FC2ブログ
2019/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>




三国志~司馬懿 軍師連盟~(大軍師司馬懿)(72)-(86)


72-74

曹爽は 司馬懿、柏霊筠に対抗して 生母を連れてくる。
皇太后に 嫌なら司馬懿を太傅にしろ と迫る(兵権を奪うということ)。

曹爽は 司馬懿を太傅に任命する詔を発し、
同時に 祝いの宴を開く。
その宴で司馬懿を殺すために兵を忍ばせる。
司馬懿は 詔を断ることも宴を断ることもできない。
宴に行くしかないのだ。

しかし 曹爽、何駙馬の計画は
夏候玄が 司馬懿を守ったため
失敗する。
ただ…
司馬昭に伏兵がいることを教えた何駙馬は 司馬昭の信頼をまた得ることに成功する。


司馬懿は 兵権を奪われることを見越して
私兵を育てていた。
以前 汲布に頼んだことは このことだったのだ。
現在の私兵は 300人。
司馬懿は 3000人に増やすつもり。
そして このことは 司馬懿と司馬師と汲布の3人しか知らない。


何駙馬は 司馬懿が私兵を養成していると疑う。
確かめるために…
まず 呉軍に包囲された城の救援に司馬懿を行かせる。
これには 高齢の司馬懿が行軍に疲れて死んでくれたらラッキー という気持ちもある。
次に 夏候玄に蜀を攻めさせる。
これは 司馬昭を出兵させるための作戦。
夏候玄だけでは“元司馬懿軍”は操れないから司馬昭を副将に と言って出兵させる。

司馬師は 司馬昭の出兵に賛成できなかったが、
司馬昭の気持ちを汲んで 出兵させることに。
ただ曹爽のそばでは心配と 汲布に反対されるが、
私兵30人に密かに司馬昭を守らせる。

曹爽は 司馬昭に駐屯地で待機させる。
そこに刺客を送りこむ作戦。
作戦は成功。
曹爽は 私兵の存在を確信。
目的は果たしたとして 退却する。

75-78

司馬師を尾行するが、
曹爽は 私兵の証拠を掴むことはできなかった。


曹爽と司馬懿の対立。
夏候徽にとっては 実家と婚家の対立。
その上 娘 柔が皇太后の実家 郭家に嫁ぐことが決まり
心労は増すばかり。
そんな時 司馬師の様子がおかしいことに気づく。
柔と3人で外出した時 司馬師が菓子売りの男から声をかけられ菓子を買ったのだ。
そして 帰宅すると 印がついた絵図を見ていた。

夏候徽は 司馬師が見ていた絵図の印の場所に行ってみる。
そこは 司馬懿の私兵の本拠地だった。
驚く夏候徽。
戻ろうとした瞬間 尾行していた男に拉致される。

尾行していたのは 司馬倫。
司馬倫は 司馬昭に報告。
司馬昭は 夏候徽に 「今も諦められない。一緒に逃げよう」と迫る。
しかし 拒否され 殺してしまう。
ここで驚くのが 司馬倫が司馬師の吊り紐を持っていたこと。
吊り紐を夏候徽に握らせる。

夏候徽が 司馬師の吊り紐を握っていたことで
司馬師が疑われる。
ここぞとばかりに曹爽は司馬師を拷問する。

張春華が ショックで倒れる。
以前から病を患っていたらしく
司馬懿は 医師から 助かる見込みはないと言われる。

司馬懿は 最期に司馬師に会わせたいと思う。
曹爽に 司馬師釈放を頼む。
兵権を手放すなど 考えられるすべてのことを譲歩。
しかし…
司馬師は釈放されるが、
最期を看取ることはできなかった。

79-81

司馬懿は 張春華の葬儀の最中倒れる。
病に倒れ 次第に老いていく。
誰もが再起不能と思ったが…
それは 偽りだった。
事…大望を果たすための偽りだった。

司馬懿が 伏せている間
曹爽は 我が世の春を謳歌。
権力を独占し まるで皇帝のよう。


曹爽は 皇帝を連れて 先帝の墓参りに出かけることに。
司馬懿の動向が気になり
何駙馬に 司馬昭に探りを入れさせ、
李勝に 司馬懿を見舞わせ、
司馬懿が病床に伏せていて反撃する様子はない と確信。
安心して 出かける。

が、
それが 司馬懿の反撃の合図だった。
司馬懿らは 一気に 洛陽を占拠する。


司馬懿は 曹爽の命をとるつもりはない。
罷免し兵権は剥奪するが爵位は奪うつもりはない。
今回の行動は簒奪でないから。

曹爽は 驚くほどに 腰抜けに。
妻子に会いたい~殺されないなら~
と 司馬懿に降伏する。

82-84

なんとも…
妻を亡くしたせいなのか…
今まで 受け身の人生、事を荒立てないように生きてきた。
それが一変。
権力奪取に動く。
しかも 実務を任せたのが 司馬昭と鐘会。
情に流されず 政敵を処刑していく。
本当に司馬懿の考えなのかと問いただせば
司馬懿の答えは「国法にのっとって」


司馬懿は 命は取らないと約束した。
しかし 司馬昭は 何駙馬を言いくるめて味方につけ、
曹爽らを尋問させる。
そして 曹爽らは謀反を企てたとして 斬首にすると決める。
当然 何駙馬も斬首。
国法にのっとって 一族も。
曹爽の3歳の息子も例外ではなかった。


夏候玄、王凌は 司馬懿のやり方に異を唱え 決起。
しかし 処刑される。

柏霊筠が 王凌の残党に殺され、
司馬孚が 司馬懿に賛成できず 去り、
司馬懿のそばには 候吉だけが残る。


司馬懿は 候吉から 小沅と結婚したい と言われる。

司馬倫は 母が亡くなって気がかりなことがあった。
あの時…夏候徽を拉致して帰りが遅くなった時…のことを
母が父に何か話していないか ということ。
小沅にそれとなく聞いた感じでは 話していないと思うが…

85-86

小沅が殺される。
殺したのは 司馬昭。
司馬懿は 夏候徽を殺したのも司馬昭なのだと気づく。
司馬昭に罰を与えようとする。(たぶん“死”)
ところが まさかの展開が…

司馬師が司馬昭を許したのだ。
妻よりは弟の方が…
死んだ人より生きている人の方が…
そして何より“司馬家の団結”が…
大事で 許すことにしたのだろうけど
この展開を許せないのは 愛する人を失った候吉。
気がおさまらない候吉は
亀“意馬”をさばいてつくったスープを 司馬懿に出す。(亀をさばいたのは嘘)


司馬懿は 候吉のために
小沅との結婚式を行う。
その翌日 候吉と2人で 意馬を放しに行くが、
その途中で 候吉は亡くなる。


関連記事
スポンサーサイト



web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
親愛なる判事様
ドクター・プリズナー

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>
  ~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~
神龍<シェンロン>(武道乾坤)
王朝の謀略(大明按察使之鉄血断案/鉄面御史)
花不棄(カフキ)-運命の姫と仮面の王子-(小女花不棄)

<視聴予定>
蘭陵王妃 レンタル、配信あり、9/~チャンネル銀河
千年のシンデレラ(結愛・千歳大人的初恋)
         ホームドラマチャンネル放送中
リーガルサービス~最大の利益(最佳利益)
         9/5~ホームドラマチャンネル
スィート・ドリームズ(一千零一夜) 10/2~レンタル
明蘭~才媛の春~(知否知否応是緑肥紅痩)
         10/~衛星劇場
悪との距離 10/15~衛星劇場
 
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング