FC2ブログ
2019/02
<<01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  03>>




神様、お願い あらすじ&感想



全85話 2005年 SBS

出演者  イ・ジャギョン・・・ユン・ジョンヒ
      ク・ワンモ・・・イ・テゴン
      キム・チョンハ(ジャギョン叔父)・・・チョ・ヨヌ
      カン・イェリ・・・ワン・ビンナ
      カン・イリ・・・カン・ジソプ
      ク・スラ(ワンモ妹)・・・イ・スギョン

      キム・ミヒャン(イェリ、イリ母)・・・イ・ボヒ
      カン・ドンチュン(ミヒャン夫)・・・ヒョン・ソク

      キム・ベドゥク(ジャギョン養母、チョンハ姉)・・・パク・ヘミ

      チ・ヨンソン(ワンモ、スラ母)・・・ハン・ヘスク
      ワン・マリア(ヨンソン姑)・・・チョン・ヘソン

      イ・ホンパ・・・イム・チェム
      ポン・ウンジ(ホンパ妻)・・・キム・ヨンラン
      モ・ランシル(ホンパ母)・・・バン・ヒョンジョン

      ベドゥク友人・・・イ・スク
      ムノク(ジャギョン友人)・・・クム・ダンビ


演出  : イ・ヨンヒ、シン・ユンソプ
脚本  : イム・ソンハン

 12345678910111213141516171819202122232425262728293031323334353637383940414243444546474849505152535455565758596061626364656667686970717273747576777879808182838485

1

ジャギョンは叔父チョンハの撮影に同行し スペインに。
撮影の合間に闘牛を観戦する。

記者ワンモは取材でスペインへ。
闘牛観戦中、ジャギョンが涙を流すのを目撃。その光景が忘れられない。

ヨンソンは昔捨てた娘を探していた。
それらしき人が見つかったと連絡を受け 写真を見る。
小さい時に別れたけれど 娘に間違いなかった。
それはジャギョンの写真だった。

2

ジャギョンに間違いなかったけれど 消息はつかめないらしい。
実はヨンソンも娘スラと一緒にスペインに来ていて すぐ近くにいるんだけどね。
微妙にすれ違うのがドラマなのよね。

ジャギョンとチョンハの仲を疑う チョンハ姉のミヒャンとベドゥク、
帰国したギャギョンを責め立てる。
一応叔父と姪だから 許されないけれど 髪を引っ張らなくても…

ベドゥクはジャギョンの養母。
どういうことで家族になったかわからないけれど 仲が悪いわね。
ベドゥクの借金のせいかしら?

3

ヨンソンが実の娘を探したのはワンモの嫁にするためだったのね。
ワンモは夫の連れ子のようだから ジャギョンとは血のつながりはないし、戸籍上も問題ないけれど
普通は思いつかないわよね。

ワンモ祖母はイェリを嫁にと思っているようだから 揉めそう。

ジャギョンはチョンハと別れることに。
この際だから ベドゥクとも縁を切った方がいいと思うけどなぁ。

4

ヨンソンはジャギョンに電話。
メイクの予約を取る。

ベドゥクがまた借金したらしい。
メイク講習中におばさん3人乱入。
常識のある人なら 講習が終わるまで待つものだけどね…

ホンパ、ウンジ夫婦の一人息子は亡くなったらしい。
ホンパ母ランシルは ウンジに
「息子のパイプカットを元に戻したい」と話す。
つまり ウンジは年齢的に妊娠できないから 代理母頼むことになる。
「はい、わかりました」と即答できないわよね。
血筋が途絶えるのは寂しいだろうけど そこまでする必要があるのか…

5

ヨンソンはジャギョンにメイクをしてもらいながら
「私がきっと幸せにしてあげるわ」と思う。

…その気持ち、わかるけど…息子と結婚させなくても 母親だと名乗ればいいんじゃないの?それは駄目なの?

ヨンソンは財布を忘れ 振り込むことに。
これからも何かと理由をつけて 会うのかしらね。
どうやって 息子と会わせるのかしら?お見合いをさせるわけにはいかないだろうし。

イェリとスラは寺に願掛けに。
イェリはワンモと、スラはチョンハと結婚するために。
する前は「540回しましょう」と元気だったのに 思ったより大変だったようで ダウン。
イリが迎えにくることに。
スラとイリが恋愛に発展しそうね。

6

ランシルとヨンソンの関係は何?
ヨンソンとホンパとの間の子供がジャギョンなの?

ヨンソンは 「振り込みではなく直接渡したい」とジャギョンに連絡。
ワンモも一緒。
“キャスターになるから メイクのアドバイスがほしい”ってことで。

ワンモはジャギョンに会った気がするが 思い出せない。
双眼鏡を通してだもの。思い出せないわよ。

ワンモとジャギョンの会話を嬉しそうに見ているヨンソン。
帰りの車の中でジャギョンの手を握るヨンソン。
ヨンソンの計画通り 結婚したらいいけど。

7

ジャギョンは朝のニュースキャスターのメイクを担当することに。
ヨンソンの希望通り ワンモの担当になったわけね。

ランシルはペットショップで知り合ったマリアに 嫁の愚痴を聞いてもらう。
「本心は離婚させて 再婚させたい」と。
ランシルが探しているヨンソンがマリアの嫁なんだけどね。
今はそんなこと考えもしないわよね。

8

ベドゥク、ひどい義母だわ。
ジャギョンに借金を肩代わりさせ ジャギョンが「家を出る」と言えば 「生活費を送れ」
こんな義母なら “育ててくれなくて結構”だわ。

チョンハはジャギョンを忘れられない。
ジャギョンのほうは 気持ちの整理がついている様子。

マリアはワンモの結婚相手はイェリと決め 家に呼ぶ。
ヨンソンは歓迎しないから 食事のメニューはビビンバ。イェリにもそっけない態度。
マリアを納得させるためにも ワンモに助言して ジャギョンと恋愛してもらわないと。

9

ジャギョンはついに家を出ましたね。
しばらく 後輩の家にいることに。
チョンハが来て 「俺のマンションに」と言うけれど
ジャギョンは断る。
チョンハに未練があっても ジャギョンにはないからね。

ワンモとジャギョンは夕食を。
いい感じだったのに…

ワンモはスペインでジャギョンを見かけたことを 「あなたが闘牛場にいて泣いている夢を見ました。霊感が強いんです」と話す。
ジャギョンは 自分の身の上もわかるのではと
「実は…実の親ではないんです」と告白する。
しかし 霊感が強いのは嘘だと知り 不機嫌になってしまう。
そしてジャギョンは席を立ってしまう。

あ…あ、ヨンソンが聞いたらがっかりするわね。

10

ヨンソンはイェリに会い、
イェリを傷つけないように ワンモと結婚させる気はないと話す。
けれど イェリはまったく気にしていない様子。
祖母と妹を味方につけているからね。

ヨンソンはジャギョンとスラ、3人 おそろいの指輪を買う。

ジャギョン、結局家に戻ることに。
ベドゥクが迎えに来て 「弟が待っているから」と。
「私が突然死んだらどうするの?」とベドゥクは言うけれど
死んでくれた方がまし。

11

ヨンソンはマリアにも 「ヨンソンに会って諦めさせました」と話す。
マリアは納得できないみたいね。
「イェリよりもいい人を探してきなさい」と。

ドンチュンによると
ジャギョンの実母は 育ててくれた父の先妻の大学の先輩。
男に捨てられ、祖父母は火事で死亡。アメリカに渡ったらしい。

イェリはスラの助けを借りて ワンモと親しくなろうと努力するが
“妹の友人”から抜け出すのは無理そう。

ランシルはサウナでヨンソンを見かける。
ランシルは後継ぎがいなくて悩んでいる。
ジャギョンの存在を知ったら…
“籍に入れる~”ってことになるわよね…もしかしたら ワンモとの結婚を反対したりして…

12

朝のニュースの初日。
ジャギョンは素っ気ない。
朝は挨拶してくれたのに ニュースが終わったら やっぱり無視。
リハーサルの時は親しく話したのに…

ヨンソンは 「ジャギョンに会えるかも?」と美容院に。
そこで ジャギョンが養母の借金で苦労していることを知る。
そして 二度と顔を見たくないと思っているミヒャンを見かける。

気まずい雰囲気に耐えられず ワンモはジャギョンを朝食に誘い、
先日のことを謝る。

イェリはワンモに花束を贈ったのに
なぜか スラに届いたことになっていて ショックを受ける。

ヨンソンは マリアがランシルに ワンモの結婚相手を頼んだと知る。
そこで マリアに 「ワンモを担当している人に メークを頼みましょう」と誘う。

押しつけず、自然に ワンモとジャギョンを結婚させるのは 結構大変なのね。

13

ヨンソンはイェリを呼び出し、
「(息子に)これ以上近寄らないで」と。
けれどイェリは動じない。「深い関係になったら 認めてくれますか?」と。

確かに愛しあえば反対する理由はないけれど
イェリに勝算があるとは思えない。
ワンモを父の歯科医院に連れて行き、親子でその気になっているけれど…どうかなぁ…

ジャギョンはワンモ祖母のメイクのためにワンモ家に。
ヨンソンはごちそうを作ってもてなす。
イェリが来たときとは大違い。

ワンモ祖母、メイクにもジャギョンにも満足したようだけど
ワンモの結婚相手となると別かも。

チョンハと付き合っていたことは そのうちイェリからスラを通して ばれるだろうから…
ジャギョンにとっては不利かなぁ…
あの母親が存在するだけで不利だけど。

14

ワンモとジャギョン、いい感じ。

ワンモは放送中に失敗。
ジャギョンを呼び出して 気分を晴らす。
イェリじゃ、落ち込んだ気分を癒す相手にはならないものね。

イェリはスラから ジャギョンが祖母のメイクをしたと聞き、驚く。
そして ジャギョンの悪口を。
性格が悪いとか 金にうるさいとか 汚れているとか。
すべて イェリ家族が原因なのに それは言わないのね。

ヨンソンがジャギョンにお揃いの指輪をプレゼントしたことも知り ショックを受ける。
だから あなたに勝ち目はないのよ

15

イェリはジャギョンがワンモを誘惑するのではと心配。
母は ワンモ家族が認めるはずがないとなだめるが 落ち着かない。

ヨンソンは ワンモ祖母がイェリを気に入っているのが気がかり。

ホンパは友人から ヨンソンが自分と別れて数ヵ月後臨月だったと聞く。
ホンパは子供がいることを知らなかったのかしら。

16

ジャギョンが過労で倒れる。
たまたま電話をしたヨンソンはワンモと一緒に病院に駆けつける。

ジャギョン友人ムノクから 母親にコムタンを作るように言われて2時間しか寝ていないと聞き、
ヨンソンもワンモも ベドゥクにあきれる。

付き添っていたワンモはジャギョンを抱きしめたい衝動にかられる。
…抱き締めればいいじゃない~妄想で終わらせるなぁ~

イェリはワンモに近づくために スラの家で一緒に習いごとをすることに。
イェリが嫌いなヨンソンは反対。
「どうしても習いたいなら一人で習いなさい」
そこでスラは祖母を味方に。
祖母はスラの言うことは何でも聞くし、イェリをワンモの嫁にと思っているから 賛成。

ところで ヨンソン、わざと車をぶつけて修理に出していたけれど なぜ?
ワンモとジャギョンのためだと思うんだけど…
「ワンモが付き添うのはおかしい。早く帰らせなさい」とワンモ祖母に言われたから?

それにしても ベドゥクは酷い親だわ。
ジャギョンに「お互い支えあって生きましょうね」だって。
自分がラクしたいだけじゃない。まったく!

17

イェリもスラも魚をさばけないのに生きた魚を買ってくるな~
店でさばいてもらえばいいのに。
スラはチョンハに気に入ってもらおうと料理を作る。
イリに手伝ってもらい おいしくできたけれど
チョンハはスラに関心がないみたいね。

ホンパ、自分の子供が生きているかもと思い悩む。
母に話すと 内密に捜すと言い出す。
“後継ぎが生きているかも”と考えると いてもたってもいられない。

ジャギョンは実母を捜すつもりらしい。
亡くなった養母の妹に会う。
ヨンソンはホンパ両親に結婚を反対されて ホンパと別れることに。
その時妊娠4か月。
別れた後両親が火事で亡くなり ショックで記憶喪失に。
子供がいなかった養母夫婦が引き取ったらしい。

ジャギョンは写真がないか聞いたけど…
あるのかしら?

18

写真はないと言われて 名前だけでも思い出してほしいと頼む。
叔母は見つかるはずがないと諦めている様子。
「父親を捜したら?」と言われて 「母を捨てた人には会いたくない」と。
実母はすぐそばにいるんだけどなぁ…

ワンモはジャギョンを昼食に誘う。
過労で入院したのに 翌朝には退院。すぐに地方へ。ソウルに戻って寝る間もなく朝のメイク。
ジャギョンが疲れているのではと心配。

帰りの車の中でジャギョンは寝てしまう。
シートを倒してあげようとして ジャギョンが目を覚ます。
気まず~い2人。妙に意識してしまう。

しばらくして ジャギョンがまた寝てしまったから ワンモは車を停めて自分も仮眠する。
雨音で目を覚ますと ジャギョンはまだ寝ている。
しかしジャギョンは雷の音に驚いて起きて ワンモに抱きつく。

…って そこで終わりか~ 期待を持たせるけど たぶん何にもないのよね。

ワンモは完璧ジャギョンに落ちたわね。
ワンモの夢が語ってたわ。
ジャギョンと踊っていたのに ジャギョンは別の人と馬車に乗り、ワンモは人力車で後を追う。
イム・ソンハン脚本家は 夢が長いのよね。
妄想なのか現実なのか 予告で勘違いしてばかり。

ホンパ母は ワンモ祖母に愚痴を。
話しの中心 その人は ワンモ祖母の嫁ヨンソンなんですけど…

19

ヨンソンはジャギョンと夕食を。
ジャギョンに結婚を勧める。
「環境より人柄を重視したほうがいい。付き合ってみたいと思ったらためらわないで」
「うちの息子を」とは言わない。

ジャギョンもワンモに惹かれているのね。
ヨンソンに 「環境より人柄」と言われても
“息子となると違うはず”と思ってしまう。

スラ家に絵を習いに来たイェリ。
祖母はイェリ側だから 歓待。
夕食にワインを出し、ワンモに送らせることに。

ワンモとイェリが車に乗ろうとした時
ジャギョンがヨンソンを送ってくる。

ホンパはまずヨンソンを捜すことに。
サウナで見かけたのなら 近所にいるのではと。

20

ヨンソンはカンカン。
「朝の早いワンモに送らせるなんて。今度からイェリの家でやって」

翌朝 ジャギョンがよそよそしい。
メイク直しにこない。女性アナウンサーはジャギョンが直すのに。
メイク室にいて 下におりて来てくれない。
ワンモは気になってしょうがない。

わざと ジャギョンの美容院でカット。
ジャギョンに 「昨日も今日もおりてきませんでしたね」と聞いてみる。
「明日も行きません。もう大丈夫だから」と。

休憩中 ジャギョンはカードマジックを。
ワンモが引いたカードを体温で当てると ワンモの手首を握って カードを捜す。
その間ジャギョンを見つめるワンモ。
…これって いい手かも。でも マジックの練習をしないとね。

ジャギョンは叔母から 実母の名前を“ジソン”と聞く。
違うのに~

ベドゥク、なんて女だ!
旅行に行きたいなら はっきり「行きたい」と言えばいいじゃない。
ジャギョンの身体を心配するふりをして 旅行に誘ってさぁ… 自分が行きたいだけじゃない。
働いて 自分の金で行け!

21

ワンモ、せっかくメイクたちとの食事会をセッティングしたのに ジャギョンは不参加。
理由は頭痛。
でも映画館にいたから ワンモを避けたのね。

翌日 ワンモは美容室の隣のとんかつ屋に来て
ジャギョンを呼び出す。
「一緒に食事しましょう」と。

ジャギョン、結構冷たい。
「母に妹と思ってやさしくしてあげなさいと言われた」と言うワンモに
「実の兄じゃなければ要りません」と。
「礼儀を守っているだけ」と言うけれど… そうは見えない。
別れた後に振り返ったから 好きにならないように自制しているのかも。

ヨンソンはお弁当を作って ジャギョンと山へ。
“休まずに働いているのに登山服も買えないのね”とか“その靴じゃ足が痛くなるわ”とか“母親なのに洋服も買ってあげられないなんて”と思うヨンソン。
嫁じゃなくてもいいじゃない。母親だと名乗り出ればいいのに。

ワンモはスラとイェリを誘って遊園地に。
ジャギョンを諦めてイェリに乗り換えるの?

22

ワンモは母からジャギョンと一緒に山へ行ったと聞き、驚く。
少し むっとしたかな?
“自分が誘った時は家で用事があると言ったのに 母の誘いは断らないんだ”

翌日 ワンモは機嫌が悪い。
メイクにはケチをつけ
原稿ミスにいつも以上に怒る。

そして なんと イェリを食事に誘い
「付き合ってみませんか?」と。

ちょっと~うそでしょう~
ワンモって そんな軽い男だったの~
もう少し 待てば ジャギョンが振り向いてくれるはずなのに。

23

なんだ~ ワンモ想像だったのね。
イェリに「妹のように思っている」と話す。

雑誌の表紙の撮影。
ジャギョンにメイクされながら ワンモは妄想。
ジャギョンにキスしたり、ジャギョンを抱きしめたり。
…妄想じゃなくて 現実に抱き締めたらいいじゃない~

と 思っていたら チャンス到来! …になるかはわからないけれど
ジャギョンの車が故障。
ワンモが送っていくことに。
ここでこのまま家に送って行って “さよなら”じゃつまらない。

ワンモもジャギョンもお互い惹かれている。ただ素直に気持ちを伝えていないだけ。
やっと 気持ちを伝えて 付き合うことに。
でも なぜか 1か月の期限付き。
ジャギョンが言いだしたことなんだけど…
やっぱり 自分はワンモに不釣り合いと思っているのかしら。


とにかく ワンモとジャギョンが一歩踏み出せて ほっ。

4

ジャギョンはどうしてワンモと距離を置こうとするのかしら。
自分はワンモにふさわしくないと思っているから 深い関係にならないようにしているんだろうけど…
素直に 心の向くままに。それがいいのに。

いい感じだと思っていたら 急に別れを告げられたり
ワンモは何が何だか分からない。
「会いたい」とジャギョン家の近くまで行き、話しをするが
ジャギョンは 自分が悪いとしか言わない。

けれど別れ際 ジャギョンはワンモの頬にポッポ。
ワンモを好きだってことじゃない。
ジャギョンの態度に不安を感じていたワンモ、急にご機嫌に。

翌朝 ジャギョンは頼まれたとおり ワンモにモーニングコール。
ワンモが支度して門を出ると…
ジャギョンが待っていた。
…これって妄想じゃないわよね?

ベドゥクはジャギョンが結婚する夢を見てしまい 慌てる。
“結婚されたら困る。金づるがなくなる”

ほんと酷い継母だわ。
ジャギョンがお客から商品券をもらい それで登山服を買ったら
「自分の分だけ。弟の分も買いなさい」と。
いいじゃない。自分で働いたお金を どう使っても。

ヨンソンは来週末 ワンモとジャギョンと 3人で登山することになり 嬉しい。

25

スラはワンモとジャギョンのデートを目撃。
すぐに母に報告。
ヨンソンは スラの前では 何でもないふりをする。
しかし 本当は嬉しい。

ジャギョンとワンモの仲のいいシーンもあったけれど
今回は スラ対イリが中心。

スラはおならをしたのをイリに笑われ なんとか復讐したい。
そこで 祖母の協力を得て イリを家に招待。豆類などオナラが出やすい食事でもてなす。
計画通り イリはスラの前でオナラをしてしまう。

スラがイリに同じ思いをさせたい気持ちはわかるけど
祖母まで加わるとは…子供じみてる。

26

母が兄と一緒に山に行くと聞いたスラ、
“チャンス!”と イェリを誘う。
露骨にいやな顔をするヨンソン。

友人の頼みだとしても…
結婚するのは兄だとしても…
母が嫌っている人を応援するのは…

ラッキーなことに イェリはお腹の調子を悪くしたようで
一緒には行けないみたいね。

ワンモ祖母も一緒に山に行きたかった様子。でも結婚式の予定が。
「タイミングが合わないわね~」
って ヨンソンは一緒に行かなくていいように わざと予定がある日に計画したんだもの。

ジャギョンは血を分けた肉親がほしいのね。
実母を捜せないのなら 子供がほしい。
ベドゥクがいい人だったら “血はつながっていなくても家族”と思えるんだろうけど
あれじゃね… 早く縁を切りたいだろうなぁ…

27

ヨンソンのおかげで
ワンモとジャギョンは手をつないで山登り。
下りる時も ジャギョンが転んでしまったから手をつなぐ。
イェリが来なくてよかった~

ジャギョンはワンモを愛している。
けれど自分の身の上では結婚できないと思っている。
だから 愛する人の子供だけでもほしいと考える。

普通ならね、ジャギョンのように実の両親はわからず 金をせびる継母がいる人との結婚は反対するだろうけど
ヨンソンはジャギョンの実母。ワンモとジャギョンンの結婚を望んでいる。

“一歩踏み出せ~” なんだけどなぁ。

イェリはワンモを食事に誘う。
もちろん計画あり。
食事するところは靴を脱いで座って食べる食堂。
スラに靴を盗んでもらう。
靴がなかったら ワンモが車まで背負ってくれるはず。

計画通りにいくかしら?
イェリの靴はスラではなく 別の客が盗んでくれた。
あとは ワンモが背負ってくれるか…
ワンモは食事の後 ジャギョンと約束があるから 早くイェリと別れたいだろうなぁ。

…イェリ、ワンモがスラも食事に誘うなんて “脈なし”だって気付いたら?

28

靴がなかったら背負ってくれると思っていたら…
ワンモはスリッパを借りてくれる。
イェリ、残念でした。
そして食堂を出たところで “さようなら” 大笑いだわ。

イェリ、そのままスリッパを履いて家に帰ればよかったのに
ジャギョンに借りようとしてひと騒動。
シャワー中だったジャギョンはイェリを待たせる。
靴を持っていったジャギョンに イェリは 「あんた、何時間待たせるの」と。
年下から あんたと呼ばれて ジャギョンも黙っていない。
結局イェリ家に行き、イェリ両親にすべてを話し、イェリに決別宣言をして帰る。

イェリがワンモと食事したことも ジャギョンをイラつかせたのかしら。

視聴率が上がり、ワンモとメイクたちは食事会に。
その後 ワンモとジャギョンはベンチに座って話をする。
2人、いい感じなんだけど… なかなか進まない。
そろそろキスしても…

29

ワンモはジャギョンの靴を履いて 踵を壊してしまう。
ワンモはジャギョンを背負ってタクシー乗り場まで。
イェリはワンモにおんぶしてもらおうと企んでいたけれど
やっぱり 好きな人はおんぶするけど(したいけど) 好きではない人はおんぶしたくない。当然よね。

ワンモは靴を買って返すつもり。
ジャギョンは “靴をプレゼントすると別れるのに”と思いながらも 断れない。

翌日ワンモはジャギョンと一緒に靴を選ぼうとするが ジャギョンは予定があっていけない。
そこで 母に相談。
ヨンソンは “そんなことしたら別れるじゃない~”と 「お財布を買ってあげなさい」とアドバイス。
ワンモがマザコンでよかったわ。
相談せずに買っちゃうわよね。
マザコンだからこそ ヨンソンがジャギョンと結婚させようと計画できるのかも。

ワンモとジャギョンがうまくいっていて ヨンソンは一安心。
…なんだけど ここで問題発生。
ワンモとジャギョンが親しく話しているのをホンパ妻ウンジに見られちゃったのよね。
ウンジは 「あれは付き合っているはずです」とホンパ母に報告。
ホンパ母はワンモ祖母に報告するはずだから…
ワンモ祖母は反対するはず。

ワンモが 「ジャギョンと結婚したい」と押し切れば 問題ないけれど
ワンモ、押し切れるか心配。

ワンモ祖母はホンパ母を家に招待。
ヨンソンと対面するか! と期待したのに…
今回は空振り。

30

ワンモ祖母は ジャギョンと付き合うのは反対みたいね…
イェリを嫁にと思っているものね…

ワンモ祖母はホンパ母から
嫁が ワンモとメイク担当が親しく話しているのを見かけたと聞かされる。
「付き合っているようにみえた」と。

ワンモ祖母にばれるのが早かったような…
まだワンモとジャギョンの気持ちが固まっていない。
祖母に反対されたら ワンモのこと ジャギョンと別れるかも…

ジャギョンは結婚をするつもりはないけれど 愛している人の子供はほしい。
ムノクに背中を押されて… もしかして 実行するかも? …とは思えないわね。

ワンモはジャギョンにプレゼントする財布を買いにデパートに。
そこでチョンハと会う。

チョンハはイェリへのプレゼントを買ったと勘違い。
「イェリは赤い財布をプレゼントされるはずだ」 とイリに話す。
イリは夢を見たとイェリに話し、当たったら10万もらい 違っていたら払うことに。

可哀想に イリは払うことになるのね。
ジャギョンが赤い財布を持っているのを見たら…
ショックを受けたチョンハとイェリの顔が見たいわ。

31

ジャギョンとワンモはドライブに。
そのまま夜を明かす。

ワンモが帰宅したら問いただそうと構えていた祖母、
“もしかして誰かと…”と心配。
ヨンソンは “ジャギョンと一緒だったらいいのに”と。

ワンモはジャギョンと一緒にいたいと思い、
ジャギョンもそばにいたいと思う。
愛が深まったようで…
祖母に反対されても 大丈夫かなぁ?

スラはイェリの家に泊まりに行き、イリと大喧嘩。
やはりスラはイリと縁があるみたいね。

32

チョンハはジャギョンの財布を見て驚く。
「記者からのプレゼントからか!」と怒鳴る。
まだ口出すの?

ワンモは祖母に聞かれて
「ジャギョンと一緒に気晴らしに出かけた」と話す。
祖母はカンカン。
ヨンソンに 「明日、ジャギョンにメイクを頼んで」と。
“孫に近づかないで”と言うつもりなのかしら。

ジャギョンは友人が出張中 マンションを貸してもらうことに。
友人は 「恋人との子供がほしいならチャンスよ」と言っていたけれど
どうなるか…

ヨンソンはワンモから
「ジャギョンさんと結婚したい。妊娠したんだ」と告白されるのを妄想。
現実になるといいわね。

33

マンション1日目。
早速 ジャギョンとワンモは買い物に出かけ 食事を作る。
食事が済み、ワンモは帰らなければならない。
“帰りたくない…”

だったら 帰るなぁ~ と叫ぶ私…
妄想はするけど 現実にはキスもしないのよね…
キスぐらいしたらいいのに。

その頃イェリは ワンモの家で夕食を。
目当てのワンモがいなくて残念ね。
ヨンソンは “ワンモはジャギョンに夢中なのよ”と心の中でつぶやく。

ワンモ祖母はジャギョンに会いたい。会って一言言わないと気が済まない。
ヨンソンに 「ジャギョンに連絡したか」とうるさい。
ヨンソンは 自分が会って話すと言うけれど
ワンモ祖母は ジャギョンに会いに行く。

はぁ…何を言うつもりなのか って まぁ想像はできるけどね。
30歳過ぎた孫に祖母がしゃしゃり出て来ること自体が ひいてしまうわ。

ワンモと一緒にニュースを担当していた女性アナウンサーが倒れてしまう。
イェリが代役になりそうな気配。
きっと ジャギョンに意地悪するんだろうなぁ… 大失敗すればいいのに。

イリはジャギョンとワンモが買い物をしているのを目撃し 大喜び。
たしか… イェリが結婚できなかったら 車をくれる約束。
早速イェリに念書を書かせる。

34

「スラの友人と結婚させようと思っているの。いい人がいたら紹介するわ」
ワンモ祖母に言われたら
“諦めようかなぁ”と思うわよね。

ジャギョン、結婚できないのならアレしかない と
ワンモの子供を産もうと考える。

うまく妊娠できるか…
その前に うまくワンモを誘惑できるか…

イェリが 朝のニュースのキャスターに抜擢。
ワンモ祖母とスラは大喜び。
「2人はお似合いだわ。赤い糸で結ばれているのよ」と。

ヨンソンは落ち込み
“結婚できないのなら 母親と名乗り出て 2人で暮らとそう”と考える。

この際 強硬策を考えたらどうかと…
ジャギョンにプロポーズするように ワンモに言うとか。

ヨンソンから 祖母がジャギョンに会ったと聞いたワンモ、
どうするかしら。
「余計なことをしないでくれ」と言うか…言わないわよね。

35

母から祖母がジャギョンに会ったと聞いたワンモ、祖母に話しに行こうとするが、
ヨンソンに止められる。
「もう遅いからやめなさい。これでわかったでしょう。矛先は弱い立場のジャギョンに向かうのよ」

ヨンソンは何とかしなければと悩む。
イェリを番組から降ろすことはできない。
そこで ジャギョンを カラオケに誘うことに。
「約束したカラオケにはいつ行く?今決めましょう」とメール。

今夜 ワンモとジャギョンが関係を持ったら いいけど
どうかなぁ…
ジャギョン、ドレスアップして 誘惑する気満々だけど どうかなぁ…

イェリの初放送。
イェリは ジャギョンのメイクに注文ばかり。
感じ 悪!
ジャギョンに意地悪するのは勝手だけど
他のメイクとも仲が悪くなって 自分が困ると思うんだけどなぁ。

36

やっぱり関係を持てなかったわね。
どちらも 気持ちをセーブするんだもの。
まぁ 当然よね。本能のままに行動するわけないわね。
でもなぁ… ムノクとチョンハみたいに 酔った勢いで ねちゃう人もいるのに…

ワンモは イェリがジャギョンのメイクにケチをつけていると知り、
イェリを呼んで 注意する。
ジャギョンを褒めるワンモ。
イェリは 「ジャギョンは従姉で、叔父と付き合っていた」と話す。

ほんと、嫌な奴。
ジャギョンを悪く言うなんて。
でも 逆効果じゃ…
従姉なら 仲良くするべきだし、男関係をばらさないと思うけど。

ヨンソンがワンモに 「イェリは人間性に問題がある。自分の幸せのためなら何でもするように思える」と言ったのが当たったわね。

ホンパは病院の書類から ヨンソンが娘を産んだことを知る。
「住民番号がわかったから2~3日で行方が分かる」と。
いよいよ 再会かしら。
ホンパ妻は家を出る準備で大忙しのうようだけど ヨンソンが見つかったら 離婚されるかも。

37

イェリはワンモに
「頑張っている人に嫌がらせをするのは見苦しい」と言われる。
イェリはジャギョンを “あの女”呼ばわり。
ワンモに「君って案外冷たいんだな」と言われてしまう。
やはり逆効果だったようで…

そして ワンモのトドメの一言。
「君のことはスラと同じように思っている。男は徐々に好感を持つことはできない。一目ぼれが好きだ」
それでも イェリはひるまない。
「気持ちは変わるかもしれない」と。

イェリはジャギョン家に押しかけ
「ワンモと付き合っているの?」とジャギョンを問いただす。
そういうところが ワンモもヨンソンも嫌いなのに イェリはわかっていないみたいね。

今夜もワンモとジャギョンはデート。
ジャギョンは酔って 素直になる。

「以前 私を抱きたくなると言ったでしょう?」
「いつも我慢している」
「私を尊重しているから?それとも別れるから手を出さないの?」
「1番だ」
「別れたくないわ」
ジャギョンはワンモに寄りかかる。

スラはイェリからワンモに恋人がいると聞いたと大騒ぎ。
ヨンソンは “ジャギョンに違いない”と にんまり。

イェリ、作戦変更。
ジャギョンにやさしくなる。
ジャギョンと仲良くして いい人ぶるつもりなのね。
ワンモに通じるかなぁ…

ジャギョンとワンモのデートを目撃したチョンハ、嫉妬でジャギョンを呼び出す。
うざい。
交際を非難された時にかばってくれない頼りない男は さっさと諦めなさい。

38

チョンハはジャギョンに
「お前は恋愛対象になっても結婚対象にはならない」と言う。
そんなことまで言うなんて 情けない。

ワンモは祖母に 「イェリには興味がない。本人にもそう話した」と話す。
祖母は 「イェリのどこがいけないの。メイク付き合っているの?」と。
ワンモの返事は 「付き合っていないとは言えない」

大騒ぎするワン祖母。
ワンモは ジャギョンを呼べと言われ
「俺が好きなんだ」と答える。

ヨンソンもワンモの味方だからね…
ワンモ祖母はショックを受けたようだけど ワンモが好きなら仕方ないじゃない。

ヨンソンは嬉しくて ジャギョンの花嫁姿を想像する。

イェリはジャギョンに イママのことを謝り
「お姉さん」と呼ぶ。


ジャギョンにとって いい方向に進んでいるのかしら?
そうとも思えるし…
心配なことも。
ワンモは祖母から 「金輪際メイクとは会わないで整理しなさい」と言われて 「はい」と返事したのよ。
面倒くさくて 返事したように見えたけど 本気だったらどうしよう。


ホンパ元恋人の住民登録番号はなかった。
ヨンソン、まだ戸籍を韓国に戻していないと言っていたものね。

イェリ母とヨンソンはホンパを巡って 三角関係だったのね。
今はお互いに イェリの母、ワンモの母、とは知らないようだけど
母親同士仲が悪くて イェリとワンモの結婚も無理かもね。

39

いやぁ~びっくり。
ムノク、妊娠って…相手はチョンハよね?
ジャギョンがぐずぐずしているうちに ムノクはちゃっかり妊娠。
うまくいかないわね。
それにチョンハ。ジャギョンに未練たらたらのくせに 他の女と関係持つなんて。


ワンモ祖母がセッティングしたイェリを招待しての食事会。
ヨンソンは欠席。
ワンモは 友人に頼んで電話をかけてもらい 途中退席。

ワンモ、悩む。
“子供じゃないし…”
そうよ!子供じゃないんだから プロポーズすればいいのに。

ワンモはジャギョンに提案。
「1ヶ月後ここで会おう。それまでゆっくり考えて」
…え? 何それ? 悩んだ末の結論? ジャギョンを好きだけど 今は結婚までは考えていないってこと?

ワンモは祖母に
「イェリと結婚する気はない。ジャギョンとも仕事以外では会わない。愛する人と結婚する」と話す。
イェリとの結婚がなくなってワンモ祖母はがっかりだけど
ヨンソンは嬉しくて仕方がない様子。

40

ジャギョンはワンモと別れるつもりなの?
確かに ワンモの態度はなんとなくはっきりしないけど
約束の日まで待てばいいのに。

ジャギョンはニュースのメイクを辞め、
美容室も辞め、
ホンパ妻専属に。
荷物をまとめていたけれど 家も出るつもりなの?

ヨンソンは ワンモとジャギョンがどうなっているか知りたくて
ヨンソンと昼食をとりながら 探りを入れてみる。
ヨンソンはうまくいってほしいと思っているのに
ジャギョンは 「同僚です」の態度を崩さない。

ヨンソン歯痒いだろうなぁ…
“嫁にきて”と叫びたいだろうなぁ…

帰宅後 ワンモに聞くと
「考え中だ。自分の気持ちを確かめている」と。

まったくね…考えないと自分の気持ちを確かめられないのかしら。

41

わからない女だわ。

ワンモは約束の場所に来たし、「いつも君と向かい合って生きたい」と言ってくれたんだから 飛び込めばいいじゃない。
「祖母も母も説得する。支える」と言うのに。
自分から身を引いてどうするのよ。
幸せは掴まないと。
不幸な女のふりをするのはやめたら?イライラする~

ジャギョンは別れたつもり。
ワンモは心が通じ合ったつもり。

翌朝 ジャギョンのためにお弁当を作って 局に行ったら…
メイク担当が変わっていた!

ジャギョンが辞めたと知り、電話をするが つながらない。
美容室にも行くがいない。

ヨンソン、「今頃ジャギョンはワンモが作ったお弁当を食べているのね」と幸せそうだけど
呑気にしている場合じゃないわよ。

42

ムノクも引っ越したんだ…
それじゃ 見つからないわね。

必死に捜すワンモ、頼るのは 以前ジャギョンが泊まった友人のマンションだけ。
会社にも押しかけ ジャギョンの新しい電話番号を聞き出す。

ワンモは何度も電話をするが、ジャギョンは出ない。

ワンモ祖母は ジャギョンとの結婚に反対しているけど ヨンソンは大賛成なんだけどなぁ…
ジャギョンにヨンソンの気持ちは伝わっていないのよね…

ムノクは妊娠のことを まだチョンハに話していない。
超音波写真を台本に挟んで プレゼントするらしい。
直接 「妊娠した」と言われるより ぞっとするかも。

43

ワンモもジャギョンも 同じように 海に携帯を捨てなくても…
それに 捨てるなんて もったいない!
電話番号を変えるとか 写真を削除するとかで いいじゃない。


ジャギョンは海に携帯を投げ捨てる。
けれど 携帯を取りに海へ。
…まったく 悩んでいないで 自分の気持ちに素直になったら?
ワンモもヨンソンもジャギョンを望んでいるのに…勝手に想像して 勝手に諦めて。

ワンモは 自分から逃げるジャギョンに嫌気がさしたとヨンソンに告白。
そんなこと言いながら 心配なくせに。
その証拠に ニュースではミスばかり。

ワンモはヨンソンもジャギョンとの結婚に反対すると思っていたみたいね。
それが違うと聞いて びっくり。
…だから 勝手に想像しちゃダメなのよ。

ベドゥクは金づるジャギョンがいなくなって 困っている。
イェリ母も自分たちがベドゥクを援助することになっては困る。
勝手にチョンハの携帯を見て ムノクの家に行く。
ジャギョンは家に帰る気はないみたいね。
この際 ベドゥクとも縁を切りたいわよね。

ジャギョンは友人に連絡。
「携帯を捨てて 連絡が取れなかった」と。
友人は ワンモからの伝言を。
「捜さないから 元気でいてほしい」
あ…あ… 自分から逃げたけれど 別れを告げられたら ショックよね…

ワンモも海に携帯を捨てる。
ジャギョンの写真を削除すれば それでいいのに 携帯ごと捨てるなんて。


ムノクがチョンハにプレゼントしたのは台本じゃなくて 本だったのね。
その本は チョンハからイリに。
超音波写真を見つけたイリは驚く。

44

チョンハは イリから 「本の間に写真がはさんであった」と言われ 大慌て。
ムノクを問いただす。
「妊娠したのか?元夫とよりを戻したのか?」
「男はあなただけ」

驚くわよね…
チョンハは すぐに対処できなかったけれど
ムノクの身体を心配しているし、結婚することになるはず。

でも…姉2人が文句を言いそう。
病院の娘と結婚させるつもりだもの。

ジャギョンは 出勤するワンモを見に行く。
こそこそ隠れて見なくても 会いに行けばいいのに。

ワンモはジャギョン友人に ジャギョン実家の場所を聞き、ジャギョンを待つ。
しかしジャギョンは帰宅しない。
ジャギョンはムノクの家を出て ホテルに泊まっていた。

ジャギョンはお酒で ワンモに会いたい気持ちを紛らわそうとしていた。
しかし ヨンソンと 「水曜日に会いましょう」と約束したのを思い出し、電話をする。


ジャギョンはお酒を飲みながら「このまま死んでもいい」と思っていたようだけど
ワンモへの気持ちを断ち切れるはずがないもの。
ヨンソンの力を借りて 今の状況から抜け出したいのかしら。

45

抱き合うワンモとジャギョン。
それを見て うれし涙を流すヨンソン。
幸せいっぱい。
だけど ワンモ祖母はジャギョンが気に入らないみたいね。


ジャギョンから 「話があります」と言われ
ヨンソンはホテルに駆けつける。

ジャギョンは飲み過ぎで 今にも倒れそう。
「息子さんを好きになってしまった。でも好きになったらいけないから別れたんです。でも忘れられなくて」
ジャギョンはヨンソンに 「付き合うのは許さない」と言われたら 忘れられそうな気がしたらしい。

ジャギョンが血を吐き、病院に運ばれる。
ヨンソンは救急車の中で取り乱す。
「死なないで。やっと見つけたのに。私がママなのよ」
意識が朦朧とする中で ジャギョンはヨンソンの声が聞こえたのかしら?

翌日 ヨンソンはワカメスープを持って見舞いに。
「息子を気に入ってくれてありがとう。同情はしてないわ。もう息子を悲しませないで」

ジャギョンは見舞いに来たワンモに抱きつく。
「会いたかったわ」
それを見て嬉しいヨンソン。

ワンモ祖母は ヨンソンがジャギョンの見舞いに行くのが気に入らない。
ワンモが病室に泊まったのは もっと気に入らない。
ヨンソンから 「2人ともお互いが好きなんです。ワンモが未練を捨てられなかったんです」と聞いて ワンモに電話をする。
「すぐに帰って来なさい」


ジャギョンのどこが気に入らないの?
どうせ メイクだから、実の両親を知らないか、 そんなとこよね。

46

ワンモは祖母に はっきりと 「ジャギョンが好きで 結婚する」と話す。
「釣り合わない」とワンモ祖母。
ワンモは「女を家柄や財産で選ぶようにと教わっていない。一番大事なのは気持ちだ。家柄で反対するならお祖母ちゃんに失望する」と。

これだけはっきり言えるのなら もうジャギョンを捨てることはないわね。
ジャギョンは… まだ悩んでいるみたいね。
“幸せになっていいのかしら。私は母と弟の面倒を見なきゃいけないのに”と。
…いい加減 ずうずうしくなったら?あんな母親なんか面倒見なくてもいいわよ。ムノクを見習いなさいよ。

チョンハとムノク、酔った勢いで関係を持って妊娠。
まぁ そうなんだけど…ムノクはほぼ計画通りよね。
ベドゥクに対してと チョンハに対してとでは 態度が違う。
“弟はムノクに騙された”という言葉も 当たらずとも遠からず。


救急車でのヨンソンの言葉、ジャギョンは聞こえていたみたいね。
朦朧としている時に聞いたから 現実なのか夢なのかはっきりしないようだけど。

47

「俺に幸せになってほしくないのか」
孫に言われたら あきらめなきゃ。
ジャギョンの何が問題なのか…
確かに あの母は問題よね。

ヨンソン、ジャギョンを説得。
「息子が浮気しても 私を信じて。ワンモが浮気した時は私を頼ってくれないかしら。私にとって嫁はあなただけ。親子みたいに仲良く暮らしちゃダメ?」
もうそこまで言ってくれる姑なんていないわよ。

ジャギョン、ワンモの変な歌に感動したわけじゃないだろうけど 結婚を決心。

よかったけれど…
やっぱり 問題はベドゥクだわね。
ジャギョンはなかなか切り出せない。
反対するに決まっているし、下手したら ワンモに金を無心しそう。


ムノクはイェリ家に住むことに。
ベドゥク、イェリ母、イェリはイライラ。
ムノクはそんなこと気にせず堂々。
やはりジャギョンにムノクの爪の垢を煎じて飲ませたい。

48

どんなに反対されようと ジャギョンとワンモの気持ちが揺れないから 安心しては観れるけど…
いやぁ…ベドゥクには腹立つわ~


ベドゥク、ジャギョンの箪笥を勝手に開け 指輪を発見。
娘の持ち物を探る親がいるなんて びっくり。
指輪をはめて “こんな高価なものをプレゼントされるなんて 浮気しているに違いないわ”と思い込む。
帰宅した ジャギョンを問い詰めると
「恋人のお義母様からもらったの。結婚するの」と言われ 逆上。

まったく “私とセヨンはどうなるの~生活費を入れろ~”って…
働けばいいじゃない。
だいたい 娘のことを思うなら まずは 「おめでとう」と言うべきでしょうが!
今後のことは その後よ。

揉めている時に電話をかけてきたワンモ、
その様子から ジャギョンが心配になり 駆けつける。
ベドゥクは駆けつけてきたワンモを見て 驚き、ますます逆上。

ワンモを帰して イェリ母に電話する。
やってきたイェリ母と一緒に ジャギョンを責める。
イェリの男をジャギョンが取ったわけじゃないのに…
イェリ母はジャギョンを叩くし、
ベドゥクは 「実両親の顔を見たい」と。

…はぁ、ほんと酷い姉妹だわ。
チョンハとジャギョンが付き合っていると知った時も
ムノクが妊娠した時も
今も
よくもまぁ そこまで人を罵れるわ。

ベドゥクは ジャギョンがどんなに酷い女か ヨンソンに話して 破談にさせようと考える。
普通ならね。男癖が悪いと聞いたら 破談になるかもしれない。
でも ヨンソンはジャギョンの実母だからね。
…というか 普通なら 娘の悪口を相手の母親に言わないわよね。


ワンモ家でも 祖母が大反対中。
家出していた祖母だけど ジャギョンに会って ジャギョンが養父母に育てられたと知って 帰宅する。
「どんな血筋かわからない。生まれた時から悪い運命なのよ」と反対するワンモ祖母。
ワンモは 「育ちを理由に反対するのなら 受け入れられない。結婚する。孫を大事に思うなら 孫の好きな人も大事にしてほしい」と説得。

翌日 ワンモはイェリに 「ジャギョンと結婚する」話す。


イェリがどうするか…
想像はつくわよね。母親と同じようにジャギョンを罵るのよね。

49

イェリのショックはわかる。
でもね… イェリがやっていることは 結局は自分を惨めにさせているだけなのよね。


イェリはすぐにジャギョン家に。
ジャギョンは不在。
ベドゥク相手にジャギョンを罵る。
ところが それをワンモが聞いていた。

帰宅したイェリは酒を飲み始める。
そして 酔って ワンモ家に。
ヨンソンに「私を反対して ジャギョンを?どうして私よりあの女なんですか?実親の顔も知らないんですよ」と訴える。
「納得できない。諦められない」と。
わかる。聞いていて 段々イェリが可哀想に思えてきた。イェリだってワンモを好きだったのよね。
でもね… 酔って訴えても…


ワンモはベドゥクに結婚の承諾を得ようとするが、
チョンハのことを持ち出したり、釣り合わないと言ったり、理由をつけて反対する。
ただ金づるがいなくなるのが困るだけなんだけどね。
「ジャギョンに借りたの」なんて 娘が姑からもらった指輪を母親がするなんてありえないわ。

ワンモはヨンソンに 「シンデレラの継母より酷い」と話していたけれど ほんとそうだわ。

ホンパはデパートで ヨンソンを見かけるが 見失ってしまう。
なかなか 再会できないわね。


次回は実母対継母。
どんな対決になるのか楽しみ。

50

実母対継母。
もちろん 実母の勝ち。

ベドゥクは チョンハと交際していた、育ちのせいか性格が悪い、結婚資金がない と言うが、
ヨンソンはことごとく反論。
ベドゥクは何も言えない。

「結婚を喜んでいません」とベドゥクが言えば。
「喜んだら罰が当たるんですか?実の子じゃなくても子供の幸せを望むものです」

「私と弟を見捨てて結婚するはずがありません」と言えば
「弟には実母がいるじゃありませんか。働き口を探しましょうか?」

「どうしても言うのなら反対しませんが 式には出席しません。私に反対されて幸せになれるかしら?」と強気に出ても
「仇に言うような言葉ですね。私が幸せにして見せます」と。

ベドゥクはジャギョンにも あれこれ言って 反対するけれど
結局 “私とセヨンはどうなるの?”なのよね
…働け~


ベドゥクが反対しようと ワンモ祖母が反対しようと
結婚準備は着々と進んでいる。
ヨンソンは念願が叶って 幸せそう。

51

イリはいい子だわ。
同じ両親の子供なのに イェリと違ってやさしいのよね。
ジャギョンが結婚すると知って ジャギョンに花をプレゼント。
そしてワンモには 「姉さんをよろしく」と。

スラはジャギョンに電話をして 会う約束を。
イェリと祖母のことを思えば ジャギョンに何か言いたくなる気持ちはわかるけど
未来の義姉には なにも言わない方が…

ヨンソンは牛テールスープをジャギョンに届ける。
ジャギョンは不在で ベドゥクとヨンソンの間は不穏な空気。
そこにイェリ母が来て…一気に爆発。

ヨンソンはイェリ母にホンパを奪われたのよね。
それが まさか ここで再会するとは…
ヨンソンは「息子がイェリを好きだと言っても 反対するわ」と言い放つ。
イェリ母とベドゥクが黙っているところをみると 自分たちが悪いと思っているみたいね。


ワンモ友人と飲み、ジャギョンは酔って ワンモに抱きかかえられて帰宅。
ワンモを“オッパー”と呼んで 甘えるジャギョン。
“あれで落としたのね”と呆れるベドゥク。
誰だって 好きな人には甘えるもの。

52

初夜に着る服まで買ってあげるなんて…
至れり尽くせり というか… 娘の世話を焼くのが嬉しくて仕方がないのね。

ヨンソンは ワンモ祖母とジャギョンに イェリ母との悪縁のことを話す。
「友達に裏切られたの。だからイェリとの結婚は絶対になかった」と。

ワンモ祖母は渋々認めたみたいね。
ホンパ母にも 「家柄より人柄と言っていたでしょう」と諭される。

ベドゥクはまだ反対。
こっちは必死よね。これからの生活のことがあるもの。

ホンパ妻は死んだ息子の夢を見る。
夢の中で息子に「もうすぐ会えるから悲しまないで」と言われる。
ということは もうすぐ死ぬの?

ホンパ妻は浮気をしていたみたい。
交通事故で亡くなるのかしら?
ジャギョンを雇うほど 頻繁に出かけるのが不思議だったけど 浮気相手と会っていた ってことなの?

ホンパ妻がジャギョンとワンモを招待。
ホンパとジャギョンが対面するのかと期待したのに 空振り。

53

ホンパ妻、亡くなってしまいましたね。
恋人とドライブ中に。
なぜ死なせる展開に?
ホンパがヨンソンを見つけた時のいさかいを避けたかったのかしら?
ホンパとヨンソンが再婚したりしてね。

ジャギョンの結納。
反対中のベドゥクは 受け入れを拒否。
「こんなところに来てもらったら困る。料理なんか用意しないわ」

ちょうど そこにイリが来て 状況を察する。
イリが父に話してくれて イェリ家で迎えてくれることに。

やっぱり イリはいい子だわ~
イリもイリ父もチョンハも男性陣はいいのに 女性陣は…

ジャギョンは母に取られないように
結納品は友人ヨンジュ家と宝石は貸金庫預ける。
ワンモ母からもらって指輪も預けていたわね。
家に泥棒がいるなんて大変ね。

結婚式。
ジャギョンが式場に行こうとすると ベドゥクが止める。

54

「行くなら宝石を頂戴。学費にするから」
まったく…やっぱり金なのね。

今回もタイミング良く チョンハとイェリ父が来てくれる。
罵り ジャギョンの髪を引っ張り ジャギョンの足にすがるベドゥク。
「残されるのが寂しい」と言いだす。

寂しいのが本心なら 最初からそう言えばいいじゃない。
ジャギョンだって こんな風には出て行かないわよ。
今更謝られても 感謝されても 遅いのよ!

…と、泣き落とししようとしたけれど
やっぱり ベドゥクは金なのよね。
ジャギョンが出て行った後、チョンハとイェリ父に
「式に出席してくれるなら 生活費を出すから」と言われると 態度が一変。
真顔で 「いくらくれるの?」
はぁ…

生活費は高額だったみたいね。
ベドゥクは嬉しそうに支度し、式場でも終始ご機嫌。
ほんと、呆れるわ。

ホンパ母、式場に来て驚く。
“新郎の母が 捜していたヨンソンとは…”
その場で気を失い、気付いた時には病院のベッド。
急いで式場に駆けつけるが 式は終わった後だった。

今日は会えなかったけれど 居場所が分かれば 話は進められる。
ホンパ母は まず自分が会って 許しを請うと考える。


ホンパ母、再婚させたいみたいね。
都合よく ホンパ妻が亡くなってくれたしね。
それも 浮気相手とドライブ中だから すぐに再婚するのは申し訳ない なんて思わなくいいし。

55

ホンパ母もヨンソンと同じことを考えているのね。
過去のことは隠して 配偶者に死なれた者同士結婚させるつもりなのね。

ホンパはワンモ祖母に自宅の電話を聞き出し、電話。
ヨンソンと会う約束をする。

新婚の話が長々と。
ワンモの裸は興味ないんですけど…

56

ヨンソン、ジャギョンと暮らせるのが 嬉しくて仕方がない。
そりゃぁ そうだろうけど あまりに露骨過ぎて スラとワンモ祖母の反感をかって ジャギョンが困るんじゃ…

嫁と姑と 一緒に食事を作って 後片付け。
それくらいしてもいいのに。
2人で おしゃべりしながらすれば とても楽しいと思うけどなぁ。

ホンパ母に会った後、ホンパからもヨンソンに連絡がある。
会うだけならね 不倫と指さされることもないからいいかもしれないけど
ジャギョンが嫁になったのがわかったら…
わかっても ホンパとホンパ母なら黙っているかしらね。

57

ホンパはヨンソンに 娘のことをしつこく聞く。
ヨンソンは 「娘のことは話したくない」と答える。
ヨンソンは 出産した頃の記憶がないみたいね。

ワンモ母はジャギョンに 妊娠はまだかとうるさい。
結婚して何ヶ月なの?
せめて 1年ぐらいは待ちなさいよ。

ワンモ母がジャギョンに冷たいのは 理解できるけど
スラの態度は何?
ドルセのお漏らしぐらい片付けなさいよ。
スリッパの裏まで拭かせて。

ベドゥクはまだジャギョンからせびるつもりらしい。
早速 ジャギョンの車をほしいと言い出す。
働け!働きたくないなら贅沢するな!

58

ヨンソンは ジャギョンに金をせびる
「これだけ?」
…は?嫁に行った娘に せびるなんて恥ずかしくないの。
チョンハから生活費をもらうが少ないと文句を。
イェリ両親とチョンハに 「生活費が少なすぎる」と言いだす。
もちろん 答えは 「働け。反省しろ」。

働くところがないのはわかるけど
それならそれなりに 節約する必要があるわけで…
ベドゥク、湯水のように使うんだもの。

ホンパは「娘に会わせてほしい」とヨンソンを責める
けれどヨンソンは答えない。
そこでホンパ母は 「ワンモの結婚式に出席できなかったお詫びをしたい」と招待する。

それで ホンパとヨンソンの娘の行方が分かるとは思えないけど。
ホンパ母は ホンパとヨンソンと娘の3人で暮らせようと必死なのよね…
今更… 跡取りがほしいだけだろうに。

59

ジャギョンを見て ホンパとホンパ母は驚く。
「ヨンソンの若い時にそっくり。ジャギョンが娘に間違いない」
ホンパはジャギョンを調べることに。
ホンパ母はジャギョンを家に呼ぶ理由を考える。

犬を買ってプレゼントするつもりなのね。
そのときに髪を抜き取って DNA鑑定をするらしい。

娘だとばれるのは時間の問題だわ。

ホンパ妻を死なせたのは 話しをどんどん進めるためだったのね。

60

ベドゥクは 「渡したいものがあげる」とムノクを呼びつけて 渡したのはキムチだけ。
「俳優の妻はそれらしくしなくては」とデパートに連れて行って 服やら何やら買わせる。
悪知恵は働くみたいね。
もちろんムノクはチョンハに告げ口。

もちろん 夫に夫の家族の悪口を言うのは良くないけれど
この場合は 言った方がいいわ。

ホンパはしつこい。
車をヨンソンにプレゼントする。
再婚したいのね。

ヨンソンは 「娘は韓国人夫婦の養子にいってアメリカにいる。幸せにしているから捜さないでほしい」と頼む。
「もう恨んでいません。私たちの縁は切れているから 会うのはやめましょう」と。


今度DNA鑑定の結果がでるのよね…
ジャギョンとワンモを離婚させようとはしないだろうけど
ホンパ親子はどうするつもりなのかしら。

61

DNA鑑定の結果は 99・9%一致。
ヨンソンは 娘はアメリカにいるとシラをきるが 鑑定結果を見せられたら 何も言えない。

ホンパ親子にしてみれば 名乗りたいだろうし…

で、3人で考えた結果が ホンパとヨンソンを結婚させることに。
そうすれば 形だけでもジャギョンはホンパの娘に。
そうだけどね…
それでホンパの気持ちは落ち着くのかしら。

ハンパ母は 孫が酷い親に育てられ 結婚相手の祖母には 散々バカにされて
ひとこと言わないと気が済まない様子。

62

ホンパ母はワンモ祖母に 「息子とヨンソンを結婚させたい」と提案する。
もちろん ワンモ祖母はあきれ顔。
“もしかして認知症?”とも思っているみたいね。

もし再婚したとしても…
ホンパとヨンソンの過去を知っている人はいるしね…
イェリ母とは和解して 過去のことは口止めしたけれど どこかで嘘はばれるもの。

ジャギョンに会いたくてたまらないホンパ母は ヨンソンに
「ジャギョンに話し相手になってほしいから遊びにこさせてほしい」と頼む。
関係を秘密にすることで 約束。

ホンパもジャギョンに会いたい。
音楽会のチケットをヨンソンに渡す。
ヨンソンはワンモとジャギョンを誘って 音楽会に。
偶然を装って会い、音楽会終了後 カクテルを飲みに。

知り合いだから おかしくはないけれど
こんな風に頻繁に会って ジャギョンを愛おしく見つめていたら…
やっぱり変よ。

ベドゥクが機嫌よくワンモとジャギョンを招待したと思ったら 生活費の無心。
やっぱりね。

63

ベドゥクには呆れるわ。
30万しかくれなかったって 家に押し掛けるなんて。
ジャギョンに 「あなたはなぜ働かないの?」って…
じゃぁ ベドゥク、あなたはなぜ働かないのよ。 あなたこそ働きなさいよ!

ジャギョンがこれ以上出さないと強気の態度でいると
「罰が当たるわよ」だって。
あなたこそ 罰が当たるわよ!

家政婦からこのことを聞いたワンモ母、
これも気に入らないけれど 妊娠しないのも気に入らない。
でもさぁ… 結婚して2カ月でしょう。 妊娠しなくてもおかしくないと思うけどなぁ。

ホンパ母はワンモの家に遊びに来る。
目的はジャギョン。けれど 外出中。
部屋を見て 満足したかしら?


ホンパ母は ホンパとヨンソンを結婚させて ワンモ&ジャギョン夫婦とも同居したいようだけど
それって 無理なんじゃ…

64

ジャギョンは妊娠。
病院で妊娠だと聞いて 涙を流して喜ぶなんて ホント嬉しいのね。
あんなに冷たかったワンモ祖母も 大喜び。

ホンパもホンパ母も喜ぶ。
ただ…おおっぴらにお祝いできないのが寂しいみたいね。

ホンパはワンモに 「ヨンソンと交際したい」と告白するが…
いくら結婚した息子でも 母の再婚話は複雑らしい。

ホンパ母は ジャギョンの悪口を言ったワンモ祖母を許せないけれど 息子とヨンソンを結婚させるために 我慢しなければと考える。
ホンパはヨンソンをゴルフに誘う。
ヨンソンもね… その気があるみたいよね。ワンモ祖母を怒らせないように再婚できればと思っているような…

ベドゥクは心を入れ替えて イェリ父の歯科医院の受付で働くことに。
でも生来働くことが嫌いな女。
ホンパ妻が亡くなって ホンパが独身だと聞くと 結婚しようと考える。
たとえホンパに好きな人がいなくても ベドゥクとは結婚するはずないのに。

65

ジャギョンはホンパ母の話し相手のために ホンパ家に。
ホンパ母はサンドイッチを作って待つ。
“孫に会える”と待ち遠しい様子。
妊娠のことを聞いて大喜び。
お祝いに 韓服の飾りをプレゼントする。

ワンモ祖母の話しをするたびに
“私が祖母なのよ。私の方が喜んでいるのよ”とワンモ祖母に対抗するのが面白い。

ベドゥクはイェリ父の歯科医院で 偶然ホンパに会って 大喜び。
昼食に誘って 名刺をもらって その気。
でもね… ホンパはジャギョンをどれだけいじめたか知っているのよ。

66

ワンモはチョンハのまねをして 赤ちゃんの洋服を作ろうと考える。

私も昔は作ったなぁ…
主人や子供のセーターも。
もう作る気力はないけど。

ホンパとヨンソンは会い、結婚の話しをする。
ワンモは許すだろうけど ワンモ祖母はどうかなぁ…
「ベドゥクにお礼をするべきだろうか?」と言うホンパに
「育ててくれたことには感謝するけれど あの生活には悲しくなってしまう」と話す。
ほんと そうよね… 生きていてくれたことには感謝するけど あの仕打ちはね。

ワンモ祖母はヨンソンの再婚に大反対。
「とられてたまるもんですか!」

だからワンモ祖母とホンパ母の話しは
話している言葉と 考えていることが全く違う。
「貧乏に育ったからか 5人家族なのに イシモチを2匹しか焼かない」とジャギョンの文句を言えば
「節約家なのよ」と応酬。

ホンパ母が ジャギョンのために用意した漢方薬を ワンモ祖母は自分のものだと思い込み大喜び。
複雑&イライラのホンパ母。

ホンパからヨンソンに薔薇の花束が送られてくる。
「若い時の恋愛じゃあるまいし」とご機嫌斜めのワンモ祖母。
ワンモも複雑な様子。


それにしても ワンモ親子は 怒涛の攻撃だわね。

67

ベドゥク、ジャギョンを呼び出して何を言うのかと思ったら
「ホンパとの仲を取り持って」だって。
無理だと思うんですけど… ホンパはヨンソンが好きなのよ。

ホンパはワンモ祖母に 「結婚を前提に付き合いたい」と話しに来る。
何が何でも反対したいワンモ祖母。
何が何でも説得したいホンパ。
ヨンソンは 一歩引いて話を聞く。
根負けしたワンモ祖母は 「本人の気持ち次第」と言ってしまう。
もちろんヨンソンの答えは 「考えてみます」

ホンパはベドゥクから連絡があり 家に行ってみる。
ヨンソンが言った通り ジャギョンの部屋は酷い有様。
ベドゥクは ジャギョンを立派に育てたという口ぶり。
…はぁ ホンパは何でも知っているのよ~ あなたがジャギョンをいじめたこともね。

68

スラが貧血に。
ジャギョンはスラを レバーの店に連れて行く。

優しくもらってスラはジャギョンを好きになったみたいね。
恋の相談をするなんて。
イリとならうまくいくと思うけどなぁ。

誕生日にジャギョンにごちそうを作ってもらい、ヨンソンは泣いてしまう。

ヨンソンは結婚を決意。
誕生日パーティに ホンパも出席し、結婚を認めてほしいと頼む。

スラとワンモ祖母は気分を悪くする。
スラは…母を盗られたようでショックだと思う。
でもワンモ祖母は姑。いつかこんな日が来るのは覚悟していたはず。

69

ワンモ祖母は文句を言いにホンパ母に会いに行く。
けれど 結局 言いくるめられる。
でも… ワンモとジャギョンも一緒に住むのは 説得できないかもね。

スラは イリに話したら 少し落ち着いたみたい。
今は寂しいけれど 母親じゃなくなるわけじゃないし、
自分がいつか結婚したら 母はひとりになってしまうんだもの。

70

ヨンソンのことは諦めて ワンモとジャギョンと仲良く暮らそうと考える。
「こんなことなら意地悪しなきゃよかった」と。
今頃 後悔しても…

ヨンソンは 「ジャギョンが出産するまで 一緒に住んで世話をしたい」と言いだす。
ワンモ祖母怒り爆発。
「息子も孫も 取り上げるつもりなの!」

ジャギョンのつわりが始まる。
ホンパ母のサンドイッチが食べたいとホンパ家に。
ホンパ母は大喜び。
ワンモ祖母はそれが気に入らない様子。
最初から優しくしていれば ワンモ祖母の手料理が食べたくなったかもね。

ワンモがジャギョンを迎えに来て 楽しく過ごして帰宅。

ワンモ祖母は何もかもが気に入らない。
ジャギョンが遊びに行ったのも、
迎えに行ったワンモがなかなか帰ってこないのも。
ジャギョンとワンモも一緒に暮らせるように ホンパが引っ越したのも。

ワンモ祖母にしてみれば 頭に来ることばかりよね。
嫁が結婚するだけならまだしも 孫夫婦も出て行くんだもの。
意地悪な言い方をすれば ジャギョンが嫌いなんだから 出て行ってくれた方がいいじゃない。
そして スラが結婚したら スラ夫婦と住めばいいじゃない。

71

ホンパとヨンソンの結納の日、
ベドゥクは酔って ヨンソン家に遊びに来る。
ホント、最低な母親。
過去をぶちまけたいようだけど ぶちまけると自分と姉の悪行もばれちゃうからね。

ワンモ祖母は孫夫婦がホンパ家に行くのを阻止しようと ジャギョンにご飯を作ってあげるが
ジャギョンは食べられない。

ヨンソンは出産するまでと約束するが
祖母はずるがしこいホンパ母が手放すはずはないと思う。

一緒に長生きしようと約束した嫁が結婚し、
孫夫婦までいなくなったら 確かに可哀想よね。

72

結婚式が終わり、ホンパとヨンソンが新婚旅行から帰ってくる。
そして ワンモとジャギョンも引っ越し。

やっぱり ホンパ母は 出産後もずっと暮らすつもりでいるみたいね。
会社もワンモに継いでほしい様子。
ちょっと それは無理があると思うけど…

ジャギョンの夢にホンパ妻が出て来る。
ジャギョンとホンパとヨンソンが写った写真を渡して
「絶対に破らないでね」と。

ジャギョンは実母に会いたい。
その話を聞いたワンモはヨンソンに相談する。
ヨンソンはどうしたらいいかと 悩んでしまう。

73

ジャギョンにすべてを言いたくて…
でも言ってはいけなくて…
憂鬱なヨンソンたち。

ジャギョンは ヨンソンが何かに悩んでいるようで心配。
真実ゲームをして それとなく聞いてみるが はぐらかされてしまう。

このまま 知らない方がいいと思うけど
だれかが ポロっと言ってしまいそう。

それに ワンモ祖母の家の新しい家政婦さん、ヨンソンを見たことがあるみたいなのよね…
そのあたりでばれてしまいそう。
直接知らされなかったら ジャギョンとワンモはショックよね。

74

あ~ 家政婦さん、思い出しちゃった…
とりあえず ベドゥク友人に話して おばあさんには黙っていたほうがいい ってことになったけど
ベドゥクには話すわよね。
そしたら すぐに わかっちゃうじゃない。

ベドゥクのことだから 金になることなら 何にでも飛びつくからなぁ…

75

ホンパ母は出産後も自分の家で暮らすように ジャギョンを説得する。
「赤ちゃんの世話をするのは大変なのよ」

ベドゥクはベドゥク友人と家政婦の電話を聞いて “何かある”とひらめく。
こういうのには 鋭いのね。
“自分が娘を捜してあげたら感謝されて…”
と お金をもらおうと考えているようだけど
その娘、あなたが苛めぬいたジャギョンですから~

ベドゥク、家政婦から すべてを聞き出す。
ヨンソンが精神的に疲れていたこと、養父母のことなど。
そして その娘がジャギョンだと知ってしまう。

ショックを受けるベドゥク。
一応 出産した病院で記録を確認。
秘密のままにしておけるはずがないから いろいろ調べて 全部明るみにするわね。

76

ベドゥクは まず ジャギョンに話を聞いてみる。
ヨンソンとは いつ どうやって 出会ったのか。
ヨンソンが 自分の娘だと知って近づいたのか 知りたかったみたいね。

さすがのベドゥクも ジャギョンに言うべきかどうか 迷っているみたいね。
実の母親に会いたいだろうけど それがヨンソンなんて ショックが大きすぎるものね。
と 悩みながらも 自分にとって効果的な方法を考えているみたいね。

ワンモ祖母の家政婦が中風で倒れる。
ワンモの祖母の家で面倒を見ているが 寝たきりで 口もきけないらしい。
これで ヨンソンの秘密を知っているのは ベドゥクとベドゥク友人。
でもベドゥク友人は ヨンソンが娘を産んだことしか知らないからね。事を大きくすることはない。

後はベドゥクだけ。そろそろ行動を開始するみたいね。

77

ベドゥクはホンパに会う。
それとなく ジャギョンの実母を知っているような話しぶり。
ホンパから 「見返りか?娘の幸せか?」と聞かれる。
もちろん 見返りに決まっているじゃない。ジャギョンの幸せを願っているはずがない。

「ジャギョンは本当の娘でしょう?」と聞いてみるが 否定される。
それどころが 「20年以上育てたのだから お礼をもらってもいいのでは?」と言うと
「ないがしろにし、勉強もさせず、リビングをカーテンで仕切った部屋を使わせていたくせに」と言われてしまう。

だからってさぁ…ワンモに話す?
やっぱり ジャギョンがどうなろうといいんだわ。
娘を思ったら すべてを自分の胸にしまいこむべきよ。

ワンモは病院の出産記録と 家政婦とベドゥクの会話の録音を聞く。
信じられない。信じたくない。
けれど 事実らしい。

まさか ジャギョンを捨てるとは思わないけれど…
あのホンパ家にはいたくないだろうなぁ…

78

ワンモは 祖母の家に行き、家政婦に確認する。

ワンモはジャギョンと1泊旅行に行く。
今まで通りでいられない自分がもどかしい。

ワンモは決心し、ジャギョンに話す。
「実の母親は亡くなったと思った方がいい。すべてを手に入れるのは不可能だ。これからは俺がもっといい夫になるから 実の母親のことは諦めてくれ。それから 俺の母は今まで安らぎを知らずに生きていた。君が優しくしてくれ。スラも義妹ではなく実の妹だと思って優しくしてくれ」

ワンモがいい人で 常識がある人で ジャギョンを心から愛してくれて 本当によかったわ。

やっぱり ベドゥクの目的は見返りだったのね。
友人が亡くなったって悲しんでいたくせに
すぐに ワンモと取引。

ワンモが 「すべてを黙っていると約束してほしい。レコーダーをほしい」と言うと、
「代わりに ワンモ名義のマンションに住まわせてほしい」と。
もちろん名義は自分。
ほんと、何度も書いたけど 最低の女だわ。

79

ヨンソンとホンパは仕事の件で 中国に。
ホンパ母も旅行に。

ベドゥクはワンモからもらったマンションに引っ越して 大喜び。
それをイェリ母に話し、それをムノクが聞いて ジャギョンに教える。
ジャギョンはワンモを問い詰めるが、
「セヨンのためだ。いいことをすれば 生まれてくる子供に戻ってくると考えよう」と説得する。
ジャギョンは 名義も母になっているとは思っていないみたいね。

家政婦はずいぶんと回復し、「ジャギョンに会いたい」と言い出す。
遊びに来たジャギョンに 「私を知らない?私が育てたのよ」と言いだす。
遊びに行ったと聞いたワンモが 急いで家に来て ジャギョンを部屋から出したから
人違いで 落着。
数日後には 実家に帰るようだけど 治った後に ばらさないか心配。

80

え~ 家政婦さん、死んじゃったの?
ガス中毒らしい。
…でも ラッキー?

ワンモ祖母はアメリカに。

ベドゥクはもらったマンションが広すぎて 売って 小さいマンションに引っ越したのね。
なんちゅう女。
余ったお金でうなぎ屋を開くらしい。
凄いというか…
誰か こいつに天罰を下してほしい。
ホンパ妻、ベドゥク友人、家政婦さん、亡くなったけど こいつが死ぬべきよ!

ジャギョンは母がうなぎ屋の社長と聞いて驚く。
マンションに行くと 別の人が入居。
「ワンモではなくベドゥクから買った」と聞かされる。
ワンモは同僚と飲み会中。
弟に電話をして 引っ越し先を聞き、そちらに。
ベドゥクも呼び出す。

言い合いになり…
ジャギョンに「良心がない。正気じゃない。二度と会わないわ」と言われ
ベドゥクは話してしまう。
「あなたの姑は義母じゃないのよ。娘を嫁にしたのよ」と口走ってしまう。

ジャギョンは信じない。
するとベドゥクは ワンモとの会話を聞かせる。
この人 ホント凄いわ。 ワンモとの会話を録音していたのね。

母の使いで来ていたイリも聞いてしまう。
実母はヨンソンで 実父はホンパ。

イリがなだめて 車に乗せたけど 大丈夫かしら。

81

ジャギョンは破水してしまいましたね。
車の中で気を失い、運転手がスラに連絡。
スラも一緒に病院へ。
ワンモからジャギョン携帯に連絡があり、ワンモも病院へ。
イリはジャギョンが心配で電話。イリも病院へ。

破水と出血。
帝王切開で子供は生まれたけれど 早産で保育器へ。
ジャギョンは出血が止まらず 子宮摘出を心配したが 無事出血は止まる。

意識が戻ったジャギョン。
けれど様子がおかしい。反応がない。
精神的な失語症。
破水する前にショックなことがあったのではないかと言われるが
ワンモには思い当たることがない。

そこにイリが来て すべてを聞く。
口止め料のマンションを売り、自分との会話を録音していた。
それを いくら喧嘩になったからといって 身重の娘に話すなんて いくら継母でも 人間じゃない。

ワンモはベドゥクの家に向かう。
イリもワンモの異変に気付き、ベドゥクの家に。


せめて 無事に産まれていれば…

82

ワンモは暴れる。
今までのワンモとは思えないほど。
イリとイェリ母が 「ジャギョンと子供のことを考えて」と 説得するが そんな簡単に収まるものじゃない。

ベドゥクは 「私の口からは言ってないわ」だって
録音を聞かせれば 言ったのと同じでしょうが!
「反省している。心を入れ替える」と言われてもね。
「驚きすぎてがガンになると言うでしょう。私ガンになるわ」って
がんになって死ねばいいのよ。
あんた ホント人間じゃないわ。
いっそのこと ジャギョンと赤ちゃんの代わりに 死んだら?

チョンハに会えば 思い出すかと 行くが、やはり 無理。

スラはイリに何があったのか聞く。
イリは 「自分は言える立場ではない」と。
「いつか知った時 お義姉さんを可哀想な人だと思ってほしい。何も悪くないんだ。そしてお前には俺がいるから」

ベドゥクは ショック療法になるかもと 病院に。
しかしジャギョンは無表情。

ワンモ祖母が帰国する。
「ジャギョンが男の子を帝王切開で産んだこと、保育器にいること、ジャギョンが失語症だということ、ヨンソンが産んだ子がジャギョンだということ、ヨンソンは当時出産したことを知らないから ジャギョンが娘だとは知らないと思う、ジャギョンはヨンソンが母だと知ってショックをうけて失語症になった」と。

ジャギョンは退院する。

ワンモ祖母はイリに話を聞くが
イリは 「発端は叔母です」とだけ。

ホンパ母が急に帰国する。
ジャギョンのお腹を見て 驚く。
ワンモはすべてを話し、 「母は何も知らずに 自分とジャギョンは結ばれたことになっている」と。


この後どんな修羅場が待っているのか…
スラだけは事実を知らずにいてくれるといいけど。

83

ワンモ祖母に呼び出されたベドゥクは 「家政婦の話をワンモが信じた」と。
自分の非は認めない。
まったく!

けれど 今まで ホンパ母から話を聞いてきたからね。
息子の元恋人が子供を産んでいたとかね。
ワンモ祖母はホンパ母にすべてを聞く。ヨンソンが知っていたことも。

「ヨンソンだけは許せない」とワンモ祖母はワンモに訴える。
ワンモは 「スペインで見かけたときから好きだったんだ。運命だったんだ」と説得。
でもね…祖母にしてみれば 「実は娘を産んでいました」と告白された方がずっとましよね。
それに スラのことも。実の姉と実の兄が結婚だなんて 知ったら どんなショックを受けるか。

ヨンソンとホンパが帰国。
ヨンソンはワンモ祖母に呼ばれる。
罵るワンモ祖母。
ところが それをスラが聞いていた。

「私はお義姉さんを姉さんと呼び、兄さんをお義兄さんと呼ぶべきなの?保育器の子供にとって 私は母方の叔母なの?父方の叔母なの?」
受け止められないわよね。スラには知ってほしくなかったのに。


今は ワンモのジャギョンへの献身だけが救いだわ。
はやくよくなるといいけど…

84

スラの言葉に ヨンソンは 子供は保育器の中で、ジャギョンは話せないと知る。
部屋を出るヨンソンに スラは「これからは母親面しないで」と叫ぶ。
ヨンソンはスラの写真を持って ワンモ祖母の家を出る。

ヨンソンはジャギョンを連れ出し 海辺の町に。
泣きながら 「私が実の母よ」と言うと ジャギョンはヨンソンの胸に顔をうずめる。
1晩泊まって イリに頼んで ジャギョンを家に連れて帰ってもらう。
「自分は病院に行くから」と。

そして 天はヨンソンに罰を与えたのね。
ヨンソンの乗った車が事故に巻き込まれ ヨンソンは意識不明に。

ワンモは 以前ジャギョンが笑ってくれた歌を歌い、口紅を塗ってまで ジャギョンの記憶を取り戻そうと必死。
ジャギョンは思い出してくれなくて…
辛かったわ…


なぜに ベドゥクに天罰が下らないのか…
許せない。

85

スラは 姉だとは知らずに ジャギョンを見下し 冷たくしたことを思うと悲しい。
母に冷たい言葉を言ったままで 母が意識不明になってしまい辛い。
たぶん…治る。その時に ジャギョンとヨンソンに優しくしてあげればいいのよ。
祖母にも 「母がよくなったら 怒らないで。世間が何と言おうと 家族の健康と幸せが大事よ」と頼む。

ヨンソンの意識が戻る。
謝るヨンソンに ワンモは 「育ててくれて ジャギョンを産んでくれて感謝している」と話す。

ジャギョンをどちらが引き取るかでもめる。
ホンパはワンモ祖母に 「うちで一緒に住みませんか?」と提案する。
ワンモ祖母は納得しかねるようだったけど スラが説得して 住むことに。

ジャギョンは断片的に記憶が戻ってくる。
そこに子供が退院してきて、ジャギョンは子供を抱く。
「あかちゃん」と声を出す。

ワンモはジャギョンに話す。
「みんな知っているし、受け入れた。みんなで一緒に住むことにした。だから心配しなくていい。俺たちは結婚する運命だったんだ。」

ジャギョンは ホンパとホンパ母が許せないのか 「家に戻る」と言いだす。
許して 納得する時間が必要よね。
母を捨ておいて 今更 嫁と娘と孫を一度に手に入れようなんてね。

帰宅し ジャギョンとスラは抱き合う。
「姉妹がいる人がうらやましかった」と。

ジャギョンはワンモが離婚を考えているのではと心配だったようだけど
そんなこと あるはずないじゃない。
心の底からジャギョンを愛しているもの。

そしてワンモ祖母も ジャギョンに優しくしてくれて。

ヨンソンはずいぶんよくなり ジャギョンは見舞いに行く。
抱き合う2人。

数ヵ月後
ベドゥクはこっそり 子供を見に行く。
結局 この人には天罰は下らなかったのね…
不愉快だわ。

そうそう イリがスターになってたわ。
以前 「2年待ってくれたら 指輪をはめる」とスラにプロポーズしていたけれど
まだ結婚しないの?


終わりました~
さすがに みんな仲良くひとつ屋根の下で暮らすのは無理だったみたいね。
いつか その日が来るかも知れないけれど
今のように 別々がいいかもね。

最初から最後まで (途中 ぶれることもあったかな?) ジャギョンを愛したワンモに感動。

こんな長いドラマ、再視聴することはないと 見終わったら 処分しようと 思っていたのですが
もう少し残しておきます。

“自分の娘を 結婚相手の連れ子の息子と結婚させる”
そんな設定 なかなか 考え付かないわ。

関連記事
スポンサーサイト
web拍手

コメントの投稿

Secre

はぁ~~~~(>_<)

今、BS朝日で観ています。私は韓国ドラマに限らず、例えば小説でも終わりを知ってから観たり読んだりしても気になりません。
むしろ知ってから安心して観られます。
このドラマに限らず、韓国ドラマは「えっ?これ変?」と思う展開やら、場面やらが満載。
けれど結局いつもおもしろく観てしまうのです。
韓国のお金持ちの家ってすごい!!!
家具調度、壁紙、飾り棚、そんなこんなを観ても楽しんでます。
BS朝日の放送では今が真ん中ぐらいでしょうか?
どうしてもその後が知りたくって最終話までのあらすじを読ませていただきました。
フムフム、なぁ~~~るほど・・・けれどため息が!!!
最後を知っても来週から又きっと楽しんでBS朝日を見続けるはずです。
あらすじ&感想、ありがとうございました。

津島さん、こんにちは

終わりがわかったほうが安心して観れる という気持ち分かります。
最後はハッピーエンドに違いない と信じているけれど 辛いことばかりが続くと心配に。
先が気になると 落ち着いて観れませんよね。
また遊びに来てくださいね。

有難うございました

はじめまして
神様お願いを毎朝見ています。
最初は 家事の合間に これを見ていました。
ワンモが好みではなく 最後まで見ることはないと思っていましたが
今では ワンモにも ドラマにもすっかりはまってしまいました。
そして ジャギョンの流す涙や 怒りに同調し 毎日テンションマックスです。
これが あと何十話も続くと思うとしんどい・・・ラストが知りたい!!と思い
ここにたどりつきました。

とても わかりやすいあらすじと 時々ある感想に激しく同意しながら
ラストは やはり涙でした。
お蔭様で これからは 少しは落ち着いて ドラマを視聴できます。
ありがとうございました。

美智代さん、こんにちは

ワンモの一途な気持ちは素敵ですよね。
幸せになるかと思ったら辛い思いを。
今度こそ幸せになれると思ったらまた辛い思い。
なかなか幸せになれなくて 心配になりますよね。

また遊びに来てくださいね

ありがとうございました♪

はじめまして。あらすじ検索からたどりつきました。
BS朝日の再放送を現在視聴中です。ノーカット版ということで、話数の切り方のズレに違和感を覚えながらもノーカットのありがたさ。
先の方も書かれていましたが、簡潔なあらすじに大変読みやすく拝読。全96話中まだ16話OAで、先は長いですが、おかげで安心して視聴できますwありがとうございました♪

し。さん、こんにちは

はじめまして~
先が気になりますよね。
お役に立ててよかったです。
また遊びに来てくださいね。

ありがとうございました。

今のBS朝日の放送を見て、このドラマのファンになりました。お話の先が気になって気になって、夜中に目が覚めてしまうほどです(笑) mikajun様のこのブログにたどりつけたおかげで、今夜から熟睡できそうです。ベドゥクに対する気持ちは、全く同感です!詳しくあらすじをアップして下さり、感謝です。ありがとうございました。

まりいさん、こんにちは

先が気になりますよね。
お役に立ててよかったです。

はじめまして

はじめまして、あらすじを検索してこちら届きました。かなり「オタク」っぽくなってきました。
このドラマにどっぷりはまってしまいました。何度見ても、同じ場面でなみだしたり笑ったり・・。
いま、BS朝日で深夜放送です。しっかり録画して涙したり大笑い?したり(もちろんイリとスラ)。
残念なのは・・。韓国版(日本向けにしてある)ではないのでBGMが違うことです。正直純粋な韓国放送版が見たかったです。いくつか、韓国ドラマを見ましたが、何度見ても見飽きないのはこれです。DVDがほしいけど高いので宝くじに当たったら買います(いつのことやら)。またおじゃましま~す。

umechysnさん、こんにちは

はじめまして~
意地悪なジャギョン養母とイェリにイライラ、ワンモの一途な愛に感動、可哀想なジャギョンに涙、実娘を嫁にしようとするジャギョン実母にびっくり、大忙しのドラマですよね。
また遊びに来てくださいね。

「神様お願い」挿入歌がまたいいですよ🎵

久々にはまりました。ワンモが素敵です。前々からイ・テゴンのファンですが…あの包容力がたまらない‼ 挿入歌がまたドラマを盛り上げ感極まります。美しいドラマですね✨

貴美子さん、こんにちは

ワンモ 包容力があって素敵ですね。
私には イ・テゴンさんはずっとワンモのイメージです。
プロフィール

mikajun

Author:mikajun
韓国・台湾・中国ドラマの視聴日記です。


<視聴中>
ライフ
客:The Guest
ボイス2
ラブリー・ホラブリー
ナインルーム
魔性<マソン>の喜び

三国志~司馬懿 軍師連盟
鳳凰の飛翔(天盛長歌)
三国志 Secret of Three Kingdoms
如歌~百年の誓い~(烈火如歌)
海上牧雲記(九州・海上牧雲記)
バーニング・アイス-無証之罪-

<視聴予定>
皇后の品格
ロマンスは別冊付録(ROMANCE IS A BOUNUS BOOK)

恋愛動物
カンブリア紀
瓔珞<エイラク>~紫禁城に燃ゆる逆襲の王妃(延喜攻略)
独狐伽羅~皇后の願い~
千年のシンデレラ~Love in the Moonlight


わたしのことは  こちら
ブログランキング
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
にほんブログ村

視聴済みドラマ
視聴済み韓国ドラマリストは  こちら
視聴済み韓国映画リストは   こちら
視聴済み台湾中国ドラマリストは こちら
視聴済み台湾中国映画リストは  こちら

最新コメント
楽天ショップ
    
大君-愛を描く     よくおごってくれるお姉さん

    
無法弁護士      ミスティ

    
 麗姫と始皇帝     麗王別姫

     
 ミーユエ      花と将軍

     
永遠の桃花~三生三世   擇天記

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ブログランキング