FC2ブログ
2019/02
<<01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>




人魚姫(161)-(246) あらすじ&感想






全246話 2002年 MBC

出演者 : ウン・アリヨン(脚本家)・・・チャン・ソヒ
       イ・ジュワン・・・キム・ソンミン
       ウン・イェヨン・・・ウ・ヒジン

       ウン・ジンソプ(イェヨン父、新聞社編集局長)・・・パク・クニョン
       シム・スジョン(イェヨン母、女優)・・・ハン・ヘスク

       イ・ソンス(ジュワン父、新聞社“テヤン日報”社長)・・・キム・ビョンギ
       クム・シルラ(ジュワン母)・・・キム・ヨンリム
       ジュワン祖母・・・サ・ミジャ

       マ・マジュン・・・チョン・ボソク
       マ・マリン(マジュン妹)・・・イ・ジェウン
       チョ・スア(マジュン、マリン母)・・・コ・ドゥシム

       ウォンジェ母・・・ソン・グォンスン
       ハン・ギョンへ(アリヨン母)・・・チョン・ヨンスク


演出  : イ・ジュファン
脚本  : イム・ソンハン

161162163164165166167168169170171172173747576177178179180181182183184185186187188189190191192193194195196197198199200-201202-203204205206210-211212213214-215216-219220-223224-227228-229230-231232-235236-239240-243244-246
第1話から第80話はこちら
第81話から第160話はこちら

161

ジュワン母断食作戦。

アリヨンとジュワン母、少し言いあった後、
アリヨンは 「後悔しませんね」と言って お粥を下げる。
後悔しないと言ったものの お腹がすいて死にそうなジュワン母、
夜中に生食を食べることに。

台所で食べては見つかるかもしれないと、トイレの便器に座って食べる。
途中 ジュワン父が来てしまったけれど 鍵をかけていたから セーフ。
おばあちゃんの部屋で食べればいいのに。

翌日のお昼。
「お昼はビビン麺ですが 要らないですか?」
もちろんジュワン母は断わる。
断わったけれど お腹がすく。

なのにアリヨンは出かけないから 隠れて食べることができない。
「買い物には行かないの?」
「今日は買うものがないので」
え~ そんな~ 食べれないじゃない~

ジュワン祖母に中間報告。
ジュワン祖母は他人事だと思って 「頑張れ」と言うだけ。

アリヨンは洋服を片づけに ジュワン両親の部屋に。
そこに ジュワン父から電話がかかってくる。
用件が済んだあと アリヨンは ジュワン父に夕食のことを話す。
「何がいいですか?シジミ汁と冷麺とどちらがいいですか?」
ジュワン母には拷問だわ。

アリヨンはジュワン母に言う。
「私のせいで断食しているんですか?」
「私もあなたが憎いの。放っておいて。あなたが思いやってくれたらこうはならなかったのに」
「断食の時も水は飲むものです」
ひえ~ アリヨン、すご~

162

夕食。
ジュワン父は 部屋で食事をする。
横で寝ているジュワン母、可哀そう…
もう降参すればいいのに。

ジュワン母、夜中に起き出して台所にいくが…生食も牛乳もない。
思い余って ジュワン祖母に電話をする。
「お腹がすいて死にそうです」
ジュワン祖母は 「降参するなり 好きにしなさい」と投げ出す。
「お義母さん…自分の指でもかじりそうです」

面白すぎ…降参したらいいのに。

マジュンは母にイェヨンと結婚したいと話す。
予想以上に反対され 頬を叩かれ 驚いてしまう。
それでも 諦めない。 明日はイェヨン両親に挨拶に行くことに。

163

ジュワン母は 御馳走の夢を見る。
翌朝 アリヨンが朝食を用意してくれる。
ジュワン母はむさぼるように食べる。

アリヨンは ジュワン母に にぼしの内臓をとってほしいと頼む。
「家政婦は?そんなことしたことないわ」
「家政婦はお休みです。こうして内臓だけをとってください」

しかたなく 内臓をとり…
アリヨンに持って行く。

すると アリヨンから
「内臓だけをとってくださいとお願いしたのに 取りすぎです。何でも丁寧にするようにしてください。これは上手に出来てます。こういう風にしてください。お義母さん、手は洗いましたよね。洗濯物をお願いします」と言われてしまう。

アリヨン、面白すぎ。
ジュワン母、おかしすぎ。
これで 力関係は決まったわね。
ジュワン祖母が戻ってきて どうなるか楽しみ。

164

マジュンはイェヨン両親に挨拶する。
もちろん大反対。
“よりによって スアの息子なんて!マザコン男のどこがいいのよ!”

スアまで来てしまい…
スアとスジョンが取っ組み合いの喧嘩をしそうで
マジュンはスアを引っ張って 家に連れて帰る。

スジョンを送り届けたら マジュンは再びイェヨンに会いに。

しばらくスアとスジョンの 罵りあいが続きそう。

ジュワン母がジュワン祖母に会いに行くと言う。
アリヨンは自分も連れて行って欲しいと頼むが 「今度一人で行って」と言われてしまう。
そこで 「孫の嫁が祖母に会いに行くのは間違っていますか」と質問する。

ジュワン母はアリヨンと戦って アリヨンを手なずけるつもりでいるようだけど
たぶん 無理。 無駄な努力はしないほうが…

165

口では勝てないジュワン母、
アリヨンを連れて ジュワン祖母に会いに行くことに。

ジュワン祖母も アリヨンのペースにたじたじ。
アリヨンは部屋のゴミ箱を持って部屋の外に。
戻ってきたアリヨン、「私の悪口を言ってたんですか?」と。
ぎぇ~

お昼は外で食べましょうと
アリヨンが2人を連れて行ったところは サムギョプサルの店。
とってもおいしいのに アリヨンの手前おいしいとは言えない。
けれど 箸は進む。

「新聞社の家族ですから 庶民の生活も知らないと」とアリヨンに言われ
ジュワン母は 以前スンデを食べに行ってやけどしたことを 話しはじめる。
ジュワン母、おしゃべりになって…
アリヨンに洗脳されたみたい。

166

アリヨンはジュワンに皿洗いを頼む。
翌日
ジュワン母はアリヨンに 「仕事で疲れている夫に皿洗いをさせるなんて」と説教する。
すると 「私も働いています。昨日は疲れたので」と言われてしまう。
「あなたは一言うと十返すのね」
「意思疎通のためだと思ってください」

滔々と自分の意見を話すアリヨン。
「嫁いだ娘だと思ってください。家事は大変なんです。相手の立場を考えて話してください。怒る前に」
「娘がいたら 目上の人に説教しろとは教えないわ」
「立場を話しただけで 説教ではありません。どの家でも子供が親に意見します」
「あなたは 自分の息子が皿を洗ってもいいの?」
「私は仕事も家事もしてきましたが、正直 家事の方が大変なんです」

もう何を言っても アリヨンに負けるだけ。
勝とうとする方が間違いなのに。

167

今日もジュワン母はジュワン祖母に報告。
ジュワン祖母に 散々バカにされる。
そういうジュワン祖母が アリヨンと闘えば?
勝てないと思うけどなぁ…

マジュンとイェヨン、
夜中の公園で マジュン手製のラーメンを食べるほど盛り上がっているのに。
母親同士がいがみ合っていて 許してもらえそうにない。

アリヨンはスアに 2人の気持ちを大事にしてほしいと頼むが…
スアがスジョンを嫌うのは 学生の時からだから 認めるのは難しそう。

168

アリヨンはジュワン母をデパートに誘う。
目的は食料品の買い物。ほとんど強制的。
荷物を持たされて呆れるジュワン母。

車で帰ろうとしたら アリヨンに「運転手は返しました」と言われる。
タクシー乗り場に行くと 大勢の人が待っている。
「少し歩いて タクシーを探しましょう」と言われ 渋々歩きだすジュワン母。
結局家まで歩くことに。

バッグを持った手が痛い。脚はもちろん痛い。背中まで痛くなってくる。
玄関に座り込む。
ちょうど帰ってきたジュワン父に 「嫁にいじめられた」と訴える。
むっちゃ おかしい。

アリヨンは疲れて横になっているジュワン母に キムチの白菜の筋とりを頼む。
「どうして私が~」と文句を言うけれど…
アリヨンに勝てるはずがない。
渋々始めるが 「私は社長夫人なのよ。召使じゃないわ」と怒って部屋に戻ってしまう。

これで終わるはずがない。アリヨンは部屋に行き 説教を始める。
「お義母さんは家族のために何かしていますか?」
お~ 鋭い~

ジュワン母は アリヨンに 「私をいじめたいのね」と言い、
アリヨンは 「仲良くしたいだけ」と言う。
歩み寄れない2人。
アリヨンは 下手にでて仲良くなれなかったから 作戦を変えて 強気にでてるけど
うまくいくのかしら。
仲良くはなっていないけれど 前よりは会話が増えたから うまくいっているのかしら?

169

アリヨンとジュワン母は 泣きながら気持ちをぶつけあう。
「一緒に家事をして話をしたかったんです。いい思い出を作りたいんです。考え方を変えれば楽しく暮らせるのに」

アリヨンの気持ちが通じたのか ジュワン母は白菜の筋とりを始める。

翌日 アリヨンが餃子を作っていると ジュワン母が手伝いはじめる。
「私も努力するわ。早くに呼んでくれたら 一緒に作って お昼に食べれたのに」と。

その光景をみて ジュワン父とジュワンは 驚き、喜ぶ。
「歴史的瞬間を写真に撮る」と大騒ぎ。

170

ジュワン母は アリヨンに 「リフォーム店に出してほしい」と洋服を渡す。
ジュワン母は裁縫が苦手なことを告白。
アリヨンが 「わざわざ 上がってこなくても呼んでくだされば」と言うと
「足の運動も兼ねてよ」と答える。
まぁまぁの感じ…かな?

ジュワン母は祖母を迎えに行く。
「嫁も子供ですから一緒に住むしかないです。昨日きつく言ったら泣きだしたんです。悪いことはできません」

マリンは酔って寝ているマジュンの指から指輪を取って隠す。
翌朝 マジュンは気付いてマリンを捜すが マリンは外出中。
そこに ジンギョンがトッポギを持って遊びに来る。
スアに言われるままに トッポギを食べるマジュン。
はぁ… いいけど… それが母親の作戦だとわからないの?食べるな!

171

「アリヨンの気持ちを聞いて不憫になりました。追い出そうとせず 一緒に暮らしましょう」
と ジュワン母は説得する。

ジュワン祖母は ジュワン母が丸めこまれたと怒り、
「自分が追い出す」と帰ることに。

ジュワン祖母、帰宅早々 「玄関が汚い」「植木が弱っている」と説教。
ジュワン母には 「私の方が50年 長く生きているのよ。手玉になんか取られないわ」と言い、
アリヨン以外の家族の前で
「アリヨンの味方をしないで。一番若いのに 目上を操ろうなんて絶対に許さない」と言う。
はぁ…

アリヨンがジュワン母に味見を頼み、「健康番組を録画しました」と言っているのを見て、
ジュワン母に 「アリヨンと仲がいいのね」と嫌味。
あなたも仲良くすればいいじゃない。

マリンが指輪を捨てた と言うから
マジュンはマリンを叩いてしまう。
家を飛び出したマリンはPDに諭され マジュンに指輪を返す。

172

朝食。
生食が一人分しかないので ジュワン祖母だけ生食。
他の人はタラチゲにイシモチ。
みんなおいしそうに食べる。
ジュワン祖母にとっては拷問かも。
ジュワン祖母がそう思ってくれたら アリヨンの作戦成功。

家政婦(ドンジママ)が戻ってくる。
アリヨンが「浴室を洗ってください」というと 早速 くちごたえ。
「浴室なら お手伝いかあなたがすればいいわ」
アリヨンは「家事をするために嫁に来たわけじゃないわ」と答える。

早速 ドンジママ、ジュワン母に愚痴る
けれど ジュワン母はアリヨンの肩をもつ。
「彼女は家族なのよ」

次に ジュワン祖母にチクル。
ジュワン祖母は 「自分が追い出す」と 鼻息が荒い。
それにしても ほんとこの家政婦 大きな顔をしているわ。

アリヨンはジュワン祖母に話す。
「おばあ様と一緒に過ごす時間が欲しいんです。それがお嫌なら干渉するのは慎みます」
「慎みなさい。私は気楽にすごしたいの。ドンジママは私が使うわ。家事はあなたがしなさい」
「家事は分担しないと。仕事も始まりますし」
「それなら別に暮らせばいい。ここでは家事が優先なの」

ジュワン祖母はアリヨンに勝ったつもりかもしれないけれど…
大変なことを言ったんじゃないのかなぁ。

イェヨンとマジュンの結婚問題は長引いている。
どうでもいいし… もめていいんだけど…
2人のラブラブシーンはカットしてほしいわ。

173

朝食後、リビングにジュワン祖母とジュワン母が座っている。
そこにアリヨン。
「お義母様も朝食はご飯にしませんか?」
ちらっと ジュワン祖母を気にするジュワン母。
「おばあ様が気になりますか?噛むことは脳にもいいんですよ」
「そうしようかしら…」

アリヨンがお手伝いを頼んだと知ったジュワン祖母はアリヨンに
「ドンジママがいるのに必要ないわ。家事はあなたの担当でしょう」と文句を言う。
「ドンジママはおばあ様の専属ですから。私一人では家事は無理です。私もおばあ様に干渉しませんから おばあ様も干渉しないでください」
「私は年長者なのよ」
「無理なことは強要しないでください。私も人を使う資格はあるはずです。私の仕事は私が判断します」

負けてしまったジュワン祖母はジュワン母相手に 愚痴るけれど
ジュワン母は 「落ち着いてください。受け入れたほうが…」とアリヨンの肩を持つだけ。

アリヨンはドンジママに
「おばあ様の食事もお願いします。私が作ったのは召し上がらないと思うので」
ドンジママ、食事なんて作りたくないから 「家族が別々の食事なんて。別々にしたいと言われたの?」と 返事しない。
「そう解釈できるわ。とにかく 小言は聞きたくないし、おばあ様も疲れると思うわ。衝突は避けたいの」
「怒られても知らないわよ」
「怒るはずがないわ」

ドンジママ、早速 ジュワン祖母にチクル。
ジュワン祖母は 「私も食べたくないわ。聞かなかったことにして 食事のときに怒るわ」と。

ジュワン祖母、ジュワン父が夕食を家で取ることを確認してから 作戦を練る。
… 結局 アリヨンに負けると思うけど。


“可愛そうなアリヨン”と思って見ているから アリヨンがジュワン母や祖母を味方にしていくのを見るのは痛快だけど
アリヨンって 結構したたかだわ。
いじめられたとしても 私にはアリヨンのような作戦は考えられないわ。

174

夕食。
ジュワン祖母は「差別された」と泣きだし、部屋に。

アリヨンはジュワン父に 「おばあ様の考えに従っただけです」と説明。
ジュワン父は納得する。

アリヨンはジュワン祖母の食事を ドンジママに持って行かせる。
ドンジママが作ったわかめスープ…おいしくないみたいね。
アリヨンが作った どじょう汁を飲みたいんじゃないの?

175

ジュワンは 「酔ったから迎えに来てほしい」と嘘をついて アリヨンを外に呼び出す。
2人は夜のデートを楽しむ。

朝食。
みんながおいしそうに食べている横で ジュワン祖母は生食。
ジュワン祖母は強気だけれど 生唾を ごっくん。

アリヨンはジュワン祖母に 夕食を別にした理由を説明する。
「勝手に別にするなんて」と怒るジュワン祖母。
「それなら 私が作った食事を食べますか?」と言うと
ジュワン祖母は何も言えない。

「目上に対して 説教するの!」
「説明しているだけです。問題が生じたら話し合うべきです」

ジュワン祖母は アリヨンに 配慮が足りないなど文句を言うけれど
干渉するなと言ったのはジュワン祖母。
アリヨンの罠にはまったみたいね。

「食事は私がつくりますか?」
「やめて」
当分 ジュワン祖母は生唾ゴックンしながら ドンジママの料理を食べるのね。

ドンジママ アリヨンに説教。
「頭を下げて 可愛いがってもらえ」だって。
長く働いているからって 態度でかすぎ。

176

アリヨンとジュワン母は 一緒にテレビを観る。
座って観ていたけれど 眠くなり 横になって観る。
そしていつの間にか眠ってしまう。

帰宅したジュワンとジュワン父は その光景を見て嬉しい。

しかし 翌朝 寝坊してしまう。
朝食が間に合わず大変。
ジュワン父が 「1食ぐらい生食でいい」と言うから 生食に。

ジュワン祖母は 2人が並んで寝ているのを見てしまい ご機嫌斜め。

ジュワン祖母、お昼に日本の茶碗蒸しを食べたいと言い出す。
ドンジママは作り方を知らない。
「アリヨンに教えてもらいなさい」と言われてしまう。
ドジンママ 渋々 教えてもらうことに。

ドンジママ、朝 お皿を割ってしまうし、
ちょっと… マズイ状況?

177

ジュワン祖母は アリヨンのことを “銀ギツネ”と呼んで楽しんでいる。
アリヨンに 「あなたにはミンクよりキツネの襟巻がにあいそうね。それもシルバーフォックスの襟巻」と言って ひとり喜ぶ。
そのうち アリヨンに逆襲されるわよ。 アリヨンは自分を銀ギツネと呼んでいることぐらい知っているはず。

ジュワン祖母はドンジママに 夕食は品数をたくさん作って 豪勢にしてほしいと頼む。
アリヨンはいつも質素。それに対抗しようと考えたようだけど うまくいくかしら。

スアの反対に負け イェヨンはマジュンと別れることにする。
マジュンは納得しない。
イェヨンを説得したいが、イェヨンは姿を消してしまう。
イェヨンを説得する前に スアを説得する方が先よ。

178

アリヨンはジュワン父に電話をする。
「お義母さんと3人で食事しませんか?」
ジュワン祖母 残念でした。
せっかく豪勢に作ったのに 見せる人はいないし、出来上がったのはドンジママの好きなものばかり。

179

夕食を食べすぎたのか ジュワン祖母は胸やけを起こし吐く。
こってりしたものばかり たくさん食べるからよ。

翌日
アリヨンとジュワン母は 一緒に買い物に。
午後は 買ってきたクッキーを食べながら 仲良くジュワン母のアルバムを見る。
仲間外れのジュワン祖母。

ジュワン祖母は仲間外れ状態をいつまで我慢できるのかしら。

マジュンはスアと喧嘩をして 家を出る。

180

相変わらず ジュワン祖母だけ食事のメニューは別。
胃の調子が悪いというのに こってり料理。
他の4人は お互いに海苔でご飯を包んであげて 楽しそう。

あとは イェヨンとマジュンの話。
結婚するなり 別れるなり 好きにして。
興味がある人はいないでしょうが…一応
マジュンはアリヨンから イェヨンはスキー場にいるらしいと聞き、一緒に行ったスキー場へ。
そこで 一晩を過ごし ソウルに。
マジュンは具合が悪かったから 一晩一緒にいても 何もなかった。
けれど 既成事実を突きつけて許しをもらうつもり。

181

アリヨンはカメラを持って リビングに。
ジュワン母の写真を撮ってあげる。
ジュワン祖母は “次は自分の番”と そわそわ。
ところが アリヨンは すぐに2階に。 残念でした。

ジュワン母がアリヨンに 「お義母さんの写真も撮ってあげて」と頼むが、
「干渉しないという約束ですから。向こうから言ってくださらないと。怒られるのは嫌です」ときっぱり。

ジュワンとアリヨンは ワインを“ラブ・ショット”で飲んで 楽しそう。
第一段階は 腕を組んで。
第二段階は 肩に回して
第三段階は 口うつし。 きも~
で アリヨンがジュワンから逃げ回る。
はたから見ると “何が楽しいんだか”と呆れるけれど 本人たちは楽しいんでしょう、きっと。

182

以前アリヨンとテレビを観ながら寝てしまった時に ジュワン父が抱えて布団に移してくれたと聞いたジュワン母、
またやってもらおうと 寝たふり。
ところが やってくれない。
そのうち本当に寝てしまい…朝。床の上で寝てた…

その日以来 ジュワン母がすねてしまい、ジュワン父は機嫌を直そうと ジュワンに相談する。
ジュワンは “ラブ・ショット”を提案。
「そんなことできない」と言ってたくせに 早速実践。
ジュワン母 機嫌が直ったみたいね。

183

アリヨンは ジュワン母の肖像画を描いてプレゼントする。
ジュワン母はとっても嬉しい。
ジュワン祖母は拗ねる。

アリヨンはジュワン母を誘って 出迎えを兼ねて散歩に出る。
「お義父様とジュワンさんと どちらが先に帰ってくるかしら?」
負けた方は歌を歌うことに。

散歩中 2人はいろんなことを話す。
先日のラブ・ショットのこと、ジュワン両親が始めて会った時のこと。

先に帰ってきたのはジュワン父、すぐにジュワンが帰ってくる。
アリヨンが歌うことになり 4人はカラオケに。

ということは…家には ジュワン祖母だけ (もちろんドンジママはいるけど)

184

4人でカラオケに行っていたと知り ジュワン祖母はのけ者にされた気持ち。
…そのとおりですから~ はやくアリヨンに降参して仲間に入れてもらってください~

ジュワン母はアリヨンにエメラルドの指輪をプレゼントする。
それを知ったらジュワン祖母は “自分がジュワン母にあげた指輪をあげたのでは”とすぐに確認する。
なんかね… ジュワン祖母惨め…

酔って帰ったジュワンは 祖母に 「アリヨンのことを“銀(ウン)ギツネ”と呼ぶんだって?」と言ってしまう。
それって…言っちゃいけないことだったんじゃ…アリヨンに怒られても知らないわよ~

スアはマジュンとイェヨンの結婚を認めようとしない。
マジュンはウエディングドレスが思ったより高価で困り 母の店から1着失敬する。
注文のドレスだったらどうするのかしら。

185

ジュワン母と祖母は イェヨンとマジュンが一緒にいるのを見かけ アリヨンに聞いてみる。
結婚するかもしれないと聞いて驚く。
“イェヨンが不倫してできた子供だとばらしたスアと ばらされたスジョン、険悪な2人が親戚になるなんて”と 何とも言えない笑顔?のジュワン祖母。
おかしいけれど あのジュワン祖母の笑いは勝ち誇ったような顔で いい気はしないわ。

ジュワン母はアリヨンに灸をすえてもらう。
それが気になるジュワン祖母。
やってほしいなら そう言えばいいのに。

ドンジママ不在でアリヨンがジュワン祖母の食事も用意することに。
ジュワン母は 祖母に“ドンジママよりおいしいでしょう”と耳打ち。
祖母懐柔作戦は 胃袋を満たすのが一番かも。

186

スジョンが下手に出て スアに結婚を認めるように頼む。
スアは いずれは認めるつもりだったから 認めることに。
スジョンは“婿をもらった”と思い、
スアは “同居させて イェヨンを一から教育する”と思う。
まだまだ 揉めそう。

ジュワンが熱を出す。
“食事に気をつけていても病気になるのね。食事が薬だと言ってたのに”とジュワン祖母は嫌味を。
食事に気をつけていても 不規則な生活とストレスで病気になるもの。ジュワン祖母はストレスがなさそうで羨ましいわ。

187

ジュワン祖母は自分で灸を据えようと考える。
ドンジママにもぐさを買ってきてもらい、
アリヨンが友人に電話で話しているのを盗み聞きし、
ジュワン母が急をすえているのを盗み見する。

“貧乏に育ったから もぐさもけちるのね”ともぐさを大きく作り 足に据える。
あまりの熱さに 悲鳴を出して 部屋から飛び出して気を失う。
大笑いだわ。

ジュワン母はジュワン父と一緒にスアの店に。
画家のミン・ギョンファと親しく話すのを見て 嫉妬する。
ジュワン父がギョンファと話し終わると さっさと車に戻ったのにも頭に来る。
ジュワン母の愚痴を聞いたアリヨンは 「仕返ししましょう」と。

ジュワン母が嫉妬するのはおかしいとも思うし、
ジュワン父が 生地選びが終わっていないのに 車に戻るのはどうかとも思うし…
まったく…

188

アリヨンはジュワン母に “ジュワン父を振り向かせる作戦”を伝授する。
うまくいくかどうか…
とにかく 2人で「ファイティ~ン」と仲良くしていると ジュワン祖母は気になって仕方がない。

アリヨンは食料品売り場でスジョンに会う。
スジョンはイェヨンと仲良くしていることに感謝し、
アリヨンは復讐をやり過ぎたのではないかと思っていると話す。

マジュンは結婚後イェヨン両親と同居するつもりだった。
ところが スアが 「当然 同居」と言い出し、困ってしまう。

189

スジョンはスアに会い、同居を思いとどまらせようとするが 失敗。
夫の家族と同居するのが普通だからね…

“ジュワン父を振り向かせる作戦”は順調。
ジュワン父が帰って来ても ジュワン母は本を読み続ける。
ジュワン父は気になって ジュワン母の後をついてまわる。

アリヨンはジュワン母を誘って 漫画本を買いに。
ジュワン祖母は一人取り残され…

190

ジュワンは母に花を買ってくる。
アリヨンから 「お義母さんに優しくしてあげて」と言われたから。
ジュワン祖母はもらえず… “私には誰もいない”と。
翌朝 「この歳になっても夫や息子から花束をもらったことがない」と愚痴る。

そこでジュワン父は 「ミン・ギョンファ画家の個展を見に行って 絵を買いましょう」と言い出す。
やった~ チャンス到来。
アリヨンは ミン・ギョンファの華麗な男性遍歴を披露。
ジュワン母は ジュワン父が親しく話していたと暴露。「次のターゲットはあなたかもね」と。

ジュワン父… 黙るしかない。

191

ジュワン母は ジュワン祖母にアリヨンと仲良くしようと話すが
ジュワン祖母にはその気はないらしい。
「謝るのはアリヨンのほう。私との不和を喜んでいるのよ。あなたは洗脳されたのよ」と。

スジョンは イェヨンが同居してスアとマリンにいじめられると思うと耐えられない。
今更結婚を破棄することもできず…

192

ジュワン母は アリヨン&ジュワンとサウナに。
ジュワン祖母は結婚式に出席。
家にはジュワン父だけ。
一人で過ごす休日は初めてらしい。
…信じられない!

ジュワン父、帰宅したジュワン母に 「どこに行っていた。おき手紙もなかった」と怒る。
ジュワン母 無視。

ジュワン祖母はジュワン母を呼んで 説教するが…
ジュワン母 反抗。
今まで何度もジュワン祖母に愚痴っても 息子の味方をしてばかりだったからね… もう言うことを聞く気はない。
「文句を言われても嫌がられるだけだからやめたんです。好きなようにします」

アリヨンはジュワン祖母にお小遣いを渡す。
けれど 「お金に困っていないわ。生活費にして」と返されてしまう。

193

ジュワン母はアリヨンに指南されたように
テレビを見て「俳優が素敵だわ」とうっとりし、寝言で名前を呼ぶふりをする。
ジュワン父 「俺がお前の夫だ」と。情けない男…

ジュワン祖母は「自分の人参エキスを誰かが飲んだ」と大騒ぎ。
アリヨンを責める。
ジュワンに確認しようとすると 「ジュワンのせいにするの!」と怒鳴る。
昨夜 アリヨンがジュワンに持ってきてもらったのが ジュワン祖母のものだったらしい。

ジュワン祖母、ここぞとばかりに責める。
「仕事で疲れている夫をこき使うからよ。あなたがどうして必要なのよ。これは年寄りが飲むものよ」
矛先はジュワンにも。花束をもらえなかったのを今でも根に持っているらしい。

人参エキスは高いものなんだろうけど…
瓶の淵が汚れているから誰かが飲んだとわかるなんて…
潔癖症なんだろうけど… なんか 意地汚い。

194

ジュワン父は ジュワン母のご機嫌を取ろうとラブ・ショットをしようとする。
けれど ジュワン母はアリヨンに言われたように 拒否する。

マリンはイェヨンと一緒に買い物に。
洋服に靴… たくさん買わされるイェヨン。
小姑がマリンみたいだと苦労しそう。

195

ジュワン両親、一つの布団に寝ることになり…
足を蹴った! かかとをくっつけるな!で言い合いになり 流血戦に発展。
布団カバーが血で汚れ 洗うことに。
2人とも洗濯機の使い方を知らない。
で、2人でごしごしと手洗い。

問題はそこをジュワンに見られたこと。
ジュワンはアリヨンに話し…
「もしかしておねしょ?認知症?」って話に…
いやぁ…違うんだけどね…
ジュワン祖母ならわかるけど。

196

ジュワンは父に昨夜のことを聞いてみる。
「親子なんだから気にしないで。お漏らししたんだろ?どっちが?」
「俺じゃない」
「じゃ 母さんが?」
ジュワン父、酷いわ。ジュワン母を認知症にするなんて。

ジュワンとアリヨンは ジュワン母を可哀そうに思う。
「したいことは何でも叶えてあげないと」
いやぁ…だから…ジュワン父 なんて奴!

197

ジュワン母が物忘れをし、爪を切っていて指を切ってしまう。
アリヨンは 「病院に行きましょう」と話す。
「お父様から聞きました。お漏らししたと」
「私じゃないわ」

ジュワンとアリヨンは何が何だかわからない。
犯人にさせられたジュワン母はカンカン。

ジュワン母は 涙を流して心配してくれたアリヨンが可愛くて
ケーキとクッキーを買ってくる。
ジュワン祖母は「いらない」と言ったものの気になる様子。

アリヨン元彼 ウジュグループの息子が結婚するらしい。
スアは「息子には大学生の時に付き合っていた人がいて 別れた後も忘れられず ようやく忘れて結婚するらしい。付き合っていた人は「愛と喜び」の脚本家」と聞く。
スアがスジョンに聞くと
「男の心理を勉強するためにつきあったらしいわ。息子は本気で、お母さんも嫁に欲しかったみたいよ」と話す。
今更そんな噂…問題が起きるの?有名人だから問題になるのかしら。どうでもいいと思うけど。

198

ジュワン祖母、「しばらく横浜に行く」と言い出す。
ドンジママはアリヨンに 「お奥様は寂しいのよ。行かないでくださいと謝りなさい」と説教。
そんなこと あなたに言われたくない!

スアはマジュンとイェヨンに「新婚旅行は済州島にしなさい」と言う。
娘を可哀そうに思うスジョンはアリヨンに相談。
相談されてもね…
アリヨンは 「言う通りにした方がいい。海外旅行はいつでも行ける」と返事する。

199

マジュンとイェヨンの結納が行われる。
スジョンは結納品にケチをつける。
「指輪なんて小さな石だわ。新婚旅行も 同居も ウチが譲ってばかり」

新婚旅行先の済州島には スアも仕事で行くらしい。
それを聞いたマリンは 自分も行くと言い出す。
最悪の新婚旅行になりそう。

横浜に行っていたジュワン祖母が帰国する。
迎えに出たアリヨンを見ようとしない。
はぁ…

200-201

ジュワン母は友人に頼み 夫がいる時に電話をかけてもらう。
話しながら 同窓の男性の名前を出し、彼も交えて会う約束をする。

ジュワン父は アリヨンの作戦とも知らず 嫉妬する。
「会いに行くな!」
「同窓生なのよ。あなたも同窓生に会えばいいじゃない」

アリヨンはマジュンとイェヨンの結婚式の後 ドラマの取材で判事に会う。
ジュワンはアリヨンを迎えに行って アリヨンが男の人と話しているのを見て嫉妬。
アリヨンが取材だと説明しても
「じゃぁ 仕事を辞めろ」と言い出す。

ジュワンも嫉妬するのね。
仕事でも異性に会うのがダメなら ジュワンも取材で女の人と会わないようにしないと。
それでは仕事にならないだろうけどね。

202-203

マジュンとイェヨンの新婚旅行なんて どうでもいいけど なぜか面白い。
スアとマリンがついて来て 邪魔するのよね。

新婚旅行初日。大事な大事な初夜。
スアのデザイナー仲間のチンさんが酔ってしまう。
ペンションに泊まっているらしいが どこかわからない。
しかたなく チン社長をマジュンとイェヨンの部屋に寝かせることに。イェヨンはスアたちの部屋に。最悪。

チン社長が “「あなたは星」のオさん”で びっくり。

204

ジュワン父はジュワン母の同窓生ヤン・ハンチェに嫉妬。
「同窓会に行くな」とうるさい。
帰宅したジュワン母がアリヨンと話すのを聞いてイライラ。
ハンチェから電話があって イライラ
子供が嫉妬しているようで可笑しい。

205

ジュワン祖母が久しぶりにピアノを弾く。
ジュワン母のリクエストは「母に捧げる歌」
アリヨンは母を思い出し 泣いてしまう。

ジュワン父はアリヨンに相談する。
“最近 シルラの態度がおかしいんだ”
アリヨンから 「お義父様の態度に問題があるのでは?優しく抱いたことはありますか?他の女性を褒められたら傷つくものです」と厳しく批判されても…

まったくわからないジュワン父。
自分のどこが問題なのかわからない。
アリヨンが言うように 一度や二度優しくしたくらいじゃ ジュワン母の機嫌は直らないかも。

206

「これからのことを考え、本当に悪いと思ったのなら土下座して謝ってください」
とアリヨンに言われたジュワン父、本当に土下座するか…
とりあえず… 今夜は なし。

アリヨンはジュワン祖母に手紙を書く。
今までの自分の態度を反省する手紙。
これで ジュワン祖母の心が変わるか?
たぶん 変るんだろうなぁ… いい加減 ドンジママの食事が辛そうだもの。

207

ジュワン父はジュワン母を別荘に呼ぶ。
ジュワン母の本音をきいたジュワン父は 土下座しようとする。
お~ ついに土下座。
ジュワン父は “愛しているけれど 愛し方を知らない。愛を表現できない”ってことね。

ジュワン両親がいないから
アリヨンは夕食をチャーハンだけで済ませようとする。
するとジュワン祖母が 「スープも飲んだ方がいい」と言い出す。
お~ こっちも手紙のおかげで反省?

208

今夜もジュワン祖母に手紙を書き、枕もとに。
“干渉するなと言われて おばあ様をドンジママに任せたこと、お義母さんだけに肖像画を描いたのは間違いでした”

アリヨンはドンジママに 「おばあ様の食事も用意する」と言う。
ドンジママ、早速 ジュワン祖母に言いつける。
ジュワン祖母 「そうして」だって。

ドンジママ、次はジュワン母に言いつける。
「おばあ様の様子が変です。お嫁さんの食事を食べるそうです。急に人が変わったら危ないと言います」
オイオイ 勝手に殺しちゃダメでしょう。

ジュワン母が確認すると
「ドンジママに掃除をさせて アリヨンを休ませなさい」だって。

昼食。
ジュワン祖母はおいしそうに食べる。

209

アリヨンはジュワン母と一緒に買い物に行き、あんパンを買ってくる。
ジュワン母がジュワン祖母と一緒にあんパンを食べようとすると
ジュワン祖母が アリヨンに 「一緒に食べよう」と誘う。
ジュワン祖母 変ったわ~

今夜も手紙が枕もとに。
朝目覚めて手紙を見つけ ジュワン祖母は嬉しそう。

210-211

ドンジママの掃除が適当で もう一度 アリヨンが掃除することに。

ジュワン母は ジュワン父から花束をプレゼントされ 嬉しそう。
ジュワン両親、もう大丈夫ね。

アリヨンからの手紙を楽しみに起きたのに…手紙がない。
気になる。でも…病気で書けなかったわけじゃないみたい…
今度はジュワン祖母がアリヨンに手紙を書く。
“今日は手紙はないの?”

マジュンとイェヨンは新婚旅行から戻ってくる。
家事をするのは当然だし、姑の小言も多少は仕方ないと諦められる。
でも 小姑の意地悪は嫌だわ。義妹は黙ってて。

212

アリヨンからの手紙に
“おばあ様、愛しています”と書かれていて
ジュワン祖母は涙を流す。

そして ついに和解。
3人で買い物に出掛ける。
しかも~家事をアリヨンに習いはじめる。
信じられない。

213

ジュワン祖母と母はアリヨンを休ませたい。
家事と仕事で 疲れている様子。
けれど アリヨンはドンジママの仕事が雑で任せられない。
そこでドンジママに 「家事すべてアリヨンに会わせてほしい」と頼む。

返事は…
「考えてみます。私のやり方が気に入らないのなら 続けるかどうか考えます」
ドンジママ、雇われている身で強気。
「働くところは他にもあります」

アリヨンにも文句を言う。
「奥さまに私の悪口を言ったみたいね。気に入らないなら出て行くだけよ」

ドンジママはいつか謝ってくるだろうと思っているようだけど
残念でした。3人は 「折れない」で意見が一致。

214-215

ドンジママは 「一晩考えましたが 完璧にこなせる人を探された方が…」と切り出す。
“一度引き留めたくらいでは折れないわよ”と思いつつ。
「去る者は追わずと言うわ。そうしましょう。今までご苦労様」とジュワン母。

追われるようにドンジママは家を出て行く。
雇う側が強いに決まっているじゃない。
多少のことは聞き入れてもね…ドンジママはやりすぎ。

ドンジママがいなくなって 3人で食事を作ることに。
3人で仲良く 買い物したり、食事を作ったり、
結婚当初のことを思い出すと 信じられないわ~
…アリヨンの作戦がうまくいきすぎのような気もするけど…

216-219

アリヨンとジュワン母とジュワン祖母は仲良くて
“微笑ましい”というより びっくりするくらい。
食事に出かけたり 一緒に寝たり。

後は子供だけ。
でもこればかりは努力したからといって 叶うものではないし…

ドンジママは “自分がいなくなって困っているだろう”と 様子を探りにくる。
けれど まったく困っていない様子。
アリヨンから 「住みこみの家政婦を雇うつもりはない」と言われ がっかりして帰る。
ドンジママ、寂しそう。

マリンの我儘には閉口する。
あんな義妹と同居なんて最悪。
自分のことは自分でしなさいよ!

220-223

アリヨン妊娠。
ジュワン母とジュワン祖母は大喜び。

アリヨンが見た胎夢が何を暗示しているか聞こうと ドンジママに連絡。
ドンジママ、「詳しく聞きたい」と言い 駆け付ける。

ドンジママの狙い通り。
アリヨンが妊娠し、流産の恐れもあるからと 家政婦を頼まれることに。

帰宅したジュワンとジュワン父も 妊娠したと聞いて 大喜び。

ジュワン母とジュワン祖母と和解し、
日々ドラマも決まり、
待望の妊娠。
これで もう大丈夫と思ったら…
アリヨン初恋のウジュグループの息子が アリヨンを忘れられずに離婚するそうで…
問題が起きないといいけど。

イェヨン&マリン。
表面上は仲直り。
けれど マジュンはマリンの靴を磨くイェヨンを見て逆上。
マリンを怒鳴り 叩く。
ふぅ… お馬鹿なマジュン… いつまでたってもわからないのね。マリンを非難すればするほど イェヨンがマリンに意地悪され 立場が辛くなるのに。

224-227

ウジュグループ息子ウォンジェが結婚4か月で離婚。
原因はウォンジェがアリヨンを忘れられないから らしい。

ウォンジェ妻ペク・スリムがジュワンに声をかけてくる。
ウォンジェがアリヨンを忘れられないからって ジュワンに会ってどうしたいの?離婚させたいの?
浮気しているわけじゃないし、騒ぎ立てるほうが惨めだと思うけどなぁ。

イェヨンが体調を崩す。
妊娠か?と喜んでいるけれど…

228-229

イェヨンは妊娠していなかった…
病院に行ってから 報告すればよかったのに。

ドンジママ、「やっぱり私がいないとダメなのよ」と張り切っていたけれど
アリヨンに教育されたジュワン母とジュワン祖母から いろいろ注文されて閉口。

スリムは何が目的なのか。
ジュワン ウォンジェが初恋のアリヨンを忘れられずに離婚したと聞いて
少し動揺する。
けれど 過去のこと。

スリムは アリヨンに波風が立たないのが残念なのか
エステで見かけたジュワン母とジュワン祖母に 「ジュワンさんの友人です」とあいさつし、
再びジュワンに連絡する。

230-231

スリムはジュワンを誘惑したいの?
離婚のイライラを何にあてていいのかわからず ジュワンに連絡してるのかしら?
ジュワンはスリムがアリヨンに電話をしないように アリヨンの電話番号を変える。

12月。
スリムはまだジュワンに連絡していた。

アリヨンは脚本を書き終え 病院へ。
女の子を出産する。

イェヨンは不妊検査をして卵管に異常があることがわかる。
体外受精なら 妊娠の可能性はあるみたいね。

232-235

アリヨンの子供はミワンと名付けられる。
家族みんなでミワンの取り合い。

6か月後。
驚いたことに マリン、PDにプロポーズ。
PDもマリンを愛しているが マリン母のことを思うと受け入れられない。

イェヨンは4回体外受精をするが 失敗する。
「もうやめたい」と言うイェヨンに スアは 「頑張ろう」と話す。
義母に言われるなんて イェヨンは辛いだろうなぁ…

イェヨン父は事業に失敗。
家を売り 引っ越す。

イェヨン父は 孫に会いたいと ジュワンに頼むが…
アリヨンは 絶対に会わせたくない。
「私は20年間会いたくても会えなかったのに。家族に会えない辛さを味わえばいいのよ」

スリムはまだジュワンに連絡をしている。
寂しいのはわかるけど…
このままだと 不倫と誤解されるかも。

236-239

ジュワンに 「会うのは今日で終わりにしたい」と言われたスリムは アリヨンに電話する。
スリムの気持ちがまったくわからない。
離婚した腹いせをアリヨンにしてどうなるの?

スリム、今度はジュワン母に会う。
けれど 2人が会っているのをウォンジェ母が目撃。
スリムは ウォンジェ母に呼ばれ 何も話せずに 別れることに。

すると 今度は家に押しかける。
スリムはジュワン母にすべてを話す。
“男を知るために ウォンジェと付き合った”
スリムはジュワン父にも会ったらしい。

そしてアリヨンはスリムから 家族みんなが自分の過去を知っていると聞かされる。
ジュワンとは何度も会っていることを知り ショックを受ける。

思い返せばジュワン母とジュワン祖母が急によそよそしくなったし、
ジュワンも様子がおかしい時があった。
ローションをもらったり、仕事に忙しくて自分のことを考えていないと怒ったり。
アリヨンはどうしたらいいのか悩む。


過去の男の話を聞くのはいい気持ちじゃないけれど
愛しているふりをして 8年間も付き合ったのが問題なのよね…
今ジュワンとアリヨンが愛しているかどうかが問題なんだけどなぁ…
ジュワンとアリヨン、お互いに不信感を抱いているみたいね。

240-243

私には理解しがたい展開に。
どうして そんな簡単に結論を?
それじゃぁ スリムの思うツボじゃない。

アリヨンは離婚を言い出す。
「自分の過去が恥ずかしくて顔を合わせられない。きっと私のことを許せないはず」と。
ジュワンがスリムと会っていたことも気になるみたい。
ジュワンはアリヨンを苦しめたくなくて仕方なく会っていただけだと思うんだけど…
もう少し頑張ってみて結論を出してもいいのに。

アリヨンはすべて自分の行いが招いた結果だと反省。
父にミワンを連れて会いに行く。

ジュワンから離婚するかもしれないと聞いたスリムが家に来る。
だいたいジュワンはどうしてスリムに会うのよ。
「お前のせいで離婚になった」と言いたかったらしいけど 会う必要ないのに。

家にはジュワン祖母だけ。
まぁいろいろあって…
たまたま スリムがミワンを抱いている時に アリヨン帰宅。
アリヨンは驚き ミワンを連れて 父の家に。

アリヨンはスリムに会う。
スリムは ジュワンと偶然会った時から今までのことを話す。
そして 「彼と一緒に暮らしたい」と言い出す。


このまま 離婚かなぁ…

244-246

244-246
アリヨンは一度決めたことはやりとおす。
荷物をまとめ 家を出る準備をする。
ジュワンは引き留めるのを諦める。
アリヨンとミワンは アリヨンが母と暮らしたマンションに。

マリンはPDと結婚することに。
スアは反対し続けたけれど…親は諦めるしかない。

スリムはジュワンに
「アリヨンはウォンジェと結婚する。私を女として見てほしい。子供を引き取って。私がミワンを育てるわ」と。
は?笑わせるわ、この女。やっぱり どこかおかしい。
ジュワンは「心療内科の診察券をプレゼントする」と言って 立ち去る。

ジュワンは1年の予定で海外研修に。

アリヨンは妊娠したことに気付く。

月日は過ぎ…
アリヨンはみんなの前から姿を消していた。

帰国したジュワンはアリヨンを捜す。
今回のドラマの舞台である蔚山にいるに違いない。
蔚山のデパートで働くスリムに アリヨンの居場所を知らないか聞くが スリムは知らないと答える。

ジュワンとスリムはデパートの売場に。
そこで 大きなお腹のアリヨンに再会する。
懐かしそうに見つめ合う2人。
けれど アリヨンは その場から走り去って行く。

アリヨンは道路に飛び出す。
そこにバスが。
子供は生まれるが…


家を出てからもジュワンに会いたいと思っていたアリヨン…
“姿を消して子供を産む” 選択以外に考えられなかったのかなぁ…と。
アリヨンらしい選択ではあるけれど。


「人魚姫」なので ハッピーエンドではないのかなぁ と予想はしていましたが…
できればハッピーエンドにしてほしかったです。

復讐は復讐を生み、人を憎むといつか自分に返ってくるということでしょうか。

長いドラマだったけれど 飽きることなく最後まで見れました。
前半の復讐劇は面白く 続きが気になって仕方がないほど。
後半はマジュンとイェヨンの結婚話にうんざりしたり
スリムの登場には呆れたけれど 飽きずに楽しめました。

ハッピーエンドにしてほしかったと書いたけれど…
これでよかったのかも。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

No title

mikajunさん こんばんはv-295

人魚姫 完走ですね?
ワタシも楽しませてもらいましたv-436
今ちょうど122話 アリヨンとジュワンが結婚を決意のあたりを観てますv-55

病気ネタではなかったけれど
やはりアリヨンは...v-404
ウジュグループとの昔の関わりがラスト周り アリヨンの運命を左右するのですねv-409
先週の回でオンマが亡くなり 自殺しようと車ごと崖からの
アリヨンに私が守ってあげるからと言うオンマのシーンがあったのに
やはり幸せにはなれないアリヨンなのですね?
幸せすぎるアリヨンはそれはそれで合わない気がしますがv-409
このドラマも延長に次ぐ延長でかなり混迷したのかもしれませんねv-390
キャストの人格がかなり変わってしまうと聞いたのでそこら辺も気になるし
まだ先の長いこのドラマの行く末 早く観たいですv-421

正直ジュワンがもっと違う人ならなとか思うけど(笑)
キムソンミンシが嫌いな訳ではないのですが...
今はそれなりに楽しんでますv-357
最後を知って観たいほうなので
mikajunさんの人魚姫レビュー ありがたかったですv-436

No title

私は、一応ハッピーエンドだと思ったのですが・・。一度心停止した後、アリヨンの心臓も動き始めました。
最後の場面は、アリヨンの夢の中で、天国に行きかけていたアリヨンが子どもとジュワンを見て、またこの世に戻ってくるという場面で終わりましたね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

涼子さん、こんにちは

やっと 終わりました~
延長されると つまらなくなるものですが
割と 楽しめました。

最後に関しては 私は亡くなったと判断しましたが
ほかの方からのコメントにあるように 助かって 家族4人で仲良く暮らしていると思えるので
最後まで観て 判断してくださいね。

こんにちは

どちらかわからず
アリヨンの手術シーンから最後まで 何度も見直しました。

確かに心電図の音が聞こえたので 生き返ったんだ~ と思ったのですが
最後のシーンを見て アリヨンが生きているとは思えず・・・
私は亡くなったと判断しました。

ゆりさん、こんにちは

はじめまして~

アリヨンが離婚を決めたのは やっぱり納得できませんでした。
ジュワン家族の様子を見るとアリヨンへの不信感が感じられたので しばらくは大変だろうけど
二股をかけたわけではないし、ジュワンを愛して結婚したのだから
もう少し 頑張ってもよかったのではと。

最後のシーンですが
心電図の音が聞こえたので 生き返ったんだと思ったのですが、
ピクニックのシーンが アリヨンが天国から3人を見守っているように見えて
アリヨンは亡くなったと判断しました。
どうなんでしょうね…
アリヨン&ジュワンと子供2人が楽しく笑い合っている場面で終わってくれたらよかったのにと思います。

最後になりましたが レビューを読んでいただきありがとうございます。
「黄金の新婦」 おススメですよ~
また遊びに来てくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

木島さん、こんにちは

どちらかに決めると 作家に批判がきそうですよね(笑)

復讐はいいことではないけれど
アリヨンが受けたつらい過去を思うと 復讐する気持ちもわかるので
最後にアリヨンがうけた罰、離婚と死は 重すぎる気がします。

罪を死で償うのなら
アリヨンとアリヨン母がなくなり
イェヨン両親が生きているのが 納得できないです。

ありがとうございました。

とても楽しく最後までレビューを拝見しました。
今は地上波でアリヨンがジュワンと婚約を解消するところあたりです。

どうしても、先が知りたくてこちらを見つけましたが、
どの物語も、レビューがとても詳しくたくさん読ませていただきました。

人魚姫、お疲れ様でした。
また、ちょくちょくお世話になりたいと思います。

ありがとうございました。

もりーさん、こんにちは

お役に立てて嬉しいです。
先が気になるドラマですよね。
“別れるしかないけれど 別れたら ドラマが続かないし… でもこのままうまくいくとも思えないし…”
と いろんなことを考えてしまいますよね。
長いドラマですが 飽きずに最後まで観れると思います。楽しんでくださいね。

やっと***

VODの最終回が理解できました。
レビューありがとうございました。

韓国ドラマは復讐は完成しないことが多いですよね。
日本だと復讐して相手が惨めになって観客は喜ぶ!でも韓国の考え方が違うのかも***

人間って難しいですね。
話し合えばわかるだろと思っても頭で理解出来ても心では信じる事ができないと不安になってまた理解もできなくなる。

あんなに色々あってもそばに居てくれるジュワンも信じられないわけで最終回でもデパ-トで目にした二人の姿がすべてなんですものね。

私も週2回の放送をじ~~~っと視聴しながらこの最終回に辿り着たいと思います。


木蓮さん、こんにちは

個人的には はっきりした最後が好きなんですけどね…

アリヨンがジュワンさえも信じられなかったのは悲しいです。
すぐに結論を出さず そばにいて 少しずつ歩み寄っていけば 別れることはなかったかもしれないのにと思ってしまいます。
幼いころの父親の裏切りで 人を信じられなくなっていたのでしょうか。
苦労して 母を支えて生きてきたからでしょうか 誰かに相談することもしないですよね。
すべて自分で決定し やり遂げる。
スアかイェヨンかイェヨン両親か だれかに 相談したら違ったかも。
アリヨンだから 参考にするだけかもしれませんが。

週2回の放送は辛いですね。
後半はアリヨンに関してはあまり動きがないので 週2回ではつまらないかもしれません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

sagiriさん、こんにちは

お久しぶりです~

最後はどうなんでしょうね…
何度も見直して…
確かに病院では生き返ったはず。だけど最後のピクニックのシーンはアリヨンが一緒に遊びに来ているとは思えない。
で、私はアリヨンは亡くなったと思ったのですが、
やはり家族3人でお弁当を食べているシーンとか アリヨンの幸せな姿で終わってほしかったです。

こんばんは☆

mikajunさん こんばんは

今日が237話から240話でしたv-55

まずマリンの結婚問題v-434
みなの反対が尋常じゃなくすごいですねv-420
離婚歴もだけど年の差10歳がそんなに問題?
この作家先生(イムソンハンシ)はアヒョン洞の時も年齢に関してすごいな?と思いながら観てましたがこの人魚姫でも凄いですねv-420
男性が上の場合の周りの反応も凄い(笑)

アリヨン問題は人魚姫のまとめに入って来ましたが
結婚前の事だし
離婚まで決意するとは???
それを乗り越え反省し努力して生きて行くではだめなのかしら?
アリヨンと言う女性はそう言う生き方しか出来ないのでしょうけど
何だかすっきりしない展開ですねv-390

でも残り6話 楽しみですv-426

涼子さん、こんにちは

マリンの結婚問題…
バツイチは気になることですが 離婚理由にもよりますよね。
年の差も近ければいいとは思わないですし…

アリヨンのことは 私も離婚することなのか不思議に思いました。
反省しているし、今のアリヨンを見れば 問題にするよりもこれからのことを考えた方がいいのにと思いました。
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
ライフ
客:The Guest
ボイス2
ラブリー・ホラブリー
ナインルーム
魔性<マソン>の喜び

三国志~司馬懿 軍師連盟
鳳凰の飛翔(天盛長歌)
三国志 Secret of Three Kingdoms
如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
バーニング・アイス-無証之罪-

<視聴予定>
皇后の品格
ロマンスは別冊付録(ROMANCE IS A BOUNUS BOOK)

恋愛動物
カンブリア紀
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
独狐伽羅~皇后の願い~
千年のシンデレラ~Love in the Moonlight


わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング