FC2ブログ
2019/02
<<01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>




どなたですか? あらすじ&感想





全17話 2008年 MBC

出演者 : チャ・スンヒョ・・・ユン・ゲサン
       ソン・ヨンイン・・・アラ

       ソン・イルゴン(ヨンイン父)・・・カン・ナムギル
       シン・ジェハ・・・チン・イハン
       キム・ヨンエ(イルゴン恋人)・・・パク・チヨン
       ヤン・ジスク(ヨンイン友人)・・・イ・ミンジョン
       クォン・ヨンドク(ヨンイン友人)・・・イオン
       チャン・ドンゴン(ヨンイン恋人)・・・ペク・チョンミン
       ユン・ハヨン(ジェハ恋人)・・・キム・ソンウン
       ヨ・ジウォン(スンヒョ秘書)・・・アン・ソニョン
       葬儀屋・・・クォン・ヘヒョ
       キム会長・・・キム・ソンギョム
       案内人・・・ユン・ジュサン


演出  : シン・ヒョンチャン、ノ・ジョンチャン
脚本  : ペ・ユミ

 1234567891011121314151617

1

借金取りに追われるダメ父親イルゴンが亡くなる。
娘ヨンインは突然のことで受け止められない。
警察から 「遺書があったので自殺のようです」と言われても 納得できない。

納得できないのは死んだイルゴンも同じこと。
自分が死んだとは分からず 病院内をうろうろ。
自分の葬儀場に来てしまう。

納得しないまま イルゴンは案内人に連れられ あの世へと歩く。
“やっぱり納得できない”と 戻り
たった今 医師から 「もう意識は戻らない」と宣告されたスンヒョの体に 入り込むことに。

意識の戻ったスンヒョはベッドから起き上がり 奇妙なしぐさをはじめる。

スンヒョは冷血な男。
薬を持参し 自殺覚悟で直談判にきた人に水を差しだすほどの 冷酷さ。
まぁ 脅しよね。本当に自殺するつもりならこんなことはしないはず。
ついでに潔癖症。
こんな男に お世辞にも綺麗好きとは言えない男が乗り移ったら…


娘を思うイルゴンがスンヒョの体を借りて 世話を焼き、
そのうちに 冷血な男スンヒョが人間らしくなっていく。
って ところでしょうか。

ジェハ役のチン・イハン、どこかで見たけど何に出てたっけ? と探したら
「漢城別曲―正」に出演していましたね。 時代劇とは顔が…
で、「いいかげんな興信所」に出演されていたようで… まったく覚えが…ない

2

何?イルゴンは殺されたってこと?
だから 遺書があるのね。
そりゃぁ 死に切れないわね。
でも…殺す理由は? 保険金で借金返済? 別のこと?

「まだ死にたくない。娘の卒業式に花束を渡したい」と案内人に頼みこみ、
1日3時間のみスンヒョの体を借りれることに。

借りたのはいいけど スンヒョのことを 何にも知らないイルゴン、
目覚めたスンヒョは とても間抜け。

卒業式の日。
スンヒョの体を借りたイルゴンは卒業式に。
「お父さんだ~」なんて言っても 変態に思われてしまう。
それでも 約束していた冷麺を一緒に食べて 満足。

ヨンインはジェハに葬式代を返すために 美術館に会いに行く。
ちょうど美術館ではパーティが行われている。
ジェハに誘われ 会場に行くと 卒業式に来ていた“変態おじさん”がスーツを着て そこにいる。

ヨンインはスンヒョを 変態扱いするが
スンヒョは 今 “冷血スンヒョ”だからヨンインのことは知らない。


イルゴンは元画家。
ジェハはその絵を捜している様子。そのためにヨンインに近づいたのよね。
高値で売れるようだけど… それなら何故イルゴンは売って借金返済をしなかったのかしら?
イルゴンは売れるとは思わなかったのかしら。

3

ヨンインはスンヒョを “変態おじさん”と思い込んでいて
スンヒョはヨンインを全く知らないから
話がかみ合わない。
どころか 喧嘩。

スンヒョは孤児だったのね。
世間ではみんなが知っていることらしい。
…でも…実の親のことは知らないのかなぁ…
実の親の方は息子が有名な企業ハンターになっているのは知っている様子。

イルゴンは “俺はスンヒョじゃない~”と叫んだ罰で 1日乗り移れなくて
待ちに待った乗り移れる日。

喧嘩して辞表を出した秘書の辞表を撤回し
会議を取り消して
(イルゴン)自宅に
洗濯物をいれて たたんで…
スンヒョの格好をして 洗濯物を畳んでいたら また“変態おじさん”扱いだよ~

スンヒョはイルゴンが描いた絵を買うことに。 後で関係してくるのかなぁ~


“この世に思いを残した主人公が 他人の体に乗り移って思いを伝える”ドラマ、
「ドリーム☆アゲイン」「君のためにできること」(たぶんこんな題名)が浮かびますね。
「君のためにできること」は忘れちゃって、「ドリーム☆アゲイン」は真剣に観ていませんでしたが。

4

シャワーを浴びて出てきたら “変態おじさん”が下着をたたんでいて
“可愛い子犬ちゃん、どの下着にする?”なんて言われたら…
いやぁ~ それはもう~ 気持ち悪いでしょう~

秘書がヨンインに 事故のせいでおかしくなったと説明。
「言う通りにしてほしい」と頼まれたから ショッピングにつきあうことに。

イルゴンは卒業式が終わったら靴、洋服を買ってあげると約束していたから その約束を果たしにきた。
それはいいけど 買いすぎ!限度があるでしょう。スンヒョが金持ちだからって他人の金なのに。

ところがヨンインを乗せて デパートからの帰宅途中に イルゴンからスンヒョに戻ったから大変。
ヨンインは車から降ろされ デパートで買ったものも没収。

イルゴンの借金は イルゴンが死んだから返さなくていいんじゃないの?
???
ヨンインは借金取り2人に 返済を迫られ 襲われる。


イルゴンは金持ちに乗りうつるんだから 借金を返済する方法を考えたら?
ヨンインとの約束を果たしたいんだろうけど
借金を何とかするのが ヨンインにとって一番いいことだと思うけどなぁ

ヨンインはイルゴンが乗りうつったスンヒョと一緒にいると イルゴンを思い出す。
いつか気づく日がくるのかしら。

5

イルゴン、
ヨンインにまた洋服?
案内人に 「49日の中の7日が過ぎた。生きるためではなく死ぬために戻った」って言われたじゃないの。
4月15日になって 所有権が戻って 絵が売れれば借金が返せるんでしょう。
それなら なんとかしなさいよ。
ヨンインがどんなに辛い思いをしているか わからないの!
と イライラ。

イルゴンは自分の絵が高額で売れたことを知る。
“金の座布団に座った途端に自殺” はおかしい。 死んだ時の記憶はないし、案内人は自分が消したと言う。
のりうつっている時間を真相究明に使ってくれるといいんだけどなぁ…

スンヒョは自分がおかしな行動をすることに疑問をもちはじめる。
ヨンインのことを調べることに。

ジェハはイルゴンの絵で 期限が切れる前に 一儲けしようと思っている(たぶん)
イルゴンの遺書を探そうと 再びヨンインに近づく。
ヨンインはジェハの家に住むことに。

6

イルゴンは真相究明しちゃいけないの?
案内人の話によると そんな感じなんだけど…
それなら 誰が真相究明するのかしら。

(スンヒョにのりうつった)イルゴンは友人を訪ねる。
絵はここに隠していたのね。
“ヨンイン以外には渡さない”という約束を確認したかったみたいね。

ヨンエはスンヒョからイルゴンが自殺だったことを聞き ヨンインに連絡をする。
ヨンエは自殺するはずがないと言い、
ヨンインは遺書があったから自殺だと言う。
ところが その遺書、実は以前入院した時に書かれたものだった。

父一人、子一人だから 突然の時に備えて 伝えておきたいことを書いていた方がいい と
ヨンエ立ち会いで書いたものだった。
内容はヨンインしか読んではいけないと ヨンエも知らない。

その遺書は…
スンヒョにのりうつったイルゴンが家から持ち出し、背広のポケットに。
それがクリーニング店に行き、ポケットに入っていましたとスンヒョの元に戻ってきていた。

スンヒョはそれが何か分からないまま読み始め…
イルゴンがヨンインにあてたものだとわかる。
イルゴンも自分と同じ孤児だった。
最後に“4月15日を過ぎてパパの友人から連絡があったら 暖かい日にまた会おう”と書かれていた。

スンヒョはハヨンに会いに美術館に向かう。
ヨンインは父の事故現場に向かう。
2人は父の事故現場で出会い・・・

ヨンインはスンヒョに一緒に降りてくれるように頼む。
スンヒョは引き寄せられるように崖の下へ。
夢でうなされていた場所に似ている。
そしてスンヒョは ここが イルゴンが亡くなった場所だと知る。


スンヒョがイルゴンに代わって 真相を明らかにするのかしら。
なにかと関わっているうちに スンヒョがヨンインを気になりはじめるのかなぁ…

スンヒョの取引先の日本の会社の社長夫人へのお土産がヨン様のDVDと高級バッグね…
いちいち気にしていると 韓国ドラマは観れないので “ドラマ”として観ることにしているけれど
変な日本人が出てくると 閉口してしまうわ。

7

スンヒョが調べてくれるみたい。
ヨンインにイルゴンの写真を見せてもらうと 見覚えがある様子。
もしかしたら イルゴンが事故を起こした時にいたのかな?
ヨンインに 「誰かが殺した可能性も考えた方がいい」と言い出すのよ。
ぜひ 調べてほしいわ。

スンヒョはヨンインを助けて 崖の下におりはじめる。
…ツーカ いくら潔癖症でも ハンカチを使って手を繋ぐなんて…
そのあと 2人は美術館に。
2人にはもちろんイルゴンもついてきている。

ヨンインとジェハが仲よさそうなのが気になるイルゴンとスンヒョ。
イルゴンはスンヒョにのりうつって文句を言おうとするが 案内人に言われた言葉を思い出して のりうつれない。
するとスンヒョが2人のところに行く。

スンヒョはジェハに挑戦的。
ジェハが意図的にヨンインに近づいたのを知っているのよね。
でも…「イルゴンの遺書は自分が持っている」とジェハの前でヨンインに言ったら…まずいよ~

ジェハはイルゴンの友人を捜すことに。
それが… 調べるように命令した男って…借金取り。

ヨンインは遺書を受け取るためにスンヒョの家に。
最初は遺書を渡すだけと言っていたのに イルゴンがのりうつり 食事をすることに。

イルゴンがのりうつっているから
スンヒョはイルゴンと同じ行動をしてしまう。
だからヨンインは 混乱したり、懐かしくなったりしてしまう。
で、酔いつぶれた2人は同じベッドで寝てしまい
目が覚めたら 唇が重なっていた~

スンヒョの家にはカメラがあるから
スンヒョは 覚えていない自分の行動をカメラで確認し 呆然。
そしてその時に書いたメモの筆跡がイルゴンにそっくりだと気付く。

会社から帰宅したスンヒョは 部屋にイルゴンがいるのに気づく。
え?イルゴンが見えるって…大丈夫? イヤいいことなのかな?

8

ヨンインとスンヒョが近づいてきたわ~
イルゴンの事故も少しずつだけど核心に近づいているようで
楽しくなってきたわ。


スンヒョはイルゴンの姿は見えるけれど 声は聞こえない。
けれど 次には 見えなくなっていて…
スンヒョは気持ちが悪い。

ジェハは優しい顔をして ヨンインから遺書の中身を聞き出し、遺書を預かる。
ヨンインは信じているのよね…
イルゴンが死んだあと 辛いことばかりで 優しく声をかけてくれたのは 友達とジェハだけだものね。
信じちゃうわよね。

スンヒョはイルゴンが見えたから 本当に死んだのか疑ってしまう。
ヨンインの気持ちも考えずに 「本当に死んだのか?顔を確認したのか?」と言ってしまうから
ヨンインは泣いてしまう。

申し訳なく思ったスンヒョはハンカチを出そうとするが…
ハンカチがない~

駆け出して行ったヨンインを追いかけ スンヒョは忠告する。
「親切な人を信じるな。自分以外の誰も信じるな。ジェハに気をつけた方がいい。俺が絵をいくらで買ったか聞いてみろ。あの家を出ろ」

そう言われると気になってしまう。
遺書を返してもらい、明日家を出ることにする。

スンヒョが遺書を貸してほしいと言っていたから ヨンインは電話をするが 出ない。
そこで家に行ってみると スンヒョは道路に倒れていた。
そして 警察からもらった イルゴンの事故現場に落ちていたたばこが盗まれていた。

この犯人、イルゴンは目撃しているんだけど…
イルゴンが事故を起こした時にいた3人の男の一人なのよ。
残りの2人はもちろん借金取り。

で、ここが重要なのよ。
スンヒョは スンヒョなのに ヨンインに 「家に入らないか」って言うのよ。スンヒョなのに。

ヨンインは父の絵を見て 泣いてしまう。
スンヒョはヨンインにティッシュを渡す。
お~ スンヒョが優しくなったよ~

その時にスンヒョのスリッパが脱げちゃって
潔癖症のスンヒョは足を床につけられない。
それを無理矢理床につけるヨンイン。
「自分の家の床が汚れているわけないでしょう」 と言われて なぜか素直なスンヒョ。

ヨンインが帰ろうとすると スンヒョは「もっと見ていけ」 と言う。
それって…“まだいろ”ってことなのよね。 きゃぁ~スンヒョ、どうしたのよ~

でも…スンヒョが階段に敷いたハンカチは自分のためで 笑ってしまったわ。

翌朝 スンヒョはイルゴンが見えてしまう。
幽霊だというイルゴンを信じられないスンヒョ。
イルゴンは3時間後に会おうと言って スンヒョにのりうつる。

そして花束を持って 出かけたところはヨンエのところ。
そこにヨンインが来ちゃって…

あ~あ せっかく仲良くなっていたのに…
また喧嘩しちゃうのかなぁ。


ヨンエのキルトショップには数年前の懐かしいキルト作品が飾られていて
その中に 以前習っていた先生の作品もあって びっくり。

9

イルゴンの事故が殺人なのは間違いない。
犯人も 命令した男も わかっている。
問題はどう証明するか。
そして ジェハに絵の保管場所を知られないようにしないといけない。

ジェハは イルゴンが援助していた施設の子供たちから送られた葉書きを ヨンインの荷物から発見。
まずいよ~


ヨンインとヨンエとスンヒョは食事をする。
その後 ヨンインはヨンエから
イルゴンが死ぬ前日に借金取りから 「絵で返してもいい」と言われていた と聞く。

ヨンインはその話を聞いて 殺されたのかもしれないと思いはじめる。
ヨンインが「お父さんがそんな辛い思いをしていたなんて」と泣くから
スンヒョはヨンインを抱きしめてしまう。

“え~?どうしたの~ 私のことが好きなの~”と思ってしまうヨンイン。
“9歳の時から拒否されて抱いたことないのに この男には抱かれるのか”とわけのわからないことを考えるスンヒョにのりうつったイルゴン。

スンヒョは煙草を盗んだ男から ヘイゼルナッツのにおいがしたのを思い出し
黒くてヘイゼルナッツの香りがする煙草を捜しだす。

ヨンエは朝会ったスンヒョが変で イルゴンが戻ってきたと確信する。
ヨンエはスンヒョに会いに行き、「会いたかった~」と泣きながら訴えるけれど
スンヒョにイルゴンはのりうつっていないから わけがわからない。

けれど イルゴンがスンヒョに 座り込んでしまったヨンエを立たせるように指示するから
スンヒョはヨンエを立たせて…

そこをヨンインが見てしまい、ヨンインは逃げ出す。
スンヒョはヨンインを追って…
2人はジェハのマンションに。

ヨンインはジェハに送られて 友人の家に引っ越し。
スンヒョは ヨンインに車から降りるように言うが ヨンインは降りない。

スンヒョは 例のタバコが車の中にあるのを発見。
後部座席に乗り込む。


イルゴン事故の実行犯は スンヒョの異母兄弟のようで…
対面はあるのかしら。

10

やはり ジェハは悪いやつだった。
葬式の日に 借金取りを暴れさせたのもジェハ。 それを助けて信用させる という古い手を使ってヨンインに近づいた。

今度は
ヨンインを引っ越し先に連れて行く。そこに男が現れてヨンインを襲う。そこをジェハが助け ここは危ないからと 自分の家に連れて行く
と またまた古い手。
ところが スンヒョが一緒に乗ってきちゃったから 作戦失敗。よかった~

ジェハが帰った後 スンヒョはヨンインの家に行き…
「ヨンエさんを抱いていたわけではない。バイトを辞めさせたのは自分じゃない。ジェハには気をつけろ。 明日一緒に海に行くな。君のお父さんが見える。つきまとって困っている何とかしてくれ」と訴える。

“父が見える”で ヨンインは吹き出し、口の中のものがスンヒョにかかってしまう。
スンヒョは顔を洗い 洋服を借りる。
その服っていうのが… パーカー。
ヨンインは いたずらする。 スンヒョにフードをかぶせ 紐を縛る。

見つめ合う2人
そこで キス~
って ことにはならないわよね… 残念。

イルゴンはスンヒョに 「ヨンインに最後にいい父親でいたい。協力してほしい」と頼むが断られる。
親の気持ちになってと言われ スンヒョは「俺には親はいない」と怒る。

でもね… 父親だと言って現れた人とのDNA鑑定をすることにするのよ。
心のどこかで 親を捜していたのかもしれない。

ジェハは借金取りと犯人男に命じて 施設を探させるが 絵は見つからない。

スンヒョにのりうつったイルゴンはヨンエとジャージャー麺を食べる。
ヨンエとはお別れできたみたいね。

スンヒョはヨンインの言葉を思い出す
“家のほこりの70%は人から落ちた細胞なのよ。おじさんはそんなに汚いの?おじさんがそんなに嫌ったら子供たちが可哀そうじゃない”
恐る恐る スリッパを脱ぎ、靴下を脱ぎ、裸足で床を歩いてみる。

スンヒョはヨンインに洋服を返しにいく。
すると ジェハも来ている。
ジェハと出かけようとするヨンインに
「腹が減ったご飯を食べよう」と言う。
スンヒョの 精一杯の愛の告白 かな…


スンヒョがヨンインを好きになってしまいましたね~
本人は認めたくないだろうけど。

案内人がイルゴンをスンヒョにのりうつらせたのは
ヨンインをスンヒョに預け、スンヒョの冷たい心を普通の心にするためなのかしら。

11

恋愛モード炸裂~
だけど なかなか そう簡単にはくっつかないのよね…


ヨンインが行ってしまった後で
「行くな。ヨンイン、俺のそばにいろ」と 呟くスンヒョ。
遅いのよ~ ヨンインの前で言わなきゃ。

再調査を頼みに行ったヨンインは スンヒョの秘書に会う。
スンヒョが事件を調べていること、4歳で孤児になったことを知るのよ。
スンヒョに対する見方が変わったようで・・・
ヨンインは家に戻ってくる。

スンヒョはまだヨンイン家にいるのよね…
イルゴンと親のこととかヨンインのことを話していたのよ。
そこにヨンインが来ちゃったから なんだか素直になっていて・・・
ヨンインもなぜか素直で…

2人は食事に。
お~スンヒョが ヨンインのために車のドアを開けたわよ。
ところがイルゴンがついてきちゃうから ややこしくなってしまう。

イルゴンがヨンインとはダメだ~ と言うから スンヒョはわざと手を握ったり、キスをしようとしたり。
でも キス寸前で我にかえるから ヨンインは???
で、 ヨンインは 「おじさんが気になってる~」と告白してしまう。

スンヒョもね ヨンインが気になっているんだろうけど…
自信がないのかなぁ…
スンヒョって…とっても孤独。孤独を好んでいるようで 一人になるのが怖い。
だから亀を飼っている。
「世話がかからない。逃げてものろいからすぐに見つかる。それに長生きだから俺より先に死なない」
… 寂しい人生だったのね

結局スンヒョは 「恋愛はわずらわしいし、俺は11歳年上だから」と 言うのよね…
ヨンインはショックを受けちゃったわね…

スンヒョからヨンインに 遠足に行こうと電話があって喜んで 行ってみると
車の中にヨンエがいる。3人で施設に行くらしい。

“え?お化粧をして 可愛い服を着たのに~”よね。
怒ったヨンインは「私は11歳年下だからダメ。おばさんは11歳年上だけどいいのね。私にあてつけるために呼んだの?」と怒鳴る。
そして 思わず告白してしまう。
「好きになってしまったの。心が痛いの。亀の代わりにそばにいたい。亀より長生きして おじさんを一人にはさせない」

イルゴンとヨンエは目がテン。“そんなに 好きだったの?”
スンヒョはというと… このまま 抱きしめてしまいそうな気配。
でも 我にかえっちゃうんだろうなぁ… 好きなら抱きしめればいいのに。

12

せっかくいい雰囲気だったのに イルゴンがぶち壊した~
あーだ、こーだ文句を言って 最後にとどめ。
「愛されてきた人間しか 人を愛せない」
それは禁句だよ~ そんなこと言ったら 孤児はみんな一生一人で生きないといけないじゃないのよ。

スンヒョは 「行くのか?行かないのか?」と冷たい態度。
3人(イルゴンもいるから4人)は車で施設に。
途中 イルゴンはずっとしゃべっているから スヒョンは怒ったり笑ったり。

施設でサッカーをする子供たち。
突然「あなたのサッカーボールになれたらいいのに」と言い出すヨンイン。
スンヒョは「まだ蹴られたいのか?それが望みなら 毎日蹴ってやる」と。
するとヨンインは 「その手があったのね。毎日会って毎日蹴ってね」と言う。
そんなに そんなにスンヒョが好きなの?
イルゴン、娘のためにあきらめなきゃ。娘をスンヒョに託して 成仏しなくちゃ。

同じ時、犯人男ホジュンは衛生局の役人になりすまして施設に。
絵の隠し場所を見つける。
盗聴器をつけ、そのあと、スンヒョの車の中を捜す。
そして 自分の父親の調査書を見つける。

ホジュンは父を問いただし、スンヒョが兄だと聞く。
そのころ スンヒョは父の家まで来て 入ろうかどうしようか悩んでいた。
そして 階段でホジュンと会い、彼が犯人男だと知る。

ヨンインは父の絵の秘密を知る。
父は殺された可能性が高く、ジェハも関係しているかもとしれないと。


ジェハはヨンインを好きになったみたいね。
利用するつもりが好きになって…最後はヨンインの味方になるとか?
でも それでは 母が怒るし、美術館も困るわね。

ホジュンはスンヒョが兄と知って どうするかも心配。

スンヒョがもう少し素直になれば ヨンインとラブラブになるのに…

13

スンヒョは実の父に冷たい言葉を言う。
「実の父親とは認めます。けれど それ以上でもそれ以下でもない」
遺伝子上は父親だけど それだけ。関わるつもりはない。
ショックを受けているようだけど 仕方ないでしょう、結果捨てたのと同じなんだから。

イルゴンもその場にいたから
スンヒョを襲って煙草を奪ったのはホジュンだと知る。
ということは…イルゴンを殺したのもホジュンということで…

イルゴンは ヨンインがスンヒョ義弟が父を殺したと知ったらショックだから ヨンインと別れてくれと言う。

スンヒョは酔ってヨンインに会いに行く。
ヨンインがいないから ヨンドクに伝言を頼む。
「ダメだ。 どんなに考えてもダメだ。 ヨンインより亀が好きだ」

で、結局 ヨンインが帰ってくるのを ヨンドクと飲んで待つ。
酔い潰れた頃にヨンイン帰宅。
それが…
「サッカーボール、おれとサッカーしよう」と言われて 倒れこまれたら
どうするよ~ おばさんだって ドキドキよ~

ホジュンがスンヒョを訪ねて来る。
スンヒョはホジュンの声を録音する。

スンヒョは事件を調べる気持ちには変化はないみたいね。
実行犯はホジュンだけど 裏にはジェハがいるものね。

スンヒョにのりうつったイルゴンは ヨンインのバイト先に。
すると そこに ジェハがいる。
スンヒョはジェハを殴り、ジェハも殴り返す。


イルゴンが軽いのが 気になったけれど
だんだん落ち着いてきて 面白くなってきました。
スンヒョの “好きだけど別れなければいけない”苦悩の顔が…
まずい!この顔に弱いのよね~

14

ジェハを殴ったスンヒョ。
ヨンインに言い訳するんだけど…
イルゴンがのりうつったスンヒョだから 変な方向に。
ヨンインは 嫉妬心から殴ったと解釈。

イルゴンが離れてからも スンヒョは車に乗ったまま。 ヨンインのバイト先のコンビニの前。
雨が降り出してきて イルゴンはスンヒョに ヨンインを送ってくれるように頼む。

ヨンインは 車が停まったままだから 送ってもらうつもり。
ところが 店を出たのに車から誰も出てこない。車を覗いてみたら 誰もいない。
「え?」

それを 離れたところで 嬉しそうに見ているスンヒョ。

どうしよう… と思ったそこに傘を差したスンヒョ登場。

なぜか素直じゃないヨンイン。
ちょっと拗ねたふりをして じらすつもりが…
スンヒョから傘を渡されて びっくり。
自分から言った手前 仕方なく歩きだすヨンイン。その後ろには スンヒョ運転の車。

そんなふうにしか送れないなんて…
スンヒョは 義弟がイルゴンを殺してしまったから ヨンインと距離を置こうとしているのかな…
それとも 初恋だから 恋愛の仕方がわからないとか?

帰宅した後、ヨンインはスンヒョに電話。
ヨンインは 映画「レオン」の話をする。
「私たちは 絶対にハッピーエンドにしましょう」

電話を切った後 ヨンインの希望通り
スンヒョはずぶぬれの状態で ヨンインの前に立ち、ヨンインを抱きしめる。

“ひゃぁ~”ってなもんよ。 私はヨンインになりたい…
… 今回一番のエピソードでした。


イルゴンの事故の通報の声とホジュンの声が一致。
スンヒョは父に ホジュンが自分の好きな人の父を殺したことを話し、煙草の吸殻を持ってきてほしいと頼む。

スンヒョが絵を移動させる日。
ジェハは番組スタッフと一緒に施設に向かっている。
イルゴン友人の院長にインタビューしながら 絵を発見する段取り。
途中トラックを見たから 気が気じゃない。

ジェハが倉庫に行ってみると 絵は運び出された後。
ちょうどその時 目の前をトラックが通ったから スタッフと一緒に トラックを追うことに。

トラックはスンヒョの会社に着く。
勝ち誇ったジェハの顔。
そのトラックの中に 絵はあるのでしょうか。
… って、ドラマ上 あるはずないわよね。

15

ジェハ…詰めが甘いのよ。
トラックの中にあるはずないじゃない。
ほらね、カメラを回して 「警察を呼ぶぞ!」なんて脅迫して 開けたら 中は空っぽ。
大笑いよ。

絵は移動図書館の中。
盗聴器が仕掛けられていたことを スンヒョは知っていたのよね。

ヨンインは父の絵を見る。
初めてみる父の絵。懐かしくて 幸せな気持ちになれる。
ところがヨンインは父の絵と一緒に ホジュンに拉致されてしまう。

スンヒョはホジュンと “これからは関わらない”と約束して ヨンインを返してもらう。
絵はホジュンが美術館に持って行く。

ヨンインは絵が美術館にあること、ジェハが関わっていることを知る。
ジェハに会いに行き、「絵のために近づき、優しくしたの?」と聞く。
ジェハは認めるしかない。

最初は利用するために近づいたけれど 今はヨンインを好きになってしまった。
でも 言えない…
ヨンインに 「絵はいらないから パパを生き返らせて」と泣かれてしまう。

スンヒョ父が煙草の吸殻を持って来る。
でも それはホジュンのではなく 自分が吸ったもの。

そして ジェハが来る。
「これで終わりにしないか。捜査を続けるとヨンインが苦しむことになる。俺はヨンインを守れないが、お前はまだ守れる」と。

すべてを暴いて 好きな人の弟が父を殺したと知ったら ヨンインはどうなるだろう…
スンヒョは悩んでしまう。

イルゴンもまた悩み、戻ってきたことを後悔していた。
“娘に何もできず 苦しめただけだった”と。
けれど スンヒョは戻ってきたことに感謝する。ヨンインに会えたから。

今日もスンヒョはヨンインのバイト先に。
今日はイルゴンがのりうつったスンヒョ。

そこにヨンエが来て 2人は話をする。
それを店の中から見ていたヨンインは 嫉妬してしまう。
だから店の中に入ってきた スンヒョに いきなりキスをする。
でも~それはイルゴンだよ~

16

娘にキスされてあたふたしているイルゴンを見て
ヨンエはヨンインに イルゴンが戻ってきたと話す。

スンヒョ家で ヨンインはイルゴンと話す。
今まで言えなかった素直な言葉。 「パパが大好き」

スンヒョは 韓国代表を解任され 15日以内にアメリカ本社に戻るようにと辞令が出る。

スンヒョはヨンインとデートする。
ただ歩くだけのデート。でも幸せ一杯。


スンヒョはこれからどうするのか…
アメリカに? それとも辞める?
ヨンインとのことは イルゴンも認めたようだし 大丈夫よね。

17

スンヒョは辞表を提出する。事情があって15日以内にアメリカには戻れないと。

イルゴンは自分のせいでこうなって申し訳なく思う。
そこで案内人に スンヒョの体から離れると話すと 意外なことを聞く。
“スンヒョは元々四十九日間のこん睡状態の後死ぬはずだった”と。

スンヒョは父に会いに行く。
「父のことは時々考えていた どんな人だろうと。 健康で 長生きしてください。待っていてくれるなら 息子として生きてみます」

そしてスンヒョが倒れる。
何日も眼を覚まさない。
ところが イルゴンが「ヨンインをお前にくれてやる」と言うと 眼を覚ます。
…スンヒョを生き返らせるためのおまじない?

イルゴンは ヨンインをスヒョンに託す。
「俺の分まで 愛してくれ」

イルゴンはヨンインに別れを告げる。

ジェハは警察署に入っていったけれど 自首したの?
スンヒョが父にホジュンを自首させるように頼んだから 捜査がジェハにも及んだの?
事故のことはあやふやだけど

よかった~
最初のうちは イルゴンがヨンインに洋服を買うことしかしなくて 呆れてしまったけれど。
イルゴンが真面目になっていき、スンヒョが人間らしくなって
面白かったり、しんみりしたり。 最後の方は 先が気になって仕方がなかったです。

死んだ人が戻ってくるなんてこと、現実にはあり得ないこと。
でもそんなあり得ない設定は 全く気にならず 笑ったり、怒ったり、泣いたり、楽しめました。

ゲサンの切ない表情がいいわ~ イルゴンがのりうつった時の表情もね。

 1234567891011121314151617

関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
ライフ
客:The Guest
ボイス2
ラブリー・ホラブリー
ナインルーム
魔性<マソン>の喜び

三国志~司馬懿 軍師連盟
鳳凰の飛翔(天盛長歌)
三国志 Secret of Three Kingdoms
如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
バーニング・アイス-無証之罪-

<視聴予定>
皇后の品格
ロマンスは別冊付録(ROMANCE IS A BOUNUS BOOK)

恋愛動物
カンブリア紀
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
独狐伽羅~皇后の願い~
千年のシンデレラ~Love in the Moonlight


わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング