2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>




歓楽無双~恋する事件帖(23)-(31)


23-2526-2829-31

23-25

そういえば 大理寺から囚人が脱獄した事件は 解決していなかったわね。  


陸小歓は 阿宝と名乗る男と知り合う。
阿宝…
彼は 大理寺から脱獄囚人だった。
傀儡術で操られ 青い布を見ると怪力男に変身するのだった。
染物工房が襲われた事件は 彼の仕業だった。

阿宝の本当の名前は 厳武。
本物の阿宝は 友人。
老いた母の世話をしなければいけない阿宝の身代りで 兵役に就いたのだ。
彼は 兵士の名簿では 亡くなったことになっていたが、
大理寺に投獄されていた。
それができるということは 背後に朝廷の権力者がいると考えられる。

陸小歓らは 厳武が何か伝えたいことがあって 快刀門に来たのでは?と考える。
厳武に聞きたい と思うが、
厳武は 無花に殺されてしまう。

厳武は 皇后に贈る絹布にメッセージを残していた。
“絹布と体の彫り物を合わせれば謎は解ける。真相を解いてほしい”
黄小魚は 厳武の体に彫られた地図の目印の場所に行ってみる。
しかし 何の手がかりも見つけられなかった。
無花によって 地図が描き換えられていたのだった。


日食が起きる。
すると“日食は妖嬰が誕生する前触れ”と噂が流れる。
皇后は 馬鹿げた話で誰かが仕掛けた陰謀だと思う。
しかし 蘇殿から 民を安心させるために策を講じるべきと言われ、
快刀門と玉扇門に 妊婦を皆投獄するように と命令する。

26-28

快刀門の小妹、
武芸とは全く縁のない“家事全般担当のおばちゃん”かと思っていたら…
門主が今でも思い続けている 笑紅塵だった。
変装しているとはいえ…
近くにいて なぜ気づかない!  


蘇殿の目的は 快刀門が匿っている紫墨。
小妹(笑紅塵)の活躍で 紫墨を玉扇門に奪われることはなかった。
しかし 紫墨は出産後亡くなってしまう。

陸小歓と東方楽は 紫墨から 死ぬ前に 夫と子供も命を狙われている と聞かされる。
紫墨が持っている玉佩から 夫は司天監の役人ではないか と考える。
紫墨の夫捜しが始まる。

29-31

笑紅塵は 紅教の教主。
皇帝と快刀門は 敵。
けれど 門主のために 密かに快刀門を助ける。  


陸小歓と東方楽は 司天監の名簿を盗む。

快刀門は 皇后から
「爪哇国の商隊が強盗の被害に遭った。犯人を捕まえてほしい」と命令される。

爪哇国の商隊に聞くと
「突然体が固まりその隙に奪われてしまった」と言われる。
陸小歓と東方楽は 定身術が使われたのでは? と考える。
定身術とは 金蝉花の香りと金箔草の毒により体を動かなくする術。

陸小歓と東方楽は 司天監で名簿を盗んだ時に見張りの役人たちが固まった と思い出す。
以前宮中で起きた銀子窃盗事件にも定身術が使われたのでは?と考える。
また 金蝉花は西域の植物。都に持ち込めるのは高官。黒幕は宮中に? とも考える。

宮中に忍び込んで調べていた陸小歓が 拉致される。
拉致したのは 玉扇門の門主。
陸小歓は 「汪明珠(東方楽)は謀反人 汪文言の娘。快刀門はお尋ね者を匿った。死罪になる。私が用意した告発文に署名しろ。そうすれば解放するし快刀門も罪に問わない」と言われる。
応じないが 気を失わされその隙に押捺されられる。

陸小歓は 牢で紫墨の夫に会う。

陸小歓がいる牢が火事になる。
陸小歓は焼死したと思われたが、
生きて戻ってくる。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログランキングドットネット
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング