FC2ブログ
2019/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>




二人の妻 リタイア

84話でリタイア
カン・ジソプが出ているからと 頑張っていたんですけどね…
ヨンミン登場でくじけはじめ、
ヘラン登場で膝をつき、
ジホ母登場で ダウンしました。



全120話 2009年 SBS

出演者 : ユン・ヨンヒ・・・キム・ジヨン
       カン・チョルス(ヨンヒ夫)・・・キム・ホジン
       ハン・ジスク・・・ソン・テヨン
       ソン・ジホ・・・カン・ジソプ

       カン・ハンビョル(ヨンヒ息子)・・・オム・ミヌ
       チャン・ヨンジャ(ヨンヒ義母)・・・キム・ヨンリム
       カン・ドヒ(チョルス妹)・・・キム・ユンギョン
       アン・グァンテ(ドヒ夫)・・・カン・ソンジン
       グァンテ母・・・キム・ヨンラン

       ユン・ジャンス(ヨンヒ父)・・・チョン・ムソン
       ソ女史(ヨンヒ母)・・・チョ・ヤンジャ
       ユン・ナムジュン(ヨンヒ弟)・・・アンディ

       チョ・ミミ(ヨンヒ友人)・・・イ・ユジン
       ハン・ソリ(ジスク娘)・・・キム・スジョン

       園長先生・・・キョン・ミリ
       幼稚園の給食調理員の先輩・・・ヤン・ヒギョン
       ジソク(チョルス後輩)・・・カンジェ
       ヨンミン(ジスク元彼、ソリ実父)・・・チェ・ウォニョン


演出  : ユン・リュヘ
脚本  : イ・ユソン


 1-23-45-67-89-1011-1213-1415-1617-2021-2425-2627-2829-3233-3637-4041-4445-4849-5253-5657-6061-6465-6869-7273-7677-8081-84


1-2

ヨンヒは幼稚園の送迎バスの運転手。
明日からは幼稚園の給食調理員の仕事もする予定。
生活費とマンションのローンを返すため 頑張る毎日。

で、夫チョルスはというと…
作家?大学講師? 定職はなさそう。
それなのに!
ジスクという子持ち独身女と不倫中。

2年前父親代行で知り合い、それが本気になったらしい。
ジスクは別れると言うが、チョルスは別れたくない。
「君が別れると言うのなら 僕は死ぬ」と説得。

…こんな言葉を言う男大嫌い。死にたいなら 勝手に死んで~

ヨンヒは接触事故を起こしてしまう。
相手の車は外車で修理代が高い。
保険がおりても足りない。
“1千万なんて 1年間の給料だわ”

ヨンヒが男と揉めているのを ラブホテル帰りのチョルスは目撃。
何を揉めているのか気になる。
けれど 助手席にはジスク。声をかけられない。
帰宅して 妻の携帯を確認するチョルス。
自分が浮気しているから 妻も疑うのかしらね…

そうそう ラブホテルに行ったら 車のナンバーに黒い布をかぶせてくれるらしい。
そんなことする必要が?
まぁ 悪いことをしているという気持ちがあるわけよね。

幼稚園の“ママと演じる童話発表会”
妻と息子の発表を見ているチョルス、
しかし 携帯で “出版社”(ジスク)に呼び出される。

発表途中 ハンピョルは転んでけがをする。
病院に連れて行くと
そこにはジスクとソリと一緒にいるチョルスと鉢合わせする。


3-4

チョルス、どんな言いわけをするかと思ったら
「友人が交通事故に遭った」と。
ジスクをその妻と紹介。
…嫌な男。



園長先生、園児の見舞いに行き、
ソリが乗った車いすを押すチョルスを目撃する。
チョルスは“ソリのお父さん”と呼ばれていた。

少し悩む園長。
でも 自分も過去に経験したことがあるらしく ヨンヒに話すことに。
もちろん ヨンヒは信じない。
園長は「わからないから確認するの。確証はないから 確認するまではご主人には言わないように」と。

ナンバープレートの黒い布
1か月に520件のメール。
生花市場での駐車違反。
おかしいことはいくつかある。

チョルスの携帯電話の通話明細をみると
同じ番号に何度もかけていることが分かる。

ヨンヒは友人ミミに相談に行く。
ミミが勤めるジムに 接触事故の男もいて 3人で食事をすることに。

落ち込んでいるヨンヒ。
ヨンヒはミミに聞いてみる。
「夫に6歳の隠し子いたらどうする?あなたは夫を許せる?」

接触事故の男「友達のことと言いながら おばさんのことだろ?」と冷やかす。
けれど ヨンヒは言い返さない。
ヨンヒは泣いていた。

ヨンヒは病院に行って 病室の前に行き、電話をかけてみる。
すると 女の携帯が鳴る。
女は電話に出、ヨンヒの携帯から聞こえてきたのは女の声だった。

ジスク、チョルスと別れようと考えていたけれど
ソリのために 別れないことに。
見た目 弱そうに見えるジスクだけど 芯は強そう。


5-6

ヨンヒ役のキム・ジヨンさんはどちらかというと 好きな女優さん、
チョルス役のキム・ホジンさんとジスク役のソン・テヨンさんは 思いっきり苦手な俳優さん、
なので ヨンヒ目線で視聴。
“イマイチかなぁ~”と思うけれど
ヨンヒになった気分で見ると イライラして なぜか続きが気になってしまう。

離婚した後の話がメインだから 早くも浮気発覚→大喧嘩ってことに。
園長先生が助言してくれたように 冷静に考えるべきだったとは思うけど
やっぱり それは無理よね…



夫の浮気を知ってしまうと、
夫が話す言葉 ひとつひとつに 愛人を思い浮かべてしまう。

園長先生から
「離婚を考えていないのなら 浮気を責めないこと。夫の母親を信用しないこと。最初は味方になってくれても いつかは息子を許してしまう」と助言される。
そして ヨンヒは妊娠していることに気付く。

チョルスは合宿と嘘をついて ジスクと一緒に江華道に。
チョルスの帰宅後 ヨンヒはチョルスの携帯からジスクに電話をする。
すると 「次は奥さんが済州島のアラを食べたがるといいわね」と言うジスクの声が…
ヨンヒは我慢できず 夫を叩き 責める。
「最低 汚らわしい。あなたが浮気していたなんて。あなたを殺したい」

翌日 幼稚園バスを運転していても 心は穏やかではいられない。
ヨンヒは道路で倒れてしまう。
通りかかったジホが ヨンヒを病院に運ぶ。
過労とストレス。そして流産も。

ドヒはヨンヒが友人の話と言っている浮気話が 自分の夫のことか兄のことか気になっていた。
それをグァンテに話すと、
「チョルスの話だ。ハンビョルを病院に連れて行った時 チョルスは女性と一緒にいて 妙な雰囲気だった」と聞かされる。

2人の会話をグァンテ母が聞いてしまい、食事の席で話してしまったから 大変。
チョルス母はチョルスを連れて ジスクの家に。
ジスクとソリに会うことに。


7-8

何はともあれ 謝るのが先。
もちろんそれで 浮気が許されるわけじゃないけれど
でも やっぱり妻を裏切ったんだから 謝るべき。
なのに チョルスは謝る気はないらしい。

「甲斐性がないのはわかって結婚したのに 何かあるたびに“苦労している”だ。うんざりだ」
それってあんまりじゃない?

そのくせ 妻が夜遅くに男と帰ってきたら気に入らない様子。
何なのよ!



ヨンヒが帰宅すると チョルスは「離婚しよう」と話す。
ジスクとの出会いを聞かれて 「知り合ったのは結婚前。結婚して3年目に再会して 関係が始まったのは2年前」と嘘をつく。
…それで 6歳の子供がいるのか~ おかしいでしょうが!

チョルスは離婚してジスクと結婚したいらしい。
何が何でも そうしたいらしい。
ジスクは 別れてアメリカに行くつもりだった。
けれど チョルスが説得。
「逃げてばかりじゃ自滅する。欲しいものがあれば戦っても勝ち取れ。もう引き返せない。世間に後ろ指さされても君と暮らしたい」
…はぁ… 親に反対された恋人同士なら 応援してあげたいけれど あなたたち不倫でしょうが!

ヨンヒは車の修理代を渡すためにジホに会う。
ジホは 「自損事故で処理したからお金はいらない」と言い、夕食に誘う。

ヨンヒは誰にも言えなかった悩みを ジホ相手に吐き出す。
「この間話した夫に不倫された友人なんだけど 彼女は夫と子供のために頑張ってきたわ。愛は素朴だったのに いつのまにかゴミ同然になってしまったのが悔しいと。」
“なぜ この人に話しているのかしら”と思いながらも 吐き出さずにはいられない。
ジホは聞きながら 胸が痛い。

ジホはヨンヒを送る。
車を降りたヨンヒに 「夫や子供より自分を愛するように 友達に言ってあげて」と声をかける。
ヨンヒは腕を掴まれ 振り返ると チョルスが立っていた。

チョルスはドヒから ヨンヒが流産したと聞いて 帰宅していた。
今更 何を慌てているの?
流産したから?子供が欲しいのなら、ヨンヒが心配なら どうして浮気するのよ!


9-10

チョルスに呆れるばかり。
チョルスは浮気じゃなくて本気。
でもね…
離婚に応じないなら訴訟をおこすとか、姦通罪で逮捕されても 服役後には離婚成立だとか、
… 浮気したくせに態度がでかいのよね。

妹には 「ヨンヒは金のために本を書かせ、ジスクは書きたい衝動をかき立たせる」と。

こういう男には天罰を
ということで この後天罰が下るわけね。

不可解なのは チョルスがジスクの家に引っ越して、ジスクがチョルスの洋服を捨てたと知った時の態度。
ヨンヒに買ってもらった洋服が 今更 どうして大事なの?


11-12

ジホとヨンヒが幼なじみだったことが判明。
2人は仁川に遊びに行く。
ところが ハンビョルの具合が悪くなってしまう。
ヨンヒに連絡がつかず、チョルスが迎えに行くことに。

チョルスは母親、妹夫婦のいる前でヨンヒを非難する。
「ヨンヒは僕なしでも生きている。男もいる」

まったく… 言うに事欠いて…
「あなたなんかこっちから願い下げよ。お義母さん。これ以上我慢できません。あまりの仕打ちに愛想がつきました」と言うヨンヒ…
そう、そうよ、慰謝料と養育費をふんだくって離婚よ!

ヨンヒはハンビョルを連れて旅行に。
帰って来て ハンビョルをチョルス実家に預けた後、ジスクの花屋に。
離婚式の花束と ホテルの飾りつけを頼む。


13-14

ヨンヒは離婚式を計画。
ジスクにホテルの飾りつけを頼み、そこにチョルスを呼び出す。
チョルスの頬を2発殴り、
ジスクに 「今日限りでこの男をゴミ箱に捨てる。勝手に拾って」と言う。

希望通り 離婚できるんだから 嬉しそうな顔をすればいいのに ジスクもチョルスもこの世の終わりのような顔。
まぁ辛いのは見た目だけ。
ジスクは 「これでぐっすり眠れるそう」と言うし、
チョルスは “今週中に届けを出そう”とメール。
ほんと、いらつく この2人。

チョルスはヨンヒにマンションを渡し、融資の利子と養育費を約束。
2人は裁判所に行き、離婚の手続きをする。

最後にもう一度 チョルスに 「考え直してほしい」とすがったヨンヒ、
わかるけど…
あんな男はすがる値打もない男だわ。
どうせなら ジスクからも慰謝料を取ればよかったのに。


15-16

離婚が成立して やけ酒を飲むチョルスも
望み通りに 夫&娘の父親ができたのに不安に思うジスクも
すぐにジスクとソリを連れてこさせるチョルス母も
理解できないわ。

ジホのおかげで 元気を取り戻し始めたヨンヒ。
私にもなぁ ジホのような友達がいればなぁ…
ドラマだからあり得るわけで 現実には そう簡単にカッコいい男は現れないのよね。

ハンピョルには 「父は小説を書き終わるまで遠くにいて 会えない」と嘘をついていた。
ショックを受けることを考えたら 仕方のない嘘。
ところが ヨンヒとハンビョルはミュージカルを見に行き チョルスを見つけてしまう。

もちろん チョルスはジスクとソリと一緒。
どう説明するつもりなの?
友人の子供ってことにするのかしらね。


17-20

チョルスをとことん悪役にして
ヨンヒをとことん不幸にして
チョルスへの憎悪が頂点なった時に チョルスを記憶喪失にするつもりなのね。
でもね…ヨンヒ父が突然心臓発作で亡くなるのは 無理がありすぎよね。


チョルスはハンビョルにはソリの事を “友達の子供で お父さんが外国に行っている間 父親役をしている”と説明。
ハンビョルは 「妹ができた」と大喜び。
その姿が…
今はそう信じていた方がいいのかなぁ と思うけど 大きくなって真実を知った時のことを考えると…

ヨンヒの誕生日の前日、ヨンヒ両親が遊びに来る。
ヨンヒ夫婦の様子がどことなく おかしい。
ハンビョルは 「お父さんは仕事で 遠くに住んでいる」と話していた。
気になったヨンヒ父は チョルスを呼び出す。

チョルスは ヨンヒから離婚のことは話さないようにと頼まれていたのに 黙っていられず 話してしまう。
ヨンヒ父は 「考え直してほしい」と頼む。
そして 帰りのタクシーの中で 急に苦しみだし亡くなってしまう。

ヨンヒ父にとっても 娘夫婦が離婚することは想像していなかったのかしらね。
私なら やり直してほしいなんて頼まないわ。
チョルスを罵倒して ヨンヒに「あんな男と別れて正解だった。帰ってこい」と言うわ。


21-24

ナムジュンの友人ギュソク役で 「善徳女王」のアルチョンが登場。

ドラマのほうは 4話続けて観ても 大きな変化なし。
…でも ないかなぁ…
ハンビョルが両親の離婚を知って 家出したのよね…
まだ幼いから ショックを与えないように黙っていたんだろうけど
こんな形で知ってしまうくらいなら 話しておいたほうがよかったのに。


ヨンヒ父の葬儀が終わり、
ヨンヒ母とナムジュンはヨンヒのマンションに住み始める。

ハンビョルは今週末もジスクの家に。
ソリは お父さんはカン・チョルスだと言い張る。
ソリの父親はアメリカに行っていると聞かされていたハンビョルは不思議に思うし、他人の父親をお父さんだと言い張るソリに頭に来る。
ハンビョルは 「家に帰りたい」と言いだし、家に帰る。
そして 祖母と叔父が話しているのを聞いて 両親が離婚したことを知ってしまう。

ハンビョルはタクシーを呼びとめようとしていたけれど
どこに行こうとしていたのかしら


25-26

ハンビョルが可哀想で…ウルウル
ジホに 「おじさん、マジックできるでしょう。ママとパパを元通りにして。おじいちゃんを生き返らせて。パパはお祖父ちゃんが好きだから お祖父ちゃんが離婚しないでと頼んだら また僕とママと一緒に暮らしてくれる」と頼むなんて…

幼稚園では 友達から
「パパが浮気したことは遊ばない。パパは浮気したのか?だから離婚したのか?」と言われ 喧嘩してしまう。
もちろん 子供に友達の親の離婚のことを話す親は最低だけど
噂されるハンビョルを思うと…

ヨンヒが「離婚は夫婦だけの問題じゃないのね」とつぶやいていたけど
…そうなのよね。
子供が一番傷つく。だから子供のために離婚を思いとどまることも。
もちろん子供ために我慢する必要はないけど チョルスみたいに自分の欲望だけで簡単に捨てるのは…婚姻届もさっさと出しちゃってさっ。

ジスクもチョルスと同じくらい自分勝手。
ハンビョルを捜して帰らなかったチョルスに 「いつまでヨンヒさんに振り回されるの?」と。
仕方ないんじゃないの?人の家庭を壊して そんなことがよく言えるわ。自分が傷つけた人の痛みを感じてほしいわ。


27-28

まだまだ ヨンス&ハンビョルの不幸せ 対 チョルス&ジスク&ソリの幸せ は続く~
…ちょっとイライラが増してきたから…そろそろチョルスに事故に遭ってほしいんですけど…

父親参観日。
ハンビョルは父親が幼稚園に来ると 笑われると思い、母に連絡帳を見せない。
ヨンヒは何も知らずに 保険外交員の講義を受けに行く。
後で ハンビョルがひとりで寂しそうだったと聞き、ショックを受ける。

対照的に ソリはチョルスが幼稚園に来て料理を作ってくれたのが とても嬉しい。
ジスクの妊娠もわかり 幸せいっぱいのチョルス。

ハンビョルが落ち着くのはいつになるのかしら…
そう簡単にはいかないわよね…


29-32

あ~もう イライラする~
早く事故に遭ってほしいわ。
記憶喪失じゃ物足りないから いっそ死んでしまって~
…でも それじゃぁ 復讐できないわね。


チョルスは お金がない。
生活費は ジスクに頼るとして ヨンヒに払う養育費まで頼れない。
講師の仕事は 浮気して妻を捨てた という投書が届いてクビに。

ヨンヒにやつあたりしていたけれど 自業自得。
投書したのはナムジュンのようだけど 投書がなくてもいずればれること。
「俺を憎んでいるのか。じわじわと俺の首を絞める気だな。これくらいで僕を許してくれ。男がいるじゃないか。俺より稼ぎが良くて 守ってくれる男が」なんて開き直って。ほんと最低。
息子に会えないとか 仕事を奪われたとか そんなこと 序の口よ。
浮気男のくせに 少しは反省しなさいよ!

ジホはヨンヒが気になり始め…
自分の気持ちに戸惑っている様子。
「会っても 会わなくても辛い」らしい。

ドラマだから と割り切って入るけれど
実際 簡単にいい男が現れるはずないのよね…


ちょっとなぁ…リタイア寸前かなぁ…
交通事故に遭うまでは頑張らないとなぁ…


33-36

チョルス、交通事故に。
あんな風に飛ばされたら 死んでもおかしくないわ。


手術後 意識が戻らないチョルス。
チョルス母は 「ヨンヒを呼んで。ヨンヒが来てくれたら目を覚ますわ。ヨンヒが許すと言ったら きっと目を覚ますわ」とドヒに頼む。
「自分には関係ない」と言っていたヨンヒだけど 病院に。

元嫁を呼ぶ姑もおかしいけど 来るのもね…
ヨンヒはまだチョルスを愛しているのかしら?
ハンビョルにとっては父親だから ハンビョルは連れて行くべきだとは思うけど…
私なら 顔も見たくないし、死んでくれたら喜ぶかも。それくらいチョルスは許せない。

チョルス母はヨンヒに
「来てくれてありがとう。チョルスを助けるために 許すと言って頂戴」と言い、
ジスクを「疫病神だ」と罵倒する。

ジスクはヨンヒを睨みつける。
根性据わっていると言うか…人の夫を奪った女だからまともじゃないけどね。
でも…どうして ヨンヒがジスクに睨まれなきゃいけないのよ!

ジホは完全にヨンヒに嵌ってしまった様子。
いつでも どこでも ヨンヒのことが気になるみたい。
いやぁ…私にもいたら 即離婚したのになぁ…

そうそう ヨンヒのハンドボールの腕前、最高でしたね。
「映画の人に似ている」と噂していたけれど 本人ですから~

あと…ナムジュン、もうちょっと大人になってよ。
チョルスが許せないのはわかるけど
ヨンヒに チョルスとジスクが結婚式を挙げたことを言う必要はないんじゃないの?
今更 余計なこと話して辛くさせるより 楽しい話をして幸せな気分にしてあげなくちゃ。
あんな男の話をするだけ 時間の無駄。“チョルス”なんて名前を口にしたら 口が腐ってしまうわ。


37-40

ジホとジスクの関係が明らかになるのは まだ先なのね。

それにしても…
チョルス母、おかしいでしょっ!
こん睡状態が続いているチョルスを目覚めさせてほしいとヨンヒに頼むなんておかしい。
おかしいけれど わらをもすがりたい気持ちはわかる。
だから ヨンヒはチョルスを見舞ったんだと思う。ハンビョルのために目覚めてほしいと思ったんだと思う。

でも チョルスを世話するのはジスクよ。妻であるジスク。
たとえチョルスがジスクを覚えていなくて ヨンヒを妻だと思っていても 世話をするのはジスク。
それを 「ヨンヒが世話をして」 って おかしい!

チョルスが記憶を取り戻した時に どうするの?
「ヨンヒが世話をしたからヨンヒとよりを戻しなさい。ジスクは疫病神だから別れなさい」 と言うつもりなの?

ジスクを好きになれないから ジスクに同情する気持ちは全くないけれど
自分勝手なチョルス家族のジスクに対する態度にはいらつくわ。

ジホはヨンヒを好き。
ヨンヒも ジホがいない間 寂しそう。
でも…ヨンヒはチョルスに未練がある様子。
あんな男のどこがいいのか…呆れてしまう。


ヨンヒは チョルスを見舞う。
ハンビョルから 「お祖母ちゃんはママがパパに会うように 毎日お祈りしている。ぼくもお祈りしている」と言われたからか、
ジホから 「どのみち後悔するのなら会いに行ったほうがいい」と言われたからか。

翌日 チョルスが目を覚ます。
ところが チョルスはジスクとソリを覚えていなかった。
ヨンヒと結婚していると思っているらしい。
チョルスを混乱させないために 本当のことが言えない。

チョルス母は 今の状態を利用して チョルスとヨンヒを復縁させようと考える。
ヨンヒに 「チョルスの世話をしてほしい」と頼む。
ヨンヒは 「世話をするのは妻のジスクさんです。記憶が戻った後はどうするんですか?私は消えればいいんですか?」と反論。
すると ジスクが 「記憶が戻るまで 私の座を譲ります」と言いだす。
…譲る って… 馬鹿にするのもほどほどにしなさいよ!

チョルス母は何が何でも ヨンヒに世話をさせたいらしい。
嫁にさせないで 自分がしなさいよ!


41-44

ストレスがたまる~
誰か チョルスに本当のことを言ってよ~
それで チョルスがどうなっても構わないわ。
今の妻はジスクなんだから ジスクに世話してもらえばいいのよ。

ヨンヒもね…チョルスに未練があるの?信じられない。
ハンビョルは見舞いに行った方がいいと思うけど “自分は関係ない”と毅然としなくちゃ。
チョルスに同情なんて必要なし。 記憶が戻ったら 捨てられるのよ。

ジスクとジホは知り合い。
ソリがジホ先輩ヨンミンの子供だと知って…
そのヨンミンが帰国するらしく…
ソリがチョルスの子供じゃないと知ったら 波乱があるのかしらね。
チョルスの子供だと思っているから ヨンヒは離婚を渋々承知したんだろうし、チョルス母もジスクを受けいれたんだろうから。


45-48

やっぱりイライラする~
記憶がないから仕方がないと思っても チョルスの態度にイライラする~

それに ヨンヒはチョルスに未練たっぷり。
チョルスが離婚直後に 愛のメッセージの窓に差し込んだヨンヒ宛てのバースディカードがテレビで紹介されたのを見て 感動するのよ。信じられない。
大体 そのメッセージが自分宛なのか確かじゃないのに。

ジホは ヨンヒがチョルスを突き放せないのがもどかしい。
不本意だろうけど ここはジスクと協力したほうがいいかも。
でも…ソリがチョルスの子供じゃないとばれた時のジスクを見たい気もするのよね…


49-52

ヨンヒ、ジホに告白。
「私から離れないで。私の心にもあなたがいる。片隅じゃなく 中心に深く入り込んでいる」
本当に? とっても嘘っぽい。チョルスに未練たらたらくせに。
ジホもね…ヨンヒのどこがそんなに好きなのか…わからん。

チョルス、早く記憶をもどして ジスクとソリと暮らして~
そしてソリ実父と揉めてほしいし、
ついでに ソリのことで何か秘密があると感じたグァンテ母から脅されてほしいわ。

チョルスはヨンヒとハンビョルと暮らしたがる。
チョルス母はヨンヒとよりを戻してほしいから チョルスをヨンヒの家に住まわせ ヨンヒ母とハンビョルを預かる。
この母親も相当自己中よね。
ヨンヒとジスクが 預かる預からないで揉めていると
「息子を物のように扱わないで」と怒鳴る。
でも 元はチョルスが一番悪いわけだし、こういう場合 医者がなんと言おうと 母親が預かるべきよ。

ヨンミンはジスクを調べさせ ソリが自分の娘だと確信。
早速会いに行く様子。
ジスクとよりを戻したいみたい。


53-56

チョルスの記憶はまだ戻らないの?
記憶が戻り 自分が妻を捨てて再婚したことを知った時のチョルスを見たいのに。
愕然とするのか、平然とジスクの元に戻るのか…
…まぁ どうしても見たいってわけでもないのですが…何か見つけないと リタイアしそうで。

ヨンミンはジスクとやり直そうとし、
グァンテ義父は ソリ実父のことでジスクを脅す。
ジスクの身辺が騒々しくなってきても
チョルスの記憶が戻らない限り ドラマは進展しないのよね…

はぁ…ヨンヒはチョルスとよく暮らせるわ。未練があるからだろうけど。
私なら1秒も一緒にいたくない。非難されても 関わりたくない。
「あなたは浮気して私とハンビョルを捨てて 再婚したのよ」とぶちまけるわ。


57-60

ヨンヒは ヨンミンがソリ実父と知ることに。
あれだけ ヨンミンがうろうろしていれば おかしいと思うわよね。
ヨンミン、ソリを勝手に連れ出して…
ヨンミンの執着は ちょっと異常。

ジスクはヨンミンに戻る気はまったくない。
記憶を失ったチョルスが自分に惹かれはじめ 内心喜んでいる。
あとは ソリの出生の秘密だけ。
そこで ヨンミンの髪を チョルスの髪として DNA鑑定に出すことに。
鑑定の日も 2年前の日付にすることに。
これで ヨンミンが何を言おうとも ヨンヒがばらしても 関係ない。DNA鑑定があれば大丈夫。

ヨンヒ、まだ揺れているのよね…
ソリの実父がヨンミンで 騙されて離婚に応じさせられた恨みもあるだろうし、
チョルスがジスクに惹かれるのは いい気はしないだろうけど
すっきり忘れた方がいいのに。
ジスクがヨンヒとジホが抱き合っている写真を チョルス家族に送り付けたのを利用したらいいよ。
自分から言わなくても みんなに知れて ラッキーだと思うんだけどなぁ。
ジホを好きなら 絶対に 気持ちにけじめをつけたほうがいい。
ジホのためにけじめをつけてほしい。


61-64

まだチョルスの記憶は戻らない。

ヨンミンはジスクに執着し、ジスクを取り戻そうと必死。
ヨンミンにとっては ヨンヒとチョルスが元サヤに戻ってくれるのが一番。
そんなことになったら ジホは困る。
ヨンヒにプロポーズする。


ジスク、チョルスの記憶が戻るのを黙って見ていられない。
チョルスを誘惑すると同時に 記憶が戻るように仕掛ける。
そして ヨンヒ、ヨンミンを罠にかける。

ジスクはチョルス家で、洋服を汚す。
「ヨンヒさんの洋服を借りたい」
シャワー室に髪を残し、布団を乱し、アンクレットを鏡台に置く。
帰宅したヨンヒは怒り、ジスクの家に。

ジスクはチョルス母が来たのを確認。
ヨンヒはジスクに怒鳴り、ジスクを押す。
ジスクは倒れ お腹を痛がる。
チョルス母はジスクをかばい、ヨンヒを非難する。

ヨンヒ、なんで…冷静になれないのかなぁ…
ジスクとチョルスに 何があってもいいじゃない。
自分の家でされたのが我慢ならなかったんだろうけど…
それならそれで、チョルスをジスクに引き取ってもらえばいいじゃない。

ジスク、次にヨンミンを騙す。
ヨンミンをソリのバレエ教室に呼び、
チョルスに 「ソリを奪われないように 父親を演じてほしい」と頼む。
ヨンミン、ジスクが以前のジスクと変わったことに 驚いているようだけど それでもジスクを諦めるつもりはないらしい。

ジスクはチョルスに 「愛してる」と迫る。
チョルスは頭が痛くなるが、記憶は戻らない。

ジスクはチョルスにメールし、自宅に呼ぶ。
自分は外出。
ソリに 「パパを引き留めて パパとダンスして パパにパパの携帯を渡してあげて」と頼む。
チョルは携帯を不審に思うけれど 記憶は戻らない。

ジホはチョルスの実家に行き、ヨンヒを利用するチョルス家族を非難。
ヨンヒと結婚すると宣言する。

で、翌日 チョルス母、ヨンヒを呼んで ヨンヒの気持ちを聞くのよ。
「あなたの気持ちを知りたい」と。
なんで、知りたいわけ?ヨンヒはあなたの嫁じゃないでしょう。ヨンヒがどうしようと関係ないじゃない。
チョルス母とドヒは 自分のことしか考えてなくて 頭にくるわ。
ヨンヒは 「チョルスさんにずたずたにされた私を立ち直らせてくれた人です。これ以上チョルスさんとは一緒にいられません。連れて帰ってください」

ジホは ミミとナムジュンに協力を頼み、ヨンヒにプロポーズする。

ジホに送られて帰宅したヨンヒを チョルスは怒る。
ヨンヒはチョルスに 「離婚して」と言い放つ。


65-68

チョルスに事実を告げたのはジスク友人。
これで チョルスの記憶が戻ったわけじゃないけれど すっきりしたわ。

チョルスは記憶を取り戻していないから
ジスクと不倫→ヨンヒと離婚→ジスクと再婚 したなんて 信じられない。
今の自分にはヨンヒとハンビョルが必要。

ヨンヒに 元に戻りたいと頼むが、ヨンヒはよりを戻す気はない。
ジスクに会い、
「あなたと結婚したとは信じられない。今の自分にはヨンヒしかいない。忘れてほしい。あなたとはこれっきりです」と話す。
ショックを受けるジスク、チョルスにすがる。
チョルスは振り払い、揉み合いに。
2人は階段を転げ落ちてしまう。

これでも チョルスの記憶は戻らないみたい。
さっさと戻りなさいよ!

ジスクも チョルスの記憶が早く戻ってほしいわよね。
ソリがチョルスの子供じゃなくて 鑑定もねつ造したとチョルス母にばれちゃったのよね。
チョルス家族に罵倒され 「二度と会わない」と言われ…
せっかく 嫁として認めてもらえたというのに…
チョルスの記憶が戻らない限り 元には戻れないわね。

ジホはヨンヒ母にも結婚の承諾を得る。
ただ…ハンビョルがね…
ジホに懐いていても 父親とは違うからね。仕方ないわよね。

ヨンミンはジスクを取り戻すために ジホの元恋人ヘランを利用しようと考える。
ヘランは離婚し、まだジホを思っている。
ジホとヘランがやり直せば ヨンヒとチョルスがやり直し、ジスクは自分のところに戻ってくる と。
まったく ジコチュウで理解不能な男だわ。
ジホは ヘランとよりを戻す気は まったくないけれどね。


69-72

チョルスの記憶が戻ったと思ったら
次は ジスクの失語症。
失語症は一時的なもののようだけど
ジスクの横にはヨンミンとジスク友人がくっついて チョルスとよりを戻さないように見張ってる。
それでも ヨンミンは心配で 計画通り ヘランを韓国生命に呼び寄せる。

ヨンミンの執着には呆れるばかり。
子供に執着する気持ちはわからないでもないけれど 新しい恋を探した方がいいと思うんだけどなぁ…

ヘランに再会して ジホが揺れるかどうか…
揺れるのはジホじゃなくて ヨンヒかな?


階段を転げ落ち…
チョルスの怪我は大したことはなかったけれど
ジスクは流産してしまう。

ジスクは車をレンタルし、チョルスを乗せて 事故を再現する。
気がついたチョルスは 記憶を取り戻す。
逆に 記憶がなかった2ヶ月間の記憶は なくなっていた。
グァンテの助言で 記憶が戻ったことは しばらく隠すことに。

ジスク友人は ジスクを苦しめるチョルスを嫌い、ヨンミンを応援。
ヨンミンは ジスクにつきっきり。
ソリとも 仲良くなろうと頑張る。

ジスクはチョルスを求めている。
けれど ヨンミンとジスク友人に邪魔されて 会えない。

チョルスはジスクに会えず、記憶が戻ったことも言えず 苦しむ。
記憶がなかった時も ヨンヒを苦しめたと知り、ヨンヒには申し訳なく思う。
…そんなことより ハンビョルのことは思いださないのかぁ~
ハンビョルは チョルスに会いたがっているというのに。

ハンビョルは チョルスが恋しい。
だから 父としてジホを受け入れられない。
それに比べて ソリの柔軟なこと。柔軟というか、変わり身が早いというか、生まれた時から父親を求めていたからかしらね。


73-76

ソリが白血病ね…
ソリを助けるために ってことで ジスクとヨンミンがよりを戻すのかしらね。はぁ…


記憶が戻ったチョルスは ヨンヒに 今までのことを謝る。
そして 江華島の友人のペンションに身を寄せる。

ジスクはチョルスの記憶が戻ったのでは?と思いながら 確かめられない。
チョルスも隠したまま。
チョルスは ジスクのためと思って隠している様子。
それが 本当にジスクのためなのか… どうかなぁ…

韓国生命がドゥアス社に吸収合併され ヘランが本部長として就任する。
ヘランはジホとよりを戻すつもり。
ジホはその気はないから 脅したり意地悪したり あらゆる手を使ってでも ジホを取り戻そうとするつもりらしい。
捨てた男に戻るなんて 自分が情けなくないのかしら?


77-80

ジホの母 登場。
キム・ヘオクさんだなんて…キーキー叫んで反対するのね。

ヨンヒの条件が悪いのは仕方ないし、反対されるのも仕方ないけれど
ジホ母にヘランがついているのが気に入らないのよね。

ヘラン、次から次へと 立場を利用してヨンヒに罠をかける。
リベート要求と 解約工作は失敗。
次は 社内報の取材を受けさせ その後 ネットでヨンヒを中傷することに。
何が気に入らないのか、ヨンヒを罠にかけても面白くないだろうに。
ジホが好きなら 堂々と勝負しなさいよ。

チョルスがソリに骨髄を提供することに。
チョルスは提供を伏せていたけれど
ジスクは 看護師の会話で チョルスが提供者だと知ることに。
チョルス、記憶が戻ったことを告白して ジスクとやり直すのかしら?
ヨンミンから離婚を迫られたから やっぱり ジスクのためと思って 見を引くのかしら。

チョルス、先輩に頼まれて 自分の体験談を本にするらしい。
「小説を通して2人の妻に償える」と先輩は言うけれど…
ヨンヒとジスクに謝罪した本が出版されて それを読んだ2人がチョルスを許してハッピーエンド なんてこと無しにしてほしいわ。

81-84

ジホ母は 死んでも許さないつもり。
ヘランの策略で ジホ母はヨンヒの印象をどんどん悪くする。

ヨンヒ母はジホ母が反対していることを知り 誤解を解こうとするけれど
ジホ母の非難、侮辱、罵声に驚き 倒れてしまう。

ヨンミン、急に反省。
ジスクとソリを幸せにするのはチョルスだと思い、アメリカに帰ることにする。

チョルスは先輩に説得されて 出版することに。
出来上がった本の帯には“カン・チョルスの自伝的小説”と書かれている。
チョルス、自伝と宣伝してほしくないと頼んでいたけれど
売るためには興味を引くように宣伝するわけよね。

この本の反響も心配だし、
母の病院に向かっていた時に ナムジュンが歩行者と接触したことも心配。
歩行者、「大丈夫」と言って病院に行くのを拒否したけれど 後で慰謝料を請求してきそう。
関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)
ダイイング・アンサー~法医秦明~

<視聴予定>
自白
補佐官
ある春の夜に
ドクター・プリズナー

扶揺
神龍
蘭陵王妃

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング