FC2ブログ
2019/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>




憑依 あらすじ&感想





20年前に死刑執行された殺人鬼ファン・デドゥの魂が憑依し
殺人を繰り返す。
カン刑事と霊媒師ソジョンは ファン・デドゥの魂を消滅させようと悪戦苦闘する。


“霊”ものはしばらくいいかなぁ と思っていたのですが
ついつい手を出してしまいました。

つぎつぎと殺人事件が起きるのが うんざり だったのですが、
カン刑事とソジョンがハッピーエンドに終わることを信じて 最後まで観ました。
私が期待した終わり方ではなかったのですが…

重苦しいシーンの連続の中で
カン刑事とソジョンのラブラブなシーンや
刑事たちのコミカルなやり取りとか
おかしなダンス講師、女好きの祈祷師…
ほっこりできるシーンも割と多かったので
観終わった後
どんよりとした気持ちと
いい仲間たちだったなぁ というほんわかした気持ちとが
いりまじって 不思議な気持ちでした。

カン刑事とソジョン カップル
美女と野獣 でしたが
大好きになりました。


全16話 2019/3/6~2019/4/25 OCN

出演者 : 
カン・ピルソン・・・ソン・セビョク
ホン・ソジョン・・・コ・ジュニ

ファン・デドゥ・・・ウォン・ヒョンジュン
ソン・ヤンウ・・・チョ・ハンソン
オ・スヒョク・・・ヨン・ジョンフン
チャン・チュンソプ・・・パク・サンミン

班長・・・イ・ウォンジョン
ナミョン(刑事)
ジュニョン(刑事)
チェ・ヨンヒ(巡査)
キム・ナクチョン刑事・・・チャン・ヒョクジン
ユ・スンヒ(班長の娘)
キム・ジハン(キム刑事の娘)


演出  : チェ・ドフン
脚本  : パク・ヒガン


 1-2345678910111213141516

1-2

1999年
5年間で30人を殺害したファン・デドゥが
逮捕され、
死刑の判決を受け、
刑の執行が行われた。

20年後
ファン・デドゥを逮捕したキム・ナクチョン刑事が 殺害される。


カン・ピルソン刑事は 犯人を捕まえようとしている時に
ホン・ソジョンと知り合う。
別れ際に 「金縛りに遭うとか幻覚を見るとかハッと驚くとかあれば連絡して」 と名刺を渡される。


殺人事件が起きる。
塾講師の女性が殺されたのだ。

カン刑事は 事件現場付近を捜索していて
得体のしれない不安を感じ、
ソジョンに会いに行く。


カン刑事は ソジョンから
「霊はいるのよ」と言われても 信じられない。
バカにされているとしか思えない。
しかし「あんな別れ方をしたらしこりが残るわね。7歳の子どもが母親の自殺を最初に見つけたんだもの。どんなショックだったか…」と言われ 驚く。
それは 事実だったから。

カン刑事は ソジョンに 家に連れて行かれる。
「驚かないでね」と言われて 頭の上に手を置かれる。
そして 手が外されると…
霊の姿が視えた。

ソジョンは 霊媒師の娘で 自分も霊が視えるのだった。


塾講師殺人事件
カン刑事は 連続殺人事件ではないか と考える。
未解決事件を調べていて
キム刑事が 同じように首を切られて殺されたと知る。

カン刑事は ソジョンをつれて 事件現場近くの廃墟に行く。
そこで 塾講師の霊を見る。


カン刑事は 殺害方法と現場に鏡があったことから
塾講師殺害とキム刑事殺害は 同一犯で ファン・デドゥの模倣犯 と推理する。
被害者の爪を採取することまで真似ているため
これからも犯行を続けるのでは と心配する。


カン刑事は ソジョンがいなくても霊が視えるようになる。
家の中に お祖父さんと孫の霊が現れたのだ。
初めて見た時は驚き、
ソジョン家に駆け込んだ。
家から追い出そうと必死になったが…
7歳の時 喪主として母の葬儀を行ったことを思いだし…
お祖父さんと孫の霊のために食事をお供えする。
「追いださないから 急にでてきて驚かさないでくれ」と。


カン刑事は アニョン川沿いで発見された女性遺体が 同一犯の犯行ではと思う。
調べてみると
被害者に抵抗した痕がなかった と聞く。
殺害方法は違ったが、
現場に被害者の手鏡が残っているのは 同じだった。


殺害未遂事件が起きる。
被害者に話を聞く。
布で口を塞がれて気を失った と聞く。


カン刑事は
被害者をどうやって選んだのだろうか と思う。
被害者が嗅がされた麻酔薬が動物病院ではなく病院で扱っているものだと聞いて
閃く。
被害者たちは ハヌル病院を受診したことがあった。


連続殺人犯と思われるのは 外科医のソン・ヤンウ。
書斎でファン・デドゥの新聞資料などを見る。
その姿は ファン・デドゥを崇拝しているように見える。

ソン・ヤンウは ソジョン母の家に行く。
会いたい人…ファン・デドゥを呼び出してほしい と言う。
20年前ファン・デドゥは ソジョン母に 殺した奴を呼び出してほしい と頼んで断られたことがあった。

3

ソン・ヤンウは ソジョン母に憑依したファン・デドゥと話し、
協力することを約束。
ファン・デドゥは 亡くなったソジョン母の魂を取り込み、
ソン・ヤンウに憑依する。


ソン・ヤンウ(ファン・デドゥ)は 男を殺害する。

カン刑事らは 被害者がハヌル病院の関係者ではないため
連続殺人とは別の事件として 捜査することにする。
ところが 被害者の婚約者がハヌル病院の職員だと判明する。


カン刑事は ハヌル病院のロビー、受付に設置されている防犯カメラの映像から
ソン・ヤンウが怪しいと思う。
しかし 証拠は何もない。
そこで 監視することにする。

カン刑事は ソン・ヤンウが車を2台所有し、
そのうちの1台に見覚えがあることに気づく。
ソジョンに初めて会った日、車で家に送った時
ソジョンが怯えた車だったのだ。
そこで ソジョンに聞くと
殺気…人を殺したか、殺したいと思っている…を感じた と言われる。

ソン・ヤンウに前科があることがわかる。
未成年だったため 正式に前科ではないのだが、
同級生を殺し、その後名前を変えていた。
以前の名前は ソン・ジヌ。

カン刑事は 殺害された同級生の父親に会う。
殺害理由は すれ違った時ぶつかったから、
ソン・ジヌの精神鑑定をした医者から ソン・ジヌがファン・デドゥを尊敬していると聞いた
と聞く。

4

カン刑事は ソン・ヤンウ(ファン・デドゥ)を逮捕してしまう。
その上暴行。
結局 何の証拠も出ず
謝罪して釈放することに。


カン刑事は ソン・ヤンウ(ファン・デドゥ)を監視する。
ソン・ヤンウ(ファン・デドゥ)が 女性と2人でホテルに入り 1人で出てきた。
カン刑事は 殺害したに違いない と部屋に乗りこむが
女性は無事だった。

翌日 その女性から電話がある。
電話に出ることはできなかったが 何かあったのだと思う。
女性に ソン・ヤンウは危険な男、会うことがあったら連絡してほしい と名刺を渡していたから。

カン刑事ら警察は
ソン・ヤンウを射殺。
女性を保護する。


ファン・デドゥの魂は TFグループの常務オ・スヒョクに憑依する。

カン刑事は ソン・ヤンウが自分を殺すこともできたのに殺さなかったことが気になっている。

5

麻薬の売人キム・テシクが殺される(犯人はオ・スヒョク)
カン刑事は
事件現場にサイドミラーがあり
被害者の爪が切られていたことから
ソン・ヤンウが生きているのか?
ファン・デドゥか?
と驚く。

ソジョンは 胸騒ぎがしている。
母に何かあったのでは? と不安に思う。

6

ソジョンは 事情があって 幼い頃に母と別れ 伯母と暮らしてきた。
伯母に母の居場所を聞くが わからない。
そこで カン刑事に頼んで 照会。
行ってみると…
ソジョン母の遺体を発見する。

近くの防犯カメラの映像から
ソン・ヤンウ名義の車が通ったことがわかる。


カン刑事は ソジョンから
母の魂はまだこの世にある。
ファン・デドゥは ソン・ヤンウに憑依し、
母の魂はのみこまれた
母の魂をのみこんだのは強い霊力を得るため
母は私に伝えようとしたができなかった
次に憑依した相手は ソン・ヤンウが亡くなった場所からそう遠くない場所にいる人
と聞く。


ソジョンは 母の知人“師匠”に会いに行く。
「地獄の門が開きこの世と繋がる。悪霊を消滅させることは ソジョンにしかできない」と言われ、
ショックを受ける。
平凡な人生を生きたいと願っているのに…と。


ソジョンは ビジョンを視る。
カン刑事に連絡し、行ってみる。

ソジョンは オ・スヒョク(ファン・デドゥ)に捕まってしまう。
カン刑事は 代わりに自分が死ぬと訴えるが…

7

ソジョンは オ・スヒョク(ファン・デドゥ)の中の母の魂に助けられる。
オ・スヒョク(ファン・デドゥ)の動きを止めてくれたのだ。
ソジョンとカン刑事は そのすきに逃げる。

ソジョンは 心の整理をしたいと姿を消す。
霊媒師となりファン・デドゥと戦うことになれば
カン刑事と距離をおかなければならない。

ソジョンは 僧侶に 尋ねる。
「世界を守る代わりに 好きな人を失わなければならない」と。
すると「世界を守ったら失うのは好きな人だけ。けれど世界を見捨てたら 好きな人も含めてすべてを失うのでは」と言われる。


“ゾンビ麻薬”が無差別で飲食物に入れられる事件が多発。
被害に遭った人が ゾンビ麻薬の影響で他人を襲うため
人々は恐怖で外出を控えるようになる。
このゾンビ麻薬は オ・スヒョク(ファン・デドゥ)が作らせたもの。


カン刑事に オ・スヒョク(ファン・デドゥ)から電話がある。
「これから毎週一人ずつ殺害する。
ヒントを与える それがわかれば次の被害者がわかる。
このゲームを終わらせる方法がある。ソジョンを殺せ」と。


ソジョンが帰ってくる。
カン刑事は ソジョンから
「ファン・デドゥの魂を消滅するために霊媒師になる」 と言われる。
「霊媒師になったら 誰かを愛することはできない 2人とも不幸になるから」 と。
ショックを受ける。


カン刑事に オ・スヒョク(ファン・デドゥ)から電話がある。
ゲームが始まった と。
管轄外で殺人事件が起きる。


カン刑事は ホンサンにいるソジョンに会いに行く。
「君が何になろうと構わない。君を好きになるし君にときめく。ファンを消したら君と暮らす」と気持ちをすべて吐き出す。
あなたが不幸になる と言われるが、
「君とたった1日でも幸せに過ごせるなら一生不幸でも構わない」と言う。

呼ばれて立ち去ったソジョン、
しかし 戻って来て
カン刑事にキスする。

8

オ・スヒョク(ファン・デドゥ)のヒントが解けないまま 時間が過ぎて行く。
カン刑事は 焦るが、何もできない。

次の被害者がわからないまま 1週間が経ち…
また オ・スヒョク(ファン・デドゥ)が殺害を犯す。


ソジョンの儀式が行われた翌日
師匠が亡くなる。
ソジョンは ホンサンに引っ越すことにする。

ソジョンは カン刑事に 感情的にならずに事務的に話すことを要求する。
一緒に食事するのも拒否、家に送ることも拒否する。
それは 揺れそうな自分を戒めるためのものでもあった。

カン刑事は ソジョンに キム刑事の霊を自分に憑依させることを提案する。
ファン・デドゥのことを良く知っているのはキム刑事だから。


キム刑事の霊が カン刑事に憑依する。

カン刑事(キム刑事)は オ・スヒョクの殺人の法則に気づく。
20年前の被害者と同じ名前の者を同じ順番で殺害しているのだった。

9

3番目の殺害を阻止できなかった。

捜査は行き詰り、
ファンからの連絡もない。

キム刑事の魂は 妻や娘のことが気になり
様子を見に行く。

オ・スヒョク(ファン・デドゥ)は カン刑事にキム刑事が憑依していると気づく。
キム刑事の娘に興味を持つ。

10

カン刑事(キム刑事)は ある住所に行く。
そこは オ・スヒョクの父の家だった。
別荘管理人から
オ・スヒョク父は住んでおらず
オ・スヒョクがよく女を連れこんでいた。
最近はチンピラを連れてきている
と情報を得る。


ソジョンとカン刑事(キム刑事)は
オ・スヒョクかチンピラかどちらかに ファン・デドゥが憑依していると思う。
そこで まず チンピラ チャン・チュンソプを調べる。
すると ファン・デドゥではないが 凶悪な霊が憑依している とわかる。
ソジョンは チャン・チュンソプに憑依した霊を消滅させる。

また ソジョンとカン刑事(キム刑事)は
カン刑事にキム刑事が憑依したと知っている と知る。


その頃 オ・スヒョク(ファン・デドゥ)は キム刑事の娘ジハンと親しくなり
プロポーズしていた。

11

チャン・チュンソプは 自分が子分を殺したことにショックを受ける。
オ・スヒョク(ファン・デドゥ)に復讐したと思い、
ソジョンとカン刑事(キム刑事)に協力を申し出る。

しかし チャン・チュンソプは 自分だけで オ・スヒョク(ファン・デドゥ)を殺害しようと考えていた。
チンピラの親分に協力を頼み 万全なはずだったが
失敗する。


カン刑事(キム刑事)は オ・スヒョク(ファン・デドゥ)を車で轢く。
倒れて気絶したオ・スヒョク(ファン・デドゥ)をホンサンに連れて行く。


ソジョンは オ・スヒョク(ファン・デドゥ)を除霊しようとするが…
うまくいかない。
と、オ・スヒョクのポケットの中に 写真を見つける。
ジハンと写った写真。
裏には“娘を助けたければ入ってください お義父さん”と書かれていた。


ソジョンは 危険だと止めるが、
キム刑事の魂は 娘を助けるために オ・スヒョクの中に入る。

12

ソジョンは ファン・デドゥの意識がない間にファン・デドゥの魂を消滅させたい と思うが
キム刑事は ジハンを捜すことを優先する。
キム刑事は ジハンの監禁場所を見つけるため ファン・デドゥの幼少期を辿る。
監禁場所と思われる場所を見つけるが…
意識が戻ったファン・デドゥによって消滅する。

ソジョンは ファン・デドゥを消滅させることはできなかった。
ソジョンとカン刑事は ファン・デドゥに首を絞められる。
ペ祈祷師に助けられて 脱出。
その後 ジハンを見つける。


オ・スヒョク(ファン・デドゥ)が 街中で発砲。
狙撃され死亡する。


1か月後
ファン・デドゥは鳴りを潜めているが
暴行事件が多発している。


ファン・デドゥは チャン・チュンソプに憑依していた。

13

カン刑事がよく利用するコンビニの店員が殺される。
(犯人はチャン・チュンソプ(ファン・デドゥ))

カン刑事は ソジョンに会いに行く。
また始まった と言われる。
今度は遠回りせず私たちにまっすぐにくるはず と。

銃による殺害事件が多発する。

ソジョンは ソヒが危険だと感じる。
しかし どうすることもできなかった。
ソヒは撃たれ亡くなる。

カン刑事は ナミョンに
「ファン・デドゥの魂が生きていて殺人を繰り返している。お前も班長も皆が危険だから気をつけろ」と言う。

カン刑事に チャン・チュンソプ(ファン・デドゥ)から電話がある。
今夜お前の女を殺せ と。
殺せば殺人をやめるが そうでなければお前がすれ違う人話した人 皆が犠牲者になる と。
カン刑事は雲隠れするが…


チャン・チュンソプ(ファン・デドゥ)は
チェ・ヨンヒ巡査と 班長の娘スンヒを拉致。
班長とジュニョンに
「相手を殺し生き残った方が愛する人を助けられる」と言う。

14

班長、ジュニョン、スンヒ、チェ・ヨンヒ巡査、
4人とも亡くなる。

同じ頃
ソジョンは 自殺を図る。


カン刑事、ソジョンは 戦う気力を失う。
カン刑事は ソジョンを連れて 島に渡る。
ソジョンに
「君が望む家には程遠いかもしれないけれど
海の見える家で犬を飼ってハンモックをつるし
一緒にメシを食って寝る。
夕方には海岸を手をつないで歩く。
そうやって暮らそう。
俺にとってはこの島が地球上唯一の場所で君が唯一の人間だ。
そう思って生きることにした。
愛してる」と言う。

2人は 穏やかな生活を送っているが、
ファン・デドゥの悪行は エスカレートしている。

15

カン刑事とソジョンは ヨンミという女の子と親しくなる。
ヨンミの両親は ソウルで屋台をしていて
ヨンミは 祖父と暮らしていた。

カン刑事は ヨンミ両親の屋台で発砲事件が起き ヨンミ父が撃たれたと聞く。
このままではいけないと ひとりソウルに戻る。
“必ず帰ってくる”と手紙を残して。


カン刑事の部屋で ペ祈祷師の遺体が見つかる。
(犯人はチャン・チュンソプ(ファン・デドゥ))

カン刑事は ナミョンに ファン・デドゥの魂のことを話し、
「次はお前が危険だ」と忠告する。
しかし ナミョンは ひとりでチャン・チュンソプに会いに行ってしまう。


チャン・チュンソプ(ファン・デドゥ)は ナミョンの魂から ソジョンの居場所を特定。
ソジョンとヨンミを拉致。
カン刑事に どちらを殺すか選べ と迫る。

16

カン刑事は ソジョンを撃つ。
また会いましょう という言葉を信じて。
ソジョンの魂は チャン・チュンソプにとりこまれる。

カン刑事は 7人殺害容疑で指名手配される。


あの時…
どちらを選ぶかと迫られた時
カン刑事は ソジョンから 最後のチャンスに賭けようと言われた。
「島にいる時悪の気配を感じなかった。塩が鍵かもしれない。ファン・デドゥを陸から離れた海におびき出して」と。


警察に追われて海に飛び込んだカン刑事、
砂浜に打ち上げられる。
と、5人の魂と班長の魂が カン刑事の中に入る。

カン刑事は チャン・チュンソプ(ファン・デドゥ)と対決。
チャン・チュンソプの中のソジョン、
体の中の班長らの魂、
家に住みついた魂たち
に助けられて チャン・チュンソプに重傷を負わせることに成功。
チャン・チュンソプを船に乗せ 沖に出る。

カン刑事は チャン・チュンソプを殺害。
すると ファン・デドゥの魂がカン刑事の中に。
カン刑事は ファン・デドゥに主導権を渡さず 海に飛び込む。
ファン・デドゥは 消滅する。


スポンサーサイト



web拍手

楚喬伝~いばらに咲く花~(19)-(21)


19-21

宇文玥は 月七から 宇文灼が星児に死間をさせるつもりだと聞く。
その前に 梁のスパイを見つけなければ と必死になる。

その頃 星児は 左宝倉に会っていた。
宇文席を殺害するつもりだと言い、
武器を手に入れる。


星児は 燕洵に 一緒に燕北に行く と答える。
それほど 星児は宇文玥に失望していた。
宇文席を殺して 兄、姉の敵を討った後
宇文玥と決別しよう考えていた。


宇文懐は 梁のスパイの離間の計に協力。
皇帝に “魏帝は滅び 燕主が天下を取る”と彫られた石を見せて怒らせる。

定北候が裏切るはずはない と皇帝を宥める大臣。
しかし 皇帝は 定北候への疑いを強く持っている。
それが事実だったと確信。
“謀反人の燕世城を即刻捕えるべし。魏光と宇文懐には燕洵の捕縛を命じる” と聖旨を下す。

魏貴妃は 皇帝に 燕洵の命乞いをするが
逆効果。
怒らせるだけだった。
そこで 息子 元嵩 娘 元淳に
「自分の身分を自覚してほしい。そなたたちは何でも得られるけれど 得られないものもある。友情と愛情。縛られないで」 と言い聞かせる。


星児は 燕洵の伝言を受け取る。
“亥の刻に西門で 来るまで待つ”
遅れたら待たないで と返事する。
そして 妹たちに 亥の刻に西門で待っていて と話す。
もしも私が間に合わなくても燕洵が燕北に連れて行ってくれる と。


定北候は 長安の城門近くまで来ていた。
翌日 城に入ることにし、野営する。
ところが 宇文懐率いる軍に攻撃され、
定北候は 亡くなる。


星児は 宇文席を殺害。
宇文玥の命令でやったことにする。
そして 宇文玥に青山院と縁を切る と言って飛び降りる。
その下に 燕洵が待っていた。


燕洵らは 門を出ようとして囲まれる。
星児の活躍で
門を開けさせ 外に出る。
星児は 妹たちを捜すため 燕洵と別れる。
しかし
宇文玥に捕まったところを 燕洵に助けられる。



web拍手
関連記事
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
親愛なる判事様
補佐官

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>
  ~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫
  ~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)
ダイイング・アンサー~法医秦明~

<視聴予定>
扶揺 8/2~レンタル、8/29~lalaTV
神龍 9/3~レンタル、U-NEXT、秋~DATV
蘭陵王妃 レンタル、配信あり、9/~チャンネル銀河
千年のシンデレラ(結愛・千歳大人的初恋)
         ホームドラマチャンネル放送中
リーガルサービス~最大の利益(最佳利益)
         9/5~ホームドラマチャンネル
スィート・ドリームズ(一千零一夜) 10/2~レンタル
花不棄-運命の姫と仮面の王子-(小女花不棄)
         9/11~衛星劇場
明蘭~才媛の春~(知否知否応是緑肥紅痩)
         10/~衛星劇場
悪との距離 10/15~衛星劇場
 *U-NEXTを契約しようか迷っていたから
         嬉しい~

ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング