2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>




武則天~The Empress~(武媚娘傅奇)(30)-(34)

徐慧は 武媚娘への嫉妬を募らせる。
李世民に愛されるために武媚娘を排除しなければ と思う。
李世民が武媚娘に失望し捨てるようにしなければ と思う。

武媚娘は 徐慧に憎まれていると気づかない。  


徐慧は 皇太子妃から 称心が生きていると相談される。
そして そのことを武媚娘に話す。
武媚娘から「陛下に知られる前に何とかしなければ」と言われ
同意するが…

徐慧は 李世民を散歩に誘い、
皇太子妃が魏徴に相談しているのを聞かせる。

怒った李世民は 称心の首を刎ね、
皇太子に謹慎を命じる。

皇太子は 謀反を考えるようになる。
この件で完全に皇太子廃位は決まった と思う。
それなら いっそ譲位を迫ろうと考えたのだ。
それを知った武媚娘は 皇太子を止める術はないかと 魏徴に会う。

武媚娘は 魏徴から
「譲位を迫ることに反対はしない。ただし絶対に兄弟を傷つけてはいけない。行動を起こすなら皇太子を廃すると陛下が決断されてから」と言われる。
魏徴は 病を患い 残り少ない命。
だから「死ぬ間際に陛下に気持ちを聞く。棺に黒絹がかかっていれば“皇太子を廃する”白絹なら“廃さない”という意味」と言う。

武媚娘は 皇太子妃に贈る絹布に 手紙を忍ばせる。
“黒絹なら廃す 白絹なら廃さない”と書いた手紙を。

ところが 徐慧がこのことを知ることに。
徐慧は 武媚娘の字を真似、逆の意味になるように手紙を書く。
そして 文娘に 手紙を入れ替えるようにと命令する。

文娘は 命令通り 手紙を入れ替えたものの
徐慧の行動が心配になる。
武媚娘と仲良かったはずなのに 武媚娘を陥れるようなことをしていると。
徐慧に「お気持ちはわかりますが誰かを傷つけてはいけません」と言うが、
燭台で頭を殴られて 殺されてしまう。

徐慧は 魏王の手下の莫太監に 文娘の処理を頼む。

文娘の遺体が 池で見つかる。
溺死とされるが、
文娘と親しかった太監の瑞安は 信じられない。
殺されたに違いないと 文娘の部屋を探し、
“文”と彫られた燭台が無くなっていることに気づく。

魏徴が亡くなる。
棺には 白絹。
李世民は“廃さない”と決めたのだ。

徐慧は 李世民に 武媚娘が皇太子妃への贈り物に忍ばせた手紙を渡す。
次に 武媚娘に 皇太子が謀反をしようとしている と話す。

武媚娘は 皇太子を止めようとするが、
監禁されてしまう。

李世民は こうなることを予想し 準備していた。
謀反は失敗する。
関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキングドットネット
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング