FC2ブログ
2019/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>




敗犬女王 あらすじ&感想




嵌るほどではなかったけれど いいドラマだと思います。
“愛する人がそばにいる幸せ”“幸せは自分で決めるもの”
今更 聞かされてもね… と思うくらい年を取っているので どこか冷めて観ていたところがあったんですよね。
シュアン目線になれず、
ルーカスはカッコいいと思うけど ときめかず、
私にとっては 平凡なドラマでした。

  
  DVD-BOX(日本版)

全34話 2009年 

出演者 : シュアン(35歳、雑誌社iFound編集員)・・・楊謹華シェリル・ヤン
       ルーカス(25歳、便利屋、医学生)・・・阮經天 イーサン・ルアン
       レスリー(34歳、カメラマン、シュアン元恋人)・・・温昇豪 ウェン・シャンハオ
       ジア(21歳、iFound見習い社員)・・・楊雅筑 ヤン・ヤージュー
       ジェイ(25歳、ルーカス友人)・・・張懐秋 ハリー・チャン

 12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334


1

シュアンは32歳。雑誌編集者。
とても優秀だが、“仕事命の負け犬”と陰口をたたかれることも。

次期首相候補コー・ヨージョンの愛人と隠し子の取材に成功。
スクープを編集会議に間に合わせるために ジュアンは 自転車を盗む。

自転車を取り返しに来た サンタクロースの格好をしたルーカス。
シュアンが謝らないことに腹を立てる。
おかげでバイト代をもらえなかったから家賃を払えず 家を追い出されたと言うのに。

ルーカスが転がり込んだ先は友人ジェイの家。
そこはシュアンにお隣。
何か起こりそうな予感。

シュアンは有頂天だった。
自分のネタがライバルを蹴落として トップ記事になったから

ところがとばっちりで残業になった同僚たちは シュアンの悪口を言いたい放題、
シュアンは偶然聞いてしまい ショックを受けてしまう。

2

シュアンにも恋人がいた時があったのよね。
それが突然いなくなったら 人間不信になっちゃうわよ。
もしかして 彼が帰ってくるのを待っているのかしら。

シュアンは母に連れられて 祈祷に。
そこで願いが叶うと言う狐の置物を持って帰る。
ところがそれは悪運の狐だった。

シュアンの記事で雑誌の売れ行きは好調
祝賀会が開かれる。
ところが そこでは シュアンに悪戯をする計画が進んでいた。
それをジェイが引き受けていた。

偶然知ってしまったルーカスは ジェイをとめようと祝賀会に向かう。

3

ジェイはシュアンをほめちぎる。
周りから持ち上げられ ジェイとシュアンはキスを強要される。
その気になったシュアンに ジェイは 「やっぱり若い子がいい」と言って逃げる。
もちろん これは便利屋ジェイが引き受けた仕事。
そんなことを知らないシュアンはショックを受ける。

それを見ていたルーカスはシュアンが可哀想で キスをする。

ルーカスに怒ったものの ひとりが寂しいシュアンはルーカスを家に呼ぶことに。
「あなたいくら?便利屋でしょう。お金を払うから一晩付き合って」
相手にしなかったルーカス、
でも路上に座り込んで泣きだすシュアンに同情してしまう。
「寂しくても男を買うなよ。そんな安っぽくないから。今夜はただで付き合うよ。」

一晩一緒にいるだけ
のはずが シュアンはルーカスを誘惑。
“食わぬは男の恥”ではないけれど
ルーカスもその気に。2人はベッドに。

しかし シュアンはルーカスのIDカードを見てしまう。
ルーカスは8歳も年下だった。
事はここで終わり。ルーカスは追い出されてしまう。

翌日
次期首相候補は妻と一緒に 記事を否定。
愛人も 「愛人ではなく助けてもらっているだけ」と否定。
雑誌社は抗議の電話が鳴りやまない。
でも社長は 「話題になるほど売れ行きがよくなる」とご機嫌みたいね。

そこに “コー・ヨージョンの中傷をやめろ”と 爆弾入りのケーキが届く。


シュアンは ちょっと苦手だけれど
ルーカスはいいかも…
32歳と24歳か… 他人事なら “年の差なんて関係ない”と言いたいけれど
自分の息子だったら… “息子よ、目を覚ませ~”と言っちゃうかもね。
あっ、まだ この2人、恋愛関係に発展していないけど。

4

段々面白くなってきました。
シュアンが可愛く思えてきたし。


シュアンは圧力には屈指しない。
コー・ヨージョンの取材を続けることに。
そこで 社長は ルーカスを 「シュアンの助手件ボディーガード」で雇ったらどうかと提案する。

断りたいけれど…
昨夜の件… ひとりは寂しい~一緒にいて~ を持ち出されたら 雇うしかない。

コー・ヨージョンの愛人で高校時代の恩師に 証言を頼む。
もちろん OKしてもらえるはずがない。
コー・ヨージョンの罪を訴えるけれど 無理。
ルーカスによると シュアンには真心がないかららしい。

シュアンはマンションを見張る。
見張っている途中もシュアンとルーカスは喧嘩。
シュアンが素直じゃないんだけどね。
ルーカスは 「君といたいと思ったから一緒にいる」と素直なのに。

シュアンは食事のために 見張りをルーカスに頼み 帰宅。
しかし 罠が仕掛けられていた。
ガス栓が開けられていた。

ルーカスはバイクに入れられた“家を爆破してやる”の脅迫状を見て 家に急ぐ。
シュアンはのんびりとお風呂に入っていた。
危機一髪 脱出。
シュアンは助かる。

しかし 宿泊先がない。
ルーカスのところに泊まることに。


シュアンには6年間待っている恋人がいて 彼が取った写真を大事にしている。
ルーカスには 恋人シャンユンを助けられなかった過去がある。
どちらにも 辛い過去があるのね。

5

魔女シュアンだけど ルーカスに出会っていい人になっちゃったのね。
愛人とその子供の存在を明かすことなく
立候補を取りやめさせることに。
愛人&子供の将来を考えたら そのほうがよかったのかも。


コー・ヨージョン主催のオークションが行われることに。
そこで ルーカスたちは慈善事業でマジックを披露する。
少年が作ったビスケットをコーにかじらせ それを持って 少年はシュアンに変身する。

コーがかじったビスケットには コーのDNAが付着している。
つりあがっていく落札価格。コーは思わず100万で落札してしまう。

舞台裏。
コーを信じ切って 姿を消そうとしていた愛人だけど
“家を爆破してやる”のメモを見て 気が変わってしまう。
現れた愛人に コーは “子供を産んだくらいでいい気になるな”と言う。
またメモは愛人の家のカレンダーだった。

シュアンは すべてを録音してした。
立候補を辞退するか、
すべてを公表し 愛人登場&殺人未遂で新聞の一面を飾るか。

コーは立候補辞退と政界引退を発表する。


この件で シュアンとルーカス、とても仲良くなれたかしらね。

6

コーの件が終了して 帰宅途中 シュアンは足をくじいてしまう。
そこでルーカスはシュアンを抱えることに。
「30歳以下の本気の相手だけしか抱きかかえない」というルーカス。
実はシュアンを気に入っているみたいね。
「男みたいだけど 可愛いところもある」と。
同じように シュアンもルーカスを好きになったみたい。

帰宅すると マンションロビーにジアが待っていた。
シュアンが賭けに負けたから バニーの洋服を届けさせられたみたいね。

ルーカスはジアを送っていく。
その間 シュアンは友人キャシーの家に。
タロット占いをすると なんと ルーカスと “相性抜群”と出る。
ただし 美人の強敵が現れるらしい。

その頃 ルーカスはジアを連れて ジェイの車を修理。
その間にジアはアルコール1%で 酔っぱらってしまい、やっとのことで家に送る。
おまけに 洋服に吐かれて散々。

ルーカスがなかなか帰って来なくて
シュアンは 爆破事故のままの自宅で寝てしまう。

シュアンは大家から 修繕費と慰謝料を請求されてしまう。
ホテルに泊まるつもりだったのに…
お金のためにルーカスと同居するしかない。

シュアンは 自分のせいでルーカスが借金を背負ったことを知る。
自分の生活用品や写真立てを買って来てくれたことが 申し訳なくて…
嬉しい。
でも 嬉しいのに素直に表さないのよね。
「ありがとう」の一言でいいのに。

研修旅行。
しかし社長が用意したバスとバスの運転手は最低。
途中で降ろされてしまう。


シュアンは “若くない”を連想させる言葉が気になる。
そうかもね…
私の場合 30代は子育てに必死で “気になるけど気を使っていられない” って状況だったけど。
46歳になると もちろんシミもしわもお腹の肉も何とかしたいけど
“これが私”と開き直れるときもあるのよね。
肌のきれいさよりも 笑顔が大事なんだけど それって ホント この年にならないとわからないのかも。

ジアってシュアンを大好きみたいね。 気に入られようと必死。
全部 裏目に出るのが可哀想だけど。

7

シュアンはルーカスが好き。
ルーカスはその気持ちを知っているのか知らないのか…
シュアンは素直じゃないから シュアンの気持ちに気付かないわよね。

ルーカスがジアに優しくするから シュアンは機嫌が悪い。
海辺を走るトレーニングでも 体調の悪いジアをルーカスが気遣うから ますます不機嫌に。
勝ち負けにこだわるシュアンとルーカスは大喧嘩してしまう。

落ち込むジアをルーカスが慰める。
ジアは 自分に自信がないのよね。
ルーカスに 「だれでも 唯一無二の存在だ」と言われて 少し元気になったみたい。

でもさぁ…シュアンだって風邪気味だけどなぁ。
ルーカスの借金のために 勝ってボーナスをもらおうとしているのになぁ。

夜のバーベキュー。
ここでもジアとルーカスは仲良く話している。
嫉妬したシュアンは “若い人しかついていけないゲーム”と言うのに 無理矢理 参加する。
結局 不正解ばかりで おでこはデコピンの痕がたくさん。
ルーカスは シュアンが答えられるように ヒントを出してあげたのに 答えられない。

ジアの元恋人エディソンが現れる。
大学の卒業旅行中らしい。
シュアンは 他意はなく 「元恋人で 会いたい」と言う彼の言葉を信じて 連れてきたのだった。
しかし 彼は突然 ジアの本当の姿をばらす。
「合意の上だったのに レイプされたと訴えられた」と。
「純情そうな顔をしているけれど 本当は違う」と。
情けない男。振られた腹いせに そんなことばらしてどうしたいのよ。

ジアにはお姉さんがいるみたい。
ルーカスの亡くなった元恋人がジアのお姉さんなのかな?
そのことで アメリカから戻ってきたのかしら。

同僚のルーチー って シュアンを2年間 思っているらしい。
だったら 告白したらいいのに。
振られそうだけどね。

8

シュアンは最低男エディソンを連れてきたと非難を浴びることに。
ジアとルーカスに嫉妬したのは事実だけど
エディソンの言葉を信じたのも事実。

でも…ルーカスはジアをいじめるシュアンを非難。
「あんたのせいでみんな傷ついている。それじゃぁ 一生誰にも好かれない」
…ルーカス、ちょっと言い過ぎ。人にやさしいのが魅力だったはずなのに

みんなでジアを捜す。
シュアンはジアの靴を見つける。洞穴に落ちたらしい。
けれど 自分には会いたくないだろうと
わざとルーカスを呼んで ジアを見つけさせる。

ジアはルーカスに アメリでの生活、エディソンのことを話す。
2人が洞穴から出た後、
話しを聞いていたシュアンが 今度は洞穴に落ちてしまう。
けれど 2人は気付かずに帰ってしまう。

ルーカスはルーチーから シュアンがいないと聞いても
「あんな魔女は 反省したらいいんだ」と言い放つ。
ルーチーは頭にきて すべてを話す。
「お金に困っているお前のために 風邪で具合が悪くても頑張っているのに あの言い方は何だ。ジアに休むように言ったのはジアの体を思ってだ。それからジア、今度から花を飾るな。シュアンは花粉症だ」

ルーカスは慌ててシュアンを捜しに行く。
シュアンを勘違いしていた自分を反省。

ルーカスを 「ひとりになりたくない」と引き留めようとするジア。
そういうところが 若い子の特権よね。つい可哀想になるもの。
逆に “30歳のおばさんは大丈夫だろ” となってしまう。
もちろんルーカスはシュアンを捜しに行く。

その頃 シュアンは洞穴の中で レスリーのことを思い出していた。
それがいつの間にかルーカスの顔になり、
本物のルーカスが現れる。

シュアン、少しだけでも 素直になるといいのに。
弱い面を見せないように強がっているだけなのに。
ルーカスはシュアンに 「年齢は関係ない」と。気にしているのはシュアンのほう。

ルーカスがシュアンをからかって キスしようとしているところに ルーチー登場。
飛び込んできたルーチーのおかげ?で 2人はキスすることに。

ルーカスにとって シュアンは恋人で ジアは妹のような存在だと思うんだけど
シュアンは“自分にはレスリーがいて ルーカスは年下だから恋人にはなれない”と思い込もうとしている。
ジアは ルーカスを好きで その気持ちを隠そうとしない。
こじれちゃうのかなぁ。

9

“男は年を取るほど価値が上がり、女は下がっていく”
ほんと そうなのよね…悲しいけれど



サバイバルゲームの後、シュアンは昨夜捕まえていたエディソンのところにみんなを連れていく。
ジアにゲームの銃で撃たせて 気持ちを晴らさせる。

そして ジアはルーカスに 自分はシャンユンの妹だと告白する。
喜びのあまり 2人は抱き合う。
…みんなの前ってことを忘れていませんか~

大みそかの夜、ジェイの店で ルーカスとジアはシャンユンの話で盛り上がる。
しかし シャンユンが死んだ時のことを思い出し ルーカスは落ち込んでしまう。
ルーカスは シャンユンの死に責任を感じていた。
サーフィンも大学もやめてしまった。

ルーカスはジアに 「妹同然だ いつでも頼っていい」と言う。
でも…ジアは勘違いしそう。
それがわかったのか、ジェイは
「あいつを好きになるな。妹知った時点から 君は候補から除外されている」と忠告。
ジアは全く気にしていない様子。

ルーカスはジェイと話していて シュアンを思い出し、メールする。
“新年おめでとう。今年こそ売れ残りませんように”
“新年おめでとう。追伸 その作り笑いにはうんざりよ”とシュアンから返信メール。
シュアンには ルーカスが恋人を失った傷を隠そうと作り笑いをしているのがばれていたのね。

同窓会が行われることに。
3年前の同窓会の時は レスリーに振られたばかり。
「3年後はもっといい男を連れて来てやる~」と息巻いていた。
シュアンがどんな男を連れて来るか みんな楽しみにしているはず。
友人は 「ルーカスを連れていけば」と言うが…

10

レスリーは “ガス自殺事件の現場”という題がついた動画を見る。
シュアンがひとりだと知り、「待っていてくれたんだ」と思う。
台湾の仕事を引き受け 同窓会にも出席することに。

でも…シュアンは 見合いして恋人を連れていくつもり。
同窓会で再会したら どうなるの?



シュアン母が入院する。
その知らせの電話を受けたのはルーカス。
ルーカスはシュアンの携帯に電話を入れるが、シュアンは健診中。
伝言を入れて 病院へ。

ルーカスはシュアン母から恋人と間違われ 大弱り。
恋人ではないとわかってくれたけれど “望みあり”と思ったらしい。
けれど シュアンに 「ただの同居人」と強く言われて がっかりする。

で、結局 母に泣かれちゃうのよね…
「ひとりじゃ可哀想」って…

シュアンは婚活をするつもり。
ルーカスは「縁は出会うもので作るものじゃない。相手のこともよくわからずに結婚するのか?恋愛して 愛を育まないと幸せになれないぞ」と話す。
…そうだけどね。シュアンは焦っている。愛だの恋だの言っていられない。

「君みたいな人は安売りしてはいけない」と力説するルーカス。
それでも シュアンは見合いするつもり。
ルーカスは “空き時間がないようにしてやる”とつぶやく。
…それって…シュアンを好きなんじゃ…

“一挙両得見合い作戦”
シュアンは “独身生活にお別れ大作戦”を企画する。
自分も結婚相談所に登録して 取材と見合いを同時に行い 同窓会に間に合わせたい。

結婚相談所に取材に行くが…
もう 言われ放題。
「男性は28歳以下の女性を希望します。
35歳以上は難しく、結婚したくてもできない人が5人に1人います。
高学歴・高収入・高年齢の人はプライドが高い。プライドを捨てないと結婚できません」

シュアンは 取材と見合いのスケジュール管理をルーカスに頼み、作戦を始める。
そう簡単にいい男がみつかるはずがない…
同窓会に連れて行くのは諦めた方が…
とりあえず 同窓会の同伴者はルーカスでいいじゃない。

11

シュアンとルーカス、お互いに なんだか気になる存在なのに 8歳の年の差が邪魔をする。
年の差を気にしなければ うまくいきそうな気配なのに。

そんなことより…レスリーがシュアンを振った理由が知りたい。今更同窓会に出席する理由も。



シュアンの見合いはうまくいかない。
ルーカスは シュアンを“すっぽん女”と称する。
“殻は硬く中身は軟らかい。とろそうに見えて噛まれると死ぬほど痛い。噛みついて離さない”
「悪いと思っているくせに意地を張る。すっぽん女の恋路は険しい。俺はすっぽん女の優しさに気付いたけど」と。

ルーカスはシュアンが 同窓会に彼を連れていくために見合いをしていると知る。
「どうして俺を誘わなかったんだ」と聞くルーカスに
シュアンは 「あなたはいい人だけど 誰も私の恋人だとは信じてくれない。8歳差が縮まればいいのに」と答える。

ルーカスはシュアンのお見合いを成功させるために協力することを誓う。
誓ったはいいけれど…
お互い “こんなに結婚したいんだ…” “こんなに結婚させたいんだ…”と思って…
8歳の年の差って…気持ちにブレーキをかけるのね。

ジアは電球を自分で壊しルーカスにSOS。
ルーカスと付き合いたくて必死のようだけど…
いつまでも “亡くなった彼女の妹”のままだと思うけどなぁ…

ルーカスはジアの姉からもらったヒヤシンスを 枯れてしまったのに大事にしている。
当分は新しい恋は無理なのかなぁ…

12

シュアンはルーカスの特訓を受け すっぽん女を脱出できそうだった。
手ほどき中に 本気になりそうな2人。
“このままキスしちゃえ~”と思うけど そうなるはずがなく…

ルーカスはシュアンに 「見合いの前に模擬デートをしよう」と提案する。
ところがルーカスは ジア姉以外の人を好きになりそうで怖くなってしまう。
模擬デートにはジェイが来て…シュアン、がっかりした様子。

シュアンはジェイから
ルーカスの彼女が海で亡くなったこと、ジアはその彼女の妹だということ、そしてヒヤシンスは彼女の最後の贈り物だと聞く。
ジア姉はヒヤシンスを贈った時 「枯れてもまた咲く。 2度目の花を見ればわかるわ」と言ったらしい。

シュアンはルーカスがその答えをまだ捜していると思い、
ヒヤシンスの謎を解こうと考える。

植物に詳しいかつての見合い相手のところに聞きに行く。
「ヒヤシンスをもう一度咲かせる方法を教えて」
700の鉢に肥料を入れたら教えてくれるらしい。
シュアンは仕方なく 肥料を入れ始める。

ところが…見合い時間が迫っているのよね…
見合いを諦めて 肥料を入れ始めるシュアン。
見合い相手はレスリーだったのになぁ…
でも…どうして? 普通に会いに行けばいいのに。

13

ひぇ~ よく見たら(よく見なくても) 見合い相手はレスリーじゃないじゃない。
私…寝ぼけてたの?

この見合いをきっかけに シュアンとルーカスの距離が縮まるかも。
どちらも お互いのことが気になっているのに 一歩踏み出せないだけだもの。


見合い相手がとってもいい人で…(見合い当日にホテルに誘う人がいい人かどうかは疑問だけど)
シュアンを気に入る。
でも…裏がありそうな気もする…私…
だって ほんと今まで会った人とは大違いなんだもの。

シュアンも見合い相手を気に入ったけれど
このまま流されてはいけない気もして…
ルーカスも気になり…
ルーカスに電話。「私も帰るから 早く帰って来て」

シュアンは花の専門家(例の話しの長い見合い相手)タンに言われたとおり ヒヤシンスを切る。
帰宅したルーカスは 何も知らないから シュアンに怒鳴ってしまう。
「顔も見たくない。仕事は辞める。ここから出て行ってくれ」
そして 鉢を投げ割る。

シュアンは殻に閉じこもっているルーカスを見たくなかった。
でも…だからって…話してから切らないと 誤解するわよ。

ルーカスは酔って ジェイのバーに来ていた女と寝ようとする。
馬鹿な男…

ジェイはそんなルーカスに
「過去にとらわれて人を傷つけるのか。彼女はお前の事を気にして 専門家に聞きに行ったんだぞ」に言うが…
頑ななルーカス…
でもやはり気になり…
タンの家に行く。

シュアンは再び見合い相手と会っていた・
彼は シュアンが行き先がないと知ると
「よければ今夜一緒に過ごさないか?」と誘ってくる。
…それはちょっとマズイでしょう。

ルーカスはタンに会いに行き、
シュアンがヒヤシンスのことを聞くために 700株の苗を植えたと知る。
シュアンを探して 温室?に。
そこで シュアンにあげたネックレスの箱を見つける。
“やっぱり ここに来たんだ”
ところがルーカスは蛇に噛まれてしまう。

ルーカスはジェイに助けを求め、
ジェイはシュアンに電話をして タンの家の住所を聞く。
シュアンは急いでタンの家に向かう。
シュアンは寝る勇気がなくて 悩んでいたから ジェイからの電話はちょうどよかったかも。

14

シュアンとルーカスが両思いになりそうなのに
レスリー登場なのね…
なぜ今頃現れるのよ~ 捨てたのなら現れないでよ~


シュアンの取り乱し方は尋常ではなく…
ルーカスの命がかかっているから 当然なんだけどね。

シュアンは見合い相手を連れてタンの家に向かう。
タンの家は車で行けないところ。
車を降りて歩いている間の 見合い相手のうるさいこと。
「ママが磨いた靴が汚れた。ママがアイロンかけてくれたコートがしわくちゃだ」
…あなた、マザコンなの?男ならそれくらいごちゃごちゃ言うな!

シュアンはルーカスを見つけ 毒蛇にかまれた事を知る。
見合いあてに毒を吸い出させ、
ルーカスを背負って 病院へ。
背負われている時に ルーカスは「ありがとう。ヒヤシンスを切ってくれて」と言ってくれたんだけど…
でも 亡くなった彼女の名前を何度もつぶやくのよね…

ルーカスは無事。
となりのベッドには口が大きくはれてしまった見合い相手が入院。

命が助かってよかったけれど…
同窓会がね…ルーカスも見合い相手もダメ。
そこで 同僚のロミオを連れて行くことに。
ロミオじゃね…見劣りするのよね…

ルーカスは シュアンは見合い相手と同窓会に行ったと思っていた。
しかし 見合い相手が隣のベッドに寝ていて、シュアンとは別れるつもりだと知り、同窓会に行くことに。
ルーカスが来てくれれば シュアンもプライド保てるかも。
でも そこにはレスリーも来るのよね… シュアンがどう行動するのか 心配で楽しみ。

15

レスリー、結婚1か月前に姿を消して 6年間音信不通だったわりには 態度が大きいわ。
理由があるようだけど せめて「悪かった」ぐらい言っても…

ルーカスにも告白されて (シュアンは演技だと思っているようだけど)
急に騒がしくなったシュアン。
まずはレスリーのことを決着させないと 先に進めないわね。


シュアン友人はロミオの化けの皮をはがそうと 作戦を練る。
そしてロミオが恋人ではないと知り、シュアンをいじめて大喜び。
…いちいち書くことではないけれど こんなことして楽しいのかしら?金持ちの男と結婚して優雅に暮らすのが自慢って 情けないと思うんだけどなぁ…

ところがそこにルーカス登場。
みんなの前でシュアンに愛の告白をする。
ルーカスは自分の本当の気持ちを告げるが、シュアンは演技だと思っているみたい。
それでも 面目を保てたし、昔の意地悪が実は友達のことを思ってだと証明してくれたから ルーカスに感謝しなくちゃね。

シュアンへの誤解も解け (カンニングを邪魔したとか しいたけを捨てたとか ものすごくくだらない誤解)
ルーカスも一緒に会食。
そこにレスリーがやってくる。
レスリーはシュアンに 「元気だったか?それが心配だった」と話す。

16

どうも…レスリーの助手に問題がありそう。
レスリーに何かがあって (たぶん病気) シュアンの元から消えたようなんだけど…
連絡が取れなくなって 1ヶ月後に シュアンが助手から言われた言葉は
「連絡しなかったのはプロポーズを後悔したからだわ。彼には大きな夢がある」
これじゃ… 捨てられたと思って当然よ。

ルーカスは本気でシュアンを好きなのに シュアンは信じない。
ルーカス、レスリーのことが落ち着くまでは 自分の気持ちを伝えないことに。
それでいいの? レスリーに取られちゃうかもよ。


レスリーが記者会見を開くことに。
集まった会社の中から1社を選び 密着取材をさせることになっていた。

iFound誌はゴシップ記事専門。
レスリーの元婚約者を見つけて レスリーの裏の顔を暴こうと考える。
シュアンは 自分が元婚約者だとばれるのが怖くて レスリーの取材を引き受ける。

シュアンとルーカスは記者会見場に。
会見中 レスリーはシュアンが来ているのを知り、シュアンに声をかける。
「質問はありますか?」
シュアンは 「今の人生は楽しいですか?」と聞く。
レスリーの答えは 「はい。今の僕がいるのはある女性の支えがあったからです。元恋人です。」

ルーカスは 記者会見中 レスリーが話す言葉に偽善を感じていた。
“戦場を撮影し 戦争の悲惨さを伝えたかったなんて立派なことを言いやがって。女を捨てたくせに”

ルーカスはレスリーに質問する。
「夜はよく眠れますか?有名になった3年前に戻らなかったのに 今戻って来たのはなぜですか?難民に向ける優しさを なぜ彼女に向けなかったのですか?自分なら許されると思っているのですか?あなたの感性を疑ってしまう。人を写真で感動させるが 愛する人は泣かせる。回りを大切にするのに あなたを必要とする人は放り出す。あなたは残されるものの苦しみを知らない」

レスリーは 「残された人の気持ちはわかる」と反論。
それを聞き、シュアンは 「うそつき。知っていたら姿を消すはずがないわ。自分がいけなかったと毎日苦しんでいた。他人の愛情を信じられなくなった」と発言。

シュアンが元恋人だとばれてしまう。

17

やっぱり助手のクロエの言葉が問題だったのね。
あの時は仕方なかったとしても 6年間も黙っていたのはね…
レスリーにも問題はあるわよね。
シュアンを好きなら 非難されても罵られても きちんと説明して言い訳するべきだったのに。

誤解が解けたら…
レスリーとシュアンは元サヤになっちゃうのよね…
そうなると…
ルーカスが可哀想だ~


ルーカスはレスリーに
「捨てたのなら彼女に構うな。自分が一番彼女を知っていると思いあがるな」と挑発。
レスリーも負けていない。
「お前こそ構うな。お前が中学生だった時 俺たちは付き合っていたんだ」
2人は言い合いになり…
レスリーは 「泳ぎで勝負するか?」と言い出す。
受けて立ったルーカス。
けれど飛び込んだのはルーカスだけ。ルーカスひとりがずぶ揺れに。

ルーカスが着替えている間に シュアンとレスリーはどこかに…(って 取材ですが)

シュアン、一応レスリーの取材を始めるんだけど
“捨てられた”と思いこんでいるシュアンにとっては レスリーの言葉は偽善にしか思えない。
「捨てるからよ。いい気味よ」と口走ってしまう。
レスリーは「戻れずにすまなかった」と謝る。
「思ったより元気で安心したよ」とも。
…わかっていないのね、シュアンがどんなに苦しんだか。でも クロエがシュアンに話した言葉を知らないから 指輪が送り返されてくれば シュアンが苦しんでいるとは思わないのかも…

シュアンは 「死ぬほど苦しんだわ。私のどこが嫌いになったの?なぜ捨てたの?」と訴えるが
レスリーは 「悪いのは全部俺だ」としか話さない。

シュアンとレスリーを捜していたルーカス、清掃員に声をかけられる。
「どれがゴミですか?」
そんなことルーカスがわかるはずがなく…
清掃員は 大事な書類を持って行ってしまう。

ルーカスは クロエから 「あなたのせいよ」と責められ 清掃員を追って行く。
…まったく 自分が管理していないくせに ルーカスに責任をなすりつけるなんて。

大事な書類…
ルーカスは見つけ 中をみると…
手術室の写真が入っていた。
裏には“2ヶ月間の昏睡から目覚めさせてくれた物たち”とメモされていた。

ルーカス、レスリーの部屋で見た モルヒネと書かれた処方箋を思いだし…

レスリーはニューヨークへ行くと言って 内戦時のソマリアに行ったのね。
そこで銃弾を受け 人工膝関節の手術を受けた。
2か月間昏睡状態だったから 約束の日に戻れなかった。
レスリーが昏睡状態だった時にクロエがシュアンに電話。
シュアンは捨てられたと思い 指輪を返した。
レスリーは戻って来た指輪を見て 婚約は破棄されたと思った。

クロエが本当のことを言っていたら…
あの時は生死をさまよっていたから 心配させないために言えなかったとしても よくなってからすぐに連絡していたら…
レスリーがもっと早くシュアンに連絡したら…
やっぱり レスリー、よくなってすぐにシュアンに連絡するべきだったわね。

ルーカスはシュアンのために誤解を解こうとする。
それでシュアンがレスリーの元に行っても仕方がない。

18

ルーカス、覚悟して レスリーとシュアンの誤解を解いたけれど
仲直りした2人を見て 辛そう。
「俺も負けないくらいシュアンを愛しているのに…」

改装が済んだシュアンの部屋に行き、ぶつぶつと後悔。
壁に すっぽんの絵を書き 「僕と一緒にいてくれる?」と落書き。
でも 結局棚で壁を隠しちゃって…
シュアンがルーカスの落書きに気付くのは 引っ越す時?

レスリーとシュアンは以前のようにラブラブに。
シュアンはレスリーのホテルに泊まる。

翌朝 ロミオはレスリーとシュアンを隠し撮りする。

19

シュアンもレスリーもルーカスも誰も悪くない。誰も批判できない。
シュアンはレスリーを忘れていなかったし、レスリーも同じ。
だから誤解が解ければ シュアンとレスリーが恋人関係に戻るのは当然。

…かもしれないけれど…
でもルーカスが可哀想で…
シュアンがレスリーを振って ルーカスと付き合えばいいのにと思ってしまう。
レスリーのことを “6年間連絡しなかったのに ずうずうしいのよ”と思ってしまう。


ロミオが撮った写真を見て ルーカスは機嫌が悪い。
シュアンにあたり、早退。

シュアンには なぜルーカスの機嫌が悪いのかわからないのよね…
ジアから ルーカスが写真を取り戻すために大変だったことや シュアンを大事に思っていることを聞かされても シュアンにはわからない。

レスリーとデート。
けれど シュアンはルーカスのことが浮かんでしまう。

シュアンは ルーカスと同居していることを レスリーに隠していた。
だから 「部屋まで送っていく」と言うレスリーを断る。
ところが シュアンが忘れ物をしていて…
レスリーに同居のことがばれてしまう。

同居に至った事情を知らないレスリーは 女性を泊まらせるのは非常識だと非難。
シュアンの説明で ルーカスにお礼を言ったものの…怒っているのにかわりはない。
「今日はホテルに泊まって 明日には引っ越そう。内装が済んでいなくてもいい」
シュアンはレスリーを落ち着かせようと 「ルーカスとは何もない。8歳も年下の人とは何も起きない」と話す。

ルーカスはたまらず
「こいつは俺が君を好きだと知っているから心配なんだ」と口走ってしまう。
シュアンに「蛇にかまれた時に助けてもらった時に気付いた。例会で話したことは本心だ」と告白してしまう。

告白したけれど シュアンが自分の方を向いてくれないことは分かっている。
「失恋なんて すぐに忘れられる」と強がる。
そんな 簡単に忘れられるはずないのに。

シュアンはルーカスからもらったネックレスを見て ルーカスの言葉を思い出す。
“あの告白が本気だったなんて…”

20

ルーカスがジアを好きになれば 2組のカップルができて “おめでとう~”なんだけど…
自分の気持ちを偽ることも 切り替えることもできない。
だから 辛いし、悲しいし、・・・ドラマになるのよね。

ジアもね…振り向いてくれないルーカスを諦めたら いい人に巡り合えるかもしれないのに…
今はルーカスことしか考えられない。
ルーカスのためにしてあげるのが嬉しい。

ジアは ルーカスの壊れたバイクを修理に。
代金を安くしてもらうために ミニスカート姿で チラシ配りまで。
ところが 修理が終わったバイクを押して帰る途中 バイク窃盗団に襲われてしまう。
不審に思ったバイク店のおじさんが警察に通報してくれて ジアは殴られた程度で済む。

驚いたのはルーカス。
ジアが自分のためにそんなことまでしているとは知らなかった。
ジアがこれほど自分を好きでいることも知らなかった。
ルーカス…ジアの気持ちは嬉しくても 応えてあげられない。ジアは大事な妹…

シュアンは ルーカスが辞表を出して いなくなったのが気になる。
いつもそばにいたから 寂しいのかなぁ…
警察で ルーカスがジアを抱いて慰めているのを見て 心が動いたかなぁ…

21

レスリー、相当 焦っている様子。
ルーカスの存在も心配だし、
なによりシュアンの気持ちが掴めず 辛い。
ルーカスに笑いかけるシュアン。その笑顔を自分といるときには見たことがない。
キスをしようとするけれど… 避けられている気がする。

シュアンも…
レスリーを好きなはずなのに キスされ その先を考えると 気持ちがついていかない。
拒絶してしまう。
6年 って長いわよね…


引っ越しの日。レスリーはスタッフが怪我をして シュアンを手伝えなくなる。
ルーカスが手伝い、2人は食事に。
最初に出会った店で食事をして 店を出たら知らなかった以前に戻ろうと。
食事後 一緒にマンションに。
すると ドアの前にレスリーが…
それまで 楽しく笑いあっていたシュアンとルーカスは固まってしまう。

シュアンはレスリーと部屋に。
隣の部屋でひとり ルーカスは妄想。
“引っ越しの手伝いに来たんじゃないのか!それならタンスとか動かせよ。なんでこんなに静かなんだ。何しているんだ!”
耐えられずルーカスは外に。
するとレスリーもエレベータに乗ってくる。

レスリー…シュアンにキスしようとして
「焼き肉を食べてきたから 歯磨きしてシャワーを浴びるわ」と言われて ショックを受けたみたい。

22

どうしても ルーカスを応援してしまって
勝手にシュアンの休暇をとったり、家を買ったりするのを見て
“レスリー、何ふりかまわずだわ” と思ってしまう。

そうじゃない…わよね。
シュアン、少しはルーカスに揺れたけれど ずっとレスリーの帰りを待っていたんだし、
レスリーもシュアンを思い続けてきた。
お邪魔なのはルーカス。
よーく わかっているつもりなんだけどね…


イライラしているルーカス、
バイク窃盗団を見つけ ぼこぼこに。
捕まえたんだけど… 窃盗団の怪我が酷く ルーカスは告訴される恐れもあるらしい。
そして…身元引受人として父が現れ…
ルーカスは 大学を中退し、フラフラしていることを 父に責められてしまう。

ジェイが実家の旅館を手伝うことになり、ルーカスもついていくことに。
旅館でバイトしながら シュアンを忘れるつもり。

レスリーはシュアンの気持ちを疑ってはいないけれど ルーカスの存在は不安。
シュアンに家をプレゼントする。
レスリーと住む新居ってことね。

レスリーとシュアンは旅行に。
予約した旅館がジェイの旅館で… 一騒動起きちゃうのね。

23

展開が遅いような気もするけれど
シュアンの気持ちが揺れ動き、どちらかに決めるには 時間は必要よね。
簡単に どっちか決めたら それはそれで 安易な展開に思えちゃうし。


ジェイの旅館に着いた3人。
ジェイはすぐに旅館の若旦那の顔になり、
ジアは受付。
ルーカスは 受付&客室係&お風呂掃除&雑用。
“シュアンを忘れるぞ~”と決意。

なのに… シュアンとレスリーが来てしまう。
レスリー、予約をキャンセルして帰ろうとしたんだけど
国立公園の中にある旅館で 公園の門は時間制限があるらしい。
今からでは 公園の外に出られないし、公園内の宿泊施設はこの旅館だけ。
渋々 宿泊することに。

2人はもちろん同じ部屋に宿泊。
ルーカスの妄想は広がる~広がる~
ジェイに八つ当たりしてもおさまるはずがない。
お風呂掃除をすれば シュアンが入浴してくるし…
“これじゃぁ~ シュアンを忘れられない~”

シュアンもまた ルーカスを忘れようと必死。
ルーカスを好きになったのは気の迷いと思いこもうとするが…
やたらとルーカスに会うと 忘れたくても忘れられない。

レスリー、冷静に見えるけど 内心は落ち着かないわよね。
6年間の空白を埋めたくて旅行に来たのに…

ジェイの旅館は縁結びで有名らしく カップルの旅行客が多い。
そこで 魔王が妻を連れ去ろうとして それを夫が助け出す ゲームが行われる。
魔王役はルーカス。
シュアンを巡って レスリーとルーカスが闘うことになるらしい。
ルーカスがレスリーを倒して シュアンにアピールしようとして逆効果になりそうね。

24

愛する心は怖い。受け入れてもらえないと憎しみに変わる。

ルーカスに「君は恋人でも友達でもなく妹だ」と言われ
ジアは暴走。
ルーカスの携帯で シュアンにメールを送る。
“部屋ではなく 裏山に変更しよう。来るまで待っている”
ルーカスは 9時にシュアンの気持ちを聞くつもりだった。

シュアンは裏山に。
フロント係から 「裏山は毒ガスが発生するから 立ち入り禁止になっている」と言われるけれど
ルーカスが待っていると思っているから向かう。

帰ってこないシュアンを心配して レスリーは探しに行く。
ルーカスがひとりでいるのを見つけ…
ルーカスは 「シュアンは来なかった。メールは送っていない」と言う。
フロント係は 「裏山のことを聞きにきた」と。
ジェイも一緒に 裏山に探しに。

シュアンは倒れていた。
旅館に運び、解毒剤を注射。幸いにも 大事に至らずにすむ。

それが…この出来事が ルーカスとレスリーを和解させることになるのよね。
マスクをはずして シュアンを助けようとするルーカス、
膝が痛いのにシュアンを背負って旅館まで運んだレスリー、
お互いを認め合うことに。

シュアンはルーカスにもらったネックレスを握りしめていた。
レスリーは シュアンの答えは “ルーカス”だと思う。
しかし ルーカスに シュアンからの別れのメールが届いていた。
シュアンはネックレスを返すつもりだった。

ジアはルーカスに責められ 次の手段に。
雑誌社を訪れ 「有名なルー・ティエンチェンの息子は 殺人を犯したのに事故で処理されている」と話す。
ルーカスが殺した なんて ルーカスを好きだけど受け入れてもらえず シャンユンとルーカスをよく思っていない女が言っていること。そんなことを信じるなんて。

25

結婚式は明後日だというのに
これじゃぁ… シュアンは結婚どころじゃないわね。
シュアン、結婚式をドタキャンするかも。
レスリーとの結婚を決めたけれど ルーカスへの未練が残っているのよね…
ルーカスの汚名を返上するまでは 結婚なんて考えられないはず。


ジアが雑誌に流したルーカスの話が 記事になる。
“次期閣僚候補ルー氏の息子ルーカスが 2年前に恋人を殺した。恋人が死んだ日 2人は喧嘩をしていた。恋人は喘息の持病があったのに 薬を隠した”

シュアンには シャンユンを愛しているルーカスが殺したとは思えなかった。
そこで 事実関係を調べることに。

その頃 ルーカスは事故があった海に来ていた。
事故の責任は自分にあると思い、記事に反論するつもりはない様子。
ルーカスは 事故の後 ずっとシャンユン母に仕送りをしているらしい。
そのことをジアは知っているのかしら?
知っていたら ルーカスを犯人扱いできないはずよね。

26

ルーカス、ひねくれるのもいい加減にしなさいよ!
シャンユンが亡くなったことは悲しいことだけど 立ち直らないと。いつまでもうじうじして。


シュアンはルーカス父、シャンユン母に会う。
ルーカスがシャンユンを殺したとは思えない。
けれど それは心証だけ。決定的な証拠ではない。

シャンユン母からもらった写真が 2枚重なっていることに気付き はがすと…
ジアにルーカスが殺したと証言したメイホアンの鞄の中に シャンユンの薬があるのが写っていた。

シャンユンの誕生日。
ルーカスが必ず現れるレストランで メイホアンを呼び出す。
メイホアンは追求に負け 「シャンユンが忘れた薬を鞄に入れた」と証言する。

やって来たルーカスに 疑いが晴れたことを話すが
ルーカスは 「体調が悪いのに止めなかった自分が殺したのと同じだ」と譲らない。
シュアンが シャンユンが願ったように医者を目指すべきだと説得するが ダメ。

その時 メイホアンが倒れる。
救急車が到着する前に呼吸が停止する可能性があった。
ルーカスは父に電話をし、 「気道を切開するように」と言われる。


次回は いよいよシュアンとレスリーの結婚式。
やっぱり レスリーと結婚するのね。

27

ひぇ~ レスリー、またドタキャンするつもりなの?
それって…酷い!
シュアンがルーカスのために 忙しく動いている間、
レスリーは いろいろ悩んでいたようで…

“シュアンは自分への罪悪感で結婚するんだろうか…”
シュアンの母から 「シュアンが足のけがは自分のせいだから裏切ることはできないと言っていた」と聞かされ、レスリーは悩む。
そんな時 シュアンが入会した見合い会社の担当者に会う。
「彼女は待っている人がいるようには見えなかった。結婚のために結婚してはいけない。結婚はゴールではなく試練の始まり。男は自分が楽になるために嘘をつくけれど 女は相手を楽にするために嘘をつくのよ」
「自分たちは大丈夫」と否定しながらも 心配になるレスリー。

シュアンは式の当日の朝まで ルーカス擁護の記事を書いていた。
当然 メイホアンを助けた話も。

ウェディングドレスを着たシュアンに シュアン母は 「本当に彼でいいの?」と言い始めてしまう。
結婚しようとする娘に そんなこと言っちゃダメよ。
きっと シュアンが幸せそうに見えないのね。密かにルーカスが奪いに来るのを待っているようだし。

ルーカスは自宅に戻る。
そして シュアンへのプレゼントを買って 式場に急ぐ。
メイホアンの気管を切開しようとした時 浮かんだのはシュアン。シュアンが自分に勇気をくれたから。

28

ルーカスはシュアンのところではなく シャンユン母のところに向かったのね。
…残念。でも 仕方ないわね。ルーカスはシュアンへの思いは整理してしまったのね。

それより~ レスリー、酷い!
“愛しているから 自分のものにするのではなく 見守る” ことにしたようだけど
だからって 式当日って… それは あんまりだわ。
シュアンがルーカスを好きなことは 気付いてたじゃないの!それを気付かないふりして 結婚を進めたのは自分じゃないの!

シュアンは また仕事一筋に。

シュアン母が
「二股かける人も多いのに なぜ二人とも逃がすのよ。坊やとうまくいきかけたらクマが帰ってきた。その結果がこうなの?」と嘆いたけれど…ほんと そうだわ。
結婚がすべてじゃないけど こうも見はなされてばかりだと へこむわね。

29

ルーカスと再会。
すぐにラブラブ~になるようだけど…
“・・・”なのよね。
もうひと波乱あって、 もしかして 結ばれない?
ハッピーエンドでも そうじゃなくても どちらでもいいかなぁ。


結婚がダメになり、
ルーカスとも連絡が取れず、
シュアンは仕事に没頭していた。

そんなシュアンを心配して 社長はシュアンに休暇を取るように命令する。
急に言われても 仕事中心のシュアンに 仕事以外のしたいことなんかない。
いろいろ考えて… 昔 描いていた夢を思い出して…
で、思いついたことが 自転車で台湾一周。

はりきって 出発したものの
道には迷うし、チェーンははずれるし、疲れてはてるし、
初日は テントをはって野宿。

ぐっすり眠れるはずがなく 日の出前に起床。
すると なんと 自転車がなおっている。
ラッキ~と 出発。
…誰かが修理しないとなおるはずないのに シュアン、疑問に思わないほど疲れているみたいね。

けれど 昨日の元気はどこへ?
大声で文句を言いながら走り、転んでしまう。
「痛いって叫べばすぐに来るって言ったのに~」
そこに ルーカスから電話がかかってくる。

30

ちょっと…
もう どうでもよくなった…

ルーカスとシュアンが再会してハッピーエンド ではなく これからいくつかの試練が起こる。
その試練が ルーカスの留学 とか 年齢差による目標 とか 家族の反対 とかで…
2人がどう克服するかは 多少気になるけれど
こんな試練、歳の差カップルじゃなくたってあるわよ と思ってしまって…


ルーカスはシュアン母にバイトを頼まれたのね。
「初めてひとり旅をする娘を見守ってほしい」
で、2人は再会し、ラブラブに。
シュアンは残業しなくなり、ルーカスとデート。
姉弟に間違われることはあるけれど 2人が幸せならそれでいい。

ルーカスは父に留学を勧められる。
留学したい大学。けれど2年間…シュアンと離れることに…

留学すればいいじゃない。
結婚してシュアンがついて行ってもいいし、今の仕事を続けたかったら遠距離結婚でもいいし。そもそも結婚にこだわらなくても。妊娠を考えたら早く結婚した方がいいけど。
…と 私がシュアンの母なら そう言いたい。ルーカスの母なら?“今すぐ結婚しないで 留学が終わってから考えなさい”と。…立場が違うと 考えることも違うんですよね…だから 揉めるのね。

31

“キャンディ”
シュアンは “アンソニー”を思い浮かべ、
ルーカスは “ブリトニー”
8歳違えば 子供の時に見ていたアニメは違うだろうし…
でも “キャンディ”に関して言えば 同じ年齢でも全員が アンソニーを思い浮かべるとは思えないけどなぁ。
私は “キャンディ・キャンディ”の大ファンだけど 2歳上の主人は 「キャンディ・キャンディ?何それ?」だもの。


ルーカス、シュアンにプロポーズ。
父にもいずれはシュアンと結婚したいと話す。
ルーカス父、息子のすることに口をはさむ気はないようだけど 結婚は早すぎると思っているみたいね。
「結婚すれば責任が生じ、多くの可能性を捨てなくなるかもしれない。お互いが足かせになって前に進めなくなるかもしれない」

ルーカス、留学したいみたいよね。
シュアンには 「最初から留学する気はなかった」と言ったけど。
したいならすればいいのに。

シュアンは…
きっと 別れる覚悟で ルーカスを留学させるだろうなぁ…

32

喧嘩した後は なるべく早く仲直りした方がいいと思うけどなぁ…
ルーカス、シュアンにふさわしい男になってから連絡する と研究グループに参加できるよう猛勉強。
シュアンも… ルーカスしかいない と思ったのなら すぐに電話すればいいのに。


留学説明会。
ルーカスは父の助手として参加する。
説明が終わった後に 意見を求められたルーカスは カリキュラムの良さを熱く語る。
それが ルーカスの本音なのか、父に協力するためのリップサービスなのか 分からないけれど
問題は それをシュアンが聞いてしまったこと。

シュアンはルーカスの重荷になりたくない。ルーカスを愛されているとわかっていても不安で仕方がない。
ルーカスも同じ。付き合い始めたばかりで 不安定な関係のまま 留学のするのは心配。シュアンのために留学を諦めるわけじゃないけれど シュアンを置いて留学に行くのは不安。
言い争いになる2人。
シュアンは指輪を返し、「先輩を選んでいればよかった」と言ってしまう。

まったく… シュアン、それは禁句。

病院のトイレで偶然会ったシュアン母とルーカス父。
シュアンとルーカスを後押ししてくれるといいのに。

33

そんなうまい話はあり得ないけれど それは置いといて
愛が深まり 結婚に一直線かなぁ…
最終回の結婚式は シュアンとルーカスの結婚式じゃないようだけど。


大学のエレベーターで再会。
シュアンは精神科医の取材をした後。
友達の友達ってことで
「年上のせいか彼の心変りを怖れている」と質問。
「自分に自信がないからだ。心に余裕を持つとうまくいくはず。相手ではなく自分が克服すべき」と言われたばかり。
ルーカスは研究グループ参加のための口頭試験を受けた後。
素直な気持ちの2人は 仲直り。
夕食の約束をして別れる。

ところが 交通事故の取材にでかけたシュアンが 二次災害に巻き込まれてしまう。
現場にも 病院にもシュアンの姿はない。
焦り、不安になり、落ち着かないルーカス。

ルーカスは偶然聞いたラジオに電話をし、恋人を見つけてほしいと訴える。
で、ここからが できすぎなのよね…
ラジオを聞いていた女の子が 客のトラックの荷台に乗っているシュアンを発見。
すぐにラジオ局に連絡。
ルーカスはシュアンが生きていると知る。

爆風で吹き飛ばされ
落ちたところがトラックの荷台。
運よく マットが敷いてあって その上に落ちたから 大けがにはならなかった。
ということらしいけど…できすぎだよ~

34

愛を確かめあった2人。
愛する人と一緒にいるだけ それだけで幸せ。

ルーカスはシュアンの勧めもあって 留学。
2年間の遠距離恋愛に。

留学が終わったら結婚する と言っていたけど…どうかなぁ~
今の生活が楽しい。愛する人がそばにいる幸せ。無敵のすっぽん女シュアンは 結婚にはこだわらない。何が幸せかは自分で決める。


 12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334

関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
神のクイズ:リブート

如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
カンブリア紀(寒武紀)
独狐伽羅~皇后の願い~(独狐天下)

<視聴予定>
トラップ

皇帝と私の秘密~櫃中美人~
晩媚と影~紅きロマンス~(媚者無疆)
如懿伝~紫禁城に散る宿命の王妃~
楚喬伝~いばらに咲く花~
霜花の姫~香蜜が咲かせし愛(香蜜沉沉燼如霜)

わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング