FC2ブログ
2019/02
<<01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>




あなたは星(1)-(80) あらすじ&感想





全196話 2004年 KBS

出演者 : ハ・インギョン・・・ハン・ヘジン
       ソ・ファヨン・・・イム・ジヒョン
       ミン・ジョンウ(ファシン製菓創業者 息子)・・・キム・スンス
       キム・ホンギ(金星会社 長男)・・・キム・ジョンハク
       キム・ミンギ(金星会社 次男)・・・キム・スグン
       ソ・ドンピル(ファヨン父)・・・ソン・ギユン
       キム・グムブン(ファヨン母)・・・コ・ドゥシム
       ファン・エシム(インギョン母・グムブン愛人)・・・イ・ウンギョン
       ソ・ドンジャ・・・ユン・ヨンジュ
       シム・チュンボ・・・キム・ビョンセ


演出  : イ・ガンヒョン
脚本  : ク・ヒョンスク

 1234567891011121314151617181920212223242526272829303132333435363738394041424344454647484950515253545556575859606162636465666768697071727374757677787980
第81話から第196話はこちら

1

インギョンとファヨンは同級生。
ファヨンはインギョンから金を取り上げ 洋服を買う。
ミスコンテストに出場するつもり。

インギョン母は ファヨン父ドンピルの愛人。
インギョン母エシムの化粧が すごいわ~

インギョンは頭も性格もいいようで ファヨン母グムブンは 愛人の娘なのに 信頼している様子。

ファヨンは参考書を買うと言ってソウルに出かける。
グムブンはインギョンも一緒に行くと聞いて 仕方なく認める。

ソウルに着くと ファヨンはミスファシンコンテストに行ってしまう。
インギョンは一人残されて 大学の見学に。
そこで雨に降られ 木の下で 男性と雨宿りすることに

先々週から始まったドラマですが、DVDもレンタルされているんですよね。
6話までは KBS WORLDを録画しましたが その後はDVDを観ようかなと考えています。
視聴中のドラマの本数が 私の許容量を超えているので このドラマは気が向いた時に観るつもりです。
面白ければ 一気に、つまらなければ 少しずつ。

2

インギョンは雨宿りの彼が 本売りと勘違い。
「買ってあげたいけれど 買えません」と言ってしまう。
2人は名乗り合って 別れる。
ジョンウはインギョンを気に入ったみたいね。学生と思っているみたいだけど。

ファヨンは選ばれなかったのね。
落ち込んでいるけど…無理でしょう。

帰りの電車の中で インギョンはジョンウにもらったレコードを見ると 手紙がはいっている。
“会いたい。11時に 時計台の前にいます”

翌日、ジョンウは時計台の前で待つが来ない。
1時半になり ジョンウは帰る。

3

ジョンウは下宿先に荷物を置き、町に出かける。
そこで 煙草をかうファヨンを見かける。
「高校生だから 煙草はダメだ」と注意すると ファヨンは言い返してくる。

ファヨンとインギョンのクラスに臨時教師が赴任してくる。
大学で出会った人だった。

それにしても…ドンピルは何を考えているのかしら。
愛人を作ることもひどいけれど
あんな近くに 愛人と本妻がいて 子どもが同い年で同じ学校に通っているなんて…
ドンピルは楽しい毎日だろうけれど 周りが可哀そう。

インギョンはグムブンに気をつかうし、ファヨンは反抗する。
ファヨンが反抗する気持ち、よくわかるわ。

4

ファヨンは 授業をさぼって仲間とダンスパーティに行こうとして 先生に見つかって 廊下に座らされる。
そこをジョンウが通り、煙草を買っていた高校生だとわかってしまう。

インギョンとファヨンは 話をし、
“いい生徒、いい先生でいよう”と約束する。
話しているのをファヨンに見られたから 意地悪されそう。
先生と生徒の恋愛はご法度だからね。

ドンジャが3年間文通していた相手に会うことになり ファヨンの代わりにエシムが会う。
そこに現れたのが チュンボ(役のキム・ビョンセ)
キム・ビョンセさん、かっこいい役から どうしようもない役までされていますが、今は「私の生涯最後のスキャンダル」のイメージが強いわ。

5

歓迎会の席を中座し 外にでると 酔ったファヨンが歩いている。
ジョンウはファヨンを背負って 家に連れて行く。

気がついたファヨンに ジョンウは相談にのると言い、煙草の代わりにと ガムを渡す。
ジョンウは町を出たいのね。
誰もが抱く気持ちだけれど 父があれじゃね。 母もインギョンを見習えと言うばかりだし。

インギョンは授業料をファヨンに取り上げられたから 授業を受けられなくなる。
そこでジョンウは代わりに払うことに。
他の先生にキリがないと言われるが 滞納分を全部払うと言い切る。

ファヨンは家出をし ソウルに。
職業安定所に行ってたけど…大丈夫?
怪しいところを紹介されるんじゃないの?

6

インギョンとジョンウは ソウルにファヨンを捜しに行くが、見つからない。

ファヨンが連れていかれたところは 昔だとキャバレー、今だとクラブとかパブ。
辞めたいと言ったら 洋服、靴、化粧代の借金が100万に。

ファヨンはジョンウを思い出し 電話をする。

7

インギョンとジョンウは ソウルにファヨンを捜しに行くが、見つからない。

ファヨンが連れていかれたところは 昔だとキャバレー、今だとクラブとかパブ。
辞めたいと言ったら 洋服、靴、化粧代の借金が100万に。

ファヨンはジョンウを思い出し 電話をする。

8

ファヨンはジョンウを好きになる。
先生だから心配してくれている と思っても
気にかけてもらうと 先生を好きになるわよね。

でもジョンウはインギョンが好き。
生徒に初恋の人のことを聞かれ 「この人なら愛せると思った人がいた」と言うのよ。
「事情があって諦めたけれど 。その人の魅力そのもの惹かれた」と。
インギョンを思いながら言うジョンウの顔は 幸せそう。

登校中。ジョンウはミンギと楽しく話すインギョンを目撃。
嫉妬しているのかな?

9

ミンギとインギョンが話しているのをみて ジョンウはインギョンに冷たくなる。
嫉妬したのね。

ファヨンは勉強する気になり、インギョンに教えてもらうことに。
それが…
ファヨンは ジョンウにもらった辞書だすし、
ジョンウがファヨンに「君には愛される資格がある」と言ったことも 聞いちゃうし、
ファヨンの借金を返したことも。
ファヨンが 「愛されているってことよね」 なんて言うから インギョンは悲しくなってしまう。

ジョンウがファヨンに笑いかけるだけでも インギョンは嫉妬してしまう。

そして決定的なことが…
ファヨンを呼びに行って ファヨンがジョンウのシャツを拭いているのを見てしまう。
インクがこぼれたから 拭いていただけ。
だけど インギョンは飛び出し、ジョンウは追いかける。

10

インギョンは追いかけてきたジョンウに
「先生は私だけの先生じゃなくて みんなの先生なんですね。」と言う。

インギョンはジョンウが好きなのよね。
ジョンウも同じこと。
先輩の先生に相談するが、「気持ちを整理をするように」 言われる。
「小さな町で噂になったら 女の子の方は立ち直れない」と。

クラスで交換日記をすることになり、クジで相手を決めることに。
インギョンはジョンウとすることになる。

ジョンウは見合いのためソウルに。
そこで 交換日記で引いた “ジョンウ”と書いた紙を見て
インギョンを思い出して ソウルに帰る。

11

ジョンウは“先生と生徒ではなく 一人の大人として会おう”と決心して帰る。
しかし 連絡が取れない。
町に着くと インギョンはミンギと話している。
ジョンウはショックを受け 声をかけずに 帰る。

インギョンは電話があったことを聞き ジョンウの家に向かう。
しかし そこで ジョンウの胸で泣いているファヨンを見てしまう。

ファヨンはジョンウに愛していると告白するが、
「生徒以上の気持ちはない」と言われ 泣いていただけ。
けれどインギョンはショックを受け 雨の中ジョンウの家の前に座りこんでしまう。

翌日 インギョンは学校を休み
ジョンウは早退して インギョンを見舞う。
ここで告白するのかと期待したら…
エシムが喫茶店のママと喧嘩して 警察に連れて行かれるかもしれない と連絡が来てしまう。

すれ違いばかりなのよね…
いつになったら 気持ちを確かめあえるの

12

はぁ… 情けない母親…

それも ジョンウに見られた上に 助けてもらって 反省なし。
インギョンは情けないわよね。

ジョンウはインギョンに 「先生と生徒として出会う前に 男と女として出会ったんだ。あと3か月で卒業する。別れる理由はない」と言う。
2人は 大学入試が終わるまで待つことに。

2人の仲がばれなきゃいいけど…
楽しそうに話しているのを ファヨンが目撃しちゃうのよね。
大丈夫? ファヨンはジョンウに振られちゃったから… みんなにばらしそうで怖い。

今は 入試に合格して取り返そうと思っているけれど 入試に失敗したら…復讐に走りそう。

一次試験。
ジョンウ、励ましに来たのはいいけど ファヨンもいるんだから 気を使いなさいよ。

13

ファヨンは失敗したみたいね。
ジョンウに 「大学生になって 認めてもらいたかった」と。
でも 「大学生になっても 生徒と教師の関係は同じだ」と言われてしまう。

インギョンとジョンウはデート
楽しそうだけど…
狭い町なのによく噂にならないものだわ。

諦められないファヨンは 職員室のジョンウに
「私が嫌いだから?それともインギョンが原因?」と聞く。

ファヨン、“生徒だから優しくされたのよ。諦めなさい”
と思うけど…高校生ぐらいだと勘違いするし、諦められないものなのかしら?
ドラマでは かっこいい若い先生が登場するけれど 実際にはいないのよね…先生に恋する気持ちがわからない。

チュンボとドンジャの話(1) チュンボは見舞に来たドンジャをエシムと勘違い。抱きしめてキスまでしてしまう。

14

ジョンウはファヨンに
「インギョンとは関係なく 君は生徒だ。君は 爆発寸前の火薬庫のように危険だ」と言う。
少し言い過ぎのような…

ファヨンはインギョンに「あなたは父も先生も手に入れて ついているわね。いつまで幸運が続くかしら」と言う。
ジョンウとインギョンが付き合っていると ばらすのかしら?あの交換日記が 2人の関係を証明しそう。
インギョンがとどめのように 「あなたが私から先生を奪おうとしているのよ」と言っちゃったからなぁ…復讐するわよね。

ジョンウは先生を辞めようと思うが 先輩の先生に 残り1か月我慢するように言われる。
先生としては 責任がなさすぎだけど インギョンとのことを考えると 早く辞めた方がいいと思うわ。

試験の発表。インギョンは合格。ファヨンは不合格だった。
少し勉強したくらいで合格するんだったら 誰も苦労しないわよ。

15

ジョンウは 来年留学するつもりだから 大学に合格したら インギョンも来るように言う。
結婚するつもりなのかしら?

それにしても…グムブン、試験に落ちた娘を叩いたり怒ったり ひどいわ。
辛いのは本人なのに。妾の娘に負けたのが悔しいのかしら。
ファヨンは自暴自棄になり 不良仲間と遊ぶようになる。

交換日記を読んだインギョンは 先日ジョンウの誕生日だったことを知り 餅でケーキを作り 宿直のジョンウに持っていく。

16

ジョンウは感激し 「来年も再来年も誕生日を祝ってくれるよね」と言う。
ジョンウはインギョンを門まで送る。
楽しそうに笑い、手をつなぐ2人。
ファヨンはそれを目撃しちゃうのよね… 復讐の女になりそう。

ファヨンは インギョンとジョンウの交換日記を盗んで読む。
「愛している」という言葉が書かれているのよね。
ファヨンは日記をどうするつもりだろう?
ジョンウを脅迫する?学校中にばらす?

夜の見回り。
ジョンウはファヨンを見つけ 怒るが
「先生と生徒の恋愛より 踊っている方がまし」と言われ ファヨンを叩いてしまう。

チュンボとドンジャの話(2)
チュンボとドンジャはサーカスを見に行く。
そこにはエシムも息子と来ている。
エシムは選ばれて舞台に。チュンボはエシムを見て叫ぶ。
ということで ドンジャはチュンボが文通の相手と知ってしまう。

ファヨンがどんな復讐をするのかが楽しみ(?)
ジョンウはインギョンと結婚するつもりだけど 母親があれだから…ジョンウ両親に反対されそう。

17

「救いようがない。もううんざりだ」は言いすぎかも。

インギョンはファヨンの鞄を取り上げ 交換日記を見つける。
2人は喧嘩になってしまう。

ジョンウ、少しは考えなさいよ。
グムブン、エシムは進路の相談に行く。
家族とは言っても 複雑な関係。
別々に相談に乗らないと。

インギョンは大学、ファヨンは就職を目指して 頑張っている。

ファヨンの面接の日。ピンクのスーツはちょっと…
インギョンは願書を出しにソウルへ。
もちろんジョンウも一緒に。

18

ファヨンは そろばんは 7級、成績は悪い。「よくこれで受けにきたな。厚かましい」と言われてしまう。
しかし気に入られて 「事務職はダメだが生産職でどうか」と言われる。
もちろんファヨンは断る。

ジョンウはファシン製菓の息子だった。
願書を提出した後。
ジョンウは留学させてくれる人に会わせると言って インギョンを家に連れてくる。
両親は不在だった。

ファヨンはジョンウに
「忘れられないから もう一度だけ私を見てほしい」と頼む。
ファヨンは 受験に失敗、愛する人には拒否され、就職も思うように行かない。それで 自分に自信が持てなくて辛い。
でも ジョンウはファヨンの気持ちには応えられない。

チュンボとドンジャの話(3)
チュンボはエシムが人妻と知り ショックを受ける。
ドンピルに綺麗な子を紹介すると言われ 行ってみると…ドンジャだった。

19

ファヨンが自殺を図る。(薬の飲み過ぎじゃないかしら?)

ファヨンがエシムに父を取られて 辛い思いをしたのは わかるけど
自分の思い通りにならないこと すべてを インギョンのせいにするなんて…

ファヨンは見舞いにきたジョンウに まだ訴える。
もうやめたら?惨めになるだけなのに。

ジョンウ両親が ジョンウに会いに 学校まで来る。
そこに 退院したファヨンが来る。
ファヨンはジョンウが ファシン製菓の息子と知る。

不謹慎ですが いっそのこと死んでくれた方が…

20

ジョンウは両親に紹介したい人がいると言い、インギョンを呼ぶ。
しかし ジョンウ母は会う気がないと大声を出す。
インギョンはそれを聞いてしまう。

ファヨンは ジョンウがファシン製菓の息子で インギョンと結婚するつもりと聞いて ショックを受ける。
これ以上インギョンが幸せになるのは許せないはず。
“奪われる前に奪う”って どういう意味?

…酔ったジョンウの部屋に泊まることだったのね…

21

ジョンウが目覚めると
布団には枕が2つ。
ファヨンは洋服を着ているところ。
ジョンウも下着姿。

学校に行くと もう噂になっていた。下宿のおばさんが目撃しちゃったからね。
ジョンウは何もなかったと言うが、
ファヨンは 認める。

ファヨンはどんどん意地悪な女になっていくのね。
次はどういう手で 結婚するつもりかしら。

インギョンはジョンウを信じようと思っている。でも…
ミンギがいることだし、ミンギに乗り換えたら?
大学に行けば 新しい出会いがあって もっといい人に巡り合うかも。

…それじゃぁ ドラマにならないわね。
こういうドラマって 最後に結ばれるのよね。196話もどんなことがあるのかしら?

22

生徒たちは授業拒否。
インギョンはひとり 教室に残っていたが 辛く、 ジョンウと一緒に泣いてしまう。

ジョンウは潔白を主張するが、
ファヨンが ファシン製菓の息子をのがすはずがない。
嘘に嘘を重ねていく。

ファヨンは中退。ジョンウは退職。
と決定が出る。

まさか ファヨンとジョンウは結婚しないわよね。
入隊通知書が届いていたから 入隊するか留学するわよね。

23

ファヨンは 「ジョンウがインギョンを諦めたら 自分も先生を諦める」と言う。
意地と執着なのよね。
インギョンとジョンウが愛し合っていなかったら ジョンウにここまで執着しなかったかも。

今回の件を ファヨン両親が知り、ジョンウに会いに行く。
「こうなったからには 3か月以内に結婚させる」と。

ジョンウは何もなかったと。
「結婚する気はない。インギョンを愛している」と言う。

ジョンウが学校を去る日がくる。
インギョンが 雨宿りをした次の日、約束の場所に行っていたら…

24

「風に揺れているから 星は輝きを増す。どんなに向かい風でもめげることなく 試練の中でも成長し輝きを増す そんな星になってほしい」。という言葉を残して ジョンウは学校を去る。

ファヨン、自分がどんなにひどいことをしたか わかっているの?
自分はジョンウのおかげで中退を免れたくせに。 本当のことを言ったら?
こういう女は 今反省をしても いつかまた同じことをするのよ。

インギョンとジョンウの交換日記。
ジョンウは 「いつまでも 君を待っている」と。
そしてジョンウはインギョンにプレーヤーをプレゼントする。

ファヨン両親は ジョンウを訪ねてくる。
これから インギョンに辛いことばかりがあるのかと思うと 観るのが憂鬱。

25

関係があったことを理由に 結婚させようとするファヨン両親。
娘を信じているからなぁ…

それにジョンウ両親は ファヨンを ジョンウが紹介したいと言っていた生徒と勘違いしているし。
翌日もジョンウの家に行くファヨン両親、
そこにファヨンがくる。

ファヨンは今度こそ本当のことを言うかしら…
下宿のおばさんもさぁ 今頃 ファヨンの嘘に気がついても遅いのよ。

26

結局 ファヨンは嘘をついたまま。インギョンが割り込んだことにするし。
それでも ファヨンが両親に「結婚する気はないし、帰らないなら死ぬわよ」と言ったから ファヨンとファヨン両親は帰る。

ジョンウは相当まいっている様子。
両親は留学を勧めるが、
ジョンウは両親に「入隊する」と言う。

入隊している間に ファヨンが諦めてくれるといいけれど…
ファヨン父って本当に無免許だったのね。

27

ジョンウは入隊することになりそう。

ジョンウは まだ 紹介したい女性はファヨンではない と言えずにいる。
でも その方がいいかも。
ジョンウ両親は結婚に反対している。
ファヨンは不良だし 父親に愛人がいるような家とは親戚づきあいをしたくないと。

とりあえず、2年間の入隊中に ファヨンをなんとか処理してもらって、
除隊後 大学生のインギョンと付き合えばいいのよ。
親のことで反対はあるかもしれないけれど インギョン本人は悪くないんだし。

28

入試が終わった後、インギョンは ジョンウと再会する。
お互いの気持ちを確かめ合う2人。
楽しく話しているのに ジョンウが ファヨンのことを聞くのよ。
そういう 優しいようで 相手の気持ちを考えないから 問題を起こすことになるのよ。

ジョンウは今は両親の話せる状態ではないから 兵役から戻ってくるまで 待ってほしいと言う。
インギョンは 納得できないようだったけれど 今は認めてもらえないのは確か。

ところで ジョンウが留学して 半年後にインギョンが留学するという話はどうなったんだろう。
やっぱり ジョンウ父はインギョンに援助してくれないのかしら。
インギョンが本当の恋人とは思っていないから 援助してもらえるかも。
まさか ファヨンが留学先まで 追いかけてくるとは思わないから 楽しいかも。

ファヨン父が 医療法違反、過失致死罪で連行されてしまう。
インギョンの大学費用は?

29

ジョンウはファヨンだけ就職が決まっていないと知り、
父に就職先を探してもらえないか頼む。

はぁ… 優しいんだか…世間知らずなんだか…
あんなことされても心配するなんて。
今はインギョンの方が大変だと思うんだけどなぁ~

ファヨン父は たとえ亡くなった人の治療で罪にならなくても 無免許だったから 逮捕されるのは間違いないはず。
そうなったら 学費はどうするの?インギョン母が貯めていると思えないし。

30

ジョンウ母はファヨン家を訪ね 金を渡す。
お互いに「結婚させる気はない」 と言うのよね。
よかったじゃない。意見が一致して。

ミンギは インギョンの力になりたくて 父に助けてもらえないか頼む。
インギョンを訪ね 「君が幸せになるためなら何でもする」と言う。
こっちもね…ミンギ両親が許さないわよね。
ものすごい金持ちじゃなくて そこそこの金持ちだったらインギョンを認めてくれるかもしれないのに。

ジョンウが入隊する日。
インギョンは見送るつもりだったが 行けなくなってしまう。
ジョンウは指輪を買って インギョンを待っていたのに。

31

軍隊にいるジョンウに インギョンから手編みの靴下が送られてくる。

インギョンは大学に合格。

もちろんミンギも合格。
で、合格パレードをするのよね。
地方からソウル大学合格って パレードするほど すごいものだったのね。

ファヨン父の件はまだ解決しない。
インギョンは嘆願書の署名を集めている。
示談金にお金がいるからと ファヨン母がインギョン母に頼むけれど インギョン母は工面できない。

32

ファヨン父の示談気を工面するため ファヨン母は家を売りに出す。
インギョン母にも売り出すように言うが、もちろん断られる。

インギョン母は インギョンの大学費用をどこから捻出するのかしら…

ジョンウはインギョンから貰った手編みの靴下を上官に取られてしまう。
その上 みんなの分の靴下を編んでもらうように頼まれる。

33

インギョン母はインギョンの説得を聞き入れて 家を出ることにする。
その代わり ファヨン母に インギョンの入学金を用意することを約束してもらう。

インギョンたちは旅館に引っ越し、インギョン家族とファヨン家族6人がひとつの部屋で住むことに。

インギョンは手編みの靴下30人分を編上げ 箱に詰める。
ファヨンはその宛先を見て ジョンウに会いに行く。
しかし ジョンウ両親も来ていた。

34

ファヨンはジョンウ母に怒鳴られ 追い返される。
しかし 帰る決心がつかないでいた。
ジョンウ両親が帰った後 面会を頼むが 緊急出動で会えないと言われる。

その時 ジョンウが乗った車両がファヨンの前を通り過ぎる。
ファヨンは「先生」と声を掛け、ジョンウも気づく。

ミンギはインギョンに 「好きだ。付き合ってほしい」と告白するが、
好きな人がいるからと断られてしまう。

35

ファヨン父が出所する。

ジョンウ母は なぜ ジョンウがファヨンを好きなのか不思議で仕方がない。
“あんな不良を” と思う。

だから 違うのよね~
お手伝いさんも 会った印象が違うって言っているのに。

インギョンの大学から入学金請求書が届く。
約束通り ファヨン母はお金を工面してくれたが、
インギョンは請求書を破いてしまう。

30足の手編みの靴下が届き、ジョンウは誇らしい。

36

高校を卒業。

ファヨンはバス会社に インギョンは金星建設に就職する。
ミンギ父の会社ね。

ジョンウは特別休暇をもらい インギョンに会いに行くことにする。
会社に電話をするが、インギョンは席をはずしていて ファヨンが電話を受ける。
ファヨンはインギョンの声に気づくが ジョンウはわからない。
ジョンウは “明日1時に会社の前に行く”と伝言する。

ファヨンはインギョンに伝えない。
だからインギョンは知らずに ミンギと昼食に行く約束をし、退社の準備をする。

会社の前にバスが着き ジョンウが降りてくる。
会社の前に立つジョンウ。
中からインギョンが出てくる。
抱き合う2人。
それを見てしまうファヨンとミンギ。


会えないかも とドキドキしたわ~

37

ジョンウとインギョンは久々の再会を喜ぶ。
ジョンウはインギョンから 「ジョンウさん」と呼ばれて 嬉しくて インギョンにキスをする。
そして入隊前に渡せなかった指輪を渡す。

ファヨンはジョンウを忘れられないと母に訴える。
まったく!忘れられないのはわかるけど 最初からファヨンの片思いじゃないの。

ジョンウは 明日 インギョンを両親に紹介するつもり。
それを知ったエシムは門前払いをされるのではないかと心配する。

エシムはその話を部屋でするのよ。
みんなは寝ていると思っているのかもしれないけれど ファヨンが聞いているのよ。

“インギョンがジョンウ両親に会う”
ファヨンは そう思うと 心配で仕方がない。
車酔いが治らず、バスに乗車するたびに 吐き気をもよおすのを 運転手から 「まるで つわりのようだ」と言われ
ある考えがひらめく。

38

ミンギは 昨日に続き、今日もお化粧してデートに出かけるインギョンに会って 辛い。

インギョンとジョンウは一緒に写真を撮る。
インギョンは毎日書いていた交換日記を渡し、今度の休暇までは先生が書いてと言う。
両親に会うのが怖いと言うインギョンに ファヨンは
「愛しているなら恐れてはならない」と話す。

ファヨンは車掌が事故で怪我し救急車に乗せられるのを見てしまう。
「失うより 奪う」と言って 家を飛び出す。

インギョンはジョンウの家で 両親の帰りを待っていた。
そこにファヨンが現れ 「妊娠した」と言う。

39

インギョンはジョンウ家を飛び出す。
過去のことは ファヨンの嘘だと思っていた。しかし妊娠したのなら 何かあったと思うしかない。

そこにジョンウを両親が帰って来て ジョンウ母は寝込んでしまう。
母は絶対に反対。

ジョンウはファヨンに「君を愛せない。僕の心は別の人にあげた」と言うが…

ファヨンが引き下がるはずがない。
自分が悪いのに インギョンに
「あなたが早く身をひかないからよ。いい加減 私の邪魔をしないで。先生の心が私に向くように協力して」と言う。

40

ジョンウはインギョンに会いに会社に来る。
しかし インギョンは早退した後。
家に行ってみるが、いない。

あのさぁ… インギョンとの思い出の海に行って インギョンの名前を叫んでも どうにもならないんじゃないの?
しっかりしなさいよ。
だいたい、何で両親に 自分が結婚したいのはインギョンだと言わないの?
言ったところで 反対されるかもしれないし、責任を取って ファヨンと結婚することになるかもしれない。
それでも はっきり言うべきことは言わないと。
このはっきりしない態度が 優柔不断に思えてしまうわ。

ジョンウ父は「愛し合っているなら 結婚させよう」と言いだす。
ほら~ はっきり言わないから ジョンウ両親はジョンウとファヨンが愛し合っていると勘違いしているじゃない。

そして ジョンウ両親は ファヨン達が住む旅館に来る。

41

ジョンウ両親の話はもちろんファヨンとの結婚のこと。
ジョンウの次の定期休暇の時に 結婚させたいと。

エシムはインギョンを励ます。
「あなたとのことを知っているのに 誰もあなたのことを思いやらない。あなたが尽くしてもあの人たちにとって あなたは愛人の連れ子。大学に行けばよかったのよ。妊娠してまで好きな人をモノにしたファヨンの生き方を見なさいよ。あんたみたいに遠慮ばかりしていたら負け犬になるだけよ」

エシムの言うことが正しいとは思わないけれど
自分のことしか考えない人間だったら ジョンウ両親の前で 「私が結婚するべき相手」と叫ぶはずよね。
こんなことになっても インギョンは先生を恨めないし、心配している。

ジョンウは帰宅した両親に何も言わない。
そこが頭に来るのよ!
交換日記を見たって 何にも始まらないのよ!

翌日、ジョンウは朝早く家を出て、インギョンに会いに行く。

いつか妊娠がうそだとばれるわよね。
愛されていないし、一緒に住んでないし、今から妊娠することは無理。
どうするのかしら?馬鹿な女…

42

あ~イライラする。
“両親に従って 結婚する” って… はぁ?
両親は あなたがファヨンを愛していると思っているから 結婚の準備を進めているんじゃないの。
ファヨンの妊娠の責任をとるにしても 「愛しているのはインギョンだ」とはっきり言った方がいいんじゃないの?

こんな男はさっさと忘れた方がいいのに…
忘れられないのよね、きっと。

ジョンウは 上官がベトナム派兵に志願したことを知る。
驚いたジョンウだったが、
考える時間が欲しくて 自分も志願することに。

“逃げるわけではない 時間がほしいだけ”と思おうとしているようだけど
逃げているじゃない!
ファヨンのことも インギョンのことも 自分の人生に関係するのに 他人任せ。
優柔不断男。

43

ジョンウとインギョンが休暇中に取った写真が送られてくる。
それを見たファヨンはインギョンを罵る。
横取りしたのはファヨンなのに。妊娠は嘘なのに。冷静になったら 嘘をつきとおせないことはわかるのに。

エシムはインギョンに文句を言うけれど 自分の今までのことを考えたら ファヨンに文句を言えないんじゃないの?
文句を言う前に インギョンと一緒に家を出ることを考えたら?

ジョンウは父に 「ベトナムに行く」と電話をする。

44

ジョンウ両親はベトナムに行くと聞き、ファヨンを連れて 面会に行く。

ジョンウ~
理由を言いなさいよ、理由を!
“愛しているのはインギョン。ファヨンが妊娠したから責任を取らないといけないけれど ファヨンを愛せない。時間が欲しい”
それだけ言えばいいんじゃないの?

両親も気づきなさいよ。
いくら両親の前としても 愛し合っているように見えないじゃない。
愛している人がいて、子供が生まれてくる予定で、生活にも困っていない。そんな人が志願して戦地に行く?

それに… 本当に妊娠したかも確認していないじゃないの。
自分が当事者なら信じてもらえないのは嫌だけど 男の立場なら妊娠したかどうか確認するのは当然でしょう。

ファヨンは ジョンウと別れ車に乗り込んだけれど 途中車を止めて ジョンウのところへ。
結婚するために妊娠したと嘘をついたことを告白する。

ジョンウは驚き悲しむ。
ベトナムに行くのは 明日なのよね。もうどうしようもない。
ファヨンに 「俺の人生をめちゃくちゃにした」と言っても…
結局は自分が悪い。逃げるからよ。

ジョンウとファヨンの話を 両親は聞いていなかったのね。
ファヨンは帰宅。
自分が悪いのにインギョンにあたって 倒れてしまう。

ベトナム派兵は仕方ないから 妊娠していないことだけでもばれないかしら。
このままジョンウの同意なしで 婚姻届を出してしまいそう。

45

ジョンウがベトナムに行くと聞き、インギョンはジョンウに会いに行く。
軍営の門で 2人は再会。
「必ず また会おう」と約束する。

46

キム家に“金食い虫”ホンギが戻ってくる。
父の会社、金星建設で働くことになる。

ホンギはインギョンに興味をもったみたいね。
けれど インギョンはしっかりしているから ホンギの誘いに乗らない。
でもね~ 気の強い女に惹かれたりするのよね。
自分の誘いに乗らない女はいないと思っているから 絶対にモノにしようと必死になるはず。

ジョンウは戦地で “生きて帰る”と誓う。

47

ジョンウ母がファヨンを訪ねてくる。
「息子が戦地に行ったのは 結婚したくないからだと思う。あなたの素行を調べた結果 お腹の子が息子の子供かどうかはわからない。結婚させるつもりはないから 子供をおろしてほしい」と。

ホンギはインギョンと結婚したいと思う。
ミンギは インギョンをホンギから守るため インギョンに転職を勧める。
しかし ホンギから守るためとは言えないから インギョンに断られてしまう。

48

ホンギはインギョンに 「お前が気に入った。一生面倒を見るから俺のところに来い」と迫るが、
インギョンは断る。

ミンギは インギョンが母に頼まれてホンギに金を届けに行くと聞いて 慌てて出掛ける。
ホンギは博打中。
金を置いて帰ろうとするインギョンに 「コーヒーでも飲もう」と迫る。
そこに ミンギが駆けつけ助けてくれる。

ファヨンは ソウルにある 友人の叔父の工場で働くことにする。

49

ホンギは5年前結婚式前日に花嫁に逃げられてから
女を信じられず、女遊びをするようになったらしい。

ファヨンが指輪を返しにジョンウ家を訪ねると ジョンウ母が倒れていた。

50

従軍記者が父からの手紙をジョンウ父に持ってくる。
「元気で帰ってくるように。結婚はとりやめた」と書かれてあった。

ホンギは父に仕事を任される。
インギョンが「手伝いましょうか?」と申し出るが ホンギは断る。
しかし 思うように進まず、帰宅するインギョンを呼びとめる

51

ジョンウはインギョンに手紙を書く。
父からの手紙に結婚を取りやめたと書いてあったこと、
ベトナムに行く前にファヨンから妊娠は嘘だと聞いたこと、
を書く。

インギョンはホンギを手伝うことに。
インギョンはホンギのことを思い違いしていたことを知る。
“怖い人だと思っていたが 優しい心を持った人だった”

52

ホンギはインギョンのために買った髪飾りを 何と言って渡そうかと悩む。
こっそり 引き出しの中に入れようと 引出しをあけるが、
ジョンウと撮った写真を見つけ 髪飾りを入れるのをやめてしまう。

敵が進攻し、ジョンウの部隊は作戦を実行することになる。
ジョンウは 病気で作戦に参加しない元上官に 交換日記を託す。
“もしも戻ってこれなかったら その住所に送ってほしい”

そして…ジョンウは撃たれ 河におちてしまう。

“こんな早くに主役が死ぬはずないから” と思うけれど…
河に落ちちゃったら 味方は助けようがないわよね。
ということは…死んでしまったことになってしまうのかしら。

53

ジョンウ戦死の連絡が 両親の元に届く。
河に流され 遺体は見つかっていないが、撃たれたのは間違いないと。

ショックを受ける両親。
しかし ファヨンを思い出し、お腹にはジョンウの子供がいるから ファヨンを引き取ろうと思い立つ。
ちょうど ファヨンは仕事中の怪我のせいで会社を辞めさせられ 寮を出るところだった。

ファヨンはジョンウ母から戦死の話を聞き、気を失ってしまう。
気がついたファヨンに ジョンウ母は 「お腹には まだ子供がいるの?」と聞く。

堕ろすように言ったくせに ずうずうしいジョンウ母。
どっちにしても ジョンウの子供はいないんだけどね。
ファヨンはどう話すのかしら。堕ろしたと言えば 責任を感じて 引き取ってくれるかも。


そんなことよりも 今回 心に残った言葉は グムブンがエシムに言った言葉。
“年をとればみんな同じ。50歳には美人もブスも同じ。60歳では夫がいてもいなくても同じ。70歳では学があってもなくても同じ。80歳で金持ちでも貧乏でも同じ。90歳になると死んだ人も生きている人も同じ扱い。外見ばかりを気にせず、心を磨きなさい”
なんだか 妙に納得してしまい…
でも 心を磨くのが一番大変なのよね。

54

ひえ~ ファヨンが本当のことを話そうとして
“病院には行っていません”と言ったのを 堕ろしていないと勘違いしちゃったわよ。
泣きながら 「男の子でも女の子でも産んでくれたら 会社もあなたと子供のものよ」と言われて ファヨン、うなづいちゃったわよ。

どうするのよ。
いつまでも嘘をつきとおせないのに。
今から 妊娠するわけにいかないのに。

ジョンウ両親はファヨンを連れ ファヨン両親に挨拶に行く。
そして インギョンはジョンウが死んだことを知る。

ホンギは本気でインギョンを好きみたいね。
気に入られたくて 仕事を頑張ったのに ミスしてしまい またやる気のない男に戻ってしまったわ。

55

ジョンウ両親の申し出に ファヨン両親は反対する。
しかし ファヨンの決意はかたく 渋々承諾する。

インギョンはショックで寝込んでしまう。

インギョンが会社を休んだから ホンギは手持無沙汰でつまらない様子。

ジョンウ母はファヨンを病院に連れて行こうとする。

早くファヨンの嘘が明らかになってほしいわ。

56

病院に行こうとすると ジョンウの“失踪通知”が届き、ジョンウ母は倒れてしまう。
ファヨンは命拾いをする。…残念…

ホンギはインギョンの見舞いに行く。
そしてインギョン弟から ジョンウが戦死したことを知る。
店の赤いバラを全部買ってしまうなんて インギョンへの気持ちは本気ってこと?

ミンギ父はホンギがインギョンの見舞いに行くと聞き “ホンギはインギョンが好きなのかもしれない”と思う。
ミンギ母は あんな環境で育った娘なんて と思っているけれど
ミンギ父は ホンギは選り好みができるような息子ではないし、 インギョンのようにしっかりした娘が嫁に来てくれると有難い と思っている。

インギョンに ジョンウから手紙が届く。
配達員から受け取ったホンギは その手紙をインギョンに渡さない。

インギョンはホンギと結婚するのかしら。
ジョンウが戦死したから 待っていても仕方ないし。
でも すぐに別の人と結婚できるわけないわよね。

57

ホンギは インギョン宛のジョンウからの手紙を読む。

インギョンは辛い。出社しても ボーっとしていて 仕事にならない。
そんなインギョンを見て ホンギはイライラする。

ミンギ母はエシムに ホンギとインギョンを結婚させたいと伝える。
エシムは インギョンには長男より次男の方が合っていると答える。

ミンギ父はドンピルを バスの配車係に雇う。
インギョンは結婚を断れなくなりそう。


今はインギョンのことより
ファヨンの嘘がいつばれるのかが楽しみなんだけど…

58

ミンギは ホンギとインギョンの結婚話が進んでいることを知り、怒りだす。
ジョンウが戦死したと知り インギョンを慰めにいく。

出社したドンピルを ミンギ父もホンギも手厚く応対する。
ミンギ両親は 1ヶ月後には結婚させたいらしい。


まだばれないよ~
ファヨンは生理になったみたいなのに… ばれないよ~

59

ミンギは ホンギに 自分もインギョンを愛しているから結婚するな と言う。
でも… ミンギとでは ミンギ両親は認めないわよね。 ホンギだから家柄を気にしないんだもの。

グムブンはファヨンの誕生日祝いにジョンウ家に行く。
そしてファヨンが妊娠していないことを知る。
グムブンはジョンウ両親にすべてを話して謝るように言うが、ファヨンは話すつもりはない。
グムブンは ファヨンに ジョンウ両親に話して謝るまでは娘ではないと言って 帰る。

60

ホンギはインギョンと一緒に仕事にでかけ、帰りにデートをする。
ホンギは本気。
インギョンは結婚する気は 全くないけれど…
一所懸命なホンギを見て インギョンは微笑むのよね…
情にほだされてしまいそう。

ミンギは父に 自分もインギョンを好きで結婚したいと思っていると言うが 怒られてしまう。

ファヨンはジョンウ母と病院に行く。

ついに ついに ばれるのね。

61

ファヨンは医者に嘘をついてくれと頼む。
医者はジョンウ母に 妊娠していないとは言わなかった。
医者が嘘をついていいのか!

ホンギは ドンピルにインギョンと結婚できるように協力してほしいと頼む。
結婚したら援助するからと。

ファヨンの嘘は まだばれない。
お腹をふくらませて 妊娠したようにみせている。
ジョンウ両親が日本に行っている間 ファヨンは実家に帰ってくる。

どうしてばれないのよ~

62

ホンギがエシムとドンピルに挨拶に来る。
「娘さんと交際したい」と。

しかし インギョンはホンギと交際するつもりは全くない。
インギョンがホンギにそう言うと
ホンギから 「他の女に手を出して 外国に逃げた男をいつまで思っているんだ」と言われる。

ほんと、ジョンウは最低の男。
さっさと忘れなさい!と言いたいけれど…
インギョンはジョンウを愛しているから 簡単に忘れられるはずがないわよね。

翌日 インギョンは辞表を提出する。

63

後任が決まるまで働くことを条件に ホンギは辞表を受け取る。
しかしホンギは応募してきた人に難癖をつけ 後任を決めようとしない。

実家に遊びに来ていたファヨンは お腹の詰め物を燃やす。
母の言うとおり すべてを話す決心をしたのかと思ったら…
流産したことにするつもりでいる。

ファヨン、恐ろしいわ~
嘘に嘘を重ねて 嘘をつき続けて生きてきて
嘘をつくことを 何とも思わなくなったのね。
嘘の人生で幸せ?

64

グムブンはファヨンを非難するけれど
ファヨンは本当のことを言うつもりはない。
「先生の代わりに 両親に親孝行したい」と言うけど 今の裕福な生活を捨てたくないだけよね。
でも…流産したら ファヨンは追い出されるかしら。

ホンギは エシムに宝石をプレゼントして エシム懐柔作戦を実行する。
エシムは金に弱いからね。

一方 ミンギ母はインギョンに
「こんないい話はないのに なぜじらすの」と言いだす。
インギョンは 「好きな人がいるから 常務には興味がない」とはっきり断る。

ホンギは退職するインギョンに 「結婚を迫らないから そばにいてほしい。死んだ彼をいつまで思いつづけるのか」と聞く。
インギョンは「彼は私の胸に生きている。どうせ忘れられない。彼との思い出を抱いて生きていきます」と答える。

65

ファヨンが流産したと聞いて ジョンウ両親が来る。
グムブンはジョンウ両親に 「これで縁が切れたから もう会わないでほしい」と話す。

ホンギは “書類がない”“朱肉がない” と言って電話をかけてくる。
夜にはインギョンに会いに来る。
一途と言えば聞こえはいいけど 鬱陶しい。

66

ファヨンはジョンウ家に戻る。
生きる望みがなくなり悲しんでいたジョンウ両親はファヨンを受け入れる。

ホンギはどうでもいい用件でインギョンを呼び付ける。
インギョンは頭にきて 電話にも出なくなる。
そこでホンギは電報でインギョンを呼び出す。

ホンギ、鬱陶しすぎ。引くこともしたら?

67

ミンギ母から 「ホンギには見合い相手がたくさんいる」と言われ イライラしているエシムは
インギョンが大事にしているジョンウとの写真を インギョンの目の前で破る。
もちろんインギョンは大泣き。
エシムの気持ちもわからないわけではないけれど…
無理に忘れさせようとしても 逆効果だと思うけどなぁ。

エシムはインギョンには黙って ホンギを夕食に招待する。
帰宅したインギョンは ホンギに出て行くように言う。
「あなたのためを思って招待した」と言うエシムには 「自分の欲のために結婚してほしいだけのくせに」と怒鳴る。

ホンギは 「そんなに自分が嫌なら つきまとわない」と言って帰る。

68

エシムは死んだ人をいつまでも思っているインギョンにイライラ。
エシムの生き方が インギョンに影を落としていると思うんだけどなぁ。
インギョンに文句を言う前に 自分が生き方を正しなさいよ。

ファヨンは絵画教室に通い 大学進学を目指している。

1年後。
ジョンウの法要が行われる。
そこにインギョンも現れる。

69

寺からの帰り インギョンは車に乗せてもらいジョンウ家に。
もちろんファヨンは歓迎しない。
インギョンは 「いつまでも先生に関わらないでほしい」と言われる。

家政婦はインギョンを見て 以前ジョンウが連れてきた娘だと気づく。
ファヨンに誰かと確かめると 「親戚です」と怒鳴られてしまう。
ファヨンじゃなくて ジョンウ母に言わなきゃ!

ホンギはインギョンを諦めていなかった。
毎日女性社員に切手を買いに行かせ インギョンが元気かどうか確かめていた。
しつこい!

インギョンはミンギ父に 「ホンギとの結婚を考えてほしい」と言われてしまう。
ホンギは父を乗せて運転中、父がインギョンに会い、金をちらつかせて結婚を迫ったことを知り 口論になってしまう。
そして事故を起こしてしまう。

70

ミンギ父は亡くなってしまう。
ホンギは重傷。

インギョンがホンギを見舞うと
ホンギは 罪悪感で 父に会いに行くと大暴れしていた。
散々父を苦しめ 殺してしまったと悔いていた。

71

インギョンは 「運命だと思いましょう」と慰める。
ホンギは 眠るまでそばにいてほしいと頼む。

郵便局に 柄の悪い飲み屋の女が子供を連れて入ってくる。
女は次に 会社にホンギを訪ねる。
入院していると聞き 病院に。

なんと 女はホンギの元彼女で 子どもはホンギの子らしい。

72

娘の名前はチョンジャ。

堕ろす約束で お金をもらったのに堕ろさなかった。
再婚するから 子供をよろしく ということらしい。

なんて勝手な女。
同棲したホンギにも責任はあるけどね。

73

ホンギ元彼女ミランとチョンジャは インギョンたちがいる旅館に泊まる。
エシムは ホンギに子供がいたことを知り、インギョンにホンギに近づかないように言う。

でも…インギョンはチョンジャに同情しているのよね…
ホンギにも同情しているみたい。
結婚して チョンジャの面倒をみそう。

ホンギは病院を抜け出し 会社に。
バスを運転してどこへ行くつもりなの?まさか自殺?

74

バスがなくなって捜していたバス会社の人とドンピルが ホンギを見つける。
バスは崖の上で停まっていた。

ホンギは自殺するつもりだったのね。
でもインギョンの顔が浮かび 死ねなかった。

インギョンがどんどんホンギに同情しているわ。
結婚しそうで心配。

ミンギ母はミランに 生活費と養育費を渡し、二度と現れないように頼む。

75

ファヨンは 母に
「嘘がいつかばれるのではないかと気が休まらない」と訴える。
でも それは自分が望んだことじゃない。何を言ってんのよ。気が休まらないのなら 本当のことを言えばいいじゃない。
ファヨンは“反省している顔をして まったく反省していない” のが得意なのよね。

ホンギはドンピルから インギョンの結婚相手にはふさわしくないと思っていると言われ ショックを受けてしまう。

ミランはホンギの病室にチョンジャを置き去りにする。
最初から そのつもりだったのね。
インギョンなら任せられると思ったから インギョンに 「あなたの瞳が気に入った。あなたは信用できる」と言ったのね。

76

うわ~ もう絶対だわ。
インギョンはチョンジャが可哀そうで面倒をみることになって そのままずるずるとホンギと結婚するに違いないわ。

それでいいの?
まだジョンウを忘れていないようだけど 亡くなった人と一緒になれるわけないものね…

でも だからって 同情で結婚しちゃうの?

77

あ~あ やっぱり…
インギョンはチョンジャを家に連れて帰る。
翌日病院に連れて行き、「仕事に行くから ここにいるように」と言うと
チョンジャは 行かないでと言って泣き出してしまう。

あ~あ 懐いちゃった…
インギョンは突き放さないわよね…

78

ジョンウは生きていたの?

エシムは ジョンウ母が精米所を取り戻すためにと持ってきたお金を 受け取っていたのね。
なんて女。

ミンギ父が亡くなった影響で 会社が傾きはじめる。
ホンギじゃ頼りないものね。
いい歳して何しているんだか…
親の金で遊んでばかりいるからこうなるのよ。

79

インギョンはホンギを励ます。
ホンギは心強く思うが、“インギョンに期待してはいけない”と 自分に言い聞かせる。

翌日 ホンギはインギョンの言葉を思い返して頑張ろうとし、
インギョンはホンギが心配で仕方がない。

ジョンウと一緒にベトナムに行ったソンがジョンウの家に来る。
ファヨンを見て 見送りに来たインギョンと違うのに気付かない。
気付いてよ~ って 無理よね…
ジョンウに頼まれた交換日記は インギョンのところに送ったみたいね。

80

馬鹿エシム、ジョンウ母から預かっていたお金を ダンス教室の先生に貸してしまう。
今までも貸したことがあって 返してもらったからと 信用しているけれど… それが詐欺師のやり方よね。

ジョンウは手術を受けた後 意識を取り戻すが、一言も話さない。


関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
ライフ
客:The Guest
ボイス2
ラブリー・ホラブリー
ナインルーム
魔性<マソン>の喜び

三国志~司馬懿 軍師連盟
鳳凰の飛翔(天盛長歌)
三国志 Secret of Three Kingdoms
如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
バーニング・アイス-無証之罪-

<視聴予定>
皇后の品格
ロマンスは別冊付録(ROMANCE IS A BOUNUS BOOK)

恋愛動物
カンブリア紀
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
独狐伽羅~皇后の願い~
千年のシンデレラ~Love in the Moonlight


わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング