼み、
復職してもらう。
また ジョンミンに 経営に関する全事案を報告させることにする。

これはマズイと ジョンミンはファヨンの提案を受けることにする。
ファヨンの提案とは ヨンミンの子供だと認めてくれれば 相続分をジョンミンに渡す というもの。

ジョンミンはヨンミン母に
「伯母さんの財産は義姉さんが相続しました。取り戻す方法があります。従兄さんの子供です」と
超音波写真を見せる。

75-77

シネは ジョンミンに負けてはならないと頑張る。
それは認めるけど 突然非情な人間になろうとするのは ちょっと無理があるような?

ところで ジヌクは 今でもシネを思っている様子。
自分の分の財産を受け取って 離縁して 会社からも手を引いて 再出発 というのもありかもね。
ジヌクとなら 少なくともヨンミンとの結婚生活よりは幸せだろうし。
でも…ヨンミンが生きているらしいのよね。
またしも できれば死んでいてほしい人だわ。  


ヨンミン母が財産を返還できるのは4割。
ヨンミン母は あり得ないと喚く。
…ヨンミン母分の4割?全財産の4割?全財産の4割ならもともとヨンミン母が受け取れるべき財産よね?騒ぎ立てることじゃないと思うけど?
ジョンミンから ヨンミンの子供と認めて少しでも取り戻そう と言われる。

ヨンミン母は ファヨンから
「旅行後 シネと別れると言っていました。家族として認めてください」と言われる。
ジョンミンとファヨンに何か魂胆があるのではと思うが、財産を取り戻すのが先。
シネに ファヨンのお腹の子をパク家の戸籍に載せると言う。

シネはジヌクに相談するが、
「実の子供なら受け入れるしかない」と言われる。
また ジョンミンと話し合いで解決できる状況ではないと知る。
ジョンミンと戦うしかないと思う。

ヨンミン母は シネに財産の返還を求める裁判をおこす。

シネは ファヨンにお金を渡し、
“お腹の子を口実にパク家になにも求めない”と念書を書かせる。

78-81

遺体は別人だった。
ヨンミンは生きていた。
…オイオイ 今時 DNA鑑定は必須じゃないの?しなかったわけ?なんて適当な。

しかし ヨンミンは記憶を失っていた。
記憶のないヨンミンは まともな性格になっていた。

ヨンミン母は ファヨンにヨンミンの世話をさせようと 呼びつける。

家に押しかけてきたファヨン。
シネに離婚を突き付けるヨンミン母。
何が起こっているのかわからないヨンミン。

ヨンミンは シネに 自分の過去、どういう人間なのか 聞くが、答えてもらえない。
ジョンミンに聞くと シネの悪口を言われる。
ファヨンからは 子供のためにシネと愛のない結婚した と言われる。

ヨンミンは 自分が思っているシネの印象と ジョンミンから聞いた話とが違っていて 戸惑う。
また 愛のない結婚をしたのに なぜ離婚しようとしないのか 疑問に思う。
酔った勢いで その気持ちをシネにぶちまける。

シネは 張っていた気が折れる。
離婚を決意し 家を出る。

目が覚めたヨンミンは シネを呼ぶ。
その様子が以前のヨンミンで ヨンミン母は記憶が戻ったのではと思う。

ヨンミンは ファヨンと一緒に 病院に行った帰りに 迷子になる。
シネに電話をするが 出ない。
シネ兄から電話がかかってきて 会うが、
シネ兄は言いたいことだけを言って 帰ってしまう。

シネはジヌクに 離婚の手続きを頼む。
離婚を決意したということは ジヌクにチャンスが回ってきたということ。
ジヌクはシネを誘ってドライブにでかける。

財産に関しては…
ヨンミンが生存していたことで 相続はやり直しに。
受け取った金は一旦変換しなければならない。
シネ、マンション買ったり車買ったり散財してたけど どうするの?

ミナの息子ユヌが小児白血病に。
骨髄移植をする必要が…
しかし 近親者は適合しない。
ミナ母、ペク社長の母からは 妊娠するように迫られるが、
生まれたとしても ユヌに適合する確率は低い。
ユヌは ミナとジョンミンの子供だから。

ミナは ジョンミンに「ユヌはあなたの子供。助けてほしい」と頼む。

82-87

ヨンミンの記憶、戻らないわね…
息子の部屋で、父と息子の墓参りで、頭痛がして記憶が戻りそうな気配はするけれど
戻らない。
ヨンミンの記憶が戻って ファヨンとすっぱり別れてくれるといいのに…

というか…
ファヨンもジョンミンも 悪役だけど それほどイライラしない。
イライラするのは ヨンミン母。
“あんたが死んだらよかったのに~~~”と思ってしまう。  


ヨンミンが行方不明。
シネは ヨンミンとの思い出の場所 江華島で ヨンミンを見つける。

シネは ヨンミンに 離婚届を渡す。
“子供のための結婚、愛のない結婚だった。もう子供はいない。別れるべき”と。
ヨンミンから 「離婚する気はない」「助けてほしい」と言われても 決心は固い。

ヨンミンは ファヨンと結婚の約束をしていたとは思えない。
ファヨンとジョンミンが親しそうなのも 気になる。
理事たちが記憶喪失のことを知っているのも ジョンミンの仕業のような気がして
ジョンミンを信用してはいけないと思う。

シネは離婚すると決めたけれど
ヨンミンのことが心配。
5年間 夫婦として 息子の両親として暮らしてきた情がある。

また シネはヨンミンからのプレゼントを見つける。
“心を入れ替えていい父親になる”と書かれたメッセージカード。
今の記憶のないヨンミンは とても優しいし、
“離婚届を渡したから もう終わり”とはいかなさそう。

さて ヨンミンが生きていたことで 計画を変更しなければならなくなったファヨンとジョンミン。
ヨンミンの記憶が戻る前に“復讐”を進めることに。

ファヨンは ペク社長からもらった土地の金で 名家通販の株を購入していた。
ジョンミンは ペク社長の母に ファヨンから株を譲り受けた と協力を申し出る。
また ファヨンは ミナ母から株を譲ってほしいと言われ、ジョンミンに譲ったと答える。

88-95

う… 動きがない。 


ヨンミンは 断片的なことは思い出すけれど まだ記憶喪失の状態。
それでもファヨンのことを愛していたとは思えず ファヨンを拒否。
シネとジヌクの協力を得て ジョンミンの不正を探している。

シネは 離婚を撤回するつもりはないけれど
ヨンミンが社長に就任するまで、ヨンミンの記憶が戻るまで、ヨンミンのそばにいるつもり。

ジョンミンは ペク社長の母と取引。
名家通販の株を手に入れる。
ユヌのことは ミナには「息子ではない」と言い切るけれど
骨髄提供をしようとしている様子。

ファヨンは 復讐のためにジョンミンに協力している。
だから ヨンミンの子供を妊娠したと言って ヨンミン家に住んでいる。
けれど このままでいいのか と思い始めた様子。
ヨンミンとは結婚できそうにないし、ジョンミンを信じていいのか心配。
そこで シネに接触したけれど 突っぱねられる。

ミナとペク社長が離婚して
ミナはジョンミンと ペク社長はファヨンと 結婚すれば
万事うまくまとまると思うのだけど…
ミナ母とペク社長の母がね…
…そういえば どちらも父親は登場しないわね。

96-104

どうでもいいのだけど
最後まで観る と決めたので
頑張りました。

シネが幸せになっておしまい ってことになるはずなので
今回は その前の “ジョンミンの高笑い~~の巻”

そして ユヌの出生の秘密も明らかに。
ミナは離婚したいようだけど
ペク社長はどうなのかしら。
他人の子供よりも 自分の子どもを育てたいだろうけど… 


まずはシネとヨンミンの仲。
シネはヨンミンに メッセージカードを見せる。
事故前シネを愛していたとわかり ホッとするヨンミン。
ずっとシネのことをどう思っていたのか 気になっていたから。

これをきっかけに 2人はますます仲良くなり、
ヨンミンはシネに 「何があっても僕についてきてくれ」と再プロポーズする。

ヨンミンの記憶が戻り始める。
思い出した記憶とメッセージカードから ヨンミンはファヨンと結婚の約束をしていたとは思えない。

ファヨンは ヨンミンの様子から これ以上ここにはいられないと思う。
また ジョンミンが自分を利用しただけだと知る。
今でもペク社長の母から脅される。
そこで ミナに助けを求める。

そして ファヨンは ミナの家に匿われた後
ヨンミンに お腹の子の父親はヨンミンではないと明かす。


ジョンミンは ペク社長の母に 通販会社の経営権を要求。
一度は突っぱねられるが、
ファヨンとペク社長の仲を暴露すると脅したりして
社長に就任する。

ミナは ジョンミンが社長になるのを阻止するために ファヨンを匿ったが、
大事な時に ファヨンをペク社長に奪われ 阻止できなかった。


ヨンミンとシネとジヌクは ジョンミンの不正を探すが 証拠を掴めない。
そうこうしているうちに ジョンミンは通販会社の社長になり ますます横暴になる。
ジョンミンが 下請け会社を無視したため
倒産した会社の社長が自殺を図る事件が起きる。
それでもジョンミンは何の感情も示さない。
ヨンミンに 見舞いに行くように言われても 行かない。


ユヌは骨髄提供を受ける。
ペク社長は 提供者を調査。
ジョンミンだと知り 驚く。
そして DNA鑑定を行い、ユヌの父親がジョンミンだと知る。

105-109

すっかり忘れていた…
まだ 終わってなかった…
どうでもいいけど…


なんというか…
進んでいるようで進んでない。
グダグダとしている。  


ミル社内では
ヨンミンとジョンミンが対立。
ジョンミンは 名家百貨店から撤退すると決めるし、
ジョンミンは 倒産したイハン企画を買い取ると言い出すし、
どちらも 勝手。

ジョンミンの目的は 名家の没落。
ペク社長の母を味方につけ
ミナ母を苦しめる。

ミナ母は シネにすり寄るほど 危機的状況らしい。

一方ペク社長は 息子の出生の秘密の件で ジョンミンを許せない。
ミルが下請けを見殺しにしたと記事をリークする。
また ヨンミンに ジョンミンの悪事の資料を渡す。

ミナ母とジョンミン、どちらが先に潰れるのかしら。

110-114

まぁ こんな感じでしょうか。
自分の罪は横に置いて 告発のしあい。  


ミナ母は 検察から ローヤルとの談合の件で出頭要請をうける。
ジョンミンが告発したらしい。

ヨンミンは ミルが名家から撤退することを条件に ペク社長から資料を受け取った。
シネは そのことを知り 不安に思う。
この先 ペク社長に従うことになるのでは?
そこで 別の方法で ジョンミンを訴えることに。
シネはファヨンに「ジョンミンの不正を証言してほしい」と頼む。

ジョンミンは 進めていた契約が白紙になり、
ペク社長の母を頼る。
しかし 捨てられる。

ヨンミンは ペク社長に資料を返す。

ジョンミンとミルに 特別背任と脱税容疑で 捜査が入る。
ペク社長が 告発したのだった。

ジョンミンは 自首せず 逃げ回るが、
ユヌに恥じない父になるために 出頭する。

ヨンミンは ジョンミンの罪を軽くするため
会社が債務を負うと決める。

ミナは ペク社長と離婚。
名家の社長となり 新しい道を歩み始める。

ミナ母は ミナとユヌのためにはジョンミンが必要と
出頭し 罪を認める。

シネは ヨンミンとやり直すことに。

スポンサーサイト
web拍手
関連記事

ハート泥棒を捕まえろ!(韓国題:キャッチ・ミー)





[DVD] ハート泥棒を捕まえろ!

[DVD] ハート泥棒を捕まえろ!
価格:3,119円(税込、送料別)




制作年 2013年
監督 イ・ヒョンジョン


出演 イ・ホテ・・・チュウォン
    ユン・ジスク/イ・スクチャ・・・キム・ジュン

    局長・・・チュ・ジンモ
    パク刑事・・・ペ・ソンウ

    お隣さん・・・チャ・テヒョン
    盗品売人・・・パク・チョルミン



出生街道まっしぐらの プロファイラーのイ・ホテ。
連続殺人犯をプロファイル。
警察はホテのプロファイルを参考に 犯人と思われる者を張り込む。
ところが その犯人がひき逃げに遭ってしまう。

(警察にとって)幸か不幸か ひき逃げ犯のおかげで
連続殺人犯を逮捕。
遺体も発見できた。

ホテは ひき逃げ犯を捜査するが…
ひき逃げ犯は 初恋の女性、そして今でも愛しているイ・スクチャだった。




楽しかったです。
カッコいい チュウォンと 可愛い キム・アジュン。
最高の目の保養になりました。

内容は…
はっきり言って 誰もが考えられる話。
ベタな展開。
けれど テンポがよく 随所に笑えるシーンがあって 楽しめます。
ちらっと出たチャ・テヒョンも 笑えます。

先日まで シネマートで上映されていたのですが、
観れず…
DVDレンタル開始日を知りたいと検索したら
なんと WOWOWで放送されてました。
“なにやってんの?”と 自分に突っ込みましたが、
映画館で観なくてよかったです。
「金返せ~」と叫んだかも。
まぁ チュウォン出演じゃなかったら 観ないですが。


web拍手
関連記事

願いを言ってみて あらすじ&感想



もう少し面白いかと思ったんですけどね…
ソウォンのこと 嫌いではないけど 好きにもなれなかったんですよね。
やっぱり 主役を応援できないと つまらない。




全122話 2014年 MBC

出演者 : ハン・ソウォン・・・オ・ジウン
       カン・ジニ・・・キ・テヨン

       イ・ジョンスク(ソウォン継母)・・・キム・ミギョン
       ハン・ダウォン(ソウォン義妹)・・・ソン・ユジョン

       ソン・イヒョン・・・ユ・ホリン
       シン・ヘラン(イヒョン継母)・・・チャ・ファヨン
       ソン・ソッキョン(イヒョン義弟)・・・ヨン・ジュンソク
       チェ会長(イヒョン祖母)・・・キム・ヨンオク

       チャン・ヒョヌ(ソウォン夫)・・・パク・ジェジョン
       キム・チュジャ(ヒョヌ母)・・・イ・ドッキ
       チャン・ギョヌ(ヒョヌ兄)・・・イ・ジョンス
       チョ・ミョンヒ()・・・イム・ジウン

       チ・サングン・・・キム・ビョンチュン
       パク・ヒスク(ジョンスク後輩)・・・カン・イウン
       キム・ドッギュ(ヒスク息子)・・・アン・ヨンジュン
       ジニ母・・・パク・ジョンス
       

       チェ・ソジン(ジニ元妻、フードスタイリスト)

演出  : チェ・ウォンソク、イ・ジェジン
脚本  : パク・オニ


 123-89-1213-2021-2425-2829-3233-3637-4041-4445-4849-5253-5859-6162-6465-68・69-7273-7677-8485-9293-9697-102103-105106-110111-116117-122

1

とりあえず観てみたのですが…
ヒロインの夫家族と ヒロインの夫が勤めていた会社の会長家族に イライラさせられそう。
ヒロインを応援できれば 最後まで観られると思うのですが。  


ハン・ソウォンは 夫チャン・ヒョヌの会社ビル玄関の前で 夫の無実を訴える。
到着した会長に 夫は無実だと訴えるが、
警備員に引き離される。

5年前。
ソウォンはヒョヌとの結婚式を控えている。
予定よりも1日早くヒョヌ母とヒョヌ兄がやってきて 驚く。
おまけに 予定より1日早い今日 顔合わせをしたいと言われ 慌てる。
ヒョヌに連絡するが、通じない。
ようやく話せるが 忙しいのか話し合うような様子ではなく 困ってしまう。

ヒョヌは 会社で 納入伝票と実際に納入された野菜のランクが違うことが気になっていた。
A級品の代金でB級品を購入。
明らかにおかしい。
納入業者がごまかしているのか、或は 会社の者が支持しているのか…
調査するべきかどうか悩んでいた。

ヒョヌは態度が悪い部下を注意するが、
逆に 新婚旅行から戻ってきたらクビになっているかもしれないぞ と脅される。
実は 部下ソッキョンは会長の孫だった。

会長の孫でコネ入社だとしても それなりに働けば まぁ許せるのだけど
ソッキョンは 真面目に働いていない様子。
働かないくせに 会長の孫だとでかい態度。
こういうのが一番困るのよね。

2

やっぱり ヒョヌ母にイライラ。

継母だからって 誰もが虐待するわけではないのに
虐待すると思い込んでいる。
おまけに 親がいない娘とは結婚させないという態度。
それほど あんたの息子は偉いのか!


一方 会長家族は ソッキョン母の誕生会で嫌味の言い合い。
ソッキョン母が 誕生日のプレゼントとして広報室に復職したいと言い出す。
ソッキョンが後継者になるための地固めをしたいらしい。
同じく後継者を狙っているイヒョンとイヒョン叔母は ソッキョン母に意地悪するための作戦が裏目に出て 復職させることになり ショックをうける。

3-8

ソウォン実母は ソッキョン母らしい。

ずっとソウォン母が探していたが見つからなかった。
結婚した後はあなたに任せると ソウォン母はヒョヌに ソウォン実母の写真を渡す。
その顔は ソッキョン母そっくり。
ヒョヌは 誰にも事実を明かさないまま ソッキョン母に 結婚式に来てほしいと頼む。


ヒョヌは ソッキョンの不正の証拠を見つける。
しかし 経営者一族の後継者争いに巻き込まれたくなくて 誰にも話していない。

イヒョンは ヒョヌを味方につけるため ヒョヌを昇進させる。
ソッキョン母は 口止めするためにヒョヌに金を渡すが 断られる。

ソッキョン母は 口止めできないなら潰してしまえばいい と 濡れ衣を着せるつもりらしい。
結婚式に行き ソウォンが実娘だと分かれば 過去を暴かれないように 極端な行動を起こしそう。


ジニはイヒョン祖母の知人。
請われて 入社することに。
ジニは 納品された野菜の質が悪いことを知っている。
ソッキョンの不正を暴いてくれるといいけど。

9-12

あ~~もう~~~ ソッキョン…どうしようもない…
だいたい 彼みたいに ストレスに弱い子を後継者にしようとすることが間違っていると思うんだけどなぁ。
ソッキョン母の気持ち わからないでもないけど
ソッキョンを後継者にしたいのは ソッキョンのためよりも自分のためよね。
息子のためを思うなら 不動産とか株とかの収入でのんびり暮らせるようにしてあげたほうがいいと思うんだけどなぁ。
まぁ あのソッキョンなら 収入以上の散財をしそうだけど。  


ソッキョン母は金で解決できると思っている。
ソッキョンは 金を入れたリンゴ箱を ヒョヌ母に渡す。

ヒョヌは リンゴ箱の中に金が入っていると知り ソッキョンに電話。
結婚式の前に 会う約束をする。

雨が降り出し リンゴ箱が濡れ 金が散乱する。
金を拾うヒョヌ。
そこに ソッキョン運転の車が走ってきて…
ソッキョンは動揺し 救急車を呼んだあと 立ち去る。

ソッキョン母は ヒョヌに濡れ衣を着せることを考えていた。
ヒョヌが意識不明の重体で 回復の見込みはないと知り 計画を実行。
ソッキョンがやった不正を ヒョヌに着せる。

13-20

ソウォンは CEグループの経営者一族に苦しめられ、
5年経っても まだ苦しめられている。
ジニがヒョヌの無実を晴らしてくれるといいけど…


ソウォンはジニの協力を得て ヒョヌの無実の証拠を探す。
しかし ソッキョン母にことごとく潰されてしまう。
ヒョヌの無実を晴らせなかった。

5年後。
ソウォンは 離婚せず ヒョヌと住む予定だった家に ヒョヌ母とギョヌと暮らしている。
ヒョヌは眠り続けていて
ヒョヌの入院代のために借りた金の返済を迫られている。
また 水曜日はCEグループの社屋前で 抗議のデモを続けている。

ジニは 5年前 妻の容態が急変し 帰国。
リハビリに協力するが 離婚。
CEの本部長に就任するために 韓国にくる。

ジニは 会社前でデモをしているソウォンを見て 驚く。
ヒョヌの濡れ衣が晴れ 2人幸せに暮らしていると思っていたから。
自分が渡した証拠が白紙だったために 濡れ衣は晴らせず、
そのために 自分は恨まれていて
銀行への返済に窮している とは思ってもいなかった。
ジニは ソウォンのためになればと ソウォン家に下宿することにする。

イヒョンは 大事な取引相手が 水曜日来社することになり 慌てる。
ソウォンに デモをしないでほしいと金を提示するが断られる。
そこで 銀行からソウォンに圧力をかけさせる。

21-24

イヒョン祖母は イヒョンとジニを結婚させたいようだけど…
イヒョンの素の顔…部下に対する威圧的な態度とか…を見たことがあるから お断りよね。

そして…
CEグループの“レシピアイデア公募展”に
ジニが ソウォン母に頼まれて ソウォンのレシピを応募することになりそう。
なんだか ありがちな展開なのよね。
ソウォンのレシピが選ばれたら “ありがち~~”と叫んでしまいそう。

借金の返済は…
ソウォンは 友人に借りたり ジニに1年分の家賃を前納してもらったりして 金を集めるけれど
必要な額にはほど遠い。

ソウォン母は娘を助けるため 家を引き払い ソウォンと一緒に住むことにする。
その引き払った金で ソウォンに借金を返済させる。

25-28

ジニと結婚したら社長になれる。
そう知ったイヒョンは ジニに対する態度を改める。

今更 いい子ぶってね…
それに…
ジニは ソウォンを意識し始めたようなのよね。
そうなったら 他の女性には見向きもしないと思うけどなぁ。

ジニの元妻ソジン登場。
元サヤに戻りたい と言い出すのかと思ったら 再婚が決まっているらしい。
ジニに ソウォンを意識させるような言葉“彼女はあなたにとってそんな存在?”を言うために登場したみたいね。

ソウォンは CEとマゴ社の契約に貢献した褒美として 会長に会えることに。
ヒョヌの無実を訴えるつもりだろうけど…
会長は ジニがソウォンの家に下宿しているのが気に入らないみたいなのよね。
うまくいって 再調査することになるといいけど。

29-32

やっぱり…
ソウォンは “レシピアイデア公募展”に合格。
インターンとして働くことに。

イヒョンとソッキョン母が 最終候補者からソウォンをはずそうとするが 失敗。
イヒョンは ソウォンを合格させないように裏工作するが、
祖母にばれてしまう。
イヒョン祖母は自ら 最終審査を行う。  


ソウォンは ジニと一緒に ソウォン祖母に会う。
デモと嘆願書のことを話すと 驚かれる。
ソウォン祖母は何も知らなかった。
再調査をすることになる。

その帰り 2人は海を見に行く。
その時 勝手に写真を撮られ 買わされる。
ジニはその写真を机の抽斗に入れていたが キョヌに見つかってしまう。

キョヌは2人の関係を疑うが、
ジニの説明に納得。
この写真があったらまた疑われる と写真をゴミ箱に捨てる。
ジニは その写真を拾う。

イヒョンは ジニの車に乗り 写真を見つける。
当然 イヒョンは2人の仲を誤解。
ジニに ソウォンのことをどう思っているか聞く。
ジニは「彼女を特別に思っています」と答える。


ソッキョンとダウォン、恋人関係に。

ソッキョン母はダウォンと別れさせたい。
けれど ソッキョンは別れようとしない。
そこで ダウォンに金を渡して別れさせようとするが うまくいかない。
次に ダウォンの母に会って 別れさせようとするが…
ダウォンの母が ジョンスクだと知り 驚く。

33-36

ソウォンの気持ちに変化が。
離婚を前向きに考えるようになった様子。
といっても まずは ヒョヌの潔白を証明するのが先決。
それが解決しないことには前に進めないと思っている。

ジニは…ソウォンが好き。
ソウォンを助けてあげたいと思う。
同時に それが 自分とソウォンの仲を誤解させ ソウォンが中傷されることになっていると知っている。
ジニは ソウォンから一歩下がったところから 助けてあげようと決める。

ソッキョンとダウォンは ソウォン母からも反対されることに。
ソウォン母がソッキョン母と会い、正体を知ったから。
そこで ソッキョンとダウォンは別れたことにして こっそり付き合うことにする。

ソッキョン母は ソウォン母に再会しても 実の娘の消息を尋ねようとしない。
ソッキョン母は 娘は海外に養子に出されたと思っていた。

ソウォンはCEに出社する。
他の2人は メニュー開発部に配属されたが、
ソウォンは戦略企画部に配属され、イヒョンの下で働くことになる。

37-40

ヒョヌが無実だと明らかに。
といっても 真犯人が明らかになったわけではない。

ソッキョン母が チ課長を買収。
チ課長が 借名口座は自分だと名乗り出る。
また ヒョヌが現金が入っていた抽斗に鍵をかけていなかったと証言が得られる。
抽斗に現金を入れた犯人はわからないけれど
ひとまず ヒョヌが無実だということは明らかに。

これで 一区切りついた。
ジニは ソウォンに気持ちを伝えようと考えている様子。


ソッキョンは ダウォンがソウォンの妹だと知り ショックを受ける。
別れることも考えたが 交際を続けることにする。


イヒョン祖母は ジニを次期社長にしようと考える。
ジニが社長になったら…
イヒョンは ジニと結婚できれば社長になれるかもしれないが、
ソッキョン母は社長になるのは難しい。
ソッキョン母は どんな手を使って ジニ社長就任を阻止するのかしら。

4144

なるほど ソッキョン母は 一石二鳥を狙ったわけね。
…って 感心している場合じゃないわよね。  


ソッキョン母は チ課長に命じて 掲示板に投稿させる。
投稿したものは 探偵を雇って撮り集めた ソウォンとジニのデート写真。
悪意をもたずに見れば 友人同士が会っている写真。
しかし “カン本部長 既婚者と不倫”“魔性の女”などの言葉が添えられれば
不適切な関係になってしまう。

ソッキョン母は
イヒョン祖母がジニとソウォンに腹を立て
ジニの社長就任を取り消し、
ソッキョンとダウォンの交際に反対する
のを狙ったのだった。

しかし そううまくはいかない。
社員たちは ソウォンだけを非難。
ジニには 誘惑された被害者と同情票が集まる。

精神的ダメージを受けるソウォン。
ジニは ソウォンを守ろうとするが 拒否される。
思わず 愛していると告白するが、
受け入れてもらえない。

ジニは ソウォンを会社に残すために 退職しようと考える。
それを知ったソウォンは 先に 退職願を出す。
そして 海に。
すると ジニがやってくる。
ジニに抱きしめられ
抱きしめ返す。

45-48

まぁね ジニとソウォンが 一気に“結婚!”ってことにならないと わかっているわよ。
わかっているけど
このまま 問題なく 幸せになってほしいじゃない。

早くソウォンの離婚が成立して
できればヒョヌが亡くなってくれて
イヒョンがジニを諦めて 邪魔者がいなくなってくれて
めでたく 結婚! してほしいじゃない。
ドラマだから そう簡単にいかないことはわかってるけど。  


ジニは 盗撮男を捕まえる。
裏にソッキョン母がいると確認。
ソッキョン母に またやったら会長に話す と脅す。

それでも ソッキョン母は諦めない。
今度は ジニとソウォンが不倫していると記者にリークする。

ソウォン母は ソッキョン母が ソウォンを苦しめていると知る。
そこで ソッキョン母に 娘を苦しめるようなら会長に正体をばらす と脅す。

イヒョンは ジニがソウォンにネックレスをプレゼントしているのを目撃。
ソウォンに取られるわけにはいかない。
ジニとの結婚話が進んでいると記者に話す。

49-52

弁護士によると 2か月以内に離婚が成立するらしい。
あ~~~早くしないかなぁ。
明日にでも離婚成立してほしい~~
もしくは ヒョヌが亡くなってほしい~~~

ヒョヌ兄も母も 離婚を認めているし、
ソウォンとジニの結婚も認めている。
離婚さえ成立すれば結婚できる。
…日本では女性は離婚成立後半年間結婚できないけど韓国ではどうなのかしら。

なのになのに イヒョンが邪魔をする。
2人の交際の隠れ蓑になるふりをして ジニとの結婚を 祖母と世間に認知させる。
ジニとイヒョンとの結婚が大きく報道されればされるほど ジニは嘘の結婚話から抜けられなくなるかも。
それがイヒョンの計画なのだけど。

ソッキョン母は ソウォン母の脅しのせいで ソウォンとジニに手出しできない。
ソウォン母は ソッキョン母にソウォンが実の娘だと明かさないつもり。
ソッキョン母は 社長の座のためにソウォンを捨てるだろうから。
確かにそうだろうなぁと思うけど…
意外に 違うかもよ。

53-58

イライラしっぱなし。  


ジニ、イヒョンの嘘を見抜けない。
イヒョンと結婚する気はない とはっきり言えない。
ずるずるとイヒョンに引っ張られる。
自分がしていることが どれくらいソウォンを傷つけているのかわからない。
ようやく…ソウォン母から非難され ソウォンが傷ついていると知る。

イヒョンは ジニ母を韓国に来させ 味方につける。
ジニをソウォンから引き離し 自分のものにしたと喜ぶ。
ところが…
イヒョン祖母に 企みを知られてしまう。

イヒョンは意図的に ジニ母をソウォンに会わせる。
ジニ母は イヒョンからソウォンの悪口しか聞いていない。
結果 ジニ母は ソウォンを罵倒することに。

このことがジニを怒らせる。
ジニは イヒョン祖母に ソウォンと付き合っていると話す。

イヒョン祖母は
ジニはソウォンと付き合っていると話そうとしたが イヒョンが止めたと気づく。
ソッキョン母に確かめると
イヒョンはジニが社長になると知りジニと結婚しようと考えた と言われる。
そこで イヒョンに探りをいれる。
イヒョンはジニを愛しているのではなく ジニが社長になるから結婚しようと考えたと知る。
また イヒョンが 常々ソッキョン母に暴言を吐いていると知る。


ソッキョン母は ソウォンがソウォン母の実の娘ではないと知る。
“もしや…”と思いながらも そんなはずはないと否定する。
…いい加減 気づきなさいよ。

59-61

ヒョヌが目を覚ました!
どうして目覚めるかなぁ。
このまま…
せめて 離婚が成立してから 目覚めてほしかったなぁ。
これじゃぁ 離婚できないじゃない。
離婚が認められて 後は書類を出すだけなのに。
はぁ…

ソッキョンとダウォンは結婚。
幸せいっぱい のはずだけど…
ヒョヌが目覚めちゃって ソッキョンは心配でたまらないわね。

イヒョンはジニ母を味方につけ
ソウォンをいじめる。
ヒョヌが目覚めたと知り ほくそ笑む。

62-64

ソウォンはジニに付き添ってもらって 離婚届を提出。

とりあえず ホッとしたわ。
ソウォンが「ヒョヌに申し訳ないから 離婚しない」言い出すんじゃないかと ひやひやしたわ。

でも これで安心 ってわけじゃないのよね。
ヒョヌ母が 無効の訴えを出すかもしれないし、
目覚めたばかりで 今はなにもわからないヒョヌが 自分は同意していない と言い出すかもしれない。

で、離婚は成立したけれど 結婚は難しそう…
イヒョンがあることないことジニ母に吹き込むのよね。
ソウォンはジニ母に嫌われてしまって 挽回するのに時間がかかりそう。

さて ヒョヌが目覚めて困るのは ソウォンとジニだけではない。
ソッキョンとソッキョン母は 賄賂をもらった件とひき逃げの件がばれるのではと心配に。
ソッキョン母は いっそヒョヌを殺してしまおうかとも考えるが、
ソッキョンと結婚したダウォンを利用しようと考えつく。

ソッキョン母は ソウォンを呼び出す。
息子から 自分がヒョヌに濡れ衣を着せたと告白された。罪が明らかになれば会社を辞めさせられ家を追い出される。そうなるとダウォンも苦しむことになる と言う。
そして ダウォンの幸せを願うなら ヒョヌを黙らせろ と脅す。

もう びっくりのソッキョン母の考え。
よくもまぁ こんなことを考えられるわよ。
せめてさぁ 謝罪したら?
まずは「息子のせいで苦しませて申し訳なかった」と言うべきじゃない?

65-68

ヒョヌの気持ちはわかる。
眠り続けていた間に妻が別の夫と結婚した なんて 受け入れられないはず。
離婚無効の裁判をおこそうと考えるのは当然。
だから ヒョヌを非難するつもりはないけど…

ヒョヌ母とヒョヌ兄、あなたたちが “ヒョヌが目を覚ましたから離婚は無効” と言っちゃダメでしょうが!

イヒョンは ヒョヌとソウォンがよりを戻せば ジニと結婚できると
ヒョヌを後押しする。
ヒョヌに ソウォンとジニのことを話したのもイヒョン。
裁判を起こせば無効になると教えたのもイヒョン。
弁護士を紹介したのもイヒョン。
裁判費用を援助する気もあるらしい。

そして ソッキョン母もソウォンを目の敵にしている。
ソッキョンの罪をなかったことにしてほしいと頼んだのにしてくれなかったと逆恨み。
ソウォンを辞めさせるために 機密漏えいの罪を着せる。

ヒョヌは ソッキョンとダウォンから謝罪される。
謝罪を受け入れる代わりに ソウォンを毎日見舞いに来させるように と条件を出す。

69-72

ソッキョン母は ソウォンが実の娘だと知る。
記憶が戻ったヒョヌから知らされた。

それが…
ソウォンにスパイ容疑をかけ、
ソウォンが連行され 留置場に入った後に 知ったのよね。
もうどうすることもできない。
今更 自分が情報を流したとは言えない。

ソウォンは釈放されるが、
解雇処分が下る。
最終決定したのは ソッキョン母。

情報流失のメールが送信された時間 ソウォンは母に電話をしていた。
これで無実だと証明できる と喜ぶ。
ところが このことを知ったソッキョン母は 告訴を取り下げる。
“ソウォンが無実だとなると また捜査がはじまる。そうなってはマズイ”と考えたのだった。

訴えが下げられ ソウォンは無実を証明できない。
告訴が取り下げられても ソウォンは容疑者のまま。
ソウォンはソッキョン母に怒りを爆発させる。

ソッキョン母、ソウォンがどんな風に育てられたか気になる。
ダウォンに聞いて ダウォンとソウォンが同じように育てられていないと知る。
“実の娘はお嬢様のように育て 私の娘は使用人扱いしたのね”と怒り
ソウォンがされたように ダウォンをいじめようと決心する
…自分は捨てたくせに。

73-76

ソッキョン母は ソウォンと実の親子だとは隠したいらしい。
ヒョヌ母が金に困っていると知ると ヒョヌに金を渡して口止めする。
ここで 過去が暴かれては 会社を手に入れられない ってことなんだろうけど…
ソウォンを捨て 今また実の母だと名乗らない。最低。


ジニは ソッキョン母の様子、ソッキョン母の本名のこと、ソウォンとソッキョンがキウイアレルギーだということ などから
ソッキョン母がソウォン実母だと思う。

ジニ父の会社が 事業拡大のせいで資金難に。
ジニは 資金集めに奔走する。

イヒョンは ジニ父の会社の危機を利用して ジニと結婚するつもりらしい。
ソウォンに ジニと別れなければ 会社は倒産すると脅す。

ソウォンは 自分はジニの不幸にしている、ジニを助けてあげることができない と悩む。
ジニ父の会社の危機に何の手助けもできない、
ヒョヌが離婚無効の訴えを提出し ジニに迷惑をかけている、
ジニと別れた方がいいのではと思う。

ジニもまた 自分がいなければ今頃ソウォンはヒョヌと幸せに暮らしているのでは と思う。

77-84

だんだんヒョヌが鬱陶しくなってきた。
このまま回復するのよね?やっぱり。
風邪をひいたようだけど “肺炎で…”とはならないのよね?  


ソウォンは ジニ父の会社を守るため ジニと別れる。
大喜びのヒョヌとヒョヌ家族。
気持ちはわかるんだけどさぁ 一気に結婚写真撮影→結婚式 って…
ソウォンの気持ちを無視するヒョヌが 嫌。

ジニは ソウォンの真意がわからず やり直せるかもしれないと思っていた。
しかし ことごとくイヒョンの罠にはまり
ソウォンとヒョヌが結婚すると信じる。
そして イヒョン家に住み始める。

イヒョンは 計画通りに ジニを手に入れられそうで 笑いが止まらない。
しかし イヒョン祖母から「ソッキョン母を次期社長にする」と言われ ショックを受ける。
それに…
イヒョン祖母は ジニがイヒョンと結婚するとは考えていない様子なのよね。
イヒョン祖母の様子からみると
イヒョンが ジニ父の会社を利用してソウォンに身を引かせたと知ったら イヒョンを勘当するかも。

ソッキョン母は ジニから ソウォンの実母ではないかと疑われる。
そこで 偽のソウォン実母に金を渡して演技をしてもらう。
また 自分の髪の毛を偽のソウォン実母のものとしてジニに渡し DNA鑑定をさせる。
一旦は疑いを晴らせたが ヒョヌとの会話を聞かれてしまう。

ジニはソッキョン母とヒョヌの会話を聞き、再び疑いをもつ。
ソッキョン母の歯ブラシとソウォンの歯ブラシでDNA鑑定をする。
ソッキョン母にその結果を見せ 問い詰める。
しかし ソッキョン母が自殺しようとしたため ソウォンに話さないと約束する。

85-92

ヒョヌが亡くなってしまいました。 


ソッキョン母は ソウォンを復職させる。
ジニとイヒョンを結婚させないため…そして 自分が社長になるため ソウォンとジニを復縁させようとする。

ソウォンは 母にかかってきた電話で ソッキョン母が“シン・ミジャ”という名前だと知る。
母だと名乗る人に確かめると 金をもらって実母のふりをしていたと知る。
ジニにも確かめ…
ソウォンは 名乗り出ないソッキョン母を恨むようになる。

イヒョンは ヒョヌが亡くなり不安に。
一気に結婚話を進めようと考える。
ジニ母を味方につけ 2人でソウォンに圧力をかける。
しかし…
イヒョンが銀行に圧力をかけてジニ父の会社に融資させないようにしたことが ソッキョン母にばれてしまう。

ジニは イヒョンと結婚するつもりはない。
ソウォンから ジニ母から反対されて別れたと聞き、
母に ソウォンとのことを認めてほしいと頼む。

ソッキョン母は ソウォンとジニをやり直させたいのにうまくいかず イライラする。
ソウォンに イヒョンがしたことを話すが 逆に非難される。
思わず ソウォン母に ソウォンとジニをやり直させたいのにソウォンは何を考えているのと怒鳴る。
すると 「いつまで隠すの。ソウォンは産みの親があんただと知っている」と言われる。

93-96

ジニは イヒョンと結婚することに。

これがね…
母から 父がガンで結婚が決まったら手術を受けると言っていると聞いたから。
父が亡くなった後の会社のことも考えて 決めたのだろうけど
“そんなことぐらいで結婚することにしたの?” と思ってしまう。

ジニと結婚することになって ドヤ顔のイヒョンが 憎らしい。

ソウォンとジニは チ課長がヒミョン食品の部長の名刺を持っていると知る。
レシピ流出に関わっているのでは?と思う。
そして チ課長とソッキョン母が仲間だと知り
2人が 自分を罠に嵌めたに違いないと 考える。

また チ課長が ヒョヌの事故現場にいたかもしれないと知る。
チ課長の車は 修理された形跡がなかったが、
ソッキョン母の車が 事故の翌日修理に出されたことがわかる。

ソッキョンは ダウォンの浮気を疑う。
嫉妬して ダウォンを突き飛ばし ダウォンは流産しそうになる。
そのため ダウォンは もう耐えられないと 実家に帰る。
ソッキョンがひき逃げ犯だと明らかになるのも時間の問題だし、
離婚 かしら。

97-102

破談♪破談♪破談~~♪♪
当然よね。
汚い手を使って結婚しようとすることが間違っている。

ヒョヌが生きていた時には “むかつく~~”と思っていたヒョヌ母だけど
今はすっかりソウォンの味方で いい人に。
金が大好きなのは変わらないけれど。

今“むかつく~~”のが ソッキョン母。
ソウォンに 捨てたことを謝らない。
けれど 利用できることはとことん利用する。

イヒョン祖母が ジニを社長にすると決める。
ソッキョン母は ジニを失脚させるため ジニとソウォンを罠に嵌める。
イヒョン祖母に 2人が不倫していると見せる。
イヒョンの機転で ジニの評価が下がることはなかったが、
一事が万事。
ソッキョン母は 出世と保身のために ソウォンを利用する。

また ソウォンとジニが ヒョヌひき逃げ犯がソッキョンだと知ったと知ると
ソウォンに 異父弟で義妹の夫を警察に突き出すのかと 情に訴えて不問にしようとする。
優しいソウォンは どうしたらいいのか悩むが、
ソッキョンに自首を勧める。

ヒョヌ母は ソッキョン母と家政婦の会話から(ソッキョン母がわざと聞かせたんだけど)
イヒョンがソウォンに 「会社への投資額を引き上げる。ジニと別れないと会社は潰れる」と脅して 別れさせたと知る。
ジニ母に このことを話した後
ソウォンに 投資額を引き上げるということはできないらしいと話す。

ソウォンは イヒョンに電話。
会話から 騙されたと知る。

ソウォンは ジニとイヒョンの婚約式が早まったと知る。
“イヒョンから聞かされていたこととは違う。また騙された。このままバカな女でいるなんてできない” と
ジニ母に イヒョンがジニと結婚するために何をしたのか話す。

一方ジニも イヒョンが銀行に嘘をついて父の会社への投資を止めたと知る。
またソウォン母から ソウォンがイヒョンから脅されたと聞く。

ジニとジニ母はイヒョンを問いただす。
必死につじつまを合わせようとするイヒョン。
しかし ソウォンはイヒョンとの会話を録音していた。

103-105

愉快 痛快。
イヒョンは 破談になったうえに
祖母に悪行を知られ
家からも 会社からも 追い出される。
まだ 居座っているけど。

イヒョンは ソウォンを恨む。
すべては ソウォンのせい と。
そのために ソッキョン母と手を組む。

ソウォンのレシピが評判になり
イヒョン祖母は ソウォンを会社の顔にすることにする。
ソウォンは マスコミの取材を受け
今度は テレビに出演することになる。

それが気に入らないイヒョンは 出演前のソウォンに キゥイジュースを飲ませる。
ソウォンがアレルギーだと知ったから。

イヒョン祖母は朱肉を探していて 養子縁組の書類を見つける。
ソッキョン母と同じ誕生日のシン・ミジャという女性が娘を養子に出すという書類。
ソッキョン母から 一応説明されたけれど 気になる。
調査を命令する。

106-110

ソッキョン母 社長に就任内定!
まったく!ヒョヌひき逃げ事件と経歴詐称で追い詰められながらも
見事な演技ですり抜け
次期社長に内定。
ソッキョン母の高笑いが止まらない。
でも…
嘘がばれそう。  


まず 経歴詐称…改名のこと、娘を捨てたこと。
イヒョン祖母は 調査を頼んだキム秘書から
ソッキョン母の改名前の名前がシン・ミンジャで、
娘を捨てて行方をくらました と聞き ショックを受ける。

イヒョン祖母は 信じられない。確信がほしい。
ソッキョン母とソウォン母が 故郷が同じだと言っていたことを思い出す。
ソウォン母に確かめようとするが、
本人に聞いてほしい と言われる。

そこで ソッキョン母に直接確かめると…
なんと ソッキョン母、見事な演技で 次から次へと嘘をつく。
シン・ミンジャという名前だけれど
娘を捨てたシン・ミンジャではない。
彼女と間違われるのが嫌で改名した と。


ヒョヌひき逃げ事件のこと
ソウォン、ジニ、ヒョヌ兄は
チ課長はソッキョン母の手下で ソッキョン母の命令で まだ生きていたヒョヌを見殺しにし、意識が戻ったヒョヌを殺したかもしれない と知る。

しかし まだ公にはしていない。
だから イヒョン祖母はソッキョン母の悪事を知らない。
また イヒョンも叔母からこのことを聞かされるが、今はソッキョン母を社長にするのが自分のためと黙っている。


イヒョン祖母は 理事会の意向を受け入れ
ソッキョン母を次期社長に決める。
ジニとソウォンから 考え直すように言われるが、
口出しするな と怒鳴り返す。

ところが…
帰宅すると キム秘書が来ていた。
「死ぬ覚悟でお伝えすることがあるんです」と。


ダウォンは ソウォン母の友人が口を滑らせ ソウォンとソッキョンが異父姉弟だと知る。

111-116

ソッキョン母の悪事は イヒョン祖母にすべてばれたけれど…
イヒョン祖母が先頭になって ソッキョン母を罰しようとするけれど…
イヒョン祖母は “お年”
ありがちな展開で…
イヒョン祖母は倒れてしまった。
どうなることやら。  


ソッキョン母の嘘がばれる。
ソッキョン母がどんなに嘘をついても
キム秘書は証拠を見つけていた。

ソウォンに「あなたに人生を壊された。産むんじゃなかった」と叫ぶソッキョン母。
はぁ…こんな女が実母なんて…
それでも 産んでくれた母だからと 警察に突き出さないソウォン…おかしいわよ。

イヒョン祖母はキム秘書に 娘を探すように命令。
そして キム秘書は ソウォンが実娘ではないかと報告する。

イヒョン祖母は ソウォンが公募レシピで優勝したら ジニを社長にすると決める。
それを知ったソッキョン母とイヒョンは焦る。

ソウォンとジニは ソッキョン母の殺人教唆の証拠を見つける。
ソッキョン母がチ課長に指示した通話を録音保存したUSB。

ソウォン母は イヒョン祖母に会いに行く。
ソッキョン母の実娘は ソウォンだと明かす。
次に ヒョヌひき逃げの犯人を話そうとする。
しかし ソッキョン母がわざと茶碗で手を切ったため 話せなかった。

チ課長は ジニからUSBを奪い返すが、
ジニはコピーをしていた。

ソッキョンは 祖母に 自分がひき逃げの犯人だと明かす。
ソウォンやヒョヌの家族が自首するのを待ってくれていると。

ソウォンとジニは イヒョン祖母に USBに保存された通話を聞かせる。

イヒョン祖母は 理事会で
「ソッキョン母を社長に押すなら のちに欠格事由が明らかになった時に責任を持ってもらう」と発言。
次に ソッキョン母を 本部長室から閉め出す。

イヒョン祖母の活躍で ソッキョン母は失脚するかと思われたが…
イヒョン祖母が倒れてしまう。

117-122

もう何なんでしょう、お決まりの 最後の集合写真。
今までのことが嘘のように みんなが笑顔。

そして “悪役が病気に→反省”
最近は 認知症が多いような?

自分を捨てた母、
探そうともしなかった母、
実の母娘だとわかっても母とは認めなかった母、
実の娘を罵倒する母、
とにかく 酷い母、
そんな母を 認知症になった途端 許せるもの?
認知症になろうと 助からない病気になろうと 私なら許せない。…心が狭いのかなぁ。  


ソッキョン母は 倒れたイヒョン祖母を放置する。
しかし 母の様子を不審に思ったソッキョンが イヒョン祖母を見つける。

イヒョン祖母の手術は 終了したが、
意識は戻らない。

ソッキョン祖母は社長になるため あらゆる手を使う。
ソウォン母殺害を計画するほど。
ソッキョン母は社長に就任する。

ソッキョン母は 物忘れがひどいことが気になり 診察を受ける。
認知症だった。

今度はイヒョンが喜ぶ番。
病気を理由にソッキョン母を引き摺り下ろし、社長に就任する。

意識が戻ったイヒョン祖母は イヒョンのやり方が気に入らない。
我慢して イヒョンのやり方を見ていたが、
イヒョンの不正が発覚。
イヒョンを会社から追放する。


web拍手
関連記事
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
ライフ
客:The Guest
ボイス2
ラブリー・ホラブリー
ナインルーム
魔性<マソン>の喜び

三国志~司馬懿 軍師連盟
鳳凰の飛翔(天盛長歌)
三国志 Secret of Three Kingdoms
如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
バーニング・アイス-無証之罪-

<視聴予定>
皇后の品格
ロマンスは別冊付録(ROMANCE IS A BOUNUS BOOK)

恋愛動物
カンブリア紀
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
独狐伽羅~皇后の願い~
千年のシンデレラ~Love in the Moonlight


わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング