FC2ブログ
2018/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>




酔麗花~エターナルラブ~(酔玲瓏)(37)-(41)


37-3940-41

37-39

元湛は 皇帝から
霊州に行くように と命令される。
水害被災地の救援を行うように と。
元湛は 皇帝に 役人を自由に罷免できる権限を要求。
成功した後は 霊州に殷家の者を配属したい と言う。

元湛による 霊州の権門一掃は 成功。
権門が溜めこんだ銀子を吐きださせ 民に施す。
結果 霊州は殷家の手中におさまる。

元凌は 陣の中で見た光景が気になっている。
そこで 桃殀長老に会いに行く。
「卿塵と共に経験した情景を見た。長老の意向で卿塵は九転玲瓏陣を開きこの世界に来た」と話す。
すると
「卿塵の魂は刻限までに九転霊石を戻さなければ消える。
卿塵を助けるためには 卿塵の願いを成就させるべき」と言われる。
過去の出来事を知ることにする。

元凌は 桃殀長老の助けを借りて 卿塵の過去を見る。
その結果
元湛と鳳衍に謀反の罪を着せられた と知る。

鳳衍は 元湛の霊州の改革を苦々しく思う。
しかし 何もできない。
それどころか 元安擁立に力を貸したけれど 元安に殺されるかもしれない と不安に思う。
蓮妃から「出る杭は打たれる。湛王は勢いに乗っているけれど元安から目の敵にされるはず。凌王に帝位を奪わせる。例の巫女は警戒しつつ利用すればいい。用済みになってから始末しても遅くない」と言われる。

皇帝は 元湛の母親 殷貴妃から
采倩を 梁皇子 簫続に嫁がせてはどうか と言われる。
そこで 呼び戻した元湛に この婚姻を任せたい と命令する。

元凌は この婚姻を進言したのは元湛だと 勝手に思い込む。
そして 婚姻を止めようと 皇帝に会いに行く。
すると 朶霞と婚姻できないのなら朶霞を切り捨てるように と迫られる。

40-41

元凌は 元璃に「玲瓏使よ、残りの霊石を見つけ出せ」と言う。
「できないから まだここにいる」と言われ、
「卿塵の生命の花を延命させる術は?」と聞く。
元凌と卿塵の血を使う危険な方法がある と言われ、
卿塵に知られないように血を手に入れろ と指示する。

元凌の血と卿塵の血が揃う。
元璃は 元凌の命で花弁2枚分卿塵の生命を延命する。

蓮池宮の侍女が生気を奪われるということが起きる。
卿塵は 暗巫の仕業である と思うが、
まさか 蓮妃が暗巫であるとは思わない。

元凌と元湛は
梁国との婚姻を阻止したい、
阿柴族とは今まで通り同盟関係を結んでいたい、
と思う。
朶霞も気持ちは同じ。
魏国と同盟を結び、国を安定させたい。
そこで 計画を練り…

簫続を迎えての宴。
元凌、元湛、朶霞は 簫続を怒らせ、
同盟を阻止する。

元溟は 簫続に 手を組まないか と近づく。

朶霞の父が亡くなる。
朶霞は 阿柴族を守るため、
元凌に 偽の婚姻をしてほしい と頼む。
“凌王妃”の名で部族を従わせ阿柴族の政局を安定させたい と。
安定すれば“凌王妃”の名を返す と。
元凌は 断るが、
卿塵が 了承する。
民を守る方が大事 と。



スポンサーサイト
web拍手
関連記事
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
ただ愛する仲
ミス・ハンムラビ

三国志~司馬懿 軍師連盟
月に咲く花の如く
少林問道

<視聴予定>
ライフ・オン・マーズ
スイッチ
アバウトタイム~止めたい時間~
ミストレス
キム秘書がなぜそうか?

三国志 Secret of Three Kingdoms
花と将軍~Oh My General~
永遠の桃花~三生三世~
最上のボクら


わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング