FC2ブログ
2019/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>




月に咲く花の如く(那年花開月正圓)(61)



涙・涙・涙…
私は疫病神
だなんて… 


61

周瑩を和ませたい
そう思って京劇を呼んだのに…
周瑩は “最初にこの演目を観た時は 義父も呉聘もいたのに 今は私一人だけ”と思う。
そして 私が疫病神だからみんな死んでしまうのだ と思い始める。


鄭氏は 千紅に 周瑩のことを相談する。
すると 男をあてがうのがいい と言われる。
そうね… と頷くが、
すぐに男が現れるはずがない。
すると 侍女から「必要なのは大人の男とは限りません。若奥様は子どもを宿したことがあります」 と言われる。


周瑩は “私は疫病神”という思いから離れられない。
呉家のみんなに迷惑をかけたくない と思いつめる。
鄭氏に「呉家東院から出て行かせてください」と頼む。
すると 「わかったわ。でも一つ条件がある。跡継ぎがいないから 去る前に誰かを養子にして。その子に東院を任せられる。あなた自身が選ぶのよ」と言われる。



関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

号泣

趙白石と周瑩の義兄妹の契りに号泣~
星移の死に号泣~
周瑩の「私は疫病神」の言葉に号泣~
周瑩を心から心配する呉家の人々。周瑩は疫病神ではなく、命をかけても守ってあげたいと思わせる力を持っているのです。

スンリーさん、すごい美人ではないけれど、ホントに演技上手です!

呉漪の告白に驚き!
媚薬まで使っていたとはー
ようやく趙白石に心が届きましたね。
ああいう無垢な娘の無鉄砲が一番、怖いですね。

趙白石は群王の下に入り、内部から暴いていくのでしょうね。
星移は生きていると信じています!!!

それにしても脚本上手いです♡
人の心をなんと繊細に描くのでしょう。
ストーリーも穴がないです。

来月数話で終わりですね。
来月はこれ以外視聴済の番組ばかりで、この数話のためだけに契約するのも悔しいですが、ラスト見ない訳にはいかないでしょうねえ。

asaさん、こんにちは

今まででも周瑩にとって辛いことはたくさんありましたが、
今回が一番辛かったですね。

呉漪…
私も“媚薬”に驚きました。
ただ思い出してみると千紅に相談しているんですよね。
彼女ならアリかもしれません。
ほんと、無垢な娘の無鉄砲が一番怖い。
冷静に考えれば 周瑩だけでなく実家にも影響があることがわかるのに…
嫉妬心しかなかったんでしょうね。


> 趙白石は群王の下に入り、内部から暴いていくのでしょうね。

そうでしょうね。
沈沢と連携するのかなぁ と考えています。


> 星移は生きていると信じています!!!

そうであってほしいです。
やはり最後は周瑩と星移の笑顔を見たいです。


> それにしても脚本上手いです♡
> 人の心をなんと繊細に描くのでしょう。
> ストーリーも穴がないです。

そうですよね。
耐える感情と吐きだす感情とを上手くミックスさせているなぁと思います。
俳優さんの演技も素晴らしいです。


後番組が「ミーユエ」ですよね。
日本初放送を期待していたので残念でした。
残り数話のために契約は嫌ですよね。
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)
ダイイング・アンサー~法医秦明~

<視聴予定>

扶揺
神龍
蘭陵王妃

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング