2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>




ミーユエ 王朝を照らす月(芈月伝)(19)-(22)

黄歇の遺体のシーンがなかった。
ということで お決まりの“実は生きていました。でも記憶を失っていました”という展開。
黄歇は 助けられて魏の国にいた。
けれど記憶を失っていた。

芈姝と嬴駟の結婚式が済み
話の中心は 後宮争いに。  


前王后が亡くなった後 後宮は 魏美人が取り仕切っている。
芈姝は ユエの助けを借りながら 魏美人派に対抗する。
温室育ちの芈姝は ユエがいなければ 魏美人に負かされて服従させられていたかもしれない。
玳琩から「ユエに注意するように」と言われても
「ユエ以外に味方になってくれる人がいる?身分も求めないユエの何が不満なの?」と気にしない。

しかし ユエの素早い(軽率な?)行動力が 芈姝を苦しめることになる。

ユエは 衛夫人に絹を届けた時に “符節”を見る。
義渠王 翟驪が 持っていたものと同じだと驚く。
“符節”は 大王が位の高い臣下や后妃に渡した物で
関所を通る時に荷物検査をされずに通ることができる。
符節は 国の名前が彫られている。

大王は ユエから 義渠王が符節を持っていたと聞かされる。
事実なら大変なこと。
しかし 後宮内に争い事を起こしたくない と事を荒立てないことにする。

ユエは 粘土で符節を作って 彫られていた国を思い出そうとする。
“魏”と書かれていたと思い出し、
大王に報告するが、
「騒ぎを起こすな」と怒鳴られる。

大王は ユエの明晰な頭脳と行動力を認めながらも 心配する。
芈姝に「妹を甘やかすな。もめ事を起こさないようにしろ」と注意する。

ユエは 魏夫人に国から届け物を持って来た女を見て 驚く。
武関で芈姝の食事に薬を入れた女官とそっくりだった。
葵姑も同じ女官だと言ったため
芈姝に話す。
しかし 芈姝は「軽率に動いて失敗すれば…」と及び腰。
そこで 一人で大王に訴える。

ユエが 間違いないと訴えても 確固たる証拠はない。
葵姑が噛んだという痕もない。
芈姝も 分からない と証言。
濡れ衣ということになり
ユエは 罰を与えられる。

ユエは 虢美人に挑発され 喧嘩に。
叩かれそうになる。
それを目撃した芈姝が 虢美人を叱責する。

虢美人は 魏美人から 昔自害未遂を起こして自分を虐めた王后に一矢を報いた唐美人の話を聞く。

虢美人が 自害する。
王后に罰を受けて屈辱を受けた と。
芈姝は 大王から「失望した」と言われ、
ショックのあまり 倒れる。
スポンサーサイト
web拍手
関連記事

ミーユエ 王朝を照らす月(芈月伝)(16)-(18)

秦の咸陽までの道のりは 遠く険しい。
武関に到着し 休息。
体調を崩した芈姝は 摯の診察を受ける。

摯の処方通りの薬を服用するが、
芈姝の体調が良くならない。
逆に悪くなっているように見える。
毒を盛られているのでは? と疑うが…
食事に薬を大量に入れられていた。
薬を入れた女は逃がしてしまうが、
原因がわかったため 芈姝の体調は回復する。

ユエは 黄歇と再会し、一緒に逃げる約束をした。
しかし 咸陽に到着するまでは芈姝を守りたいと
黄歇に延期を頼む。
そして 髪の毛を入れた香袋を渡して 別れる。

一行は 武関を出発する。
途中 義渠に襲われる。
ユエは 芈姝を守るために 囮になることにする。

ユエは 芈姝の外套を着て義渠を引きつける。
捕まりそうになった時に 黄歇が現れる。
しかし 黄歇は 崖下に落下。
ユエは 拉致される。

嬴駟は 芈姝に懇願されて
義渠と交渉するために 張儀、庸芮、嬴華公子を送る。
食料と交換し、
ユエを救出する。

ユエは 黄歇らしき遺体が発見された湖に行く。(遺体は獣に食い荒らされ見分けがつかなかったらしい)
香袋を見つけ それを黄歇の身代りにして土に埋める。

ユエは 魏冉と葵姑を連れて 秦を発つつもりだった。
すると 張儀から
「義渠の略奪に黒間がいると思わないか?」と言われる。
「目的は 財宝や食料ではなく新王后ではないだろうか?武関での事件も同じ黒幕かもしれない」と。
ユエは 芈姝を守るためと黄歇の仇を討つために 後宮に入ると決める。

ユエは 芈姝に 3つのことを公主に頼む。
魏冉も一緒に後宮に入る。
夜伽はしない。
もしものことあれば魏冉と葵姑を頼む。
そして 王宮に黒幕がいるかもしれない と話す。
web拍手
関連記事

青い海の伝説(1)-(5)



5 話まで観ました。
人間ジュンジェと人魚シムチョンのラブロマンス。
これに
ジュンジェに片思いするシアとの三角関係
ジュンジェ父の再婚相手の息子チヒョンとの後継者争い
が絡んでくるのでしょうか?

まぁ楽しくは観ているのですが
“くっついたり離れたりすれ違ったり を繰り返し、
最後は キスしてもジュンジェが記憶を失わないようになりシムチョンと結ばれる”
っという展開かなぁ と考えながら観ているので
嵌るほどではないです。

チョン・ジヒョンさん、大好きな女優さんなんですが…
シムチョン役にびったりだとは思うのですが…
もう少し若い女優さんの方がよかったのでは? と思いながら観ています。

ホ・ジュンジェ・・・イ・ミノ
シムチョン・・・チョン・ジヒョン

チョ・ナムドゥ・・・イ・ヒジュン
テオ・・・シン・ウォンホ
チャ・シア・・・シン・ヘソン

ジュンジェ母・・・ナ・ヨンヒ
ホ・チヒョン・・・イ・ジフン
ジュンジェ父・・・チェ・ジョンウ
チヒョン母・・・ファン・シネ

チャ・ドンシク(シア兄)・・・イ・ジェウォン
ドンシク妻・・・ムン・ソリ
マ・テヨン・・・ソン・ドンイル

1-5

ホ・ジュンジェは 催眠術を使う詐欺師。
仲間は チョ・ナムドゥとテオ。

ホ・ジュンジェは 両親と疎遠。
父は ジュンジェ母を捨て 再婚。
再婚相手とその連れ子ホ・チヒョンと 3人で暮らしている。
母は チャ家で家政婦をしている。
チャ家のシアは ジュンジェの友人。
しかし 家政婦がジュンジェの実母だとは知らない。
ジュンジェも 母がチャ家の家政婦をしているとは 知らない。

ジュンジェらは ミョンドンキャピタルの奥様を騙し、
ヴァージン諸島の隠し口座の金を 地中海の島の口座に移させる
そして スペインに飛ぶ。

ジュンジェは ホテルの部屋に見知らぬ女が入りこんでいて 驚く。
その女は…
実は人魚。
嵐に巻き込まれ海岸に打ち上げられ 気がつくとひれが脚になっていたのだった。

ジュンジェは 見知らぬ女を警察につきだす。
ところが 見知らぬ女が身に着けていた腕輪が 価値ある物だと知る。
警察から連れ出し、
デパートで 靴と洋服を買ってあげる。
そして 腕輪を手に入れ 見知らぬ女を置き去りにする。

しかし ジュンジェは 見知らぬ女=人魚を置きざりにはできなかった。
さよならを言っていなかった と別れの挨拶をするために会いに行き、
結局 見知らぬ女=人魚を車に乗せたのだった。

ジュンジェらに騙されたと知ったミョンドンキャピタルの奥様、
ジュンジェに 男たちを差し向ける。

ジュンジェは 見知らぬ女=人魚を連れて逃げ回り…
追いつめられ…
崖から海に飛び込む。

人魚は ジュンジェを助けるために ジュンジェにキスをする。
それは ジュンジェから人魚の記憶を失くす行為だった。

浜辺で気がついたジュンジェは 見知らぬ女=人魚の記憶を失っていた。
ジュンジェは 自宅のあるソウルに帰る。

人魚は ジュンジェに会うために ソウルに行き、
ジュンジェに再会する。

ジュンジェは 人魚の記憶はない。
ただ 友人が撮った写真で“スペインで会った腕輪の女”として顔を覚えていた。

ジュンジェは 見知らぬ女=人魚に スペインであったことを聞く。
話してもらえず 見知らぬ女=人魚と別れるが…
結局 行く当てのない彼女を見捨てることができない。
家に連れて帰り、
“シムチョン”と名付ける。

ジュンジェは スペインでのことを話さないシムチョンを追い出す。
その時 シムチョンから 「初雪の日に話すわ。南山タワーで会いましょう」と言われる。

初雪の日
ジュンジェとシムチョンは それぞれ 南山タワーに向かう。
ところが シムチョンは事故に遭ってしまう。


チヒョン母は 夫の会社をチヒョンに継がせたいと思っている。
しかし 夫がジュンジェに継がせたいと思っていると知る。
そこで マ・テヨンを脱走させ ジュンジェ殺害を命令する。


<伝説>
1586年.
江原道。
人魚が発見される。
村の有力者ヤン氏は キム・ダリョン県令に 人魚を見せる。

ヤン氏は 人魚で一儲けを企んでいたが、
ダリョンは 人魚を解放する。
その際 ダリョンは 人魚が伸ばした手を取る。
その様子を見ていた年寄りは「これで縁を結んでしまった」と呟く。

ダリョンと人魚は再会する。
人魚は「私に会いたい時は 海に風灯を飛ばしてください」と言って 去って行く。

ダリョンは 人魚に会い、
20年前の 少年の話を聞く。

20年前
人魚は ダムリョンという少年に出会った。
その時 ダムリョンから“セファ”と名前をつけてもらう。
それから 何度か会う2人。
しかし ダムリョンは結婚が決まる。

大人の人魚は陸で生きられるが、
今のセファは 陸では生きられない。
一緒にいたいと思っていても叶わない。
セファは 一粒の涙を流して 海に戻る。
その一粒の涙は 真珠の玉になる。

ダムリョンは 結婚の夜 海に行く。
セファを呼ぶために わざと海に入って溺れる。
しかし ダムリョンは 人魚にキスされると人魚の記憶を失う と知らなかった。
浜辺で気がついたダムリョンは 人魚の記憶を失っていた。

ダムリョンは セファの話を聞いて
亡くなった妻から結婚の夜に海に行ったと恨みごとを言われたことに 合点がいく。

ヤン氏は 人魚を捕まえるために
“人魚が人に化けて潜り込んでいる。見つけ出せなければ台風で死人が出る” と噂を流す。

web拍手
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキングドットネット
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング