FC2ブログ
2015/12
<<11 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>




超級☆大英雄~遥かなる時空を超えて~ あらすじ&感想



う~~~ん。
前半 テンポよく進んだらよかったのに と思います。
ダラダラした感じがあって 前半でリタイアした人がいたのでは?と。

ジローもいいけど
クリス・ウーさんの方が…素敵。



全28話 2015年 

出演者 :  洪暁東(探偵)/洪西東・・・汪東城
       章顕婷(記者)/嫻児・・・謝欣穎
       莫涵(探偵事務所 調査員)・・・任容萱

       彭澤(錦衣衛 隊長)・・・胡洋
       徐嘯天(錦衣衛 隊員)・・・謝孟偉

       朱可尚(警官)・・・王家梁
       左佑守(探偵事務所 調査員)・・・張皓明

       大衛・・・洪天祥
       呉警部・・・陳為民
       孫彦軍・・・呉慷仁

       局長・・・謝其文
       洪暁東の父・・・檢場
 

 1234567-89-101112-131415161718-1920-212223-2425262728

1

1399年 明の時代。
第一代洪武帝 死後 建文帝が即位した。
これに対して 建文帝の叔父である 燕王が挙兵。
燕王が勝利し、即位。
第三代永楽帝となる。
その際 皇族の宝 九天夜明珠が消える。

その夜明珠は 今 洪西東の手にあった。
洪西東は 夜明珠を持って逃げる。
それを追う 錦衣衛の彭澤と徐嘯天。
彼らは 現代にタイムスリップしてしまう。


2014年 海浜市。
洪暁東は探偵事務所を経営している。

ある夜 突然停電。
すぐに復旧するが、
その直後 洪暁東の 胸が光りだす。
その光は お腹へと下り…消える。

章顕婷は “追追追”のレポーター。
時代劇のコスプレをしてレポートする。
しかし 彼女がやりたい仕事は 報道。
局長に抗議すると
錦衣衛が2人描かれている絵を見せられる。
「これを調べたらどうだ」と。

探偵事務所に 章顕婷が現れる。
明日楊社長の浮気現場撮影に同行させてほしいと。

タイムスリップした彭澤と徐嘯天は ここが現代だと理解できない。
周りの様子に驚きながら 夜明珠と洪西東を捜して さ迷い歩く。
その様子は怪しい。
刑事の朱可尚に咎められ、警察に取り囲まれる事態に。
そこは ビルの屋上。
絶体絶命のはずが、飛び降りて逃げる。
…あの高さから飛び降りて無傷って…どんだけすごいの錦衣衛って。あり得ない。

2

洪暁東は “触れるとその人の心の中がわかる” 能力があると気づく。

彭澤と徐嘯天は 龍紋玉佩の光を頼りに 洪西東を探す。
龍紋玉佩は 近くに 夜明珠があると光るらしい。
そして 探偵事務所にたどり着く。

「洪西東 逃がさないぞ。謀反の罪で捕らえる」と 洪暁東の腕を掴む彭澤。
洪暁東は 彭澤の心が見える。
夜明珠を取り返すと約束している光景が見えた。

洪暁東、莫涵、章顕婷は 隙を見て逃げ出す。
彼らが追いかけてきた。
向こうは走ってこっちは車。絶対に追いつくことはない。
しかし 彼らはバイクを奪い 追いかけてきた。

洪暁東らは 彭澤と徐嘯天を朱可尚に頼んで 楊の浮気現場に急ぐ。
浮気現場を押さえられず 彭澤、徐嘯天、朱可尚に合流する。

章顕婷は 彭澤と徐嘯天が局長から見せられた絵の人物だと気づく。
そこで 2人に 取材させてほしいと頼む。
その時 携帯電話が鳴り…
驚いた徐嘯天から 斬りつけられそうになる。

すると 洪暁東が 章顕婷を「嫻児」と呼んで 抱きかかえて走り出す。
何かが乗り移ったような速さで 走る。
そして 車を“獣”と呼び、
章顕婷に「嫻児、いつもと衣が違う」と言い出す。

洪暁東は 章顕婷から「嫻児って誰?」と聞かれ、
「君のこと。婚礼後 そう呼んでいる」と言って キスしようとする。
章顕婷から頬を叩かれて
洪暁東に戻る。

一方 残された4人は…
朱可尚が 「洪西東に会わせろ」と脅されていた。
莫涵は 「会わせるから 約束して」と指切りをする。
“理性を失わず 穏便に話し合う。刀も抜かない”と約束。
…これがまた なぜか 彭澤と徐嘯天は莫涵に従順なのよね。

3

洪暁東は 章顕婷といると 突然 洪西東になる。
…何が引き金なのか…
章顕婷を嫻児と思い、
「君は私が守る。勅命を受け九転夜明珠を取り戻しに行く。名誉を回復する唯一の方法なのだ」と言う。
そして 再び 洪暁東に戻る。

章顕婷は 彭澤と徐嘯天を取材したい。
彼らが本当に明の錦衣衛なのかも確かめたい。
そのためには 洪暁東の協力が必要。
夢の実現のために 洪暁東に取り入ろうとする。

ただ…章顕婷は 洪暁東のことが 苦手なのよね。
洪暁東は 触れると心が読める。
章顕婷が思っていることは 洪暁東に丸見え。
章顕婷の作戦は うまくいかない。

ある日 章顕婷は 倒れているおじさんに声をかける。
すると 物を渡され、「徐菲さんのほかには口外しないように」と言われる。
そこに 黒服の男たちが現れ おじさんを車いすに乗せる。
「黄さんは 老人ホームから抜け出したんだ」と。

何かおかしい。
章顕婷は洪暁東に助けるように頼むが
揉めているうちに
黄さんと黒服の男たちは見えなくなる。
神隠しに遭ったように忽然ときえた ように思えた。

洪暁東と章顕婷は警察に届ける。

4

心が読める。ということは 女を口説ける
ということで 洪暁東は大喜び。
早速 クラブに行く。

そこで 黒服の男たちに絡まれている女性を助ける。
彼女が徐菲。けれど洪暁東は知らない。

お留守番の 莫涵と彭澤と徐嘯天。
洪暁東から
莫涵は 章顕婷を入れるなと言われ、
彭澤と徐嘯天は 章顕婷の質問に答えないこと。ビデオにもとられないよう」と言われていた。

しかし 玄関の鍵が開いていれば 入ってくるわけで…
章顕婷は 探偵事務所に入り 彭澤と徐嘯天に質問しカメラを向ける。
しかし 彭澤と徐嘯天から カメラも録音機も壊される。

章顕婷は 莫涵から「彭澤と徐嘯天を現代の生活になじませたい」と相談される。
そうなったら 2人が明の人間だと証明できない と悩むが、
協力することにする。

5

章顕婷は 彭澤と徐嘯天を 取材したい。
洪暁東は 取材を認めてくれそうにない。
そこで 洪暁東に「楊社長の密会の写真を撮れたら錦衣衛を1か月密着させてほしい」と頼む。
代わりに 洪暁東が先に写真を手に入れたらミニスカートのメイド姿でただ働きする と約束する。

ということで
章顕婷は楊社長に、
洪暁東は愛人に
接近する。

しかし章顕婷は失敗。
助けに入った洪暁東と共に
楊社長のボディーガードに追われることに。
莫涵に頼まれた彭澤と徐嘯天に 助けられるが…
結局は 楊社長が不法侵入と訴えたため 逮捕されることに。
すぐに 釈放されたけど。

今回の逃亡で わかったことがひとつ。
洪暁東は 章顕婷の携帯電話の着信音に反応して 洪西東になるらしい。

6

章顕婷は 局長から 「スクープをとれなかったら ビキニで天気予報」と言われる。
そこで 探偵事務所に住み込み、スクープを得ようと考える。

章顕婷は 洪暁東がいない隙に 探偵事務所に入り込もうとする。
しかし 莫涵が洪暁東に電話。
章顕婷は 渋々 電話に出、
「住み込むのはいいが 今はダメだ。一週間待ってくれ」と言われる。
洪暁東は 章顕婷が住む前に 盗撮カメラの電波妨害機を設置するつもり。

探偵事務所に 依頼を断る電話が相次ぐ。
どうやら 楊社長が依頼人を脅しているらしい。

彭澤と徐嘯天は 洪暁東を疑っている。
莫涵と約束はしたけれど 洪暁東を襲おうと考えていた。
しかし 一酸化炭素中毒になっているところを 洪暁東に助けられたことで 考えが変わる。
探偵事務所のビルよりも命が大切だと言った洪暁東を誤解していたと思う。

7-8

楊社長の浮気の証拠を 先に手に入れたのは 洪暁東だった。
約束通り 章顕婷は メイド服で ご主人様 洪暁東に仕えることに。
同時に 探偵事務所に住み始める。

章顕婷は 携帯の着信音が 洪暁東を洪西東に変身させる と知る。
洪西東に変身させて 九天夜明珠のことや彭澤と徐嘯天との関係を聞く。
九天夜明珠が明の宝物だと聞く。

洪暁東は 呉警部の手伝いをすることになり
世界宝石展の警備を任される。
大衛という泥棒が狙っているらしい。

章顕婷は 黒服の男たちにつけられる。
洪暁東に 助けを求めるが…
注射をうたれ 意識を失う。
助けてくれたのは 白服の男“大衛”。
黒服の男と知り合いらしい。…仲間?

洪暁東は 助けようと 章顕婷に人工呼吸をする。
その時 光が洪暁東の体から章顕婷の体に入っていく。
目覚めた章顕婷は 触るとその人の心がわかるようになっていた。

9-10

洪暁東の様子がおかしい。
章顕婷に心を読まれ 父を思い出したから。

莫涵は 章顕婷から 父のことを聞かれたから様子がおかしい と聞き、
朱可尚に 洪暁東の父のことを聞く。

朱可尚が話したことによると…
洪暁東の父はひき逃げされ 亡くなった。
犯人は自首してきたが、
取り調べをした朱可尚は 真犯人は別にいるのではと感じた。
車の持ち主は大物で 謎の組織と関係がある者。
事故には裏があるはず。
洪暁東は 再調査を 署長に訴えたが 何もできなかった。
その後 洪暁東は警察を辞めた。

宝石店が開催される。
洪暁東は 警備にあたる。

事故で パトカーが立ち往生。
応援の警官が到着しない。
朱可尚は 呉警部から呼び出され 事故処理に行ってしまう。

そして 大衛が 堂々と 宝石を盗む。
彭澤と徐嘯天が追いかける。
洪暁東は 章顕婷から着信音を聞かされ 洪西東に変身。
大衛を追いかける。
しかし 逃げられてしまう。

11

洪暁東は 宝石店強盗事件の時の 呉警部の行動が理解できない。
心を読めたら… と思う。

徐嘯天は徐菲に一目惚れする。
もう一度会いたい。名前を知りたい。
洪暁東から クラブで見かけたことがあると聞いたから クラブに行ってみる。

クラブで 彭澤と徐嘯天は大衛に声をかけられる。
大衛は 「俺は善人だ。宝石を盗むこと以外 悪いことはしない」と言い、
友達になりたい、協力しあおうともちかける。

大衛が何の目的で近づいてきたのか わからない。
彭澤は警戒するが、
徐嘯天は 泥酔していたせいもあって 警戒心 全くなし。
一目惚れの女性を探してくれるならなんでもOKの様子。
大衛は 「連絡してくれ」と 徐嘯天にスマホを渡す。

12-13

徐嘯天は大衛に電話し、会う。
食事をごちそうになり
すっかり取り込まれてしまう。
“現代人ではなく 洪西東を追ってきた”とか
“九転夜明珠を探す龍紋玉佩は彭澤が持っている”とか
べらべら話す。

大衛は 章顕婷を拉致。
目的は…
大衛曰く 章顕婷を好きだから。
「恋人にしたい。共に過ごせば 俺のことを好きになる」と。
…キモイ。

探偵事務所に 放送局から 章顕婷が来ていないと電話がある。
章顕婷が仕事をすっぽかすはずがない。
事故は発生していない。
拉致されたに違いない。
黒服集団か、大衛か、
洪暁東たちは 探し始める。

洪暁東は 章顕婷の携帯位置情報で探す。
以前 黒服集団に出会った公園にたどり着く。
周囲は電気策が張り巡らされている。
夜になって 動くのは危険。
翌朝 探すことにする。

章顕婷は 大衛の携帯に徐嘯天から着信があったのに気付く。
あの携帯で電話すれば…
大衛の目を盗んで 電話をする。

徐嘯天は 洪暁東たちと章顕婷を捜していた。
彼らに 大衛とつながっているとばれる。

大衛のアジトを発見。
章顕婷を救出する。

救出している時
章顕婷は 危険を感じ 携帯の着信を鳴らして 洪暁東を洪西東に 変身させる。

章顕婷を救出した後
洪暁東は また記憶が飛んでいることに気づく。
朱可尚に聞くと
「武功の達人になって飛び回っている」と言われる。
次に 章顕婷に聞くと
「この曲を聞くと洪西東に変身する。危険が迫ると鳴らすようにしている」と言われる。

14

徐菲は 大衛のカフスボタンの紋章が気になっている。
家族失踪に関係していると思われる組織のものと同じ。
大衛を尾行する。
そのあとを 洪暁東が尾行する。

洪暁東は 徐菲を 探偵事務所に連れてくる。
彼女の目的も 大衛だと思ったから。

洪暁東は 徐菲と握手して
彼女が 幼い頃監禁されていて 両親を殺されたと知る。

章顕婷は“徐菲”という名に覚えがあった。
公園で倒れたおじいさんが言っていたと思いだす。
そこで 洪暁東にキスして 心を読む術を得て、
徐菲を呼び出す。
そして 預かっていた物を渡す。
倒れていたおじいさんは 徐菲の養父の万鍵師だと知る。

15

洪暁東と彭澤に オークションの招待状が届く

鄭和の幻の宝船に関するオークションらしい。
鄭和が出向する時と 彭澤と徐嘯天が現代に来た時が 同じ。
鄭和が 夜明珠を手に入れたかもしれない。

洪東暁は 楊社長と大衛に対抗するために 彭澤、章顕婷と協力するべきだと考える。
そのためにも 洪西東に変身する姿を確認するべきだと思う。
そこで 章顕婷に洪西東に変身する姿を 撮らせる。

洪西東に変身。
洪西東は 現代がわからない。
彭澤と章顕婷に 現代を見せてもらう。
そして 一緒に夜明珠を探す約束をする。
見つかった後は 腕比べで持ち主を決めることに。

章顕婷は 洪東暁に 部屋のロッカーに入っていたと 箱を渡す。
それは 父が用意した洪暁東への誕生日プレゼントだった。
洪東暁は “捨て子の自分のために誕生日を用意してしなかったら…”と 自分にはプレゼントを受け取る資格はないと思っていた。

洪東暁は 章顕婷に勧められて 箱の中のDVDを見る。
父からのビデオメッセージ。
「お前と一緒に置かれていた物は金庫の中にある。実の親を捜したいと思う日が来たら 渡す。息子よ、お前は神様からの最高の贈り物だ。誕生日おめでとう」

“大中華 文物コレクション”
考古学者の孫彦軍教授も来ていた。
黒服に連れて行かれそうになるが、撃退する。

陳社長が オークション会場を制圧する。
ところが徐菲に拳銃を突き付けられる。
徐嘯天は徐菲を応援。
黒服たちをやっつける

彭澤は 徐嘯天に毒の影響が見られるのが気になる。

16

楊社長は逮捕される。
洪東暁が 密かに集めていた証拠が役立ったらしい。

徐嘯天は 探偵事務所に戻る。

“藺の旦那”…伝説の“黒スーツの門番”
孫彦軍は 朱可尚に その男のことを調べてほしいと頼む。

朱可尚は 秘密にしてほしいと言われたが、
呉警部に 藺という人物の調査に力を貸してほしい と頼む。
…怒られたようだから 協力してもらえないのかしら?

洪東暁と章顕婷が 探偵事務所の屋上にいると 大衛がくる。
大衛は 洪東暁に麻酔薬を打って 動けないようにした後
章顕婷に告白する。
「気持ちを受け入れてくれたら 組織から抜け出す」と。
章顕婷から 組織のボスは誰か聞かれるが、答えない。

で、大衛の告白が嫉妬心を煽ったのか
洪東暁は章顕婷に キスしようとする。
しかし 事務所のみんなが来て できなかった。
…ここで 唐突にキスする展開が…ようわからん。

逮捕されていた黒服集団が 陽社長を置いて 脱走する。
監視カメラは壊されていた。
鍵は頑丈なのに…
…内部の犯行?呉警部の仕業?

洪東暁は 以前彭澤の武功で記憶喪失になった黒服たちを 病院の地下に隔離している。

17

章顕婷は 局長から 「視聴率を上げたから好きな事件を追っていい。タイムスリップした錦衣衛を追い続けろ」と言われ、
戸惑う。
“彭澤と徐嘯天は友達なのに…”とう。

章顕婷は 彭澤と徐嘯天が 現代の生活に慣れてしまっていいのか心配になる。
明に戻った時大丈夫だろうか と。
そして ふと思いつき、
彭澤と徐嘯天に 歴史図鑑を見せる。

彭澤と徐嘯天は 明王朝が女真族に滅ぼされたと知り 嘆き悲しむ。
その嘆きは 夜になっても続く。

楊社長が倒れる。
中毒を起こしていた。
毒とは知らず 長年 黒服集団に補薬を飲まされていたらしい。
飲みつづければ元気に 服用をやめると異変が起きる
捕薬を飲み続けるか 解毒剤を探すしかない。

朱可尚は 黒服集団は楊社長を掌握しようとしていたのでは と思う。
また 病室の地下にいる黒服たちの血液検査をする。
彼らも 同じ補薬を飲まされていた。

18-19

大衛は 章顕婷と間違えて 莫涵を拉致する。
目的は章顕婷。
莫涵に謝罪する。
すると 「大丈夫?」と心配される。
「私は何年も思い続けているのに 振り向いてもらえない。好きな人に愛されなくても 幸せな善人はいる」と。

莫涵には 大衛が悪い人に思えない。
組織から抜けられるように手伝えたら…と思う。

呉警部は 黒服集団のボス“黒スーツ”から 探偵事務所から“転生儀”を盗むよう命令される。
呉警部は 妻子を人質に取られていた。

呉警部は 探偵事務所に行き、転生儀のことを聞く。
その様子は 誰が見ても 怪しい。
誰もが 呉警部が転生儀を狙っている とわかる。

帰ってきた洪暁東に 呉警部のことを話す。
洪暁東は 呉警部の妻子が人質に取られていると知っていた。

探偵事務所が 黒服集団に襲われる。
洪暁東たちは 黒服集団を追いかける。

誰もいなくなった探偵事務所。
そこに 大衛がやってくる。
目的は転生儀。
事務所を空っぽにするために 探偵事務所を襲ったのだった。
大衛は 転生儀を見つけられなかった。
洪暁東は こうなるとわかっていた。

黒服集団を追いかけていて
章顕婷が大怪我をする。
予断を許さない状態。

章顕婷が危篤状態に。
洪暁東は章顕婷に キスをする
すると光が 洪暁東から章顕婷に移り…
章顕婷は意識を取り戻す。

洪暁東は 呉警部から 「黒服集団と関係があるようだから 転生儀を預かりたい」と言われ、
「奪われた」と答える。

洪暁東は 呉警部に
「脅されているんですね。今からでも引き返してください」と説得するが
「戻れない」と断られる。

孫彦軍は 香港から戻り 朱可尚に会う。
「藺をあぶりだすために ドラ息子を利用しよう」と提案する。

20-21

藺は “黒スーツ”に頼み、息子に“霊脂蘭”の配達の仕事を与える。
ところが…
黒服たちの死亡が相次ぐ。
その数は 20人。
霊脂蘭をきちんと飲んでいれば 死ぬことはない。
なのに なぜ…

藺は 息子を問いただす。
この状況ではボスに消される と。
息子は 霊脂蘭を利用して 別の薬“ニスロク”を作り 売っていた。

藺の息子が“ニスロク”を取引していた暴力団に脅される。
孫彦軍と朱可尚は 息子を助ける。

孫彦軍が 息子と話していると 藺が現れる。
藺によると “黒スーツ”が藺親子の殺害命令を出したらしい。
孫彦軍は “助かる方法はないのか、警察に協力を求めてはどうか”と思うが…
藺は 息子を銃殺した後 拳銃自殺する。

孫彦軍は “黒スーツ”に 転生儀を見つけると約束する。

22

孫彦軍は 二重スパイ?
自分の利益になれば何でもする ってこと?  


探偵事務所に 孫彦軍から 都統像が送られてくる。
アフリカで見つかったらしい。
なぜ 明の時代の者の像がアフリカにあったのか 不思議に思う。
また 孫彦軍によると 都統は“黒スーツ”にそっくりらしい。

孫彦軍は
彭澤と徐嘯天が明から来たこと、
ある音楽を聞かせると 洪暁東は洪西東に変身すること、
などを聞かされる。
また 彭澤から
「黒スーツと手を結ぶふりをしていると聞いた。万鍵師の行方を探ってほしい」と頼む。

孫彦軍は 黒スーツに
彭澤と徐嘯天が明から来たことなど 探偵事務所で知ったことを話す。
また 洪暁東が読唇術を操るということも話す。
そして 霊脂蘭の服用をやめれば 死に至る と聞かされる。

再び 探偵事務所。
孫彦軍は 今度は 探偵事務所で 黒服集団のことを報告。
万鍵師が監禁されている鍵を渡す。

徐嘯天は 万鍵師を助けようと 一人で乗り込んでいく。
助け出すが 逃げている途中で 吐血。
黒服に拉致される。

万鍵師は 探偵事務所にたどり着く。
「徐嘯天に助けられたが、徐嘯天は捕まった」と話す。

万鍵師によると…
以前 黒スーツに宝箱を開けるように命令された。
中には 図面と玉佩が入っていた。
図面は特殊な装置の図面のようだった。
玉佩はその装置の鍵。
図面には“古今を越えて 歴史を変え 世界を縦横し 天下を得る”と書かれていた。
怖くて 鍵を持って逃げた。

彭澤は 洪暁東らに 徐嘯天が 霊脂蘭の毒に置かされていると告白する。
明で 都統から渡されたが 自分は飲まなかった。
都統が錦衣衛を掌握するために 飲まされていた
「飲めなかった者が命を落とした。全身から血を流し 目も当てられなかった。だから 自分は飲まなかった」と。

23-24

ニュースが流れる。
“政財界の大物たちが 原因不明の中毒症状で 続々と入院している”

黒服集団のアジトで目覚めた徐嘯天。
黒スーツに会う。
黒スーツは都統だった。
徐嘯天は 都統に忠誠を誓う。
すぐに 彭澤を連れてこようとするが、黒スーツに止められる。
「彼は私に対して二心がある」と。
そして 「まずは忠誠心を試す」と言われ、
霊脂薬を渡される。
「彭澤が飲めば 快く迎える」と。

徐嘯天は黒服集団の隊長になる。

彭澤の前に 徐嘯天が黒服を着て 現れる。
彭澤は 都統は悪党だと言って 徐嘯天を諭そうとするが、
都統を信じきっている徐嘯天には通じない。
ついに 2人は決別してしまう。

徐嘯天は すっかり黒服集団に溶け込んでいるように見える。
大衛のことが気になり
黒スーツに聞いてみる。
すると「役立たずは監禁している」と言われる。
“悪い奴じゃないのに…兄貴との仲直りを勧めてくれた”と思う。
その気持ちを黒スーツに読まれたのか、
黒スーツに「彭澤は お前を弟のように可愛がってきた。仲違いはよせ。誠意をもって道理を説けば分かってくれる」と言われる。
…仲違いさせたのは黒スーツのような気がするのだけど…

左佑守は 転生儀を作っている。
完成間近。
どうやら 丸い物を入れる必要があるらしい。
丸い物…夜明珠 と思われる。

25

莫涵はどこに行くのかわからないまま 孫彦軍について行く。
着いたところは 黒服集団の本部。
莫涵は 監禁されてしまう。
孫彦軍から「黒スーツを尊敬している」と言われる。

黒スーツは 孫彦軍が莫涵を連れてきたのを おかしいと思う。
“この間は 黒服集団に襲われた莫涵を助けようとしたのになぜ?”
孫彦軍から「洪暁東と戦争になった時に怪我しないように保護した」と説明される。

莫涵は 徐嘯天に「戻ろう」と言う。
しかし「もう戻れない」と言われる。
「彭澤さんは解毒剤を探している。私は監禁され 万さんは殺されたのよ。」と説得するが…

徐嘯天は徐菲を思い 心が揺れる。
しかし カメラで監視されているため 莫涵に冷たくあたるしかない。

莫涵を 黒服集団に監禁させることは
洪暁東と孫彦軍、2人の計画だった。

そうとは知らない章顕婷たちは 帰ってこない莫涵を心配する。
そして 心配しない洪暁東と孫彦軍を責める。
と、洪暁東から 探偵事務所に仕掛けられている盗聴器を見せられる。
章顕婷は 洪暁東と喧嘩したふりをする。

黒スーツは 探偵事務所が仲間割れした と喜ぶ。

26

夜明珠は 洪暁東の身体の中にあった。

洪暁東は 洪西東の記憶が戻る。
洪西東は 彭澤と徐嘯天に追われ、夜明珠を飲み込んだ。
その後 ワームホールに入り 体がどんどん小さくなった。
そして 気がついた時 父に拾われていた。
洪暁東の父は 拾った時に洪暁東が着ていたものを保管していた。
それは 洪西東が着ていたものだった。
洪西東は小さくなり 洪暁東として成長してきたのだった。

徐嘯天は黒スーツから
「五毒矢心散をばらまいて 洪暁東に気を失わせて 本部に連れてこい」と命令され、
世話になった人にできない と思い悩む。

徐嘯天は洪暁東を拉致する。(洪暁東は承知で拉致された様子)

黒スーツは
“龍紋玉佩は孫彦軍が持ってきてくれた。洪暁東は拉致した。後は転生儀だけ”と思う。
孫彦軍を利用しようと考える。

27

孫彦軍は 黒スーツを倒すため 仲間を集めることにする。
洪暁東が密かに集めていた有志の件を引き継ぐとともに
呉警部と徐嘯天、大衛に協力を求める。

まず 呉警部に 黒スーツから離れるいい機会だと説得する。
黒スーツに転生儀を持っていき、引き換えに 家族の自由を求めればいい と。
数日後 呉警部から協力すると言われ、
呉警部に 転生儀を渡す。

次に徐嘯天。
徐嘯天に 莫涵に会ってほしいと電話する。
徐嘯天は すでに揺れていた。
ただ 完全に黒スーツを裏切るまではしていなかった。
しかし 呉孫軍から電話をもらい 決心する。
莫涵に協力すると伝える
大衛にも 洪暁東と莫涵が黒スーツに監禁されていると話し、暗に“打倒黒スーツ計画”が進んでいることを伝える。

孫彦軍は 黒スーツから 転生儀の図面の暗号の解読を頼まれていた。
彭澤の協力で解読。
転生儀には“皇族の血”が必要だった。
孫彦軍は 黒スーツに報告し、“皇族の血”を探す。

“皇族の血”明の皇族…名字“朱”の者 らしい。
朱可尚 ってことね。

28

徐嘯天は探偵事務所に行き、彭澤と話す。
「都統殿は悪党だ。善悪も判らず逆らって申し訳ない」と謝罪。
「大衛と協力して 2人を救出するつもりだ」と言う。
すると「数日後 警察と民兵で本部を攻める。内外で協力しよう」と言われる。

章顕婷にメールが届く。
“俺を憶えているか?D”
孫彦軍に見せると 大衛からだろうと。
孫彦軍は 莫涵の部屋番号を返信する。

孫彦軍は 朱可尚に先祖のことを聞く。
朱可尚の祖父に聞いてみると
皇族の子孫だとわかる。

黒スーツが 襲撃命令を出す。
孫彦軍は 襲撃を止めるため 黒スーツに 「転生儀と皇族の血をもってくる」 と言う。

打倒黒スーツ計画が開始される。
ところが 黒スーツは予想以上に強かった。
銃にビクともしない。
ところが 黒スーツの口に夜明珠を入れると…
黒スーツは 赤ん坊になってしまった。

海浜市に平和が戻る。

洪暁東に 国際警察から 荷物が届く。
中は 特別上級幹部の職員証と転生儀。

転生儀を箱から出すと 作動しはじめ…
洪暁東、彭澤、徐嘯天が 消えてしまう。
…過去に戻ったこと?


スポンサーサイト
web拍手
関連記事

棘のある花(私の手をとって)(1)-(29)

29話でリタイア

どこかで観たような設定、展開。
けれど 最後まで観るつもりだったのですが
録画されておらず…
(月)~(金)の連続録画予約していたはずなのに…
29話まで まったく問題がなかったのに…




全130話 2013年 MBC

出演者 : ハン・ヨンス・・・パク・シウン
      ミン・ジョンヒョン・・・チン・テヒョン
      ミン・ジュウォン・・・イ・ジェファン
      オ・シニ・・・ペ・グリン

      カン・エスン(ヨンス母)・・・キム・ヨンラン
      ハン・ジュニョン(ヨンス弟)・・・ノ・ヨンハク
      カン・ヤンスン(ヨンス叔母)・・・クム・ボラ
      パク・ミジン(ヤンスン娘)・・・ハン・ヨウン

      ミン・ドンフン(ジュウォン叔父、ジョンヒョン義父)・・・ミン・ドンフン
      ナ・グムジャ(ジョンヒョン母)・・・パク・ジョンス
      チョン・ヒョンス(ジュウォン秘書)・・・イ・チャンウク

      オ・ジンテ(シニ父)・・・アン・ソクファン
      キム・チョルチン(別名:パク・チュンベ)・・・キム・ドンギュン

      ジュニョン子役・・・ソ・ドンヒョン

演出  : チャ・ウンギョン、イ・ケジュン
脚本  : ホン・スニ


 12345-67-8910111213-1516-192021-242526-2728-29


1

罠に嵌り 恋人もすべてを失った女が復讐をする
という話なんだろうと テレビ大阪やBS11で放送された時は スルーしたのですが、
とりあえず 観ることに。  


ハン・ヨンスは デザイナーの先生に頼まれ、ファッションショーを手伝う。

急に デザイナーの先生が体調を崩し 病院に行ったため
オ・シニが 代理を務める。
悪いことは続くもので ドレスが破れてしまう。
おろおろするシニ。
ハン・ヨンスがリメイクし 窮地を救う。

シニは ファッションショーを企画したミン・ジョンヒョンを狙っている。
しかし ミン・ジョンヒョンはヨンスと恋人同士だった。

また シニは ヨンスを 毛嫌いしている。

2

倉庫で 棚から荷物が落ちてくる。
ヨンスは男性を庇って倒れる。
それを目撃したシニ。
ヨンスが庇った男性が ジョンヒョン父だとわかる。
ヨンスに すぐに面接に行くように言い、
自分が 発見者のふりをする。

ヨンスは デザイナー面接に来ていた。
すぐに 面接会場に向かうが、
デザイン画を倉庫に置き忘れていた。
ジョンヒョンの助けで 面接を切り抜ける。

デザイン画を見つけたのは シニ。
シニは ヨンスのデザインを写メする。

シニは 父を助けてくれたと
ジョンヒョンから感謝される。
シニは ジョンヒョンに お礼に 一緒に食事してほしいと頼む。

食事の席で
シニは ジョンヒョンに 好きだと告白するが、
3年間想い続けた人がいて 結婚する予定だと 言われる。

そして その帰り、
シニは 父がヨンス家族と一緒にレストランから出てきて 楽しそうに話をしているのを目撃する。
シニは 父とヨンス母が付き合うのを嫌っていた。

シニは ジョンヒョン家に招待される。
命の恩人と感謝されるシニ。
ジョンヒョン両親から ジョンヒョンとお似合いと言われて 舞い上がる。

ヨンスは ジョンヒョンとジョンヒョン母と一緒に 食事をする。
ジョンヒョン母から 明らかに嫌われ 落ち込む。
仕方ないと思いながらも いつか気に入ってもらおうと思う。

ジョンヒョンはヨンスを送る。
「何があっても放さない。絶対に裏切らない。死ぬまで君を愛し続ける」と言って
キスをする。

シニは その様子を目撃する。

3

シニは泥酔して ヨンスを呼び出す。
「私から大事な人を奪った。3年間ずっと好きだった。私はジョンヒョンさんを思い続けていたの」と言いがかりをつける。

翌日 シニは ヨンスに「彼を諦めて」とすがったことを恥じる。
あんな男なんてどうでもいいわ とコンテストに集中しようと思う。

ヨンスは ジョンヒョン母から呼び出され、
「すぐに別れなさい」と言われる。
「ジョンヒョンさんを支えて 家族に尽くします」と言うが、
水をかけられる。
その時 初めて ジョンヒョンが DHファッションの会長の息子だと知る。

ヨンスは ジョンヒョンから 自分は変わらないと言われるが、
壁ができてしまった気がする。

シニは 大賞に選ばれる。
5年間の留学後 デザイン室長になれる。
喜ぶシニだが…
実は ヨンスのデザインだった。

シニは 入社試験の課題作品の中に 自分が大賞をとった作品があるのに気付く。
シニは ヨンス家に行き、
ヨンスのデザイン長を盗もうとする。
ところが ヨンス母に咎められ、
ヨンス母を突き飛ばしてしまう。

4

ヨンス母は お腹にはさみが刺さり 亡くなる。

シニは ヨンス母をそのままにして ヨンス家を出る。
その様子を 浮気調査をしていた探偵が 録画する。

ヨンスは帰宅して 母を発見。
倒れる。

シニ父は ヨンス家に行き、
シニのキーホルダーを見つける。
そのキーホルダーを持ち帰り シニを問いただす。
シニ父は 自首させようとするが…

シニ父は シニを庇うことにする。
はさみの柄の指紋をふき取り ヨンス家に隠す。

ヨンスは 逮捕される。

5-6

シニ父は 娘の罪を隠すために ヨンスに罪を着せた。
凶器が見つかっても 裁判で無罪か執行猶予がつくだろうと考える。

ジョンヒョンは ヨンスの弁護を ジュウォンに頼む。

ヨンスは 一貫して無実を主張するが…

ジョンヒョンは キム・チョルチンという闇金の男がヨンス家の近くで目撃されていたと情報を得る。
会うが、何の情報も得られなかった。

しかし…
キム・チョルチンは あの時のことを思いだす。
すぐに シニを脅す。
すると シニから 裁判で偽証するように言われる。
キム・チョルチンは 裁判で ヨンスが家に入った後争う声がした と証言する。

ヨンスは 反省する態度が見られないと 懲役15年を求刑される

7-8

あんな弁護士に頼んじゃだめよ。
ジョンヒョンは 愛するヨンスを知らない人には頼めない と考えたようだけど
ヨンスを無視して 無罪ではなく 情状酌量を狙う弁護士なんて…
権力に立ち向かう熱血弁護士に頼まないといけなかったのよ。

ジュウォンは ヨンスに
「出たいなら 罪を認めて 過失致死が 情状酌量を狙っては?」と言う。
ヨンスが無実を主張しても 有罪の証拠が揃っていると。

ヨンスは 一貫して 無実を訴えていた。
しかし…
弟が行方不明になり 弟を探すために 外に出たいと思い、
罪を認める。
…いやはや バカすぎる。確かに 警察が必死になってヨンス弟を探しているとは思えないけど やっていない罪を認めてどうするのよ。やっていないと訴え続けなきゃ。だいたい ヨンスが外に出て捜したからって 見つかるわけでもないだろうに。

ヨンスは 懲役3年執行猶予5年の刑を言い渡され、
釈放される。

ヨンス弟が保護される。
ヨンスは 弟を迎えに行くが…
弟に嫌われてしまう。
また 叔母からは 姉を殺したと責められる。

シニは わざとジョンヒョンを失敗させて ジョンヒョンを助ける忠実で有能な社員を演じる。
ジョンヒョン父を助け、(本当はヨンスが助けたのに)
デザイン賞を得、(ヨンスのデザインを盗んで)
ジョンヒョンを助け、
シニは ジョンヒョン父の信頼を得る。

9

シニは ジョンヒョン母に好印象を与えるため
父はリゾート事業をしていると嘘をつく。
信じさせるために キム・チョルチンにパンフレットを作らせる。
ジョンヒョンを好きだとアピールすることも忘れていない。

ジョンヒョン母は シニを気に入ったように見えるが、
肝心のジョンヒョンは ダメ。
シニは ジョンヒョンから「ヨンスと幼なじみなのに 何を考えているんだ。僕にはその気はない。ヨンスしかいない。困る」と言われる。

そこで シニは ヨンスとジョンヒョンのデート写真を撮らせ、
“殺人犯と禁断の恋”と記事を書かせる。

ジョンヒョンは 義父から 殺人者と交際しているのかと 罵倒される。
母からは この騒ぎを収めるために シニと結婚しろと言われる。

10

ジョンヒョンは ヨンスと別れるつもりはなかったが…

ジョンヒョンは
母が義父から「このような状態では お前たちに会社も財産もやれない。また同じようなことが起こったら この家から身一つで追い出してやる」と言われているのを聞いてしまう。

また チョ秘書から
実父の会社の倒産は 義父のせいだと聞かされる。
義父の一方的な契約破棄で 資金繰りが苦しくなり 倒産したと。

母を問いただすと
このことは再婚後に知った と言われる。
また 実父は事故死ではなく自殺と聞かされる。
「(ジョンヒョン義父)を殺したいくらい憎んでいる。けれど この家に居座わろうと思った。 会社や財産を奪って。父の死と私の苦労を無駄にしないで」と言われる。

そして…
ジョンヒョンは ヨンスに 別れを告げる。
「もう守ってやれない」と。

ヨンスは 男に絡まれ 警察署に連行される。
ヨンスが殺人の前歴があると知ると 警察官の態度が豹変する。
ヨンスは どこに行っても人殺し とつぶやく。
…当然じゃない。何年かかろうと 無実を訴え続けなきゃ。

11

予想通りの展開。
ジョンヒョンが シニと結婚することになったら リタイアしようかと考えていたけれど…
どうしようかしら。  


ジョンヒョンは シニと結婚し、
アメリカに留学すると決める。

ということで 両家の顔合わせ。
なんと シニは 男を雇って実父として出席させる。
…そんな嘘、すぐにばれると思うけどなぁ。というか それよりも ジョンヒョン義父は シニの家族を調べないの?シニの話を鵜呑みにして どこの馬の骨かわからない娘が嫁でもいいの?ヨンスはダメでシニがいい理由がわからない。

12

ヨンスは ジョンヒョンの結婚相手が シニだと知る。
自殺しようとして 妊娠していることがわかる。
そして 出産する。

5年後。
ジョンヒョンとシニは不妊治療を続けていたが、
医師から「これ以上治療しても妊娠するのは難しい」と言われる。

ジョンヒョンは シニに「やめよう。意味がない」と言うが、
「続けましょう。まだあきらめない。あなたそっくりの子供がほしい」と言われる。
…シニそっくりの子どもが生まれたらどうする!

あんな形で結婚して 子供が生まれないと
夫婦仲は最悪。
おまけに
ジョンヒョン母からは「ひどい産神様ね」と皮肉を言われ、
子供が生まれないと責められる。
嫁姑の中も最悪。

ジョンヒョンは 母にも 子供は諦めたと言う。

ジョンヒョン母は 不妊治療の医師に話を聞くために 病院に行き、
ヨンスと息子ウンソンを見かける。(ウンソンが友達を怪我させたため病院に来ていた)
もしやと チョ秘書に調査させる。

ジョンヒョンはウンソンの幼稚園に行く。

13-15

ジョンヒョン母は ウンソンとジョンヒョンのDNA鑑定を行い、
ジョンヒョンの息子だと知る。
引き取って育てたい。
弁護士からは 「育てているのは母親で 養育費も払っていない。裁判では不利。ただし 例外が…」と言われる。

ジョンヒョン母は ヨンスに金を渡して、ウンソンを手に入れようとする。
しかし 断られる。

シニも ヨンスがジョンヒョンの息子を育てていると知る。
シニは ヨンスに
「絶対に子供を離さないで。遠くへ行ってひっそりと暮らしなさい」と
シンガポール行きの航空券を渡す。

ジョンヒョン母は ジョンヒョンに ウンソンのことを話す。
「引き取りましょう」と言うが、
「引き取れない。ヨンスから息子を奪えない」と言われる。

ジョンヒョン母は ヨンス叔母に 金を渡す。

ヨンスは ジョンヒョンに頼まれて ウンソンと遊ばせる。
ところが ジョンヒョンがそばを離れた間に ジョンヒョン母が ウンソンを 家に連れて行ってしまう。

ヨンスは ウンソンを迎えに行き、
渡すつもりはない とはっきり言って ジョンヒョン家を出る。

ヨンスは ミン弁護士…ジュウォンに再会する。
ウンソンがジョンヒョンの息子だと明かし、訴訟になったら頼みたいと言うが、
「今は弁護士ではない」と断られる。
ヨンスは ジュウォンから なぜキム・チョルチンを捜しているのか と聞かれる。
「彼を見つけて真実を明らかにしたいから。汚名をそそぐまでは現在進行形です」と答える。

16-19

シニは ウンソンを育てると決める。
ジョンヒョンの妻の座に座り続けるために。

ジョンヒョンの気持ちが変わる。
義父が いまだに 自分ではなくジュウォンを信頼していると知る。
また ヨンスが ウンソンを育てると言い出した。
そして ウンソンが 人殺しの息子と苛められていると知る。
ジョンヒョンは ヨンスに ウンソンを引き取りたいと言う。
当然 ヨンスから断られる。
今更父親ぶらないで と。

ジョンヒョンたちは ジョンヒョン義父にウンソンのことを話す。
ジョンヒョン義父も ウンソンを引き取ることに 賛成する。

ヨンスは 叔母がジョンヒョン母から金を受け取ったと知る。
叔母から ウンソンを渡して出直したほうがいい と言われるが、
ジョンヒョン母に金を返す。

ウンソンが ジョンヒョン母に誘拐される。

ヨンスは ジョンヒョン家に行くが、門前払い。
帰ってきたジュウォンにすがる。
すると「無実を証明するんだ。堂々と子供を取り戻し 胸を張って生きられる」と言われる。

ジュウォンは帰宅し、 ジョンヒョン母に 「これは誘拐ですよ。通報するように勧めました」と言う。

ヨンス叔母は ジョンヒョン家に乗り込み、
ウンソンを連れて帰る。

ジョンヒョンは ターゲットをジュニョンにする。
直接頼むが、甥を売る気はないと断られる。
そこで シニの登場。

ジュニョンは シニが雇った男に喧嘩を吹っ掛けられ 警察沙汰に。
示談金が必要になる。
ヨンスは 金をかき集めて 示談金を渡すが、
値をつり上げられる。

ジョンヒョン夫婦が ウンソンを養子縁組するというニュースが出る。
ジョンヒョンがリークしたこと。
ウンソン養子を既成事実にして ヨンスを追い詰めようとしたのだ。

ヨンスは 思い悩む。
ウンソンがいなくては生きられない。
愛情を持って 必死に育ててきたけれど ウンソンは幸せだったのだろうか。
ジョンヒョンに引き取られた方が幸せなのかもしれない。

ヨンスは ウンソンを ジョンヒョン家に連れて行く。

20

「貧乏でもいいから ママのところにいる」と泣くウンソン。
むりやり ジョンヒョン家に入れる。

ジョンヒョンは ジュウォンに非難され
「息子が傷つかず 元気に育てば それでいい」と言う。
…もうすでに十分傷ついていると思うけどなぁ。
また「(母親がいない分を)俺が埋め合わせる」と。
…無理!無理!

ジュウォンは ヨンスに
DH社の公募展に応募するように勧める。
「子供を迎える日のために 輝いた母親になっては?」と。
…この人も何を考えてんだか…ヨンスのことを思うなら 事件を調べなおせよ!

ヨンスは ミジンの店に行き、自分のデザインと同じ洋服が飾られていることに気づく。
ミジンによると 5年前のコンテストで大賞をとったもの。
大賞をとったのは シニだった。

ジュニョンは キム・チョルチンの会社で バイトとして働くことに。
…ヨンスの裁判で証言した男と知ってる?

ウンソンが泣き出し 泣き止まない。
シニは ウンソンの荷物の中にあったヨンスの手紙を思い出し、ウンソンを泣き止ませる。
その手紙には ウンソンのことが書かれている。
ジョンヒョンが困った時のためにと書いたもの。
しかし シニはジョンヒョンに見せず 自分の手柄にしようとしたのだ。

21-24

シニは ヨンスから 盗作したと非難され、
ディスプレイから外す。
…盗作したとバレバレ。

ヨンスは シニがデザイン画を盗み、それを盗作したと気づく。
自分が作ったのはデザイン画とは 肩のラインが違う。
5年前の応募作品を見せてもらうと 自分の作品がなかった。
ジョンヒョンに聞くと ヨンスの作品は審査していないと言われる。

ジュウォンもまた 5年前のコンテストでの ヨンスのことを聞く。
ヨンスが課題を出さなかったと聞き 不思議に思う。

ヨンスは 公募展に応募する。
すると シニの邪魔がはいる。
まずは シニに命令されたキム・チョルチンの部下に 応募作品をひったくられる。
偶然 ジュウォンが目撃。取り戻してくれる。
次に 作品を ヨンスに切り刻まれる。
ヨンスは リフォームする。

大賞はヨンスが受賞する。

25

大賞を取ったら 入社できる。
…はずだったのに…
前科者、おまけに ジョンヒョンの元カノでウンソンの母親。
ヨンスに入社してほしくない。

ジョンヒョンとシニは 入社に反対。
ジュウォンは 入社させるべきと言い、
ジョンヒョン義父は 入社させるのが筋だと思いながらも 頭を抱える。

ジュウォンは 最終テストをすることを提案する。

シニは ヨンスを落とすために 自分が審査すると言い出す。
承諾したジュウォンだったが、
シニの魂胆はお見通しだった。

最終テストの課題は 見本と同じものを作ること。
シニは 公開審査で ヨンスに見せた見本と違う物を 見本として出す。

見本と違うと ヨンスは不合格になりそうになるが、
ジュウォンが助け、
合格する。

ジュウォンは シニが見本を替えたことを知っていた。証拠の写真も撮っていた。
ジュウォンに証拠の写真を突き付けられ シニは黙るしかない。

ヨンス初出勤。
シニは キム・チョルチンに命令。
ヨンスに「前科者が会社勤めか。母親を殺しといて仕事か?」と言って 卵をぶつけさせる。
キム・チョルチンの事務所で働いているジュニョンも その場にいた。

26-27

シニのせいで ヨンスに殺人の前科があると 全社員が知ることになる。
ヨンスは 全社員から白い目で見られ、
シニからは嫌がらせを受ける。

ヨンスは ミジンから ブローチを借りる。
それは ミジンがヨンス母の遺品から見つけたもの。
そして それはシニがヨンス母を殺した時に 落としたもの。
シニは ヨンスがつけているブローチを見て 青ざめる。

ジョンヒョン義父は会社をより成長させるために
デザイナーを2班に分け 競わせると決める。
ジョンヒョンとジュウォン。
事実上 後継者を決める競争。

ヨンスをこき使うシニ。
黙って言いなりになるヨンス。
ジュウォンは 頭にくる。

デザイン室のメンバーは ジョンヒョンのチームに入るはず。
ジュウォンは ヨンスと2人で頑張る ってことになるのかしら。

28-29

見苦しいシニ。

偉そうにしているけれど 心の中は不安でいっぱい。
ジョンヒョンは今でもヨンスを愛しているのではないか。
デザインでヨンスに負けるのではないか。
ヨンス母殺人の真犯人だとばれるのではないか。
と 不安。
だから ヨンスをいじめる。

女優ワン・チェリが 自分ではなくヨンスのデザインに興味を持つと
ヨンスが ワン・チェリと約束の時間に行けないように 倉庫に閉じ込める。
ヨンスから 誤発注した布を使って洋服を売りたいと言われて 即却下。

しかし…
ワン・チェリは ヨンスから渡された洋服を着て制作発表会を行い、
好評を得る。
ヨンスがミジンに作ってあげた洋服が好評。
ヨンスデザインの洋服が販売されることに。

web拍手
関連記事

君を憶えてる  あらすじ&感想




面白かったです。

ソ・イングクくんとチャン・ナラさん、実年齢6才違い。
似合うのかなぁ と心配だったのですが、
意外にも お似合い。
ラブラブシーンは 少なかったですが 好きな俳優さんでお似合いだったので 安心して観れました。


舞台は警察署。
ソ・イングクくん演じるイ・ヒョンは 顧問として事件に関わっているうちに
幼い時に離れ離れになった弟と 父を殺した殺人犯イ・ジュニョンの 影を感じるようになる。
そして 再会した弟は 殺人者になっていた。

イ・ヒョンと弟が 以前のように仲のいい兄弟に戻れるのか、
イ・ジュニョンを逮捕できるのか、
イ・ヒョンの苦悩を中心に ドラマは進行。
そこに チャン・ナラさん演じるチャ・ジアンとの恋愛も ちょこちょこと加わる。


“異常犯罪者は 生まれつきなのか、環境のせいなのか、
人は 自分を見てくれている人がいる、憶えてくれている人がいる、それだけで 平穏でいられる”
というのが テーマだったと思うのですが、
訴える力は 弱かった気がします。
事件や、イ・ジュニョンの異常さ、イ・ジュニョンに育てられたヒョン弟の理解しがたい言動など 掘り下げが浅かったせいだと思います。


と、難しいことは 批評家、評論家に任せて。
とにかく 一気に視聴できたのは 面白かったから。
内容的には不満はあるけれど 俳優の演技力に助けられ まぁまぁのドラマになっていると思います。


一気見したので いつも以上にテキトウなあらすじになってます。





全16話 2015年 KBS

出演者 : イ・ヒョン・・・ソ・イングク
      チャ・ジアン・・・チャン・ナラ

      カン・ウンヒョク・・・イ・チョニ
      ソン・ミョンウ・・・ミン・ソンウク
      ミン・スンジュ・・・キム・ジェヨン
      チェ・ウンボク・・・ソン・スンウォン
      ヒョン・ジス・・・イム・ジウン
      カン・ソクジュ・・・ナム・ギョンウプ

      イ・ジュンホ・・・チェ・ウォニョン
      チョン弁護士・・・パク・ボゴム

      ジアン叔母・・・シン・ドンミ
      ナ・ボンソン・・・チェ・ドクムン
      パク・ジュア・・・ミン・ジア

      イ・ジュニョン・・・ト・ギョンス
      ヒョン父・・・チョン・グァンリョル

演出  : ノ・サンフン、キム・ジンウォン
脚本  : クォン・ギヨン「愛に狂う」「ボスを守れ」「私の恋愛のすべて」


 12345678910111213141516

1

桃花洞で殺人事件が発生。
万背洞殺人事件に似ている。同一犯か!
特殊犯罪捜査班のメンバーが駆け付ける。
と、そこにいたのは イ・ヒョン。
チャ・ジアン捜査官が かつてストーカーしていた男。
恋い焦がれ、待ち焦がれていた男。

イ・ヒョン。
英語名デビット・リー。
アメリカの大学の刑事司法学部の准教授。
ヒョンは 事件の情報が添付されたメールを受け取り、
協力要請を受けたと思ったのだった。

ヒョンは…
父と弟を失った時 記憶を失くしていた。

ヒョン父は プロファイラーだった。
ある日 ヒョンが父に会いに 警察に行った時 父はイ・ジュニョンと面接していた。
ヒョンは 父を捜していて 面接室に一人でいたイ・ジュニョンと話す。
天才同士 気持ちが通じたのか 2人は秘密を打ち明け合う。

ヒョン父は ヒョンが天才であるがゆえに 理解できないでいた。
そして それを モンスターと結び付けてしまう。
ヒョンの行動が モンスターの子供の時の行動と 酷似していると思い始める。
日記に“私の息子はモンスターのようだ”と書く。

ヒョン父は ジュニョンから 必ず会いに行くと言われたため
そして 息子を“まともな人間”にしようと
ヒョンを 地下室に軟禁する。

ヒョンは 自分を モンスターと決め付け 閉じ込める父に ショックを受ける。

2

イ・ジュニョンが 脱走。
ヒョン父の家に来る。

争うヒョン父とジュニョン。
その音に気づくヒョンとヒョン弟。
ヒョン弟は外に出る。
ヒョンは 地下室から 父を呼び続ける。

ヒョンは 静かになった後 地下室から出る。
父が死んでいるのを 見つける。
そして 記憶を失う。
私の息子はモンスターのようだと 父の日記に書いていたことと
イ・ジュニョンに会ったことは 覚えていたが、他は覚えていなかった。
また ヒョン弟は その日から 行方がわからない。

ジアンは ヒョンをストーカーしていたのは
ヒョンに興味があっただけでなく
ヒョンのことをイ・ジュニョンに繋がる人だと思っていたからだった。

万背洞殺人事件の現場に ヒョンが幼いときに書いた絵そっくりの絵が飾られていた。
その絵には作家のサインが書かれていた
それは ヒョン弟のサインだった。

事件の犯人は メッセージを残していた。
それは 手旗信号で、
次の事件現場の座標を表していた。

3

ジアンは 第三の殺人事件を未然に防ぎ、
容疑者を逮捕する。

容疑者は ヤン・スンフン。
財閥の息子だった。

被害女性は 告訴しないと言う。
ヤンも容疑を否認。
ヒョンの取り調べに 自白しそうになるが、
チョン弁護士が来て 再び容疑を否認。
ヤンは釈放される。

ヒョンは 事件が ヤンだけの計画だとは思えない。
裏に 操っている者がいるのでは と思う。

ヤンは 中国に向けて出国。
ところが 機内で 中国警察に逮捕される。
ヒョンが ジアンのパソコンで 麻薬捜査協力の公文書を送っていた。

4

ヒョンに ヒョン父と一緒に捜査していたヤン刑事から電話がある。
イ・ジュニョンのことで話があると。
行ってみると…
ヤン刑事は刺されていて 瀕死の状態だった。
そして 部屋にはまだ犯人がいた。

ヒョンは 犯人と格闘。
犯人が立ち去った後 ヒョンも立ち去る。

ヒョンは現場から 立ち去ったため 容疑者になってしまう。

5

チョン弁護士は シン部長検事から
「この男の息子を探してほしい」と写真を見せられる。
男は服役中だった。

ヤン刑事より前に 同一犯に思われる殺人事件が発生していた。
第1の事件の被害者は チョ・ヒョクチュ。
そして 第3の事件が発生する。

被害者は チェ・ヒョンウ刑事。
2人の刑事に共通する事件は 15年前の事件。
母と娘が殺害され、
夫パク・ヨンチョルが 逮捕された。
現場には 息子パク・テヨンがいたが、無傷だった。
ヨンチョルは 無実を主張したが、
殺人犯として 服役中。

ジアンは ジュニョンの脱獄を手伝ったとされる刑務官の娘だった。

連続殺人事件。
次のターゲットは シン部長検事と思われる。

6

犯人が逮捕される。
犯人は パク・テヨンだった。

ヒョンは シン部長検事に会いに行く。
話している時 何者かに 頭を打たれる。
気がついた時には 部屋には誰もいない。
その日から シン部長検事の姿を誰も見ていない。

ヒョンは 講義終了後 学生イ・ジョンハに聞かれる。
「殺人犯の息子は殺人犯になるのか?」と。

殺人事件が発生。
容疑者はイ・ジョンハ。
ヒョンは チョン弁護士に ジョンハの弁護を頼む。

7

イ・ジョンハは 友人イ・ジヌを庇っていた。
犯人は イ・ジヌだった。

イ・ジヌは 父親が殺人犯イ・ハンチョルだと勘違いしていた。
母親が隠していた殺人事件の記事から そう思ったのだが、
実の父親は 殺された方だった。
イ・ハンチョルの息子はイ・ジョンハだった。

イ・ジヌは イ・ハンチョルの犯行を目撃したパク・チョンスを殺害した。
“俺から父親を奪った奴だから”という身勝手な理由で。
「父親さえいれば こんなろくでなしにはならなかった」と。

イ・ジョンハは イ・ジヌに刺されたため 敗血症で亡くなる。

ヒョンは イ・ハンチョルに面会し、イ・ジョンハが亡くなったことを伝える。
イ・ハンチョルは 面会に来たイ・ジヌを利用して 目撃者を殺害させた。
しかし そのせいで 息子を失うことになったのだった。

ジアンはヒョンに
「あなたは嫌な奴だしムカつくけど モンスターだとは思わない。イ・ジュニョンの仲間じゃないわ。ストーカーをやめて 近くで見たら 想像よりましな人。少し変わっているだけ。だから自分のことをモンスターだと思わないで。今こそパートナーになりましょう」と言って 手を差し出す。

ヒョンとジアンは 握手。
そして デートの約束をする。

デート。
ジアンは ヒョンを 廃園した遊園地に連れて行く。
そこは 父親とよく行った遊園地だった。
そして ヒョンから頭を撫でられる。
「君も大変だったな。強く成長した。たくさん苦労したろ」と。

ヒョンは ずっと隣の家の男…イ・ジュンホ法医官が気になっている。
そしてまた 気になることが増える。
尾行されている気がする。
特殊犯罪捜査班のメンバーとチョン弁護士を調査する。

ヒョンを尾行させているのはチョン弁護士。
彼は 最初のターゲットを ジアンにする。

8

ヒョンにカードが送られてくる。
シン検事がいなくなった時にもカードが送られてきた。
“今度も誰かがいなくなるのだろうか”
ヒョンは ジアンの家に急ぐ。

ジアンが 男に襲われる。
チョン弁護士は 自分が男にジアンを襲わせたくせに 助けに入る。

ヒョンがジアン家に着いた時は 男は逃げた後だった。
ヒョンは ジアンを病院に連れて行った後
家に泊める。

ヒョン父が殺害された日。
ヒョン弟は 部屋の窓から外に出た。
外は雨。
無意識に 停まっていた車に乗る。
その車はジュニョンの車だった。
逃げようとするが ロックされ 発進してしまう。
…ずっとジュニョンと一緒にいたの?

ヒョンは 桃花洞殺人事件の現場に飾られていた絵の件で
ファコ物流の社員が知っていると情報を得る。
そこで ファコ物流に就職。
死体を見つける。

ヒョンは ジアンから どうしてここに来たのか と聞かれ
「何を探しているのか自分でもわからない。もしかしたら探さない方がいいのかもしれない」と答える。
「パートナーだから話してほしい」と言われ、
逆に「ジュニョンを見つけたらどうするんだ」と聞く。
「わからない」と言われる。

犯人チャン・イルジュが逮捕される。
彼は 死体の運搬を請け負っていて その現場を見られたために殺害したのだった。
ヒョンは チャン・イルジュにいくつか聞く。
わかったことは
シン検事は殺害されていた。
死体にはサインがされていた。
依頼は電話。声しかわからない。

チャン・イルジュは 警察署に来たチョン弁護士の声に 反応する。

9

チャン・イルジュが運搬した死体は 9体。
チャン・イルジュは チョン弁護士に 弁護を依頼する。

ジアンは ヒョンの家で スケッチブックを見つける。
絵に描かれていたサイン。
ヒョンは 弟が犯人だったら…と恐れているのかもしれない と思う。

連続女性殺人事件が発生する。
ジアンとカン捜査官は ヒョンが犯人では?と推理した家に行く。
カン捜査官は刺され、
ジアンは拉致される。

ヒョンは チョン弁護士とイ法医官を 家に招待する。

10

ジアンが行方不明。
連絡を受け
3人…ヒョン、チョン弁護士、イ法務官…は 駆け付ける

3人の活躍で 犯人逮捕。
ジアンを救出する。

犯人はト・ジェシクと その内縁の妻カン・ソンウン。
妻は 感応性妄想性障害だった。
夫の精神疾患に影響を受けて 夫に協力していた。

ヒョンは 弟がジュニョンに拉致された可能性もあると考える。
殺人犯に育てられたら 弟は感応性妄想障害になっているかもしれないと。

ヒョンは ヒョン・ジス企画官が弟を捜してくれていると思っていた。
しかし 捜していなかった。
当時 ヒョン企画官は ジュニョンから犯罪情報を得る見返りとして 禁止されていた外部との接触を解いていた。
ヒョンは ヒョン企画官から ジュニョンから送られてきた釣り雑誌を渡される。
そのメッセージから 弟は死んだと思われる。

11

ヤン刑事の手帳が ヒョン家のテーブルに置かれていた
その手帳を手掛かりに
ヒョンとジアンは ジュニョンが幼い時に暮らした家にたどり着く。
そこで ジュニョンの母親だと思われる白骨を見つける。

殺人事件が起きる。
被害者は未成年のチュ・ヨンジェ。
犯人は 彼をいじめていた3人組だと思われるが、
ヒョンは ヨンジェ両親の態度が腑に落ちなかった。
悲しんでいるように見えない。喜んでいるようにさえ思える。
死んでほしいと思っていたのだろうか?
そこまでは思っていなくても 彼は家族から捨てられたと同然の生活をしていたのではないだろうか?

再び メッセージカードが届く。
弟は 何を訴えたいのだろうか?殺人の予告なのか、それとも 殺人を止めてほしいのだろうか。
ヒョンは 弟の真意を図れないでいる。

12

ヨンジェが3人組から暴行されているのを 目撃した者がいた。
目撃者は ヨンジェ母。
ヨンジェ母は 息子が暴行されているのを目撃しながら 見捨てたのだった。

死体なき殺人事件の被害者には 共通点があった。
全員が 誰かを捨てていた。
ヒョンは 弟は自分を捨てた兄の代わりに殺しているのだと思う。
そして 弟はチョン弁護士だと知る。

ヒョンは チョン弁護士に会う。
チョン弁護士から
僕を捜さなかった。
僕を捨てた。
僕をジュニョンに渡した。
僕を裏切った。
と責められる。
ヒョンは 説明しようとするが…
すべて ジュニョンがチョン弁護士に思い込ませたこと。
チョン弁護士は ジュニョンを信じきっていた。

ヒョンは 警察でジュニョンと話した時
父は僕をモンスターだと思っているが 実は弟がモンスターだ と言わなければ
弟は連れて行かれなかったかもしれないと思う。

チョン弁護士は ヒョンと 兄弟の再会を果たして ゆれ始める。
イ法務官に「本当に兄は僕を捨てたの?どうして僕を預けたのかな?」と聞く。

ジアンは ヒョンから
弟が見つかったこと
イ・ジュニョンは見つかったというよりそこにいた
と聞く。
家に戻り ヒョンをストーカーしている時に撮った写真を見る。
そこには ヒョンを見つめるチョン弁護士が写っていた。
チョン弁護士がヒョン弟だと気づく。
そして ジュニョンはイ法務官ではないかと考える。

チョン弁護士とイ法務官は 復讐について考える。
復讐する相手を殺害するのではなく
大切な人を殺害する復讐もあると。

ヒョンの大切な人…
それは ジアン。

13

チョ・ヒョンウの標的は ジアンではなく チョン弁護士だった。

ヒョンが駆け付けた時
チョン弁護士は 刺されて 瀕死の状態だった。

ヒョンは チョ・ヒョンウに 「俺は弟がどうなろうとかまわない」と言って
注意をそらそうとするが 失敗。
チョ・ヒョンウが チョン弁護士を刺そうとする。
そこに ジアンが駆けつけ
チョ・ヒョンウは逃走する。

ヒョンウは なぜ ヒョンとチョン弁護士が兄弟と知ったのか…
イ法医官が知らせたのだった。

チョン弁護士は また イ法務官に聞く。
「兄は 本当に僕を捨てたの?」と。
そして「僕が誰かを殺すとしたら おじさん(イ法務官)だよ」と言う。

ヒョンウの遺体が見つかる。
殺害したのは イ法務官。
イ法務官は 自分が殺した男を解剖する。
そして ジアンから挑発される。

ヒョンは ジアンから
警察のデータに保管されているイ・ジュニョンの指紋は本人のものではない と聞く。
単純なミスなのか…
ヒョンは ヒョン企画官が関わっているのではと思う。

ジアンに 地図が入った箱が届けられる。
ジアンが幼い頃に住んでいたところあたりに 印がついている。
ジアンは そこに父がいると すぐに気づく。
警察権を連れて 印の場所に。
ジアン父が埋められていた。

ジアンは イ法務官を殺したい と思う。

14

ジアンは イ法務官の顔を見たいと思う。
ヒョンと一緒に イ法務官の家に行き、
父が見つかったと報告する。

チョン弁護士は 退院後 イ法務官の家にいた。
ヒョンは チョン弁護士を家に連れてくる。
ヒョン家かイ法務官の家か選ぶように言われたチョン弁護士が選んだこと。
イ法務官は 寂しく思う。

ヒョン家に ヒョン、ジアン、チョン弁護士、イ法務官、カン捜査官が集まっている頃
ヒョン企画官が チェ捜査官に殺される。
チェ捜査官は 誰か(たぶんイ法務官)に命令されたのだ。
ヒョン企画室を殺し、ジュニョンの指紋データの原本を奪う

「ヒョン企画官は死んで当然。俺なら楽に逝かせない」と言うチョン弁護士。
ヒョンは チョン弁護士の考えに驚く。

カン捜査官は イ・ジュニョンのことで 父であるカン次官を問いただす。
カン次官は ヒョン企画官がジュニョンと取引したことで ジュニョンが脱走した と知っていた。
ヒョン企画官のミスが 世論のバッシングを受ける前に
ジアン父に罪を着せたのだった。

ヒョンは チョン弁護士から イ法務官に子供がいる と聞き、驚く。

15

ヒョンもチョン弁護士も 幼い頃のように仲良くなりたい と思っている。
試行錯誤中だけど ハッピーエンドになりたい と思う。

チョン弁護士は そのために 今後は殺人をしないと誓う。
しかし ヒョンは 弟の誓いを素直に喜べない。
今までの罪をどうしたらいいのか悩む。
その気持ちが表情に出てしまうから
ヒョンの反応は チョン弁護士の期待通りとは行かない。

イ法務官は そこを突いてくる。
チョン弁護士は イ法務官から「再会は喜ぶべきことのだろうか?」と言われ 揺れる。

ジアンは イ法務官の家に忍び込み、数人の子供の写真を持ってくる。
イ法務官が殺害した子供たちに違いない。
ジアンは そう思う。
対して ヒョンは 助けられた子供たちかもしれない と思う。
ジアンは 写真の子供たちを捜すことにする。

ジアンは カン捜査官から
父がジュニョンの共犯者と疑われている件に カン次官とヒョン企画官が関わっていたと聞く。
ジアンは“誰も信じられない。チームのメンバーさえも”と苦しむ。

ナ・ボンソンは ヒョンに頼まれていた調査報告書を 警察に届ける。
ヒョンの机の上に置かれた報告書が入った茶封筒。
チェ捜査官は気になって仕方がない。
無断で報告書を取り トイレの中で見る。

報告書は チェ捜査官の調査報告書だった。
と 同封されていた写真が落ち、ドアの下に。
拾おうとして ドアの外にいた誰かに(ミン捜査官)に拾われてしまう。

ミン捜査官は 拾った写真が ジアンが捜している写真と同じだと気づく。
わざと 写真を落とし、
隠れて 誰がトイレから出てくるかうかがう。

ミン捜査官は チェ捜査官を問い詰める。
ヒョン企画官を殺したのではないか と。
否定するチェ捜査官に 銃を向ける。

ジアンたちが駆けつけ 2人を止める。
銃は下に落ち 蹴られ 2人から遠くに。

ヒョンは 何気なくその銃を手に持つ。
すると 記憶が断片的に戻ってくる。
耐えられず 倒れる。

16

チョン弁護士がヒョンに送り続けていたカードは
母が殺された時 家に置かれていたものを表していた。

あの日…母が殺された日。
母の叫び声で ヒョンは弟を連れて 父の机の下に隠れた。
そして 父のカバンに入っていた銃を持って 階下に。
犯人に向けて 銃を撃ち 倒れた。
ヒョンは あの日の記憶を失くし、
弟は 母と犯人が死んでいる光景を目撃した。

ヒョンは 弟をモンスターにしたのは自分だと思う。
弟から「こうなったのは生まれつき」と言われたけれど…
一方 チョン弁護士は ヒョンが記憶を取り戻したと知り 自分を責める。
カードを送らなければよかった と。

チェ捜査官は チームのメンバーたちから
「自首してイ・ジュニョンのことをすべて話すように」と説得されるが、
応じない。

ジアンは チョン弁護士を抱きしめる。
「人を傷つけることは許されないこと。反省して責任を取るべき。なぜいけないのか、なぜ罪を償わなければいけないのかわからないなら 兄のためだと思って。あなたが逃げたら お兄さんも一緒に逃げることになる。申し訳ないけど 一緒に逃げたら 2人とも幸せになれない」と諭す。
「過去は過去のこと。証拠はないし 悪い人だけを殺した。それでも隠したらダメなの?」と聞かれ、
「見逃すことはできないの。私たちは証拠を見つけ解決しなければならないの。その過程で お兄さんは苦しむと思う」と答える。

ジアンは イ法務官に会う。
「あなたの犠牲になった人が何人もいる」と非難すると
「僕は理由のない殺人はしていない。虐待する人間を殺したにすぎない」と 自分の行為を正当化される。

ヒョンは イ法務官から 一緒に行こうと誘われる。
当然 拒否。
「弟を惑わすな。手を出すな」と脅す。

チョン弁護士も イ法務官から誘われている。
イ法務官に騙され続けるのは嫌。
けれど 兄のもとに残っても ハッピーエンドになるとは思えない。

イ法務官は かつて両親を殺し助けた子供から 襲われる
子供にとって どんなに酷い親でも 親は親だった。

チョン弁護士は 兄を苦しめないために
イ法務官を殺そうとする。
しかし 逆に刺される。
そこに駆け付けたヒョン。
イ法務官の首を絞めるが、パク・ジュアに頭を叩かれ 倒れる。
気がついた時
チョン弁護士はいなかった。

イ法務官が姿を消す。

ヒョンも姿を消す。

1年後。
ヒョンが戻ってくる。

チョン弁護士は…
兄のもとに行くのか、
新しい名前で生活するのか、
どちらを選んだのか…


web拍手
関連記事
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
神のクイズ:リブート

三国志~司馬懿 軍師連盟
如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
カンブリア紀(寒武紀)
独狐伽羅~皇后の願い~(独狐天下)

<視聴予定>
町の弁護士チョ・ドゥルホ2
トラップ

皇帝と私の秘密~櫃中美人~
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング