FC2ブログ
2019/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>




ロマンス・ゼロ あらすじ&感想





 DVD-BOX(日本版)

全16話 2009年 MBC

出演者 : キム・ウジン・・・イ・テソン
       ナ・ホテ・・・カン・イン
       ミナ・・・イ・ダイン
       チャン女史・・・キム・ヒウォン

       ミン・ドゥヒョン・・・ジェイ
       オ・スジョン・・・イ・ギョンウン

       ガンチョル・・・キム・スンミン(11話)
       チョン・マングム・・・パク・ジェロム(13話)


演出  : イ・マノ

 1-23-45-678910111213141516

1-2

コメディで、楽しめそうです。
今回はそれぞれの個性が発揮されてはいなかったけれど
冥婚 という話しで ほろっとしました。
…なあんて ちょっとした事では感動しない私は逆に引いてしまいましたが。

結婚相談所。
ウジンは優秀な社員だった。
しかし国税庁長官の娘にゲイを紹介して 左遷されることに。
左遷されたところはクラッシュ処理班。
成婚しそうにない相手を担当する部署だった。

部下はひとくせもふたくせもある3人。
ホセ、チャン女史、ミナ。

最初の依頼は 26歳の娘の相手を見つけてほしいと言う父親からの依頼。
信頼できる婿なら所有するビルをあげてもほしいと。

ところが この父親 様子がおかしい。
最初の見合いには 「自分が相手を確認したい」と父親が現れる。
二度目は 「娘は風邪を引いた」とやはり父親だけ。
三度目も父親だけ。

調査すると 娘ヨニは亡くなっていた。

結婚20年目にやっと子供を授かったが、妻は出産時になくなってしまった。
そして娘は交通事故で死亡。
生きている人と冥婚すれば成仏できると思い 相手を捜している
ということだった。

ウジンとほかの3人は別に相手を捜す。
3人はヨ・チョルミンと言う男を探し出す。
しかし本当の恋人はウジンが見つけてきたイ・ヒョンソクだった。

ウジンが借りてきたアルバムにはヨ・チョルミンを挟んでたってるヨニとイ・ヒョンソクが 後ろで手をつないでいるのが写ってた。

イ・ヒョンソクは冥婚をし、相続したビルは福祉団体に寄付することに。


ウジンは左遷されたから アメリカ移住を考えていた。
それはやめたみたいね。
鶏工場で働くよりはいいものね。

3-4

実はチームは半年後に解体されることになっていた。
それが 2ヶ月後に!

アンナ・チョン編集長から体験ルポを書きたいと申し出がある。
それが… この女 曲者、とういうか 潔癖症と言うか…
独身主義者?

顔も職業も家柄もAランクの男を紹介するのに 全くダメ。
1番目の男の理由・・・靴下が白だった…確かに それは嫌だわ。
2番目の男の理由・・・ブランドづくめだった・・・着こなしていればよかったんだろうけどね。
4番目の男の理由・・・上着の背中がしわくちゃだった。
3番目の男の理由・・・支払いの書類にサインする時 インクが出なかったボールペンをなめた…私もそれは嫌!

こうなったら仕方がない。もうやけくそだ!
ウジンはホテに命令し 今までとは全く違うタイプのキム・マンスを紹介する。
それが なぜか うまくいく。
この先はわからないけれどね。
アンナには植物学者の話は面白かったみたいね。

もう一人の相談者はキム・ギボム。
ミナが担当する。

ギボムは顔に問題はない。
話しも順調。
次の約束もして別れる。
“これは絶対大丈夫。成立だわ”

ところが 苦情がくる。
それが一度や二度ではない。
ミナは囮になって 苦情の理由を調査する。

なんと ミナはギボムと別れた後 3人の女に襲われたのだった。

ギボムには元彼女ジャンミがいた。
しかし彼女がスリだとわかり 別れることに。
捨てられたジャンミの姿を見て 妹シニョンが友人と 邪魔をしていたのだった。

ジャンミはやり直すと約束。
ギボムと付き合うことに。


アンナの記事はウジンたちにとっていいものだった。
これで 半年は安泰かもしれない。
ところが 今日付けで解体 と宣言されてしまう。

5-6

ウジンは会長と取引をする。
会長の娘ソ・ジュリの伴侶を捜すこと。
報酬はウジンに投資。

ジュリは精神を患っている様子。
最初の見合い相手は翌日 “セクハラ暴行”で新聞記事に。
2番目の見合い相手監督は SMシーンを隠し撮りされ ネットに。
監督本人は 「いいアイデアが浮かんだ」と気にしていないのが幸いだけど。

問題は父親にあった。
ジュリは 実は母の命日に 母の墓の前で自殺するつもりだった。
幸い 前日に 異変を感じたウジンが ジュリの話を聞いて 自殺をとめることができる。

すべては金。
そんな父親が大嫌い。

初恋の人が 父親に結婚を許してもらおうとした時も
「ジュリを選んで 平均以下の生活をするか、
ジュリを諦めて 自分の能力で平均以上の生活をするか、そして ジュリを捨てればほしいだけの金をやる。
選択しろ。そうしなければ ジュリも金も人生も失う。
5秒やる」
ジュリを捨てられない…
けれど 「選択は終わった」と言われ 彼は 「5億」と叫んでしまう。
その会話を聞いてから ジュリはおかしくなった。

会長も理解して ジュリと一緒に 精神科に通院することにしたみたいね。

さて 会長との取引は 会長がウジンの新会社に金を出してくれることで成立。
つまり ウジンが代表で 他の3人が社員で 今までと同じ部屋で 仕事をすることに。


ホテが担当したのは 病気のおばあさんの息子マンソクの結婚。
これがなかなかうまくいかない。
仕方なく 心理学を勉強しているオ・スジョンに頼み 婚約者のふりをしてもらうことに。

おばあちゃんは偽の婚約者だとわかったようだけど
息子のため知らないふりをし、ホテとスジョンに感謝し、亡くなる。
そして ミナの占い通りに マンソクにも 春がくるみたいね。


さて~オ・スジョン、ウジンの元妻らしい。
ウジンって 潔癖症らしい。
あそこまで きれいに物が並んでいると 掃除したくないわ。
(並んでいなくても 掃除したくないけど)

7

「ゼロベース」
会社発足一日目。
やってきたのは暴力団員。

ペクサン流通会社社長ペク・ドフンの見合いを頼みに来たらしい。
ドフン母が会員になっていたが なかなか決まらず…
…誰も好き好んで暴力団の組長と結婚するはずないじゃない。

どうも… 元の結婚相談所が ダメ会員を押しつけたみたいね。

本人に結婚する気は全くない。
“以前彼女がいたが 自分のせいで 敵の暴力団に捕まり 自分を助けるために死んだ”らしい。

実はそれは嘘。
ドフンは 母が怖くて 女性の前に立つと母が見えるらしい。
おまけに勃起不全だった。

ドフン母はチャン女史の知り合いだったから
「子離れするように」と説得。

勃起不全のほうは…
ウジンの知り合いの先生と嘘をついて 会員の女性医師を紹介。
これがなぜかうまくいき ゴールイン。


今回 うまくいきすぎよね。
だいたい あんないい体していて 勃起不全って…


ウジンとスジョンの過去が明らかに。
学生結婚をしていたけれど スジョンが浮気して離婚したらしい。
他の会員は 誰も知らないから ホテはスジョンの店に通いづめ。

8

財閥の御曹司だけど 傲慢なユン・テス。
ミン・ドゥヒョンはウジンを陥れるために ユン・テスを利用することを考える。

ドゥヒョンを入会するように誘う。
「面白いイベントがある」と。
ドゥヒョンをその気にさせ 自分は仮病で入院。担当をウジンに代わってもらうことに。

ドゥヒョンの代わりなんてしたくない。
しかし 今度の株主総会で 社長が交代し ドゥヒョンの叔父がなると噂を聞く。
そうなれば うちのチームは…
仕方なく引き受けることに。

そこには罠が仕掛けられていた。
イベント会場までのバスの運転手はドゥヒョンの部下。
携帯も財布も取られて 何もないところに置き去りにされる。
仕方なく 歩いて行くと 廃校寸前の学校が見つかる。
そこにひとり残った先生スンドクのおかげで 食事と宿泊ができることに。

ただでは食事も宿泊もできない。
と 花壇に花を植えたり、まぁ いろいろさせられるわけ。
御曹司のテスにはとても耐えられないことだけどね。
でも ここでは “御曹司”の肩書きは関係ないから やるしかない。

翌日 無事帰宅し、いつも通りの日々が始まる。
しかし テスはつまらない。
スンドクに会いに行く。


ミナは結婚している人と付き合ってしまって
別れたけれど 気持ちの整理がつかないみたいね。

ホテはスジョンのストーカー退治で大忙し。
ストーカーを退治し、スジョンとの距離も縮まったような?

ウジンはホテにもらったサボテンを割ってしまった。
同じものを買おうと店に行くと…
そこには ホテと楽しそうに話すスジョンがいた。


ホテが不倫を告白したミナに話した “月下老人の縄の話”
月下老人は 誰と誰に縄を縛って 引き合わせるのかしら。
ホテとスジョンの縄はもうほどけてしまったのかしら。

9

今回の相談は 相談者が来たときから 想像できるものでしたね。

「カン・チョルスン刑事を結婚させて 内勤の仕事をさせたい。男勝りで心配で仕方がない」
と 上司のホン班長が相談に。
チョルスンは全くその気なし。実は好きな人がいた。

さすが年の功、チャン女史が見抜いて
チョルスンとホン班長はめでたく結婚することに。


鉢が壊れたサボテンを持ったまま なかなか スジョンの店に入れないウジン。
思い切って入っていく。
少し嬉しそうなスジョン。
けれど ウジンが以前とは変わらないのを知り がっかりする。
“ウジンは 見たいものしか見ずに思い込む。変わっていない”

2人とも まだ気持ちが残っているような?
そこで 問題なのがホテの存在。
ホテはスジョンとウジンの関係は終わったものと思っている。
そう簡単にいかないのが 元夫婦。

10

女を点数にする男 ケ・サンギ(計算機)。
地方大学出身だから マイナス、
実家が島だから マイナス
髪が短いから マイナス
一流会社に勤めていないから マイナス
足首が太いから マイナス

…そんなことしたら 私なんか0点を過ぎて マイナス何点になることか…

これ以上の人はいないと紹介したら
今度は反対に点数をつけられ 振られることに。

そこで ウジンが提案したのは 外見ではなく 内面を重視すること。
1週間 電話だけで会話をし、 会うことに。
話しが合えば 外見なんて関係ない ってことかな。

スジョンはウジンに 「もう会いに来ないでほしい」と話す。
ホテにも 「待たないでほしい」と。
2人も振られちゃったの?
スジンの心が読めないのよね。恋愛をする気がないのかしら。

11

女装趣味のガンチョルはミンギョンとお見合いをする。
ガンチョルは 心も体も男。趣味が女装。ストレスを女装することで解消していた。

ガンチョルはミンギョンに一目ぼれ。
結婚する気満々。
女装仲間から 「結婚したら これから二重生活になるのね」と言われる。
女装の趣味が理解されるはずがない。

ミンギョンもガンチョルを気に入り、ガンチョルのマンションを訪ねる。
その時 マンションでは 仲間と一緒に女装をして写真を撮っていた。

ショックを受けるミンギョン。
ガンチョルの趣味を知り どう理解したらいいのか悩むウジンたち。

ウジンとホテは ガンチョル仲間に会い、
「理解したいなら 同じ立場にならないとわからない」と言われ
体験してみる。

ミナはミンギョンに 同性愛者の友人の話をする。
「とてもいい人なのに 同性愛者というだけで 友人は彼の元から去っていった。私は彼から助けてもらった。女装趣味なら個性的な趣味と理解できる範囲ではないかしら?」

ミンギョンは彼の気持ちを理解し、
「あなたのストレスを私の愛で包んであげるから 趣味を卒業してほしい。2人で趣味を見つけましょう」と話す。
ガンチョルはミンギョンを愛しているから 趣味を捨てる決心をする。


ウジンはテウ先輩に会い、スジョンが鬱病と不妊症に悩んでいたと知る。
わかってあげられなかった自分を恥じる。
ミナに 「やり直すにしても 清算するにしても誤解は解かないと」と助言され スジョンに会いに行く。
ウジンは “離婚しても友達でいたい”と思っているけれど
スジョンは 友達も嫌みたいね。

ホテはウジンに 「仕事はウジン先輩を目指します。けれどスジョンさんのことではライバルです」と宣戦布告する。


ガンチョル役のキム・スンミンさん、久しぶりに見た気がしました。
「1%の奇跡」「兄嫁は19歳」「ワンダフルライフ」など 主役の友人役が多いですよね。

12

ゼロベースが事務所を追い出されてしまう。

チャン女史がお金を貸し、ミナが事務所を捜し、再開。

お客様第一号は認知症のパク・コッスン。
夫の事を祖父だと思い、自分を20歳だと思っている。
夫が 「妻に恋人を捜してほしい」と 連れてきた。

驚く3人。
ウジンは理解できない。

夫はウジンに話し始める。
「君は後悔したことがあるか?妻に苦労させた。認知症になって初めて妻の笑顔を見た。きっと 苦労ばかりの結婚生活を忘れて幸せだった20歳に戻っているんだろう。妻に最後の贈り物をしてあげたい」

チャン女史とミナは コッスンの初恋の相手チョル兄さまを捜すが見つからない。
コッスンの相手をしていたウジンはひらめく。
今のチョル兄さまではなく 20歳のチョル兄さまを求めているのでは?
そこで コッスンにチョル兄さまの事を聞き、夫をチョル兄さまに似せることに。

予想通り コッスンは夫をチョル兄さまと思い 大喜びする。
2人の結婚写真を撮って 依頼終了。

ウジンはチャン女史とミナと 打ち上げをする。
「今まで自分の給料と昇進のためにやってきた。お客様より自分だった。今までの自分と決別します。
明日から再スタートです」とウジン。

翌朝 ウジンとミナは 一緒にベッドに寝ていた。


ホテ?
ホテは…出張から戻ってきたら事務所がなくなっていて、ミナに連絡がつかず 困っていた。
立ち寄ったスジョンの店にいるところに ウジンとミナが来る。
ウジンは 楽しそうに話すスジョンとホテに嫉妬。
ホテを怒鳴りちらす。 「連絡もしないで こんなところにいたのか!」
…そうは言ってもね…今回のことに ホテに非があるわけじゃないのに…

ホテはウジンとやっていく自信がなくなり 辞表を提出。
スジョンの店でバイトを始める。

13

今回の相談者はチョン・マングム。
見た目は… 誰かが “ブタの貯金箱”と称したような感じ。
美人とは言えない。結構肥っている。
会社員だけど両親の保険金が入り 財産が30億

開院したい外科医師と見合い。
30億あれば開院できると 高価なバッグをプレゼント、送り迎え、食事。
うまくいっていると思ったら
マングムは「グッとくるものがない」と断る。

ウジンは 他の相談所にチョン・マングムという会員がいないか調べる。
マングムは 今回と同じように お金目当ての男と見合いをし、何度かデートをした後断っていた。

両親の保険金は確かに支払われていた。
しかし 父親の連帯保証人になっていて 差し押さえられていた。
マングムには財産はなかった。

マングムの行為は結婚詐欺師と言われても仕方がない行為。
ウジンはマングムに 「あなたは外見ではなく心が歪んでいる」と非難したけれど
お金目当てで 好みの女性ではないのに 結婚しようとする男たちも 非難されるべきでは?


ウジンとミナは一夜をともにしてから ぎこちない。
何もなかったのに なぜか 意識してしまう。

ホテはスジョンの店でバイト中。
ミナが 戻ってきた時に困らないようにと 相談所の話をするけれど
まだ 戻る気はないみたいね。

14

元軍人アン・ビョンナムは娘スビンを溺愛している。
仕事ばかりで妻の病気に気付いてあげられなかった。
亡くなった妻の分も 娘を大事にしようと思っている。

気持ちはわかるんだけど ちょっと 異常なのよね…
娘の見合いを尾行するほど。
娘の足を洗ったり、キュウリパックをしてあげる父親って…気持ち悪い。

スビンはパク・ドンウと見合いをする。
2人とも気に入る。
ところが ドンウが偏平足で兵役免除だったと聞くと 父の態度が急に変わる。
入隊していないのが問題らしい。

“妻と娘を幸せな結婚をさせると約束した。男は強くなければダメだ”が理由らしい。


スビンはドンウを忘れられないが、父に反抗できない。

ビョンナムはウェディングファクトリーに入会し、チェ・ヒョンギと見合いする。
スジンは ヒョンギとは話が合わず 断りたい。

落ち込んでいるドンウ。
ホテから「悩んでいる場合じゃない。障害を乗り越えて愛を得るんです。諦めないでください」と励まされ
ビョンナムに 「スビンさんを諦められない」と訴えに。
スビンも 「ドンウを愛している」と父に訴える。

そこで ヒョンギと体力テストをすることに。
はぁ… 体力だけが強さじゃないのに。

やらなくても 結果はわかる。
でもドンウはスジンのために全力を尽くすことに。
結果は…競走中 ヒョンギがずるくて性格の悪い男だとばれてしまう。
だからドンウの勝利。

ホテは自分がスジンとドンウのために役立てたのが嬉しそう。

15

世界的投資家ウィリアム・ホンがウェディングファクトリーとゼロ・ベースに依頼してくる。

条件は
温かい家庭で育った明るい人
金の価値が分かる人
善い人

チャン女史とミナが選んだ会員はそれぞれ理由があって 紹介できない。
そこでホテに相談。
ホテはチョ・ウニを紹介する。

“ウニはひと間くらしでも仲良し家族、裕福でないから金の価値がわかる、甥の世話をする優しいひと”だと。
ウジンも納得。ウィリアム・ホンは外面ではなく内面を重視するはずと。

ウェディングファクトリーは金持ちのミンハ姉妹を紹介する。

それぞれと見合い。
どうも… 秘書が失敗をして その時の対処を見ているようで…
もしかしたら 秘書がウィリアム・ホン本人?

次は誕生パーティを計画してほしいと言う。
準備状況は秘書が逐一確認することに。
ウィリアム・ホンは気に入った方に参加するらしい。

ウェディングファクトリーはもちろん豪華なパーティ。
ゼロ・ベースは 頼んでいたところに断られ ウニの家でわかめスープとケーキを用意することに。

ウィリアム・ホンはどちらにも現れない。
ウニの家に現れたのは秘書だった。
少しがっかりするウニ。
それでも せっかく来たんだからともてなし、取れかかったボタンもつけてあげる。

決定の日。
ウィリアム・ホンはウニにプロポーズする。
ところがウニは好きな人がいると言って断る。
そこに秘書が現れ プロポーズする。
やはり ウィリアム・ホンと秘書は入れ替わっていた。

16

最終回だからって まとめすぎでしょう。

チャン女史が待ち続けている人と再会。
スジョンとウジンは友達関係になり、スジョンはホテを受け入れる。
この2つは想像できた。

ウェディングファクトリーのミン室長と部下がホテと仲直りする。
というのも 納得できる範囲。

まさか ウジンがミナにプロポーズするとは…
もう唖然よ。
ウジンは「月下老人が新しい縄を用意したようだ。私たち2人のために。僕とその縄をつかまないか?一度は離したけど今度は離さない。約束するよ。僕を信じてくれ」と言ってミナを抱きしめる。
“妄想でした~”ってことになるのかと思ったら そうではないようで…


ナム・ヒョンジョンが相談に来る。
まだ20歳。若いけれど 病気の父が結婚を望んでいるらしい。

チャン女史が担当し、お互い気に入った様子。
しかし ヒョンジョンが片親で育ったと聞いて相手の母親の顔が曇る。
「片親ではしつけがなっていないはず」と。
…両親いてもダメな人もいるのに。

チャン女史が母親を説得。
「縁結びをして20年以上 目を見たら わかる。彼女を逃してはいけません」
しばらく様子を見ることで 母親は納得する。

チャン女史は ヒョンジョンから「父がお礼を言いたいと言っているので一度病院に来てください」と言われ 病院へ。
なんと ヒョンジョン父はチャン女史が20年間待っている人だった。
別れた時 雨が降っていたから 戻った時に雨が降っても困らないようにと 傘を肌身離さず持って待っていた人が 会員の父親だったとは…

チャン女史はショックを受ける。
「待っていてくれ」という言葉は嘘だった。彼は結婚していた。

会社を辞めると言うチャン女史を引きとめるため ウジンはヒョンジョン父に会いに行く。
実はヒョンジョン父は国家情報員で身分を明かせない立場だった。
ヒョンジョンは亡くなった同僚夫婦の娘。ヒョンジョン父は結婚していなかった。

ウジンの頼みで ヒョンジョン父はすべてをチャン女史に話す。
そしてウジンはヒョンジョンにも協力を頼み 2人をお見合いさせることに。
もちろん成功。

ウジンはスジョンに頼まれ ホテに会いに行く。
ウジンは遠まわしに帰ってこいと言っているようだけど 伝わったかなぁ…

ホテは別の会社に面接に行くが、ゼロ・ベースに戻ってくる。

そして ウェディングファクトリーを解雇になったミン室長と部下が ゼロ・ベースに試採用される。

 1-23-45-678910111213141516
関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
神のクイズ:リブート

如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
カンブリア紀(寒武紀)
独狐伽羅~皇后の願い~(独狐天下)

<視聴予定>
トラップ

皇帝と私の秘密~櫃中美人~
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング