FC2ブログ
2019/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>




擇天記~宿命の美少年(28)(29)


2829

28

有容は 長生と一緒に生きたいと思うように。
有容の両親、聖后、秋山君が聞いたら卒倒しそう。    


周独夫の墓では
長生と有容が
周独夫に敗れた剣を復活させ
黒袍らを倒す。

神識が放たれ周園は崩壊寸前。
国教学院の石版にも亀裂が生じる。
院生たちは 周園から弾き飛ばされる。

周独夫の墓で
剣が押さえていた18個の黒曜石が現れ、
その黒曜石に108の星図が現れる。
長生がその星図を覚えるのを待って
2人は 墓を脱出する。

秋山君は 黒袍から
長生から星図を奪って渡せ と言われる。
そうすれば関飛白を殺したことは黙っている と。

秋山君は 聖后に
長生が魔族と結託して関飛白を殺した と報告する。

秋山君は 荘換羽から 「悪魔」と剣を突き付けられるが、
「悪魔は長生、奴は魔族の回し者。私と奴とどっちにつくのか良く考えるのだ」と脅す。

七間は 意識のない状態で唐棠らに助けられ、
離山剣宗に戻っていた。
秋山君は 七間の意識が戻ったと聞き、
殺そうとする。

29

解き放たれすぎでしょう
と言うくらい ラブラブモードの長生と有容。
甘い言葉をささやき合う。   


長生と有容は 魔族の領土にいた。
長生は有容に
周園で襲ってきた秋山君が魔族に見えた と話す。

苟寒食は 七間から
「私を傷つけたのは長生ではなく大師兄。長生のおかげで助かった」と言われ、
信じられない。
“大師兄と荘換羽が嘘を言うとは思えない。しかし 長生は信用できる」と悩む。

長生は 有容の命星が暗いことに気づく。
自分の命星を動かしてみると
有容の命星の軌道が変わり 明るさが増す。
しかし そのせいで長生の銀線が伸びてしまう。

七間は 秋山君を殺そうとしたため 軟禁される。
落衡は 聖后の命令だとして
七間を百草園に連れて行く。

長生は 味覚を失ってしまう。
五感を感じられなくなったら それは死が近づいているということ。

黒袍は 魔族の謎の仮面男から (黒袍も仮面男ですが…)
長生が都に戻るまでは殺すな と言われる。
しかし…
南客に 長生と有容を丹炉峰におびき出すように命令する。

長生と有容は 南客が仕掛けた罠とは知らず、
周独夫が丹薬を作っていた丹炉なら難病を治す薬を作れるかもしれない と聞き、
向かう。

丹炉に到着した長生と有容、
いきなり建物から縄が飛び出してきて 縛られてしまう。
そして 男の子が出てくる。

関連記事
スポンサーサイト



web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
親愛なる判事様
ドクター・プリズナー

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>
  ~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~
神龍<シェンロン>(武道乾坤)
王朝の謀略(大明按察使之鉄血断案/鉄面御史)
花不棄(カフキ)-運命の姫と仮面の王子-(小女花不棄)

<視聴予定>
蘭陵王妃 レンタル、配信あり、9/~チャンネル銀河
千年のシンデレラ(結愛・千歳大人的初恋)
         ホームドラマチャンネル放送中
リーガルサービス~最大の利益(最佳利益)
         9/5~ホームドラマチャンネル
スィート・ドリームズ(一千零一夜) 10/2~レンタル
明蘭~才媛の春~(知否知否応是緑肥紅痩)
         10/~衛星劇場
悪との距離 10/15~衛星劇場
 
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング