FC2ブログ
2019/02
<<01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>




大~韓民国の弁護士 あらすじ&感想



大韓民国弁護士 [DVD] 【送料無料】

大韓民国弁護士 [DVD] 【送料無料】
価格:21,000円(税込、送料込)



全16話 2008年 MBC

出演者 : ハン・ミングク(デハン運用会社代表)・・・イ・ソンジェ
       ウ・イギョン・・・イ・スギョン
       イ・エリ(ミングク元妻、イギョン友人)・・・ハン・ウンジョン
       ピョン・ヒョク・・・リュ・スヨン

       オ・リュドン(ミングク秘書)・・・ソン・ドンイル
       コ・ギョンヒ(ミングク母)・・・パク・ウォンスク
       オ・オッキ(イギョン弁護士事務所所長)・・・イム・イェジン
       オ・ソゴ(イギョン父)・・・イ・ヒド
       ペ・スジン(芸能部記者)・・・カン・ソンジン
       カメラマン(スジン同僚)・・・イ・ゴンジュ
       ムン・テピョ(マネージメント会社社長)・・・チョン・ウンピョ
       チェ・ゴス(テボ法律事務所代表)・・・イ・ホジェ
       オ・ヨンタク(テボ法律事務所弁護士)・・・チョン・ホグン
       チェ代表の秘書・・・イ・セナ
       トンケ(コーヒーショップ)・・・チョン・ジュノン
       チョン・イマン(中華料理店配達員)・・・キム・ビョンマン
       (ソゴを逮捕した)刑事・・・ユ・ヒョングァン
       (デハン運用会社 本部長)・・・パク・ヨンギ
       不動産屋のおばさん・・・シン・シネ
       不動産屋の客・・・ウォン・ジョンネ
       校長・・・キム・ソンギョム


演出  : ユン・ジェムン
脚本  : ソ・スクヒャン

 12345678910111213-141516

1

6年前、イギョンはデポ法律事務所で経理の仕事をし、
同じ事務所の弁護士ヒョクと同棲中だった。

ところが彼はアメリカに行ってしまう。
イギョンは猛勉強の末 弁護士になり、今は小さな事務所を開いている。
依頼人が来ないから 開店休業状態。

運用会社の代表ミングクとイギョンの友人の女優エリが離婚することに。
結婚生活は6年間。
イギョンはその間の財産分与の訴訟を起こすことに。
担当弁護士は アメリカから帰国したヒョク。

ヒョクは帰国後 同棲していたイギョンの家に。
ヒョクは 「結婚しよう」「愛している」 と言って 家に入ろうとする。
イギョンは追い出そうとする。
でも…家の鍵はそのまま。携帯の電話番号もそのまま。
それって ヒョクを待っていたってことよね。

イギョンに訴訟をおこされたミングクは弁護士を捜すが 誰も引き受けてくれない。
その彼がイギョンに「弁護士を引き受けてくれ」と頼む。


ということで…楽しくなりそうな予感。
苦手のイ・スギョン、このドラマでは大丈夫そう。

2

イギョンはエリの友人だから引き受けられないと断る。
だけど…イギョンはお金に困っているのよね…

事務所の家賃は滞納中。
やっかいものの父は また問題を起こし 留置所に。
銀行に借金を頼んでも無理。
担保になりそうな自宅は…実はヒョクの名義。

見透かすようにミングクはお金いりの弁当箱を持ってくる。
オッキは引き受けるように言うけれど…
イギョンも心を動かされるけれど…

やっぱり断ろうと弁当箱を持ってミングクの会社に行く。
ところが…
倒れたリュドンを背負って 待ち構えている記者たちのまえに飛び出したミングクが
記者に質問攻めにあっているのを見て
つい 「これからは 弁護士である私に質問してください」と言ってしまう。

ヒョクはまだイギョンが好き。
で、イギョンも自分のことを待っていてくれていると信じていた(勘違いしていた)
イギョンは…
ヒョクには 恨んでいたみたいなことを言っていたけれど 本心はどうかなぁ…

あと…エリとミングクの離婚理由は何? エリがもっている書類って何?
エリは一千億相当の映画館を要求。
過去に何かあったんだろうなぁ。ミングクが知らないか 忘れてしまったことが。

ミングクの会社ビルの前で 移動コーヒショップを開いているトンケ役の人が気になり 調べたら…
オム・ジョンファの恋人と噂されているそうで…
“ふ~ん、私の好みじゃないけどね”

3

イギョンは勢いで引き受けたものの やっぱり断ってしまう。
でも…金はいる…

ミングクの方は
母が優秀な弁護士を連れてくるけれど 断わってしまう。
やはりイギョンに引き受けてほしいようで…

イギョンはミングクから
着手金を返すか 着手金分働け と言われ 引き受けることに。

ミングクに結婚生活を聞いてみると
出るわ出るわ たくさんの離婚理由。
離婚されて当然なのよ。

エリが仕事をしたいと言えば 「小銭を稼いでどうする」と言う。
浮気する。
流産をしたエリをなじる。

話を聞いているうちに イギョンはエリの擁護をしてしまう。
ほんと、こんな男、金持ちでも お断りしたいわ。
イギョンはミングクの弁護できる部分を見つけられるのかしら。

イギョンは エリの弁護士がヒョクだと知り、ヒョクをマンションの屋上に呼び出す。
ヒョクはイギョンに断わるように言うが イギョンは断わるつもりはない。
どちらも引く気はないから 同居していることを内緒にすることで弁護することに。

そのころエリが訪ねて来て…
そこに どうしても聞きたいことがあると言って ミングクも来て…
イギョンとヒョク、一緒に屋上から降りてきたら まずいんじゃないの~


ヒョクの事務所の先輩弁護士ヨンタク、考えないようにしても 「ニューハート」のヨンギュを思い出してしまう~ どっちも嫌な奴~

4

“ここがいいのよ~”というのは ないんだけど… はまってます。
ミングクが適度に壊れているのがいいです。
まぁ~リュ・スヨンが好きだから 彼の笑顔が見れば満足なんですけどね。


屋上で4人が鉢合わせ~ にはなりませんでした~
で、ミングクが どうしても聞きたいことってなんだったの?
神経質で潔癖症のミングクが 理解不能な行動をしている。
ってことは イギョンを好きになってきたのかな?

ミングクは 事務所の扇風機が壊れているのを知って
会社の受付の女の子が使っている扇風機を 夜中にこっそり玄関の前に置いてくる。
優しいじゃない と思ったんだけど…
“金持ちなら新品を買いなさいよ~ せこいわ~”

ヒョクは イギョンに 花と女神のストラップをプレゼント。
やっぱり好きなのよね?

イギョン事務所は家賃滞納で 追い出されてしまう。
そこで ミングクが(正確には秘書リュドンが) 会社のビルの一室を提供することに。

イギョンが校長先生に頼まれた件で ミレ学院(実態はヤクザ)が乗り込んでくる。
駐車場で会うことにし、ミングクに 「5分経って 戻って来なかったら来て」と頼む。
ミングクは来てくれたけど…
金はあっても 力がないようで…
援軍が駆け付けてくれたから 乱闘は収まるんだけど…
どさくさに紛れて ミングクはイギョンに 「可愛い」と告白。どうしちゃったの~

イギョンはヒョクに 「情などに流されないように 目をつぶって 公正に考えた方がいい」とアドバイスを受けたから
ミングクからの難題に 目をつぶって考える。 ミングクのことを友達と離婚した嫌な奴 と思わないように。
ところが ミングクはその顔が可愛いと思うようで…
三角関係に発展?

5

やっぱり…まだ…エリはミングクが好きなのね。
なのに どうして 離婚を言い出したのかしら?
つい 言ってしまったら 本当に離婚することになって 後に引けなくなってしまった とか?

エリがギョンヒと交わした書類はなんだろう?
エリには謎が多いわ~

ミングクもエリを愛しているようだけど…
イギョンに傾き始めたのかしら?
気になって仕方がない様子。

ヒョクはもちろんイギョンと結婚するつもり。
イギョンがやくざに襲われ 病院にいることを知らないから 外泊して カンカン。

エリに事情を聞いて 一緒にお見舞いに。
イギョンとミングクが同じ病室にいて 嫉妬。
イギョンがプレゼントしたストラップをつけていて にっこり。
イギョンと話して 楽しい。

夜 家にひとりは寂しくて イギョンの部屋をのぞいてみる。
2人の懐かしい写真をみて 嬉しい。
以前の携帯に 同棲していた頃のメールが残っていて 気恥ずかしい。

そーんなに好きなのに どうして 勝手にアメリカに行ってしまったのよ~

エリとヒョクはイギョンを訪ねる。
ミングクと屋上にいると聞き 行ってみると…
ミングクとイギョンはじゃれ合っている最中(本人たちはそうは思っていないだろうけど 誰が見てもじゃれ合っている)
怒ったヒョクはイギョンの腕を掴んで引っ張る。
でもミングクは 「俺の弁護士だ」と言って離さない。

いやぁ~ 離したくないのはわかるけど 俺の弁護士だけど俺の彼女じゃないでしょう。
腕を離さないのは変よ~
(私はヒョクを応援してます)

6

う~~~~
この回はなんだったの~

エリがギョンヒと交わした覚書の中身って
芸能界を辞めること。芸能界の人とは付き合わない。男の子を含めて2人以上子供を産むこと。離婚するときは養育権を放棄する。慰謝料は一切もらわない
というもの。

イギョンによると 法的効力はないらしい。
エリはミングクに知られるのを嫌がったけれど ヒョクが内緒でミングクに知らせる。


…ってことが明らかになっただけで…
4人の気持ちには変化なし。
元鞘に戻ればいいじゃない~

最後にミングクのイギョンに対する態度が冷たくなって…
可愛さあまって憎さ百倍 なのかなぁ~ わからん!

そうそうヒョクとイギョンの同棲がヨンタクにばれたみたい。
嫌な人にばれちゃったわ。

7

エリとミングクはキスをするのか~
ってとこで終わりましたが…
してもしなくても どっちにしても そう簡単によりは戻らないみたいね。

例の念書が記者スジンあてにファックスされる。
エリはイギョンの仕業だとヒョクと一緒に抗議に行く。
イギョンの話など聞かない。 思い込んでいる。

差出番号からイギョンに間違いないと思っているようだけど
普通に考えてミングク母が一番怪しいじゃない。

ミングクが来て とりあえずエリをなだめる。
イギョンに「大丈夫か」と声をかけたヒョクに対抗して ミングクも「大丈夫か」と声をかける。
そして みんなに食事に行こうと誘う。

とにかく ミングクの行動は???
株しか知らない人なのよね。
以前にイギョンから 喧嘩した時には一緒に肉を食べて焼酎を飲むのがいいと言われたから そっくりに真似して・・・アホ~

ミングクは酔ったエリを送り、ベッドに運ぶ。
帰ろうとしたら エリにつかまれて… キスするの?

エリは結婚式のビデオを見ているから まだ好きなのかなぁ~

イギョンは ヒョクと同居している件で ヒョクの弁護士事務所のボスに 弁護をやめるように言われてしまう。
イギョンは断わり ヒョクは自分がやめると言い出したから 黙認することに。

イギョンが以前勤めていたからって 今は関係ない人に言われたくないわよ。
それならヒョクを辞めさせたらいいのよ。 他に弁護士がいっぱいいるじゃない。

4人で仲直りの酒を飲んだあと
ミングクがエリを送って行ったから ヒョクがイギョンを送ることに。
後ろには泥酔して寝ているリュドン。
寝ているはずのリュドンが起きていて 2人の会話を聞いてしまう。
ヒョクがインギョンの肩に手をまわし 「好きだ~」なんて言っているのを。

ミングクにばれるわよね。
離婚と三角関係と… ややこしいことに。

8

朝 ミングクはベッドの上で目覚める。
キスはしなかったみたいね。 「眠るまでいて~」ってことで そのまま眠ってしまったということらしい。

エリの玄関前には記者が詰め掛けている。
そうとは知らず ミングクはリュドンが迎えに来たと 玄関を開けてしまい…

エリはミングクを愛している。
仲直りしたらいいのに。
ミングクが過去の何かを思い出して謝罪するのを待っているようだけど…それって何?

リュドンはオッキに ヒョクとイギョンの関係を問いただす。
オッキは“デート”でごまかそうとする。
そこに オッキを好きなヨンタクが来て… 「そいつは誰だ~」と揉めだす。

ミングクが仲裁し どんな関係かと聞くと
リュドンが「三角関係」と答え
オッキは “自分はリュドンを好きで、ヨンタクは私を好き”と答えてしまう。
リュドンは勘違いしたまま…
そのまま…食事にカラオケに。
オッキ、御苦労さま。

翌日 イギョンはオッキから話を聞いて ミングクに告白しようとするけれど…できない。
もう~どうするのよ~ばれちゃうじゃない~
はい、意地悪男登場。昨日の一件で怒っているヨンタク、
ミングクにメールを
“ピョン弁護士とウ弁護士は同居中です”

確かめに行くミングク。
イギョンは豆腐チゲを作り、ヒョクは豆腐を買って帰宅。
玄関にはミングクが~

「幸せそうだ。俺のおかげで楽しんだろ」と言うミングク…
やっぱり弁護士解任よね。

9

イギョンはミングクが好きなのね。
ミングクは 一緒に暮らしていると知って 怒ったけれど
翌日には少し冷静になる。事務所に行き、“元恋人同士が家をめぐって対立している”と知る。
もう少し冷静になると イギョンが事情を話そうとしていたことを思い出す。

ミングクもイギョンを好きなのよね。
イギョンに弁護士を辞めろとは言わない。

そして ミングクは賭けに出る。
エレベーターの前。
「YesかNoで答えてほしい。弁護人がこうでも弁護を続けられるか?Yesなら乗って、Noなら降りてくれ」
もちろんインギョンは乗り込む。

「先生も俺が好きか?」
答えないまま エレベーターは1階に。
しかしヒョクとスジンが乗り込んで来てしまう。

イギョンに話があるという2人。
ミングクがイギョンに行先階数を聞くと イギョンは「Yes」と答える。
ミングクが何を言ってもYes

あの…それって…ヒョクはふられちゃったの?
ミングクとイギョンの間で 間抜けな顔をしているヒョクが可哀そうだったわ。

イギョンが古い携帯を持っているのは ヒョクとの思い出が残っているからではないみたいね。
携帯に何が残っていたのかしら。

10

ヒョクとイギョンは食事に。
ヒョクが持ち出したイギョンの古い携帯はチゲの中へ。

ヒョクがアメリカに行く前に残した留守電を保存していたのね。
あんな別れ方じゃ… ヒョクを恨むわよ。それにちゃんと「家はお前にやる」と言ってるじゃない。
ヒョクは本心ではなかったようだけど 恨まれて当然。

スジンはエレベーターの件から ミングクとイギョンの仲を怪しみはじめる。
2人が会社近くの公園でデートをしているのを目撃。
決定的シーンを写真に撮ろうとするが撮れない。

ところが翌日別の新聞社に抜かれてしまう。
“ミングク、担当弁護士と密会。エリ、友人に夫をとられる”

その記事を見たエリは 裁判である書類を提出することに。
それは ミングク母に念書を書かされたあと エリが新婚生活を夢見て書いた婚前契約書。
もちろん ミングクのサインもある。
そこには 結婚後築いた財産は共同名義でも半分にすると書かれていた。

エリは離婚したいの?よりを戻したいの?
まだミングクに未練があるのよね…
多額の慰謝料を要求すれば 離婚をやめると思ったの?まさかね。

理解できないのは ミングクとイギョンの記事が出て ミングクたちに卵を投げつける人たち。
ミングクの会社に問題があるのなら 理解できる。でも個人的なことには…

11

ヒョクは 6年前の留守電は “嫌いになったフリ”と言うけれど
フリでもなんでも あんな風に言われたら ショックで忘れるしかないじゃない。
突然姿を消したのには理由があったようだけど…だからって…
プロポーズした相手に 理由ぐらい言ってから行きなさいよ!

エリはミングクに未練たっぷり。

ミングクとイギョンはラブラブ。


リュ・スヨンが好きで… (ヒョクには少々頭にきてるけど)
ミングクが人間らしくなってきても やっぱり嫌いで…(あくまでも ミングクです)
ミングクの“YES”の告白より ヒョクのプロポーズの方が好き。
なので、イギョンとミングクが仲いいのが不満な私…

12

エリに振り回されて とっても嫌~

エリはイギョンに ミングクが好きだと告白する。
だったら 離婚するなよ!
「離婚を言い出したら振り向いてくれると思ってた」
はぁ?何それ。子供じゃないんだからさぁ、少しは考えなさいよ。

そんなことで訴訟を起こされたミングクも、
エリの弁護士のヒョクも、
ミングクの弁護士になって ミングクを好きになって、でもエリがまだ好きだと知って 身を引こうとするイギョンも、
みんな 振り回され、ひっかきまわされて可哀そう。

イギョンはミングクにエリと話し合うように言う。
判事が提示した500億。 話し合いがうまくいけば 下がる可能性もある。
けれど うまくいかなければ もっと高額を言い渡されることになる。

けれどミングクはエリとは話し合わなかった。
金よりも すべてを失うことよりも イギョンを失ってしまうのが怖かったから。

500億の財産分与と1億の慰謝料の判決が言い渡された後、
ミングクは マンションを出たイギョンのために用意した屋根部屋に行く。
イギョンも 同じ部屋に。2人は寄り添って寝る。


今回もヒョクは 6年前にいなくなった理由をイギョンに言えず…
ヒョクはまだイギョンを愛していて きっと理由を知ったら同情できるようなことだろうけど
でも イギョンはもうヒョクのところには戻らないわね。

去る方は “愛しているから言わなかった” でも
去られる方は “愛しているなら言ってほしかった”なのよね。

13-14

ミングクはエリに
「慰謝料を投資してほしい。3年間 イギョンにもエリにも会わず 仕事だけをして立て直すつもりだ。3年後の今日 ここで会おう」と頼む。

総会でエリが会員になり 慰謝料を投資することを発表。
会社は落ち着きそう。

ヒョクが6年前に去った理由。
父への肝臓移植、手術費と弟の学費のために多額の借金。それにイギョンを巻き込みたくなかった。

そのことと 今の気持ち “今なら俺の心臓もやれる。金なんて怖くない。恋しかった”
を 酔いにまかせて(たぶん、酔ったふり)携帯に録音する。

でも イギョンはそれを聞かないし、
ヒョクも6年前のことを持ち出して よりを戻そうとは思わない。

インギョンは会社に行き、ミングクにキス。
「続きは今度」 と言って帰る。
“今度につなげるのが大変なんだ~”とミングクは インギョンの家に行き、
2人はキスをする。


ここは 胸キュン になるところなんでしょうが…
ちっともなりません。
なので 正直面白くありません。

エリは離婚騒動で何をしたかったのか…
離婚を言い出せば ミングクが振り向いてくれると思ったら あっさりとOK。
そこで 高額な慰謝料を要求。
結局 勝訴したけれど ミングクの気持ちは 友人のイギョンにいってしまった。
冷静にしているけれど ショックだろうなぁ… だから イギョンに 「あなたの結婚式の付添いはできない」って 言ったのよね。

ミングクはエリと “イギョンとは3年会わない” と約束したけれど…
イギョンにはどう話すつもりなのかしら。
勝手にいなくなったら インギョンはヒョクのこともあるから またショックだろうなぁ。

15

イギョンもヒョクが6年前に去った理由を知る。
ヒョクに同情するが、
今、イギョンの心はミングクに向かっている。
帰国した時に イギョンにすべてを話していたら イギョンとやり直せたのに。

ミングクはファンドの売れ行きが悪く 社長を辞めることに。
イギョンにプロポーズするが、イギョンは答えを5日間保留する。

イギョンはその間に ヒョクとのことを整理。
ヒョクはアメリカに。

ミングクは イギョンには何も告げず 中国に。

1年後 ミングクは中国から帰国。


… 私… このドラマダメです。やっぱり…
何がダメなのか、自分でもわからないんですよね。
たぶん ミングクかなぁ~
金が一番だった男が イギョンと出会い 変っていく。
思いやる気持ちもあるし、悪い人ではないけれど…
ミングクがダメです。

16

ミングクは中国に立つ前に
3年後にはイギョンと結婚するつもりで 招待状を記者スジンに渡していた。

1年後、スジンはその招待状をイギョンに手渡す。
イギョンが出席した友人の招待状の新郎新婦の名前をミングクとイギョンの名前に書き直した招待状。
イギョンはミングクに会いに行き
「これから2年間は恋愛しましょう」とキスをする。 おしまい。

ミングクが考えた3年というのは 4人が落ち着くまでの時間。
ヒョクとイギョンは イギョンの裁判のためにヒョクが帰国して手伝うほど良好。
ヒョクとエリは問題なし。
ミングクとエリも 大丈夫そう。
イギョンとエリは?描かれてなかったけれど… 本当に親友なの?って感じだったから 連絡とっていなくても 問題ないのかな?


… ミングクが嫌なので…

関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
ライフ
客:The Guest
ボイス2
ラブリー・ホラブリー
ナインルーム
魔性<マソン>の喜び

三国志~司馬懿 軍師連盟
鳳凰の飛翔(天盛長歌)
三国志 Secret of Three Kingdoms
如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
バーニング・アイス-無証之罪-

<視聴予定>
皇后の品格
ロマンスは別冊付録(ROMANCE IS A BOUNUS BOOK)

恋愛動物
カンブリア紀
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
独狐伽羅~皇后の願い~
千年のシンデレラ~Love in the Moonlight


わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング