2017/10
<<09 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>




秀麗伝~美しき賢后と帝の紡ぐ愛(秀麗江山之長歌行)(28)(29)

麗華だけを愛すると誓った
けれど
戦いに勝利するためには仕方がない と
麗華を泣かせて 結婚。
ところが
これがとんだ“狸オヤジ”。
兵を送ってくれない。

劉秀が 情けなくて惨めで…笑ってしまう。
劉楊が狸オヤジだとは知らずに おバカな使者を送ったのが間違いだったわね。

ところで
白髪の老人は 尉遅峻だったらしい。
変装しなくてもよかったんじゃないの?  


続々と劉秀に帰順。
劉秀は 北へと向かい 次々に勝利。中山、常山、河間を平定する。

王郎は 劉秀に対抗するため 劉楊と手を組もうと考える。
劉秀もまた 劉楊を敵に回すべきではないと考え、
劉楊に結盟を求める。

劉楊は “劉秀は天子となる”という予言の“劉秀”は劉秀のことではないか と考える。
“姪の珊彤を嫁がせて 私の傀儡にしよう”とほくそ笑む。
「姪を娶れ。妾でも構わない。縁組を条件に帰順」と返事する。

劉秀は 一笑に付すが…
縁組で10万の兵が得られるが、断れば その10万が敵になる。
難しい選択。

麗華も 縁組に反対する。
馮異から
「ここまで来てあとに引いては 文叔は人心を失う。誰も彼に追従しなくなる。文叔を死なせたくないだろう?協力するべきでは?君のために志を捨てれば やがてわだかまりとなる。夫婦関係もこじれる。君が寛容になってくれ」と説得されるが、受け入れられない。
しかし
帰郷せよと 実家から便りある。
怪我をした脚の回復が思わしくないこともあり、
泣く泣く決心する。

麗華は 劉秀に 縁組を受け入れるようにと言い、
尉遅峻と共に帰郷。
足の怪我の治療に専念する。

劉秀は 劉楊家に行く。
すると すでに挙式の準備が整っていた。
しかも 「正妻に」と言われる。
話が違う と抗議したいが、そういうわけにもいかない。
劉秀は 珊彤と式を挙げる。

劉秀は 劉楊に 援軍を頼む。
すると「数は多いが遊ばせている食客ばかり。警備にも人手がかかる。ひとまず待機させておく。必要になった時に援軍として派兵する」と 断られてしまう。
関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
ドクターズ      W‐二つの世界‐

    
シンデレラと4人の騎士   雲が描いた月明り

    
  獄中花      ショッピング王ルイ

    
 THE K2        

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング