2017/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>




皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて(寂寞空庭春欲晩)(5)-(9)

5-8

三角関係勃発。
琳琅と容若は相思相愛。
康熙帝が 2人の気持ちを汲み取るのか…
自分に気持ちを優先させるのか…
皇帝だから…好きにできるのよね。  


康熙帝は 琳琅が良児だと思う。
しかし琳琅から否定されると 違うのかもしれないとも思う。
ところが 琳琅の掌の虎の絵を見て 良児だと確信する。
その絵は 8年前に会った時に書いてあげたものだったから。

琳琅は毒を持っていたとして捕らえられ 拷問を受ける。
その様子を見に来た康熙帝。
拷問を受けている者が琳琅と知り 慌てる。
すぐに解放し、部屋に連れて行く。

気がついた琳琅は 葉三と名乗っていた男が康熙帝だと知り驚く。

康熙帝は 琳琅を愛し、愛されていると思っている。
康熙帝は なぜ琳琅が良児だと認めないのかわからない。
苛立ち苦悩する。
琳琅を御前女官に登用しようとするが 断られ、
更に苛立ち苦悩する。

一方 琳琅は良児の時の記憶がないから
「良児だろ。認めろ」と言われても どうしようもない。
ただ「人違いです」と答えるしかない。

若容は 琳琅と再会する。
父に結婚を反対され離れ離れにさせられたが もう父の承諾は要らない。皇帝の承諾があればいい。
若容は 琳琅に「皇帝に結婚を認めてもらう」と話す。

ある夜 琳琅は蕭を吹いていた。
康熙帝は 蕭の音に感動する。
康熙帝と一緒にいた容若は 琳琅が吹いていると分かり、
康熙帝に「柔らかな音色ゆえ女人でしょう」と言う。
すると 「よし賭けよう。吹き手が品のある美女ならお前の妻にする」と言われる。
喜んで承諾すると
「好きな娘がいると言っていたが まさかあの吹き手か?それなら賭けにはならない、結婚は許さない」と言われ、
慌てて否定する。

琳琅は 容若からこのことを聞いて慌てる。
以前 康熙帝に楽器を弾けと言われて 楽器は弾けない と答えたから。
吹いていないと言えば容若とは結婚できない。吹いていたと認めれば罪に問われる。
琳琅は 康熙帝の機嫌を取ることにする。

琳琅は 御前女官を引き受け、
康熙帝に気に入られようと頑張る。
そして 康熙帝に「この先 過ちを犯してもお許しください」と頼み、
承諾してもらう。

琳琅は 蕭を吹く。
康熙帝は 琳琅が吹いていると知り 驚く。

9

琳琅は 康熙帝に 杏仁酪を作って持っていく。
康熙帝に気に入られようと思ってしたことだったが…
茶碗をひっくり返されてしまう。
楽器を弾けないと嘘をつかれたことで怒っていたのだった。

康熙帝は 琳琅に優しく「昔を思い出してほしい」と話し始める。
「そなたの10歳の誕生日に…」と
と 突然 琳琅に襲われる。
琳琅は 毒を盛られていた。
緘口令が敷かれ 琳琅の解毒が始まる。

毒は 琳琅が作った杏仁酪に入っていた。
康熙帝は 琳琅を信じている。利用されただけだと分かっている。
琳琅に「子供の時朕の命を救った。敵
であるはずがない。やっと見つけた以上二度とそなたを手放さぬ」と話しかける。
しかし「何の話かわかりません」と言われる。

琳琅は 過去に何かあったのだろうか? と考える。
また康熙帝も 記憶を失っているのかもしれない と思い始める。

琳琅は 容若に 8年前のことを聞く。
答えは 今までと同じ。

琳琅は 解毒の治療を受けていて 夢で8年前のことを見るようになる。

容若は 康熙帝に 結婚の許しをもらおうとする。
すると 8年間思い続けていた人だ と打ち明けられ
「琳琅は与えられない」と言われる。

スポンサーサイト
web拍手
関連記事
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキングドットネット
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング