FC2ブログ
2019/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>




ロビイスト リタイア

12話でリタイア



全24話 2007年 SBS

出演者 : マリア(ユ・ソヨン)・・・チャン・ジニョン
       ハリー(キム・ジュホ)・・・ソン・イルグク
       カン・テヒョク・・・ハン・ジェソク

       エバ(ユ・ムニョン、マリア姉)・・・ユソン
       ユ・ソンシク(マリア父)・・・ソン・ジル
       キム・ジョンスン(マリア母)・・・イ・ミヨン
       スージー(キム・スジ,ハリー妹)・・・チェ・ジャヘ
       キム大尉(ハリー父)・・・チャ・グァンス
       ヤン・ドンジン(ハリー友人)・・・ソン・チャンフン

       ジェイムス・リー(イ大尉)・・・ホ・ジュノ
       マダム・チェ(マフィアボスの妻)・・・キム・ミスク
       マイケル(マダム・チェ部下、ハリーから借金を取り立てる男)・・・キム・ジュンソン
       エンディ(マダム・チェ息子)・・・キム・ダヒョン

       カン会長(ハンソングループ会長、テヒョク父)・・・キム・ソンギョム
       テヒョク異母兄・・・イ・スンヒョン
       チャン・テソン(ミラン父、国情院 院長)・・・イ・ジェヨン
       チャン・ミラン・・・チョン・ユンジョ

       マリア知人(ホテル副支配人)・・・イ・ウォンジェ
       チョン・ホシク(ホテルベルボーイ)・・・チョン・ウンテク
       キム会長・・・ユン・ジュサン

       キム・ジュホ(子役)・・・ イ・ヒョヌ
       ユ・ソヨン(子役)・・・ナム・ジヒョン
       ユ・ムニョン(子役)・・・パク・ウンビン
       キム・スジ(子役)・・・ピョン・ジュヨン


演出  : イ・ヒョンジク、プ・ソンチョル
脚本  : チュ・チャノク、チェ・ワンギュ

 123456789101112

1

1980年代半ば
特殊工作員が上陸し、軍が出動する。
ソヨンはソウルから越して来たばかりのジュホと遊んでいる途中 工作員逮捕(射殺)現場に出くわしてしまう。

イ大尉はキム大尉を人質にとった工作員に発砲。工作員とキム大尉は死亡する。

ジュホは父キム大尉が亡くなり、母もすでに他界していたため
妹と一緒にアメリカの叔母のところに行くことになる。
ジュホはソヨンに別れを告げ ペンダントを渡す。

タクシー運転手のソヨン父は 工作員が乗ってきた潜水艦の第一発見者だったが 軍の命令で工作員発見者にさせられる。
報奨金をもらったこと、目撃する前に乗せていた客が昔の女だったことなどを 噂され うんざりしていた。
そこで友人に頼み 家族でアメリカに移民する。


戦争のドラマなの?と思ってしまう場面が多かったわ。苦手なんだけどなぁ…

2

ソヨン(マリア)家族はアメリカに。
けれど 騙されていた。 仲介人も頼った人も姿をくらましていた。
無一文から始めることに。

叔母に引き取られたジュホ(ハリー)とスジ(スージー)は アル中の叔父にこき使われ 暴力をうけていた。

ソヨン(マリア)家族、観光ビザしかない。つまり不法滞在。
ソヨン(マリア)とムニョン(エバ)は学校に。
時には家族でミミズ捕りのバイトをしたりしながら生活。

ソヨン父はようやく国際免許を取得し バスの運転手になったけれど
強盗に銃で殺されてしまう。

3

ハリーは叔父の虐待を先生に訴えるが…
そういう奴に限って 外では優しい顔をするのよね。

ある日ハリーは叔父がスージーにいたずらをしているのを知る。
止めにはいった叔母も倒れてしまい、ハリーは叔父を拳銃で殺してしまう。


数年後
エバは海軍の情報局に勤めている。
高校生の時に大統領賞をもらったことがあるほど優秀。
パーティで大使館に勤めているテヒョクに声をかけられ デートを重ねるようになる。

マリアはバスの運転手に。
ホテルの副支配人の協力を得て “カジノ20ドル無料券”を配り バスの乗客を増やそうとする。
乗客は増えるが、“ちんぴら”マイケルが難癖をつけてくる。

マイケルはスージーを人質に取り ハリーを脅す。
頼みを聞いてくれたら スージーを解放し、借金をなしにすると約束する。
ハリーはマイケルに借金を取り立てられていて 利子だけでも 一日の稼ぎをこえていて 返せる見込みがない。
でも… その頼みというのが…

マリアを襲うこと。
“殺す必要はない。腕でも撃ってバスを運転できなくすればいい”
ハリーはマリアに銃を向ける。


展開が遅いような?
わからないままに話が進んでいくドラマに比べれば いいんですけどね。

4

ハリーはマリアを撃てない。
もちろんハリーが引き金を引かなかったことはマイケルに連絡が行く。
ハリーはスージーを助けに倉庫に。

倉庫ではマイケルがスージーを襲うとしていたが
マダム・チェがジェイムスを連れて来たから スージーは解放されることに。

数日後ハリーは男を乗せる。
彼は中国系の男に襲われ 刺されてしまう。
ハリーは彼を病院に運び 彼は一命を取り留める。
彼はマダム・チェの息子エンディ。

ハリーは 助けた礼に自分を3万ドルで買ってほしいと頼む。
マダム・チェはお礼に金を渡すことは承諾したものの 素性のわからない男を雇う気はない。
しかし ハリーの押しに負け 仕事を与える。
“100万ドル相当のダイヤを運ぶこと”

エバとテヒョクの交際は順調。
マリア母の誕生日にテヒョクは遊びに行き泊まる。

しかし エバはスパイ容疑でFBIから追われることに。
仕事上知り得た情報をテヒョクに渡したから。
その情報はテヒョクから ジェイムスへ。

テヒョクは情報が欲しくてエバに近づいたのかしら?
ジェイムスが情報を欲しくて テヒョクとエバが付き合うように仕向けたのかな?
テヒョクには尾行がついていたけれど…ジェイムスの指示よね…

テヒョクは マリアに電話をし 「12時に 地球を9周で」と伝える。
“地球を9周したとしても 私の帰るところはモントークだけだ”と書かれた碑。
マリアはエバとテヒョクと3人で行ったところに向かう。


ジェイムスは武器商人。マダム・チェは客。
彼がエバから得た情報は 米国海軍の情報だから…
テヒョク父の会社のハンソングループも関わっているのよね…
と言っても 何がどうなっているのか 私には???
とにかくエバは大変なことに巻き込まれたのね。

5

マリアとハリーは同じ電車に乗る。
マリアはFBIに尾行されている。
ハリーはそれを知り マリアを連れて逃げる。

マリアはエバに会えるが
エバが車に乗ると 車は爆発してしまう。
ジェイムスの仕業みたいね。
直接 命令したのはジェイムスでも その裏には 軍や政治家がいる気配。

テヒョクは何も知らず韓国へ。マリアの安全は確保されていると思っている。
テヒョクもエバも何も知らず 利用されていたのね。

職務上知り得た機密を 部外者に漏らしてはいけない。
エバは海軍に勤めていて テヒョクは大使館職員。立派なスパイでしょう。

ハリーはマダム・チェの信頼を得、代理でジェイムスと韓国に行く。
マリアも母と一緒に韓国に行ったから 再会することになるのね。


悪くはないんだけど 展開が遅いように感じるんですよね。
エバが車の爆発で殺されるのは 予告でわかったし。

6

やっぱり 展開が遅い。
ホームドラマなら 何事も起こらず “今日も一日無事に過ごせました”でもいいけど…
スピード感は大切よ。

ハリーは父の墓参りをし、ソヨンの家を訪ねる。
元ソヨンの家にはマリア母の姉が住んでいて 帰国したマリアは 母を叔母に預けてソウルに行っていた。
マリア母が持っていた写真を見て 自分が殺そうとしていた女がソヨンだと知る。

マリアが泊まっているホテルに行き マリアに会うが 自分がジュホだとは名乗れなかった。

マリアはテヒョクを訪ね、エバの死の真実を聞き出そうとするが テヒョクは何も知らない。
2人で調べることにするが…
手がかりを見つけるのは大変そう。 消されるかも。

テヒョクは国情院長チャン・テソンの娘ミランと婚約する。
しかしテヒョクは抜け殻のようで ミランに冷たい。
ミランから話を聞いたテソンはテヒョクの私生活をさぐることにする。

テヒョクはエバの妹マリアと会っている。エバの死にはテソンも関係している。
やっぱりマリアは命を狙われるかも。

武器の売り込みに韓国に来たジェイムスとハリーは テソンの協力を得て 画策するが、
アメリカ製ではなくロシア製を買うと言われてしまう。


こうして書いていても…何にもないのよね。
ハリーはマリアがソヨンだと知ったけれど 名乗らなければ同じこと。
父を殺した兵士がジェイムスだというのも まだ知らないし。

7

テヒョクはテソンに エバを殺したことを問い詰める。
その会話を録音し 先輩検事に調べてほしいと頼む。

でも… 先輩検事のテソンの手下。
力のないテヒョクには何もできない。

見せしめのため マリらは拉致される。
親しくなったベルボーイが気付いて 携帯を投げ入れ
ハリーと一緒に追跡する。

しかし捕らえられ 車とともに海に沈められる寸前。
ジェイムスはマリアと一緒にいるのがハリーだと知り止める。

マリアはアメリカに、
ハリーは貨物船に。

そしてテヒョクはミランと婚約する。
テヒョクはテソンに負けたのか、それともハンソングループ会長になり力をつけて テソンの悪事を暴くつもりなのか…


どうしてハリーはマリアに素性を明かさないのかしら…

8

…毎回書いていることですが…
展開が遅い。じゃぁ 丁寧かというと そうでもない。
無駄に時間を引き延ばしているとしか思えない。
その上 週1回の放送。 はぁ…

マリアは帰国後、バスの運転手はしないと言っていたけれど バスの運行させていた。
ホテルでの駐車に関してはマイケルが仕切っていた。
マリアはマイケルの許可なしに 駐車し、再三の警告も無視したため
バスに放火され 仕事ができなくなってしまう。

そこで知り合いが働いている食堂で働くことに。
そこにテソンとジェイムスが来る。
マリアはジェイムスが武器ロビイストと知り 彼に「ロビイストになりたい」と頼む。
テソンに近づき 姉の死の真相を探るつもりなのかしら。

テヒョクは相変わらず不幸せな顔。
気持ちわかるんだけど いつまでも うじうじしてても仕方ないと思うんだけど
新しく出直せばいいじゃない。
エバの事故の真相を暴くためには 権力が必要なのわかっているんでしょう!
婚約者の機嫌ぐらいとれないの? 酒飲まなくていいから 仕事しなさいよ!

9

マリアはジェイムスからロビイストの訓練をうける。
武器を売るためには 客の男と寝ることも必要になるらしく…
好みの男ならまだしも “あんなじいさんと~” ちょっとね…

“あんなじいさん”と寝て 訓練は終わり。

ハリーはマダム・チェとの浮気を疑われ マダム・チェの夫から暴行を受ける。
寝室に隠しカメラがセットされ ベッドに横たわったマダム・チェの肩を揉むのを撮影されたんだけど…
わざとらしい というか 夫はマダム・チェが集めた武器を欲しかったのかしら?
嫉妬心から隠しカメラを用意したとは思えないわ。

ハリーはマダム・チェから 残った武器を売り払うために ギニスタンの反乱軍に接触するように言われる。

テヒョクは仕事でギニスタンに。

ということで 次回の舞台はギニスタンに。

武器ロビイスト、姉の復讐、というテーマの割には 流れがゆったりしすぎているような…
もっと緊張感がほしいわ。
いつも同じ感想…

10

ハリーはギニスタンの反政府軍に武器を売ろうとしている。
取引場所に向かう途中 予期せぬ検問にあってしまう。
積み荷の中から銃が見つかり 尋問されている時に
反政府軍が攻撃してきて 政府軍は全滅。

ハリーは 「マダム・チェの使いで来た。ビクトルに会いたい」と話し、
反政府軍に同行する(捕らわれる の方が正しいかも)

テヒョクは政府軍に武器を輸出しようと交渉中。
ジェイムスとマリアも政府軍が交渉相手。
だから テヒョクとマリアは 交渉場所で顔を合わせることに。

マリアは 大統領の義弟でディフェンス社の社長に交渉中。
息子のアルスタンはアメリカから武器を買うのに反対していると知り、
彼の狩りに同行することに。

ところが狩りの途中、反政府軍に襲われてしまう。
マリアはアルスタンを逃がすことはできたが 自分は捕まってしまう。

ハリーはマリアを銃で撃ち殺すように脅されるが
「彼女は金持ちの娘だから 身代金を奪うために生かしておこう」
とビクトルを説得。
マリアは殺されずに済む。

アルスタンが襲われた話は テヒョク、ジェイムスの耳にも入る。

この二人が協力してマリアを助け出すのかしらね。


テソンはテヒョクを高く評価しているけれど
私にはそうは見えないわ。
覇気が感じられないのよ~

11

ハリーはジェイムスに電話をする。
“マリアを助けるために 200万ドルを用意するように」と。

テヒョクは 「もう誰も失いたくない」と 自分が助け出すと宣言する。
やっとやる気に?

ジェイムスと同じ部隊にいたオマルに 兵力を貸してもらい、
お金を持って 約束の場所に。
ところが 反政府軍もハリーもマリアも 誰も現れなかった。

ハリーとマリアは 韓国出身の兵士の協力を得て 脱出に成功。
おばあさんに助けられる。
マリアは 怪我をしたハリーの看病をしていて ハリーのペンダントを見る。
子供の時に ジュホにあげたペンダント。
やっと マリアはハリーがジェホだと知る。

ハリーは回復。
穏やかな毎日を過ごし、ハリーはマリアに 「ここで一緒に暮らそうか」と言ってみる。
でもね… マリアは復讐を諦められない。 姉を死なせた人たちを許せない。

「自分だけ生き延びるのが辛い」と話すマリアを ハリーは抱きしめる。
そしてペンダントをマリアに返す。

スージーとエンディはかけ落ちしたのね。
エンディ、やるじゃない。何もできないボンボンだと思っていたけれど。
… この2人のこととか 本筋に関係ないような… それはそれで必要なのかな?

12

ハリーとマリアは ミハエル(脱出に手助けしてくれた韓国出身の兵士のことよね?)に頼まれたものを 家族に渡しに行く。
消息を聞かれるが 「元気だ」としか言えない。

その間に 2人を捜していたビクトルの部下が 助けてくれたおばあさんを殺してしまう。
おばあさんが時計をしていたのを見てしまったから。
そして戻ってきた2人は捕まってしまう。

再度 身代金要求。引き渡しが行われることに。
ジェイムスとテヒョクが取引に来る。
取引中 銃撃戦が始まり ハリーは怪我をし、ジェイムスに見捨てられてしまう。

3年後。
潜水艦の公開入札を控えている。
今まではハンソンのほぼ独占状態だった。そこにセジョンが異議を申し立てた。

ハリーは 韓国にいる。 ドンジン実家にスージーと一緒に世話になっている。
…どうやって 戻ったの~ それを知りたい。

ハリーは釣り客を船に乗せ 島に運ぶ。
島の埠頭に立っているおじさん。誰かを待っている様子。
待ち人が来たと思ったら 違った。
おじさんは男たちに追われ 崖を転がり 海に落ちてしまう。
「キム会長」と呼ばれた人は誰?


いつか面白くなるだろうと期待しつつ…
ずっと こんな調子かなぁ…

このドラマを見るくらいなら 「食客」を見ればよかった…

 123456789101112
関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

エ>>>>>>>

そうですか~??????

それは寂しいです。
私は超ハマっているのに~
やはりイルグクssiのファンという目は
一般人とは違うのかしら?????
冬ソナも今見ても、とっても好きなんですよね~
でもイルグクssiのファンとしては、見るに耐えがたい
場面が多く、つい目をそむけてしまうわ~
あまりにもかわいそすぎだわ~

風の国を早く見たいけど、フジってのがすごい
ショック・・きっとカットに吹替えだわ~
KBSWであればいいのに~って期待してるんだけど・・

fukiさん、こんにちは


申し訳ないけれど リタイア寸前です。
「風の国」をフジが放送するので カットありでしょうね。
著作権の問題で音楽の差し替えがあるのは我慢しても カットはやめてほしいですね。
吹き替えもできれば 選べるといいのですが。
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
補佐官

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)
ダイイング・アンサー~法医秦明~

<視聴予定>
自白
ある春の夜に
ドクター・プリズナー

扶揺
神龍
蘭陵王妃

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング