FC2ブログ
2019/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>




アイテム あらすじ&感想





父が殺人の容疑者となり名前をかえて生きてきたカン・ゴン検事と
母をドリームワールドの火災で失ったシン・ソヨン プロファイラが
サイコパスと戦う話。

このサイコパス、金も権力もあって あらゆるところを牛耳って やりたい放題。
で、それだけで満足できずに
特殊な力をもつ“アイテム”を集めようとする。
その上 なぜかカン・ゴン検事を目の敵にして陥れようとする。


サイコパスが とにかく むなくそわるい!
演じているキム・ガンウさんは好きな俳優なんですが、
それでも イライラ。
こいつを見たくなくて 何度もリタイアしそうになりました。

一応ハッピーエンドで
“楽しめました”と書きたいところですが、
“気持ち悪かった” という思いが強く残っていて…
感想は
“サイコパスがとっても嫌な奴で 首を絞めたくなるくらい”


カン・ゴン検事の高校生時代を演じたキム・ヨンデくん、
今注目の俳優さんだそう。
カン・ドンウォンさんに似ているとか。
そう言われてみれば…
カン・ドンウォンさんの方が 数倍イケメン だと思うけど。


全32話(1話30分) 2019年 MBC

出演者 : 
カン・ゴン検事・・・チュ・ジフン
シン・ソヨン・・・チン・セヨン
シン捜査官(シン・ソヨン父)・・・イ・デヨン
神父・・・パク・ウォンサン
パン・ハクジェ・・・キム・ミンギョ
ハ・スンモク・・・ファン・ドンジュ
ダイン(カン・ゴン姪)
ソ・ヨハン刑事
チーム長
キム・テフン刑事・・・チェ・グォン

チョ・セファン会長・・・キム・ガンウ
ハン・ユナ検事・・・キム・ユリ
チョ・セファン会長の父・・・キム・ビョンギ

キム・ソンギュ・・・キム・ヨンデ

演出  : キム・ソンウク
脚本  : チョン・イド


 1-45-89-1213-1617-2021-2425-2829-32

1-4

何が何だかわからない
ドラマ題にもなっている“アイテム”は ブレスレットのことで
これを持っていると 超人的な力を出すことができるらしい。

元々このブレスレットを持っていたのはチョ・セファン会長。
で、服役中に盗まれ、
彼の念写によれば持っているのは 少女のカン・ダイン。
カン・ダインの叔父カン・ゴン検事は 以前 超人的な犯人と戦ったことがある。
その相手が コ・デス。
しかし 現在 コ・デスはブレスレットを持っていない。


カン・ゴン検事は 夢を見る。
駅で 危険だから離れろと叫び、線路に飛び降りる。
少女の写真を見て
空を見上げる。
すると 女性がビルの屋上から飛び降りる
そして やってくる電車を止めるかのように手を開いて腕を伸ばす。


カン・ゴン検事は
亡くなった兄の娘カン・ダインと暮らしている。
3年前チョ・セファン会長を 忖度せずに追いつめたため左遷。
3年経ち ソウル勤務となる。

ソウルで カン・ゴン検事の捜査官をしてくれるのが
以前と同じシン捜査官。

シン捜査官の娘シン・ソヨンは プロファイラー。
ナム・チョルスン失踪事件では チーム長と意見が合わず
1人で捜査。
遺体を発見する。

キム・ジェジュン判事が殺害される。
シン・ソヨンは ナム・チョルスン殺害に似た犯行手口と断定し、
連続殺人事件として扱うべきと主張。
また チーム長と対立してしまう。

キム・ジェジュン判事の口の中に 聖書をちぎった紙切れが押し込まれていた。
また 事件当日火の玉のような光を見た目撃者がいた。

5-8

ナム・チョルスン殺害でも 眼から聖書の切れ端が見つかっていた。
シン・ソヨンは
あと5つ殺人事件が起こり、次の事件は1週間のうちに起きる と考える。


コ・デスは ブレスレットを奪おうと カン・ゴン検事の家に行く。
ところが チョ・セファン会長の手下の男たちに襲われる。
その様子を目撃したカン・ゴン検事は 警察に連絡すると共に コ・デスを捕まえようとする。

チョ・セファン会長と手下たちは 警察のサイレンを聞いて撤収。
コ・デスは 何者か…連続殺人犯?…に襲われ、
コ・デスを追いかけていたカン・ゴン検事も襲われる。

コ・デスは一命をとりとめたのだが…
チョ・セファン会長に魂を抜かれる。


カン・ゴン検事の家に チョ・セファン会長が現れる。
ダインは一人で留守番をしていた。
ダインは コ・デスと同じ状態になる。

カン・ゴン検事は コ・デスとダインの腕に同じ印があると気づく。


ダインは VIP室に入院する。
カン・ゴン検事の後輩ハン・ユナ検事が 手配したことになっているが、
実はチョ・セファン会長の命令。


カン・ゴン検事に 殺人予告の電話がある。
被害者はイ・ハクジン弁護士 と。
急いで現場に向かうが 救えなかった。


カン・ゴン検事は ダヨンの鍵盤ハーモニカから ブレスレットを見つける。
ダヨンは このせいで狙われたのだと気づく。

9-12

チョ・セファン会長が ものすごーく嫌で…
好きな俳優キム・ガンウさんが演じているのにだけど 反吐がでるくらい見たくなくて
そういう設定なんだから 仕方がないじゃない
と思うんだけど
とにかく気持ち悪くて 見る気が…


カン・ゴン検事は シン・ソヨンに ブレスレットを見せる。
「ブレスレットを持った人間が超人的な力を持つという考えは正しい」と。
そして 試してみる。
カン・ゴン検事は 本当に 鉄の塊を持ちあげることができる。


ハン・ユナ検事は チョ・セファン会長の指示で
カン・ゴン検事を陥れようとする。
イ・ハクジン弁護士の爪からカン・ゴン検事のDNAが検出された
という鑑定結果から
カン・ゴン検事を連続殺人事件の容疑者として内密に捜査を始める。
捜査には ソヨンのチームがすることになったが、
ソヨンは 協力を拒否する。


カン・ゴン検事は コ・デスの友人で服役中のパン・ハクジェに面会する。
何も教えてもらえなかったが 産業廃棄物の倉庫でアイテムをもらえるとだけ教えてもらう。
ところが その捜査中に シン捜査官が拉致される。
カン・ゴン検事は シン捜査官を救出するが、
その時 犯人の男(チョ・セファン会長の部下のユ室長)から
「コ・デスは1時間以内に死ぬ。1週間以内にパン・ハクジェが持っているアイテムを持って来い。次に誰が死ぬかわかっているよな」と脅される。

カン・ゴン検事は すぐにコ・デスの病室の前に警察官を配置する。
しかし…
コ・デスは 誰にも危害を加えられなかったが 亡くなってしまう。


カン・ゴン検事は シン捜査官から驚くべきことを告白される。
特別な力をもったアイテムのことを知っていると。
「コ・デスとダインを植物人間にしたのは “アルバム”というアイテムのせい。
アルバムを開いてその人の名前を言うと魂が閉じ込められ 写真を破ると死ぬ。
以前使ったことがある。」と。
2人の会話をシン・ソヨンが聞いていた。

シン捜査官は あの事件…ソヨン母が亡くなった事件…以来 人を信じられなくなった 。
事件の被告人が全員無罪になったのだ。
アルバムは産業廃棄物の倉庫に捨てたらしい。
それを拾ったのが チョ・セファン会長 ということらしい。


カン・ゴン検事は チョ・セファン会長が黒幕だと気づく。
一方 ソヨンは 信頼している神父に疑いを持つようになる。


ユ・チョルチョ室長は チョ・セファン会長の指示で警察署に行く。
カン・ゴン検事が倉庫に勝手にはいり 部下たちに暴力を振るった と告発する。

カン・ゴン検事は 警察署から出たユ室長を尾行する。
ところがそれは罠だった。
追いつめられたユ室長が 銃で自殺しようとしたのだ。
止めようとしてもみあいにあり
ユ室長は 亡くなる。
ユ室長は チョ・セファン会長から 香水を嗅がされていた。

カン・ゴン検事は チョ・セファン会長と テレビ電話で話す。
チョ・セファン会長が ダヨンの写真を破る。
カン・ゴン検事は すぐにダヨンの病室に駆け付けるが…
ダインは 亡くなっていた。

13-16

拳銃から ユ室長とカン・ゴン検事の指紋が検出される
ハン・ユナ検事は カン・ゴン検事を逮捕しようとする。
しかし シン捜査官から ダインの葬式が終わるまで待ってほしい と懇願され
監視をつけるのみ にする。


チョ・セファン会長は パン・ハクジェに面会。
香水を吹きかける。
次に自宅に戻って念写。
ユ室長殺害現場に目撃者がいた と知る。


シン・ソヨンは目撃者を見つける。
シン捜査官からは ハン・ユナ検事に報告するように と言われた。
しかし ハン・ユナ検事を信じられず 検視官の家に保護する。

ところが…
事件現場付近の防犯カメラの映像が消され、
目撃者は チョ・セファン会長から香水を吹きかけられ 事故死。
カン・ゴン検事の無実を証明するものがなくなってしまう。


葬祭場で
カン・ゴン検事は ダインの声を聞いた気がする。
次に 鍵盤ハーモニカが突然鳴りだす。
まるでダインが弾いているように 鍵盤が押される。

ダインは 別の世界にいた。
互いの姿は見えないが、
ダインが「叔父さん」と呼ぶと
その声が カン・ゴン検事に聞こえ、
ダインが 鍵盤ハーモニカを演奏すると
葬祭場の鍵盤ハーモニカが鳴りだすのだ。

ダインは 別の世界で ピエロの格好をしたチョ・セファン会長の父に声をかけられる。


ダインの弔問に来たイ・ハンギル次長検事が 葬祭場のトイレで殺される。
犯人(神父)を追いかけるカン・ゴン検事。
犯人は カン・ゴン検事に
「キム・ソンギョ、ドリームワールド事件を起こした殺人鬼キム・テグの息子。
キム・テグは犯人ではない。
俺たちはまた会うだろう」と言って
立ち去る。


目撃者の検視結果が出る。
それによれば…
直接の死因は 頭部打撲。
ある疾患に罹っていたと思われる。
自分の意思ではなく勝手に体が動く疾患。
ユ室長も、自殺したとされているイ・ドンチョル警察官も 同じ疾患だった。
調べてみると 他に5年間で50件あった。
6か月間なかったが 最近また増え始めた。

6か月…チョ・セファン会長が服役していた期間。
シン・ソヨンは 患者のリストをもらう。
また パン・ハクジェに面会し、
“フリーダム”というヒントをもらう。


チョ・セファン会長は 警察庁長に泣きつかれる。
「あの事件を隠蔽した者が次々と死んでいく」と。
「僕が死んだら次は会長ですよ」と言われ、
花瓶で殴る。


ダインの葬儀が終わり…
カン・ゴン検事は 逃走する。
が、事故に遭い
チョ・セファン会長に ブレスレットを奪われる。

17-20

カン・ゴン検事は 通りかかった人に助けられる。
何と彼は カン・ゴン検事の手の甲にスタンプしただけ。
なのに 怪我が治ったのだ。

チョ・セファン会長は チョン刑事を脅して、
カン検事を追っている と電話させ
殺害する。

同僚をカン・ゴン検事に殺された とチーム長たちは必死。
カン・ゴン検事は 追いつめられるが、
神父に助けられる。


カン・ゴン検事は神父から
「ドリームワールドの真犯人は別にいます」と言われる。
「奴らがあなたの父親キム・テグを犯人に仕立てた。奴らの1人が許しを請いにきて知った。放火したのはチョ・セファン会長」と。

また「助けてくれるなら 持っているアイテムを渡す」と言われる。
「殺人を助ける代価としてダインを助けたいとは思わない ダインを殺した奴と仲間を逮捕して ダインを助けます」と断る。


チョン刑事の爪の中に 証拠が残されていた。
高級な糸。


シン・ソヨンは一人でチョ・セファン会長に会いに行く。
追いつめれば自白するのでは と思ったのだが
やはりそれは甘かった。
逆に首を絞められ脅される。
そして 念写した写真を見せられる。

シン・ソヨンは チーム長に 警察庁長とハン・ムンス平和日報会長の保護を訴える。


シン捜査官は カン・ゴン検事を助けた人を見つけ出す。
ハ・スンモク。
詳しく聞こうとするが 突然様子がおかしくなり 聞ける状況ではなかった。
彼の腕にはやけどの痕があり
もしかすると 彼もドリームワールドの被害者かもしれない。


シン・ソヨンは カン・ゴン検事に会う。
神父に助けられたこと、
神父が ドリームワールドの火災を隠蔽した人に復讐していること
を聞かされる。
また シン・ソヨンの同僚のソ・ハヨン刑事は 神父が変身した姿だった。(アイテム“指輪”)

カン・ゴン検事とシン・ソヨンは 神父を止めようとするが、
警察庁長とハン・ムンスは殺されてしまう。


チョ・セファン会長が パン・ハクジェを移送しようとしている。
そこで カン・ゴン検事たちは 移送中のパン・ハクジェを拉致する。

21-24

シン・ソヨンは 殺人を犯した神父を責める。
すると ある事実を聞かされる。
真実が隠蔽されている と。
チョ・セファン会長が真犯人で殺害した者たちはそれを知っていて隠蔽した。キム・テグは犯人ではなく犠牲者 と。
そして カン・ゴン検事から 自分はキム・テグの息子 と告白される。


ハン・ユナ検事あてに書類が届く。
シン・ソヨンが送ったもの。
司法解剖した中である疾患者のリスト。


ハン・ユナ検事は チョ・セファン会長から
カン・ゴン検事がキム・テグの息子だと世間に知らせろ と指示される。
現在の事件とは無関係だと断るが、
父親を人質に取られていては 発表するしかない。


ダインの鍵盤ハーモニカが鳴る。
ダインからのメッセージ。
ダインが作った“音階暗号”で解くことができる。
“わたしはここにいる”


カン・ゴン検事、シン・ソヨンは パン・ハクジェと一緒に
パン・ハクジェのアイテムを取りに行く。
しかし カン・ゴン検事は 神父が気になり 2人を降ろして戻る。

シン・ソヨンとパン・ハクジェは アイテムを手に入れる。
しかし チョ・セファン会長の手下たちが待っていた。
パン・ハクジェは アイテムの一つ“帽子”を被る。
それは透明人間になるものだった。
数人を倒した後 シン・ソヨンと一緒に逃走。
次に “コンパクト”で 追手を引き止め
トラックを盗んで 逃げる。

その頃 神父のもとにチョ・セファン会長が…
神父は 首を絞められ アイテムを奪われる。
カン・ゴン検事が到着するが、かなわない。
と リングをつけたチョ・セファン会長が突然いなくなってしまう。
そこに シン捜査官に説得されたハ・スンモクが来てくれ…
神父を助けてくれる。(ただし神父は意識不明)

カン・ゴン検事らは ハ・スンモクの知人の家に身を寄せる。


パン・ハクジェは シン・ソヨンに頼まれて チョ・セファン会長の家に忍び込む。
アイテムを盗む。
念写するポラロイド、アルバム。


ハン・ユナ検事は チョ・セファン会長から驚くことを聞かされる。
父がカン・ゴン検事の兄の事故の真実を黙っておく対価として 自分が心臓移植できた と。
真実は…チョ・セファン会長が事故を起こした。


チーム長は この一連の事件、ドリームワールドの火災、何かおかしい と思い始める。


アイテムは…
神父が殺人に使った レーザー光線を出すもの、
ソ・ハヨン刑事に変身する 指輪、
ライター
怪我を治療する スタンプ、
アルバム、
未来を念写する ポラロイドカメラ
人を操れる 香水、
超人的な力を出せる ブレスレット、
取り込んだものを複製する コンパクト、
透明人間になれる(時間制限アリ) 帽子
現在 10個。
それぞれに ドリームワールドで使われていたマークがついている。
カン・ゴン検事よれば マークは12個。
ということは アイテムも12個。

アイテムそれぞれに亡くなった人の想いが込められている と思われる。

25-28

ダインからメッセージが届く。
“地下鉄事故”“悪いおじさん、ここに来た”

チョ・セファン会長は どうやって行ったのだろうか…
シン・ソヨンは いくつかのアイテムを結合すれば行けるのかもしれない と考える。


チョ・セファン会長は 駅に多くの人を集めて地下鉄事故を起こしたら面白い と呆れる考えを持ち始める。


ポラロイドカメラから 写真が出てくる。
2日後地下鉄事故が起きると暗示していた。


シン捜査官は ガンを患い残り少ない命。
その命をダインを守ることに使おうと考える。
神父に頼んで アルバムの中に入る。
無事にダインに会え、
ダインにメッセージを轢いてもらう。
“お父さんは元気だ。愛してる”


シン・ソヨンは チーム長に訴える。
明日ソウルで大惨事が起きます と。
そして
今までの事件の犯人は カン・ゴン検事ではない。
特別な力のある“アイテム”を見つけようとしている者の仕業。
ソ・ハヨン刑事は ドリームワールドの火災で死亡している。しかし何者かがアイテムを使ってなりすましている。
(明日のチョンジン駅の写真を見せ)チョ・セファン会長が起こす
などと アイテムのこと、チョ・セファン会長のことを説明する。

チーム長は にわかに信じられない。
しかし チョ・セファン会長が明日タイムセールを開催して人を集めようとしていると知り
シン・ソヨンの話は本当かも と考え始める。


カン・ゴン検事は ハン・ユナ検事に会う。
アイテムのこと 地下鉄のことを話し、協力を求める。
すると 兄の事故のことを聞かされる。
「実はチョ・セファン会長が引き起こした事故。父は知っていながら私の心臓移植のために黙っていた」と。


シン・ソヨンは 拉致され
チョ・セファン会長に 香りを吹きかけられる
神父が来るが、殺害される。


チーム長は ソ・ハヨン刑事に呼び出される。
ところが そこにいたのは 操られたキム・デフン刑事。
突然襲われ デフン刑事を殺してしまう。
すると チョ・セファン会長の手下が現れ、
チョ・セファン会長に忠誠を誓わせられる。


カン・ゴン検事は シン・ソヨンの母の携帯電話にも何かしらの力がある と気づく。
アイテムと結合を試してみると…
アルバムと結合すると時間が止まる と知る。


カン・ゴン検事は チョ・セファン会長から ダインを返してほしければアイテムを持ってこいと要求される。
要求に応じることにする。
もちろん 素直に渡すつもりはない。
コンパクトで作った複製品を渡し、
アルバムと携帯電話で時間を止め、
チョ・セファン会長のブレスレットを奪って
逃げる。


チョ・セファン会長に操られたシン・ソヨンが カン・ゴン検事が地下鉄テロを行う と発表する。

ハン・ユナ検事は チーム長に テロはカン・ゴン検事ではなくチョ・セファン会長が起こす と連絡。
チーム長は 署員をチョ・セファン会長逮捕のために出動させる

ハ・スンモクは 知人の消防隊員にチョンジン駅に出動してほしい と頼む。


操られた地下鉄の運転手が猛スピードで逆走。
車内はパニックに。
カン・ゴン検事は 線路に降り 地下鉄を止めようと力をこめる。

操られたシン・ソヨンがビルから落下するが、
パン・ハクジェに助けられる。

カン・ゴン検事は 地下鉄を止めることに成功。
自力で逃がられる客は逃げるが…
脱線し横倒しになった車両からは 逃げ出そうにもできない。

29-32

乗客を皆救出したが…
神父と一緒に隠れ家に連れてきた女子が…
爆弾を巻かれて車両に括りつけられていた。
カン・ゴン検事は 女の子と一緒に残る。
と、シン・ソヨンが カン・ゴン検事にコンパクトを向ける。


チョ・セファン会長は 自分の仕業ではない と記者会見を開く。
堂々とした態度をとるが…

チョ・セファン会長の父の死が公表され
会社を息子ではなく経営専門の者に任せると遺書を残していたと明らかになる。
また チョ・セファン会長の拘束令状が請求される。
チョ・セファン会長は チーム長らを殺害した後
カン・ゴン検事らを殺そうとするが、
逮捕される。


カン・ゴン検事は アイテムを持って ダインを捜しに行く。
2人で戻るはずだったが…

カン・ゴン検事は 高校生の時に戻り 父との時間を過ごす。
カン・ゴン検事の願いは…たぶんこれだったのだろう…

一方 ダインは 元の世界に戻り 遊園地の中にいた。
シン・ソヨンと一緒に暮らし始める。


チョ・セファン会長の公判。
反省したかのような態度で謝罪。
幼い頃父親から虐待が会ったことを告白し、同情を誘う。
そして 死刑も受け入れると言う。

チョ・セファン会長…
まったく 演技はうまいし、
金があるから協力する奴がまだいるし、
拘置所も VIP室だし、


チョ・セファン会長の首つり遺体が発見される。
“アイテム”で拘置所に忍び込んだ女の仕業?
遺体は本当にチョ・セファン会長?


スポンサーサイト



web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
検法男女2
チョン・ヤギョン李氏朝鮮王朝の事件簿
ボイス3

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~
神龍<シェンロン>(武道乾坤)
王朝の謀略(大明按察使之鉄血断案/鉄面御史)
花不棄(カフキ)
  -運命の姫と仮面の王子-(小女花不棄)
蘭陵王妃~王と皇帝に愛された女~
リーガルサービス~最大の利益(最佳利益)
千年のシンデレラ(結愛・千歳大人的初恋)
悪との距離(我們與悪的距離)
スィート・ドリームズ(一千零一夜)

<視聴予定>
KILL IT 10/27~KNTV
ザ・バンカー 11/1~KNTV
ただひとつの愛 11/9~KNTV
ウェルカム2ライフ 11/21~衛星劇場
君の歌を聴かせて 12/18~衛星劇場
WATCHER<ウォッチャー>

明蘭~才媛の春~(知否知否応是緑肥紅痩)
         10/~衛星劇場
大唐見聞録 皇国への使者(唐磚)
         11/~チャンネル銀河
 
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング