2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>




また?!オ・ヘヨン~僕が愛した未来~ あらすじ&感想




とってもよかったです。


婚約者オ・ヘヨンに結婚式当日にドタキャンされたパク・ドギョン、
オ・ヘヨンが実業家と結婚すると聞き、
その実業家を破産に追い込む。
そのせいで オ・ヘヨンは結婚式前日に破談になってしまう。
ところが 婚約者オ・ヘヨンと 実業家の婚約者オ・ヘヨンとは 別人だった。
その破談になったオ・ヘヨンとドギョンの 恋愛ドラマ。


“腹いせに 婚約者の会社を倒産させるような みみっちい男は 嫌い!こんな男が主役のドラマなんて観ないぞ!” と思うけれど
その主役を演じるのが エリックだから
みみっちい男はどこかに。
エリックに浸りながら観ました。

ドギョンとオ・ヘヨンが お似合いで、
2人のシーンは 微笑ましくて 幸せな気持ちに。


オ・ヘヨン役の ソ・ヒョンジンさん、
私は「神々の晩餐」の時の印象が強いのですが、
このドラマでは お茶目で可愛くて生き生きとしていて
好きになりました。

他の登場人物…
ヘヨンの両親、
ドジョンの姉、友人、弟カップル…
とっても楽しくて
いつもは“サブストーリーは要らない”と思うのに
彼らの展開も楽しみでした。

ドギョンは 未来が視えるようになるのですが、
そのことで カウンセラーを受けるようになります。
そのカウンセラーのパク医師役のチェ・ビョンモさん、
会長の秘書やヤクザな奴の役が多いのですが
このドラマでは ガラッと変わって 優しくてちょっとひょうきんな医師。
とても新鮮でした。
パク医師の先輩のウ医師も。


ドギョンの“未来視”は なぜ起きるのか解明されないままなのですが、
事故に遭い最期に走馬灯のようにヘヨンのことを思い出しているのは ということになっています。
ドギョンは 視たように最期に後悔したくないと 自分の気持ちに正直になります。
いつも思っていることなのですが、改めて 最期の時に“いい人生だった”と思いたい と思いました。


ドラマは “ただの”オ・ヘヨン視点で観たのですが、
時々 ヘヨン母の視点に。

娘が結婚する って 結構悲しいもので
幸せになってほしいと思うけれど 結婚しないでずっと娘であってほしいとも思う。
離婚してほしくないけれど いつでも離婚して帰っておいでとも思う。
娘に荷物を送る時に 名字が自分とは違っていて 悲しくて寂しくて愕然とする。
ヘヨン母を見ると 娘を思い出して、ヘヨン母目線になりました。


最後に
やっぱりエリックはカッコいい!!

あれこれと浮気して “カッコいい”と思うけれど
私にとって エリックとカン・ドンウォンは永遠 です。




全18話 2016/5/2~2016/6/28 tvN

出演者 : パク・ドギョン・・・エリック
“ただの”オ・ヘヨン・・・ソ・ヒョンジン

“美人の”オ・ヘヨン・・・チョン・ヘビン
ハン・テジン・・・イ・ジェユン

“ただの”オ・ヘヨンの父・・・イ・ハヌィ
“ただの”オ・ヘヨンの母・・・キム・ミギョン

パク・スギョン(ドギョン姉)・・・イェ・ジウォン
パク・フン(ドギョン弟)・・・ホ・ジョンミン
イ・ジンサン(ドギョン友人)・・・キム・ジソク
アンナ(フン恋人)・・・ホ・ヨンジ
ドギョン母・・・ナム・ギエ
ドギョン父・・・イ・ピルモ

ギテ(ドヒョン同僚)・・・キム・ギドゥ
サンソク(ドヒョン同僚)・・・チョ・ヒョンシク
イ・ジュン(ドヒョン同僚)・・・チェ・ジュンホ

キム・ソンジン(オ・ヘヨン同僚)・・・クォン・ミン
ヒラン(“ただの”オ・ヘヨン友人)・・・ハ・シウン

チャン会長・・・カン・ナムギル
パク医師・・・チェ・ビョンモ
ウ医師・・・ウ・ヒョン

中華料理配達人・・・コ・ギュピル
“ただの”オ・ヘヨンの見合い相手・・・イ・ヒョンジン
“ただの”オ・ヘヨンの高校の同級生・・・ユン・ジョンフン
“ただの”オ・ヘヨンをナンパする弁護士・・・ヨン・ウジン
イ・ビョンジュン・・・本人
キム・シニョン・・・本人
“美人の”オ・ヘヨンの見合い相手・・・ソ・ジュニョン
映画監督・・・オ・マンソク

演出  : ソン・ヒョンウク
脚本  : パク・ヘヨン


 1-34-67-89-101112-1314-161718

1-3

パク・ドギョンは 仕事の知人ヒランから
友人オ・ヘヨンと待ち合わせしていて、彼女は結婚式前日に破談になった と聞く。
“オ・ヘヨン?!”と慌てて 立ち去ろうとして
オ・ヘヨンにぶつかる。
オ・ヘヨン…今ぶつかったオ・ヘヨンは ドギョンが思っていたオ・ヘヨンではなかった。

ドギョンは オ・ヘヨンの高校の卒業アルバムを確認。
もうひとりオ・ヘヨンがいたと知る。
と 同時に青ざめる。

ドギョンは かつてオ・ヘヨンに結婚式をドタキャンされた。
ドタキャンされてからしばらくして
ヒランから 友人のオ・ヘヨンがすごい事業家と結婚する と聞く。
ドタキャンの仕返しをしてやれ! と考え、
オ・ヘヨンの婚約者ハン・テジンの会社を倒産させた。

ドギョンは 復讐成功! とスカッとした気持ちになっていたが…
オ・ヘヨン違いだった と気づく。

ハン・テジンは ドギョンが出資者に手をまわしたとは知らない。
金が集まらなくなって 倒産。
もともと詐欺すれすれのことをしていたため 逮捕され
現在服役中。
逮捕される前に オ・ヘヨンに 別れを告げたのだった。
「食べる姿が嫌だ」と酷い言葉で。

オ・ヘヨンは 高校の時から なにかとついていない気がしている。
高校の同級生に同姓同名オ・ヘヨンがいた時から。
彼女は 才色兼備。学校の人気者。
“美人の”オ・ヘヨン
対して オ・ヘヨンは“ただの”オ・ヘヨン。
そう 区別されていた。

ドギョンは “ただの”オ・ヘヨンに 罪悪感でいっぱいになる。
ハン・テジンが服役中と知り 保釈できないかと思う。
また ドギョンは “ただの”オ・ヘヨンに出会った少し前から 未来が視えるようになる。
視える といっても…登場するのは “ただの”オ・ヘヨン だけ。

“ただの”オ・ヘヨンは 一人暮らしを始める。
引っ越した家は 一軒家の2階の一室。
同じ家に なんと ドギョン兄弟が住んでいた。

その家は もともとはドギョン家族が住んでいた。
今はドギョン、姉スギョン、弟フンの3人が住んでいる。
そして 今回 大家が倉庫だった部屋を改装し 、“ただの”オ・ヘヨンに貸したのだった。

で、
“ただの”オ・ヘヨンとドギョンの部屋は壁で隔てられているはずだったのだが…
もともと2つの部屋の間にあったドアを塞いだベニヤ板を ヘヨンが壊してしまい…
行き来できることに。


スギョンは “ただの”オ・ヘヨンの上司。
今は 2人とも 一つ屋根の下に住んでいる とは知らない。

4-6

“美しい”オ・ヘヨン登場。
なんと “ただの”オ・ヘヨンの上司に!

まるで高校時代が戻ってきたよう。
会社でも “美しい”オ・ヘヨンは モテモテ。
“ただの”オ・ヘヨンも モテモテ。
“美しい”オ・ヘヨンに近づくために利用しようと考えている男たちに。

“ただの”オ・ヘヨンは 事あるごとに比較されて 嫌な思いをする。
おまけに ドジョンのドタキャンの婚約者が “美しい”オ・ヘヨンだと知り、
ショックを受ける。


“美しい”オ・ヘヨンは 今でもドジョンを愛している。
ドジョンと“ただの”オ・ヘヨンが親しそうで 気になる。

“美しい”オ・ヘヨンがドタキャンしたことに ドジョン母が関係しているらしい。
スギョンは
ドジョン母は 常にドジョンに金をせびっている。その金づるが無くなるのが嫌で 結婚に反対。ヘヨンに酷い言葉を浴びせて ヘヨンが結婚をやめるように仕向けたのでは。
と考えている。
たぶん その考えはあっている。


ドジョンは “ただの”オ・ヘヨンが自分を癒してくれるかも と思う。
今の “ただの”オ・ヘヨンに対する気持ちは 同情 と考える。
これ以上深く関わったら好きになってしまうかもしれない と思う。


“ただの”オ・ヘヨンは ドジョンが気になって仕方がない。
一目惚れしたと気づく。
けれど その気持ちを隠している。
ところが…
ドジョンは 音響の仕事をしている者の癖で 留守の自分の部屋を録音している。
そこに “ただの”オ・ヘヨンが ドジョンへの気持ちを吐露しているのが録音されていた。
ということで ドジョンは “ただの”オ・ヘヨンの気持ちを知ることに。

7-8

“美しい”オ・ヘヨンは ドジョンに 音声ファイルを添付したメールを送る。
ドジョン母から送られた音声ファイル。
破談にした原因の音声ファイル。

その音声ファイルは ドジョンとドジョン母が オ・ヘヨンとの結婚について喧嘩しているもの。
ドジョン母は 愛を知らずに育った2人が結婚するのはよくない と反対理由を言い、
それに対して ドジョンが 「可哀想だから別れられない。俺まで見捨てるわけにはいかない」 と反論していた。

“美しい”オ・ヘヨンは 愛されていると思っていたのに同情されていただけだった とショックを受ける。
触れられたくないこと、愛されて育ったふりをしていたこと、幸せなふりをしていたことをすべて見透かされていたのだと。
この時から 過呼吸を発症するようになった。
この1年 愛している人と屈辱を一緒に思い出す日々を送ってきた。

“美しい”オ・ヘヨンは 祖母に預けられて育った。
両親は離婚後 それぞれが再婚離婚を繰り返し、ヘヨンに会いに来ることはなかった。
だから“美しい”オ・ヘヨンは 誰にでも優しく嫌われないようにしてした。
クラスメートからちやほやされながらも
両親の愛情を受けて育った“ただの”オ・ヘヨンが羨ましかったのかもしれない。

“美しい”オ・ヘヨンは ドジョンに音声ファイルを送ることで 区切りをつけようとした。
気持ちを整理するために ドジョンに会う。
屈辱とセットになっているドジョンの思い出を 楽しかった思い出にしたいから。


テジン出所。
“ただの”オ・ヘヨンに 会う。
平気な顔をして話すオ・ヘヨンを見て 辛くなる。

ドジョンは 家の前でテジンを見かける。
車に乗ったテジンを追いかけ、わざと追突する。
そして「潰したのは間違いだったが 今のは故意だ。訴えるならしろ。俺を殴れ」などと言いがかりをつける。

ドジョンは 自分のせいで“ただの”オ・ヘヨンを辛くさせた と自責の念に駆られている。
“食べる姿が嫌い”と トラウマをもたせたことを 苦しいほど後悔している。


ドジョンは 交通事故が起こる音と共に胸が苦しくなることが たびたび起こるようになる。
“ただの”オ・ヘヨンが事故に遭うのでは? と心配になる。
わき腹が痛くなる感じもあり
“事故に遭うのは 自分かもしれない”とも思う。
また “ただの”オ・ヘヨンとつかみ合いの喧嘩をした後 キスする のを視る。

9-10

“ただの”オ・ヘヨンは 両親に破談の本当の理由を話す。
テジンから別れを言われたと。

“ただの”オ・ヘヨンは 両親から 家に帰ってきなさい と言われる。
ドジョンのそばにいたい。
けれど ドジョンに片思いしたまま 隣に住み続けるのも辛い。
実家に帰ることにする。

“ただの”オ・ヘヨンは テジンから 結婚式場で逮捕されるのを避けたかったから別れを告げた と聞かされる。
“嫌いになったわけではなかった。私のことを思ってのことだった”と テジンに心が揺れそうになる。


ドジョンは “ただの”オ・ヘヨンを好きだと気づく。
しかし…
罪悪感から 一歩踏み出せない。
以前から受診しているパク医師から
未来を視ているのは 死が近いからかもしれない と言われたことも ブレーキをかける。
ドジョンが視ているのは “ドジョンが交通事故に遭い、最期にオ・ヘヨンを思い出している” ところかもしれないと。

ドジョンは オ・ヘヨンへの思いが募る。
父が亡くなった時のことを思い出して
何も残さず消えてしまうのは嫌だ と思う。
“ただの”オ・ヘヨンに 「会いたい」と電話する。

ドジョンと“ただの”オ・ヘヨンは ドライブに行き、
夜になって…
“ただの”オ・ヘヨンの思惑とは違い…
代行運転を頼んで 帰宅する。

11

テジンは “ただの”オ・ヘヨンとよりを戻したいと思う。
別れた本当の理由を話したから許してもらえるだろう と思う。
花束と指輪を持って オ・ヘヨンに会いに行く。
そして ヘヨンがドジョンと会っているのを目撃。
ドジョンを殴り、
オ・ヘヨンに「こいつが俺を陥れた」と怒鳴る。

“ただの”オ・ヘヨンは テジンから話を聞いて
ドジョンがテジンを“美人の”オ・ヘヨンの婚約者だと思って陥れたのだ と知る。

今までの辛いことすべては オ・ヘヨンのせいだった。パク・ドギョンがオ・ヘヨンを愛していたせいだった。
“ただの”オ・ヘヨンは “美人の”オ・ヘヨンに会いに行き、
「あんたを許さない」と叫ぶ。
そして ヒランに会いに行く。
事情を聞いたヒランは ドジョンに話した時のことを思い出す。

“ただの”オ・ヘヨンは いつもそうだった と思う。
高校生の時もそうだった。“美人の”オ・ヘヨンに振られた男に家の窓ガラスを割られたことがあった。不思議と花束は届いたことはなかったのに。
まさか 卒業した後も 同じ思いをするとは思わなかった。
まるで“美人の”オ・ヘヨンの厄払いをさせられている気がする と思う。
そして 自分を地獄に落とした男を好きになったことが 苦しい。

“ただの”オ・ヘヨンは ドジョンから 「ごめん。本当に申し訳ない」と言われる。
「跪いて」と言うが、
ドジョンは 行ってしまう。
オ・ヘヨンは 「愛している」という言葉を聞きたかったのだが…

“美人の”オ・ヘヨンは ドジョンが間違って“ただの”オ・ヘヨンを破談にしたと知る。
それほどドジョンに愛されている と嬉しくなる。
ドジョンに会いに行き「愛している」と言うが、
拒否される。

12-13

“ただの”オ・ヘヨンは ラジオ番組の相談コーナーに気持ちをぶちまける。
匿名で話していたが…
つい“彼もオ・ヘヨンも殺してやりたい”と叫んでしまい…
相談者の名前が オ・ヘヨンだとばれてしまう。
オ・ヘヨンという名前は珍しくないが、
知っている人が聞けば “あのオ・ヘヨンだ”と思うわけで…
オ・ヘヨンの周り…会社でも近所でも同窓生の間でも 大騒ぎになる。

“ただの”オ・ヘヨンは ドジョンが憎い。
そんな男を好きになった自分が惨めで仕方がない。
けれどドジョンを忘れられない。
苦しくして耐えられなくて
ドジョンに「私の気が済むまで一緒にいてほしい。落ち着くまでいてくれないかしら」と頼むが、
拒否される。

ドジョンは “ただの”オ・ヘヨンを愛しているが、
別れなければ と思っている。
けれど 苦しい。
“後悔はしたくない”と思い、
オ・ヘヨンに「会いたくなって来た。悪かった。間違ってた。悲しませない。心変わりしない」と言う。
しかし 遅かった。

ドジョンは 視たこととは違う言葉を言い始める。

ある日 ドジョンは 病院で“ただの”オ・ヘヨンに会う。
視たものでは “元気でいろよ”だったが、
「もし過去に戻れても君の結婚を邪魔しただろう。隣の部屋に来るように仕向ける。破談になってよかった。ごめん。でも今のが本音だ。抱きしめられないなんて辛い」と声をかける。

ドジョンの言葉は オ・ヘヨンの心を動かす。
オ・ヘヨンは ドジョンを追いかけ 抱きつく。

14-16

ドジョンの未来視では “ただの”オ・ヘヨンとは別れることになっていた。
別れた後に事故に遭うことになっていた。
ところが 視た言葉とは違う言葉を言うことで “ただの”オ・ヘヨンと別れなかった。
“未来が変わったかもしれない”
ドジョンは 喜ぶが…

大家が亡くなった。
視たとおりに 大家が亡くなって大家の息子が会いに来た。
言葉も同じ。
やはりどうすることもできないのか と落ち込む。

そして ドジョンは 視た交通事故の犯人が テジンだと気づく。

ドジョンと“ただの”オ・ヘヨンは ラブラブ。燃え上がっている。
このことで悲しんでいる2人は…
“美しい”オ・ヘヨンは ショックを受けるが、顔には見せず 平静を保っている。
問題なのは テジン。

倒産させられ 無実なのに逮捕され 婚約者を奪われた。
テジンはチャン会長の金を使って ドジョンのスタジオを差し押さえする。
けれど 心は晴れない。
ドジョンを陥れても ヘヨンは戻って来ない。
ヘヨンから 「破談になり傷ついた心を癒してくれたのはドジョン。私が彼を愛した」と言われ、やり切れない気持ちになる。

実は…ドジョンもテジンも知らないことがある。
1年前 チャン会長がテジンの会社から資金を回収したのは ドジョンから頼まれたわけではなかった。
ドジョンから頼まれる前に 決まったことだったのだ。
また ドジョンは 共同経営者であるドジョンの友人に裏切られていることに気づいていない。

17

ドジョンと歌手イ・ビョンジュンとの生死がリンクしている?  


“ただの”オ・ヘヨンとドジョンは…
何があっても 死んでも 離れない という感じ。

ドヒョンは 酔っているのかふらついているテジンを目撃する。
歩道橋の手すりにもたれかかっている姿を見て 心配になる。
しかし 未来に彼が自分を轢くのを思い出し 立ち去ろうとするが…
落下しそうになっているのを助ける。

ドヒョンは パク医師の先輩のウ医師の催眠術を受ける。
事故に遭い路上に倒れている時
桜のような花びらが舞っている
街頭の大型スクリーンに 歌手のイ・ビョンジュンが亡くなった とニュースが流れる。
同じスクリーンに “2016年6月ビッグセール”と広告が写される。

ドヒョンは “ただの”オ・ヘヨンに “視えている”ことを打ち明ける。
「未来 俺が死ぬ時に走馬灯のように君との思い出を思い返している 映像が視える。
死に際に君を思っている。
どうして素直になれなかったのだろう。心にもない言葉ばかりを言っていたと とても後悔している。
だから 君に本心を伝えるようにした。だから よりを戻せた。
もうこれで死ぬときに後悔しない」 と。

“ただの”オ・ヘヨンは ドヒョンの告白を 冗談半分に受け取った。
しかし 思い返して 嫌な予感がし始める。

ドヒョンは もう逃げない とテジンの前に姿を現す。
テジンは チャンスに裏切られたと知り 感情が高ぶっていた。
車で ドヒョンを追いかける。
ドヒョンが視たように ことが進むが、
テジンは ドヒョンを轢かなかった。

同じ頃 ウ医師は 首つり自殺を図ったイ・ビョンジュンを助けていた。

18

ドジョンと“ただの”オ・ヘヨンは 結婚を前提に 同棲を始める。
ヘヨン両親の了解を得、
ドジョン母との顔合わせを済ませる。

テジンの ドジョン、“ただの”オ・ヘヨンへのわだかまりは消える。
“ただの”オ・ヘヨンと“美人の”オ・ヘヨンのわだかまりも消える。
嫉妬しているのは“ただの”オ・ヘヨンだけだと思っていたが、
“美人の”オ・ヘヨンも 両親の愛に包まれている“ただの”オ・ヘヨンのことが羨ましくて嫉妬していた。
同姓同名とは関係なく 人は他人が自分よりも優位にいると羨ましく嫉妬する。
自分がどれだけ幸せでも。

ドジョンと“ただの”オ・ヘヨンは 6月を引きこもって過ごす。

ドジョンは 視ることがなくなり 安心し始めていた。
しかし それは突然やってきた。
轢いたのはテジンではない運転手の暴走車。
時は 夜ではなく昼。
近くの屋上で撮影が行われていて 撮影で降らせていた花びらが舞っていた。

ドジョン手術中。
待機する家族たち。
ヘヨン母が「式は9月3日にしましょう」と言いだし、
それから 皆は ドジョンは助かるという前提で 思い思いに話し始める。

そして ドジョンとオ・ヘヨンの結婚式が行われる。

スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

はやい!

もうご覧になったんですね。
ホントにすべての方が良かったって感じですよね。
娘が「ず~~~~~っと放送してくれたらいいのに何で終わっちゃうんだ」って愚痴っていました。
ひたらないとか言っても韓国ドラマは凄いです。

『娘に荷物を送る時に 名字が自分とは違っていて 悲しくて寂しくて愕然とする。』
愕然!同感です。

『エリックとカン・ドンウォンは永遠 です。』
これはドンちゃんファンとしては同等か!?なんて(笑)
シナファンとしては確かにステ-ジのリ-ダ-がかっこ良くて思わず目で追ってしまいますけどね(笑)

木蓮さん、こんにちは

最近ラブコメがにがてだったので 心配だったのですが、
良かったです。
“終わってほしくない”
娘さんの気持ち よ~くわかります。

そうですね。
エリック、ドンウォン、それぞれのファンの方は 一緒にしないで!でしょうね。
ドンウォンは 韓国ドラマを観始めた頃からのファン。
エリックは 「ケ・セラ・セラ」の時に落ちました。

お久しぶりです^^

ごぶさたしておりました。

今年は春以降、韓ドラにあまり乗り気ではなかったのですが、とりあえず録画だけはしておりました。

オ・ヘリョンはあちこちで評判が良くて、録画して1話途中まで見ています。38師機動隊とチョ・ドゥルホをすぐ見るようにしてハードの容量を増やそうかと。。。

今、すごくはまっているのが「THE K2」です。
チ・チャンウクがとにかくカッコいいし、評判もいいようです。久々にほぼリアルで視聴しています。ケーブル局は面白いドラマが増えましたね。

ヨンパリの脚本家ということで・・・・この脚本家はこういうドラマが得意なのかな?と。

naoさん、こんにちは

お久しぶりです。

38師機動隊もチョ・ドゥルホも 金と権力を持つ者を倒そうとするドラマで 楽しめると思います。


「THE K2」、
気になっているドラマです。
警護員役でしたよね。カッコいいでしょうね。

良かったね

このドラマは楽しみで毎週遅れずに見ました。

エリック劣化してないですねえ~ むしろひと頃より更に良くなった感じ。ホレボレ~
こういう感じのエリック大好き♡ 本人キャラとは真逆のキャラのようですが。
ドンウォン君、大好きだったんですが、最近変わった役が多くて・・・

ソ・ヒョンジンちゃんも、大好きな女優さんなので、二人が出るだけで楽しいでしたが、
期待通り、いえそれ以上良かったです。

mikajunさんのおっしゃる通り、珍しく他のカップルもなかなか良かったです。
エキセントリックの極みカップルには、笑わせてもらいました。
あの結果は想像つきませんでしたね。

ただのオ・ヘヨンのキャラ最高でしたね。
オンマも良かったですね。
脚本も俳優もすべて良かったです!
音響監督の仕事も新鮮で興味深かったです。

久々とても良くできたラブコメでした。
このためにMnet契約したので、終わってまた解約してしまいました。

asa さん、こんにちは

エリック、素敵です~
ドンウォンは 映画ばかり。ドラマに出てほしいです。

ソ・ヒョンジンさん、おとなしいイメージだったので 心配していたのですが、
おっしゃる通り とっても良かったです。

ただのオ・ヘヨン とってもいい子ですよね。
両親も好きでした。
娘をとっても愛している母。
寡黙だけど娘の幸せを第一に考えている父。
素敵でした。

ほんと 久々に面白かったラブコメでした。

私もMnet解約しました。
衛星劇場は9月末で解約。
DATVも 華流ドラマが興味ないラインナップになったので解約するつもりでしたが、
「D-DAY」がDATVでは珍しく一挙放送されたので 今月まで契約することに。
なのに 録画ミスしてしまって…落ち込んでます。
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング