FC2ブログ
2019/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>




僕の妻はスーパーウーマン あらすじ&感想


第1話を見た時には リタイアしようかと思ったけれど
最後まで視聴してよかったです。
男性3人がとても魅力的でした。

オ・ジホさんは 以前からファン。
ユン・サンヒョンさんは 「冬鳥」とは全く違って カッコよかったです。
チェ・チョロさんは 多くのドラマに出演されているのですが 記憶になく…
「大祚榮 テジョヨン」のコルサビウだったと知って 驚きました。
だんだん崩れていくジュンヒョクが面白かったです。

   
    OST        DVD-BOX(日本版)




全20話 2009年 MBC

出演者   チョン・ジエ・・・キム・ナムジュ
        オン・ダルス(ジエ夫)・・・オ・ジホ

        ヤン・ボンスン(ジエの高校時代の友人、企画部長夫人)・・・イ・ヘヨン
        ハン・ジュンヒョク(ボンスン夫、企画部長)・・・チェ・チョロ

        ホ・テジュン(社長)・・・ユン・サンヒョン
        ウン・ソヒョン(社長夫人)・・・ソン・ウソン

        オ・ヨンスク(婦人会会長、理事夫人)・・・ナ・ヨンヒ
        キム・ホンシク(ヨンスク夫、理事)・・・キム・チャンワン


演出  : コ・ドンソン、キム・ミンシク
脚本  : パク・チウ

 123-4567891011121314151617181920


1

内助の功を否定はしない。
夫婦、家族 助け合うべきで 夫が困っていれば妻ができる範囲で助けるのは当然だと思う。もちろん逆もあり。
だけど…夫の会社の序列が 妻の序列にもつながる会社って今でもあるのかしら?
韓国では普通なの?


ジエはソウル大出身のエリート(であろう)ダルスと結婚した。
けれどダルスは1年前に会社をクビに。

ダルスがクイーンズフードの面接を受けることに。
ただ…面接を受けるもう一人が人事部長の甥。
もしかして 出来レース?

ジエは合格させるため
クイーンズフードの婦人会会長でキム・ホンシク理事の妻ヨンスクに近づく。
あの手この手を使い ヨンスクに取り入ることに成功。

最終面接は 人事部長とキム理事と企画部長がすることになっている。
人事部長はもちろん甥。
キム理事はヨンスクから根回しをしてもらったから たぶんダルス。
残りは企画部長。

ヨンスクに企画部長の妻を紹介してもらい、家に行くと…
出てきたのは 高校時代にパシリに使っていたボンスンだった。


面白いとは思えない。
第1話を見た限りでは リタイアしようかなぁ…とも。
奥様同志のお世辞合戦は見たくないし、
はっきり言って ジエは苦手。

社長夫婦が ジエ&ダルス夫婦と絡んでくるようなので
面白くなるかも と期待して しばらく視聴することに。

2

第1話で感じた不快感はなくなり 面白く見れました。
夫が無職だと何でもしたくなるものだろうけど
ジエが “夫のために”と張り切った結果が 昔の痛みを呼び覚ますことになって…
コネを使おうとするのが間違っているのよね。
夫をやる気にさせるだけで 十分なのに。



ボンスンの夫はジュンヒョク。
ジエも知っている人。
高校生の時の恋愛をまだ引きずっていたのね。
“引きずっている”とは違うわね。
会うことがなければ 問題なかったのかも。

高校生の時 合コンで知り合ったジエとボンスンとジュンヒョク。
合コンでは 男は必ずジエを選ぶ。
ところがジュンヒョクはボンスンを選んだ。
見栄張り女ジエは ジュンヒョクが自分を選ばなかったのが気に障り ジュンヒョクを選ぶ。
後日 ボンスンはジエに 「ジュンヒョクと付き合わないなら 付き合ってもいい?」と聞く。
ジエは 「私なら誰とでも付き合えるけれど あなたには無理よ」と。
ボンスンは決別宣言をする。

クリスマス。
ジエはジュンヒョクと約束をしていた。
それを知ったボンスンは策略を練る。

ジエには “用事があっていけない”と書いたジュンヒョクからの嘘の手紙を渡す。
そして部屋の窓を割り その破片で自分の手を傷つけ、
ジエの家に向かうジュンヒョクの前に飛び出す。
ジュンヒョクは「泥棒が入った」と言うボンスンを落ち着かせ ジエのところに行こうとする。
ボンスンはジュンヒョクに「ジエなら合コンよ。男がたくさんいるのよ」と悪口を。
そして ジエに 自分とジュンヒョクが抱き合っている姿を目撃させる。

これで たぶん ジエとジュンヒョクの中は自然消滅。
それでもジエを忘れられないジュンヒョクは除隊後ジエの家に。
そこで ジエとダルスのキスを目撃。
ジエがダルスと結婚したから ジュンヒョクは泣く泣く諦めたってことかな?


ボンスンとジュンヒョクがなぜ結婚したかが謎よね。
ジュンヒョクはボンスンを愛していないみたい。
できちゃった婚かしら。


ヨンスクの義母が亡くなったと知ったジエは 点数稼ぎに ダルスを連れて葬儀場へ。
そこには ボンスンとジュンヒョク夫婦も来るわけで…
無職の夫のために 葬儀を手伝い ゴミ出しまでするジエ。
ジュンヒョクはその姿にショックを受け ダルスに 「妻に根回しさせて恥ずかしくないのか。正々堂々と就職しろ」と絡み 喧嘩になってしまう。

ジエは ダルスを叩き 「部長に謝りなさい」と叫ぶ。
ダルスは 情けなくなり 外へ。
そこに 社長夫人ソヒョンが。
ソヒョンはダルスの後輩。ダルスに声をかける。


ソヒョンは夫テジュンの浮気に悩まされていた。
愛情のない政略結婚。
けれど 浮気されるのは嬉しくない。
ソヒョンはテジュンに浮気宣言。
もしかしてダルスと浮気?
ダルスが浮気するとは思えないけれど。

3-4

やはり 上司の妻の機嫌を取る話なんて 不快。
ジエもボンスンも苦手だし。
男性陣は嫌いじゃないのでリタイアは考えていませんが…
どうにもこうにも…


面接の結果 ダルスは3カ月働けることに。
その間の働き次第では正社員のなれるかも。
ただね… もともと社会生活が苦手。正直すぎて融通が利かないのよね…
上司に 「無礼講だから不満を言ってくれ」と言われても 普通は言わない。上司だって社交辞令のつもり本当に不満を言われるなんて思っていないわよ。

ダルスが残れるよう 妻も頑張る必要があるらしい。
そこで ヨンスクにブランドのバッグのコピーをプレゼントする。
ボンスンは 友人からヨンスクが内職でコピー商品を作っていることを聞いていた。
わざとコーヒーをこぼして バッグを汚し、店に持って行く。
コピーだから 店では修理を断られる。

ボンスンもね… ジエを無視すればいいのに と思うけど
仕返ししたい気持ちもわかるのよね。
高校時代 どうしてもジュンヒョクを振り向かせたいと必死だった時に
「あなたが彼と付き合えない理由よ」と大量の鏡を送りつけられたら それは恨むわよ。

ボンスンを応援する気持ちはないけれど
ジエがボンスンにいじめられるのは仕方ないとも思うのよね。
高飛車で自分を見下していた女が 夫の部下の妻だったら やっぱり 勝ったような気がするのは仕方ないかも。
だからって 意地悪するのもどうかとは思うけどね。

5

はぁ…
ジエが上司の妻にごまをすり ボンスンがジエをいじめるのは見たくない。
これを さら~と流して 無視すれば 面白く観れるかも。

でもなぁ…
偽ブランドバッグ騒動でショックを受け
ダルスがコピーばかりの毎日に嫌気がさして 会社を辞めたいと言い出した時に
穴を掘って その中で寝転んで 再起を決意するのは
ちょっとね…大げさすぎ。

新商品のプレゼン。
部長の甥がすることになっていたが
ボンシクの助言があって ダルスもプレゼンできることに。
良かった方が正社員になることに。

急遽決まったから時間がない。
ジエもアンケート集めに協力する。

アンケート集め中に 会ってしまったデジュンもなぜかジエを手助け。
また新商品“健康酢”を使った試食会を開催し、
アンケートは順調に集まる。

プレゼンの日。
デジュンも出席。
ところが 女が 「息子が試食品を食べて食中毒になった」と駆け込んでくる。
あ…あ…ジエは新商品をつかって朝食セットまで作ったというのに…

ダルスって医学生だったのね。
でも 死体を見て 吐いているようじゃ 医師にはなれないわよね。

6

食中毒騒ぎでダルスはクビ。
ところがこの食中毒事件は部長の甥の妻のやらせだった。
もちろんボンスンも絡んでいる様子。

こういうのがね…
なぜ 夫の仕事に妻が絡むの?

ダルスは代行運転や引っ越しの仕事を始める。
ジエは偽ブランドバッグ作りを再開。

今回は 夫婦はそんなに揉めなかったのに
双方の母親がね…
内職して夫を支えてたのに 「あなたが悪い」と言われてもね。
ソウル大と自慢しても 中退じゃ意味ないじゃん。
中退でも 偏差値が高いと言われている大学に合格して もてはやされるのは日本の芸能界ぐらいよ。

食中毒事件がやらせと分かり
ダルスは復職できる。

しかし それを知らないジエは指輪を売る。
それを目撃していたデジョン。

店から出てきたジエの手に指輪を握らせる。
それはさっきジエが売った指輪だった。

デジョン、ほんとはいい人なのね。
というか…もしかして ジエに興味を持ったのかしら?

7

平岡会? 奥様達の会。
こういう話がなかったら楽しく観れるのに。
こんなの“内助”じゃないわよ。


ジュンヒョクはまだジエが好きみたいね。
ボンスンとうまくいっているわけじゃないからよね。
ダルスに嫉妬して 何かと仕事を言いつけて意地悪をする。
すべてはボンスンの策略で ジュンヒョクとジエは別れたわけだからね…
ダルスにジエを取られたと思っているのよね。

満たされていない結婚生活を送っているのはソヒョンも同じ。
ダルスに近づく。
浮気したいと思っているのかどうかは まだわからないけれど。

ドラマの中で 一番面白いのがテジュン。
やっぱり ジエに惹かれているわよね。
ジエがお見合いをセッティング。
「ひげをそった方がいいわよ」と言えば 剃ってくるのよ
こぎれいな格好しちゃってさ。
これって 目的はお見合いよりも ジエに会うことなのよね。

「借金は給料日に返す」と言われたら 給料日を確認。
運転手は 「お金がないんですか?」と聞いていたけれど
ジエに会える日を確認したのよね。

そういえば ジエが平岡会に入会できなくて がっかりしている時にも 慰めていたわね。


ジエとダルスは愛し合っている。
この二人に関わってくる人たち、 2人の仲に割り込むのは無理そうね。

8

不幸せな夫婦2組が 幸せな夫婦をかき乱し始めたような…?
ジエとダルスは かき乱されちゃうのかしら。
平岡会が全面に出てこなかったから よかったわ。



ジュンヒョクはボンスンの高校時代の日記を見つけてしまった。
ボンスンの策略が書かれた日記。
自分とジエを引き裂いたのがボンスンだったとは…

ジュンヒョクはジエを忘れていない。
だから “あの時 ボンスンのせいで誤解が生じていなかったら…(ジエと結婚していたかもしれない)”と思ってしまう。

そうかもね…
きっと子供ができちゃったから 仕方なく結婚したのよね。

ジュンヒョクはジエに 「俺たちが別れたのが仕組まれたもので 誤解だとしたら今頃…」と問いかける。
けれどジエは 「あなたたちには惨めに見えても 私たち夫婦は幸せよ。妻の悪口を言う夫なんて 結婚しなくてよかったわ」と答える。

それを聞いたボンスンは 「私たちは幸せよ。あなた、ジエに愛し合っていると言って」と言ってジエを叩く。
ジュンヒョクは叩かれたジエを心配し、ボンスンのことは無視。

ボンスンとジュンヒョク夫婦、最初の気持ちがどうだったにしても
結婚生活をしながら 信頼関係を築けなかったのね。
寂しい夫婦。

ソヒョンも同じように 寂しい毎日。
夫には無視され、姑からはいじめられ。
それにしても あの姑 公共の場所で 嫁を怒鳴れるわ。
“愛人の子供、妊娠しない、息子のせいにするのか、実の親じゃないから躾がなっていないのね、息子が不憫だわ、離婚したらあなたが困るのよ”
次から次へと そんなにたくさん言えるわ。あきれる。

それをダルスは目撃してしまう。
屋上でソヒョンを慰める。
下りるエレベーターの中でソヒョンはダルスに抱きつく。
夜食を持ってきたボンスンは それを目撃してしまう。

ボンスンのことだから すぐにジエに報告して ジエをバカにするのかしらね。

テジュンの表情、行動は面白い。
ジエが気になって仕方がない様子。
電話が鳴れば ジエかと思って 嬉しくなり、
買い物に行くと聞けば ついて行き、ジエが手に取ったものを 勝手に買う。
酔って 運転手に指示した行き先は ジエのマンション。

ジュンヒョクは キム理事の命令で 会長と社長の評価を落とすために 新しい調味料の開発プロジェクトを立ち上げる。
“頑張ったけれど 失敗。その責任をプロジェクトの責任者に追わせる“
そうすれば 社長の評価は落ち、自分は昇進できる。
そこで 査定が悪い3人を開発プロジェクトに抜擢する。
もちろん その中にダルスもいる。

9

妻に落ち度がなくても きれいな後輩に迫られたら 浮気してしまうものなの?
まったく 男って奴は!

調味料のプロジェクトはジュンヒョクと理事の思いとは違う方向に。
ダルヒのおかげで うまく言っている様子。



ボンスンは エレベーターの監視カメラのテープを持って帰り、
ジュンヒョクに見せる。

ジュンヒョクはダルスに
「社長夫人とはどんな関係なんだ。好きなのか?好きなら一緒に暮せ。違うなら女房を大事にしろ」と話す。
ジュンヒョクは目撃されているとは思っていないから 何の事だかわからない。

ボンスンはジエを家に呼んで テープを見せようとするが
ジュンヒョクが帰宅してしまい、見せられない。
結局 ジエはテープを見れずに帰宅。
代わりにそのテープは理事夫婦が見ることに。

ソヒョンは誕生日なのに誰にも祝ってもらえない。
自分からダルスを誘って 夕食に付き合ってもらう。
ダルスは ケーキを買ってお祝いする。

ダルスって 優しいのよね。
でも その優しさが 恐ろしいことに。
やっぱり 不倫はマズイでしょっ。

ソヒョンは姑から 実母が自分の誕生日に亡くなったと聞かされる。
ショックを受けたソヒョンは酔って 駐車場をふらつき 倒れてしまう。
ボンスンが通りかかり 病院に運ぶ。

そして 策略家ボンスンはダルスにソヒョンが倒れて病院にいると連絡する。
ダルスは ジエに 「部長に呼ばれた」と嘘をついて 病院に駆けつける。
ジエを家に連れて帰り 話していると ジエがダルスにキスをする。
それを 帰宅したテジュンが目撃してしまう。

ジエは夜食を持って 会社に。
ジュンヒョクに会い、ダルスが嘘をついたことを知ってしまう。

テジュンはジエに髪飾りをプレゼントするくらいだから 好きなのよね。
ダルスが自分の妻と不倫しているとしたら どうするかしら?
ソヒョンと離婚することは何でもないだろうけど ジエにダルスが浮気しているとは言えないわよね。

10

ジエはダルスが浮気するとはまったく思っていない。
嘘をつかれたのに 「あなた、運転代行しているの?」って…
それだけダルスを信じているのよね。今まで浮気したことも そんな素振りもなかったから “浮気”がうかばないのよね、きっと。
それなのに ダルスが社員の妻と浮気しているという噂があると聞いて、ショックよね。

ダルスは 夫に愛されず、姑にいじめられている可哀想なソヒョンに同情している様子。
優しいのか、優柔不断なのか、 “もっとしっかりして!”と言いたくなってしまう。

テジュンは 相変わらず 可笑しい。
ジエの事を思って あれこれ画策する姿が可笑しい。
ソヒョンが離婚を言い出したから この際ダルスとジエも離婚して 相手を変えて再婚 とは考えないのかしら?
そんなことより ジエがダルスの浮気にショックを受けるのが心配なのかしら。

ソヒョンはダルスを利用して 遊んでいるみたい。
自分はゲームをしている気分で楽しいかもしれないけれど
みんなを傷つけているのに。


テジュンは声をかけずに そのまま外に。
ソヒョンに「早くに仕事が片付いたから 今から帰る」と電話をする。
帰宅したテジュンに ソヒョンは離婚届を差し出す。

「浮気しているのか?本気か?相手もお前を好きなのか?」と聞くテジュンに
ソヒョンは「今は自分さえよければいいの」と言い放つ。

テジュンはジエが心配なようで…
マンション近くをうろうろ。外に出てきたジエに声をかける。
「最近旦那の帰りが遅くないか?男は信用できない。ちゃんと監視しろよ」とテジュン。
「うちのは浮気する勇気がないの」とジエは答える。
テジュンが 「万一でも浮気したら?」と聞くと
ジエは 「その時は容赦しないわ。刺し違えるわ」と。

ソヒョンはジエに
「奥さんがいる人を好きになったの。人生誰とも愛し合えずに終わったら悔しいわ?私って悪い女かしら?」と相談する。
「気持ちはわかるけど…」とジエ。
相手は社長夫人。それしか言えないじゃない。

ソヒョン夫婦とジエ夫婦で 食事をすることに。
遅れてきたテジュンは 食事の相手がジエ夫婦と知り あせる。
ジエの車に自分の車をぶつけ、「おばさんの車が当て逃げされた」とジエに電話をする。
慌てて出てきたジエに 「あのタクシーがぶつけたんだ。一緒に追いかけよう」
追いかけるタクシーに秘書が乗っていたのにも笑ったわ。

ジエは 夫が社員の妻と浮気していると噂になっていると聞き ショックをうける。
ショックを受けたまま ソヒョンの家に。
ジエはソヒョンに 夫が浮気していると噂を聞いたと話す。
「考えたこともなかった。本当だったら どうしたらいいか…」というジエに
ソヒョンは 「離婚するしかないわね。離婚して」と冷たく言う。

11

ソヒョンが段々嫌な女になっていくわ~
と思いながら見ていたら…
テジュン母にダルスとのことを疑われ 被害がダルスに及びそうになり ダルスに冷たい言葉を浴びせて会わない決意をするのよね。

テジュンはジエに惹かれているようだけど
ソヒョンの寂しさにも気付いてきたみたい。 今頃だけど。

そうそう ダルスの携帯をチェックしようとして暗唱番号がわからないジエ。
誕生日や結婚記念日を入力するけれどダメ。
ついには ダルスを起こして ロックを外してもらう。
それでは チェックする意味がないような?
しかも 暗唱番号が “0000” なんて笑える。



ジエはダルスを問い詰める。
「あなた 浮気していると噂になっているわよ」
ダルス、いつもと違って 嘘が上手。
「もしかしてソヒョンと一緒にいるのを見て勘違いされたのかな?」…だって。
ジエは納得したみたい。
「もし浮気したら ドラマではほくろをつけたけれど 私はほくろを取って復讐するわよ」と言って この件はおしまい。

その後 ダルスはトイレに紙を流す。
なるほど…お口が滑らかだと思ったら 事前に練習してたのね。

給料日。
テジュンはジエからの電話を待っているけれど かかってこない。

ジュンヒョクは ボンスンがジエにテープを見せようとしていると知り 削除する。
テープを見せられないから ジエはボンスンの言うことを信じない。
「社長夫人は夫の後輩。あなたの言うことは信じられない」

テジュンはジエに電話をし、会うことに。
ジエは 「一括で支払うのは難しいから 10回分割払いでいい?」
テジュンはニヤリ。
その分会う回数が増えるし、その間は縁が切れないものね。

ところが その様子をソヒョンが目撃。
ちらっと嫌味を言う。
「欲張りなのね。愛も地位も両方手に入れたいなんて。冗談よ」

ヨンスクはテジュン母にテープを見せる。
ソヒョンが浮気していると思ったテジュン母は怒り心頭。
ソヒョンに水をかけ 「解雇するか地方に飛ばして」と叫ぶ。

ソヒョンは残業しているダルスに会いに行き
「先輩を好きだと思うなんて勘違いしていたわ。私は社長夫人よ。気安く呼ばないで。私の人生から消えて」
テジュンはそれを見ている。
そこに夜食をもってジエが来てしまう。

12

テジュンとジエの絡みは面白い。
テジュンがやたらと自分の周りに現れるからって、テジュンに「私のことが好き?」はないでしょう。
図星だけど。

ジュンヒョクも最近はダメ夫で面白い。
ボンスンが尽くすことをやめたから 今までのように大事にされない。
タオルがかかっていなくて文句を言うと 「自分で出したらいいじゃない」
夕食に文句をつけると 「まるで子供みたいね」
今までが尽くし過ぎたのよ。文句あるなら 自分で作れ~
家に居づらくて会社に行くと ダルスが残業中。
ダルスのラーメンに反応。「食べますか?」と言われて 「1人で食べたくないならもらおうか」と。
そして ダルスに「嫌われていると思っていたのに 大事な仕事を任せてもらえて嬉しいです」と感謝されて ラーメンを詰まらせる。

息子が勉強する英語の単語に反応するジュンヒョクも可笑しかったわ。

女性陣が苦手な人ばかりだから
テジュン、ジュンヒョク、ダルスの3人のおかげで リタイアせずに見れているわ。



ソヒョンはテジュンに 「彼の解雇を止めてほしい」と頼む。
ダルスの名前を言おうとすると テジュンは「知っている」と言う。
ソヒョンは 「どうして知っているの?好きな人の夫だから?」と。
「そう言う仲じゃない」と必死に誤魔化すテジュンの姿が 気持ちを示しているわ。

ダルスに自宅待機に辞令がおりる。
当然 テジュンは決裁しない。

テジュンは突然企画部を訪問。
プロジェクトの報告を受ける。
テジュンは 「価格を押さえてほしい」と要求。
ダルスは 「価格を押さえていては商品の差別化はできない。天然成分で作る調味料だから多少高くても消費者は納得するのでは」と反論。
で、なぜか テジュンの提案で バスケットで勝負することに。
…わけわからない…

わけのわからないテジュンだけど…
「夫婦は不思議だ。何でもわかっている仲なのに大きな秘密を持ち、一番近い仲なのに 一番嘘をつくんだ。君は良き夫だと信じている。秘密もなく嘘もつかないと」
と ダルスに言いたかったのかも(と思いたい)

ソヒョンの態度が急に冷たくなり ジエは驚く。

ジュンヒョクはキム理事の命令でダルスの“ホコリ”を捜すが 見つからず、
賄賂を受け取ったとでっちあげる。

ジエはダルスがそんなことをするとは信じられない。
ソヒョンに 「夫が濡れ衣を着せられているから助けてほしい」と頼む。
ソヒョンは「私にどうしろと?これ以上近づかないで」と冷たく突き放す。

ソヒョンは テジュン母に「離婚しろと言うのなら離婚します。するなと言うのならしません。どうすれば彼を助けてくれますか?」と聞く。
そしてダルスに会いに行く。
秘書が尾行しているのを確認しダルスの頬を叩く。
そして「奥さんをよこしたの?社員の前で助けてほしいと頼まれたわ。先輩を好きだから助けると思ったの?私の立場も考えてほしいわ」と言い放つ。

ところが それを目撃しているのがもう一人いた。
ジエは 「誰が誰を好きなの?」と問いただす。

ソヒョンはダルスを助けるために 会いに来ただけなのに
ジエ登場で 予想外の展開になりそうね。

13

ジエ、娘を連れて家を出ちゃいましたね…
あれは ちょっとね…
なんとか耐えていたのに ボンスンに証拠のテープを見せられて 耐えられなくなったのよね…

ダルスに 今まで辛かったことを一つ一つ話して
「今が一番辛い」って言ってたからなぁ…
聞いていたはずのダルスが寝ていたのには唖然。
人の気持ちがわからないというか、空気読めないというか…はぁ…

ジュンヒョクは相変わらず可笑しい。
今回もボンスンを怒らせて ボンスンが用意したお泊まりセットを持って 家出。
浮気がばれて家を追い出されたダルスと会社で鉢合わせ。
2人で飲みに言って ジエを肴に盛り上がり、
ゲーム機を壊して サウナに。
またまた“追い出された男の会”に参加することに。

子供たちの言葉も面白かったわ。
ジュンヒョク息子の「もうママはパパを嫌いになったみたい。パパが怒るからママがキレたんだよ」と
ダルス娘の「誰だってミスするわ。浮気以外なら平気よ」に大笑い。

テジュンは 落ち込んだジエを必死に励まそうと 歌まで歌ってあげたけれど
ジエの落ち込みは大きくて ちょっと難しかったかなぁ…
ジエに 「目に責任感がないから独身だと思う」と言われたから 反省して ソヒョンとうまくやれたらいいのに。



ソヒョンは「私が先輩を好きなの。でも心配しないで。好奇心だから。私は誘惑したけれど 一度もなびかなかったし、好きにならなかったわ」と言って帰る。

ジエが「あなたはどうなの?ありのままに話して」と聞くと
ダルスは「少し心が揺れたのは事実だ。あまりに可哀想で慰めたかった」と。
ジエは「話せと言ったからって話さないでよ。最後まで違うと言ってよ。もうあなたを信じられなくなった」と叫ぶ。
…ほんとに…「正直に言って」と言われても「何もない」と言い張るべきでしょうが!疑いがあっても認めなかったら、自分の目で確認しなかったら、自分の目で確認しても 何もなかったと信じたいのが妻なのに。

まぁ…夫の浮気に怒るってことは愛しているってことなのよね。

家に帰れずダルスは実家に。
…追い出されて実家に戻る男って…私はダメだわ。

翌日 母に連れられてダルス帰宅。
…母に連れられて帰ってくるなんて…子供の喧嘩じゃないんだから。

でも結局喧嘩になってしまう。

ダルスは会社に。
そこに 家を追い出されたジュンヒョクが来る。
2人は飲みに行く。
ダルスに女ごころの話をするジュンヒョク。
「ミス・コリアの最終に残った2人に どちらが優勝しますかと聞くと 2人も“隣にいる人”と答える。それが女だ。髪を切ってきて “おかしくないか”と尋ねる。そこで正直に“おかしい”と答えると10日間すねる。それが女だ」と自慢げにダルスに説く。
…そこまでわかっているのに 妻のボンスンのことはわからないようで…

賄賂を受け取った疑いで調査されていたダルス、
ジエが金を渡したという友人に頼んだお陰で 疑いが晴れることに。

ボンスンはエレベーターの監視カメラのテープをヨンスクからもらい、ジエに見せる。
得意げなボンスン。
映像を見ていたジエが涙を流し始める。
「あなたは私の顔を見たかったんでしょう。今の私は惨めで悲しくて死んでしまいたい。いい気味でしょう?これで満足?あなたは幸せよね。私が不幸せだから」
ボンスンは自分がどんなに酷いことをしたか分かったかしら。高校時代の復讐とは言っても これは酷過ぎる。

ジエは娘を連れて家を出て行く。

14

テジュンとソヒョンが離婚。
ジエのおかげで テジュンは ソヒョンの辛さに気付いたみたいね。
ずっと前から ソヒョンは辛い立場だったのに テジュンは気付いてあげられず 自分のことばかり。
やっと ソヒョンを思いやる気持ちも出てきて
内密に手続きを進めることに。もちろんテジュンから言いだしたこととして。

ボンスンは “ジエが離婚したら 夫と再婚するかも” とまでは考えがいかなかったみたいね。
ジエが家を出たと聞いてあせる姿には笑ってしまったわ。
ボンスン、頭痛が酷い様子。ストレス性と診断されてたけど まさか 病気ネタ?

ダルスの賄賂の件は友人の証言のおかげで 業者に責任をなすりつけて落着。
ダルスの処分は減給。
けれど なすりつけられた業者が黙っているはずがなく、
キム理事は ジュンヒョクに責任をとらせるつもり。

今回も テジュンはダルスと勝負。
今回は格闘技。
けれど勝てず ヒョードルを連れて来る。
ドラマの本筋とは関係ないエピソードにわざわざ本物のヒョードルを呼ばなくても…



ソヒョンは テジュン母との約束通り ダルスのために 子供を作ろうとする。
それを知ったテジュンは 母に「ソヒョンが子供がほしいというから努力することにした」と報告。

テジュンはソヒョンがダルスのために我慢し、自分から離婚を言いだせないと知る。
ソヒョンとテジュンが話していると
ジエがソヒョンに会いに来る。

ジエはソヒョンと対決。
というか…一言 何か言わないと 気持ちがおさまらないわよね。

ソヒョンと別れて ジエはベンチに座り ぐったりとした様子。
その様子を見て テジュンは声をかける。
励ますつもりが、ジエから
「今 最低の女に会ってきたの。でも もっと悪いのはその夫よ。孤独だと言っていたもの。寝室が別で辛いって」と言われ…少しは反省したかしら。反省しているから 離婚を決意したのよね。

ダルスはジエに会いに行く。
しかし ジエから「理解したつもりだったけど 気が変わったの。エレベーターの映像を見たら辛かったの」と言われてしまう。

ボンスンはジュンヒョクから ジエに動画を見せたことを責められる。
「離婚させたいのか。ジエは家を出たそうだ」
ボンスンはジエに会いに行くが、結局 喧嘩に。

内密に進めていたテジュンとソヒョンの離婚成立。
マスコミが騒ぎだす。
ニュースで自分が社長だとわかる前に話そうと テジュンはジエに会いに行く。
「実は隠していたことがある。ニュースに俺が出るかもしれない。俺の正体がわかっても裏切られたと思わないでほしい」と。

そして これが最後と テジュンはジエに握手してほしいと頼む。
そこにダルスが帰宅し、 テジュンに 「社長」と挨拶する。

15

テジュンは正体がばれて ジエが今までのように 接してくれなくなって 寂しそう。
ジエはソヒョンのこともあって “騙された。金持ちのお遊びに付き合わされた”という思いが強い。
テジュンにはジエが安らぎだったんだろうけど。

ジエは ダルスを許せない。 簡単に許せるはずがない。
けれど 離婚だとか 別居だとか 娘への説明だとか 現実を考えると頭が痛くなって 考えたくない。

テジュンとジエとの仲を怪しむダルス。
ジエやテジュンに 問いただしたいけれど 今のダルスに問いただす資格はない。

ボンスンとジュンヒョク夫婦も喧嘩ばかり。



テジュンが社長と知って ジエは怒ったみたいね。
「知らない人です。知っている人と間違えたみたいです」と。

ダルスは賄賂事件の黒幕がジュンヒョクだと知り、ジュンヒョクを問いただす。
喧嘩になって…
ジエとボンスンは警察に呼ばれる。
夫の喧嘩が 妻の喧嘩に発展。

ボンスンから嫌味を言われても 言い返すジエ。
けれど ボンスンとジュンヒョクがいなくなると 泣きだす。
「よくわかったでしょう。あなたが何をしたか。あなたの愛は最後のプライドだったのよ」

同じように ボンスンとジュンヒョクも喧嘩。
ボンスンは ジエに言い過ぎだと非難するジュンヒョクに怒り 車から降ろす。

テジュンはジエに会いに行く。
言いわけをするテジュンに 他人行儀なジエ。
「お金は振り込むわ。口座番号を教えて」
「紙がないから 手を出せ。手に書く」
手には “似合わない 自分らしくしろ”と書かれていた。

同窓会。
ジエは酔ったボンスンを送る。
ソファに倒れこんだボンスンを気にかけようともしないジュンヒョク。
ジエはジュンヒョクに意見する。
「そこがあなたの欠点よ。妻が見えないの」
ジュンヒョクは 信じていた妻に騙されたことが許せないでいた。
ジエは「何が悔しいの?私と別れたことじゃなくて 変えられない自分の過去にこだわっているだけ。あなたのことを思っているのは妻だけよ」と。

ボンスン家から出てきたジエの前にテジュンが現れる。
テジュンはジエを家に送る。
テジュンは 「俺はオバサンをもてあそんでいない。オバサンと一緒だと楽しくて心が安らいでまた会いたくなった。遊びじゃなかった。一緒にいると幸せだった」と告白する。

16

「ファンタスティック・カップル」のビリー登場。
ダルスを見て 「世界で一番嫌いなヤツに似ている」と。
テジュンには 「話す相手は鏡だけ。1人は寂しいから 犬か猫を飼ういい。広い所よりも狭い所がいい 広すぎると幽霊が出るような気がする」とアドバイス。
アンナの亡霊に悩まされたものね~

雨降って地固まる?病気になって夫婦愛が復活?
ジュンヒョクとボンスンが仲直りして よかったわ。

ダルスはソヒョンからもらったネクタイをし、靴を履く。
人の気持ちを読めないというか…1足しかないから履くしかないけど。
一度ゴミ箱に捨てた靴を戻すジエの気持ちを思うと
おかしいけれど 可哀想。

ジエはオリジナルバッグを作ることにしたようだけど
もしかして 最終回には 成功するのかしら。



ジエは ダルスの賄賂事件を仕組んだのがジュンヒョクだと知り、
ボンスンに文句を言いに行く。
ところが 突然ボンスンが倒れてしまう。

以前の検査結果も出ていて 手術をすることに。
しかしボンスンはジュンヒョクには黙っていてほしいと頼む。

今ジュンヒョクはキム理事から責任をなすりつけられ苦しい立場にあった。
ボンスンが以前 ジエに嫌がらせするためにおこした食中毒事件や監視カメラ事件のせいで反論できずにいた。

ジュンヒョクはボンスンにあたる。
「お前のせいで反論できない」
そこで ボンスンは「私のことは何も知らなかったことにして。キム理事を道連れにして」と話す。

ボンスンは 公証役場に行き、事件は自分だけがやったことと書面にする。
そして 「すべてを話してキム理事を必ず道連れにするように」とジュンヒョクを励まし、
「しばらく留守にするから」と 保険証券などの書類を渡す。

テジュンはジエと同じ町に住み始める。
同居人は テボンという名の犬。

テジュンはいつもの店の縁台に座り ジエがおりて来るのを待つ。
しかし ジエはテジュンに 「私がいるから越したの?あなたの元奥様のことで心がズタズタになったの。関わりたくないの。それにこんな奴が社長の会社がどれだけもつか心配だわ」と冷たい。

ジエはジュンヒョクに電話をする。
「今からボンスンは手術を受けるの。夫には迷惑かけられないと古い映画のセルフを言うのよ。あなたにとってボンスンはどんな存在なの?」

ジュンヒョクは監査を受けずに 病院に駆けつける。
ボンスン、やっぱり不安で寂しかったみたいね。

ダルスは偶然 テジュンに会う。
ダルスは聞いてみる。
「ジエが好きなんですか?」
「だったらどうする」
すぐにでも 喧嘩をはじめそうな2人。
そこにジエが帰ってくる。

17

手術を終えたボンスン。
ジュンヒョクは「素顔もきれいだ。朝から化粧するな」と。
ボンスンって 素顔を見せたことがなかったのね。

ジエのオリジナルバッグが売れましたね。
自分が作ったものが売れたら嬉しいわよね。

ダルスが昇進し、
ジエの気持ちも和らいでいたのに 事件発生。
また揉めることになりそうね。



ジュンヒョクへの事情聴取。
後ろでにらみを効かせているキム理事。
ジュンヒョクは認めたため 自宅待機処分に。

ボンスン、自宅待機に書億を受けたようだけど
黙って終わらせるつもりない様子。

キム理事夫婦の計画は順調に進んでいる様子。
テジュンもキム理事の動きには気付いているようだけどね。

ギャラリーの代表がヨンスクに交代し、パーティが行われる。
ジエ夫婦、ボンスン夫婦、ソヒョンとテジュンたちが出席する。

ジエはヨンスクに呼ばれ ダルスはひとり川(湖)のほとりに座る。
そこにソヒョンが来る。
2人の写真を撮る男がいた。
ソヒョンは カメラマンに注意しようとして 川に落ちてしまう。
ダルスは助けようとして川に飛び込む。
ソヒョンを助けて 岸に上がるダルス。
ジエはショックを受ける。

顔を合わせるだけでも 何を言われるかわからないのに。
ダルスのために身を引いたのなら 話しかけるべきじゃなかったのに。
ソヒョンの株を狙っているのは テジュン母だけじゃない。
カメラマンはキム理事が雇った男かしら?

18

あ~あ… とうとう 両方の口から “離婚”という言葉が…



新聞記事に “ソヒョン熱愛”と載る。

「ソヒョンじゃなくても助けていた」と言うダルスにも
わざわざ 家に来て ジエに謝るソヒョンにもイライラ。
ソヒョンは謝罪しているつもりだろうけど ジエを辛くさせているような…

噂になって ソヒョンが見を引く形で別れたはずなのに
会えば話をするのも 納得できないし、
お互いがお互いをかばっていて それは妻にとっては頭にくること。

ダルスは ジエが金に困って結婚指輪を売ろうとしたことを知る。
そのことでテジュンに借金をして テジュンに会っていることも。
ダルスはテジュンに返済。
「これで会う理由がありませんね」と。

テジュンはジエに借用書を返す。
ダルスに返してもらったと話す。
テジュンとジエは もう会わないことにしようと話す。

テジュン父が亡くなる。
社員は葬式の準備で 帰宅が遅くなる。
ジエはそんな事情を知らないから ダルスを責めてしまう。

「離婚しましょう」とジエ。
「そうしよう。結婚を後悔しているんだろう。時間は戻せなくてすまない。君に謝る自分にも疲れた」

ジュンヒョクに退職勧告が…
決定を下したのはキム理事。
テジュンはジュンヒョクと利害関係が一致すると思い、ジュンヒョクに事情を聞く。

19

つい口にしただけが ダルスはジエを思って 離婚に同意。
どちらも引けず 離婚の話は進んでいく。

会社の後継者争いも絡んできて
ダルスとジエの離婚話は どう決着するのか わからない状態。
…元の鞘に収まるのでは…と想像するけれど
テジュンの気持ちを思うと…テジュン&ジエでハッピーエンドもあってもいいと…ないわよね。



テジュンとジエの密会(ではないけれど)写真が会社の掲示板に張り出される。

ジエはテジュン父の葬式に参列する。
テジュンはジエに
「ここ数日頭が痛く 息もできなかった。けれど オバサンの顔を見たら 息もできるし頭も痛くない。辛いことも忘れられる。諦めようとしたけれど 離婚の話を聞いたら期待してしまう」と。
ジエは「離婚で心を乱さないで。私はあなたにときめいたり好きだと感じたりしない」と返事する。

ソヒョンは自分の株の議決権をダルスに行使してもらうことにする。
ダルスを守るため。…らしい。
でも… そのことで キム理事はダルスを味方につけようと 部長の椅子をちらつかせる。
ジュンヒョクはダルスに 「キム理事を信用しないように」と忠告するが
ダルスは聞き入れない。

理事会で社長解任が可決される。
テジュン母は株主総会で可決されないよう
テジュンとジエの事は ジエが保険詐欺でテジュンにつきまとったことにしようとする。
ジエを呼び、記者の前で 証言させようとする。

テジュンはジエを守るため
「彼女は一度も電話をかけてきたことはない。俺が連絡したんだ。彼女が好きだから。彼女を愛しています」と話す。

20

予想通りの展開で もちろんダルスとジエが絆を強くして 終わり。
ふられたテジュンとソヒョンだけど “そんなに穏やかに話せるのなら 再婚したら?”と言いたくなるほど 友達としていい関係みたい。
ジュンヒョクとボンスンは仲良くなりすぎて 妊娠。
病気になって妻の有り難さがわかるのなら 私も病気になろうかしら… ってね。

最後に 「無限に挑戦」のメンバー(だと思うのですが…)が 就職面接を受けにきたのは 必要ないと思うけれど 可笑しかったので 良しということで。

…やっぱり…あってはならないことだけど
テジュンとジエのハッピーエンドのほうが…よかったのになぁ…
そう思うくらい ダルスよりテジュンのほうがせつなく思えたのよね…



ダルスは キム理事に言われたとおり 天然調味料の資料を用意する。
キム理事からの贈り物のスーツを着て キム理事と一緒に ミョンイン食品と会食。
ダルスは ミョンイン食品に天然調味料の資料を渡し、
「見返りはなんですか?」と聞く。

ここまでくると ダルスが何かを決心して キム理事の言いなりになっているのがばればれ。
ダルスが見返りを要求するわけがない。

ボンスンがジエに会いに行く。
キム理事がダルスを利用して社長の座を狙っていること、調味料の企画も潰そうとしていることを話すが、
ジエは聞く耳を持たない。
ボンスンは 「夫を救えるのは妻しかいない。夫が頑張っていた新商品の企画も潰れるのよ」と説得する。

ジエは帰宅したダルスを問いただすが
結局 喧嘩になってしまう。

株主総会で社長解任が議題に。

ジエはダルスにメールする。
「社員証を見せてもらった時 あなたはとてもステキだった」

ダルスはキム理事に促され 発言する。
「社長と妻はただの友人関係です。天然調味料に企画には展望があります。前会長の理念と一致し、クリーンで高級なイメージを定着できます。先日 キム理事と一緒にミョンイン食品の専務と会い資料を渡しましたが、それは完成版ではありません。不正を行ったことを謝罪します」

テジュンは キム理事がミョンイン食品との合併工作をしていたと発言。
証拠を提示する。
ヨンスクが平岡会の資金を流用し 会社の資金を不正に蓄財し 株主に賄賂を渡したことも暴露。

社長解任案は否決され、
キム理事は解任される。

ジエがいつもの店の縁台に座っていると テジュンが通りかかる。
「まだ離婚を考えているのか?」と聞くと
ジエは「夫の出世を願って追いたてるのは愛だったのかしら?夫が元気でいてほしいと思うのは愛だったのかしら?どうしたらいいかわからないの。迷子になった気分よ」と答える。
テジュンは「迷子になった場所で大きな声で泣く方が見つかりやすいんだ。元気なオバサンでいろ」と。

ジエは行ってしまったテジュンを追いかけて 抱きしめる。
「私を助けたこと 慰めてくれたこと 愛してくれたこと ありがとう。そしてごめんなさい」

呆然とし、「これで本当に終わったんだな」とつぶやくテジュン。
辛そうで…私が代わりに抱きしめてあげたいわ。私もオバサンなんだけどなぁ…オバサンなら誰でもいいわけじゃないわね。失礼しました。

ダルスは辞表をジュンヒョクに渡し、友人の農場へ。
そこにテジュンが来る。
テジュンは「ジエさんを苦しめるな。和解する気はあるのか?秋の新製品のリーダーをしてみないか?やるなら辞表は保留にする」と話す。
帰ろうとするテジュンにダルスは声をかける。
「ソウルに行くんですか?電車がないから乗せて行って下さい」

帰宅したダルスはジエに「君がそばにいないと何もできない。君がいないと安心できない。どんなことでも君が必要なら飛んでくる」と言い 仲直り。

 123-4567891011121314151617181920
関連記事
スポンサーサイト



web拍手

コメントの投稿

Secre

No title

うっかりハマッテしまい、毎日楽しみに見ています。テジュンとのハッピーエンドを期待するあまり、こちらを必死に読んでしまいました・・・結果残念ですが、まだまだ楽しい展開も待っているようなので引き続き見ます~有難う御座いました☆

syu さん、こんにちは

テジュンとのハッピーエンドを期待しますよね。
私も どうなるのか気になりながら視聴しました。
多少のいさかいはあっても テジュンに惹かれる気持ちはあっても 夫を愛していたのでしょうね。
お役に立ててよかったです。
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
親愛なる判事様
検法男女2

海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>
  ~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~
神龍<シェンロン>(武道乾坤)
王朝の謀略(大明按察使之鉄血断案/鉄面御史)
花不棄(カフキ)
  -運命の姫と仮面の王子-(小女花不棄)

<視聴予定>
チョン・ヤギョン李氏朝鮮王朝の事件簿
       10/6~チャンネル銀河

蘭陵王妃 9/~チャンネル銀河
千年のシンデレラ(結愛・千歳大人的初恋)
         ホームドラマチャンネル放送終了
リーガルサービス~最大の利益(最佳利益)
         9/5~ホームドラマチャンネル
スィート・ドリームズ(一千零一夜) 10/2~レンタル
明蘭~才媛の春~(知否知否応是緑肥紅痩)
         10/~衛星劇場
悪との距離 10/15~衛星劇場
大唐見聞録 皇国への使者(唐磚)
         11/~チャンネル銀河
 
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング