FC2ブログ
2019/02
<<01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>




君はどの星から来たの あらすじ&感想


「よかった~」とも「つまらなかった~」とも…
どちらかといえば…つまらなかった…
最初から最後まで ボクシルが浮いていて…
天真爛漫に育ち、ソウルに行っても そのまま。だから浮いているように見えるのはしかないことなのかもしれない。
でも泣いている時 辛い時まで 浮いて見えるのは ちょっとね。


DVD-BOX(日本版)

全16話 2006年 MBC

出演者 : チェ・スンヒ・・・キム・レウォン
       キム・ボクシル(イ・ヘス)・・・チョン・リョウォン
       ユン・ミヒョン・・・カン・ジョンファ
       ハン・ジョンフン(スンヒ友人)・・・パク・シフ

       キム・スノク(ボクシル母)・・・イム・イェジン
       チョン・ソンジョン(ボクシル友人)・・・オク・ジヨン
       チョ・ドゥシク(ボクシル先生)・・・キム・ハギュン
       アン・ジニ(ヘス母)・・・イ・ボヒ
       イ・ヨンノ(ヘス祖父)・・・ソン・ジェホ
       チェ・スイル・・・イ・ヨンハ
       パク・チャノ・・・パク・チョルホ


演出  : ピョ・ミンス、ハン・ジュソク
脚本  : チョン・ユギョン

 1234567891011121314-1516


1

映画監督スンヒは恋人ヘスと別れて3年。まだ彼女を引きずっている。
街でヘスに似た子ボクシルを見かけ追いかけて同じバスに乗ってしまう。
降りたところは…田舎?
帰りのバスを聞くと、今日はもう終わり。
泊まるところを聞くと 「うちが民宿です」そこでついて行くことに。
延々歩かされて着いた家はお世辞にもきれいだとは言えない家。

翌朝 風景がいいところに連れて行ってくれと頼み、ボクシルをでかける。
ところが風景の写真を撮るのに夢中になり はぐれてしまう。
イノシシに追いかけられ大慌て。ボクシルとは再会できたけれど…
足をくじくし、1日1便しかないバスは出た後。もう1泊することに。

スンヒはソウルへ。大きなお土産(ボクシル母からのじゃがいも)を持って。

ボクシル家にソウルから友人ソンジョンが遊び来て 一緒にプロモーションビデオ撮影を見に行く。
そこに撮影監督スンヒがいた

2

撮影現場にいるボクシルを見て ヘスを知っているミヒョン、ジョンフンはびっくり。

雨が降り撮影は中止に。
スンヒはボクシルの家の前を通りかかり(たぶん、ボクシルに会いたかったのよね) ボクシル母から ボクシルを迎えに行ってほしいと頼まれる。
ボクシルは山菜を売りに町に行ったが、まだ帰ってこないらしい。

スンヒはジョンフンに車を借り 行こうとするが…運転できない。
そこでジョンフンが行くことに。
ジョンフンもヘスが好きだったのね。スンヒにヘスを紹介したのはジョンフン。プロポーズするつもりでいた。しかしヘスに「スンヒと結婚する」と言われできなかった。

ヘスが死んだのはスンヒの運転ミス。
だからまだ彼女を忘れられないし、運転もできない。

ボクシルはジョンフンを頼ってソウルに。けれどジョンフンは出張中。
たまたまミヒョンに会い、ミヒョンがスンヒの製作スタッフを紹介し 働くことに。

スンヒとボクシルは食事に。
スンヒはボクシルを見ながらヘスを思い出す。酔いが回ってヘスと勘違いし 抱きしめてしまう。

スンヒはボクシルを好きになるのよね。
で、ボクシルは ヘスの身代わりなのか、自分を好きなのか 悩んで…
ジョンフンはどう絡んでくるの?

3

ヘスには食堂の火事で亡くなった妹がいた。
ボクシルってことね。
ジョンフンはヘス父に頼まれて ヘス妹を捜すことに。
ジョンフンはドゥシクに連絡。ドゥシクは知らないふりをする。ドゥシクもボクシル母も実の子ではないと知っているのね。

スンヒは 横柄な態度をとっているけれど なぜかボクシルのペース。
携帯を買いに行って なぜかボクシルとカップルホンを買わされたりね。
恋人って感じではないけれど まぁいい雰囲気。

スンヒとボクシル、成り行きで映画を見に行った帰り スンヒ父に会う。
父は何度も結婚を繰り返しているようで 親子関係は良くないみたい。
父に「おまえは女の好みが同じだ。結婚するつもりか」と聞かれ スンヒは「誰でもいいわけではない。不釣り合いだ」と答え、ボクシルはそれを聞いてしまう。
スンヒは聞かれたのが気になり 謝りたいのに 逆に怒りだしてしまう。

ボクシルは帰宅途中。ヘス母に会う。
娘ヘリムを捜して ボクシルを訪ねてきたのかしら?

4

ヘス母はやはりボクシルに会いに来たのね。
いきなり娘に似ていると言われてもね~

スンヒに退職の挨拶にきたボクシル。前借のお金と携帯を返す。
その時携帯が鳴り 母が倒れたと連絡が入る。
慌てて帰るボクシル。
スンヒはチャノに車を借り ボクシルを乗せてスンヒ母の病院へ。

スンヒが運転するなんて…事故以来運転できなかったのに…すごいことよね。

ボクシル母はすぐに退院。
スンヒとボクシルが魚取りに行っている時に ジョンフンが訪ねてくる。
ボクシル母は否定。というか… 娘の話はしていないのに 「娘は私の子です」って言ってしまったのよね。

スンヒはボクシルが大好き。素直になれないでいるけれどね。
必ずソウルに戻ってくるように言って、スンヒはソウルへ。

で、今度はヘス母が訪ねてくる。
ボクシル母はボクシルが火事の時に身につけていたものを渡す。
そしてドゥシクがボクシルに事実を告げ 親子の対面に。

ボクシルは動揺。
スンヒからの電話にも出ない。
スンヒは再び電話をして “明日サッカーを観に行こう”と伝言する。

ボクシルはヘス母に「ここに残る」と告げる。
スンヒとの約束にも行かない。

ヘス母はボクシルを無理矢理連れて帰らなかったけれど いずれは引き取るつもりなのよね。
そしてスンヒはボクシルがヘスの実妹ヘリムと知るのよね…
このドラマ、最後はどう終わらせるのかしら。スンヒとボクシルが恋人になって終わり?結婚ってことになると ヘス母が反対してややこしくなりそう。

5

ボクシルはヘス母の家に。

スンヒはそんなこと知らないから ボクシルに電話する。
電話に出たのはボクシル母。ボクシルが「毎日電話するから持っていて」と渡したから。
ボクシルは“用事で休む”と連絡が来たきり 出社しない。だからスンヒは家に行ってみる。

ボクシルは出社。
スンヒは嬉しいくせに 怒鳴るのよね~
そして本屋でシナリオの本を買ってあげたり、水族館に連れて行ったり。

ボクシルは仕事を続けたい。
けれど辞めるように言われる。
「監督に才能があると言われたから勉強したい」とボクシルが言うと ヘス祖父が監督の名前を聞く。
ボクシルが答えようとすると ミヒョンが遮る。
そうなのよね。この家では(特にヘス母)スンヒは禁句なのよね。

ボクシルはミヒョンに ヘスとスンヒのことを聞く。
ヘス母の前では スンヒの話はしないようにと。

ボクシルはスンヒに仕事を辞めると告げる。
スンヒは理由がわからない。
ボクシルも寂しそう。母に会えないから。スンヒに会えないから。

ボクシルは自分がヘスの妹だとなかなか言えないのよね。
言ったら 今の関係が壊れてしまいそうな気がするのかしら。

6

ボクシルはスンヒに会いたい。もちろん仕事もしたい。
でもヘス母もヘス祖父も許してくれない。

ミヒョンをだしに外出。
むっちゃ 喜ぶスンヒ。車も買ったのね。
ボクシルにはコピーをさせない。コーヒーを入れてくれる。

スンヒ、チャノ、ボクシルは企画会議で外泊することに。
ヘス母には母に会いに行くと嘘をつく。その時に しばらく母には会えないと聞いてボクシルは落ち込んでしまう。

心配するスンヒにボクシルは本当の事を言おうとするけれど言えない。
スンヒがヘスを愛していたことも気になる。
そしてソウルの生活も辛い。シンデレラにはなったけれど…
ヘス母はやさしい。頭ごなしに怒ったり意見したりすることもない。
でも気を使ってしまう。自分らしくいられない。

ヘス祖父の会社の創立記念パーティ。
ボクシルはもちろん出席。スンヒもジョンフンに招待され出席。
ボクシルはヘリムとして 出席者に紹介される。おどろくスンヒ。

ボクシルがヘリムでも恋愛はできるかと思ったけれど ヘス母、ヘス祖父は絶対に許さないわね。
ヘス祖父はボクシルを後継者として育てたいようだしね。
当分は “会いたいのに会えない”状態ね。

7

スンヒは電話に出ない。だからボクシルはスンヒのマンションに行く。
スンヒはそっけない。
「怒ってない」そう言うスンヒの声、顔はそう見えない。
友人に「ヘスの妹ヘリム」と紹介したのも気になる。
会社を辞めたと聞いて ますます気になる。

ヘスは酔ってスンヒの家に。スンヒに絡む。
でも「俺は義兄になるはずだった」と言われてしまっては…

ボクシルは畑仕事を手伝いに 母の元に帰る。
数日で帰るはずが 1ヶ月後に帰ると言い出す。
ヘス母は二度と帰ってこない気がして無理矢理連れ戻したいとヘス祖父に相談。
そこでヘス祖父はスンヒに頼む。

ヘリムはシナリオを習うことに夢中だ。
君が教えると言ってヘリムをソウルに連れ戻してほしい。
経営者にするつもりだから シナリオ作家になる夢は諦めさせてほしい。
いずれはジョンフンと結婚させるつもりだ。

スンヒは断るけれど ヘス父は強引に引き受けさせる。
スンヒはボクシルに会いに。ボクシルはスンヒを見て大喜び。

ボクシルはヘスとスンヒのことが気になるだろうし スンヒが急に態度をかえて悲しいはず。
スンヒはボクシルを忘れないといけないのに そう簡単には忘れるはずがなく 辛いはず。
なのに その気持ちが伝わってこないので ちょっと…嵌らないかなぁ…

8

ボクシルは スンヒが迎えに来てくれて嬉しい。
でもそれがヘスを死なせてしまった罪滅ぼしと聞いて悲しい。

翌日仕事に行くと スンヒはつれないし、スンヒ友人のサンウクにシナリオを習うように言われる。
ジョンフンに食事に誘われ断るが スンヒも一緒と聞いてついて行く。
でもやっぱりスンヒはつれない。というか無視。

ボクシルの誕生会。
ヘス母はスンヒを招待する。
“ジョンフンを婿にと思っている”“ シナリオ作家の夢を諦めさせてくれ”ヘス祖父と同じことを言われる。

スンヒはボクシルが好きだけれど どうにもならない。ヘスではなくボクシルだったらよかったのにと思うけれど…
ボクシルもスンヒの態度をみると悲しくなってしまう。

スンヒが映画の下見にオーストラリアに行くことに。
ミヒョンが「スンヒは永遠に戻らないかも」なんて言うから ボクシルは空港に急ぐ。

スンヒでもジョンフンでもいいんじゃないかと思ってしまう。
ジョンフンはやさしそうだし ボクシルに言われて髪型を変えるくらいボクシルが気になっているみたいだし。まぁ~お金持ちのお嬢様と結婚できるなら頑張るかな?でもジョンフンも金持ちよね。
私がスンヒにもジョンフンにも興味がないからどちらでもいいと思うのよね。で、興味が湧かないから…このドラマもイマイチはまれないのよね。

ミヒョンはスンヒが好きなのよね。なら どうして ボクシルに永遠に戻らないかもなんて言うのかしら?このまま別れさせて自分がスンヒと付き合えばいいじゃない。それともジョンフンが好きなの?

9

ボクシルはスンヒが“ボクシル”と呼んでくれたから嬉しい。オーストラリアから戻ってくることになっているから嬉しい。
スンヒが帰ってくるのを指折り数えて待っている。

ボクシルがスンヒを好きだというのは よくわかるんだけど…なんか能天気って感じなのよね。
ヘス母とヘス祖父は絶対にスンヒとの結婚を許さないはず。ボクシルはそのことはわかっていると思うんだけどなぁ。好きな気持ちはどうしようもないけれど…

スンヒもボクシルはヘスの妹ヘリムだから 好きだけど一歩引こうとしている。兄妹でいようとする。
でも ジョンフンがボクシルを企画室に異動させようとすると 「好きなことをさせたらいい」と言って手放そうとはしない。

スンヒがボクシルにオーストラリアのお土産と言って渡したコアラに似た置物。
スンヒはガイドからもらった記念品と言ったけれど 実は2日間かけて探してきた健康で長生きできるという原住民の彫り物だった。

ボクシルはそのことを知り スンヒに会いに行く。
お互いに好きだけど 好きになってはいけないから “愛している”の一言が言えない。
でもついにスンヒはボクシルにキスをしてしまう。

ジョンフンはボクシルを探してスンヒがいる場所に向かっている。この場面を目撃してしまったら…ジョンフンはボクシルが好きなの?ヘス祖父の孫だから結婚しようとしているの?わからないわ。

10

キスした翌日。
スンヒはボクシルに 昨日のは間違いだったと言う。

スンヒはジョンフンに「ヘリムを手放してほしい」と言われたし、
ヘスの妹だから好きになってはいけないし、
辛いけれど 仕方がない。

ボクシルはスンヒに 「好きだ」と言うけれど スンヒは受け入れてくれない。
それなのに 偶然を装って会いに行ったりして…どうしたいのよ!

ボクシルはヘス母と一緒にアメリカに行くことに。
ボクシルから挨拶され 別れをつげたスンヒ。
けれど…ボクシルを追い、「愛している。行かないでくれ」と言って抱きしめる。

う~ん、スンヒの気持ちは行ったり来たり。
好きなんだけど 素直になれない。ようやく素直になったけれど また どこかに行ってしまいそう。

11

ボクシルがアメリカに行かないと言い出す。
ヘス母はミヒョンに聞いて ボクシルがスンヒを好きなことを知ってしまう。

ボクシルはジョンフンに 「スンヒが好きだから協力してほしい」と頼む。
ジョンフンはそういうわけにはいかない。
スンヒに会い、ボクシルを諦めるように言うが、“わかった”と返事するはずがない。

今度はスンヒの決心は固い。
ヘス母に話そうと思っている。
しかしヘス母は先手を打つ。「あなたと家族のように接することにしたわ。長男と思うことにする」と。
長男だからヘリム・ボクシルを妹として可愛がってほしいということね。

スンヒはヘス母の前に土下座する。

可もなく不可もなく。
ボクシルとスンヒのデートシーンが楽しいとも うらやましいとも思えない。
レストランで スンヒが弾き語りして 「愛してる」と告白するのも いい雰囲気のはずが…ボクシルの反応にがっかり。
ボクシルとスンヒがかみ合っていないのよね。

12

スンヒとボクシルの恋が認められるはずがない。
でも…愛している…どうしようもない。

スンヒが会長の孫娘を手玉に取っているという記事が出て、スンヒの立場が難しくなる。
ボクシルは ミヒョンに スンヒを愛しているなら監督を続けられるようにするべきだと諭され、
アメリカに行く決心をする。

スンヒもボクシルはアメリカに行く方がいいと思い、映画撮影に専念することに。
しかし…

で、ボクシルは空港に向かう車から 赤信号で止まっている隙に降り 走り出す。
タイミングよく スンヒが車で通りかかり 2人は走り始める。

駆け落ち。
2人は飛行機に乗っていて 機内食は出ないから…国内線に搭乗したってことね。
ボクシルの田舎で畑仕事をするという人生もアリかも。

13

ボクシルとスンヒは済州島に。
数日過ごした後 帰宅。
スンヒの映画の話は白紙に。
ボクシルはヘス母から 家を出てボクシルに戻るように言われる。

ヘス母、ヘス祖父はあせりすぎ。
実の子だとわかったら すぐに引き取り、
仕事はやめろ、勉強しろ、結婚しろ。うるさい。
もっとゆっくり、まずは生活に慣れることから始めたらよかったのに。
そうすれば スンヒとのことも ゆっくり進んだかもしれない。
駆け落ちなんてなかったはず。

14-15

ヘス母の病状はひどくなる。ヘリムとヘスの区別がつかない。

ボクシルはスンヒと別れ 田舎に戻る。
スンヒは映画作りに没頭している。

ヘス母はよくなり ボクシルを迎えに行く。

ボクシルはソウルに戻り ジョンフンの会社で働き始める。
偶然にスンヒに会い、 辛くなってしまう。
2人はまだ愛し合っている。

ジョンフンはヘス母に会い 2人を認めてほしいと頼む。
そして2人が会えるようにする。

16

抱き合う2人。
だけど 別れなければならない。

部屋で泣いているボクシルを見て ヘス母はスンヒに会いに行く。
ヘス母は2人を許すことにする。

 1234567891011121314-1516
関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
ライフ
客:The Guest
ボイス2
ラブリー・ホラブリー
ナインルーム
魔性<マソン>の喜び

三国志~司馬懿 軍師連盟
鳳凰の飛翔(天盛長歌)
三国志 Secret of Three Kingdoms
如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
バーニング・アイス-無証之罪-

<視聴予定>
皇后の品格
ロマンスは別冊付録(ROMANCE IS A BOUNUS BOOK)

恋愛動物
カンブリア紀
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
独狐伽羅~皇后の願い~
千年のシンデレラ~Love in the Moonlight


わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング