FC2ブログ
2019/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>




月に咲く花の如く(那年花開月正圓)(1)-(9)


呉聘がいい人で 残り数話で亡くなるのかと思うと…
寂しい

 123456789

1

周瑩は 養父 周老四と 各地を回り 大道芸で稼いでいる。

ある日 周瑩は わざと馬車にぶつかって治療費をせしめようとする“当たり屋”を目撃する。
その“当たり屋”が去った後
周瑩は “当たり屋”の妹のふりをして 嘘の身の上話をして同情を買い、
金を恵んでもらう。
この時 名帖を渡され、
「困った時は訪ねてくるといい」と言われる。

名帖の主は 呉聘。
呉家東院の若旦那。


周瑩は 周老四の借金のカタに 沈家で働くことになる。
このようなことはよくあることらしく
周瑩は 周老四から「数日働いてから隙を見て逃げ出せ」と言われる。

周瑩は 沈家で働き始める。
担当は 次男の星移の世話係。

星移…道楽息子。
両親も兄も使用人も手を焼いている。
祖母が溺愛するのが問題なのかも…

周瑩は 早速 星移に怒られるが、
どうせ逃げるつもりだから構わない。

星移が父から杖叩きの罰を受ける。
夜 傷が痛いと騒ぐ星移、
「痛くて死にそうだ。こんなことならいっそのこと刀をくれ」と。
周瑩は「刀を探す」と言いながら
薬草を作り 星移の傷に塗る。
…どうやら 効いたらしい。


呉聘は 杜明礼から取引を持ち掛けられる。
後日 福建省の茶葉を届けて 暗に取引を断る。
どうやら 杜明礼を怒らせてしまった様子。

2

星移は 医者を辞めさせ、周瑩に治療させることにする。
すると 周瑩から 条件を出される。
“乱暴せず罵らない。おいしい物を食べさせ仕事も免除すること”
ふざけた条件に対して
星移は 「追いだせ」と命令するが…
周瑩の嬉しそうな顔を見て 気が変わる。

星移の祖母は 星移が女の問題を起こさないように側女を取らせようと考える。
星移は 母から 誰がいいか聞かれ、
周瑩を選ぶ。
星移の母は 粗暴で気が強いと反対するが、
星移の祖母は 望む者を与えたほうがいい と認めることにする。

周瑩には 破格の条件が提示されるが、拒む。
すると 星移に軟禁されてしまう。

周瑩は 目を盗んで抜け出す。
しかし 門が閉まっている。
そこで 置かれていた駕籠に乗りこむ。

駕籠は 呉聘のもの。
膏薬の入札のことで 沈家に来ていたのだが…
話が終わり 乗りこんで驚く呉聘。
周瑩から 手首の怪我を見せられて助けを求められ
そのまま 呉家に戻る。

呉聘は 呉蔚文から「沈家から恨まれるかもしれない、愚かなことを」と非難される。
しかし 今はどうすることもできず
しばらく 周瑩を住まわせることにする。


膏薬の入札は 杜明礼が呉蔚文を罠に嵌めるために仕掛けたことだった。
杜明礼は 引かせようと 沈家に行く。


3

杜明礼は 北京に文を出す。
“呉家に落札させろ”と。
沈家は引かないはず。それなら沈家の不満を募らせることにしよう と考えたのだ。
そして…
その帰り 杜明礼は ある女性を見かけ 見つめる。
彼女は 胡咏梅。
どうやら 呉聘の婚約者 らしい。


周瑩は 呉家の学徒房に通う学生に頼んで 周老四に連絡を取ろうとするが、
周老四は発ってしまった と知る。

学徒房…呉家東院が学生を集め商人になるための勉強を教えている。
将来呉家東院で働いてくれる優秀な者を見つけるためでもあった。
周瑩は 学徒房に興味を持つ。

周瑩は しばらく呉家にいることにし 働くことにするが…
周瑩は 学徒房の生徒になりたいと思う。
しかし 呉聘から笑われる。
商いを学びたい と頼むが、
「女はダメ 前例がない」と言われる。

周瑩は 呉家で働き始めるが、ミスばかり。
学徒房が気になってしまうらしい。
何をさせてもダメ。
頭を抱える呉聘、
最後の手段。
周瑩を 学徒房の侍女にする。

周瑩は 仕事をしながら講義を聞こうと考える。
“おまえにわかるのか?”と生徒たちにバカにされるが…
もともと商才がある周瑩のこと、
生徒たちの宿題を請負って 稼ぎ始める。
しかも 請負う内容によって金額を変えていた。

周瑩が宿題を請負っていたことが 先生にばれる。
当然 呉聘の父 呉蔚文に報告される。
正座する周瑩、
「すぐに追いだせ」と息巻く先生、
呉蔚文と呉聘は 周瑩の商才に驚く。

そこに 楊之渙が 膏薬の入札の件で来る。
楊之渙が「沈家と同じように値は下げることはできない。血竭が高すぎます」と言うのを聞き、
周瑩は「杜鵑花の葉で代用すれば」と口を挟む。
しかし 血竭を使うことが条件。
それに対して 周瑩は「膏薬にすれば中身はばれない」と意見する。

呉蔚文は 入札価格は去年と同じにする と決める。
そして 周瑩を「確かな品で適正な価格と信用で呉家東院は繁栄した。捏造は最も嫌うこと」と諭し、
学徒房の生徒にする と決める。


膏薬の入札が終わり、
呉家東院に注文書が届けられる。
不正が行われたと憤る沈四海と沈月生、
どうしてだろうか と思う呉蔚文と呉聘。

呉聘は 沈月生に会う。
半分ずつ製造し儲けも半分にしよう と提案。
協力すると決まる。
呉聘は 沈家の侍女が逃げて呉家に来たが 母が気に入ったのでこのまま呉家におきたい と言い、了解を得る。
すると 沈月生から 膏薬をおさめる時に自分たちの屋号も使いたい と言われる。
呉聘は 返答に困るが、
周瑩のことが問題になることを恐れ 了承する。

4

膏薬に問題があるので 欽差大臣の調査が入ると決まる。
呉家東院は 沈家が作った膏薬に問題があると考え
沈家は 呉家東院の陰謀だと考える。

翌朝
呉家東院の仁寿堂で 沈月生の遺体が発見される。
趙白石の調査が始まる。

呉蔚文は 楊之渙と共に 仁寿堂の中を調べ、
血竭の袋の一つが松脂を染めたものにすり替わっていることに気づく。
沈月生の仕業では? と思う。
欽差大臣の調査が入る前に 楊之渙に別の場所に持って行かせる。
袋を持って仁寿堂から出る楊之渙。
趙白石が それを目撃する。

周瑩は 呉聘から
「沈家が身売り証文を返してもらえていない。この騒ぎで戻るように言ってくるかもしれない。すぐに発った方がいい」と言われる。
また 商売を始める資金を持っていくように とも言われる。

周瑩は 呉聘の優しさに感動。
呉聘を騙している自分に耐えられず
身の上を偽っていたこと を告白する。
金は返す と言うと
「正直のほうがかえって金を稼げる」と言われる。
また 二度と騙すな と言われ、
「相手が悪人なら?殺されそうな時も?善人を助けようとする時も?」と聞く
すると「そういう時は仕方がない。時には駆け引きも大事だ。銭目的で人を騙すな」と言われる。

5

呉聘は 検視人に沈月生殺害事件の話を聞く。
沈月生は 心臓を刺されていた。
凶器は 珍しい刀
絵を書いてもらう。

趙白石も 部下から 凶器の刀の絵を見せられていた。
西洋のものでは? と考える。

呉聘は 沈家を弔問した帰り
数人の男たちに襲われる。
襲ったのは 沈星移。
沈星移は 趙白石に連れて行かれる。

呉聘の意識は 戻らないまま。

6

呉蔚文は どんなことをしても呉聘を助けたい と思う。
結婚すれば意識が戻る といういい伝えを試したい と思う。
そこで 胡咏梅の父 胡志存に
占い師によれば明日の酉時に婚儀を行えば効果があるそうだ
と協力を頼む。
胡志存からは 考えさせてほしい と言われるが、
胡咏梅から 呉聘を助けたい と言われる。

杜明礼は 胡咏梅が呉聘に嫁ぐ と知る。
そこで 胡志存に贈り物を3つ届ける。
高価な磁器と
軍機処から皇太后と皇帝への密書の写しと
欽差大臣に下った皇太后と皇帝の密書の写し。
胡志存に「呉家の前に胡家が潰されますよ」と脅す。

胡家に 呉家からの迎えの花籠が到着する。
しかし 胡咏梅は乗らなかった。

空の花籠が到着する。
呉家東院が絶える と嘆き悲しむ呉蔚文。
周瑩は 思わず自分が身代りになると名乗り出てしまう。

婚儀が終わり…
奇跡が起きる。
呉聘が目を覚ます

周瑩は 呉聘から「一生ここに住むといい。私の妻だから」と言われ驚く。
今まで同じ立場だった春杏から「若奥様」と呼ばれ 戸惑う。

7

呉蔚文に 文が届く。
欽差大臣からの調査報告。
原料に問題はなかった と。


趙白石は 呉聘を襲ったのは沈星移に間違いない と考えている。
だから 沈星移が罪を認めない限り釈放しないつもりでいる。

趙白石は 楊之渙を調べさせ、
見習いの時に住んでいた家があるとわかる。
その家から血竭の袋を見つけ、
張長清に届けさせる。

杜明礼は 失態を犯したとして 貝勒の命令で棒打ち20回の罰を受ける
どうやら 偽造の証拠を見つけられなかったことが問題らしい。


周瑩は“若奥様”の立場に慣れない。
今まで同じ立場だった使用人や 学徒房の先生、生徒と気軽に話せなくなり とまどう。

周瑩は 呉聘の母から 作法を教えられるが、
まったくできない。
その上 呉家西院の呉蔚武の妻と娘の前で失態をおかしてしまう。

呉聘の母は 根を上げ、呉蔚文に相談する。
一方 周瑩も疲れ果てていた。
春杏に 出て生きたい と打ち明ける。

周瑩は 呉蔚文に呼ばれる。
行ってみると…
やはり 説教。
妻としての自覚を持て、これまでの悪い習慣をたて。過去は問わないが本分をわきまえろ などと言われ、
「呉家に嫁いだのは切羽詰まったから。気に入らないなら離縁してください」と言い返す。

周瑩は 呉蔚文を怒らせたため 追い出されると思う。
元々出て行く予定だったのだから と覚悟するが
なぜか追い出されなかった。

8

杜明礼は 沈家を訪ねる。
沈四海に「あなたの力になりたい。月生殿の敵を討ち、星移殿を救出したいとは?」と持ちかける。
「叶うなら命を差し出してもいい」と言われ 満足気な顔に。
「星移殿は3日以内に戻ってきますよ」と言って立ち去る。


趙白石のもとに張長清が来る。
「沈星移を釈放しろ」と言われる。
留め置けば手柄をたてるための大きな障りになる と。
また「血竭の袋の中身は偽物だった。偽造の証拠には ならないが 朝廷に再調査を申請できる」と言われる。


沈星移が 家に戻る。

杜明礼は 沈四海に会いに行き、
「敵討ちにはあなたの力も必要です」と言う。
次に 張長清に会う。
どうやら 張長清は 貝勒の命令で 沈星移を釈放したらしい。
2人は 仕えている者は違うが 呉蔚文を倒すという目的は同じ ということで
協力しあうことで話がまとまる。

沈月生を殺したのは 杜明礼の部下だった。
仁寿堂に 偽の血竭を紛れ込ませようとしている時に 沈月生が入っていたため 殺したのだ。


周瑩は 別院から外に出られず 退屈する。
呉聘に訴えると
若奥様らしくなったら外出していい と約束してくれる。
周瑩は 猛練習するが 今ひとつの出来。


呉一族が集まった席で 呉蔚文は
呉聘が襲われた件はこれ以上追及しない、
沈家が関わる取引をする時は気を付けるように、
古月薬材店への支払いはすぐに済ませるように。今後は取引しない
と 指示する。

会が終わった後
呉聘は 呉蔚文から 三原質店の帳簿を渡される。
「利益が少ないのが腑に落ちない。調べてほしい。店を任せている蔚双に気づかれないように」と言われる。


沈四海は 商売のことを教えようと 沈星移を特訓する。
しかし 覚えが悪い。覚えようという気もなさそう。

9

呉聘は 周瑩を連れて町に出かける。
外出でき大喜びの周瑩。
しかし 呉聘の本当の目的は 三原質店の調査だった。

三原質店に行くと 孫番頭が出迎えてくれた。
店主は 3月に1度しか店に顔を出さず、
店は孫番頭が仕切っていた。
呉聘は 次に 酒楼の2階から 三原質店を監視する。

その間 周瑩は 呉聘の了解を得て 一人で散歩する。
実は 宝来を連れていくように言われたのだが。

周瑩は 宣教師ジョゼフが倒れている人を助けるのを目撃する。
呉聘が倒れた時に治せるのでは? と思い、ジョゼフに声をかける。
薬は教会にある と言われ、
一緒に教会に。
薬をもらって 戻る。

戻ると…
呉聘が 胡咏梅と話していた。
“愛し合った仲”などと聞こえ、
周瑩は ショックを受ける。

呉聘と周瑩は 呉家に戻る。
すると 両親に呼ばれる。
周瑩が教会に入るのを目撃されていたのだ。
西洋人への偏見が強く 西洋人と話しすることすら奇異な目で見られている時世。
周瑩は また罰を受けることになる。

周瑩は 呉聘からも 教会に行ったことを非難される。
呉聘は周瑩を心配しているのだが
周瑩は素直に受け取れない。
呉聘と胡咏梅の仲を勘ぐり
自分は 妻と認められておらずバカにされている とふてくされる。




関連記事
スポンサーサイト



web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
BAGABOND<バガボンド>

如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
神龍<シェンロン>(武道乾坤)
花不棄(カフキ)
  -運命の姫と仮面の王子-(小女花不棄)
リーガルサービス~最大の利益(最佳利益)
スィート・ドリームズ(一千零一夜)
明蘭~才媛の春~(知否知否応是緑肥紅痩)
大唐見聞録 皇国への使者(唐磚)

<視聴予定>
ただひとつの愛 11/9~KNTV
ウェルカム2ライフ 11/21~衛星劇場
君の歌を聴かせて 12/18~衛星劇場
SAVE NE2(助けて2) 12/23~衛星劇場

寵妃の秘密2 12/2~lalaTV
将夜 1/7~DVD発売
刺客列伝 1/~lalaTV
愛される花1/7~DVD発売
招揺DVD発売予定
鳳囚凰DVD発売予定

ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
     
  神龍      海上牧雲伝

     
瓔珞<エイラク>    晩媚と影

     
 ミーユエ      霜花の姫

     
永遠の桃花~三生三世  擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング