2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>




マーフィーの愛の法則(莫非,這就是愛情) あらすじ&感想




彼の母親の反対のせいで 破談になった暁彤、
プロポーズを断られた家尉、
恋愛に傷ついた2人の ラブロマンス。


悪くなかった と思います。
家尉にドキドキしたし、
暁彤は可愛くて
2人のことがとっても好き。
まだまだ見ていたい。

けれど
じゃぁ嵌った? と聞かれると
そこまではないかなぁ と思う。

数年前の私だったら 迷わずに“よかった~~”という感想だったかもしれませんが、
やはり 今は恋愛ドラマが苦手なようです。




全31話 2015年 

出演者 : 紀家尉 ジー・ジアウェイ・・・タン・ユージャ 唐禹哲
      関暁彤 グァン・シャオトン・・・リー・ジャーイン 李佳穎

      向子諺 シャン・ズーイェン・・・簡宏霖 ジョリン・ジェン
      何芝羽 ハー・ジーユー(家尉の元カノ)・・・王思平 ワン・スーピン
      杜凱文 ドゥー・カイウェン・・・高英軒 ガオ・インシュエン

      林少強 リン・シャオチァン・・・JR紀言愷 ジー・イェンカイ
      王西門 ワン・シーメン・・・張雁名 エンソン・チャン
      鄔美貞 ウー・メイジェン・・・黄嘉千 ホァン・ジアチエン
      艾倫 アイルン・・・孫其君 スティーブン・スン
      夏欣欣 シア・シンシン・・・林欣霈 リン・シンペイ
      胡安婷 フー・アンエィン・・・陶嫚曼 マンディ・タオ
      暁彤の父・・・沈孟生 シェン・モンション
      暁彤の母・・・方文琳 ファン・ウェンリン
      家尉の父・・・林煒 リン・ウェイ

 1-23-45-89-1011-1415-1819-212223-2627-31

1-2

私にとって お久しぶりのタン・ユージャさんと
「マジで君の恋してる」のルディ役が可愛かったリー・ジャーインさんの ドラマ。
とても楽し無です。  


関暁彤は 家柄の違いを理由に恋人から別れを言われる。
高級レストランに 高級シャンパン。
プロポーズされると思い込んでいた暁彤は ショックを受ける。
暁彤は シャンパンをがぶ飲み。
酔いつぶれる。

紀家尉は プロポーズしようと 友人たちを巻き込んで完璧にセッティングする。
しかし 友人たちから プロポーズしようとしていることが恋人の何芝羽にバレ、
電話で「まだ結婚するつもりはない」と言われる。

プロポーズに失敗した家尉は 帰る途中
酔いつぶれている女性(暁彤)のテーブルに 指輪を置く。

一方 芝羽は 家尉に電話した後 会わずに帰るつもりだったが、
Uターン。
家尉に会いに行こうとする。
しかし 交通事故に遭ってしまう。

1年後。
暁彤は カップリング会社“出会い社”で心理カウンセラーとして 働いている。

その会社の目の前に 家尉は経営する“離婚後事務所”を移転させる。

暁彤が“離婚後事務所”で行われた 姉の離婚式出席したり
家尉が 事務所の社員と一緒に 暁彤の恋愛講座を聞いたり、
2人は何かと顔を合わせることになる。

家尉は 暁彤の恋愛観を否定しながらも
暁彤のブログに 質問メールを送る。
“もう彼女のことは吹っ切れたのに 他の女性を愛せない”

3-4

家尉は 綺麗に別れれば嫌な過去を忘れ新たな人生を始められる と思ったから
離婚後事務所を 開いた。
暁彤は 恋人と別れて傷ついた人たちの助けになりたい と思って
出会い社に心理カウンセラーとして働いている。
2人とも 1年前の別れを引きずったまま。

家尉、
表面では 暁彤を敵対するけれど 実は惹かれていて ブログでの恋愛相談を続けている。

暁彤、
家尉のことは できれば関わりたくない存在。
けれど ふと家尉のことが思い浮かぶことがある。  


“出会い社”では 社長の一声で“人気no.1”が 家尉 に変更される。
暁彤は 社長から 家尉をイベントに出場させるように と指示される。

家尉は 自分で“出会い社”に登録したのではなかった。
部下で友人の王西門が 家尉のプロフィールで登録したのだった。

暁彤は 家尉に イベントに出場してほしいと頼むが、断られる。
家尉がポロを好きだと知り、ポロ対決を申し込むが、
負けてしまい…
やはり イベント出場にOKをもらえない。
おまけに はずみでキスしてしまい バツが悪い。

暁彤は 下見に行ったレストランで
向子諺 という男性と知り合う。

5-8

暁彤目線に観るのが 普通なのかもしれないけれど
初々しい中高生のように
暁彤に接近しようと必死の家尉を 応援してしまう。  


家尉は 顧客リンダが自殺未遂騒動を起こした件で、
離婚後のフォローの大切さを感じる。
また 女性職員が少ないせいで 女性への対応が不足していると気づく。
そこで 出会い社に業務提携を持ちかける。
…というのは表向きの理由で…暁彤に近づきたいのが本当の理由かも。

出会い社と離婚後事務所は 共同でイベントを計画する。
イベントの下見、イベントを通して
暁彤と家尉は 以前より近くなる。

向は なんと 出会い社の社長の息子だった!
母の援護射撃を断り、
息子だとは明かさず子諺
暁彤と親しくする。

9-10

家尉の株が ぐーーーんとアップ。  


イベント打ち上げの帰り。
家尉は 暁彤をつけているような男を目撃する。
その後 誹謗中傷のコメントが目立ち始める。
家尉は イベント参加者リストを確認すると同時に
暁彤には内緒で 暁彤を守る。

心配していたことが現実に。
暁彤が襲われる。
家尉がそばにいたため 暁彤は無事。
犯人は 逮捕される。

犯人は イベントの参加者だった。
カップリングした女性が金目当ての詐欺師で 金をだまし取られていた。
詐欺師をいい女性だと言った暁彤を逆恨みしていた。

暁彤に責任はない。
しかし 暁彤は責任を感じ 落ち込む。
社長からは 休暇を取るようにと言われる。

家尉は 暁彤を心配する。
励まし、
犯人と話して 示談書を書いてもらう。

暁彤は 家尉に感謝すると同時に 彼の優しさを知る。

11-14

家尉の元カノ芝羽、登場。
芝羽は この1年音信不通だったのに やり直せると思っている様子。

たぶん…
“交通事故に遭い重傷で連絡できなかったの。あなたを思ってリハビリに耐えたのよ」
な~んて言い訳するんだと思うのだけど…
会えなくても 連絡できたんじゃない?
看護師でも誰でも 頼めば 事故に遭ったことを連絡してくれるんじゃない?

一方 家尉は暁彤に告白して 現在 ラブラブモード最高潮。
芝羽と再会して 多少動揺はあるけれど 元サヤに戻るつもりはない様子。

暁彤は 家尉から告白され 戸惑う。
家尉のことを “気にはなっているけれど 恋人としてはどうかと考えたことがなかった”という感じ…かな?
自分の気持ちよりも 暁彤が恋人の条件にあてはまるかどうかを 考えている様子。
また 家尉の自宅に行き “釣り合わないのでは?”と思ってしまう。
元カレとは “釣り合わない”せいで別れたから。

家尉に どう返事しようかと悩む暁彤。
子諺から 気持ちに素直に とアドバイスされ 家尉と付き合うと決心する。

暁彤は 家尉と芝羽が会っているのを目撃。
驚いたけれど 騒ぎ立てることはしない。
“4年間付き合っていたんだもの”と冷静…を装っている?

15-18

暁彤と家尉の交際は順調。
暁彤は 芝羽の存在が気になっているけれど
家尉と芝羽が復縁する気配は 全くなし。
芝羽は 未練たっぷりだけど
家尉は 暁彤に心配かけたくないと 芝羽を遠ざける。

暁彤は 元カレ凱文に再会するが、冷静に対処。
“昔恋人 今友達”の距離を保って話す。

暁彤は 元同僚から ある患者の治療に関して相談を受ける。
患者は 交通事故の後PTSDを発症。改善する気配がなく治療に行き詰っている。
暁彤は 患者の治療記録を持ち帰り 検討する。

暁彤は 治療記録を 家尉に見せる。(見せちゃマズイでしょ!)
家尉から 恋人に協力してもらったらどうかと アドバイスされる。

この患者は…たぶん 芝羽。
凱文も 彼女の治療を担当している。
芝羽の治療のために 元恋人2組が会うことになるのね。

19-21

家尉は 芝羽の病気のことを知る。
芝羽から
大怪我をした姿で会えなかった。治療がいつまで続くのかわからない、治るのかもわからない状況では連絡できなかった と言われる。

家尉は 芝羽の状態を理解する。
しかし 交通事故に遭い連絡できなかったことは 理解できても
2人の関係は 交通事故の前 芝羽がプロポーズを断った時に終わっている と考える。
芝羽の治療には力になりたい と思う。
しかし あくまでも 友人 として。
よりを戻す気はまったくない。

家尉と芝羽の気持ちのずれ。
凱文は 家尉に よりを戻すつもりがないのなら治療に関わらないでほしい と言う。


子諺は 暁彤のことが好き。
けれど 告白せずにいた。
暁彤を困らせたくなかったから。
しかし もう気持ちを隠さない と思う。
22

家尉の母 登場。
子諺の告白は 大した障害ではなかった?  


家尉は 暁彤がゲスト出演したラジオ番組に恋人として出演することになっていた。
しかし 芝羽の病気のことを知りショックを受けたため すっぽかしてしまった。
そのせいで 暁彤は プロデューサーから嫌味を言われた。
その時 暁彤を守ったのが子諺だった。
家尉が このことを知ったのは 後のこと。
しかも 少強らから聞かされた。
暁彤からは まったく聞かなかったし 非難もされなかった。

家尉は 暁彤に申し訳なく思うし、なぜ話してくれなかったのだろうかと思う。
子諺には 大事なのは暁彤の気持ち と強気にでたけれど 不安になる。
その上…
子諺の母である社長のせいで 会える時間が少なくなり暁彤と子諺が会う時間が多くなってしまう。
社長は 息子を応援するために 子諺の店との業務提携の件を暁彤に担当させ、家尉の弁護士事務所との合同イベントの担当から外したのだ。

家尉は 暁彤に 自分の気持ちをはっきりと伝えようと
少強らに協力してもらって サプライズ告白を行う。
ということで ちょっとぎくしゃくしていた家尉と暁彤だったけれど 再び愛を確かめあうことに。

暁彤は 夕食を作るために家尉の家に行く。
すると 家の前に家尉の母がいた。
一緒に 食事の用意をして 家尉を待つが、
家尉は 母に とても冷たく対応する。
突然現れたのだから当然と言えば当然だけど。

23-26

別れる必要があるの?  


家尉の母を台湾に呼んだのは 芝羽だった。
以前から家尉の母を捜していたのだ。
家尉の母には何か秘密があるらしい。
芝羽はそれを承知で家尉には内緒にすることで 台湾に呼びよせたのだった。

家尉と家尉の母、
暁彤の努力で 打ち解ける。
家尉は 両親と暁彤の4人で食事をする。

この時 暁彤は 家尉の両親の会話を聞いてしまう。
2人は夫婦ではなかったのだ。
母には家族があり、現在 夫と暮らしている。
家尉は 母が出て行ったのは離婚と思っていたが 本当は不倫関係を解消し夫の元に戻ったのだった。
また 母が台湾に来たのは 芝羽に誘われたからだけではなかった。
金の無心に来たのだった。
家尉の父は 母に金を渡す代わりに 二度と家尉に会いに来ないようにと約束させる。

暁彤は このことを家尉に話そうかどうしようか迷う。
子諺に相談した結果 家尉が傷つくようなことは話さない と決める。

暁彤は 子諺と仕事中 家尉の母が夫と一緒にホテルをチェックアウトしているのを目撃する。
このまま空港に向かうらしい。
暁彤は驚く。
確か家尉と会う約束をしていたはず。
別れを告げずにいなくなるのはよくない。また家尉を傷つけてしまう。
暁彤は 家尉の母を追いかけて空港に。
家尉の母を引き留めようとする。

その頃 家尉も空港で母を捜していた。
母に会うために待ち合わせ場所で待っていたが、
芝羽から母が発つと聞き、空港に来たのだった。

結局 家尉の母は きちんと家尉に別れを告げることなく 家尉が止めるのも聞かず 行ってしまう。

家尉は 暁彤に 母が空港にいることを知っていたのなら連絡してほしかった と非難する。
それに対して 暁彤は 家尉の母が金のために台湾に来たことを話す。
すると 母のためなら何でもする。母を悪く言うな と言われる。

暁彤は 家尉から言われた言葉は気にしていない。むしろ母に頼れない家尉を可哀想だと思う。
けれど 家尉よりも仕事を優先させるようになる。
家尉から 謝罪されるが…

暁彤は 今まで家尉に合わせてきて 楽しめなくなっていることに気づく。
2人の距離は広がる一方。私たちは別世界の人間 と考え始める。
そう 家尉に話すと、
俺も気を遣っている。距離を縮めようとしても君は僕を寄せ付けない と言われる。
暁彤は「愛しているからあなたに合わせてしまい 振り回される。あなたといると心に余裕がなくなる。私たち別れましょう」と言う。

翌日 暁彤は 家尉に プレゼントされたブレスレットを返す。

27-31

暁彤は 自分を取り戻したい と別れを決めた。
けれど 愛しているから 会いたくなる。
だから“会いたくなったらジョギングしよう。走れば忘れられるから”と耐える。
また ショックを受けているであろう家尉を心配する。

家尉は 立ち直れない。
何がいけなかったのか考える。
暁彤がブログに残したいくつかのメッセージを読んで考える。
“彼が好きなのは彼女自身ではなく 一緒にいる時の自分自身が好きなのだ。彼女は彼に何かしてもらうのではなく 一緒に何かするのが好きなのだ”
そして 自分本位だったと気づく。
知らないうちに束縛していた と。
家尉は 暁彤との別れを受け入れる。

「愛が冷めて別れるんじゃない。手放すんだ。2人の幸せのために」
家尉からそう言われ…
暁彤の心は揺れる。
自分から別れたのに 相手が離れていってしまうと“別れたのは失敗だったかな?”と思う。

暁彤は 子諺から 交際を申し込まれるが、断る。
そして ようやく 今一番大事なもの、失いたくないものは家尉だ と気づく。

ということで 2人は再交際スタート。
ただ…
家尉は 父の仕事を手伝うために事務所をたたんで香港に行くことにしていたから
今は 遠距離恋愛中。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキングドットネット
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング