FC2ブログ
2019/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>




アヒョン洞の奥様(81)-(204) あらすじ&感想





全204話 2007年 MBC

出演者 : ペク・シヒャン・・・ワン・ヒジ
       プ・ギルラ・・・キム・ミンソン

       ペク・ジェラ(シヒャン父)・・・キム・ビョンギ
       ソ・マダム(シヒャン母)・・・キム・ヒョンジャ
       ペク・クムニョ(シヒャン上の妹)・・・パク・ジュンミョン
       ペク・ミニョ(シヒャン下の妹)・・・パク・ジェロム

       プ・ヨンサン(ギルラ父)・・・ナム・イル
       サ・ビナ(ギルラ母)・・・イ・ボヒ
       パク・ブジャ(ギルラ祖母)・・・チェ・ソンジャ
       プ・ヒラ(ギルラ兄)・・・オク・スンイル
       シン・スギョン(ヒラ妻)・・・キム・ヘウン

       イ・ヨンジ・・・コ・ナウン
       ソン・ミスク(ヨンジ母)・・・イ・フィフャン
       ソン・ジョン(ヨンジ叔父)・・・イ・ドンジュン


脚本  : イム・ソンハン

第1話から第80話はこちら
81-8283-8485-8687-8889-90919293949596979899100101102103104105106107108109110111112113114115116117118119120121122123124125126127128129130131132133134135136137138139140141142143144145-146147148-149150-151152-153154155-158159160-161161162163-164165166167168169170171172-173174175176177178-179180-184185-187188-189190-191192-194195196-197198199200201202-203204

81-82

クムニョ~ 出てくるな~ 見たくない~
今日はクムニョが主役?と思ってしまうくらい 私の頭の中はクムニョで一杯。

ヨンジ叔父が婚約の品を持ってくる。
喜んでいるのは クムニョとミニョと母。シヒャンはまったく嬉しそうじゃない。

その日ギルラはシヒャンに会いたくて 家の近くまで来ていた。
シヒャンは車の中にいるシヒャンに気付かず 家に入ってしまう。
車が違ったのかしら?
シヒャンは追いかけて 家の近くまで…
それをシヒャン父が見てしまうのよね。

ギルラはシヒャンが忘れられない。この先ずっと忘れられないと思っている。
シヒャン父も 今でもシヒャンはギルラと結婚した方が愛され幸せになると思っている。
ヨンジ叔父を受け入れられないでいる。

ギルラは “縁がなかった” という言葉で片付けられないわよね。

クムニョはヨンバンに電話をする。
(シヒャンの部下で 屋台で一緒になった人。やっと名前がわかったわ)
父親が病気で漢方医を捜していると嘘をつく。次から次へと嘘を言うクムニョ。あきれてしまう。
“あなた それで その顔で その体で ヨンバンを落とせると思っているの~”と思ってしまったわ。
見た目がどうとかいう前に 性格悪すぎ。どうか…ヨンバンが落ちませんように。

シヒャンとヨンジ母は韓服を作りに行って ギルラ母に会ってしまう。
ギルラ母とシヒャンの態度を不思議がるヨンジ母に シヒャンはすべてを話そうとする。

ギルラと付き合っていたと知ったら いい気持ちはしないわよね。
破談にはならないだろうけど。

83-84

もう 結婚式だわ~
で、この結婚式で何が起きるのよ~
来週まで待てないわ~

シヒャン父は 式の前日も ギルラを諦めきれなくて 愚痴ってたのよね。
「なぜジジィと… あんな中年男と結婚させるために育てたわけじゃないのに」って。
シヒャンに ギルラが来ていたことも話すのよ。

普通なら 「嫁にいく娘に 昔の男の話をするな」と シヒャン母のように怒るけれど
“売られていく”シヒャンを思うと シヒャン母を黙らせたい。

「マンションを買わないで 同居したいわ。そしたら生活費をもらわなくてもいいから」とシヒャン母。
ちょっと~ 生活費を貰うつもりだったの?
両親が貰うのはいいのよ。 クムニョ、ミニョまで貰いそうなのよね…

クムニョは “ヨンバンは私の男になる運命”と思っているようだけど
ヨンバンは“手足の太い女の子”が好みの先輩に紹介するみたいね。

シヒャンの結婚式で 会ってびっくり となるかと 期待したけれど
急な仕事が入って 検察庁のみんなが出席できない様子。
クムニョはどちらと付き合うことに?

まぁ はっきり言って クムニョなんてどうでもいいんだけど
シヒャンとジヨン叔父との破談の理由を知りたい~

85-86

シヒャン父が倒れてしまいました。
シヒャンとバージンロードを歩いている途中で 足が動かなくなり 倒れてしまう。
脳卒中。
助かるかわからないと言われていたけれど
一命を取り留め、シヒャン母の助けを借りて リハビリ中。

シヒャン母もクムニョも家族だとわかって ホッとしたわ。
クムニョは 父が倒れて “父が嫌な人なのに 無理矢理婿にしようとしたから 倒れたのかしら?”と思い、
シヒャン母は クムニョから 結婚はどうなるのか聞かれて 「今はそんなこと考えられない」と。
これが “父はどうせよくならないから 先に結婚式をしましょう”なんて言ったら 家族じゃないわよ。

はっきりと破談になったわけではないけれど
シヒャン父が回復するまでは 式は挙げられないわよね。

ギルラもギルラ家族も シヒャンがこんなことになっているとは思っていない。
結婚式→新婚旅行→新婚生活がはじまっていると思っている。
ギルラ祖母がまたシヒャンの夢を見て 「結婚するべきだったのかも」と思い始めたから 破談になったら喜ぶかも。今度は応援してくるんじゃないかしら。

87-88

シヒャン父のことで家族が仲直りしたようで よかったわ。
シヒャン母もクムニョも献身的に看病している。
回復には まだまだ時間がかかるようだけど きっと回復するわよね。

ギルラが釜山から帰ってくる。
シヒャンの消息を知らないから幸せにやっていると思っている。
携帯番号が変わっているし、検事達は誰も結婚式に出席しなかったから 結婚式が中止になったことを知らない。

ギルラは家の近くまで行き ミニョを見かける。
家族が依然と同じ家に住んでいることはわかっても まさかシヒャンがいるとは思わない。

ギルラは友人の見舞いに行き、
別の友人に 「今エレベーターで一緒だった」と聞き、病室を飛び出す。
シヒャンの姿を見かけ、声をかける。

ギルラ母って 人の気持ちを考えない人なのね。
他人じゃなくて息子なのよ。自分が無理矢理別れさせたのよ。
それなのに シヒャンのことをあれこれ話せるわね。

ギルラはシヒャンを愛している。
シヒャンも同じよね。
でも ヨンジ叔父は まだ結婚するつもりよね。

クムニョは父の容態が落ち着いたから ヨンバンに電話をする。

89-90

またもや すれ違いかと思ったら…会えてよかった~
でも シニャンは何も話さないまま別れる。
友人に 「会ってときめいた」と言ったから まだ忘れられないでいるのよね。

ギルラ母は友人から シヒャンが結婚式を挙げていないことを知り、ヨンジ母に会いに行く。
ギルラ母はギルラの耳に入らないようにしたいようだけど…そのうちばれるでしょう。

ヨンジ叔父帰国。
シヒャン父を見舞うけれど 「嫌い。帰れ」と言われてしまう。
病人だから気にすることはないと言われてもね…病人だから本音が出るのかも。

ヨンジ叔父にとっては 辛いシヒャン父の反応。
ヨンジ叔父は諦めそうな感じ。
シヒャン父はギルラを気に入っているから ギルラが見舞いに来た時の反応をみたら みんな納得するかも。

クムニョはデートに。
行ってみると…ヨンバンは “手足の太い”女の人が好きな先輩も一緒にいる。
さすがの先輩も 手足が太すぎると 好みではなかったみたいね。
それに あんな風に 喧嘩腰にまくしたてられたら 嫌よね。

91

ヨンジ母の決断に拍手~
でも なかなかできないことよね。
弟の幸せよりも シヒャンのことを考えてあげられるなんて。大きい意味では弟のためではあるけれど。

それに比べてギルラ母の思慮の浅いこと。自分のことしか考えていないんだもの。
ヨンジ母から式が延期になったことを聞き 「新郎新婦の入場でもいいじゃない」と言いだす始末。
ギルラ兄が祖母ばかりに優しくして 自分には優しくしないと嫉妬するくらいだから ほんと情けない。

シヒャン父は退院し、ヘナ父の病院に入院する。
そこに見舞いにきたヨンジ母とヨンジ叔父。
ヨンジ叔父を拒否するシヒャン父、そして昔の自分を思い出してしまうシヒャンを見て ヨンジ母は考える。
貧乏な家族のために結婚した自分とシヒャンがだぶってしまう。

そこでギルラを呼び出し、ギルラの気持ちを聞く。
ギルラは 「シヒャンが子供を産んでも自分を必要とするなら飛んで行く」と。
それを聞いて ヨンジ母は 「私たちは諦めるから 彼女をお願い」と頼む。

今日から月~金の放送に。
嬉しいはずなんだけど…
続きが知りたいから 今日だけでも2話に~

92

ギルラはにこにこでしたね~
声を出して大笑いをしたいのを我慢しているような
真面目な顔をしたいのに 自然と笑みがこぼれてしまうような
そうりゃぁ 嬉しいでしょう。
でも 両親、特に母を説得するのは大変かも。
今度こそ お祖母ちゃんが味方になってくれるといいけれど。

それくらべてヨンジ叔父は可哀そう。
まぁ 同情はしないけれど。 なんかお金でシヒャンと結婚しようとしているようで嫌だったのよね。
シヒャン父と知らなかったとはいえ、シヒャン父にも問題はあったとはいえ、シヒャン父と喧嘩する姿は醜かったもの。
“自分が倒れたら 義父が意地悪したから倒れたと言われたのに”と言うような男のどこに誠意があるのよ。

93

ヨンジ叔父は身を引く決心をし、ギルラにシヒャンを頼む。

シヒャンはヨンジ母から 結婚をやめようと切り出される。
シヒャンは納得しない。
それに ギルラとやり直すことにも否定的。
だからヨンジ母はシヒャンを説得する。
愛のない結婚生活は悲しい。ギルラはシヒャンを愛していると。

シヒャンは戸惑っている。
ギルラとよりを戻しても反対されることは分かっているものね。
ヨンジ母が言うように “赤い愛とで結ばれている”と信じるしかないわよ。
それにしても 別れた後のシヒャンのことを考えてくれるなんて そんな人いないわよね

94

シヒャンは家族に破談になったことを話す。
妹たちも母も冷静な反応。父は手を叩いてよかったと喜ぶ。
父が倒れて 結婚を急ぎ過ぎたことを反省していたからね。

ミニョンは家の近くでギルラを見かけ ギルラとやり直せないかと クムニョに相談する。
毎晩外に出てギルラが来ないか見張ることに。もちろん来たら家に連れてくることに。

シヒャンはギルラとやり直すつもりはないようだから ここはミニョとクムニョに期待しているわ。

ギルラは家族に シヒャンと結婚するつもりだと話す。
ギルラ母はすごい形相で怒ってましたね~

ギルラ母が問題よね。
お祖母ちゃんが許してくれれば大丈夫なはず。

95

ギルラ母は猛反対。
ギルラに結婚がダメになったことを言ったヨンジ母を “裏切り者” 呼ばわり。

今度は ギルラ祖母が味方してくれそう。
ギルラ祖母は 自分が倒れた時に世話になるのは嫁だからと ギルラ母に気兼ねしているようだけど
ギルラが 面倒みると約束すれば マンションを買ってくれそうな気配。

シヒャン家族は…大丈夫じゃないかなぁ。
見舞いにきたギルラを 嬉しそうに見るシヒャン父。
サンドイッチを勧め、自分も少し貰って 口に運ぶ。
あのシヒャン父の顔を見たら 妹たちも認めるしかないわよ。

ヨンジ母とヘナ父はうまくいきそう。

96

相変わらずギルラ母はすごい剣幕。
ギルラに怒鳴るのはわかるけど ヨンジ母にまで言う必要があるのかしら…

ギルラの兄嫁も意地悪そう。
今までも気になる言動はあったけれど
弟嫁が誰になってもいいと思うんだけどなぁ。
“年上の義妹”っていうのが気に入らないのよね。
妹として接したらいいと思うのですが 年上だから敬語を使わないといけないのかしら???

ギルラ祖母は認めてくれたみたい。諦めたのかな?
ギルラ父に 「ギルラ母が反対するなら 自分も一緒に住むから マンションを用意してほしい」と頼むのよ。

肝心のシヒャンは結婚する気はなさそう。
シヒャン父があんなに喜んでいるのに。

97

早くもヨンジ叔父に恋の予感。
シヒャン友人が店に来たヨンジ叔父に同情しちゃって慰めるみたいですね。もしかしたら もしかするかも。

ヨンジ母の方も ヨンジ叔父が再婚を勧めたのをきっかけに ヨンジも再婚を認める方向に。
ヨンジはヘナ父と一緒に夕食を。
こちらはうまくいくでしょう。

シヒャン父はギルラが見舞いに来てくれるとご機嫌。シヒャンに ギルラと結婚するように助言するつもり。
ギルラ母は認めていないけれど 反対しても結婚するだろうと諦めているみたいね。
祖母の手助けを得て マンションを借りることになりそう。

もう少しすると あの鳥肌もののシヒャンとギルラのラブラブが見れるのね。
見たいような…見たくないような…

98

ギルラ母反対のまま 話は進みそう。
ギルラ祖母が味方になってくれたからね。

ギルラはシヒャンに電話をし 会う約束をする。
ギルラは 兄夫婦の部屋にシヒャンを連れて来て 祖母も交えて話し合うつもりみたいね。

ギルラ祖母が ギルラ兄嫁スギョンに 「シヒャンがここに来るかもしれないから」と言った時の スギョンの顔、とっても嫌そうな顔でしたね。

どうなるかしら…
シヒャンはシヒャン父に結婚するように言われたから OKするわよね。

クムニョは散歩に行き ヨンバンに会う。
2人はいい感じ。もしかして付き合うことに?
ヨンバンが実はシヒャンの元部下と知ったから しばらくの間 交際は秘密にするのかしら。

大雨と雷で残り数分 受信不能。
ギルラがシヒャンの家に向かったところまでは観たけれど
到着したのか どんな話をしたのか 全くわかりません。
ちらっと写った予告で 運転するギルラの横にシヒャンがいたので どこかに向かっているのは確かです。

99

シヒャンは頑なだわ~ いやぁ…意固地かも。
ギルラ祖母があんなに言ってくれているんだから OKしたらいいのに。
結婚なんて ぐだぐだ考えていたらダメになっちゃうのに。
笑い者なるとか 自分を許せないとか どうでもいいじゃない。
笑いたい人は笑わせておけばいいのよ。 自分の人生、人の目を気にして生きてどうするのよ!

ヨンバンの同僚の女性はヨンバンを好きみたいね。
もしもヨンバンとクムニョが付き合ったら ショックよね。

100

シヒャンは結婚を決意。
ギルラ祖母に聞かれた時は 「慎重に考えます」と答えていたけれど
ギルラと2人になった時に ギルラと話して決意する。

“ギルラを愛しているし、離れている間寂しかった”
結婚するしかないでしょう。

ギルラがシヒャンに優しくしているのを見て スギョンは嫉妬。
比べるものなのかしら?
ギルラ兄ヒラは そういうのに疎そう。
いつも祖母に相談しているものね。

101

ギルラ母は強硬だわ。
歳のことばかり気にしているけれど それなら自分もそうだったんだから
“自分のことは棚に上げて!”だわ。
愛し合っているんだから認めたらいいのに。自分も反対されても無理矢理結婚したんじゃないの?

ギルラ母は怒りながら タンスから出してきたお金をギルラに渡す。
「これで家を借りて 幸せにやって」と。

「結婚式に出席したら 自分もシヒャン父のように倒れるかも」 なんて ギルラ母は言ってるけど
大丈夫でしょっ!言いたい放題言っているんだから倒れるはずないわよ。

102

結婚することに決まったんだから 諦めて 結婚式に出席したらいいのに。
いつまでも反対していたら 気まずいだけ。

スギョンもこころよく思っていないのよね。
シヒャンが“お義姉さん”と呼んで スギョンを立てたら 解決かな?

ヨンジ母とヘナ父は結婚しそうな雰囲気。
結婚するのはいいけど ヨンジとヘナが喧嘩しないか心配。友達だから大丈夫よね。

103

何故 あんなに反対するのかしら…
わからないわ。
ギルラ父も頼りなくて イライラするわ。
ギルラ父は賛成なの?反対なの?妻の顔色ばかり気にして情けないわ。

クムニョはヨンバンを落とすつもりなのね。
うまくいくのか楽しみ~

ヨンジ叔父はシヒャンの話をしたくて シヒャン友人の店に。
わざわざ 出すなんて これから2人は付き合うの?

104

クムニョに告白されたヨンバンの反応がおかしかったわ。

クムニョは「私と真剣に付き合ってみませんか?一生の伴侶として」と告白。
ヨンバンは「今の話は冗談ですか?本気ですか?からかっているんですか?」と答える。
大笑いしてしまったわ。

ヨンバンはどうするのかしら。
クムニョに押し切られそう。

シヒャン父はお金を貯めていたのね。
家族が一つになって ほんと、良かったわ。
アガが寂しそうにしていたのが 気になったけれど。

105

ヨンジ母とヘナ父は結婚することに。
あっと言う間に決まって びっくりだけど お幸せに~

ヨンジ母って いい人だわ。
シヒャンに結婚祝い金を渡すのよ。 なかなかできない というか しないわよね。
ヨンジ叔父は 今日もシヒャン友人相手に シヒャンの話をしていて 忘れるのには まだまだ時間がかかりそう。

ギルラ母は…相変わらず。
我儘おばさんのようだから 気にしないことに。
12歳年上で恥ずかしい と言うけれど
自分の時も噂になったんじゃないかと思うけどなぁ。男が年上と女が年上とでは多少違うだろうけど。

ヨンバンは悩んでいる。
ということは…OKする可能性もあるってことよね。

106

シヒャンはギルラ家族と食事会。
もちろんギルラ母は欠席。
シヒャンはギルラ祖母に助言されたように ヨンアの洋服を買って スギョンの点数を稼ぐ。

シヒャンとギルラは仲良くショッピング。
どう仲良かったかと言うと… 鳥肌ものだからやめよう~っと。

クムニョは待ちくたびれて ヨンバンに電話をする。
返事は 「結婚する気はない」
それでも クムニョは諦めていないみたいね。

107

ギルラ祖母の話を聞いて ギルラ母はギルラとシヒャンを認める気になったかしら?

いつまでも認めようとしないギルラ母に 「子供は成人までよ」と言う。
身勝手に 自分の思いだけを押し付けるギルラ母に
自分がギルラ両親の結婚を認めた時のことを話す。

ギルラ祖母にも 希望はあったのよね。
息子が検事になるまでと 夫を亡くして一人でがんばってきた。
けれど 20歳の娘を連れて来て 結婚すると言い、検事を諦めて就職してしまった。
その後は何もできない嫁に代わって 孫を育ててきた。

誰でも 子どもに託する思いは強い。親は子供のために 自分を犠牲にしてでも頑張る。
そうやって育てても 大きくなったら 手を離して 子供を信じて見守るしかない。

なーんて言ってもね…
私も子供の結婚に反対するかも。

108

ギルラとシヒャンは写真撮影。

シヒャンはギルラ母を訪ね
今までのことを謝り ギルラを愛していると 話す。
「頭を下げることができなくて 許してもらおうとする努力もせず 意地を張っていた。これから頑張るから許してほしい」と。

結婚式を前に和解できてよかったわ。
家族になるのに 憎んだままではよくないもの。

そんなことよりも~
ヨンバンを諦めていないクムニョは ヨンバン同僚のソクギを呼び出すのよ。
自分がヨンバンをどんなに思っているかを訴え ついにソクギに「話してみる」と言わせるのよ。

説得するなんて そんな安請け合いして大丈夫?
「オッパー」と呼ばれて 嬉しかったのかしら?
そこまで思われて 嬉しいやら悲しいやら。

109

ギルラ母が認めてくれて よかったわ。
結婚式に母親が出席しないなんてあり得ないもの。

ギルラとギルラ父は夕食を作ろうと買い物に。
ヒラも誘って 一緒に行くんだけど…
ヒラは 夫が妻に尽くすのではなく 妻が夫に尽くすものだと思っているのよね。
でもギルラとギルラ父は 夫は妻に尽くすものと思っている。

そのうちスギョンが怒ってしまうかもね。

ソクギはヨンバンを説得。
でも “わかった”と言うはずがないわよね。
今度はソクギがクムニョに秘策を教えるみたいね。

110

シヒャンとギルラはうまくいっているので おいといて…

シヒャンからの結納品を見て
スギョンは「スーツを頼めば良かった」と言ってしまう。
ギルラ母も祖母も 内心 スギョンを非難。
嫁が2人いると 比べられるのよね。それがもとでぎくしゃくしそう。

ソクギはクムニョに ヨンバンの報告を。
“花、おかずを足しげくプレゼントしたらどうか”とアドバイス。

クムニョはソクギに感謝して 成功したらスーツとコートを買ってあげると。
そんなに ヨンバンが好きなのね~
結婚したいというソクギに クムニョは 好みの女性のタイプを聞く。
…って、どうするソクギ!
おっかしい~
“手足が太い”なんて言えないわよね。

111

ずっと 気になってたのよね。
アガがご飯をお茶碗にぎゅうぎゅうについでいたことと
ミニョがアガに冷たくあたること。

クムニョはシヒャン父が倒れてから優しくなったけど ミニョは冷たいまま。
アガがご飯をついでいるのを目撃して 文句を言うのよ。
大人げないっていうか…
子供には食べたいだけ食べさせてあげなさいよ。 「おかわりした」と文句を言うから アガも考えたのよ。

そして アガは家出しちゃうのよ…
娘に辛い思いをさせて 叔父は何をしているのよ~

112

ヒラとスギョン夫婦、最初のうちは うまくいっていると思っていたけれど
実は ヒラがギルラ祖母に “妻操縦法”を伝授してもらって 実践していたからうまくいっていただけなのよね。
スギョンに 祖母に相談していることがばれて 大喧嘩。

ヒラが自立していないのが問題。
家庭をもったくせに いつまでも実家を頼っているのは ちょっとね…

ギルラは自然にシヒャンに優しくできる。父親に似たのね。
でもヒラには妻を大切にする気持ちがあるのか 疑問。
スギョンが羨ましく思うことがあるかも。

アガは母方の叔母の家に向かったけれど 帰ってくる。
ミニョは反省したようだから もういじめないでしょう。

113

雪が降り ギルラは雪の日に渡そうと用意していた熊のぬいぐるみをシヒャンに渡すことに。
夜中だったから 門扉にかけて帰る。
翌朝 大きな袋を見て クムニョとミニョは大騒ぎ。
ギルラからシヒャンへのプレゼントと知って 大喜び。
ギルラからのカードを読んで 鳥肌が…

ヒラもこれくらいできると スギョンと喧嘩しないで済むのに。
見合い結婚だから 喧嘩するんじゃなくて ヒラが妻を大事にしないから喧嘩するのよ。
今度からはギルラがシヒャンに優しくするのを参考にしたら?

ところで ギルラが家で抱えていた袋と 実際に門扉にかかっていた袋と大きさが違うような…

114

大笑いしたわ~

新郎の友人が新婦の実家に結納品をもっていく。
受け取りにでる新婦の友人がお金を渡して 「どうぞ家に入ってください」と言う。
新郎友人は 「これでは足りない」と渋る。
これを繰返しながら 届けるんだけど…

最後にクムニョとミニョが出ていくのよ。
あの2人に迫られたら 逃げるわよ。
新郎友人たちは逃げて 家の中へ。

ギルラ祖母はスギョンに意見していたけれど…
ヒラは何でもかんでも祖母に報告しすぎなのよ。
スギョンが別居したいと言ったら 話を聞いてあげて 話し合えばいいし、
叩いたとか 祖母コンと言ったとか 子供じゃないんだから 報告するな!

115

シヒャンとギルラは検察庁に挨拶に。
予想通りの反応で笑ってしまったわ。
2人一緒に会いに来ているんだから 2人が結婚するに決まっているじゃない!

「リードしているのか?」という質問に ギルラは「はい」と答える。
12歳違いだから気になるわよね。

スギョンとヒラは仲直り。
どうでもいいことなんだけど… 今回書くことが少ないので。

116

シヒャンはギルラ母を誘いに行く。
「今日は“お姉さん”として 最後のデートをしましょう」と。
昼食、映画、夕食。仲の良い嫁姑になりそう。

残った問題は スギョン。
シヒャンとギルラ母が腕を組んで出かけるのを見て嫉妬。
ついシヒャンの悪口を言ってしまう。
スギョンを立てれば大丈夫でしょう。

117

結婚式。
主役の2人より… クムニョに会った時のヨンバンの反応が楽しみだったのに…
次回なのね。

式場に向かう車の中で ソクギが「首席の妹なら30歳代だから 俺たちにちょうどいい」と言ってたけど
クムニョを見て びっくりよね。
もしかして ソクギはミニョを好きになったりして。タイプは「手足の太い人」だもの。

118

ヨンバン達は事故に遭ったのね。
ソクギが額に怪我をしただけのようだけど 式には出席できなかったのね。

シヒャンとギルラが伝統衣装を着て 両親に挨拶しているのを見て
クムニョは “ヨンバンと…”と想像。
想像はいいけど やせないとヨンバンがクムニョを背負えないんじゃないかしら。
つぶれそうで心配。

119

ギルラ祖母の願いがかなって 子供が生まれるといいのになぁ。

ギルラとシヒャンは 相変わらず 気持ち悪いくらい仲がいいのでパスして…
…シヒャンの甘える姿、可愛くないわ…

トさんは ヨンバンの家に。
けれど 先客が… ソクギが来ているのよね。
トさんは思いを伝えられずに クムニョに奪われることになってしまうのかしら。

ソクギもね…結婚したいなら ヨンバンの家に来ないで ナンパにでかけたら。
ナンパは無理かなぁ… お見合いしたら。

120

ヒラ、スギョン夫婦、お互いがお互いの眉毛を白く塗る。
朝起きて相手の顔を見て大喜び。 自分の眉も白くなっているのに。

どうでもいいことなんだけど
朝起きて 顔を洗わずに朝ごはん? 鏡もみないで朝ごはん?
ドラマとはいえ 不思議。

シヒャンとギルラが新婚旅行から帰ってくる。
早速 嫁同士の対決?があるのかしら。

結婚が決まってから 面白くなくなったような…

121

スギョンが意地悪に思えてしまうけれど
義妹にはそういうものなのかしら?

「お義姉さん」と呼ばないと機嫌が悪いけれど どうでもいいような?
もちろんシヒャンは「お義姉さん」と呼ぶべきだけど
言ったとか言わないとか いちいち気にすることなんだろうか…
スギョンにとっては大事なことなのよね、きっと。

シヒャンが早起きしているかどうか確認するのも 嫌な感じ。
ど~でもいいじゃない!

スギョン叔父の家を借りて みんなで住むことになりそうな気配。
スギョンの意地悪しそう。

さてさてクムニョはソクギと一緒にヨンバンの家に。
ヨンバンが可哀そう~
ヨンバンはトさんのほうがいいだろうになぁ~

122

ヨンバンは 家に来られて迷惑だったみたいね。
クムニョ~ ソクギと気が合っているんだから ソクギと仲良くしたらいいじゃない。

ギルラとシヒャンがソファに横になって 寝ているのを見たスギョン、
ヒラに同じことをしてもらおうとするけれど…それは無理。

スギョンはシヒャンを呼びつけ
「私は“シヒャンさん”と呼ぶわ。あなたは当然“お義姉さん”よね。私は歌と家事しかできないけれど あなたは何ができるの?」と言い出す。

だ・か・ら スギョンが年齢は下でも兄嫁なんだから 威張ってもいいわよ。
でもね 普通の人は 年齢が上でも 威張らないと思うわ。

123

同じことを言うのでも 言い方があると思うんだけど
スギョンは 兄嫁として威張りたいのね。

キムチのこと、家族の誕生日のこと、優しく話せば お互いに嫌な気分にならなくていいのに。

シヒャンがスギョンにもらったキムチを ギルラに頼んで取りに来てもらおうとすると
「妊婦なの!」と言われてしまう。
そうだけど… ギルラが取りに来てくれるなら それでいいじゃない。

“覚悟しておくのね”って、ほんと嫌な女。

ヨンバンはクムニョにもらったシャツを着て出勤。
もしかして…?

124

シヒャンとギルラの新婚生活は もちろん幸せ一杯。
ギルラ祖母もやさしい。

息子夫婦の家に遊びにきたギルラ祖母、スギョンに ケジャンをもらいに行く。
スギョンは “母のケジャンをあの女に”と思う。
まあね、気持ちはわかる。わかるけど… いちいち文句を言わなくてもいいじゃない。

ヨンジ叔父とシヒャン友人、クムニョとヨンバン、ミニョとソクギ、
新カップル誕生みたいね。

125

スギョンはギルラ祖母がおかずをもらいに来たのが気に入らない。
もちろん怒っているのは シヒャンに対して。
“お年寄りをこき使っている。ほしいなら自分で言いなさい”と。

ぐちぐち聞かされ、ヒラはキレてしまう。
「嫌ならあげなきゃいいだろう~」
夫婦の会話に 家族の悪口はご法度。

スギョン、今度は買い物にヒラを誘う。
けれど ヒラはついてきてくれない。
一人で出かけると シヒャンとギルラが仲良く買い物をしているのに会ってしまう。

帰宅して 喧嘩。
どっちもどっち。 どうでもいいじゃない。

ソクギは理想の女性に出会えたと大喜び。
もちろん ミニョのこと。
こちらは ミニョが嫌がりそう。

126

クムニョ、すごい勢いで転んだけど…
わざと?まさかね。

あの脚じゃ 腫れてきたかどうかわからないし。おっと失礼。
(私…手を柱で打った時、とても腫れているのに 家族からいつもと変わらないと言われて ショックを受けたことが…)

クムニョを家に入れるのに手伝ってくれた人はトさんの先輩なのね。
電話で話を聞いた トさん、気が気じゃないわね

それにしても…
負担だと断ったヨンバンだけど…
クムニョから逃れられない運命みたいね。

ギルラ母はシヒャンに 新居祝いの料理をスギョンに頼んだら?と助言。
文句を言いながら料理を作るスギョンの顔が浮かぶわ。

127

アガの父親が亡くなってしまう。
早くに両親を亡くして可哀そう。

ソクギはミニョンのタップダンス教室に行く。
入会するつもりが…
ミニョは入会させたくないから テストをすることに。

冷たくあしらわれているのに めげないソクギ。
入会するみたいね。もしかしたら…個人レッスンだったりして~

128

シヒャンは子供のことが気になるみたいね。
予告で妊娠検査薬を買ったから もしや?と期待したけれど。

トさんは ソクギに ヨンバンが好きだと告白。
ソクギは 代わりに伝えてほしいと頼まれる。
クムニョからは ヨンバンがトさんを断わるように仕向けてほしいと頼まれる。

ソクギから話を聞いたヨンバンは…
そりゃぁ 嬉しいに決まっているわよね。14歳年下の人から好きだと言われたんだもの。

さぁ…ヨンバンの結論は…
どう考えても トさんよね。

129

ヨンバンは悩んでいる様子。
ソクギはそれとなく “トさんは若すぎる”と言って 諦めさせようとしているようだけど…
どうなるかしら?

プ家の引っ越し。
これから シヒャンとスギョンのバトルが始まるのかしら。
シヒャンは はやいとこ “お義母さん”と呼んだらいいのに
そうすれば スギョンの意地悪はなくなるはず。単純な人だから おだてたら木に登るはず。

ところで
ヨンジとヘナのお芝居(コント?)は 面白いの?
何度も毒を飲むことになって なかなか死なないから 面白いのよね。
私、お笑い番組を見ても 少々のことでは笑わないので…

130

スギョンは 家事をすべてシヒャンにさせるつもり。

夕飯の後の食器洗いをシヒャンにさせる。
“頼む”ではなく“させる”
そして 聞こえるように “お腹が張ってきた”とつぶやく。

優しいギルラが シヒョンに代わって食器を洗い、お皿を割ってしまい…
ギルラひとりが食器を洗っていることが家族にわかってしまう。

翌朝スギョンは シヒャンが朝ごはんを作るものだと思い(作らせるために) 早起きしない。
ギルラ祖母に起こされ起きると シヒャンとギルラは出勤した後。
ギルラ母からは “今までどおりにするように。大変なら自分に言うように” と言われてしまう。

もちろん、仕事をしているから 家事をしなくていいとは思わない。
スギョンと同じように受け持つべきだと思う。
仕事を理由にスギョンの押しつけるのはどうかと思う。

でも… でも…
スギョンはいやらしいのよね。
仕事していたら大変だろうから 負担を軽くさせてあげようと考えてもいいと思う。
どうせ ヒラの食事は作らないといけないのに。それさえも シヒャンにさせようとする気持ちがいやらしい。
どうしても嫌なら シヒャンとギルラの分は シヒャンにまかせて しなきゃいいじゃない。

クムニョをみると 図々しい(押しまくる)のが一番かな?と思ってしまう。
このままだとヨンバンは押し切られそう。

ソクギはトさんに 年の差がありすぎるからやめた方がいいのではないか と話す。
ヨンバンはどうするか決めていないのに それとなくトさんを諦めさせようとするなんて…
これもクムニョのためね。

トさんは クムニョとヨンバンが一緒にいるのを見て “あり得ない”と叫んでいたけど…
人を介さないで 直接告白したらいいのに。 職場が一緒だからダメだったときのことを考えたんだろうけど 仲介人を間違えたから この恋は実らないかもよ。

131

クムニョはヨンバンに 「私に愛されてみて」と言い、ウィンまでする。
思わず「結構です」と言いたくなってしまったわ。
好みじゃない人に言い寄られるのって きつそう。もてても嬉しくない!

トさんも攻撃開始。
ヨンバンと話をし、クムニョとは付き合っていなくて 困っていることを知る。
そこで 恋人のふりをしてあげると言い出す。
ヨンバンは嘘をつくのは嫌だから乗る気ではないみたい。

トさんはクムニョに電話をする。
逆効果のような… ヨンバンは嘘が嫌い。人をけなすのもすきではない様子。
トさんは 自分がクムニョに負けるはずがないと自信満々。だけど恋愛って顔や年齢は関係なかったりするのよね。

ソクギも頑張ってます。ミニョに嫌われているのに。
ミニョは痩せている人は嫌いらしい。

シヒャンは検事の再登用試験を受ける前に しばらく仕事を休み 主婦業をすることに。
スギョンは家事を分担できると喜んでいる様子。ついでにシヒャンをいじめるのかしらね。

アガは夜中に泣きながらアイスクリームを食べる。
アガに優しい言葉をかけることはできても アガの気持ちを理解できるのは同じように両親を亡くした人だけかも。

132

シヒャン…
スギョンの分のクシも用意しないと
スギョンが夕食の用意をしていたら 「手伝いましょう?」じゃなくて「手伝います。何をしたらいいですか?」でしょう。

ギルラ母もギルラ祖母もシヒャンに優しいから スギョンは相変わらず機嫌が悪い。
スギョンの気持ちもわかるのよね。
“仕事しているから”で片付けられるとね。

でも 仕事と家事を両方するのは大変。
シヒャンとスギョンともっと話せばいいのに
っというか… スギョンは“お義姉さん”と呼んでほしいんだから シヒャンが呼べばいいのよ。
そうすればスギョンの機嫌はよくなるのに。

トさんはクムニョを呼び出す。
もっと賢い人だと思っていたら…何を考えているの?
ヨンバンと付き合っているならともかく 告白しただけじゃない。
クムニョに「あなたが彼にふさわしいと思っているの」って それは失礼だわ。

クムニョがヨンバンに話したから トさんのイメージが悪くなってしまったんじゃ…
その分クムニョが急上昇?

133

シヒャンが寝てから 下着を洗うギルラ。
それをみたスギョンは羨ましく思う。

送別会の日には 酔ったシヒャンを迎えに行く。
ヒラに家の鍵をあけてもらい、
シヒャンの足を洗ってあげる。

スギョンはトイレに入ろうとして 足を洗っているのを目撃。
慌ててしまう。

スギョンはいちいち気にしすぎ。そんなに気になるの?
新婚なんだし… 何をしていてもいいじゃない。
自分と他人を比べて どうするのよ。

134

呆れてしまったわ。何よ あの手紙。
“お義姉さん、僕が風邪気味だから もやしスープを作ってください” なんて手紙があったら 私は怒るわ。
ギルラの妻でも母でもない。そんなこと妻に頼みなさいよ!
それも 自分のためじゃなくてシヒャンのためでしょう。まったく!

シヒャン対スギョン
どっちもどっち。というか 私は 親なら我慢するけれど 兄弟とは同居しない。

スギョンのきつくて嫌味な言い方には頭にくることもあるけど
シヒャンもね…
“家事をしないといけない、スギョンと仲良くしないといけない、年上だけど妹”
わかっているのかしら。

仕事だけをしてきたことはわかる。
でも20歳なら 「何もできません」で許されても 40歳では許せないもの。
「今まで何をしてきたの?すべて母親任せだったの?」と嫌味を言ってしまいそう。

対決はしばらく続きそう。

135

おかしかった~

夕食の後片付けを率先してするギルラ。
ギルラに誘われ仕方なく手伝うヒラ。

その2人を見て ギルラ母が怒りだす。
「主夫を育てた覚えはないわ」

それが…ギルラ祖母に止められて 説教されるのよ。

あなたは足の爪をいじりながら 夫に料理をさせたわ。
課長、部長になっても 私と2人で あなたの世話をしたわ。
あなたは手伝わせても 嫁には使うなと?
あなたには 家政婦兼乳母の私と 使用人の夫がいてよかったわね。

そんなこと言われたら 何も言えない。

スギョンは今日も意地悪だったわ。
何も知らないシヒャンも シヒャンだけど
家族の前でシヒャンの失敗を話題にするのはどうかと…
そういうところが いやらしいのよ。

136

スギョンは 優しい夫がいるシヒャンが羨ましいのね。
新婚なんだからいいじゃない。それにいろんな夫婦がいるのが当たり前。
嫉妬する必要も真似することもないと思うけどなぁ…
まぁ… ヒラがもう少しスギョンをかまってあげたらいいのに。

今日はチゲの煮干しで シヒャンはスギョンに怒られる。
煮干しね…
確かに 取るか入れたままぐらいかはわかりそうだけど…
家や地域で違うのかもしれないし…

頭ごなしに怒らなくても…
「食堂でも最初は食器洗い。その次が食材を切る仕事。それが慣れたら簡単な料理を」
とまで言わなくてもいいような…

ギルラが母に 「お義姉さんは14歳年上なのに粗末に扱っている」と言って 怒られていたけれど 当然。
シヒャンも同じことを思っていたら問題だわ。
スギョンの言い方はきついけれど 姉なんだから我慢しないと。
スギョンみたいな人は “お義姉さん”と呼んで 「何にも知らないから教えてください」と懐けば いいような気がするけど。ダメかしら?

ソクギ、頑張ってるわね~ミニョの気を引くため ミニョが食べたいと言ったツバメの巣を御馳走する。
毎日おごるなんて言って大丈夫?

137

ギルラ父がシヒャンの手伝いを始めて ギルラ母もシヒャンに嫉妬。
ギルラ母の気持ち、わかるわ~
“どうして あなたが嫁を手伝うのよ~”と叫びたい気持ちわかるわ~
“仲良く何を話しているのよ~”と思う気持ちもわかるわ~
叫んじゃいけないけどね。

老化防止と思って 好きにさせるか、
ギルラ母も手伝っちゃうとか?
食器を洗う時って 料理の時よりおしゃべりしやすいんですよね。
私も何もできない嫁で 子供を産むのにお世話になった時は 食器を洗うことしかできなかったので がんばりました!(笑)
その時に義母とたくさん話したのを思い出しました。

トさんが クムニョに負けているのを見ると 応援したくなるわ~
ヨンバンはどっちが好きなのかしら。そろそろはっきりさせた方がいいと思うけどなぁ~

138

海苔巻ね…
いつまで ぎくしゃくさせるつもりなんだか…
どうでもいいことで 嫉妬して…

シヒャンはギルラの夜食とお弁当用に海苔巻を作る。
ギルラが海苔巻を食べたのを知って ヒラは自分も食べたいと言うが ギルラはあげない。
だから ヒラはスギョンに愚痴る。 愚痴られてもね…
食べたかったら 自分で作れ~ っていうか ギルラ、1個ぐらいあげたらいいじゃない。

翌朝、ギルラだけ海苔巻を食べる。
ヒラとギルラ父は1個分けてもらう。
あきれ顔のスギョンとギルラ母。スギョンは「目上の人に先に勧めるべきよ」と意見する。

スギョンの言うとおり。
目上の人というか みんなに勧めるべき。
「お弁当に作った残りですが いかがですか?」と。
同居しているのに ギルラだけ別メニューはおかしいでしょう。
それこそ “40歳になってもわからないの!”

ヨンバンは トさんから「両親が認めてくれたら付き合ってくれますか?」と言われ、
「僕よりもっといい人を」と答える。
ヨンバンはクムニョを選んだのかしら?

ソクギのほうは難しそうだけど 諦めるつもりはないみたいね。

ヨンバンとソクギがそれぞれ結婚したら 兄弟になるのね。
想像するとおかしいわ。

139

さあ、シヒャンは妊娠しているでしょうか。
妊娠だったら喜ばしいけれど ますますギルラがシヒャンに尽くして スギョンがイライラしそう。

シヒャンは体調を崩してしまう。
ギルラは薬を買ってくるが ギルラ祖母が妊娠かもしれないからと止める。

シヒャンが風邪をひいたと聞いて ギルラ母は “疲れるほど働いたかしら”とつぶやき、
スギョンは “仮病じゃないの?”と思う。
そんな穿った見方をしなくても…

最近 ギルラがシヒャンに優しくするのを見るのが嫌なんですよね…
度が過ぎているような…
ギルラが優しすぎるから ギルラ母とスギョンが嫉妬してイライラするわけで…
そう思うなんて 私もスギョンと同じ?

140

シヒャンが妊娠したかは まだ不明。

ヒラとギルラ、兄弟でも考え方が違う。
ヒラは “王”でいたい。妻は家でいつも楽をしていると思っている。
ギルラは好きなら心配で手伝いたくなると言う。

考え方はそれぞれだし、夫婦の間で納得できてればいいのよ。
納得できていないから スギョンが羨ましく思うのかもしれないけど。

ヨンジ叔父はシヒャン友人とうまくいきそう。
ヨンジ叔父、シヒャンのことでは可哀そうだったから 幸せになってほしいわ。

…シヒャンとギルラが結婚してから つまらない。

141

ヨンジ叔父は大胆~早すぎ~
シヒャン友人の家に住むことに。
結婚より同棲が先 って… ヨンジ母は賛成できないわよね。
暮らしてみないとわからない というのはあるけれど…

家族から「愛されるために生まれてきたのね」と持ちあげられるシヒャン。
誰でも愛されるために生まれてきたと思うんですけど…
最近 シヒャンに批判的になってます。

142

ギルラがシヒャンを褒めると “イラッ”とする私って…

シヒャンは妊娠していませんでした。
結婚して何か月も経っていないのに 期待されると辛いわね。
年齢が年齢だけに プレッシャーだわ。

トさん、母親にヨンバンのことを話してしまいました。
半分認めたらしい。きっと気に入ると信じている。
ヨンバンは 「ここでやめよう」と言う。
でもトさんは諦めない。

母親にどう話したのかしら?付き合っているわけじゃないし…
先走りのような?
ヨンバン、完全にひいてるわ。

143

ヨンバンはトさんの母親に会うのね。
やっぱりトさんから言い寄られたら 心が動くわよね。
クムニョがどう対抗するのか 楽しみだけど…恐ろしくもあり…

ギルラ父はシヒャンに高級化粧品を買ってくる。
シヒャンだけって…
女性みんなに買って来ないと…
同居しているから いつかはばれるのに。

144

クムニョはヨンバンを諦めることに。
引き際は大切。すがって泣いてもね。

ソクギはミニョにぞっこん。
ミニョは以前よりはソクギに優しくなったような気がするけれど…
もしかしてうまくいくとか?

ヨンジ叔父とミラの件は本人まかせたらいいのに。
同棲はよくないけれど 姉がとやかく言うのも…
ヨンジ母の気持ちもわかるけど。

145-146

ヨンバンとトさんの様子がおかしい。
うまくいかなかったのかしら?

クムニョはヨンバンに身を引くと言って 別れたのに…
もしかしてヨンバンはクムニョが好きだったりして…まさか それは… でもあり得ないことではないし…
ほんと、何があったのかしら。

ミラはヨンジ叔父と結婚するつもりはないのね。
ヨンジ母と話しているのを見ていると ミラがヨンジ叔父を愛しているのかも疑問に。
淡々と話されると 冷たく感じるわ。
それはシヒャンも同じだけどね。

147

背が低い って…
それって 断わる理由になるの?
おまけに 厚底靴を履いてほしいと言われたらしい。
そんなことしてまで 付き合う必要ないわ。

ヨンバンはトさんとクムニョと2人を失ったのね。
残念でした。

ところで ソクギは今日も顔にパックを。
頑張るわね。でも肌がきれいでもね…

ヨンジ母は弟をミラと結婚させたくなくて イライラしているけれど
どうでもいいじゃない。
20歳の息子ならわかるけど いくつなのよ!
こんな姉、鬱陶しいだろうなぁ。

シヒャンは きっと家族とうまくいっていると思っているわよね。
ギルラ母とスギョンに嫌われていると思っていないわよね。
ギルラ母とスギョンがシヒャンをねたむ気持ちがわかるわ~
ギルラ母の“しったかぶり”はひどすぎるけどね。

148-149

以前のようにシヒャンを好きになれず…
愛嬌があると思えないし、能面みたいで表情ないし、検事の時の事件の話をするのも 自慢しているように見えて
こんな風に思ってしまったら まずいわ~

ヨンバンは後悔している様子。
ソクギはクムニョに トさんとのことはなくなったと話す。
けれど クムニョはもう心はないと言う。

そうよね… 一度諦めたら 気持ちは戻らないかも…
でも これから先のことはわからないわよね。
ヨンバンがクムニョを忘れられないかもよ~

ヨンジ叔父のことは… どうでもいいわね。
周りが反対しても いい歳のおじさんとおばさんだから勝手に結婚するでしょう。

150-151

“お義姉さん”と呼ばれて あんなに喜ぶなんて 単純。
それくらいのことで 関係が良好になるんだから さっさと言ってしまえばよかったのよ。

シヒャンとギルラの提案(策略)で スギョンとヒラも一緒に映画に観にいくことに。
なぜ ヒラは妻と外出したくないの? わからないわ。
妻を喜ばせようという気持ちがまったくないわ…

ソクギはミニョの近所に引っ越そうかと考えている。
諦めないわね。
どうやっておとすのか 興味津津。
無理だと思うけど。

トさん、落ち込んでいる様子。
急ぎすぎたのよ。付きあってもいないのに 母親に紹介するなんて。

ヨンバンはというと クムニョの言葉を思い出しているみたいね。
今からでも遅くない。クムニョにアタックするんだ~

152-153

シヒャンは婦人科を受診。
卵管に腫瘍、子宮内膜症。手術をすればいいらしいけれど シヒャンは麻酔をかけられないらしい。

自然妊娠は難しいかもとショックを受けている様子。
いつもなら慰めの言葉を並べるところ。
でも… シヒャンがダメになってきている私…
パスします。 書き出したら 冷たい言葉をならべそう。

ミラの方は妊娠した様子。
結婚はしないって言ってたけれど 違ってくるわね。

154

シヒャンが妊娠しにくいと聞いて
ギルラ祖母は アガを養子にすることを提案する。

ギルラ母は納得できない様子。
納得できないというよりも ギルラが自分の子供を抱けないことを悲しんでいる。

クムニョはソクギに誘われ 待ち合わせの店に行くと ヨンバンもいる。
ソクギが気を利かせたようだけど…うまくいくかしら。

155-158

アガを養子にする話は トントン拍子に決まって アガはシヒャン家にお引っ越し。
元々 親戚だから抵抗は少ないけれど それにしても あっという間でびっくり。
そんな簡単に決めていいのかしら?
妊娠の可能性も まだ あるのに。

妊娠とは関係なく
アガを養子にするのは アガにとってはよかったのかも。
戸籍が変わるのは寂しいだろうけど きちんとした両親がいるのは この先不利にはならないだろうから。

ギルラ母は当初 息子を不憫に思ったようだけど
あっさりと悟りを開いてしまい 快くアガを迎え入れてくれる。
お坊さんの言うように 他人と比べることなく生きられたら ねたみやひがみはなくなるのかもね。

ヨンバンはクムニョの歌を聞いて クムニョの魅力に取りつかれた様子。
風邪で寝込んでいる時に クムニョがお粥を持ってきてくれる夢をみるなんて…
クムニョはソクギからヨンバンにお粥を持って行って欲しいと言われ 躊躇していたけれど 持って行くことに。
でも 玄関に置いてきたみたいね。

クムニョはヨンバンをどう思っているのかしら。
本当に 諦めたの?
じらして振り向かせようとしているようにもみえないのよね。

ミラはもしかして 別れるつもりなの?
カップルリングを買ったし、妊娠したから 結婚するのだと思ったけれど
マンションを売るつもりらしい。
子供は一人で育てるつもりなのかしら。

159

ミラはヨンジ叔父に別れを告げ 家から追い出してしまいました…
電話番号も変え アメリカの姉のところに行くそうで そこで子供を産むつもりなのね。

ヨンジ母は 約束を守って別れてくれたと思っているようだけど
ミラは 迷惑をかけたくなかっただけかも。

ヨンジ母は ミラにお金を渡したいようだけど それって…失礼だと思うのは私だけ?

なんだか… ヨンジ叔父の大人とは思えない浅はかな行動で ミラが犠牲?になったような気がするわ。

160-161

スギョンが 「わ~嬉しいわ~」と甘える練習をしているのは笑えるわ。
でも その気持ちは大事かも。
せっかくホワイトデーだからと用意したんだもの 猫か犬に食べられたとしても 感謝はしなくちゃ。
シヒャンの手ほどきで 仲直りしたみたいね。

ギルラ母とギルラ祖母がミラを見て 妊娠していると言い出し 大騒ぎに。
でも ミラは引っ越した後。
携帯も通じない。

ソクギはホワイトデーの飴をミニョに渡し、家の近くまで送る。
翌日も ミニョを送ろうと 教室に。
ミニョは 「お酒でも」と誘ったけれど 断わるのかな?

ソクギは押し切ろうと思っているのかもしれないけれど
鬱陶しい。私だったらダメ!
少しでも いいなぁ と思っている人なら 押し切られるかもしれないけれど…
ソクギはパス。まだヨンバンの方が… って、私の好みはどうでもいいわね。

162

いやぁ~ びっくり~
これは もう書かずにはいられない~

ヨンバンはクムニョと遊園地に行き、キスをする夢を見る。
目覚めたヨンバンは走り出す。
クムニョに電話。「家はどこですか?住所は?」
タクシーに乗って家まで。
「外に出てきてください」
「何か?寝おきなんですけど…」
「出てきてください」

クムニョが出て行くと ヨンバンはいきなりキス。
そして 「結婚しよう」
クムニョはその場に座り込んでしまう。

そりゃぁ 観ている私がびっくりするんだもの クムニョは気絶するくらい びっくりするわよね。

話しを聞いた両親もびっくり。
シヒャン父は家族のこと、仕事のことを聞く。
すると仁川地検で働いていると言う。

今度はヨンバンが倒れる番。
シヒャンが姉で、ギルラが義兄 と聞いて 気を失ってしまう。

それに比べて ソクギの情けないこと。
ミニョに 「タイプじゃない。私はでかい男の人が好きなんです。夫婦喧嘩した時に 拗ねた妻を力持ちの男が抱きかかえてベッドに運ぶ。それが夢なんです。できます?」と言われても
ソクギは諦めない。
ミニョが乗ったタクシーに無理矢理乗り込んでくる。

ところが寝てしまい
ミニョがソクギを背負って 家まで運ぶことに。
もう諦めた方が…

163-164

「僕の心は燃えている」
「喜んで灰になるわ」
クムニョとヨンバンは燃え上がっているようで…

それに比べて ソクギは ミニョに背負われて家に帰ったことを知り 落ち込んでしまう。
ミニョから 「連絡してこないで」と言われてしまい…
諦めるかと思ったら しぶとい。

ヨンバンとクムニョの結婚を聞いたシヒャン、
喜んでいるように見えないんですけど… びっくりしただけかしら。
なんだか 妹が結婚できるとは思っていなかったように見えるんだけど…
もしかして 妹を見下していたの?

ヨンバン母は “41歳、太っている。美人ではないけれど気立てはいい”と聞いて
がっかりはしているようだったけれど
クムニョに会って 気に入った様子。
シヒャンよりも 可愛げがあるもの。

スギョンが出産。
女の子で がっかり。
男の子と思っていたからだろうけれど 女の子でもいいじゃない。
シヒャンのように 妊娠難しいと言われた人にとっては 贅沢よ。

ミラは出国。
ヨンジ叔父、捜すのかしら。

165

次は男の子が欲しかったのはわかるけど 女の子でもいいじゃない。そんなに落胆しなくても。
落胆している姿をみると 嫌になるわ。
私だって女よ!それの何が悪い!

ソクギはミニョ両親に会いに行く。
「先生を好きだけど 電話に出てくれない。協力してもらえないでしょうか」
両親は大喜び。
だけど…ミニョがどう思うか…

166

ソクギは“将来の義姉夫婦”と 大喜びで クムニョとヨンバンをもてなす。
本人は 結婚が決まったような気になっているけれど…

クムニョは ミニョから話を聞いていたから ミニョの気持ちがよくわかっている。
だから 反対するつもり。
家族の気持ちより ミニョの気持ちが問題。
ソクギに向かせるのは 大変だと思うなぁ。

あの醜態。 どんなに好きな人でも 嫌いになってしまうくらいの醜態。
あれを払しょくするほどのことがないと 無理よね。
何をすればいいか… 思いつかないわ。

クムニョとヨンバンはペアルックでしたね。
ドラマでありがちな お揃いのTシャツじゃ ちょっと無理だものね。

167

ミニョは父に押し切られて ソクギと結婚することになるか~
どうでしょう?

ミニョは 「嫌。酔って女に送られるなんて男らしくない」と言うけれど、
クムニョは反対するけれど
シヒャン父はその気。あきらめるつもりはない。
公務員って そんなに魅力なの?

本人が嫌だと言うのを無理矢理結婚させても…
と思うけど シヒャン父には秘策があるみたいね。
…ミニョをおぶって歩くとか? 絶対に無理だわ。

168

シヒャン父が授けた秘策は “耐えて尽くして大事に”
時間があれば 毎日でも家に遊びに来ていいと。
ソクギに軍配が上がりそう。

ミニョはシヒャンに助けを求めに行くけれど…
「付き合ってみたら?いい人よ」と言われてしまう。
以前ミニョから言われた言葉を持ち出して 説得。
そんなこと言われたら… ミニョは何も言えなくなってしまう。

あの言葉は酷いし、シヒャンが傷ついたことはわかるけど 今更持ち出さなくても。

ミニョは嫌われる作戦に。
髪はぼさぼさ。ジャージ姿。笑うと歯には食べ物カスが…
それでソクギが諦めるか… 諦めないようなきがするわ。

169

ミニョは食べ物に弱いのね。
嫌われようと 汚い格好で会いに行ったのに
「好きになると可愛く見えるもんです」と言われ… もうどうしようもないわ。

“しつこい男は嫌いなの”と思うくせに 青のりのスープに誘われると つい笑顔に。
毎日のように おいしいものを食べさせたら 結婚できそう…?
いくらなんでも 毎日おいしいもの食べたからって 承諾しないわね

私… ソクギの笑顔が苦手。 できれば出てきてほしくないけど しばらくは出てくるのよね…
(「人魚姫」で脚本家と女優の板挟みになる監督で出演。こちらの方は我慢できるんだけどなぁ。髪形のせいかしら)

170

ミラが帰国。
やはり妊娠していた。
ヨンジ叔父には告げず 一人で産んで育てるらしい。
「男は信じられない」と。

“クラブのママが玉の輿にのった” “弟にもったいない”と言われるのは嫌。
子供がほしくて 結婚を許されるなんて嫌。

わかる。 私も自分だったら そう思う。意地もある。
だけど 父親に内緒で産んで育てていいんだろうか…

171

シヒャンが仕事を再開することに ギルラが難色を。
「他の男と関わってほしくない」
って… 他の男と同じじゃん。はぁ…

水戸黄門の印籠のように、通行手形のように、なにかあると「俺は外で働いているんだぞ」を盾にするヒラと変わりないじゃん。
ギルラも 普通の男なのね。

ミニョは父から ソクギと1年間付き合ってみるように言われる。
ソクギに恥をかかせようと ソクギが泥酔してミニョがおぶったのを再現するけれど…
両親はソクギにぞっこんだから 同情するだけ。効果なし。

頼みの綱だったヨンバンとクムニョは ヨンバンが二股かけていたのをばらすと脅され
協力してもらえそうにない。

諦めた方がよさそうな…
でも…嫌だろうなぁ… 主要登場人物の中で 一番嫌(←あくまでも私の気持ちです)

172-173

僕と仕事とどっちを選ぶ
はぁ…

シヒャンはギルラ祖母、ギルラ両親、スギョンに相談し 投票で決めることに。
好きにしてください。
それより スギョンが私も働きたいと言ったのを聞いて、
スギョンがいなくなった後に ギルラ祖母が スギョンに何ができるのかしら?と言ったのには むっとしたわ。
誰だって働けるはず。音楽の先生だって立派だと思うけど。

ヒラはスギョンにお土産を買ってくる。
けれど それが お寿司だったから スギョンは 嫌いだから食べない と言ってしまう。
「わぁ~ありがとう~」と言えばいいのよ。
そんなことシヒャンに相談するなんて あなた妻を何年やっているのよ。
ヒラも… 妻の好き嫌いぐらい把握しときなさいよ。

で、ヘナは乳がんみたいね。
それから ミラはヨンジ叔父に 「妊娠していない」とはっきり言っちゃいました。
それでいいのかなぁ。 どうでもいいや。

消化試合をしている気分。
ここまで来たので最終回まで観るつもりですが
あと 30話もあるのね。
ためてみるのは観るのは苦手。だけど こんなつまらない話ばかりで 1話じゃ 書くこともないのよね。

174

シヒャン仕事復帰の家族投票は
賛成2票、反対3票。
ギルラ祖母が反対に投票。
シヒャンは予想外の結果にびっくり。

ギルラ祖母は夫婦一緒に暮らしてほしいから反対したらしい。
それなら 弁護士はダメなの?

ソクギ、キモイ。
諦めないわね… その根性はすごいと思うけど ストーカーみたいで嫌。

175

妊娠は父親にも告げるべきだと思う。
でもミラの気持ちもわかるような…

「結婚は認められない。別れてくれ」と言われ 別れたら、
妊娠しているかもしれないと聞いて 確認にくる。
“妊娠したから クラブのママでも 認めてくれるの?”という気持ちなのかなぁ。
いい歳した弟の結婚に 口出す姉が間違っていたのかもね。

ギルラは シヒャンが先輩を「オッパー」と呼ぶのが気に入らない。
まだ 嫉妬中なの?
どうでもいいじゃん。
浮気しているわけじゃない。先輩に親しみをこめて呼んでいるだけでしょう。
ギルラ、見苦しい。

176

ギルラとシヒャンの喧嘩。
シヒャンはアガの部屋で寝、翌日は一人で実家に。
結局 ギルラが折れることに。当然。

シヒャン実家にはヨンバンとソクギが遊びに来ている。
食料品を土産にし、気さくに話すソクギに軍配が上がりそうになるが、
腕相撲で ヨンバンに負けてしまう。

婿同士で比べられたら嫌だろうなぁ。

177

シヒャン母…心を入れ替えていなかったのね…
手土産に文句を言うなんて…
そりゃぁね あなたはケーキよりもいしもちがいいでしょうけど
私はケーキがいいわ。

ヨンジ母とヘナ父はミラ家に押しかける。
ミラは妊娠したことを認める。
ヨンジ母に 頭にくることはあるけれど 父親には知らせるべきだから よかったと。

178-179

結婚はおめでたいことだけど…
興味なし。

ヘナは胃がんで転移しているらしい。
まさか両親に知らせずに 一人で入院するつもりじゃないわよね。
それは… やめたほうが…

180-184

クムニョとヨンバンが結婚。
新婚旅行では グラスが割れるハプニングがあったけど 幸せそうでよかったわ。

結婚式前に クムニョが白髪を染めている時に ヨンバンが来て 大騒動だったのは 可笑しかったわ。
あの姿は見せられないわよね。

ソクギはシヒャン両親の助けを借りて “ミニョ アタック作戦”を決行中。
だけど 全く効果なし。
押してばかりじゃ… 押してもダメなら引いてみましょう~

ギルラ祖母の夢 “古木に花が咲いた”は シヒャンの妊娠のことかしらね。
古木 っていうのが ちょっと… 失礼だけど。

そしてどうしても解せないヘナの病気。
末期がんで 長くて半年。抗がん剤治療をしなかったら2~3か月。抗がん剤の副作用が吐き気に食欲減退etc
あんなこと聞かされたら 治療したくなくなるわ。それにガンで死ぬかもしれないって時に 副作用で不妊になることなんかどうでもいいわ。

両親には内緒にするようだけど…
いつかは知らせないと。 良くなるのならいいけど 亡くなった後に知らされるのは辛いわ。

185-187

シヒャンは妊娠のようですが… 事実かどうかは次回においといて

うまくいっていたスギョンとシヒャンの仲が悪くなってしまい…
スギョンはまさかシヒャンに聞こえているとは思わず 電話でシヒャンの悪口を言ってしまう。
聞いてしまったシヒャンは “イラッ”としてしまい スギョンに対して冷たい態度を取ってしまう。
今回はスギョンが悪いわよね。つい話してしまったんだろうけど。

で、私やっぱりソクギ嫌いだわ。
ヨンバンが二股みたいになったことをネタに脅すなんて。
そんなにしてまで味方してほしいのか~
周りを固めても肝心のミニョが好きにならないとダメなのに。

188-189

シヒャン妊娠。
いやぁ~ あんなに嬉しいものなんでしょうか
そりゃぁ 孫が生まれるんだもの。嬉しいわよね。
諦めていたから 特に嬉しいわよね。

それにしても あのプレッシャー。
“もしかして 妊娠?”と思ってもさ、シヒャンが言い出すのを待ったら?
「生理はいつだったの?妊娠したんじゃないの?検査薬を買って調べたら?私が買ってくるわ」
私… こんな姑 嫌だわ~

190-191

スギョンは 自分とシヒャンとの待遇の違いにおかんむり。
わかる~
特にヒラの花束には 私もびっくりしたわ。
ダメだと諦めていたからよね。 それにしても大事にしすぎ。

たぶん…スギョンの時も とっても喜んでいたはず(と思うけど)

ソクギがミニョにキス。
ミニョはソクギに頭突きで反撃。
すると ソクギの態度が豹変。
あれは何? 「いい加減しろ、39歳だろ」は何?

ミニョは父親にソクギの豹変ぶりを訴える。
でも 通じない様子。

192-194

スギョンの意地悪はとどまることを知らず…
シヒャンもね… 妊娠をいいことに何もしていないと思う。
「洗濯物ぐらい畳みなさいよ。 自分の食事ぐらい作りなさいよ」と思う。

でも… 労わってもいいんじゃないの?
妊娠中の体調は人それぞれ。軽い人から 重い人まで。
シヒャンばかりが甘やかされているとは考えないで やってあげたらいいじゃない。

シヒャンが大変な時は手伝って
自分が大変な時は手伝ってもらって
お互い助け合って生活したほうがいいのに。
ヨンアの食事の面倒を見ていたのはシヒャンだったし、今はヨンアもいなくて スギョンは楽じゃないの?

ヘナはやけどしたからと ヨンジ叔父の結婚式に出席しなかった。
けれどスーパーで ヨンジとばったり会ってしまい、
ヨンジはヘナの病気を知ることに。

ヘナは抱え込みすぎなのよ。
母親には気持ちをぶちまけてもいいのに。そうすれば気が楽になるのに。

ソクギは作戦を変更。
わざと冷たい態度を取る。
そうなると ミニョの気持ちに変化が…
“押してもダメなら 引いてみな”

195

お~ ミニョがソクギを受け入れそう。
ソクギの努力が実りそうね。

スギョンはまだ意地悪している。
長男の嫁だし、妊娠中は体調が良ければ動くべきと思う。
でもね… スギョンの言い方、態度、嫌味があるなのよ。

クムニョは 夕食に ヨンバンの好きな焼肉とビールを用意。
頼みごとがあるみたいね。

196-197

クムニョのお願いはお金のことだったのね。
クムニョの給料が生活費で ヨンバンの給料が貯金というのには 驚いたけれど
夫婦でよく相談してください。

シヒャンは再任官登用試験を受けたいといいだす。
最初 ギルラには スギョンと一緒にいるのが嫌だから と言ってたけれど
実は 働きたいのよね。
こちらもよく相談してください。

嫁同士が仲悪いんだから シヒャンとギルラは別居した方がいいんじゃないかしら。
ギルラ両親と ギルラ祖母もわかってくれると思うけど。

198

はぁ…
スギョンが年下でも義姉だから シヒャンは敬語を使うべきだと思う。
シヒャンも自分は年上だと言う気持ちがあって 素直になれなかったとも思う。

でも…スギョンのあのやり方は 陰湿。いじめているとしか思えない。

シヒャンはギルラにすべてを話して 少し落ち着いたみたいね。
試験を受けることも賛成してもらえたし。

あと… やっぱり… ヘナの病気のことを両親に言った方がいいと思うんだけど…
あとから聞かされるなんて
話題不足を補うために ヘナを病気にしてほしくなかったわ…

199

シヒャンの再任用、
ギルラはOK。スギョンも味方に。ギルラ母も賛成。
ギルラ祖母も賛成のはず。 と思ったら 反対。
以前も 反対だったわよね。

シヒャンはギルラ祖母をこれから説得するつもりだったのか
スギョンにばらされ ギルラ祖母にきつく反対され 大慌て。
スギョンの “してやったり”の顔の憎らしいこと。

クムニョとヨンバンの喧嘩は
クムニョが通帳を預かることで決着。

ミニョは… やっぱりソクギと結婚しそう。

200

ギルラ祖母、もっと反対するのかと思っていたら あっさりと認めてしまいました。
一緒に住んで ひ孫の面倒を見るそうで…

ところで検事じゃなくて弁護士じゃダメなの?
それなら転勤はないのに。
スギョンと離れることが目的だから?

シヒャン両親は済州島に旅行に。
その間 ミニョとソクギは家を入れ替えるらしい。
ソクギのマンションに一緒に泊まるわけじゃないのね。

201

やっぱり ソクギは失敗したみたいね。
酔って 自宅に。
ソクギは家を交換したのをすっかり忘れていたし、ミニョはドアチェーンをし忘れていた。
ソクギは着替え トイレに。
けれど そこには浴槽につかったミニョがいた。

どーでもいいけど
酒で失敗する人は最低。
爆弾酒がどれだけきついのか知らないし、酒を断れない状況なのかもしれないけれど
20歳そこそこじゃあるまいし、いい歳の大人が酒に飲まれるようじゃ…

シヒャンは春川地裁にいくことに。
これもどうでもいいわ。

クムニョが妊娠。
これもどーでもいいけど
肉のために何度も買いに行かされて ヨンバンが可哀そう


あと3話だわ…ふぅ…

202-203

スギョン妊娠。
ヒラの反応は「また?」
夫がそれではダメでしょう。
私は “また?”と思ったけど。

ヒラがクラブで女性と踊ったことも判明して
スギョンは離婚すると言い出す。

クラブのことよりも 今までのヒラの態度がね…
もう少し我慢したら 優しくなると思うけどなぁ…

ヘナは入院。
父とヨンジに看取られて 息を引き取る。

最終回はシヒャン出産のようですね。
高齢出産だから 安産とはいかないようだけど 無事産まれるでしょう。


やっぱり ヘナの病気には納得できない。
必要があったのか…
“ヨンジは女優、ヘナは脚本家をめざす” それでいいんじゃないの?
無理に不幸を作らなくても みんな幸せでいいじゃない。

シヒャンが結婚してから シヒャンのエピソードが減って 周りの話ばかり。
前半は 表情がなくても冷たくても それがシヒャンの魅力だったけれど
後半は それが逆に。
シヒャンにイライラするようになったら 面白いはずがないわ。

と 最終回を観終わった後の感想みたいになってしまいました。
最終回。シヒャンに子供が生まれて終わりなんでしょうが、ミニョの結婚は決着するのかしら。

204

最低、最悪、 なんなのあの終わり方、バカにしてるの?
あのさぁ、長いドラマだし、話の内容が当初考えていたのと違ってくるのは仕方のないことだと思う。韓国はそういうのアリらしいし。
でもさぁ… あの終わり方は…
ドラマを延長させるために ヘナの病気や妹の恋愛や義姉の夫婦喧嘩を書き始めた。けれど 急に終わらせることになって 最後の数分“その後”を見せて終わりにした って感じ。


シヒャンは脳出血を起こし 帝王切開と脳手術を受ける。
麻酔がどうのこうのと子宮の手術を拒んでいたけど 問題なかったみたいね。

で、数年後。
白髪目立つシヒャンは仕事を続けている。
子供も元気に育っている。

スギョンは仕事を始めたらしい。
その間はヒラが子供の世話を引き受ける。3人の子供の相手は大変そうね。
まさか離婚したわけではないわよね?

ミニョとソクギは結婚した様子。
そうそう ソクギが「12歳から母親にも裸は見せていない。責任をとってくれ」とプロポーズをしてたわね。私は “40歳で 女を知らないってどうよ”と思ったけど それは さらっと流すことにして。

クムニョは流産後離婚したのかな?
今度は金持ちの年上の人と結婚するみたい。
ヨンバンはまた太った人と出会いそう。

あと…ヨンジ叔父とミラは息子の発表会を参観。幸せそう。

ヘナ母の葬式は必要?
娘にストレスを与え 若くしてガンで死なせた母親は 死ぬべきってこと?


シヒャンが結婚するまでは とっても楽しかったのになぁ…
“面白いよ~”とみんなに薦めていたのに。
後半はひどかった…
後半は何を書きたかったの?年上妻の苦労?義姉との葛藤?仕事と家庭の両立?不妊症のこと?
どれも シヒャンが苦悩していたとは思えないんだけど。

この辺で終わり。
批判はいくらでも書けるけど 書く価値もないほどのドラマなので。


関連記事
スポンサーサイト



web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
親愛なる判事様
検法男女2

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>
  ~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~
神龍<シェンロン>(武道乾坤)
王朝の謀略(大明按察使之鉄血断案/鉄面御史)
花不棄(カフキ)
  -運命の姫と仮面の王子-(小女花不棄)

<視聴予定>
チョン・ヤギョン李氏朝鮮王朝の事件簿
       10/6~チャンネル銀河

蘭陵王妃 9/~チャンネル銀河
千年のシンデレラ(結愛・千歳大人的初恋)
         ホームドラマチャンネル放送終了
リーガルサービス~最大の利益(最佳利益)
         9/5~ホームドラマチャンネル
スィート・ドリームズ(一千零一夜) 10/2~レンタル
明蘭~才媛の春~(知否知否応是緑肥紅痩)
         10/~衛星劇場
悪との距離 10/15~衛星劇場
大唐見聞録 皇国への使者(唐磚)
         11/~チャンネル銀河
 
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング